S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

無制限ポケットWiFi・WiMAX比較 固定回線からの乗り換え体験記

   

2016-08-04 18.26.44

S8
どもです。S8です。
僕、実は遂に。
のんまま
のんままです。
遂に?
S8
家のインターネットの固定回線を。
のんまま
固定回線を?
S8
解約しまして。
のんまま
おお。そして?
S8
WiMAXを固定回線代わりにするのを開始しました。
のんまま
WiMAXでも全然問題なし?
S8
うん。WiMAXでも全然問題なし。のんままも思い切って乗り換えたら?
のんまま
かなり安くなるんだよね?ちょっと詳しく聞かせて。
S8
OK!じゃあ実際に乗り換えてどんな感じなのかを交えて、WiMAXについて説明するよ。

最近、このブログに「ポケットWiFi 無制限」で検索して辿り着く人が多いようです。

やっぱりみんな、「ポケットWiFiは無制限で使えるのか」「定額で使えるのか」「いくらなのか」などなど、いろいろ気になりますもんね!

僕は仕事がインターネット関連だったり広告関連だったりで、家でも会社でもガンガンネットを使います。

動画もスポナビライブやDAZNを使ってスポーツを中心によく見ますし、ExcelやWord、さらには画像などのファイルのやり取りも頻繁です。

そんな僕のここ数ヶ月の悩みは、家のネット環境についてでした。

今までに数々のポケットWiFiを使ってきた僕ですが、遂に固定回線すらも解約して、ポケットWiFiに移行しようかと悩んでいたのです。

そして結局僕は、家のフレッツ光を解約し、WiMAX一本に絞ったのでした。

ちょうどフレッツ光が更新月だったこともありますし、このブログの他の記事で書いているように、格安SIMに詳しくなったこともあります。

今の僕の環境は、

  • 家の固定回線はナシ
  • 自分と奥さんの携帯はauを解約してY!mobile
  • 自分は無制限にデータが使いたかったのでWiMAX併用
  • 奥さんはそれほどネットもしないので、Y!mobileの14GBプラン

これでしばらく続いた悩みから開放された上に、月々の料金的にも大きく節約できるようになりました。

さて、今回のこの記事では、どうしてそのような結論にたどり着いたのかを書いていくとともに、WiMAXについても書いていきます。

あ、ただ、この記事でスマホを格安SIMに変えるところまで触れてしまうと、まとまりがつかなくなってきますので「固定回線からWiMAXへの乗り換え」に絞っていきますね。

それでは、まずは以前抱いていた「固定回線への悩み」から書いていきます!

もし同じような方がいれば、参考にしていただけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

AdSense

固定回線の遅さに悩んでいた

僕は愛知県名古屋市の戸建住宅に住んでいます。

そして、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」というプラン(名前長い笑)に加入していました。

プロバイダーはSo-net。

実は、僕の悩みとは、このすごく回線速度が速そうな名前のプランのくせに、ネットがめちゃくちゃ遅いことだったんです。

そもそも、以前So-netに乗り換えた理由も、ネットが極端に遅かったからなんです。

実は、以前住んでいたマンションから、今住んでいる一軒家に引っ越した時に、初めに契約したプロバイダーがあります。

でもこのプロバイダー、後からネットで調べたら、めちゃくちゃ評判が悪いんです笑

その頃の僕は「光だったらそんなに遅くないでしょう」と思っていたのですが、ナメてました(汗)

深夜12時頃になると、500kbps切るんです。

500Kbpsじゃ何もできないです。

正直、仕事で重めのデータをアップしないといけないときなんかは相当イライラしていましたし、何度もスマホのテザリングも使いました。

そのおかげでスマホは何度もパケ死し、でもデータは送らないといけないということで、何度も何度もデータチャージを使ってやりくりしていました。

結果、月々の携帯代が12,000円程度になるのが普通でした。奥さんのも合わせると22,000円を超えることも多かったです。

でも解約金のことがあったので、遅くても固定回線で我慢してたんですよね。

たまたま僕の環境が悪いのかな?って思ったこともあって。

でも調べてみると、どうもプロバイダーが悪いっぽい。

NTTの人にも来てもらって、「NTTの回線は遅くないので、プロバイダーを変えると改善する可能性があります」とのお言葉をいただきました。

仕事でガンガン使うので、解約金がどうとかはもう言ってられません。

そこで僕は、その当時評判のよかったSo-netに乗り換えたのです。

おそらく違約金10,000円くらいは払いました。。。もったいないですよね。。。

のんまま
うわあ。。それはつらい。
S8
ほんとに。。。
それで当時評判の良かったSo-netに乗り換えたんだ。
のんまま
なるほど。状況は良くなったのかな。。。?
S8
いや、それが現状ではいまいちだったんだ。。。
せっかくだからSo-netの状況についても説明させて。。。

 

So-netも最初は快適だったが。。。

そしてSo-netと契約して使ってみると、確実に速度が向上したことが体感できました。

噂に聞くような100Mbpsを超えるスピードは出ませんでしたが、50Mbps程度は普通に出てましたので、まあ満足して使っていたんです。

ところが、数ヶ月経過したあたりから、深夜になると

「あれ?ちょっと遅い?」

ということが増えてきたんですね。

それでも騙し騙し使ってきてはいたのですが、遂にここ最近は1Mbpsを切ることが多くなってきました。

僕はWiMAXを既に使っているので、家にいるのにWiMAXを使うことも増えてきたんですよね。

そして近づいてくる契約更新月。

「ん?ちょっと待てよ。。。?」

となりますよね、この状況。

  • NTTとプロバイダーに毎月6,200円払っている
  • 家のネットが遅くて、よくWiMAXで繋いでいる
  • 奥さんはほぼスマホだけでネットに繋いでいる
  • 携帯代を節約したいと思っている

「これ、固定回線を契約してる意味、ある??」

ってなりますよね。。。

ということで、我が家は大々的にネット環境を見直すことにしたのです。

のんまま
私の家も見直したい!
S8
固定回線の代わりにポケットWiFiを持つとどうなるのか。
果たして現実的なのか?
体をはって検証したよ!

 

固定回線代わりにポケットWiFiを持つという選択

僕は既にWiMAXを使用していたこともあって、その使い勝手については十分に理解していました。

問題は家のネットをどうするかということです。

あとで詳しく書きますが、WiMAXは月間データ通信量が実質的に無制限なので、パケ死とかそういうことにはなりません。

またスピードも十分です。公式サイトなどでは最速220Mbpsと言っていますが、実質は15Mbps〜40Mbpsが多いと思います。

まあこれでも今の1Mbpsを切ってる時間帯を考えると神のようなスピードなんですよね笑

ということで、僕の方は問題ないとして、奥さんが家にいる間のネット環境をどうするかを考えなければなりません。

で、話を聞いてみると、

  • パソコンは使っても月に1度くらいで、ほぼスマホだけ
  • こどもたちのゲームも特にネットには繋いでない

という状況。

さらに携帯代を安くしようという流れもあって、思い切ってフレッツ光の固定回線を解約することになりました。

僕がWiMAXを持ち歩くことになるので、その間の奥さんのネット利用でパケ死しないように、格安SIMであるUQモバイルの大容量プランに。

それでも、もし足りないようならUQモバイルを小さいプランに変更して、奥さんにもWiMAXを持ってもらえばいいという奥の手も用意します。

これで我が家の家計はかなり節約できることになりました。

年間15万円近い支出が減ることに。

これは大きい!!!

ということで

「au +固定回線」の組み合わせを解約して、「格安SIM + WiMAX」に移行することになったのでした。

のんまま
WiMAXってポケットWiFiのひとつなの?
S8
そう。
のんまま
なんでWiMAXに決めたの?
S8
これはね、絶対に譲れない、明確な理由があるんだ。
のんまま
そうなんだ!
S8
全然ネットとかに詳しくないのんままのために、まずは「ポケットWiFi」というものについて説明していくね。
ちなみに僕が契約したWiMAXはこれ。気になる人は見に行ってみてください。

確実に安く使うなら月額割引プラン

BroadWiMAX

 

ポケットWiFiの多くは7GBなどの制限がある

通常のポケットWiFiは、多くのサービスが月間7GBまでの制限を設けています。

でも、やっぱり通信料を気にせずにストレス無く遠慮無く、外出時でも家でも動画視聴や音楽鑑賞、さらにはゲームをしたりアプリのダウンロードをしたいのが本音ですよね。

正直に言いますと、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯キャリアが30GBのプランを出してきた今、7GBなど月間データ通信量に上限のあるサービスは選択する意味がほとんどありません。

また僕のように、固定回線代わりにも利用しようとする場合、30GBでも足りなくなる可能性があります。

さらに、仮にドコモ・au・ソフトバンクの携帯キャリアで30GBのデータプランを契約したとしたら、データプランだけで8,000円かかっちゃいますからね。。。

これにカケホーダイプランなどの料金が乗ってきます。

ちょっと高すぎますよね。

おそらく13,000程度になるのではないでしょうか。

そこでやはり無制限のポケットWiFiがいいという結論になってくるのです。

のんまま
そりゃそうだけど、無制限のポケットWiFiなんてあるの?
S8
完全な無制限は無いけど、WiMAXはほぼ無制限と言っていいサービス内容だよ。
のんまま
あ、だからイチオシなんだね。
S8
そうそう。その辺、しっかり説明していくよ!

無制限ポケットWiFiはあるのか?

結論から言うと、WiMAXも含めて、固定回線レベルの速度をや通信品質を保ちながら、「完全に無制限」を実現しているポケットWiFiは存在しません。

すべてのサービスにおいて、何らかの条件がついた上での無制限となっています。

その条件は様々で、

「制限があるエリアはほぼ完璧だけど、無制限エリアは極端に狭い」

とか

「一応無制限だけど、速度制限がかかる上に解除するのにお金がかかる」

などなど、本当に様々な制約があるのです。

のんまま
じゃあ散々オススメしてるけど、WiMAXの制限はどうなの?
S8
WiMAXは数あるポケットWiFiの中では最も「完全無制限」に近い、唯一の「実質的な無制限」のポケットWiFiだと言えるんだ。
僕が実際に固定回線の代わりに契約したことが、何よりの証明だよね。
のんまま
確かにね。。。詳しく教えてくれる?
S8
OK、しっかり説明するよ!

実質唯一の無制限ポケットWiFi「WiMAX」

通信量無制限ポケットWiFiの代表格といえば、WiMAXです。

WiMAXとは、現在ガンガンCMを打っていて「UQ!」でおなじみのQUコミュニケーションズが運営しているポケットWiFiサービスです。

この「UQ!」という部分が印象的なCM、見たこともあるのではないでしょうか。

いま、詳しい人ならおそらく誰に聞いても、「ポケットWiFiを契約するならWiMAX一択」と答えるでしょう。

WiMAXの最大の特徴は、「速度制限が圧倒的にゆるい」ことです。

それは、次のようなゆるさです。

  1. 3日で10GB以上利用しないと激遅ノロノロにならない
  2. 深夜26時〜翌日18時は一切遅くならない!
  3. もし遅くなっても1Mbps出る!通常のネット閲覧やSNSには何の支障もない

これらのことにより、ほぼ完全無制限と言っていいほどです。

3日で10GBなんてそうそう使いませんからね〜。

もちろん普段の速度も最大220Mbpsという速さですので、かなりのもの。

それでいて料金がそれほど高くない。

高くないどころか、プランやプロバイダー選びによっては月間通信量の無制限を実現しながら、2,800円程度の価格で利用できるんです。

これらのことにより、いくつかある月刊通信量無制限のポケットWiFiの中では、圧倒的に最もオススメなんです!

安く使いたいならキャッシュバックプラン



確実に安く使うなら月額割引プラン

BroadWiMAX

のんまま
何か、いいトコ尽くめだね!すぐ申し込んじゃおうかな!
S8
まあまあそんなに急がないで笑
WiMAXにだって弱いところはあるからね。
のんまま
そうなんだ。。。?
S8
後悔しないためにも、WiMAXの強いところと弱いところを説明するよ!

WiMAXの長所は?

まずはWiMAXの長所から見ていきます。

月間通信量が無制限

基本的にはどれだけデータ通信をしても月額料金が変動することはありません。

また、例え100GB使ったとしても、月間のデータ通信量で速度制限がかかることはありません。

本当に好きなだけたっぷりとデータ通信を利用することができます。

のんまま
さすが無制限!

とにかく緩い速度制限の条件

先程も書きましたが、とにかく速度制限の条件がとにかくゆるいんです。ゆるゆるです。

もう、ほぼ無いと言ってもいいくらい。

速度制限がかかってしまう状況を整理してみましょう。

  1. 3日で10GB以上利用する
  2. 翌日の18時から26時まで速度制限が実施される
  3. 速度制限中でも1Mbpsの速度を保つ
  4. 直近3日間の通信量が10GBを下回ったら翌日の制限はなし

という感じなんです。

これ、あることに気が付きます。

もし3日で10GB以上使ってしまった場合も、深夜2時から夕方18時までは

「普通に、いつもの速度で」

使えるってことなんです。

仕事や学校、通勤にはほとんど影響が出ないってことなんですよ。

しかも18時から深夜2時までも、1Mbpsを保ってくれるわけです。

僕がフレッツ光が遅くて1Mbpsを切っていたときでさえ、Youtubeの標準画質、普通に見られましたからね。

だからこそ「実質無制限」と言えるのです。

通信速度が速い

WiMAXの通信速度は、最大220Mbpsです。

とは言えこれは「理論値」。

実際にはこの速度が出るわけではありません。

「え、嘘なの?」と思われるかもしれませんが、まあそういうものだと理解しましょう。

これはどんなネット環境でも同じです。

だからこそ「速い」と言われる光回線を契約していた僕が、1Mbpsを切るという状況になってしまうわけですねー。

さてWiMAXの実際の速度はどのくらいなのか。

これは実測したのですが、だいたい10~40Mbpsが多いです。

まあぶっちゃけこれだけ出てれば、超高画質である4Kテレビの配信も普通に見られますしね。

まったく問題ないです。

これがスマモバなどの格安SIMの提供する無制限ポケットWiFiだと、多分常時1Mbps程度でしょう。

正直、ずっとその速度というのはつらいところです。

このように、速度の面でもWiMAXが一押しなのです。

のんまま
うーん、やっぱり弱いところなんて無いんじゃ。。。?
S8
いやいや、ちゃんと弱い所もあるからね。
しっかり見てから申し込もうね笑

 

WiMAXの短所

WiMAXにも、もちろん短所はあります。

実際に利用しての感想を書いていきますので、しっかりと短所を認識してから契約を検討してみてください。

docomo、au、ソフトバンクと比較するとエリアが狭い

WiMAXは、auを運営するKDDIの系列会社によって運営されています。

ですから、厳密に言えば「auの持つ巨大かつ強力な電波網」を利用することは可能です。

ただ、ここにひとつ落とし穴があります。

実はauの電波網と、WiMAXの電波網は同じものを使うわけではないんですね。

まったく別物のアンテナが立っています。

ここが大手の電波網を「借りて」運営している格安SIMとの大きな違いです。

さて、どこが落とし穴なのか。

それは、auの電波網を1度でも使ってしまった時に起こります。

その月の「月間データ通信量無制限」という、WiMAXの持つ大きなメリットがなくなってしまうんです。

そのデータ量、実に月間7GBまで。

これではまったく使えない、他と変わらないポケットWiFiとなってしまいます。

WiMAXの長所である無制限をたっぷりと味わうには、WiMAXの電波網だけを利用する必要があるのです。

WiMAXの電波網は、大手キャリアと比較するとやはり狭くなってしまいます。

山間部はまず届かないと思っていいでしょう。

そこが短所の一つ目となります。

ただし、都会で利用する人ならば、だいたい問題ないと思います。

これはプロバイダーの公式サイトに行くとエリア確認が出来ますので、一度確認してみてください。

「◯」であれば問題なく利用できるエリアということです。

プロバイダー公式サイトでエリアを確認する

のんまま
なるほどね。ちょっとエリアが狭いんだね。
S8
うん。でもね、僕は問題を感じたことは無いんだよね。
のんまま
他には弱いところはあるの?

S8
これも僕は感じたことが無いんだけど、一般的に言われていることを説明するね。

ビルの奥まったところで通信が不安定になる可能性も

WiMAXには、もうひとつ短所があります。

これも電波・エリア系のお話なのですが、WiMAXはビルの奥まったところでは通信が不安定になることがあるのです。

これはどうしてかというと、WiMAXに利用が許可されている電波の周波数帯の問題なんですねー。

要は、バンバン飛んでいく強い電波は、ドコモ、au、ソフトバンクが独占しているということなんですね。WiMAXとかY!mobileはちょっと障害物に弱い電波を使わされているということなんです。

まあこれは国が決めたことなのでどうしようもないのですが、その分利用料金を安く出来るというメリットもあるわけですね。

ですから、自分が使う環境で、WiMAXの電波状況に問題がないのであれば、ほぼ無制限のポケットWiFiが手に入るということなんです。

これは「20日間キャンセルOK」という制度を利用することで確かめることが出来ますよ!

プロバイダー公式サイトで20日キャンセルOKを見てみる

S8
WiMAXの弱いところは理解できた?
のんまま
うん、ちょっとエリアが狭いのと、ビルの奥は弱いかも、ってことだね。
S8
そうそう。
じゃあWiMAX以外のポケットWiFiはどうなのか、一応説明していくね。
これでWiMAX以外を選ぶ理由は無くなっちゃうと思うよ。

 

WiMAXと他のポケットWi-Fiの比較

AdobeStock_76132103

実質的な通信量無制限ポケットWiFiで、速度や料金が現実的なのは、WiMAX以外だと以下の二つとなります。

  • Y!mobile / YahooWi-Fi
  • スマモバ

WiMAXを全力でおすすめする理由を、このワイモバイル・YahooWi-Fiとスマモバとの比較から検証していきます。

まずはY!mobile・YahooWi-Fiの特徴から行きましょう!

ワイモバイル・YahooWi-Fiの特徴は?

ワイモバイル・YahooWi-Fiの特徴を說明します。

「ポケットWiFi」とは、ワイモバイルの商品名ですね。

ワイモバイルの無制限プラン「アドバンスモード」はエリアが狭すぎる

まず、Yモバイルの無制限プランは「アドバンスモード」といいます。

これは完全にWiMAXをライバル視して設定されたプランと言っていいでしょう。

img01

※Y!mobile公式サイトから引用

 

このアドバンスモードの最大の弱点は「提供エリアが極端に狭い」ことなんですよねー。

Y!mobileの公式サイトには、

「AXGP」の提供エリアでご利用いただけます

と書いてあります。とても小さく。

このアドバンスモード、ネットで検索した限りでは、東京でもまだまだ使えないらしく、すぐに解約したという声も聞かれるほど。

現状では相当ストレスが溜まるっぽいです。

こんなツイートを見つけました。

 

そして、なんと7GBを超えて速度制限がかかってからアドバンスモードを選択しても、その月は速度制限が解除されないのです。

エリアはこのような感じです。

青紫の部分がアドバンスモード対応エリアなのですが、かなり狭くなっていますね。

さらに、ある雑誌で「東京都千代田区において平日日中・平日夜間ともに圏外だった」との記載がありました。
※「家電批評2017年2月号」の特集「格安SIM&Wi-Fi最強バイブル」

そしてエリアの広い標準プランで7GBを超えた時の速度制限時の通信速度は128kbps

例のネットが激重ノロノロになるアレです。

普段スマホを使っていて、大手キャリアの速度制限が適用された方は多いと思いますが、まったく使えませんよね〜。

あの速度まで低下するということです。これはつらい。

Yモバイルの標準モードは500MB毎に制限解除が必要

エリアの広い標準プランも、お金さえ払えば通信量無制限で使うことができます。

7GBを超えた分は500MB毎に

有料で

速度制限解除が必要なんです。

のんまま
有料で!?
S8
有料で!

こちらも速度制限がかかると128Kbpsという、使い物にならない速度です。

もしワイモバイルで標準モードの契約で7GBを超えたら、データ通信を我慢するか、500MB毎に料金を払って速度を元に戻す必要があるのです。

結局高いお金を払うことになり、大手キャリアのデータ通信と何が違うのかよくわからなくなってしまいます。

これは無制限とは呼べませんよねー。

3日で3GBの速度制限もアリ

Y!mobileやYahooWi-Fiには、標準モードの月間7GBの制限の他に、3日で3GBでかかる速度制限まであるのです。

これにかかってしまうと、またもや128Kbps。

「無制限」とはいえ、無制限で使うためにいくつものハードルを超える必要があるのが現実なんですよね。

WiMAXなら速度制限後の通信速度が高速

このようなワイモバイルと比較してWiMAXのギガ放題プランは、3日で10GBの速度制限が適用されたあともなんと1Mbpsの速度を維持してくれます

128kbpsと比較して

その差はなんと8倍程度。

1Mbps出ていれば、ネットやSNSは普通に利用できますし、Youtubeも標準画質ならサクサク見られます。

そもそもその制限がかかるのに3日間で10GB以上使わないといけないわけですからね。しかも18時〜26時だけ。それ以外は通常通り最大220Mbps。

ここがワイモバイルとWiMAXの最大の違いとなります。

ドコモ系格安SIMのポケットWiFi「スマモバ」の特徴は?

さて最近何かと話題の格安SIM(MVNO)のうち、そこそこ速度が速いと噂のスマモバも候補にあげてみます。

ドコモ回線を利用することによって、つながりやすさでは大きなアドバンテージがありそうなスマモバ。

格安SIMではありますが、検証してみました。

3日3GBで激重の速度制限(パケ死)がかかる

スマモバでもワイモバイルでもWiMAXでも、速度制限はかかります。

一応、月間の総通信料に制限はありませんが、Y!mobileやYahooWi-Fiでは3日で3GB、WiMAXなら3日で10GBといったものですね。

スマモバも3日3GBまでの制限を設定しています。

公式には以下のように記述があります。

現在のお客様全体における平均通信量から換算すると、3日間で利用通信総量が3GB以上となった場合、制限対象とさせていただきます。制限後の 速度は、上り下りともに200kbps以下。

結局のところ、スマモバも速度制限後の通信速度が200Kbps程度。

他のポケットWiFiの主流である128Kbpsよりはちょっとだけマシですが、WiMAXの1Mbpsには到底及びません。

ま、WiMAXは3日10GB以上の利用なので、ほとんどお目にかかることもないと思いますが。。。

やはり月間の通信量無制限WiFiの中では、速度制限後の通信速度が圧倒的に速いWiMAXが最強と言わざるを得ませんね〜。

スマモバは端末代がかかる!

スマモバの大きな特徴として、端末代が毎月1,500円かかってしまうことです。

もちろんここから「月々割」として1,000円の値引きが適用されますが、36ヶ月間で18,000円の端末代を支払うことになります。

加えて月額利用料が3,480円。

対してWiMAXでは端末代がかかりません。0円。

さらにWiMAXは、プロバイダーによって33,500円という非常に大きなキャッシュバックを提供してくれますので、実質的な月額利用料は月額2,812円まで下がります

WiMAX
(キャッシュバック適用後)
スマモバ
端末代 0円 18,000円
月額利用料
(実質)
約2,792円
(24ヶ月平均)
3,980円
2年間総額 67,504円 95,520円

このように、キャッシュバック適用後の実質利用料金は、どう考えてもWiMAXに軍配があがるのです。

結論として、

月間通信量無制限のポケットWiFiならWiMAXが最強!

ということになりますねー。

ちなみに、キャッシュバックの金額はプロバイダーやキャンペーンによって異なりますが、次の章でしっかり説明しますね!

のんまま
プロバイダー?
S8
うん。まあWiMAXの販売だけをしている会社と思えばいいかな。説明するよ!

WiMAXを契約する際の注意点

AdobeStock_70326534

さて、いざWiMAXを契約しようと考えている方に、注意点をお伝えしたいと思います。

WiMAXを契約するときは絶対に「家電量販店」や「au」などの実店舗では契約しないでください。

それはなぜかといいますと、単純に「非常に高い」からなんです。

WiMAXはネット上で契約できるプロバイダーがたくさんあります。

ネット上ですべての処理を行いますので、人件費や土地代、店舗の家賃などが一切かからないんです。

だからネット上で契約できるプロバイダーを選ぶ必要があるのです。

のんまま
プロバイダー選びで差が出るの?
S8
うん。オトクなプロバイダーを選ぶと、月額1,500円程度安くなるんだよ。なんと二年契約の間に36,000円近く差が出ちゃう。
のんまま
それはすごい!

ですから、絶対にネット上で契約できるプロバイダーで申し込んでください。

ネット上で契約しても、最短で当日発送してくれて、翌日から利用できますからねー。

WiMAXはプロバイダー選びがすべて

そしてWiMAXは、プロバイダーによって接続品質の異なる光回線とは違って、どのプロバイダーで契約しても速度やエリアは一切変わりません。

変わるのは、月額料金と、プロバイダーの提供する現金キャッシュバックなどのキャンペーンなのです。

だから、単純に「お金」だけで選べばいいのです。

その料金体系も至ってシンプルです。

この記事では「無制限ポケットWiFi」について書いているので、「ギガ放題プラン」一択です。

のんまま
なるほどね。じゃあどこのプロバイダーを選べばいいの?
S8
うん、僕が契約したところも含めて、オススメ順にしっかり説明していくよ!

 

 WiMAXおすすめランキング

WiMAXは、どのプロバイダーと契約するのが一番得するのか。

ぶっちゃけオススメしたいところは2つしか無くて、3位は無理やりです笑

さて早速1位からいってみましょう。

 1位 GMOとくとくBBのキャッシュバックプラン

wimax

「実質的な」月額利用料の最安を目指すなら、キャッシュバックを適用することが絶対条件となります。

どうしてもその仕組み上、

キャシュバックを適用するのが最も安くなるのです。

そしていま最もキャッシュバックの金額が大きいのは、GMOとくとくBBのキャンペーンです。

その金額はなんと最大33,500円。

先程もまとめましたが、ギガ放題の実質的な月額利用料が約2,812円にまで下がります。

とにかく安く使いたいのであればGMOとくとくBBで契約してしまうのが正解です。

GMOとくとくBBは、20日以内キャンセルOK!!

これホント凄いです。

先程「WiMAXの弱いところ」で説明したように、WiMAXは若干障害物に弱いという電波特性を持っています。

なので、ピンポイントエリア判定が○エリア判定でも、ひょっとして家で電波が届かないということも有りえます。

ただ、GMOとくとくBBなら、20日以内ならキャンセル可能なんですよね。

これは本当にありがたいことです。

心置きなく試せますし、万一電波に問題があったらキャンセルしちゃえばいいんですからね。。。

公式サイトにもこう書いてあります。

・自宅のエリアは○だけど、室内での通信速度に不安が
・利用エリアに問題はないが、初めてWiMAXを利用するので、一度試してから申込みたい

なんという太っ腹具合。

ちなみにキャッシュバックキャンペーンは下のリンク先のみで適用されますので、気になる方は見てみてください。

あ、端末によってキャッシュバック金額が代わりますので、ご注意ください。

それと、現在のキャンペーンは期間限定で、4月いっぱいまでですからお気をつけくださいね〜。

▶  公式サイトでキャッシュバックプランを確認する

 2位 BroadWiMAX

次にオススメしたいのは、ブロードワイマックスというプロバイダー。

S8
僕が実際に申し込んだのはここです。

こちらのメリットは、キャッシュバックプランが無い代わりに、月額料金がかなり安いこと、全端末を自由に選べることです。

現金キャシュバックって忘れちゃうおそれがあるんですよね。

それが怖くない人は1位の「とくとくBB」がいいと思うのですが、覚えておくのが面倒な人はこちらのほうが簡単でいいでしょう。

さらに「ご満足保証」と言って、万一通信品質に満足できない場合は、ブロードワイマックスが提携している他の会社のサービスに、違約金なしで乗り換えることが出来るんです。

▶でも、エリア判定で確認 は必須ですよ!

とくとくBBよりは2年間の総支払額は少しだけ高くなりますが、簡単さを考えたらこちらもおすすめです。

もし契約する場合はオプションをつけないといけないんですけど、届いてからすぐに解約してOKです。そしたら余分な費用はかかりません。

確実に安く使うなら月額割引プラン

BroadWiMAX

3位 UQ WiMAX

3位は、無理やりランクインさせました笑

正直なことを言うと1位と2位のプロバイダーで契約するのがいいと思うんです。

でも、せっかくだから3位まで紹介しようと思います。

だって「おすすめベストツー!」って聞かないじゃないですか。

やっぱり「おすすめベストスリー!」でしょうと。

さて3位は、本家本元UQ WiMAXです。

UQ WiMAXの何がいいのかといいますと、

本家ならではの安心感(๑•̀ㅁ•́๑)✧

でしょうか笑

おそらく営業費用を削るため、そして同社の格安SIMであるUQモバイルに注力するために、本気で自分たちで売る気が無いんだと思います。

プロバイダーである「とくとくBB」や「ブロードワイマックス」なんかに代理販売してもらう方が楽ですしね。

料金は下に挙げるように、とくとくBBやブロードワイマックスのほうが安いので、安心感だけのために契約したい人以外は、おすすめできません。

UQ WiMAX

のんまま
なるほどなるほど。
とにかく安くしたいならとくとくBB、キャッシュバックのことを忘れてしまいたいならBroadWiMAXってことだね!

S8
そういうこと!どちらを選んでも、エリアやスピードには差がないからね。料金だけで選べばいいよ!

まとめ

今回は月間の通信量が無制限となるモバイルWiFi選びという視点で解説してみました。

僕もモバイルWiFi選びにはかなり苦労して、過去にはdocomoのXiを契約してすぐに解約したり、最近ではauのデータ通信をチャージしまくったりしていました。

それでもやっぱり月間通信量無制限ならWiMAXが最強だという結論に達しました。ぶっちゃけ家電量販店で聞いても同じ答えが帰ってきます。

みなさんの利用スタイルにあったWiFi選びの参考にしてみてくださいね。

のんまま
私はとにかく安くしたいからとくとくBBかな。スマホのにスケジュールを入れておけばいいし!

▶ もっとも安くWiMAXを使いたいならキャッシュバックプラン

 

S8
僕は面倒なのが嫌なので、BroadWiMAXで!

確実に安く使うなら月額割引プラン

BroadWiMAX

安心感ならUQ WiMAX


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi ,