ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

エディオンネットWiMAXの料金やキャンペーンを徹底解説

      2018/07/17

この記事は、いまWiMAXの契約を検討していて、

「エディオンネットってどんなサービスなの?」

と気になって調べているあなたのために書きました。

他の家電量販店では、ヤマダ電機やビックカメラ、ヨドバシカメラなどがWiMAXのプロバイダーサービスを展開しています。

そして、今回紹介する「エディオンネット」も、家電量販店のエディオングループが展開しているWiMAXプロバイダーサービスです。

何かと難しいイメージが付きまとうネット回線系の契約ですが、できるだけ誰にでもわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

「エディオンネット」とは

単に「エディオンネット」とは、家電量販店のエディオングループが展開しているインターネット回線系のサービス全般の名称です。

エディオンネットでは、光回線やADSLなど様々な回線を提供していますが、その中のひとつに、WiMAXのプロバイダーサービスがあります。

あなたは、WiMAXの契約を検討している人だと思いますので、この記事では光回線やADSLなどではなく、WiMAXのプロバイダーサービスのみを指して「エディオンネット」と呼ぶことにしますね。

それでは順に説明していきます。

通信速度や回線について

「エディオンネット」下り最大440Mbpsの高速通信ができます。ただ、これは他のWiMAXプロバイダーと同じですね。

また、契約する端末が対応していれば、比較的エリアの狭いWiMAXの回線だけでなく、全国ほぼどこでも使える「auのLTE回線」を使うこともできます。この辺もほかのWiMAXプロバイダーと変わりありません。

さらに、WiMAX 2+プランで契約している場合、「クオルネット Free Wi-Fiプレミアム」が無料で使えるようになります。

この、「クオルネット Free Wi-Fiプレミアム」とは、全国に広がるWi2エリアで使える公衆無線LANサービスです。

WiMAXの電波が弱いとき、代わりにWi-Fiが使えるので便利なサービスです。

使える端末について

エディオンネットの端末ですが、最新のW04やWX03をはじめ、WiMAX 2+に対応している古めの機種がラインナップされています。

また、2017年11月現在の最新端末となるWX04についても提供されています。

特に古い端末を使わなければならない理由がなければ、最新の端末を選べば間違いないでしょう。

速度制限について

さて速度制限についてですが、3日間で10GB超の通信を行った場合に実施されます。だいたい1Mbpsまで制限されます。

また、auのLTE対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超える通信を行うと128Kbpsの速度制限がかかります。

これらの速度制限についても、特にほかのWiMAXプロバイダーと変わったところはありません。

料金プランや違約金について

疑問

料金プランについて

エディオンネットの料金プランは、本家UQコミュニケーションズと同じく

  • ギガ放題プラン
  • 通常プラン

の2種類にわかれていて、それぞれ契約期間が決められています。

本家UQと違うのは、通常プランの通信データ量の上限が明記されていないことですね。

とは言え、速度制限を見る限り、月間で7GB超の通信を行うと制限がかかると書かれているので、上限は7GBでしょう。

プラン 月額利用料金 割引き 割引後の料金
ギガ放題3ねん 4,880円 -500円 4,380円
ギガ放題にねん 4,880円 -500円 4,380円
ギガ放題スタンダード 5,880円 なし 5,880円
3ねん 4,196円 -500円 3,696円
にねん 4,196円 -500円 3,696円
よねん 4,196円 -500円 3,696円
スタンダード 5,196円 なし 5,196円

月間データ量使い放題の「ギガ放題プラン」

月間データ量が使い放題の「ギガ放題プラン」には、

  • ギガ放題スタンダード
  • ギガ放題にねん
  • ギガ放題3ねん

が用意されています。

「にねん」「3ねん」は、月額料金が500円割引される「おトク割」が適用されるので、実質4,380円

ただし、「ギガ放題スタンダード」では、契約年数縛りが無い代わりに割引がされません。さらに月額料金が1,000円高くなっていますので注意が必要です。

さらに最初の3カ月間は「さらにおトク割」が適用されて、月額684円が割引されます。

この仕組みはUQと同じですね。

月間データ上限が7ギガの「通常プラン」

月間のデータ上限が7ギガバイトとなる「通常プラン」では

  • スタンダード
  • にねん
  • 3ねん
  • よねん

という4つのプランが用意されています。

ギガ放題と同じく、「スタンダード」以外にはおトク割がさ適用されて(-500円)実質3,696円です。

「スタンダード」では、契約年数縛りが無い代わりに割引がされません。さらに月額料金が1,000円高くなっていますので注意が必要です。

おトク割については、適用期間終了後も継続して契約している場合は、長期利用割引として引き続き500円割引されますので、契約期間終了後も料金が高くなることはありません。

これ以外にも割引があります。

月額使用料金をエディオン発行のクレジットカードで支払うと、月額200円割引されます。

また、2年以上の契約プランでauのスマホを使っている場合は、「auスマートバリューmine」が適用され、auスマホの利用料金が割引されます。

auのLTE回線のオプションですが、3年以上の契約プランの場合は無料で使えます。

それ以外は、auのLTE回線を使った月だけ、月額1,005円かかります。ハイスピードプラスエリアモードで通信をしなければ課金はされません。

以上を見比べてみると、多少の割引はあるものの、基本料金がけっこう高額であることが分かりますよね。。。

ギガ放題スタンダードのプランで 5,880円。

正直、毎月の固定費としてはかなり痛いところですねー。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

エディオンネット」の違約金について

次に違約金ですが、これはUQやほかのプロバイダーと異なっています。

契約期間内の解約については、一律で9,500円の違約金が発生します。

ほかのWiMAXプロバイダーでギガ放題プランの場合だと1年単位で区切って高額な違約金を取られますが、エディオンネットは一律になっていますね。

また、契約期間がないスタンダードプランの場合でも、契約初月のみ「末日までを最低利用期間」となります。

その間に解約すると違約金が2,000円かかるようになっています。

エディオンネット」のオプションについて

では、WiMAX 2+プランのオプションについてもう少し詳しく見てみましょう。

エディオンでの商品購入に特典がある「アシストパック」

ひとつは「アシストパック」といって、エディオンが指定した商品を購入する場合にキャッシュバックなどの特典がつくオプションです。

「ギガ放題にねん」「ギガ放題3ねん」「よねん」を新規加入する場合にのみ申し込みができます。

月額料金
アシストパックM 741円
アシストパックLL 1,547円

料金はアシストパックM月額741円アシストパックLL月額1,547円となっています。

ただ、このアシストパックは公式サイトを見ても何が得なのかさっぱりわからないので、まったくもって不要と言えるでしょう。

さらに、2年間の契約で期間内に解約する場合は違約金が発生します。

違約金は「アシストパック月額料金・税込×支払い残回数」で計算されます。

早い時期に解約すると違約金が高額になりますからこれは要注意です!!

絶対に加入しないようにしましょう。

グローバルIPオプション

もうひとつはグローバルIPオプション(WiMAX2+)。

WiMAX 2+をインターネットに接続する際に、グローバルIPで接続することができるサービスで、月額96円で加入できます。

ただ、こちらも通常の利用方法であればまったく不要です。

もしオプション契約を進められたとしても絶対に断りましょう。

「エディオンネット」のメリット・デメリット

次に、エディオンネットでWiMAXの契約をするメリットとデメリットについて見ていきましょう。

エディオンネット」のメリットについて

まず、メリットですが店頭で対面契約ができるということが挙げられます。

わからないことや知っておきたいことをその場で店員に聞いて、納得してから契約できます。

大手量販店の安心感もあるので、不安な点をクリアにして契約できるのは心強いですよね。

その場で契約して、そのまま端末を持ち帰ることも可能で、契約した日から使えるのも便利です。

WiMAX以外にお店で機器購入を考えているのであれば、専用のプランがあるのでお得に買い物ができるようになっています。

エディオンの独自クレカで料金の支払いをすると割引されるのも便利ですね。

また、契約期間なしのスタンダードが用意されているので、2年や3年などの契約期間の縛りがイヤな人にはぴったりかも知れません。

最低利用期間内(契約初月の末日まで)に解約しても違約金は2,000円と高くないので、気軽に使えるでしょう。

複数年契約の場合でも違約金が9,500円で収まっているのも、なかなか良心的です。

エディオンネット」のデメリットについて

では逆にデメリットを見ていきましょう。

UQの料金プランがベースになっているので、WiMAXプロバイダー全体から見るとやはり料金が高いです。

同じプランで、もっと安く使えるプロバイダーが存在します。

そして「エディオンネット」に関しては、キャンペーンが基本的にありません。

ほかのプロバイダーでは高額なキャッシュバックなど、ユーザーが得する仕組みがいろいろあるんですが、その辺はまったく考えていないようです!!

メリットであるはずの機器購入をアシストするプランも、月額料金が上乗せされることに注意が必要です。

また、2年縛りがあるので途中解約するとWiMAXの違約金に加えて、このアシストプランの違約金も払う必要があり、高額な支払いになる場合があります。

おそらく、ネット回線などに詳しくない人が、「わからないから」と家電量販店に訪れて、店員の言われるがままに契約する人が少なからずいるのでしょう。

そういった人はネットでの情報収集が上手ではないので、知らず知らずのうちに高い料金でWiMAXを契約してしまうのだと思われます。

もちろん契約した本人は、誰かに指摘されるまで「そんなもの」と思い、疑いもしないのでしょう。

エディオンネットでの契約に向いているのはこんな人

さて、それではどんな人が「エディオンネット」に向いているのでしょうか。

ネットでの契約が不安な人

こういった家電量販店での契約に向いているのは、オンライン契約に不安がある人でしょう。

というか、向いているというより、他に選択肢を持っていないと言う感じでしょうか。

街に実在する家電量販店は、対面契約ができます。

オンラインであればホームページに書いてあることがすべてになってしまいますが、それ以上の情報を店員から直接聞いて、納得した上で契約できます。

端末を持って帰って、契約した日からすぐにインターネットを使えるというのも魅力です。

お店の人にお任せして、わからないことを理解することが苦手なひとは、どうしてもこういった家電量販店で契約してしまうのでしょう。

また、最低2年間は確実に使うし、高い料金も気にならない!

という方で、機器購入を同時に考えているのであれば、アシストプランでお得にすることもできますね。

そういった点では選ぶ価値がある気もしますが…

このような同時購入のオプションは他のプロバイダーにもありますから、正直微妙なところです。

エディオンネットはオススメできる?

女性疑問

エディオンネットを始めとする家電量販店でのWiMAX契約は、不安なことを直接聞くなど直接接客を受けて契約したいひとにはオススメできるかもしれません。

ただ、間接的にではありますが、接客してくれた店員の給与や店舗の土地・光熱費が、WiMAXの契約に含まれていることを理解した上で契約してください。

また、「エディオンネット」は契約縛りのないプランがあったり、違約金がほかのプロバイダーに比べてかなり割安になっています。

「WiMAXは使ってみたいけどもしかしたら途中で使わなくなるかも…」

と思っている人なら「エディオンネット」に契約すれば、仮に中途解約しても違約金をがっつり取られる心配がありません。

これらに当てはまらない人なら、わざわざ「エディオンネット」を選ぶ必要はないでしょうね〜。

「説明はいらない、自分で何とかする!」

「とにかく安く、お得にWiMAXを使いたい!」

という人には確実に不向きです。高いです。

月額料金がもっと安くなったり、現金キャッシュバックで得することだってできますからね。

エリアや通信速度などは、どのプロバイダーでもまったく同じですから、WiMAXは料金だけで選べばよいのです。

WiMAXをできるだけ安く使いたいという人はほかのプロバイダーを選びましょう。

是非、みなさんもしっかりと比較して、自分にとって最適なプロバイダー選びを実現してくださいね!

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, プロバイダー, ポケットWiFi ,