ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

一人暮らしの光回線をマニアが解説。ポケットWiFiとどっちがいい?

      2018/07/18

こんにちは。インターネット回線マニアを自称するサトウです。

S8

こんにちは!

一人暮らしをするにあたって、ネット回線をどうするかってのは、引っ越し前に決めておかなくてはいけない重要なことですよね。

でも、正直なところ「よくわからないから決められない」ってのが本音です。

僕も以前は全然わからなくて、痛い目を見たこともしばしば。。。

契約した光回線が激遅ノロノロで、違約金を払って解約した経験があるんです。

この記事では、僕以外の人がそんな想いをしなくていいように、一人暮らしをはじめるあなたのネット回線について解説します!

ネット回線と聞いて思いつくのは固定回線である「光回線」と、とにかくお手軽な「ポケットWi-Fi(モバイル回線)」

それぞれの魅力と選択肢を、できるだけ専門用語を使わずに、誰にでもわかりやすく書いていきます。

あなたも、この記事を使って最適なネット回線を見つけてくださいね!

一人暮らしに最適なネット回線とは

疑問

さて、まずは僕の考える「一人暮らしに最適なネット回線」とはどんなものなのかを解説します。

おそらくここだけ読めば、ある程度結論が出ちゃいますので、まずは読んでみてくださいね。

S8

ネット回線選び、結構シンプルなんです。

まずはじめにお伝えしたいのは、一人暮らしのネット回線にはふたつの選択肢があるということ。

それは、

  • 家でしか使えない「光回線」
  • 家でも外でも使える「モバイル回線」

となります。

一人暮らしの人にとって、この2つからどうやって選べばよいのでしょうか。

考えていきましょう。

一人暮らしということは、当たり前ですが「自分が留守の間は家に誰もいない」ということですよね。

家に誰もいない = 家のネットは使わない

となります。

ここが大きなポイントです。

「家でしか使えない光回線」を選ぶと、結果的に、家に誰もいない間にもお金がかかっている状態となります。

ですから、仕事や学校などで外にいる時間が多くなるなら、外でも使える「モバイル回線」がオススメになるんです。

でも、HuluやNetflix、DAZNなどの動画配信や、アクション系のオンラインゲームをする人はちょっと話が変わってきます。

それらには、大量のデータ通信が発生するからですね。

こうなると、スピードや速度制限の面で「光回線」がオススメになるんですね〜。

このように、基本的に一人暮らしには、家でも外でも使える「モバイル回線」がオススメ。

でも、あなたが動画などをガンガン見るネットヘビーユーザーなら「光回線」がオススメ、となるんです。

S8

この順番で考えることをオススメします。あなたはどちらに当てはまりますか?

まずは、ネット回線と聞いてすぐに思いつく 「光回線」についてわかりやすく書いていきましょう。

その後で、より多くのひとにオススメの「モバイル回線」について説明していきますね。

光回線の魅力

光回線は、自宅に有線(ケーブル)で電柱などからネットを引き入れて使います。

これが、多くの人が最初に思い浮かべるネット回線なのではないでしょうか。

普通の家やオフィス、店舗などは殆どがこの光回線でしょう。

光回線の最大の魅力はなんと言っても「完全無制限使い放題」「高速通信」となります。

対する難点は、「高額な料金」「家でしか使えない」ことでしょう。

この魅力と難点が、あなたの生活スタイルにとってどうか、というところが選択ポイントとなりますよ!

海外ドラマ、映画、スポーツファンは光回線一択

まず、絶対に光回線を契約するべきなのは、海外ドラマや映画、スポーツ配信などを鑑賞するのが趣味だという人です。

こういった人は、絶対に光回線を選んで下さい。

週に1〜2本の動画鑑賞やスポーツ観戦なら、後述のモバイル回線でも問題ないのですが、毎日となると絶対に光回線を選んで下さい。

だいたい1本2〜4ギガ程度は消費しますので、「3日で10ギガまで」などの制限があるモバイル回線では、とてもまかないきれません。

S8

海外ドラマ・スポーツファンは、絶対に光回線一択です。

オンラインゲームを楽しむ人も光回線一択

動画配信同様、オンラインゲームファンも絶対に光回線を契約して下さい。

スマホゲーム程度なら、どんな回線でも問題ありません。

でも、パソコンを使うような、少しの遅れが致命的なミスとなるオンラインアクションゲームなどは、通信の反応の速さの面からも、光回線一択です。

もちろん速さだけでなく、使い放題であることも重要です。

S8

ゲームファンも絶対に光回線一択です。

とにかく、動画にせよゲームにせよ、ネットでのデータ通信が膨大かつ高速・頻繁な趣味を持つ人にとっては、他の選択肢はありえません。

モバイル回線を契約してしまったら、契約4日後に解約を検討することになるでしょう。

さて、ここまで読んで

男性Dさん

光回線しか選択肢がない。。。

と気づいてしまったあなたへ、契約する価値のある光回線をどうやって選べばよいのか、ご紹介しましょう!

光回線の選び方

光回線の選び方は、僕の中では完全に答えが出ています。

光回線を選ぶということは、

  • 完全無制限使い放題
  • 高速通信

が欲しいということですよね。

光回線であれば、どの会社を選んでも「使い放題」は大前提として提供されています。

であれば、できるだけ速度が速い会社を選ぶべきなんです。

光回線には以下の選択肢があります。

ニューロ光 ソニー系列の企業が運営する回線。個人用としては世界最速かつリーズナブル。提供エリアが狭い。
auひかり KDDIが提供する回線。価格と速度が自慢。ただし提供されていない場所もあり。auスマホが割引される。
※東海地方は「コミュファ光」、関西地方は「eo光」での契約。
光コラボレーション フレッツ光の仕組みが変わったもの。速度は提供事業者によってまちまち。
ドコモ光、ソフトバンク光などがある。それぞれスマホ割引あり。

この中から、速度有線の観点でオススメランキングを発表しますね。

それは。。。

1位 NURO光
2位 auひかり
3位 光コラボレーション

となります!

一つずつ詳しく見ていきましょう。

1位! NURO光(ニューロひかり)

オススメ1位はNURO光(ニューロひかり)です。

S8

実際に僕が契約したのもこの回線です。

魅力はなんと言っても「リーズナブルな料金ながら、通常の光回線の2倍の速度」ですね。

通常の光回線の通信速度が「1ギガ」なのに対して、NURO光は「2ギガ」

もちろんこれはあくまで理論上の速度なので、実際にこの速度が出ることはありえません。

でも、理論上の上限が速ければ速いほど、実際の速度も速くなるのは間違いないですからねー。

また、NURO光は今まで使われていなかった光ファイバー網を利用しているので、とにかく空いていてサクサクなんです。

僕が以前契約していた「フレッツ光」回線は、とにかく夜の混み合う時間帯に激遅だったんですよね。

その速度、なんと500Kbps。

これ、どんな速度かというと、スマホの通信制限時が128Kbpsなんです。この速度に結構近い。

で、NUROが2ギガ(Gbps)。

その差なんと4000倍。。。苦笑

あれには本当にまいりました。

ちなみに、NURO光は個人用の光回線としては「世界最速」を誇りますよ!

また、月額料金がリーズナブルであることも、オススメの理由のひとつ。

まず月額4,743円と、この時点でかなり魅力的な料金。

さらにキャッシュバックキャンペーンを考慮すると、実質月額が約3,584円と、かなり安い金額になるのです。

世界最速の2ギガ通信に加えて、3,500円程度の激安料金。しかも運営会社はあのソニー系列で安定感あり。

僕がイチオシにする理由がわかってもらえたんじゃないでしょうか。

唯一のデメリットは、提供しているエリアが狭いことです。

現在のところ、関東・東海・関西地方だけでの提供となっているのです。

このエリアから外れちゃうと、そもそも契約が出来ません。

それは公式サイトで確認できますので、確認してみて下さい。

NURO光 公式サイト
https://nuro-ac.jp/

もし、↑のページで提供エリア内だったら、契約を前向きに検討してもらいたいと思います。

S8

スピード・料金のバランスから見ても、NURO光は本当におすすめです!

その他の特徴についても、こちらの記事でしっかり書いてありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

NURO光の評判を調べて契約を全力で検討した結果オススメ1位に認定

女性Aさん

私の住んでる場所、NURO光、提供されてない。。。

ただ、もしあなたの住んでいるところがNURO光の提供エリア外だったとしたら、次におすすめするのはauひかりです。

見ていきましょー。

2位! auひかり

個人的光回線おすすめランキング2位は、「auひかり」

auひかりは、その名の通りauを運営する会社である「KDDI」の提供する光回線です。

実はauだけでなく、携帯電話会社のドコモとSoftBankもそれぞれ、「docomo光」と「SoftBank光」を運営しています。

ただ、auひかりとdocomo・SoftBankはその回線の性格が大きく異なることに注意してくださいね。

docomoとSoftBankは、あくまでNTTの回線を再販売するかたちを取っていて、今までのサービス体系(フレッツ光)と変わらない仕組みとなります。

S8

これが3番目におすすめする「光コラボレーション」ですね。詳しくは次の章で。

僕の経験上、いままでのフレッツ光はかなり混み合っていて、時間帯によっては光回線とは思えないほど遅くなります。

そしてそれは「光コラボレーション」となった今でも基本的には変わりません。

 

これに対してauひかりは、基本的に自前の回線を利用しており、非常に快適に通信ができるんです。

  • docomo光、Softbank光は従来と変わらないサービス
  • auひかりは独自回線でサクサクネットができる

これが、auひかりをおすすめするポイントとなります。

おすすめ1位のNUROにはかなわないものの、auひかりも最大1ギガの通信速度となっていますし、それほど混雑していないので、快適な通信が可能となるでしょう。

また、NUROのエリアが関東・東海・関西だけだったのに対して、auひかりはほぼ全国どこでも提供されています。

S8

あ、東海地方は「コミュファ光」、関西地方は「eo光」での提供となります。

運営は上場企業であるKDDIですし、携帯電話回線の運営ノウハウもあります。

これらのことから、かなり安心してネット回線の契約をすることができるのではないでしょうか。

料金面もなかなか魅力的で、マンションタイプだと3,800円程度から使えます。

これに、最大50,000円以上のキャッシュバックが適用されるんですね。

また、auスマホを利用している場合は毎月のスマホ代から1台あたり最大2,000円割引されます。

4人家族なら最大毎月8000円割引。これは大きいですよね。

まとめます。

  • マンションなら3,800円〜
  • 最大50,000円以上のキャッシュバック
  • auスマホが1台あたり最大2,000円割引

となるんですねー。

このようにauひかりは、速度面ではNUROには及ばないものの、月額料金やキャッシュバック、さらにスマホセット割引などを考慮すると、かなりおすすめできることがわかりました。

NURO光が提供されていないなら、auひかり(コミュファ光・eo光)を選ぶと良いでしょう。

詳しくは公式サイトで確認してみてくださいね。

auひかり公式サイト
https://au-hikarinet.com/

S8

NURO光が提供されていなくても大丈夫。auひかりが提供されているかどうか調べてみましょう

それでは光回線のオススメ3位である、「光コラボレーション」について解説していきますね。

3位! 光コラボレーション

笑顔の女性

さて、光回線の中では最後のおすすめとなる「光コラボレーション」

これは、実際には会社名ではありません。

以前「フレッツ光」としてサービス提供されていたNTTのネット回線の仕組みが変わったものなんです。

代表的なものに、auひかりの章で触れた「docomo光」「SoftBank光」がありますが、これはそれぞれdocomoとSoftBankが、NTTの回線を販売代理しているようなかたちなんですねー。

以前は、NTTに「回線利用料」を、NTTとの接続業者(プロバイダ)に「接続料金」を支払う仕組みでした。

これを、接続業者への支払いに一本化したというわけですね。

これは、

  • NTT側の経営効率化
  • 接続業者側の利益確保
  • 利用者側のメリット

の3つを実現するための、仕組みの変更となりました。

これにより、多くの場合で今までより料金が安くなるのに加え、例えばスマホ代金が割り引かれるなどのメリットも追加されることになりました。

ただし、契約が一本化されたとは言え、仕組み上は今までの「フレッツ光」と同等のサービスとなります。

ですから接続業者によっては、僕の以前の例のように著しくスピードが遅いといったことは十分考えられます。

正直、接続業者による速度の違いは「運」です。

その接続業者が借りている回線が込み合っているかどうかだけで、速度が変わります。

ネット上で

「あの業者の回線が速い!」

という噂が広まれば、一気に混み合って今度は速度が低下します。その分、以前混み合っていた回線が空いて、速くなるんです。

僕が以前契約していた「フレッツ光」が遅くなったのは、まさにこのケースでした。

ということで、僕の個人的な見解としては、

  1. NURO光が提供されていれば、NUROを契約
  2. NUROが提供されていなければauひかり(コミュファ・eo)を契約
  3. NUROもauも提供されていなければ、光コラボを契約

という順番で検討していけば、間違いのない選択ができると思います。

また光コラボの場合でも、あなたが利用しているスマホがdocomoとソフトバンクの場合は、迷わずそれぞれ

ドコモ光公式サイト
https://hikari-n.jp/

ソフトバンク光公式サイト
https://hikari-softbank.jp/


で契約して下さい。月額料金が大きく割引されますからね!

ただ、格安スマホを使っていたり、auを使っているのにauひかりが提供されていない場合には、So-net光がオススメです。

キャッシュバック額も大きいことと、何よりauのスマホ代が1200円も割り引かれるからです!

So-net光公式サイト
https://hikari-lw.com/


とにかく、、光回線の場合は、

  1. NURO光
  2. auひかり
  3. 光コラボレーション

の順番で検討しましょう!

次に、

女性Cさん

ネット、そんなにヘビーに使わないです。。。

というあなたのために、もっともお手軽かつお得な、モバイル回線についてしっかり解説していきますね。

僕はついこの間までこのスタイルで運用していましたので、ガチリアルな情報です。

モバイル回線の魅力

スマホを持つ女性

一人暮らしをする多くの人にとっては、自宅でのネットって

女性Aさん

スマホでインスタやTwitter、ラインくらい。あとはYoutubeくらいかな〜

という人がほとんどなのではないでしょうか。

こういった人にとっては、光回線ははっきりと「無駄」です。

絶対に契約しないほうがいいんです。

それはなぜかというと、光回線は家でしか使えないからなんです。

家でしか使えないということは、外にいる間のネットは、スマホのデータプランを利用することになりますよね。

確かに光回線は高速で使い放題。

でも、留守の間もずっと料金がかかっているのです。これが大きなムダを生んでいるんですよね。

S8

僕はモバイル回線を使ってこれを解消して、ネット代を年間15万円節約したんですよね〜。

モバイル回線は外でも使えるので、スマホ代が節約できる

外にいるときも使えるのがモバイル回線の最大の魅力です。

これにより、スマホ代を大きく節約できるんです。

外でも無制限で使えるモバイル回線を利用すると、スマホのデータプランを最小にすることができます。

例えば、最近だと通話のできる格安スマホが月額1,600円くらいから利用できますよね。

で、無制限で使えるモバイル回線が月額3,500円程度。

合わせて5,000円で、いつでもどこでも使い放題のネット環境に、ずっとつなぎっぱなしにできるんです。

こうなると、基本的にスマホのデータプランは本来不要になるんですねー。

ただ、モバイル回線のバッテリー切れなどに備えて、1ギガプランなどはキープしたほうがいいと思いますけどね。

このように、今までだったら

  • 自宅の光回線で4,000円ほど
  • 大手キャリアのスマホのデータプランが、30ギガで8,000円

と、合わせて14,000円ほどかかっていたものが、モバイル回線を持ち歩くことで、合わせて5,000円程度まで圧縮できるんですね。

その差月額7,000円。それが12ヶ月で、84,000円。

僕はこの方法で、奥さんの分も合わせて15万円の節約に成功しました。

また、もちろんスマホだけでなく、パソコンやタブレットを外で利用することも可能ですので、学校や仕事がさらに快適になるんですよねー。

モバイル回線と格安スマホを組み合わせると、一人暮らしでも年間84,000円ほど節約可能となりますよ!

モバイル回線は工事もなし

光回線を使い始める時は、絶対に工事が必要になります。

  • 日程調整が非常に面倒
  • 早くても2週間、遅いと2-3ヶ月待たされる
  • 業者さんを家に入れなければいけない
  • 基本的に工事費用がかかる

などなど、結構なデメリットがあるんですよね。

モバイル回線の場合、これらが一切ありません。

ごちゃごちゃするケーブル類も充電用のUSBだけ。充電してあれば、そのケーブルすら不要です。

さらに届いたその日からネット開通。

と、このように、とってもお手軽なんですよねー。

だから、インターネットのヘビーユーザー以外の人には、モバイル回線を選んでほしいんです。

モバイル回線の選び方

女性スマホ

さて、ここまでモバイル回線の魅力をしっかりと書いてきました。

「高速通信」と「月間無制限使い放題」を求めない人には、本当にオススメの方法となります。

モバイル回線でも、

  • 最大708Mbpsの高速通信
  • 月間データ量無制限

は実現しています。

ですから、海外ドラマ鑑賞やスポーツ配信が趣味でない限りは、モバイル回線を選ぶのが正解なんです。

そして、数あるモバイル回線の中で、これらの条件を満たしているのは「WiMAX(ワイマックス)」なんです。

僕はちょっと前まで、WiMAXと格安SIMだけで自宅のネット回線をまかなっていまして、使い勝手などまったく問題ありませんでした。

まずはWiMAXについて簡単に説明しますね。

月間データ量無制限

まずWiMAXの最大の特徴は、

月間データ量無制限

です。

大手スマホ会社の提供している一般のポケットWi-Fiは、そのほとんどが7ギガまでの通信制限を設けています。

7ギガ以上使ってしまうと、月が変わるまではスマホの速度制限同様の128Kbpsとなり、激遅ノロノロ回線になってしまうんですね。

それでいて月額料金は4000円程度と高い。

これじゃ、正直使えません。

それなのに、この契約をしている人がすごく多いんですよね。

これがWiMAXなら、月間にどれだけデータを使っても通信制限はかかりませんし、料金だって定額のままです。

ただ、流石に最安の2,700円で使い放題にはなりません。。。。安いプランだと7ギガまでなのは他のモバイル回線と同じですね。

しかし、使い放題プランなら3,500円程度で家でも外でも使い放題のモバイル回線が手に入るんですよー。

ただし、「3日で10ギガ」以上利用すると、速度制限がかかります。

この制限が、動画鑑賞とかスポーツ配信を毎日楽しむにはちょっと厳しいんですよねー。

土日にサッカーの試合を2試合ずつ合計4試合見ると合計6時間。これでだいたい8ギガくらい使います。

これに加えて、普段のデータ通信を合計しちゃうと、やっぱり3日で10ギガは超えちゃうことがあるんですよね。

このように、ヘビーなネットユーザーは、光回線がおすすめですね。

男性Dさん

そこまで動画とか見ない

というあなたは、やっぱりWiMAXがオススメです!

いつでもどこでも高速通信を実現

WiMAXの魅力はデータ量だけにとどまりません。

通信速度もかなり速いんです。

最大通信速度は、708Mbps。

ただ、正直これは理論上の最大の数字なので、実際に使っててもこんなスピードは出ません。

それでも通常20〜80Mbpsくらいの範囲で通信が可能です。

この数字がどんなものか説明すると、

docomo・ソフトバンク・auなどの大手スマホの通信速度がだいたい30〜60Mbpsくらいの間なので、ほぼ遜色ないことがわかりますね。

ぶっちゃけ速度面だけ見れば、HuluやNetflix、スポーツ配信の視聴にもまったく問題ありません。

そのくらいの通信品質を実現しつつ、月間データ量無制限ってところがウリなんですね〜。

最安は月額2700円程度〜

「月間データ量無制限」「高速通信」とWiMAXの魅力を書いてきました。

これらを実現しつつ、月額料金が安いのがWiMAXのまたすごいところ。

月間無制限プランだと、月額3,500円程度なんです。

あ、この見出しの「最安月額2,700円〜」は契約から2ヶ月間などだけになってしまいます。

ちょっとアオリ気味に書いてしまいました(汗)

ただ、家でしか使えない光回線が、最も安いものでも4,000円程度。

こう見ると、さらにスマホ代を少なくできるWiMAXの方が、圧倒的にコスパがいいんですよね!

先程も書きましたが、WiMAXが3,500円、格安スマホが1,600円。

合計約5,000円で月間データ量無制限のデータプランをゲットできると思えば、その安さ、オトクさが分かると思います。

大手キャリアの場合、30ギガのプランでも基本料金などと合わせて10,000円超えちゃいますからねー。

S8

スマホ代高すぎですよね。。。

さて、ここまでWiMAXの魅力をたくさん書いてきましたが、もちろん弱いところもあります。

メリット・デメリットをしっかり比較して、契約を検討してくださいねー。

弱点はエリアと電波

女性

WiMAXの弱点はハッキリしてますよ。

他のサイトではぼかして書いてるところがほとんどですが、僕は実際に利用しての感想をリアルに書きます。

WiMAXは、エリアと電波がちょっと弱いです。

提供エリアは、大手キャリアには全然かないません。

山間部などの人が住んでいない地域などは、基本的に電波が届かないと考えていいですね。

大手キャリアを含めて、料金・速度・エリアのすべてが完璧なサービスはありません。

このうち、WiMAXは「エリア」以外の「料金・速度」で勝負してます。

また、コンクリート製の大きな建物の奥まったところでも電波が届かないところがあります。

WiMAXの採用している電波の特性によるもので、これまた現時点では仕方のないこととなってしまいます。

WiMAXのエリアについてはこちらのページで確認できます。

WiMAXエリア判定ページ

このページのピンポイントエリア判定で「○」となれば、基本的には問題ないでしょう。

また、万一普段使う建物の中で使えなかった場合には、8日以内なら一方的に確実に違約金なしで解約できるので安心して下さい。

※「初期契約解除制度」という法令によるもの。初期費用・返送料はかかってしまいます。

また、

女性Aさん

ネットはそれほど使わない。でもWiMAXがエリア外。。。

という人は、僕オススメのポケットWi-Fi「ネクストモバイル」を検討して下さい。

プランによりますが、月間50ギガ使えて、最安は2,760円からというモバイル回線です。

エリアに関してはソフトバンクとまったく同じなので安心ですよ!

解説記事書きましたので、興味があれば読んでみて下さい。

ネクストモバイルを実際に契約!WiMAX以外なら一択。その評判と感想

さて、WiMAXのピンポイントエリア判定が「○」だった場合には、プロバイダ選びに進みましょう。

絶対に迷わせないWiMAXのプロバイダ選び

さて、ここまで読んで頂いて、

「WiMAXはどこで契約すればいいの?」
「違いとかよくわからないからわかりやすく教えて」

と思われているあなたに向けて、絶対に迷わせないプロバイダ選びを提案します。

僕の提案するプロバイダ選びの選択肢は2つ。

あなたの好みや性格に合わせて選べるようにしますので、ご安心を!

まずは選択肢について簡単に説明しますね。

WiMAXプロバイダ選びの選択肢について

WiMAXのプロバイダは、非常にざっくり分けると3つのタイプに分かれます。

  1. 高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め
  2. キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい
  3. 1と2の中間で、ほどほどのキャッシュバックとほどほどの月額割引

この3タイプから選ぶことになります。

僕のオススメは「2」の「キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい」プロバイダです!

S8

これを「月額割引型プロバイダ」と呼ぶことにしますね

なぜオススメなのか。

それは、とにかく簡単で確実だからです。シンプルに月額料金が割り引かれるので、安心なんです。

キャッシュバックは、場合によっては現金を受け取ることができないというリスクがありますからね。

こうなるとキャッシュバックなしの非常に高い月額料金となってしまいます。

ということで、まずは僕が実際に契約している「月額割引型プロバイダ」について説明していきますね!

月額割引型プロバイダについて

月額割引型プロバイダの特徴は、

  • 面倒なキャッシュバック申請が一切ないのでリスクがない
  • ただし、契約期間中の総支払額は最安ではない

ということですねー。

エリアや速度なんかは一切替わりませんので、キャッシュバック申請の手間と総支払額だけで選べばよいのです。

僕もそうなのですが、とにかく一度契約してしまったら自動引落にして、支払いのことは忘れたい。

キャッシュバックのことを11ヶ月とか13ヶ月とか覚えておいて、スマホのカレンダーに登録して、IDとパスワードを覚えておいて、さらにキャッシュバック申請の手続きも覚えておく。

こんなことしたくないですもん。。。

僕と同じように、

Cちゃん

面倒なことは最初だけにしてあとは何も気にせず使いたい

という人は、月額割引型のプロバイダがオススメですよ!

S8

面倒な設定とかキャッシュバック申請はしたくない人は、月額割引型を選びましょう!

それでは、実際に僕が契約しているプロバイダを紹介しますね。

月額割引型のオススメプロバイダ

僕が契約したのは月額割引型プロバイダの「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」です。

このプロバイダは以下の特徴があります。

  • 運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手
  • 月額料金が業界最安級の月額2,726円〜
  • 端末代0円
  • ご満足保証で乗り換え可能
  • 8日間の初期解約制度で端末も返却可能

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

よくわかんないところもあると思うので、1つずつ簡単に説明しますね。

運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手

スマホを持つ女性

ブロードワイマックスを運営するのは「リンクライフ」という会社で、親会社は「オールコネクト」という会社。

実はこのオールコネクトという会社、WiMAXやネット系ではそこそこ有名な会社で、固定回線やポケットWiFiをいくつも提供している大手企業なんです。

僕も最初は知らなかったのですが、偶然にも契約したのが全部オールコネクトの提供しているサービスでした。

さらにWiMAXやポケットWiFiについて調べていくうちに、ほんとに沢山のサービスを提供している会社だということもわかりました。

これだけ実績ある会社ですから、運営についても安心できますよね。

月額料金が業界最安級の月額2,726円〜

次に肝心の料金について見ていきましょう。

ブロードワイマックスは月額割引型なので、月額料金が非常に安くなっています。

キャッシュバック型は月額料金が高いので、使い放題プランの場合毎月の引き落とし額が4,300円程度になることが普通です。
月間7ギガしか使えないプランでも、3,600円程度ですね。

ところが、ブロードワイマックスは以下の料金になります。
合わせて「とくとくBB」と「本家UQ」の数字も掲載します。

サービス名 ギガ放題月額料金 7ギガ月額料金
BroadWiMAX 3年間平均3,572円 2,726円
とくとくBB 3年間平均4,227円 3,609円
UQ WiMAX 3年間平均4,342円 3,696円

このように、月額料金がかなり安くなっているのがわかりますね。

もちろんとくとくBBは、ここからキャッシュバックがありますが、忘れてしまったらこの金額差になるということです。

ちなみに本家であるUQ WiMAXはキャッシュバック等ありませんので、契約しないほうがいいと思います。

やはり安心してWiMAXを利用するためには、月額割引型のプロバイダーで最安のBroadWiMAXがオススメなんですねー。

端末代0円

BroadWiMAXは、端末もすべて0円です!

通常、キャッシュバック型のプロバイダーは端末によってキャッシュバック金額が変わります。

それって結局端末代0円じゃないよね、と思わなくもないですよね。。。。

しかしBroadWiMAXはどの端末でもすべて0円です。最新端末でも問題ありません。

やっぱり最新端末は、最大通信速度が速かったりバッテリーの持ちが改善されてますからねー。

あと、サイズが年々小さくなっているのも見逃せません。

ご満足保証で乗り換え可能

WiMAXの電波特性上、どうしてもエリアが狭い場合があったり、建物の奥まった場所だと電波が入りづらかったりします。

ピンポイントエリア測定では「◯」だったのに、自分の部屋では速度が出ない、ということもあり得ます。

こんなときBroadWiMAXは「ご満足保証」という制度があるんです。

このご満足保証、万一通信品質に満足できない場合、光回線や他のポケットWiFiサービスに乗り換えることができるんです。

サトウ

もちろん違約金はかかりません!

現在乗り換えできるサービスは、以下となっています。

  • SoftBank光(固定回線)
  • auひかり(固定回線)
  • So-net光(固定回線)
  • BIGLOBE光(固定回線)
  • ブロードひかり(固定回線)
  • YahooBB(固定回線)
  • BroadLTE(モバイル回線)

たくさんありますね〜。

BroadLTEの無制限通信可能エリアはWiMAXより狭いので、やっぱり固定回線がいいですね。

僕なら使い放題が魅力でWiMAXを契約したわけですから、WiMAXが使えないとなったら使い放題の固定回線に乗り換える気がします。

とは言え、僕は自宅でも外でもほぼどこでもWiMAXが使えていますけどね〜。

とにかく、これで万一のときも安心です。

また、契約後8日以内なら無条件で解約可能ですよ。解説していきましょう。

8日間の初期解約制度で端末も返却可能

broadWiMAXキャンセル

初期契約解除制度ってご存知ですか?

ま、普通の人は知らないと思いますが、ネット回線系の契約で使えるクーリングオフみたいなものですね。

とにかくネット回線系の契約って難しいし、よくわからないまま契約しちゃうことが多いと思うんですよね。

それを8日以内の申請で一方的に解除できるんです。

これは総務省が定めた法令なので、全プロバイダに適用されます。

ただし、この解除できる契約に端末の契約は含まれていないんですよね。

ということは、回線の契約期間中は割引が効いている端末代が、契約解除した途端に発生して、使えもしない端末の分割金を払い続ける羽目になるんですよねー。

サトウ

こんなの納得できるわけありません。

ところがBroadWiMAXはこの端末を含めた全契約を解除できるんです。

ですから、万一通信品質に満足できない場合は、先に説明した「ご満足保証」の他に、端末到着から8日以内であれば契約解除も可能です。

ということで、WiMAXに対するハードルをどんどん下げてくれているんですねー。

このように様々なメリットがあるので、やっぱり僕も契約したプロバイダ「ブロードワイマックス」が一番のオススメとなりますよ〜。

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

さて、ここまで月額割引型プロバイダの魅力について説明してきました。

でも、高額なキャッシュバックに魅力を感じる人がいるかもしれません。

ということで、次は「高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め」なプロバイダについて説明しますね。

S8

これを「キャッシュバック型プロバイダ」と呼ぶことにします

キャッシュバック型プロバイダにはどんな特徴があるのでしょうか。

キャッシュバック型プロバイダについて

40,000円を超えるような現金がもらえる、高額なキャッシュバック型プロバイダの特徴は以下となります。

  • 契約期間中の総支払額が最も安くなる
  • キャッシュバック申請を忘れる人が多数発生

ということなんですねー。

まず、契約期間中の総支払額が最も安くなります。これは間違いないです。

ただそれと引き換えに、キャッシュバック申請の手続きがめちゃくちゃ面倒で難しいのです。

で、このキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、当然現金がもらえません。

高額キャッシュバック型の月額料金は高めに設定されています。

ですので、こうなってしまうとまったくお得感のない「高いWiMAX」を契約期間中ずっと使うことになります。

S8

キャッシュバック型の月額料金は、かなり高めに設定されてるので注意が必要なんです

では、この「キャッシュバック申請方法」はどんなものなのでしょうか。見ていきましょう。

代表的なキャッシュバック申請方法

キャッシュバック申請をして大きな現金をもらう場合の、代表的な流れを見ていきましょう。

  1. 契約を申し込む
  2. プロバイダ支給のメールアドレスが作られる
  3. 契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る
  4. そのメールに返信する形で、振込先を連絡する
  5. 連絡した翌月末などに指定した振込先に入金される

高額キャッシュバックをもらえるプロバイダの場合、この流れが一般的ですね。

ここでの注意点は、

2. の「プロバイダ支給のメールアドレスが作られる」

と、

3. の「契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る」

ところです。

「契約後11ヶ月後などにプロバイダのアドレスに通知が来る」ことのデメリット

これは非常に面倒な仕組みです。

最近では、やはりスマホでメールを管理することが多いですよね。

大事な通知は携帯電話会社提供のメールアドレスや、Gmailなどを使うと思います。

こうすることで、スマホで受信できて忘れずに支払いなどができるわけです。

ただ、これが「プロバイダ支給のメールアドレス」への通知のみとなると話が変わってきます。

そもそもこの通知だけの為に、スマホのメール設定をするのも現実的ではありません。そんな面倒なことしたくないし、やり方がよくわからない人も多いと思います。

だから、僕らがやることは

  1. 11ヶ月後にメールが来ることを覚えておく
  2. 11ヶ月経ったらプロバイダのマイページなどにログインする
  3. そのマイページでメールをチェックして振込先を連絡する

という流れになります。

また、3の連絡については、多くの場合1ヶ月以内です。これを過ぎるとキャッシュバック分の現金がもらえません。

どうですか?

こんなこと、やっぱり僕なら面倒だなーって思っちゃいます。

マイページへのログインIDとパスワードだって覚えていなくてはいけないですしね。

この複雑な手続きのおかげで、おそらく一定数の申請漏れがあるのは間違いありません。

そしてその申請漏れの比率を計算した上で、キャッシュバック額を決定しているはずなんです。

S8

申請を忘れると、結果的に他の人のキャッシュバック金額をあなたが負担することになるんです

こういったカラクリで、高額キャッシュバックが実現できているわけですねー。

ただし、高額キャッシュバック型が最安なのは間違いない

ここまでキャッシュバックの怖さを書いてきました。

でも、高額キャッシュバック型のプロバイダが最安なのは間違いないんです。

だから、上記手続きを

「絶対忘れない自信がある!!」

という人は高額キャッシュバック型プロバイダでの契約がオススメとなります。

S8

高額キャッシュバックの申請はかなり面倒だけど、やっぱり総支払額は最安ですからねー

そんなキャッシュバック型プロバイダで、現在もっともオススメなのはGMOとくとくBBというプロバイダです。

それは単純にキャッシュバック金額が常に最大だからですね。

業界最高のキャッシュバック!とくとくBBの特徴

とくとくBBは、2018年9月現在、業界最高の42,000円のキャッシュバック額を誇ります。

高額キャッシュバック型プロバイダは「とくとくBB」以外気にしなくて大丈夫です。

常に業界最高額のキャッシュバック額を維持しています。

WiMAXはプロバイダによる通信品質に違いはありません。

速度もエリアも、速度制限の条件もすべて同じです。

ですから、キャッシュバック型のプロバイダを選ぶなら、その金額のみで考えれば良いのです。

もし

「絶対キャッシュバック申請忘れない!」

という人は

とくとくBBでの契約がオススメです。

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/


キャッシュバック申請、忘れそう。。。という人はやっぱりブロードワイマックス

でも、やっぱりこのキャッシュバック申請はハードルが高い。

実は僕も以前契約していたフレッツ光のキャッシュバックをすっっっっかり忘れちゃってまして、ものすごく悔しい思いをしたことがあります。

確か30,000円だったと思います(汗)

それ以来キャッシュバック系のプランは一切契約しないようにしています。

僕と同じように

「キャッシュバック申請に自信がない」

という人は、キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい「月額割引型」プロバイダでの契約がオススメです

僕もそうしてますしね。。。苦笑

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

最後に

この記事では、一人暮らしの人に最適なネット回線について、ネット回線マニアの僕が実体験を踏まえて解説しました。

結論としては、

  • 動画鑑賞やゲームを思いっきり楽しむなら光回線一択
  • それほどネットを使わないならWiMAXがオススメ

というものです。

一口に「一人暮らしのネット環境」と言っても、その要望は人それぞれ。

あなたのライフスタイルに合わせて、最適なネット回線を選ぶことが大切ですよ〜。

あなたの一人暮らしライフが充実することを願って。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, インターネット回線, ポケットWiFi, ポケットWiFi比較