ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

外出先ノートパソコンでインターネット。テザリング or WiFiどっちがいい?

   

こんにちは。ネット回線マニアのサトウです。

サトウ

ネット回線をぜんぶで9回線契約中で月額料金にエグミあります!涙

さて僕は小さいながらもインターネットを使ってお仕事をする会社を経営しています。

サトウ

いわゆる(一応)IT社長で、MacBook Proを使いまくりです。。。!

仕事柄、とにかく外でパソコンを使う機会が多いです。

打ち合わせも取引先のオフィス、カフェ、ファミレスなど色んな場所で行います。

もちろん打ち合わせの合間の時間に、カフェで調べ物や資料作りなどをすることも多いです。

サトウ

商談の場合は遅れないように、前もって取引先近くのカフェで打ち合わせの最終確認をすることもあります

ビジネスの場面では何かと外でノートパソコンを使う機会が多いと思いますが、問題となるのはネットへの接続。

いまどきネットにつながらないパソコンを開いても、正直仕事にならないですよね。

この記事では、外出先でパソコンをネットに繋げる方法はいったいどれが一番いいのかを解説していきます。

ちなみに結論から言うと、全国どこでも完全無制限で使える「どんなときもWiFi」がベストです。

サトウ

モバイルルーターだけで5回線契約してる僕の結論です!

詳しい解説記事はこちらに書きましたので、ルーターの契約を考えている人はぜひ読んでください。

 

公式サイトはこちらです。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

外出先でネットする方法とそれぞれのメリット・デメリット

さて、外出先でパソコンをネットにつなぐ方法には、大きく分けて3つあります。

それは、

  • フリーWiFi
  • スマホのテザリング
  • WiFiルーター

です。

この中で一番おすすめなのが、先程も紹介した「どんなときもWiFi」をはじめとするWiFiルーターです。

次がテザリング、もっともおすすめできないのはフリーWiFiです。

その理由はこれから解説していきますが、おすすめ度で言うと

WiFiルーター >>>>>>>>>>>>>>>>> テザリング >>> フリーWiFi

という感じで、割と大きな差があります。

ここからの解説を読めば、その理由がわかります。

フリーWiFi

まずはもっとも「おすすめできない」方法である、フリーWi-Fiについて見ていきましょう。

サトウ

カフェなどが用意しているWiFiですね

僕はルーターのバッテリーが切れてて、さらにスマホのバッテリーもヤバイ、もしくは速度制限中というときにしか使いません。

普通に考えたらちょっとデメリットが多すぎるんですよね。

メリット

フリーWi-Fiを使うメリットは、僕のなかではひとつしかありません。

それは、

  • 無料で使える

ということ。

サトウ

これだけです苦笑

無料で使えるわけですから、まあ料金的には最強ですよね。

でもそれを大きく上回るデメリットがあるのも事実です。

デメリット

無料で使えるフリーWi-Fiですが、デメリットが多いんですよ。

  • 使える場所が少ない
  • 支払いなどをするのは不安
  • 会社の機密情報も怖い

といったところ。一つずつ簡単に見ていきます。

使える場所が少ない

フリーWi-Fiは当然、ルーターが設置してあるお店でしか使えません。

サトウ

当たり前ですがそのお店を出れば、電波が届きません

カフェなどであれば、最近はだいたい用意してあると思いますが、いつもカフェで打ち合わせができるわけじゃないですよね。

ですから、外出時にノートパソコンを使うという目的の、根本的な解決にはなりません。

カードで支払いなどをするのは不安

フリーWi-Fiは多くの場合、お店が用意したアカウント(SSID)に、これまたお店が用意したパスワードを使って接続します。

そのお店にいる全員が、そのアカウントとパスワードで接続するわけです。

サトウ

これ、結構怖いですよね

特にカードを使ったネットショッピングの決済とか、絶対したくないです

たまにこういうところで決済してる人いますけど、よくやるなあと思いながら見ています。

会社の機密情報も怖い

最近はクラウドサービスでファイルを共有・保存することも多いと思います。

これも、アカウントとパスワードだけで管理している場合は怖くて触りたくないですね。。。

取引先の情報が入ったエクセルファイルがDropbox上にあって、それを見たいとしても、同じアカウントを共有するフリーWi-Fiの場所では開かないほうが良いでしょう。

サトウ

個人情報の入ったファイルも同様です

唯一大丈夫かな?と思うのは、銀行決済に使う電子証明書を使う方法ですが、それでもこういう場所では不安は拭えません。

フリーWi-Fiはデメリットがメリットを大きく上回る

このようにメリットが

  • 無料で使える

ということのみに対して、デメリットが

  • 使える場所が少ない
  • 支払いなどをするのは不安
  • 会社の機密情報も怖い

と、大きく上回ります。

サトウ

僕は基本的に使わないようにしていますよ

次はスマホでテザリングする場合を見ていきましょう。

スマホ・テザリング

スマホでのテザリングができるようになったとき、「なんて最高な機能なんだ!」と感動したのを覚えています。

サトウ

テザリングとはスマホをWi-Fiルーターとしてパソコンなどをネットにつなぐ機能です。よく「デザリング」と呼ぶ人がいますが、「テザリング」ですね

その時の僕は、docomo・Xiの超高いルーターを持ち歩いていて、かなり不満があったんですよね。確か10,000円近く払ってたと思います。

これが0円になる!と思わったわけです。

でもこの期待も、完全に裏切られることになります。結局僕はWiMAXを契約し、その後「どんなときもWiFi」を契約することになるのです。

それではメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

テザリングのメリットはこちら。

  • どこでも使える
  • セキュリティ面が安心

これを見ると、フリーWi-Fiの弱点を完全に補ってくれているように思えますよね。

実際、場所・セキュリティ面はほぼ気にしなくて良くなるでしょう。

どこでも使える

いまやスマホは全国ほぼどこでも使えますよね。

docomoでも、auやソフトバンクでも大丈夫です。

さらに言えばY!mobileやUQ、LINEモバイルなどの格安スマホも、すべてdocomo、au、SoftBankの回線を使っているので、基本的にはどこでも使えます。

サトウ

使えないところを探すほうが大変なくらいですよね

このエリア面は大きなメリットと言えます。

セキュリティ面が安心

スマホの回線を使ってネットに接続するわけですから、フリーWi-Fiのような共有回線ではありません。

サトウ

厳密に言えば回線は共有してるのですが、難しい話になるので今回は触れません笑

スマホサイトで決済するのはみなさん慣れてると思います。

それをPCで行うだけですから、基本的に心配する必要はありません。

これもフリーWi-Fiにはないメリットです。

デメリット

次はデメリットです。これが僕が「期待を裏切られた」と感じた理由です。

それは

  • データ代が高い
  • ギガ死する可能性あり

ということです。

データ代が高い

とにかくスマホはデータ代が高いです。

ビジネスでは調べ物をして、ファイルをダウンロードして、さらにアップロードもしたりする必要があるわけです。

テザリングの場合、これらをすべて自分が契約しているデータプランで賄うことになります。

僕は以前auの5GBプランで契約してました。

しかしこれでは全く足りず、毎月のスマホ代8,900円にプラスして、データチャージ代2,000〜3,000円を支払っていました。

サトウ

このデータチャージをしなかったら、ギガ死です。

ギガ死する可能性あり

テザリングはかなりデータ消費が大きくなります。

その結果、5GBなどのスマホのデータプランを使い切ってしまう可能性が高いです。

となると待っているのは「128Kbps」という激遅通信制限。

制限中も月末までデータチャージせずに我慢する人も多いと思います。

でもビジネスでネットにつなぐ必要があるひとは、そうも言ってられませんよね。

サトウ

データチャージをするしかありません

結局、通信コストが大きく上がってしまうわけです。

テザリングは価格面でデメリットが大きい

このように、テザリングでの通信は価格面でデメリットが大きくなります。

スマホのデータプランは基本的にかなり高いのです。

また格安スマホであれば安いでしょ?と思うかもしれません。

しかしデータチャージについては1GBあたり1,000円が相場ですし、そもそもデータチャージができない格安スマホブランドもあります。

サトウ

外出先でノートPCを使うなら、テザリングもおすすめできません。

WiFiルーター

さて最後に本命である「WiFiルーター」について解説していきましょう。

ここでいういWiFiルーターは、「モバイルルーター」のことです。

モバイルというくらいなので、持ち歩いて使うのが大前提。

これにより、家でも外でも、どこでも快適にネットができちゃうわけです。

サトウ

個人的には、据え置き型のルーターにはあまり魅力は感じませんね〜

いままではWiMAXやネクストモバイルが大本命でした。

また、WiMAXのなかでもおすすめをあれやこれやと解説してきたわけです。

しかしいまは完全に一択。

サトウ

「どんなときもWiFi」です

「どんなときもWiFi」を前提に、WiFiルーターのメリット・デメリットを解説していきます!

メリット

WiFiルーターのメリットは、正直フリーWi-Fiやスマホのテザリングを圧倒しています。

  • どこでも使える
  • 完全無制限
  • 料金が安い
  • スマホ代も節約

サトウ

正直フリーWi-Fiやテザリングは、検討しなくてもいいくらいです

ひとつずつ見ていきましょう。

どこでも使える

おすすめはモバイルルーターなので、どこへでも持っていけますし、日本全国ほぼどこでも使えます。

サトウ

使えないのはめちゃくちゃ山の奥とか、海の上とかですね。

当然自宅でも使えるし、お客さんのオフィスや仕事の合間のカフェ、さらには出張時のビジネスホテルなどもOKです。

サトウ

僕は外出時は、基本的にずっとルーターの電源をONにして、PCを開いたらすぐにつながるようにしてますよ

これで外でも自宅やオフィスにいるように、面倒な手間なくネットができます。

完全無制限・使い放題

どんなときもWiFiを前提にすれば、一切制限なしの完全使い放題です。

サトウ

これが圧倒的なメリットです

いままでWiMAXやY!mobileには、月間7GBだったり、3日で10GBだったりといった制限が存在しました。

これがないんです。

料金が安い

そして料金が3,480円と格安。

大手スマホキャリアでは30GBでも8,000円近く取られますから、そのコスパの良さがわかります。

これで大手3キャリアの回線を使えて、さらに無制限。

日本中でデータ使い放題という、いままでには考えられない状態を生み出せるわけです。

スマホ代も節約

ここまで書いてきたメリット、

  • どこでも使える
  • 完全無制限・使い放題
  • 料金が安い

を組み合わせることで、さらにもうひとつメリットが生まれます。

それが「スマホ代を激安にできる」ということです。

どこでも使えて、無制限なわけですから、スマホのデータプランを最小にすればいいんです。

例えばUQモバイルで最小にすると、月額1,980円。

みおふぉんの「ケータイプラン」なら、通話とSMSのみ使えて月額920円。

これにどんなときもWiFiの3,480円を追加しても、いまのスマホ代を下回りませんか?

UQモバイル みおふぉん
ケータイプラン
月額料金 1,980円 920円
どんなときも
WiFi
3,480円 3,480円
合計 5,460円 4,400円

サトウ 僕はUQと「どんなときもWiFi」で月々5,460円です

しかも、もしあなたが一人暮らしなら、自宅の光回線も解約して大丈夫です。

サトウ

だって使い放題ですからね。動画もガンガン見られますよ!

さてWiFiルーター(どんなときもWiFi)の数少ないデメリットを見てみましょう。

デメリット

さてWiFiルーターにはデメリットがあるのでしょうか。

サトウ

どんなときもWiFiに限って言えば、ひとつだけですね

それは、

  • 持ち歩く必要あり

ということ。

スマホに追加して、ルーターを持ち歩く必要があります。

ただし、大きさはiPhone 7とほぼ同じ。

しかも操作することはありませんから、カバンのなかに入れっぱなしでOK。

しかもバッテリーも12時間連続使用ができます。

サトウ

ということで、ほぼデメリットではない、と言えますね

おすすめは絶対にWiFiルーター

ここまで

  • フリーWi-Fi
  • スマホのテザリング
  • WiFiルーター(どんなときもWiFi)

のメリットとデメリットを解説してきました。

これらをわかりやすく表にしてみました

特徴 フリー
WiFi
スマホの
テザリング
WiFi
ルーター
どこでも使える
セキュリティ安心
データ代が安い
スマホもお得に
荷物増える

このように、小さなルーターを持ち歩く必要があるものの、ほとんどの面でWiFiルーターが最も優れているわけです。

持ち歩き以外では唯一、無料で使えるフリーWiFiが料金面で勝るくらい。

でもスマホと合算で考えると、常にフリーWiFiを使えるわけでもないので、やっぱり全然安くならないわけです。

外出時にノートパソコンを使いたいなら、トータルで考えて絶対にWiFiルーターがおすすめです。

サトウ

ていうか、それ以外は検討に値しないと思います

もちろんスマホをずっとつないでればいいので、通勤通学中の動画視聴もガンガンしちゃって大丈夫です。

僕はDAZNでMLBやサッカー中継を見まくってますし、友人はNetflixでキングダムずっと見てますよ。

どんなときもWiFiの特徴

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの特徴を書きます。

  • 完全に無制限
  • 日本で一番つながる
  • 普通に速い
  • それなのに安い
  • さらに海外でも使える

サトウ

これ、ちょっと最強すぎですね笑

無制限での利用を前提とした、ざっくりした特徴の比較をまとめます。

料金 無制限
エリア
速度
WiMAX 3,500円
ほど
やや狭い 速い
Y!mobile 4,380円 狭い 速い
格安SIM 4,000円
ほど
広い 遅い場合も
どんなときも
WiFi
3,480円 とても広い 速い

このように他社のルーターと比較して、「どんなときもWiFi」に圧倒的な優位性があります。

それでは特徴を解説していきましょう!

完全に無制限

どんなときもWiFi-無制限

「どんなときもWiFi」は、本当に完全に無制限です。

月間データ上限がないのは当然です。

加えて、WiMAXやY!mobileのような「3日10GB」や、格安SIMのような「3日3GB」もありません。

1ヶ月間に200GB使っても、3日間に30GB使っても大丈夫です。

実際に1日で6GB使ったのですが、全く問題ありません。

どんなときもWiFi-6GB

1ヶ月のデータ量も測りたいのですが、そもそも「どんなときもWiFi」にはその機能がないんです。

サトウ

無制限ですから、いらないんです

どんなときもWiFi-U2s-02

1日で6GB使ったときは、8時間ほどNETFLIXを流しっぱなしにしつつ、iPhoneとiPadをつないで音楽をずっとかけてました。

それでもまったく速度が遅くなることもなく、普通に使えていましたよ。

日本で一番つながる

どんなときもWiFi-エリア

「どんなときもWiFi」は「日本で一番つながるルーター」だと言っても過言ではないでしょう。

サトウ

なぜそういい切れるか、理由を説明していきましょう

「どんなときもWiFi」は「クラウドSIM」という仕組みを採用しています。

通常iPhoneなどの端末に入っている「SIMカード」が入っていないのです。

これは、端末自体は位置情報のみを送信し、サーバーで管理している最適なSIMにつなぐ、という仕組みです。

サトウ

ちょっとわかりにくいですが、ネット上にあるSIMカードをつかって通信している、という感じです

この仕組によって、すごいことが可能になったのです。

それは、

docomo・au・SoftBankすべてのネット回線が使える

というものです。

その場所でもっとも電波状態のいい回線を選ぶとされています。

これによって

「日本で一番つながるルーター」

が実現できているのです。

サトウ

ただ、いままで使ってきてわかったことですが、基本的にはSoftBank回線を優先して使っているようです

ですから、ソフトバンク回線が弱いエリアでは、docomoやauにつないで通信するということでしょう

WiMAXは、WiMAXとauの電波を使います。docomoとSoftBankの回線にはつなげません。

一方Y!mobileは、SoftBankとAXGPの電波を使います。docomoやauの回線は使えません。

格安SIMは、間借りしている大手キャリアの回線しか使えません。

ところが「どんなときもWiFi」は、すべての回線を使えるんです。

いままで一番無制限に近かったのはWiMAX。

そのWiMAXはエリア面が大きな弱点でした。

サトウ

エリアがハマればめちゃくちゃ良いルーターなんですけど、ちょっと狭かったんです

これを解消した「どんなときもWiFi」は、まさに最強ルーターと言っていいでしょう。

普通に速い通信速度

女性

「無制限」で「全国どこでもつかえる」と来ると、いままでのパターンなら「速度が遅い」のが常識でした。

サトウ

いままでの格安SIMなら、です

どれだけ無制限でも、速度が遅ければそもそもデータを消費できないですよね。

格安SIMのルーターの中には「無制限」とアピールしておきながら、実際には500Kbps程度しか速度が出ないものもあります。

サトウ

これじゃずっと使い続けても全然データ消費しないです苦笑

その点「どんなときもWiFi」は普通に速いです。

いつ測定しても、20〜40Mbpsで通信しています。

僕がいままで計測した最速の通信速度は、41Mbps。

どんなときもWiFi-速度実測40Mbps超え

遅いときでもだいたい20Mbpsは出てます。

どんなときもWiFi-速度実測02

朝の混雑時間に、15Mbps程度になることもありますが、これだけ出てれば普通に動画を観ることができます。

NETFLIXのHD画質の必要速度が5Mbpsですから、十分すぎることがわかります。

サトウ

スポーツ好きの方は、DAZNも最高画質で観ることができますよ!僕は移動中によくサッカーとか観てます

無制限でエリアが広くて速いのに、安い

どんなときもWiFi-料金

ここまで

  • 完全無制限
  • 日本で一番つながる
  • 速い

という特徴を見てきました。

サトウ

「最強ルーター」と呼ぶことに異論はないのではないでしょうか

でも、どんなに優秀なルーターだとしても、高かったら意味がありません。

現実的な料金で使えてこそ、メリットが出ます。

その点、「どんなときもWiFi」の料金は・・・・

3,480円

とめちゃくちゃ安いんです!

さきほども掲載しましたが、料金比較を見てみましょう。

ルーター 月額料金
WiMAX 3,500円ほど
Y!mobile 4,380円
格安SIM 4,000円ほど
どんなときもWiFi 3,480円

これを見ても、「どんなときもWiFi」の圧倒的な優位性がわかると思います。

まず、完全無制限のルーターがないので、本来なら比較対象がありません。

しかし無理やり他社のルーターと比較したとしても、一番安いわけです。

サトウ

正直、WiFiルーターを契約するなら「どんなときもWiFi」以外は検討する意味がありません

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

海外でも使える

さらにすごいことがあります。

サトウ

ステマっぽくなってきたけど・・・ホントのことだから仕方ない・・・

それは、海外でもそのまま、何の手続きもなく利用できるということです。

通常、海外にいくときはルーターをレンタルしていきますよね。

空港で受け取ったり、事前に自宅に郵送して受け取ります。

サトウ

僕も数少ない海外旅行中は「イモトのWiFi」を借りていきましたね・・・当時「どんなときもWiFi」ありませんでしたから・・・

そして帰国したら、空港で返却というのが一般的な使い方。

「どんなときもWiFi」はどちらも不要です。

普段使っているルーターをそのまま、なんの手続きもなく海外で使えちゃうんです。

こちらが、1日定額1,280円で使える国。

アジア・
オセアニア
26地域
韓国・香港・中国・台湾・
マカオ・オーストラリア・
ニュージーランド・シンガポール・
タイ・ベトナム・マレーシア・
フィリピン・インドネシア・
カンボジア・ミャンマー・ラオス・
ネパール・インド・スリランカ・
バングラデッシュ・カザフスタン・
モンゴル・パキスタン・グアム・
サイパン・フィジー
ヨーロッパ
41地域
オーストリア・ベルギー・スイス・
チェコ・ドイツ・スペイン・
フィンランド・フランス・ギリシャ・
イタリア・オランダ・ポルトガル・
ロシア・スロベニア・トルコ・
リヒテンシュタイン・モナコ・
キプロス・ハンガリー・ラトビア・
ポーランド・スウェーデン・
ウクライナ・エストニア・
クロアチア・アイルランド・
リトアニア・ルクセンブルク・
セルビア・ノルウェー・アルバニア・
デンマーク・スロバキア・イギリス・
サンマリノ・バチカン市国・
ブルガリア・アイスランド・マルタ・
ルーマニア・オーランド諸島
北米2地域 アメリカ・カナダ

そしてこちらが、1日定額1,880円で使える国。

中東
7地域
UAE・カタール・ヨルダン・
イスラエル・サウジアラビア・
イエメン・バーレーン
中米・
南米
17地域
コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・
アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・
ドミニカ共和国・コスタリカ・
エクアドル・グアテマラ・ペルー・
ボリビア・チリ・ニカラグア・
エルサルバドル・メキシコ・
プエルトリコ
アフリカ
13地域
南アフリカ共和国・ケニア・
モロッコ・エジプト・西サハラ・
タンザニア・ザンビア・チュニジア・
アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・
ナイジェリア・モーリシャス

レンタルの場合「1日500MBまで」というところも多いのですが、「どんなときもWiFi」は、1日1GBまで使えます。

レンタルしていったほうが安い場合もありますが、面倒な手続きがないのはホントにいいですね。

サトウ

万一海外でルーターをなくしてしまったときの弁済も大きくなりますしねー

ちなみに「何の手続きもなく海外でもそのまま使える」のも、「クラウドSIM」のおかげです。

これらの特徴をあわせて考えると、やっぱりモバイルルーターなら「どんなときもWiFi」一択じゃないかな、と思います。

気になる人は公式サイトを見てみてください。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

あと、もっとガッツリ詳しく解説してる記事も書いたので、よかったらご覧ください!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAXの知識, ポケットWiFi