S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

無制限ポケットWiFi比較!モバイルルーター選びはマニアにおまかせください

      2018/05/19

こんにちは。ネット回線マニアのサトウです。

サトウ

僕はなぜかポケットWiFiを3回線も契約しています(`・ω・´)ゞ

この記事では、何かと誇大広告の多いネット回線について、実際に使い倒している僕が比較しています。

この記事を読めば、あなたに最適なポケットWiFiがわかります。

「無制限 ポケットWiFi」や「無制限 モバイルルーター」で検索してきてくださったあなたは、たっぷりデータを使いたいはずですよね。

でも、どれを選べばいいかわからない。

もしくは友達などに「これいいよ」って聞いたけど、実際にどうなのかが知りたいはず。

ここで検索しているあなたは非常に正しいです!

ネット回線マニアの僕が、間違いのない知識を提供します。

世の中にある「無制限で使い放題」なポケットWiFiの一部は、実は実質的に無制限ではないと言っても過言ではないものがたくさんあるんです。

サトウ

結構むちゃくちゃな言い回しで無制限をアピールしている会社も多いですからね。

僕はポケットWiFiについてかなり詳しいです。

職業柄、ポケットWiFiサービスを提供している企業の方とも繋がりがあります。

そんな僕が心からオススメできるポケットWiFiをアドバイスします。

この記事を読み進めていけば、絶対に契約してはいけないポケットWiFiがわかりますし、あなたの好みに応じて絞り込んでいくことも可能です。

できるだけわかりやすく書くので、よかったら最後まで読み進めてみてくださいね!

サトウ

ちなみに僕が契約したのはこちら!

面倒なキャッシュバック手続きがなくて確実に安くなる無制限のポケットWiFiです。

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

無制限のポケットWiFi、4つの比較ポイント

さて、まずは無制限のポケットWiFiについて、どんなところに注意して比較すればよいかを見ていきましょう。

比較ポイントは4つ。

  • 通信エリア
  • 速度制限の有無と条件
  • 実質的な通信速度
  • 月額料金

これに加えて、他のサイトだと契約年数について書いてあることが多いです。

でも僕は、それは大きな問題ではないと考えるようになりました。

多くのサイトでは「2年契約のほうがいいよ!」って書いてあります。

サトウ

僕もちょっと前までそう思ってました。

でも、ポケットWiFiの運営元にとっては2年プランよりありがたい3年プラン。それなのに条件を悪くするはずがありませんよね。

他のサイトが2年プランがいいと書いてあるところを、この記事では3年プランをオススメします。

理由は、WiMAXの電波の特性から必ずお世話になる「auの4G回線が使えるオプション」が無料になるからです。

これは後からもう少し詳しく書きます。

それでは色々と解説する前に、まずは無制限のポケットWiFiにどんなものがあるのか見ていきましょう。

無制限ポケットワイファイの種類

「無制限」をアピールしているポケットWiFiはそれほど多くありません。

  • WiMAX(ワイマックス)
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • 格安SIM

といったところです。

auのポケットWiFiは、系列企業であるWiMAXとまったく同じサービスですので無視してOKです。

ドコモ、ソフトバンクは無制限のポケットWiFiルーターを提供しておりませんので、こちらも選択肢から外れます。

ということで、WiMAX、ワイモバイル、格安SIMだけを比較して選ぶだけなんですねー。スッキリ。

サトウ

これだと結構ハードル下がりませんか?

ということで、この記事では

  • WiMAX(ワイマックス)
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • 格安SIM

上の3つのポケットWiFiについて、

  • 通信エリア
  • 速度制限の有無と条件
  • 実質的な通信速度
  • 月額料金

を比較します。

まずは一覧表にしました。

WiMAX ワイモバイル 格安SIM
(スマモバの場合)
通信エリア
速度制限条件 3日10ギガ 3日10ギガ 3日3ギガ
通信速度 20〜80Mbps 5〜80Mbps 1Mbpsなど
月額料金 実質約2,900円〜 4,380円 3,980円
備考 やっぱりイチオシ 無制限エリアが狭い 制限厳しい、速度遅い

一つずつの特徴はこのあとしっかり解説しますが、このように総合力で見るとWiMAXが断然オススメとなってくるんですよねー。

それでは、ここからは「実質的に一択」であるWiMAXを軸に、それぞれ詳しく解説していきましょう。

実用的な無制限使い放題のモバイルルーターはWiMAXだけ

さて、ここの見出しで結論出しちゃいました。

そうなんです。

いくら「無制限使い放題!」とアピールされても騙されてはいけません。

WiMAXも含めて、完璧に無制限使い放題のモバイルルーターは存在しません。

もしあったとしても、めちゃくちゃ速度が遅いものです。200kbpsとかの、Youtubeも見られない速度。

現実的な速度で、一切の制限がなく使い続けられるポケットWiFiは、無いんです。

サトウ

完全無制限!とアピールしてても絶対に存在しません。何らかの落とし穴があります。

でも、実質的に無制限に近いかたちで使えるものはあります。

それが、WiMAXなんです。

サトウ

僕が契約している3つのポケットWiFiのうち、2つがWiMAXです

それでは、WiMAXについて書いていきましょう。

すべての人が確実に満足するとは思いませんが、多くの人にとって必要十分な無制限ポケットWiFiです。

それでは、まずはWiMAXの魅力を書いていきますね。

サトウ

あ、もちろんその後に、しっかり弱いところも書きます!全部理解した上で検討しましょう!

WiMAXの魅力

このブログのイチオシポケットWiFiである「WiMAX」。

他のポケットWiFiと比較してどんなところが優れているかというと、

  • 月間データ量無制限
  • 速度制限がゆるすぎる
  • 通信速度が速い
  • 無制限エリアが広い
  • 全国で使えるauのLTE回線が使える

ということろです。

これを一つずつ見ていきましょう。

月間データ量が無制限

WiMAXの最大の魅力は、何と言っても

月間データ量無制限使い放題

でしょう。

現に僕の手元にある端末のデータ量をお見せします。

いままだ今月の5日なんですけど、既に20ギガ使っちゃってますね(汗)

最近は音楽ストリーミングでダラダラ流しっぱなしですからね。。。

毎月こんな感じで60ギガとか80ギガ普通に使っちゃってます。

ていうか、100ギガとか使っても問題ないんです。

1ヶ月の間に何ギガ使っても制限は適用されません。

実際に僕は1年間ほど、自宅のネットをWiMAXだけにして生活しましたけど、まったく問題ありませんでした。

僕は普段からネット関連の仕事をしていて、家でも外でもバンバンWiMAXを使ってましたし、DAZNでのスポーツ配信も週1〜2試合は見てました。

それでも制限がかからないのは、WiMAXならではなんですよねー。

サトウ

WiMAXは月間100ギガ使っても制限なし、定額のままです

ただ、月間データ量が無制限なのは事実なのですが、完全に何の制限がないわけではありません。

3日で10ギガ以上使うとかかる速度制限が存在します。

ただ、これまたかなりゆるいんですよ。超ヘビーユーザー以外は問題ないはず。

ということで、そのゆるすぎる速度制限を見ていきましょう。

速度制限がゆるすぎる

WiMAXには3日で10ギガ以上使うと適用される速度制限があります。

Dちゃん

WiMAXは月間100ギガ使っても制限なし、定額のまま

って思いますよね。

そりゃー思いますよ。うん。

でもですね、1年間「自宅のネット」+「外でのネット」をWiMAXだけで使ってきた僕が、はっきりと断言します。

多くの人にとって、その制限は無いに等しいのです。

サトウ

どういうことか解説しましょう。

まず、WiMAXの速度制限は以下の流れで適用されます。

  1. 直近3日のデータ使用量が10ギガを超える
  2. 翌日18〜26時の間、遅くなる。SNSやYoutubeの標準画質は見られる程度の速度
  3. 直近3日のデータ量が10ギガを下回れば、朝4時で制限解除で速度が普通に

というものなんですねー。

だから、一時的に10ギガを超えてしまっても、1日だけ夕方から深夜まで遅くなって、その後は普通に戻るんです。

1日で100ギガ使っても昼間は制限なし、3日後には夜も解除

さらに、そんなことはまず無いと思いますが、仮に1日で100ギガ使ってしまったとしても問題ないです。

  • 制限がかかるのが18〜26時の間だけ
  • 制限がかかっても1Mbpsは出るので、ちょっと重いけどSNSは大丈夫
  • 100ギガ使っても3日後にはクリア。なかったことに!

という仕組みだからですねー。

そういう僕も、現在すでに3日で10ギガ超えてます。

これは、最近朝から仕事してて、ずーーーっと音楽をストリーミングで流しているからですね。

10ギガを超えてても、今日はずっと速いままです。制限なし。

そして明日の18時に制限がかかるんです。それでも1Mbpsという速度は維持されるので、SNSやYoutube程度なら問題なく見られますよ。

また、こういう無茶な使い方をしなければ、制限が適用されることは殆ど無いですね!

サトウ

WiMAXは3日10ギガ以上使うと制限がかかるけど、翌日には解除されます。また、制限中もSNSや検索、Youtubeなんかは問題ない程度です

通信速度が速い

次は、WiMAXの速度について見ていきましょう。

WiMAXは現在、一部エリアに限られますが最大708Mbpsという光回線に迫る最大速度を誇ります。

とはいえ、これはあくまで「最大」です。いわゆる「理論上はこれだけ出ますよ」というものですね。

普段利用する場合に大事になってくるのは、「実測値」ですよね。

気になるWiMAXの実測値ですが、僕の経験上20〜80Mbpsの間に収まることが多いです。

いま手元のiPhoneで測ったら、下りが56.9Mbps、上りが9.22Mbpsでした。

プロバイダーが「AU」ってなってるのは、WiMAXがauと同じKDDI系列の会社だからですねー。

それにしても、下りの速度がこれだけあれば、ぶっちゃけ超高画質の動画配信も普通に観られます。

ただ、708Mbpsとかは絶対でないので、それは予め理解しておきましょう。

ていうかそんな速度、光回線などのネットでもまず出ないですけどね苦笑

サトウ

WiMAXは、普通に速いです。運が悪いと光回線でももっと遅いこともありますからねー。

無制限エリアが広い

次はWiMAXのエリアに付いてみていきましょう。

WiMAXはライバルの無制限ポケットWiFiと比較して、「無制限エリア」がかなり広くなっています。

ただ、それはあくまで無制限エリア同士での比較の話。

正直にお話しますと、WiMAXの「無制限エリア」は、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線と比較すると、やっぱり狭くなってます。

サトウ

ま、ドコモ・au・ソフトバンクには無制限が無いんですけどね。

どうもTwitterとかで検索すると「WiMAXつながらない!」という人はいるみたいなんです。

でも、それはそういうものですよ、としか言えないんですよね。

そもそも目指してるところが全然違う。

WiMAXは無制限で使えるモバイル回線を、速い速度そのままに激安で使えるようにするものです。

ドコモなどの大手キャリアは、無制限プランがそもそもありません。

それどころか、30ギガのポケットWiFiでも10,000円近くします。

これはどちらも仕方のないところです。

ドコモ・au・ソフトバンクは、全国津々浦々まで電波が届くように、年間6000億円もの設備投資費を投入してアンテナを立てています。

サトウ

だからこそ料金を安く出来ない。投資した資金を回収する必要がありますからね。

これに対してWiMAXは、都市部に集中してアンテナを立てています。

ですから少ない設備投資で済むのです。

これにより、無制限のポケットWiFiを実現できているということなんですねー。

サトウ

大手キャリアとは目指すところがまったく違うと言えますね

ただ、無制限で使えるネット回線という意味では、やっぱりWiMAXが一番です。

あとで比較をしていきますが、無制限という意味でのライバル回線は、無制限エリアが非常に狭いんです。

また、3日の制限がとても厳しいところもあります。

これらをまとめると、ポケットWiFiを無制限で使うなら、どうしてもWiMAX一択という選択になってきます

もしあなたがポケットWiFiを使う主な場所が、WiMAXの提供エリア内なら迷う必要はありません。

月間無制限のポケットWiFiの便利さを十分に味わえます。

エリアについてはこのページで確認できますので、確かめてみて下さい。

ピンポイントエリア判定

ここで「○」なら、まず問題ないので、契約を検討してみて下さい。

もし「△」や「☓」だったら、無制限のポケットWiFiはちょっと厳しい。

厳しいのは事実ですが、実は月間50ギガ使えて、速くて安いポケットWiFiがあるんです。

サトウ

それが僕の3つの回線のうちの最後のひとつ、NEXTmobileです。

詳しくはこちらで解説していますので、WiMAXのエリア外だった人は読んでみてくださいね。

ネクストモバイルを実際に契約!WiMAX以外なら一択。その評判と感想

さて、エリアについて触れていきましたが、次もエリアに関する魅力です。

全国で使えるauのLTE回線が使える

WiMAXを運営する会社は、auを運営するKDDIの系列企業です。

系列企業とはいえ全国どこでも使える「au回線」は設備投資費が高いので、無制限では使えません。

ところが。

WiMAXユーザーなら、その全国どこでもつながるau回線を、月間7ギガまで無料で使うことができるんです。

ちょっとエリアの狭いWiMAX。

普段使う場所は普通に無制限でバンバン使えるとしても、例えば旅行先なんかで使えないこともあります。

田舎にいくと結構使えないこともありますからね。

サトウ

サトウです

そんなときにこの「au回線が使える」ってのは、めっちゃありがたいんですよ。

ただ、7ギガ全部使い切っちゃうと、無制限エリアに戻っても速度制限が解除されません。

これは結構大きな落とし穴で、僕の知人もこれにハマってしまって、「最近WiMAX調子悪いっす」って言ってました。

でも、端末の情報を見てみると、単純にauの回線で7ギガ使い切っちゃってただけでした。

だから、正確には6.9ギガまではau回線を使えて、さらWiMAX回線を無制限で使えるってことなんです。

サトウ

これ以前は違ったんですよねー。このブログの他の記事には以前のままの情報が載ってるのですが、正解はこのページの情報です。UQ WiMAXに確認したので間違いありません。

さて、ここまでWiMAXの魅力について書いてきました。

ここからは正直に包み隠さず、WiMAXの弱いところを書いていきます。

弱点も理解した上で、それでも大丈夫そうだという人だけ契約しましょう。

サトウ

まあ多くの人が大丈夫だとは思いますけどねー

WiMAXには弱いところもある

WiMAXの弱い部分は、以下のふたつ。

  • 大手スマホキャリアと比較してエリアが狭い
  • 電波の問題で大きな建物の奥が弱い

これらはどちらもWiMAXが採用している「電波」の問題でもあります。

これをできるだけわかりやすく「実際どうなの?」ということを中心に書いていきますね。

docomo、au、ソフトバンクと比較するとエリアが結構狭い

先にも触れたようにWiMAXの無制限エリアは、ドコモ・au・ソフトバンクと比較すると狭くなっています。

これは企業の大きさから設備投資額の違いと、採用している電波の違いが主な原因です。

Eちゃん

で、実際どんな感じなの?

ってところを解説していきますね。

僕は名古屋市内の住宅街に住んでいて、オフィスは名古屋市の中心部です。

そこそこ大きな都市である名古屋市ですが、正直どこで使ってもエリア無いだろうな、と思います。

名古屋市内で生活していて、大きなビルの奥を除いて、WiMAXがつながらなかったことはないですね。

自宅もオフィスも、外出先も基本的には電波4本バリっと立ってます。

ただ、山間部や海沿いは多分かなり厳しいです。

あと、都市によっては、結構人が住んでいる地域でもエリア外になっちゃうこともあると思います。

ここからはあなたの住んでいる地域に置き換えてもらいたいんですけど、名古屋市レベル(人口200万人とか)ならまず問題ないと思ってもらって大丈夫です。

おそらく周辺の街も問題ないです。

人口30〜50万程度の街もかなりの場所で使えるのではないでしょうか。

対して、海沿いの漁港があるような市町村や、山があるようなところは厳しいところがあるはず。

これはやはりWiMAXのピンポイントエリア判定のページで確認してほしいです。

普段使うところで調べてみてくださいね。出先でつながらない場合は一時的な対策としてauの4G回線につなげるので問題ありません。

ピンポイントエリア判定

これで「○」ならまず問題ないので、契約を検討してみて下さい。

「△」や「☓」だったら、契約は慎重に。

無制限にこだわらないのなら、僕の3つ目のポケットWiFiである「ネクストモバイル」がおすすめです。

解説記事を書いています。

ネクストモバイルを実際に契約!WiMAX以外なら一択。その評判と感想

さて次は2つ目の弱点を見て行きましょう。

ビルの奥まったところで通信が不安定に!?

WiMAXの電波は障害物に弱いので、大きなビルの窓のない場所とか、中央にある場所とかは通信状態が悪くなることがあります。

これに対して、大手キャリアのどんなビルの奥でも届く電波は優秀。

その優秀な電波を与える代わりに、「全国津々浦々アンテナを立てなさい」という指名を国から授けられているわけですね。

いまやスマホの電波は「ライフライン」といっても過言ではないですからねー。

対してWiMAXの電波は、距離が短く反射しづらい性質を持っています。

大手キャリアの電波が障害物に反射しながら裏側まで回り込むのに対して、どうしても反射してそこで途切れてしまうのです。

大手キャリアの電波のイメージがこれです。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ800MHz

対するWiMAXの電波のイメージがこんな感じ。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ2.5GHz

だから、普段使う場所が大きなビルの中とかの場合は、先程のピンポイントエリア判定で「○」だったとしても、電波が届かない場合があります。

ここは本当に要注意です。

ただ、ビルの中でも窓があるような部屋であれば多くの場合は問題なく使えます。

あなたが使う状況を想定して、検討してみてください。

ただ、たまに移動先で大きなビルで使いたい、ということであれば問題ないです。そういうときはauの4G回線を使いましょう。

サトウ

WiMAXは大手キャリアと比較するのではなく、無制限で使えるまったく別のサービスだと捉えることが必要ですね

WiMAXと他の無制限ポケットWi-Fiの比較

ここまではWiMAXの良いところ、弱いところについて書いてきました。

ここからは「無制限使い放題」とアピールしている他のポケットWiFiについて書きつつ、それぞれをWiMAXと比較していきます。

比較対象は冒頭でも紹介した

  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • 格安SIMのポケットWiFi

です。

サトウ

まあこれを読めば、WiMAX一択だってのがよくわかっちゃうと思います。

Y!mobileとWiMAXの比較

Y!mobileは、ソフトバンク系列のブランドですね。

よく格安スマホの会社だと思われていますが、実際には「ソフトバンク株式会社」が運営するスマホブランドですね。

Y!mobileのポケットWiFiの特徴は、

  • 普段はソフトバンク回線で上限7ギガとなる
  • ごく一部のエリアで無制限の回線を利用可能

というものです。

WiMAXが基本的に無制限で、auエリアがオプション扱いなのに対して、まったく逆ですね。

先日機会があって、ソフトバンク系列の電波を体感することができたのですが、結構癖がありましたよ。

まず僕のオフィスで試したのですが、80Mpbsとかなり速かったのです。

正直これには驚きました。もっと遅いんだろうなって思ってました。

ただ、これがおそらく「無制限の回線」。そのエリアは大都市のごく一部となります。

そしてその端末を友人宅で計測したら、なんと5Mbpsという速度。

全然ダメってわけじゃないですが、速くはないです。これがソフトバンク回線の4G回線でした。

要は名古屋市というある程度の大都市でも、場所によっては無制限エリアではなくなってしまうってことなんです。

Y!mobileは無制限で使うのがオプションで、別料金がかかります。

普段は7ギガ上限となってしまい、超えると激遅の速度制限がかかります。

これを解除するには1ギガあたり1000円。

対してWiMAXは無制限で使うのが標準です。しかも無制限エリア外となった時のau回線も、3年プランなら無料で使うことができますからねー。

比較表にしてみましょう。

WiMAX Y!mobile
月額料金 約2,900円〜 4,696円
データ量 無制限 一部エリアで無制限
上限7ギガになるところが多い
エリア ちょっと狭め 無制限はかなり狭め
実際の速度 20〜80Mbps 5〜80Mbps
メリット 無制限なのでドラマの
ネット配信などを楽しめる
AXGPエリアでは非常に速度が速い
備考 エリアの広いauの4Gが使える
オプションあり
3年契約ならオプション料金無料
AXGPエリア以外では
実質7ギガのポケットWiFi。
コスパがいまいち

こんな感じです。

どう考えてもWiMAXのほうが優れているんですよね。

サトウ

Y!mobileは無制限で使えるエリアが狭いので、実質7ギガのポケットWiFiとなってしまうことが多いです

やはり先程と同じく、あなたが住んでいる場所が、WiMAXのピンポイントエリア判定で

  • 「○」ならWiMAX
  • 「△」と「☓」ならネクストモバイル

という選び方でいいと思います。

ピンポイントエリア判定はこちらです。

ピンポイントエリア判定

「○」ならWiMAXがオススメ。記事を読み進めてみてくださいね。

もし残念ながら「△」「☓」ならネクストモバイルを検討しましょう。

最大50ギガのソフトバンク回線:ネクストモバイル公式サイト
https://next-mobile.jp

次は、格安SIMのポケットWiFiを見ていきましょう。

格安SIMとWiMAXの比較

格安SIMの特徴は、とにかく安く使えるということなんです。

ただし、やっぱりデメリットもあって、安い分速度が遅いことが多いんですよ。

たくさんの会社があって、色んな特徴を出しているので一概には言えないのですが、特徴をまとめますね。

  • かなり安く使える
  • 安いだけあって遅い
  • 無制限のものはめちゃくちゃ遅い
  • 遅くないものはデータ量が少ない

WiMAXは、高速で通信が可能。それに対して格安SIMはその仕組みから、どうしても通信速度が遅くなります。

特に夜10〜12時の混雑タイムや、みんなが一斉にスマホを使うランチタイムは非常に遅くなります。

料金は、正直「安かろう悪かろう」ですね。

もう少しお金を出してWiMAXやネクストモバイルにしたほうが、絶対にストレス無く利用できます。

WiMAXと格安SIMの比較表です。

WiMAX 格安SIM
月額料金 約2,900円〜 500〜4000円程度
データ量 無制限 1ギガ〜無制限
エリア ちょっと狭め 全国ほぼどこでも
実際の速度 20〜80Mbps 1〜5Mbps
メリット 無制限なのでドラマのネット配信などを楽しめる 安く使えるが、非常に遅いことが多い
備考 エリアの広いauのLTEが使えるオプションあり 端末代が別途必要な事が多い

サトウ

格安SIMは月間無制限でも「1日1ギガ」などの制限があることが多いです。また、速度はかなり遅めですよ

ということで、再度書きます。

あなたが住んでいる場所がWiMAXのピンポイントエリア判定で

  • 「○」ならWiMAX
  • 「△」と「☓」ならネクストモバイル

という選び方でいいと思います。

ピンポイントエリア判定はこちらです。

ピンポイントエリア判定

「○」ならWiMAXでOKでしょう。この記事を読み進めていって下さい。

もし残念ながら「△」「☓」ならネクストモバイルを検討しましょう。

最大50ギガのソフトバンク回線:ネクストモバイル公式サイト
https://next-mobile.jp

さて、ここまで見てきて、やっぱり無制限で使うならWiMAX一択だってことがわかっていただけたと思います。

次はWiMAXを契約する時の注意点を書いていきます。

WiMAXを契約する際の注意点

WiMAXの魅力と弱点、更には他のポケットWiFiについて解説してきました。

やっぱり無制限ポケットWiFiなら一択、という状況です。

ただそんなWiMAXも、契約時に気をつけなければいけないことがあります。

それは、契約する会社についてです。

WiMAXって、「UQ WiMAX」が運営しているのですが、契約自体は他の会社としたほうが断然オトクなんですよ。

WiMAXは

  • 本家UQ WiMAX
  • 家電量販店

での契約は、正直全然おすすめできません。

どっちも高い、というか、他の会社がめちゃくちゃ安いんです。

サトウ

この、WiMAXを契約できる会社を「プロバイダ」と呼びます。

ここからはその「プロバイダ」について、軽く書いていきますね。

もちろん僕が契約しているオススメのプロバイダも紹介します。

WiMAXはプロバイダ選びがすべてです

WiMAXは契約するプロバイダによって、料金やキャンペーンが大きく変わります。

絶対に契約をオススメしないのが、先程も書いた

  • 本家UQ WiMAX
  • 家電量販店

です。

でもこの2つは、やっぱり契約しちゃいがちなんです。身近に店舗があってすぐ相談できるのと、本家でCMバンバン流してますからね。

それぞれサラッと触れていきます。

家電量販店はNG

そもそも、家電量販店もプロバイダの一つですね。

ヨドバシ、ビックカメラ、エディオンなどが提供しています。

そんな家電量販店での契約がNGの理由はただ一つ。

高いから

なんです。

だいたい無制限で使おうとすると、月額4,300円ほどかかります。

これは、店舗の地代家賃、人件費・光熱費なんか考慮した金額になってるってことですねー。

サトウ

そんなのを僕らが払うことはありません

対して僕がオススメする最安のプロバイダなら実質月額2,800円程度ですからね。

2〜3年契約となりますから、この差は無視できません。

仮に2年契約だとしたら、36,000円も差額が出ちゃいます。

ネットで契約できるオススメプロバイダを知ってるかどうかだけで、36,000円も差が出ちゃう。

こんなの絶対に避けてくださいね。

本家UQ WiMAXもNG

次に解説するのは本家UQ WiMAX。

Cちゃん

えっ、本家なら良さそうなのに

と思いますよね?

それが全然違うんです。

UQ WiMAX自体は、ぶっちゃけ自分のところで売るより、手数料を払ってでも販売力のあるプロバイダに売ってもらったほうが利益が出るんですよ。

それはどうしてかというと、

  • 広告費などを節約できる
  • 手数料は契約ベースなので損しない
  • 契約の手続きやサポートにかかる人件費を省略できる

という魅力があるわけですねー。

ですから本家のUQ WiMAXは、あまり大きなキャンペーンや割引はしません。

協力企業であるプロバイダからお客さんを奪ってしまいますからね。

サトウ

こういう構造になってるので、ネットで契約できるプロバイダが一番オトクになるってことなんですねー。

絶対に迷わせないWiMAXのプロバイダ選び

さて、ここまで読んで頂いて、

「WiMAXはどこで契約すればいいの?」
「違いとかよくわからないからわかりやすく教えて」

と思われているあなたに向けて、絶対に迷わせないプロバイダ選びを提案します。

僕の提案するプロバイダ選びの選択肢は2つ。

あなたの好みや性格に合わせて選べるようにしますので、ご安心を!

まずは選択肢について簡単に説明しますね。

WiMAXプロバイダ選びの選択肢について

WiMAXのプロバイダは、非常にざっくり分けると3つのタイプに分かれます。

  1. 高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め
  2. キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい
  3. 1と2の中間で、ほどほどのキャッシュバックとほどほどの月額割引

この3タイプから選ぶことになります。

僕のオススメは「2」の「キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい」プロバイダです!

S8

これを「月額割引型プロバイダ」と呼ぶことにしますね

なぜオススメなのか。

それは、とにかく簡単で確実だからです。シンプルに月額料金が割り引かれるので、安心なんです。

キャッシュバックは、場合によっては現金を受け取ることができないというリスクがありますからね。

こうなるとキャッシュバックなしの非常に高い月額料金となってしまいます。

ということで、まずは僕が実際に契約している「月額割引型プロバイダ」について説明していきますね!

月額割引型プロバイダについて

月額割引型プロバイダの特徴は、

  • 面倒なキャッシュバック申請が一切ないのでリスクがない
  • ただし、契約期間中の総支払額は最安ではない

ということですねー。

エリアや速度なんかは一切替わりませんので、キャッシュバック申請の手間と総支払額だけで選べばよいのです。

僕もそうなのですが、とにかく一度契約してしまったら自動引落にして、支払いのことは忘れたい。

キャッシュバックのことを11ヶ月とか13ヶ月とか覚えておいて、スマホのカレンダーに登録して、IDとパスワードを覚えておいて、さらにキャッシュバック申請の手続きも覚えておく。

こんなことしたくないですもん。。。

僕と同じように、

Cちゃん

面倒なことは最初だけにしてあとは何も気にせず使いたい

という人は、月額割引型のプロバイダがオススメですよ!

S8

面倒な設定とかキャッシュバック申請はしたくない人は、月額割引型を選びましょう!

それでは、実際に僕が契約しているプロバイダを紹介しますね。

月額割引型のオススメプロバイダ

僕が契約したのは月額割引型プロバイダの「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」です。

このプロバイダは以下の特徴があります。

  • 運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手
  • 月額料金が業界最安級の月額2,726円〜
  • 端末代0円
  • ご満足保証で乗り換え可能
  • 8日間の初期解約制度で端末も返却可能

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

よくわかんないところもあると思うので、1つずつ簡単に説明しますね。

運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手

スマホを持つ女性

ブロードワイマックスを運営するのは「リンクライフ」という会社で、親会社は「オールコネクト」という会社。

実はこのオールコネクトという会社、WiMAXやネット系ではそこそこ有名な会社で、固定回線やポケットWiFiをいくつも提供している大手企業なんです。

僕も最初は知らなかったのですが、偶然にも契約したのが全部オールコネクトの提供しているサービスでした。

さらにWiMAXやポケットWiFiについて調べていくうちに、ほんとに沢山のサービスを提供している会社だということもわかりました。

これだけ実績ある会社ですから、運営についても安心できますよね。

月額料金が業界最安級の月額2,726円〜

次に肝心の料金について見ていきましょう。

ブロードワイマックスは月額割引型なので、月額料金が非常に安くなっています。

キャッシュバック型は月額料金が高いので、使い放題プランの場合毎月の引き落とし額が4,300円程度になることが普通です。
月間7ギガしか使えないプランでも、3,600円程度ですね。

ところが、ブロードワイマックスは以下の料金になります。
合わせて「とくとくBB」と「本家UQ」の数字も掲載します。

サービス名 ギガ放題月額料金 7ギガ月額料金
BroadWiMAX 3年間平均3,572円 2,726円
とくとくBB 3年間平均4,227円 3,609円
UQ WiMAX 3年間平均4,342円 3,696円

このように、月額料金がかなり安くなっているのがわかりますね。

もちろんとくとくBBは、ここからキャッシュバックがありますが、忘れてしまったらこの金額差になるということです。

ちなみに本家であるUQ WiMAXはキャッシュバック等ありませんので、契約しないほうがいいと思います。

やはり安心してWiMAXを利用するためには、月額割引型のプロバイダーで最安のBroadWiMAXがオススメなんですねー。

端末代0円

BroadWiMAXは、端末もすべて0円です!

通常、キャッシュバック型のプロバイダーは端末によってキャッシュバック金額が変わります。

それって結局端末代0円じゃないよね、と思わなくもないですよね。。。。

しかしBroadWiMAXはどの端末でもすべて0円です。最新端末でも問題ありません。

やっぱり最新端末は、最大通信速度が速かったりバッテリーの持ちが改善されてますからねー。

あと、サイズが年々小さくなっているのも見逃せません。

ご満足保証で乗り換え可能

WiMAXの電波特性上、どうしてもエリアが狭い場合があったり、建物の奥まった場所だと電波が入りづらかったりします。

ピンポイントエリア測定では「◯」だったのに、自分の部屋では速度が出ない、ということもあり得ます。

こんなときBroadWiMAXは「ご満足保証」という制度があるんです。

このご満足保証、万一通信品質に満足できない場合、光回線や他のポケットWiFiサービスに乗り換えることができるんです。
もちろん違約金はかかりません!

乗り換えできるサービスは、

  • NTT東日本・西日本の光回線(固定回線)
  • Yahoo BB(固定回線)
  • BroadLTE(Y!mobile系ポケットWiFi)

となります。

BroadLTEの無制限通信可能エリアはWiMAXより狭いので、やっぱり固定回線がいいですね。

僕なら使い放題が魅力でWiMAXを契約したわけですから、WiMAXが使えないとなったら使い放題の固定回線に乗り換える気がします。

とは言え、僕は自宅でも外でもほぼどこでもWiMAXが使えていますけどね〜。

とにかく、これで万一のときも安心です。

8日間の初期解約制度で端末も返却可能

broadWiMAXキャンセル

初期契約解除制度ってご存知ですか?

ま、普通の人は知らないと思いますが、ネット回線系の契約で使えるクーリングオフみたいなものですね。

とにかくネット回線系の契約って難しいし、よくわからないまま契約しちゃうことが多いと思うんですよね。

それを8日以内の申請で一方的に解除できるんです。

これは総務省が定めた法令なので、全プロバイダに適用されます。

ただし、この解除できる契約に端末の契約は含まれていないんですよね。

ということは、回線の契約期間中は割引が効いている端末代が、契約解除した途端に発生して、使えもしない端末の分割金を払い続ける羽目になるんですよねー。

こんなの納得できるわけありません。

ところがBroadWiMAXはこの端末を含めた全契約を解除できるんです。

ですから、万一通信品質に満足できない場合は、先に説明した「ご満足保証」の他に、端末到着から8日以内であれば契約解除も可能です。

ということで、WiMAXに対するハードルをどんどん下げてくれているんですねー。

このように様々なメリットがあるので、やっぱり僕も契約したプロバイダ「ブロードワイマックス」が一番のオススメとなりますよ〜。

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

さて、ここまで月額割引型プロバイダの魅力について説明してきました。

でも、高額なキャッシュバックに魅力を感じる人がいるかもしれません。

ということで、次は「高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め」なプロバイダについて説明しますね。

S8

これを「キャッシュバック型プロバイダ」と呼ぶことにします

キャッシュバック型プロバイダにはどんな特徴があるのでしょうか。

キャッシュバック型プロバイダについて

30,000円を超えるような現金がもらえる、高額なキャッシュバック型プロバイダの特徴は以下となります。

  • 契約期間中の総支払額が最も安くなる
  • キャッシュバック申請を忘れる人が多数発生

ということなんですねー。

まず、契約期間中の総支払額が最も安くなります。これは間違いないです。

ただそれと引き換えに、キャッシュバック申請の手続きがめちゃくちゃ面倒で難しいのです。

で、このキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、当然現金がもらえません。

高額キャッシュバック型の月額料金は高めに設定されています。

ですので、こうなってしまうとまったくお得感のない「高いWiMAX」を契約期間中ずっと使うことになります。

S8

キャッシュバック型の月額料金は、かなり高めに設定されてるので注意が必要なんです

では、この「キャッシュバック申請方法」はどんなものなのでしょうか。見ていきましょう。

代表的なキャッシュバック申請方法

キャッシュバック申請をして大きな現金をもらう場合の、代表的な流れを見ていきましょう。

  1. 契約を申し込む
  2. プロバイダ支給のメールアドレスが作られる
  3. 契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る
  4. そのメールに返信する形で、振込先を連絡する
  5. 連絡した翌月末などに指定した振込先に入金される

高額キャッシュバックをもらえるプロバイダの場合、この流れが一般的ですね。

ここでの注意点は、

2. の「プロバイダ支給のメールアドレスが作られる」

と、

3. の「契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る」

ところです。

「契約後11ヶ月後などにプロバイダのアドレスに通知が来る」ことのデメリット

これは非常に面倒な仕組みです。

最近では、やはりスマホでメールを管理することが多いですよね。

大事な通知は携帯電話会社提供のメールアドレスや、Gmailなどを使うと思います。

こうすることで、スマホで受信できて忘れずに支払いなどができるわけです。

ただ、これが「プロバイダ支給のメールアドレス」への通知のみとなると話が変わってきます。

そもそもこの通知だけの為に、スマホのメール設定をするのも現実的ではありません。そんな面倒なことしたくないし、やり方がよくわからない人も多いと思います。

だから、僕らがやることは

  1. 11ヶ月後にメールが来ることを覚えておく
  2. 11ヶ月経ったらプロバイダのマイページなどにログインする
  3. そのマイページでメールをチェックして振込先を連絡する

という流れになります。

また、3の連絡については、多くの場合1ヶ月以内です。これを過ぎるとキャッシュバック分の現金がもらえません。

どうですか?

こんなこと、やっぱり僕なら面倒だなーって思っちゃいます。

マイページへのログインIDとパスワードだって覚えていなくてはいけないですしね。

この複雑な手続きのおかげで、おそらく一定数の申請漏れがあるのは間違いありません。

そしてその申請漏れの比率を計算した上で、キャッシュバック額を決定しているはずなんです。

S8

申請を忘れると、結果的に他の人のキャッシュバック金額をあなたが負担することになるんです

こういったカラクリで、高額キャッシュバックが実現できているわけですねー。

ただし、高額キャッシュバック型が最安なのは間違いない

ここまでキャッシュバックの怖さを書いてきました。

でも、高額キャッシュバック型のプロバイダが最安なのは間違いないんです。

だから、上記手続きを

「絶対忘れない自信がある!!」

という人は高額キャッシュバック型プロバイダでの契約がオススメとなります。

S8

高額キャッシュバックの申請はかなり面倒だけど、やっぱり総支払額は最安ですからねー

そんなキャッシュバック型プロバイダで、現在もっともオススメなのはGMOとくとくBBというプロバイダです。

それは単純にキャッシュバック金額が常に最大だからですね。

業界最高のキャッシュバック!とくとくBBの特徴

とくとくBBは、2018年5月現在、業界最高の40,500円のキャッシュバック額を誇ります。

高額キャッシュバック型プロバイダは「とくとくBB」以外気にしなくて大丈夫です。

常に業界最高額のキャッシュバック額を維持しています。

WiMAXはプロバイダによる通信品質に違いはありません。

速度もエリアも、速度制限の条件もすべて同じです。

ですから、キャッシュバック型のプロバイダを選ぶなら、その金額のみで考えれば良いのです。

もし

「絶対キャッシュバック申請忘れない!」

という人は

とくとくBBでの契約がオススメです。

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/


キャッシュバック申請、忘れそう。。。という人はやっぱりブロードワイマックス

でも、やっぱりこのキャッシュバック申請はハードルが高い。

実は僕も以前契約していたフレッツ光のキャッシュバックをすっっっっかり忘れちゃってまして、ものすごく悔しい思いをしたことがあります。

確か30,000円だったと思います(汗)

それ以来キャッシュバック系のプランは一切契約しないようにしています。

僕と同じように

「キャッシュバック申請に自信がない」

という人は、キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい「月額割引型」プロバイダでの契約がオススメです

僕もそうしてますしね。。。苦笑

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

最後に

この記事では、無制限のポケットWiFiルーターについて、ネット回線マニアが熱く語りました。

サトウ

熱すぎてすみません!

ただ、僕はやっぱりあなたに損してほしくないんです。

知らないってだけで、家電量販店なんかに行って、高いポケットWiFiを契約しちゃうような人を一人でも減らしたい。

だって、知ってるだけで30,000円〜40,000円とか得できるんですよ。

ていうか、知らないと損しちゃう。

30,000円あったら、相当美味しいもの食べられますよ。

そのお金を家電量販店に渡す必要なんて無いですよね。

ということで、あなたがこの記事を読んで、損しちゃう契約を避けてオトクに無制限ポケットWiFiルーターを契約できることを願っています。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi ,