S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

ポケットWiFi無制限徹底比較!最も料金が安いのはどれ?

   

2016-08-04 18.26.44

どもです。S8です。

最近はスポナビライブやYoutubeとかで動画配信を楽しむ機会が増えてます。スポーツ観戦はホントに楽しいです。

また、Facebookやツイッターなんかで動画が流れてくることも多いですよね〜。

僕はサッカーの「プレミアリーグ」と、日本のプロバスケットリーグ「Bリーグ」ばっかり見てますが、実家に帰ったときや旅行、出張の時も見たいんですよね。

外出先でも自宅でも利用できるのがポケットWiFiの最大の利点ですからねー。

そこで、動画を見るのに必須の「無制限で使える」ポケットWiFiの中で、果たしてどれがいいのか実際に使った感想を交えてお伝えします。

ポケットWiFiの多くは月間無制限ではない

ポケットWiFiは、多くのサービスが月間7GBまでの制限を設けています。

でもストレス無く遠慮無く、動画視聴やアプリのダウンロードをしたいのが本音。正直に言ってドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯キャリアが30GBのプランを出してきた今、月間データ通信量に上限のあるサービスは選択する意味がほとんどありません。

ということで、結論から述べます。

ポケットWiFiを契約するなら無制限一択。

さらに、無制限のポケットWiFiなら「WiMAX」一択なんです。

実際に利用してみての感想なので間違いないです。

それではWiMAXの特徴から詳しく見ていきましょう!


通信量無制限ポケットWiFiの代表 WiMAXの特徴

通信量無制限ポケットWiFiの代表格といえば、WiMAXです。正確には、いまはWiMAX2+という規格ですね。

いま、おそらく誰に聞いても、「契約するならWiMAX一択」と答えるでしょう。

WiMAXの最大の特徴は、「速度制限が圧倒的にゆるい」ことです。

もちろん普段の速度も最大220Mbpsという速さです。

それでいて料金がそれほど高くなく、プランやプロバイダー選びによっては月間通信量の無制限を実現しながら、2,800円程度の価格で利用できるんです。

これらのことにより、いくつかある通信量無制限のポケットWiFiの中では、圧倒的に1番オススメなんです。

ここでの通信量無制限とは、月間のデータ通信量が無限大に使えるという意味で、「3日で3GBまで」等の制限は各サービスにより適用されます。

ただ、その「3日3GBまでの制限後」にこそ、WiMAX2+の最大の強みがあるんです。

この記事では、そのあたりを説明しちゃいます。

それではWiMAX2+と他社の無制限ポケットWiFiの違いを見ていきましょう!

※記載の料金等は2017年1月現在のものです。

WiMAX2+と他社の無制限ポケットWiFiとの違いは?

AdobeStock_76132103

実質的な通信量無制限ポケットWiFiで、速度や料金が現実的なのは、WiMAX2+以外だと以下の二つとなります。

  • Y!mobile
  • スマモバ

WiMAX2+を全力でおすすめする理由を、このワイモバイルとスマモバとの比較から検証していきます。

まずはY!mobileの特徴から行きましょう!

ワイモバイルの特徴は?

ワイモバイルの特徴を說明します。

ワイモバイルの無制限プラン「アドバンスモード」はエリアが狭すぎる

まず、Yモバイルの無制限プランは「アドバンスモード」です。これは完全にWiMAX2+をライバル視して設定されたプランと言っていいでしょう。

img01

※Y!mobile公式サイトから引用

 

このアドバンスモードの最大の弱点は「提供エリアが狭い」ことなんですよねー。

「AXGP」の提供エリアでご利用いただけます

と書いてあります。小さく。

このアドバンスモード、ネットで検索した限りでは、東京でもまだまだ使えないらしく、すぐに解約したという声も聞かれるほど。

現状では相当ストレスが溜まるっぽいです。

こんなツイートを見つけました。

 

そして、なんと7GBを超えて速度制限がかかってからアドバンスモードを選択しても、その月は速度制限が解除されないのです。

 

そしてエリアの広い標準プランで7GBを超えた時の速度制限時の通信速度は128kbps

例のネットが激重になるアレです。

普段スマホを使っていて、大手キャリアの速度制限が適用された方は多いと思いますが、まったく使えませんよね〜。あの速度まで低下するということです。これはつらい。

Yモバイルの標準モードは500MB毎に制限解除が必要

エリアの広い標準プランも、実質的には通信量無制限で使うことができます。

ただ、7GBを超えた分は500MB毎に

有料で

速度制限解除が必要なんです。

こちらも速度制限がかかると128Kbpsという、使い物にならない速度です。

もしワイモバイルで標準モードの契約で7GBを超えたら、データ通信を我慢するか、500MB毎に料金を払って速度を元に戻す必要があるのです。

結局高いお金を払うことになり、大手キャリアのデータ通信と何が違うのかよくわからなくなってしまいます。

これは無制限とは呼べませんよねー。

WiMAX2+なら速度制限後の通信速度が高速

このようなワイモバイルと比較して、WiMAX2+の場合は、ギガ放題プランであれば速度制限が適用されたあともなんと4~7Mbpsの速度を維持してくれます

128kbpsと比較して

その差はなんと30倍程度。

4~7Mbpsといえば、YoutubeのHD動画をストレス無く観ることが出来ます

実際に利用してみた感想ですが、正直速度制限がかかってることに気がつくのにちょっと時間がかかったほどでしたよ。僕の環境ではスポナビライブの高画質も見れました。普通画質ならまず間違いないでしょう。

ここがワイモバイルとWiMAX2+の最大の違いとなります。

iPhone等のOSアップデートや、大きなデータサイズのアプリをダウンロードすると、ちょっとだけストレスが溜まるかもしれません。ただそういった場合は速度制限が解除されるまで(たった!)1日程度待つか、固定回線のWiFi環境を探したほうがいいです。

とは言え、そんなことはそうそう無いですからね。まず気にしなくていいでしょう!

ドコモ系格安SIMのポケットWiFi「スマモバ」の特徴は?

さて最近何かと話題の格安SIM(MVNO)のうち、そこそこ速度が速いと噂のスマモバも候補にあげてみます。

ドコモ回線を利用することによって、つながりやすさでは大きなアドバンテージがありそうなスマモバ。

格安SIMではありますが、検証してみました。

3日3GBで激重の速度制限(パケ死)がかかる

スマモバでもワイモバイルでもWiMAX2+でも、速度制限はかかります。

月間の総通信料に制限はかかりませんが、3日で3GBや5GBといったものですね。

スマモバも3日3GBまでの制限を設定しています。

公式には以下のように記述があります。

現在のお客様全体における平均通信量から換算すると、3日間で利用通信総量が3GB以上となった場合、制限対象とさせていただきます。制限後の 速度は、上り下りともに200kbps以下。

結局のところ、スマモバも速度制限後の通信速度が200Kbps程度。

他のポケットWiFiの主流である128Kbpsよりは幾分マシですが、WiMAX2+の4~7Mbpsには到底及びません。

やはり月間の通信量無制限WiFiの中では、速度制限後の通信速度が圧倒的に速いWiMAX2+が最強と言わざるを得ませんね〜。

スマモバは端末代がかかる!

スマモバの大きな特徴として、端末代が毎月1,500円かかってしまうことです。

もちろんここから「月々割」として500円の値引きが適用されますが、36ヶ月間で18,000円の端末代を支払うことになります。

加えて月額利用料が3,480円。

対してWiMAX2+は端末代はかかりません。0円。

さらにWiMAXは、プロバイダーによって33,000円という非常に大きなキャッシュバックを提供してくれますので、実質的な月額利用料は2,888円まで下がります

WiMAX2+
(キャッシュバック適用後)
スマモバ
端末代 0円 18,000円
月額利用料
(実質)
2,888円
1〜2ヶ月目は2,234円!
3,980円
2年間総額 68,004円 95,520円

このように、キャッシュバック適用後の実質利用料金は、どう考えてもWiMAXに軍配があがるのです。

ちなみに、キャッシュバックの金額はプロバイダーやキャンペーンによって異なりますが、次の章でしっかり説明しますね!

結論!
月間通信量無制限のポケットWiFiならWiMAX2+が最強!
じゃあ契約はどこが一番安いのか

AdobeStock_70326534

月間通信量無制限のポケットWiFiを比較してきましたが、やはりどう考えてもWiMAX2+が最強です。

  • 3日3GBの速度制限後の通信速度が動画視聴に問題のない4~7Mbps
  • 月間の通信量が完全に無制限
  • キャッシュバック適用後の実質利用料が最安2,888円

これらの理由で、外出先でネット接続したり、家の固定回線の代わりで使うならWiMAX2+が最もおすすめなんです。

WiMAX2+はプロバイダー選びが重要!

さてそのWiMAX2+ですが、プロバイダーによってキャッシュバックだったり、月額利用料の割引だったりが結構違うんですよね。

月間通信量無制限のWiFi選びは、

  1. ワイモバイルやスマモバなどとWiMAXを比較する
  2. 最適なプランやプロバイダーを選ぶ

という二段階のお悩みポイントがあるのです。

ここまでの結論として、WiMAXを選ぶことは決まっているとして、2番目のお悩みポイントである「プロバイダー選び」はどうすればいいのか。

これが、実は結構明確に各社特徴があるので、その目的や皆さんの好みに合わせてオススメします。

とにかく最安値を目指すならキャッシュバックが最大のGMOとくとくBB一択

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-30-17-17-44

「実質的な」月額利用料の最安を目指すなら、キャッシュバックを適用することが絶対条件となります。

どうしてもその仕組み上、

キャシュバックを適用するのが最も安くなるのです。

そしていま最もキャッシュバックの金額が大きいのは、GMOとくとくBBのキャンペーンです。

その金額はなんと最大33,000円。

先程もまとめましたが、ギガ放題の実質的な月額利用料が2,888円にまで下がります。しかも1,2ヶ月目は実質2,234円。

とにかく安く使いたいのであればGMOとくとくBBで契約してしまうのが正解です。

GMOとくとくBBは、20日以内キャンセルOK!!

これホント凄いです。

WiMAXは若干障害物に弱いという電波特性を持っています。なので、UQ WiMAXのWiMAX2+ピンポイントエリア判定が○エリア判定でも、ひょっとして家で電波が届かないということも有りえます。

ただ、GMOとくとくBBなら、20日以内ならキャンセル可能なんですよね。

これは本当にありがたいことです。心置きなく試せますし、万一電波に問題があったらキャンセルしちゃえばいいんですからね。。。

公式サイトにもこう書いてあります。

・自宅のエリアは○だけど、室内での通信速度に不安が
・利用エリアに問題はないが、初めてWiMAXを利用するので、一度試してから申込みたい

なんという太っ腹具合。

→ G公式サイトでキャッシュバックプランを確認する

現在のキャンペーンは期間限定で、2016年12月31日までですからお気をつけくださいね〜。

キャッシュバック申請忘れが怖いなら月額割引プランがオススメ

最安で使いたいのであれば、キャッシュバックキャンペーン一択と言いました。

ただ、もしキャッシュバック申請が面倒な場合は、こちらのプランがいいでしょう。

「月額割引プラン」で契約すると、キャッシュバックの面倒な申請等を一切しなくてOK。

初月は0円、2ヶ月間は2,699円、3ヶ月目からは3,353円となります。

24ヶ月で支払う金額を比較すると、

  • キャッシュバックは68,004円
  • 月額割引は79,164円

この11,000円の差をどう判断するかで、「キャッシュバック適用型」か「月額料金割引型」か決めると良いと思います。

→ 公式サイトで月額割引プランを確認する

まとめ

今回は月間の通信量が無制限となるモバイルWiFi選びという視点で解説してみました。

僕もモバイルWiFi選びにはかなり苦労して、過去にはdocomoのXiを契約してすぐに解約したり、最近ではauのデータ通信をチャージしまくったりしていました。

それでもやっぱり月間通信量無制限ならWiMAX2+が最強だという結論に達しました。ぶっちゃけ家電量販店で聞いても同じ答えが帰ってきます。

みなさんの利用スタイルにあったWiFi選びの参考にしてみてくださいね。





気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi ,