S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

【画像あり】AGAは副作用が怖い。40代M字ハゲが成長因子で毛を増やした話

   

こんにちは。サトウです。

今日はズバリ、僕が毛を増やした話をします。

あなたは頭髪が気になっている男性、もしくはそのパートナーの女性ですよね。

でもまだ諦めてない。

そんな人達がまずする薄毛対策は、まずは育毛剤。

ここでかなりの金額を使う人が多いでしょう。

そして効果に疑問を感じたら、AGAクリニックか育毛サロンを検討すると思います。

実は僕は、育毛剤は使ったことはありませんでした。

そして真剣にAGAクリニックを検討しているときに、お世話になっている美容師さんから進められて「成長因子」をつかった育毛施術を受けたのです。

この記事では、画像を掲載しながら、しっかり頭髪改善の歴史を解説していきます。

AGAの副作用が怖かった僕が、どんな方法で頭髪を増やしていったのか。

途中経過とともにすべて告白しますので、最後までお付き合いください。

まずはビフォーアフターを晒します

まずは僕のビフォーアフターを晒します。

これは2017年10月から2018年6月の8ヶ月間の変化です。

実は生え際だけじゃなくて全体的に毛が強くなってるんですけど、やはりどうしても頭頂部から効果が出るとのことで生え際はすこし効果が出るのがあとになるとのこと。

で、わかりにくいと思うので生え際に線を入れてみました。

だいたいこのくらい、生え際が前進した感じがあります。

「薬なし」でこのくらい生えてくると、「効果あり」といっていいと思います。

10代の頃からM字が気になってた

そもそも僕は10代のころから額が広くて「将来絶対ハゲるよね」って言われてきました。

例えば、普通ならキャップを後ろ向きにかぶったらサイズ調整のためのアジャスター部に生え際がきますよね。

僕は全部デコでした。

そこからの進行はそれほど早くなかったものの、やはり年齢を重ねるごとにM字っぷりが見事に広がってきます。

頭頂部はそれほど気になる状態にはならなかったものの、額はどんどん後退。

一時は開き直って坊主頭にしてたことも有りましたが、やっぱりいま見返すとハゲてる。

M字だから強烈なハゲ感はないんですけど、デコが広い。

これが微妙なコンプレックスにつながっていきました。

30代で生え際が徐々に交代してきた

30代になるとさすがに坊主頭にしているわけにもいかず、普通の髪型に戻しますよね。

でもやっぱり長いほうが髪がないところが目立つんですよ。

僕の場合は額の左右の生え際。

ここを髪の毛のスタイリングでうまくごまかす技術は、自分でも相当高いと思います。

ただこれ、風邪が強い日はマズイ。

あとプールとか雨の日もマズイ。

特に不意に雨に降られて髪の毛が濡れちゃった場合はかなしいことになります。。。

30代後半になった頃はビシッとした七三分けが結構流行ったんですけど、絶対できませんでした。

こういう感じです。

引用:日本代表・槙野 智章|2018FIFAワールドカップ ロシア:読売新聞

あの髪型したかったんだけど、ハゲにはハードルが高い。。。

全国のハゲの諸兄にも憧れてた人は多いんじゃないでしょうか。

父親はもちろんハゲ、兄もハゲ。自分も・・・

さて、30代に入って額の後退が加速してきた僕の遺伝的な部分を見ていきましょう。

簡単ですけどね。

  • 父親:ガチハゲ
  • 兄:割とズルっとハゲ
  • 自分:ハゲつつある

以上です。

もう確定事項ですよね。

諦めたほうがいいですかね涙

そういえば昔見た記憶のある父親の若い頃の写真、額広かった気がするもんな。。

でもまだあきらめたくないんです。

兄は3つ上。

おそらく3年前の兄のほうが全然進行してたので、多分僕は母方の血を受け継いでいると信じて。

もし自分の将来がアレなら、割とキャラを変えて行きていかねばなりません。。。

ということで、薄毛の進行を止めつつ、増毛するにはどんな方法があるかを調べました。

その結果、代表的なものは以下があることがわかりました。

  • リアップなどの育毛剤
  • 有名育毛サロン
  • AGAクリニックでの治療薬処方

一番お手軽なのは育毛剤。

育毛サロンはCMとかしていたこともあって、知名度はありますよね。

AGAクリニックは副作用が怖いけど、おそらく最も生える確率が高いはず。

ただししっかりと検討した上で方針を決めたいので、まずは書籍を購入したり、ネットの情報を読みました。

また、実際にAGAクリニックのカウンセリングを受けました。

さらには育毛事情に詳しい美容師に、実際にどうなのかを確認しながら特徴を調べました。

育毛剤は最も安価で一定の効果がありそう

僕が書籍やクリニックでのカウンセリング、さらには色々と調べた結果、まず育毛剤には一定の効果がありそうだ、ということがわかりました。

ただしそれには非常に重要な条件があります。

それは、成分に「ミノキシジル」が含まれていること。

このミノキシジルは医学的に発毛効果が認められた成分なんです。

ただしこれが含まれる育毛剤はすべて「医薬品」となります。

ミノキシジル(Minoxidil)の効能は基本的には「血管拡張作用」です。血管を広くすることによって、高血圧の人の血圧を下げることが目的です。

そして偶然にも、この血管拡張作用により血流がスムーズになることで、発毛・育毛の効果が認められたのです。

簡単に言えば、髪の毛の生えるもととなる毛包への血流がよくなるので、育毛効果が出るというものですね。

ただし高血圧の治療を目的とする場合には内服薬(飲み薬)なのですが、副作用が出るおそれがあるので、通常は頭皮への塗布が前提の外用薬となります。

その他、ミノキシジルが含まれていない育毛剤もありますが、直接的な効果は薄いでしょう。

ただし、頭皮を清潔に保つなどの副次的効果はありますので、進行を遅くすると言った効果は期待できるかもしれません。

有名育毛サロンは、怪しい

今回解説している3つの方法の中で、もっとも効果と費用のバランスが悪そうなのが、この育毛サロンです。

「育毛サロンでは毛は生えない」

というのは業界の定説。

しかし「圧倒的企業努力」によって、まるで生えるかのようなブランディングに成功しているため、契約者が後を絶たないようです。

髪の毛は基本的に、表面的なマッサージなどでの血行促進では生えてこないのですが、医療機関でない育毛サロンでは血流のコントロールができませんので、メカニズムとして生えてこないのです。

もし生えてきたとしたら、それは育毛サロンでのケアを受ける以前の状態が悪すぎた、ということが考えられますね。

複数の書籍を読んで研究したのですが、これは間違いのない事実のようです。

また、育毛事情に詳しい美容師や、実際にAGAクリニックでのカウンセリングでも同じことを言われています。

医師はハッキリとは言いませんでしたが、完全に「そういうことですよ」というスタンスでした

高額な費用を払っても「生えない」わけですが、最終的にはカツラの販売に誘導されるようです。

カツラってめちゃくちゃ高い上にメンテナンスにも多額の費用がかかるんです。

そういった商売だ、ということは頭に入れておいてください。

AGAクリニックでの治療薬処方

最後に調べたのはAGAクリニックでの治療薬処方です。

要するに医師による薬の処方で、国内での販売は認められていないものです。

個人輸入は可能ですが、怖いですよね

正直に言うと、おそらく多くの人が「生える」と思われます。

もっとも確率の高い方法でしょう。

切羽詰まってる状態なら絶対にAGAクリニックをおすすめしたい。

誰もが「生える」と言い切るのが、AGAクリニックです。

ただし複数の副作用のおそれがあること、かなり高額な治療になることがハードルです。

また、頭髪だけでなくすべての体毛が増えます。手や背中、足、髭など。

それぞれにメリットとデメリットがあるのは事実。

この中でどれを選択するのか、悩ましいところですよね。

僕はまずは、AGAクリニックを軸に検討しました。

AGA検討。受けた友人の実例も確認

多くの人が「生える」と言い切るAGAクリニックでの治療薬処方。

毛を生やす「ミノキシジル」と、抜け毛を止める「フィナステリド」のダブルの効果で、髪の毛を復活させます。

ミノキシジルは血流を良くして全身の毛を増やします。

フィナステリド(商品名:プロペシア)は、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぎます。

抜け毛は「ジヒドロテストステロン」っていうのが悪さをしてるんですけど、これをうまいこと抑えてくれると考えればいいですね。

このあたりのことは

薄毛治療の新常識―あきらめない!薄毛は病院で治る時代

という本に割とわかりやすく書いてあります。

サトウ

まあAGAクリニックの人が書いてるので、ポジショントークは絶対にあると思いますが。

ちなみに複数の友人が治療を受けていますが、「実際に生える」と言い切っています。

とにかく、AGAクリニックでの治療薬処方は、最も生える可能性が高い手段だということを認識しました。

AGAのデメリットを確認して迷う

非常に高い確率で毛が生えるAGAクリニックでの治療薬処方。

「じゃあいまから行ってくる!」

となるかと思いますが、もちろんデメリットはあります。

この記事の主旨はAGAクリニックについての解説じゃないので簡単に触れるに留めますが、以下のデメリットが考えられます。

  • 処方薬代が高い
  • 副作用のおそれがある
  • 全身の体毛が濃くなる

僕はこれらを確認して、めちゃくちゃ迷いました。一番気になるのはやはり副作用です。

ミノキシジルとフィナステリドの副作用

育毛薬であるミノキシジルとフィナステリドの副作用にはどんなものがあるのでしょうか。

  • 性欲減衰
  • 勃起機能の定価
  • 肝機能障害
  • 血圧低下
  • うつ

などが代表的なものです。

またフィナステリドはホルモンに大きな影響を及ぼすものなので、子供や女性は絶対に触れてはいけないこともあげられます。

これは小さな子どもを育てているひとであれば、かなり気にしなければいけないことのひとつですよね。

治療にかかる費用

ざっとですが、治療にかかる費用は毎月20,000円程度。

1年で生えれば24万円、2年かかれば48万円。

他の費用は初診の費用とかそのくらいでそれほど大きくありません。

また、サプリとかシャンプーとかも勧められますが、いりません。

とにかくこの2万円だけ用意できれば、基本的にはそれ以外のものは不要です。

また、「生えた」となったあと、普通にしていれば頭髪は抜けていきます。

だからキープしなければいけません。これがだいたい月に6,000円程度。

こちらは生やしておきたい期間、ずっとかかります。

これらの費用をどう見るか、は重要なポイントですよね。

例えば育毛剤ならミノキシジルが高配合された高いものでも一ヶ月4,000円程度で済みます。

サトウ

育毛サロンはさらにめちゃくちゃ高いですけどね。。。

全身に増毛効果が現れる

これ気をつけていただきたい。

内服薬は体の一部を狙って効果を出すことはできません。

当然ですよね。

胃で溶かして吸収された成分は、血液を通じて全身に運ばれます。

ですから、全身の毛が増えます。

だいたい男性ホルモンが活発な人がハゲるわけで、スネ毛、腕毛、胸毛、陰毛、指毛、さらにはまつ毛や眉毛、髭などすべて濃くなります。

これは実際に毛が生えた友人も明言していました。

多くの人は「モテたい」「コンプレックスを解消したい」という思いで処方を受けるわけですが、新たなコンプレックスを作ってしまうことになりかねないのです。

サトウ

ハゲと体毛、どっちがキツイかって話ですよね。。。難しい。

投薬はやめて成長因子塗布施術を選択

僕はAGAクリニックでの薬の処方について、いろんなデメリット(特に副作用)についてよく考えてみました。

頭髪のコンプレックスの解消には、少なからず異性の目を気にして、ということは否定しません。

それなのに、性欲減衰だったり勃起機能の低下があるのは、実際にそういったことがあってもなくても、なんだかなあという気分にはなります。

男性としての機能は維持していきたい。

また、「うつ」についての可能性があるのはかなり気になりました。

「心の病気」ですからねー、症状が出ちゃったら仕事とかどうなるのかな、など不安がつきまといます。

また子供がいるので、何かの拍子に触ってしまったら危険、というのも非常に気になりました。

もちろんしっかり管理すればいいのですが、リスクには変わりありませんし、奥さんに相談したところ「絶対やめて」って言われちゃいました。

ということで、最も効果のあるであろうAGAクリニックでの治療薬処方は諦めたのです。

また、内服が最も効果が高いことが理屈でわかってしまったので、外用薬としての育毛剤塗布はいまいち乗り気になれず。

こういったことを考えながら迷っていたのが実情です。

お世話になっている美容院で愚痴をこぼしてみた

そんなある日、普段からお世話になっている美容院(といっても個人経営の美容室)で、軽く愚痴をこぼしてました。

サトウ

ちょっと生え際きになってるんだよね・・・

美容師

そんなに気にならないですけど、男性ですから多少はありますよね

サトウ

AGAは副作用とか、子供や奥さんの健康とか気になること多いし

美容師

副作用は結構あるみたいですよねー

サトウ

育毛剤なんて効果なさそうだし

美容師

まあそうですよね。あまり無いと思います。

と、こんな会話を繰り返していました。

実はこの美容師さん、育毛に結構力を入れている人。

僕はサロンでの育毛施術にはかなり懐疑的なので、それまでは特に相談もしていなかったのですが、色々聞いたら正直に教えてくれます。

例えば、

no name

まあ確実に生えるのはクリニックですよね。でも表面化してないだけで、副作用の話は聞きますね。

とか、

美容師

有名な育毛サロン、あれは詐欺ですよね。最終的には高額なカツラを買わされるんですよ

といった話をどんどんしてくれます。ベースとなる知識も、勉強会などに積極的に出ているようで、僕が書籍などで仕入れたものを完全に上回っていました。

そんな流れで、この美容室での育毛がどんなものなのか気になってきて、聞いてみたんです。

サトウ

ていうか育毛の施術とかしてるの?してるならどんなことをしてるの?

美容師

ウチでやってるのは「成長因子」ってのを使うやつですねー

・・・成長因子?

ああ、「バルジ領域」に届けて成長を促す、みたいなことをクリニックでも言われたな。

確かクリニックでは注射で入れるって言ってたけど、医療行為だからここではできないよな。

って思ってたら、

美容師

こういうので成長因子「バルジ領域」まで届かせるイメージです。

と、低周波の電流が流れる、頭皮のマッサージ機のようなものを見せてくれました。

試しに頭皮にこの器具を当ててみても、ほぼ何も感じません。

しかし首や肩など筋肉のあるところに当てると、いわゆる「SIX PAD」のような筋肉の収縮を促す電流が流れていて、かなり刺激が強いものです。

これで「バルジ領域」まで成長因子を届けて、発毛を促すのだということでした。

美容師

サトウさんいつもお世話になってるから、原価に近い価格で施術してもいいですよ

と言ってくれたのです。

成長因子を使った発毛法は、AGAクリニックと違って副作用は一切有りません。こどもが触れても大丈夫です。

費用は毎回の施術代と「成長因子(液体)」の費用のみ。

育毛剤の塗布よりは高いけど、AGAクリニックと比べると全然安い、という価格帯。

信頼している美容師さんのオススメだし、まあものは試しだと思ってお願いすることにしました。

正直医療ではない施術なので、「マッサージレベルでしょう」と思ってました。というより実際には、まったく期待していませんでした。

しかし冒頭でも見せたように、いい意味で裏切られることとなったのです。

再び施術の結果を大公開

ここで再び、僕の頭髪の状態を公開します。

8ヶ月でこうなりました。

わかりやすく線を入れてみました。

前進したと思われる領域を塗ってみました。

どうですか。

「めっちゃくちゃ生えたな!」

って感じではないものの、確実な進歩が感じられますよね。

生え際が前進したのもありますが、全体的に毛量が増え、コシが出てきてスタイリングがすごく楽になりました。

いまではまったくハゲを気にしなくて良くなりましたよ。

それでは、成長因子増毛のメリットとデメリットを冷静な目で見ていきましょう。

成長因子増毛のメリット

実際に8ヶ月間施術を受け続けて感じたメリットを挙げていきます。

  • 実際に増毛を体感した
  • 副作用の心配がない
  • サロンでの施術だけならそれほど高くない
  • 女性も施術を受けられる

簡単に触れていきます。

実際に増毛を体感した

まあなんと言っても「実際に生えたかどうか」は一番大きなポイントですよね。

AGAクリニックで見せてもらった写真を例にするなら、それほど生えるスピードは早くありません。

半年後に「ボーボー」みたいなことにはなりにくいでしょう。

でも僕は確実に効果を感じました。8ヶ月かかったけど、

「生え際、前進したなー」

って思ってます。

まあこれについては上で出した写真の通りですね。

副作用の心配がない

次に副作用の心配がないのも大きいです。

性欲減衰、勃起機能低下、うつ、肝機能障害、血圧低下など、割としんどそうな副作用が並んでますもん。

ぶっちゃけモテたくてやる部分がゼロかって言われれば、絶対にゼロではないので、性欲減衰とかもうちょっとよくわからない感じになりますよね。

その点成長因子を使った発毛は、副作用などまったくありません。この点はめちゃくちゃ大きいと思っています。

サロンでの施術だけならそれほど高くない

また料金的にも、サロンでの施術だけならそれほど高くありません。

僕がお世話になってるサロンは、月に10,000円程度ですね。

これは市販されている育毛剤よりは高くなりますが、AGAクリニックの半額くらいです。

副作用リスクと効果を考えると、かなりオススメできる価格だなと感じています。

ただし、速い効果を臨むなら、成長因子を購入して自宅での塗布がベストです。

これをやっちゃうと月に20,000円くらいになっちゃうので、副作用リスクと財布との相談ですね。

女性も施術を受けられる

これも結構大きなメリットなのですが、「女性もOK」なんです。

AGAクリニックで処方される薬は、女性は絶対にNGです。ホルモンバランスが崩れて体調を悪くします。

しかし成長因子はそんな心配はありません。

そして、女性の方が効果が出やすいという実績があるんですよね。こちらについては写真を入手でき次第掲載します。

このように、メリットがたくさんあって、そもそもちゃんと生えた、というところが成長因子のよいところです。

それではデメリットはあるのでしょうか。

もちろんあるので、見ていきましょう。

成長因子増毛のデメリット

成長因子を使った増毛のデメリットは、こちらです。

  • 月に二度、施術を受ける必要がある
  • 効果を感じられるまで時間がかかる
  • 自宅でのケアもするなら高いし、面倒

これらにも簡単に触れていきます。

月に二度施術を受ける必要がある

成長因子は、最低でも月に二度の施術を受けることをオススメされます。

そのうち一度は普通に髪の毛を切るときにやってもらうとして、もう一度行くのって結構めんどくさいです。

でもまあ髪の毛生えるならやりますけどね。。。

成長因子を使った施術だけなら、一回40分ほどで終わると思います。

効果を感じられるまで時間がかかる

成長因子を使った増毛は、やっぱり効果を感じられるまで時間がかかります。

まず、発毛効果が出るのが頭頂部からだ、ということがあります。

もちろん頭頂部から薄くなっていくタイプであれば、まずはそこが改善されます。

サトウ

これは何枚か写真を見せてもらいました。

ただし、僕のように頭頂部はそれほど薄毛になっていない場合、生え際に効果が出るまで結構時間がかかります。

僕の例だと半年後くらいから「あ、生えてきた?」ってなった気がします。

ただし、頭頂部周辺の髪質や毛量は、それ以前から明らかに増えたと思います。

自宅でのケアもするなら高いし、面倒

効果を早めたいなら、ひとつ方法があります。

使用する成長因子を購入して、自宅でもケアをすることです。

ケアは簡単で、お風呂上がりに髪と頭皮をしっかり乾かしてから、マッサージしながら塗布して行くだけです。

これは多分リアップとかと同じだと思います。

ただし、成長因子の購入は通常リアップより高額。

また、飲むだけのAGA治療薬と違って、2日に一回風呂上がりにケアする手間がかかります。

ただし、副作用は一切なく、子供のことも安心。

こういったメリットとデメリットをどう見ていくかで、増毛の方針を決めてもらいたいと思います。

まとめ

この記事では、僕が実際に実施している増毛方「成長因子での増毛ケア」を軸に、体験談を書きました。

画像を掲載した通り、明らかに生えていると言っていいと思っています。

ただし、AGAクリニックよりは効果が弱いのは事実なので、深刻な状態の場合だったり、早急に結婚がしたいなどの事情がある場合は、やはりAGAクリニックでの治療薬処方がベストかもしれません。

副作用やお金の面を含めて、僕は「成長因子での増毛」にかなり満足してます。

リスクをどう取るか、という話になってきますが、良い選択をして欲しいと思います。

あなたの毛髪が復活することを心から願っています。一緒に頑張りましょう。


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 薄毛の話