ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

【実践】無制限ポケットWiFiルーター比較!ネット代を年間20万節約する方法

      2019/05/04

こんにちは。

モバイル回線をぜんぶで5つ契約して使い倒している、ネット回線マニアのサトウです。

なぜそんなに契約しているのかというと、それはお仕事で必要だから。

サトウ

僕はWiFi関連の仕事が多いので、どうしても使ってみて使用感を試したくなっちゃうんですよね・・・おかげで通信費がエグいです涙

モバイルルーターは5つですが、光回線や格安スマホ、制限有りのルーターを合わせると、全部で9回線利用しています。

サトウ

毎月の料金は聞かないで・・・苦笑

さてこれだけのネット回線を実際に契約して使っていると、それぞれの長所・短所がしっかりわかります。

あなたはいま、

「無制限のポケットWiFiってあるの?」
「あるとしたらどれがいいの?」
「・・・ていうか調べるのめんどくさいから誰かまとめて教えて」

って思ってますよね。

サトウ

そんなときこそマニアにお任せください!笑

全部で9回線契約している、WiFi関係者で、そもそもネット回線マニアの僕が、「無制限ポケットWiFi」についてできるだけ分かりやすく、それでいて詳しく解説します。

この記事を読めば、他の情報は不要となるでしょう。

サトウ

確認のために公式サイトは見ることになると思いますが、もちろんそれもリンクを貼ります

他のサイトのように「騙されるな!」って言われるとドキッとしちゃうけど、騙されないように、誰にでもわかりやすく書いていきますね。

サクサク飛ばしながら読んでいけば、多分ぜんぶで5分くらいで読めるので、最後までお付き合いくださいね!

僕がいま最もおすすめしているWiFiルーターはこちら。

  • 完全無制限
  • どこでも使える
  • 普通に速い
  • それなのに安い

といいところしかありませんよ!

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

速度制限なしの無制限ポケットWiFiは存在するのか?

さてまずは、

「そもそも速度制限なしの無制限ポケットWiFiなんてあるの?」

という疑問に答えましょう!

結論から言いますと

サトウ

あります!

なのですが、完全に無制限のルーターはひとつだけです。

それは2019年3月にサービスが開始された「どんなときもWiFi」だけ。

サトウ

正直、この「どんなときもWiFi」が出たとき「他のWiFi全部終了じゃん」とまで思いました。

そのくらいすごいルーターなのです。

さっそく「どんなときもWiFi」の説明に入るのもいいのですが、そのすごさを理解するために、WiMAXをはじめとする「どんなときもWiFi」以外の「無制限WiFi」を簡単に解説していきます。

サトウ

現状、完全に無制限なものは「どんなときもWiFi」の他にはないのです・・・!

WiMAX

いままで無制限のポケットWiFiといえば、WiMAXでしたね。

サトウ

僕もこれまでは、もっとも完全に近い無制限WiFiルーターとしてイチオシしてきました

WiMAXは「月間データ量」が無制限となります。

月間にどれだけ使っても制限はなく、実際に僕も170GB使いましたが、料金も定額で基本的には問題なく使えていました。

WiMAX 170GB

ただし月間のデータ量は無制限でも、実際には無制限に使い放題だったわけではありません。

WiMAXには、「3日10GB」の制限があるからです。

WiMAXの3日10GB制限

WiMAXの「3日10GB制限」について簡単に解説します。

これは、「直近3日間で10GB以上利用すると、翌日に通信制限がかかる」というものです。

制限の内容は

  • 18時〜26時まで
  • 速度は1Mbps程度
  • 3日で10GBを下回れば解除

というもの。

サトウ

僕はWiMAXをガンガン使ってましたが、2回ほどしか経験がありません。

ただし、やっぱりその2回は、DAZNでスポーツ配信をガッツリ見ちゃったときなんですよね。

確か土日の2日間で合計6時間程度は見ちゃったと思います。

これをやっちゃうと、翌日の18時〜26時は遅くなっちゃうということです。

サトウ

ただ遅くなると言っても1Mbpsは維持してくれるので、SNSやYoutubeの標準画質くらいなら問題なく使えますよ

とはいえ、「どんなときもWiFi」は完全に無制限。

実際に1日で6GB使ってみましたが、何の制限もありません。

どんなときもWiFi-6GB

この世の中に「どんなときもWiFi」がある以上、WiMAXよりおすすめだと言わざるを得ないのです。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

また、WiMAXの特徴として、「プロバイダによる販売」を採用していることも挙げられます。

サトウ

例えば「BroadWiMAX」といったプロバイダが、本家「UQ WiMAX」に変わって販売しています

これにより、自由な料金設定が可能で、様々なキャンペーンや料金プランが存在します。

かなりわかりにくくなっていますが、競争原理によって安くなっているのも事実です。

Y!mobile(ワイモバイル)の ポケットWiFi

次に紹介するのは、長らくWiMAXのライバルとして契約数を競り合ってきた、Y!mobileの「PocketWiFi」です。

サトウ

「ポケットWiFi」は、正確には一般的な呼称ではなく、SoftBankの商品名なんですよ

Y!mobileのサービス内容は、WiMAXに非常によく似ています。

  • 月間データ量が無制限
  • 3日10GBの制限あり
  • 制限は18時〜26時、1Mbps
  • 直近3日で10GBを下回れば制限解除

電波の性質(周波数帯)を含めて、本当によく似ているサービスなんです。

ただし、WiMAXと大きく違うところがあります。それは

  • プロバイダが存在せず、直接契約のみで料金プランがシンプル
  • WiMAXは無制限が標準プランなのに対し、Y!mobileは無制限はオプション扱い

というところです。

Y!mobileの無制限プランについて

Y!mobileは標準プランが上限7GB。

そして月間無制限となる「アドバンスオプション」があります。

サトウ

WiMAXとの最大の違いはココですね。WiMAXは無制限が標準です。

標準プラン オプション 備考
WiMAX 無制限 au回線
7GB
3年契約で
オプション無料
Y!mobile ソフトバンク回線
7GB
無制限 オプションは
684円追加

おそらくこれは、WiMAXを運営するUQコミュニケーションズが、以前から着実にアンテナを設置してきたのに対して、Y!mobileは都市部に限定してしまっていたためだと思われます。

サトウ

実はY!mobileの元をたどっていけば、「つながらないケータイ」としてイマイチ普及しなかった、PHSを運営していた「WILLCOM」に行き着くんです。アラフォーの人はご存知ではないでしょうか?

PHSで使われていたXGPという通信規格の流れで、グループ会社の「Wireless City Planning」がサービスを提供している「AXGP」というものがあります。

この「AXGP」こそが、Y!mobileが無制限となる「アドバンスオプション」で利用される電波なんですねー。

サトウ

ちょっとややこしい話ですけどね。。。

とにかくY!mobileは、無制限で使おうとすると通常料金の3,696円に追加して684円かかる、ということですね。

ちなみに無制限エリアは、かなり狭いという評判です。

格安SIM系ルーター

SIMカード

次に紹介するのは、格安SIM系のルーターです。

サトウ 格安SIMを運営する会社が、無制限のモバイルルーターを提供している場合があるんです

格安SIMの無制限ルーターは、主に次のような特徴があります。

  • 安くて無制限のものは非常に遅い
  • 普通の速度で無制限のものは高くて
  • 3日で3GB制限などがあり、完全な無制限はない

このように、格安SIMの無制限ルーターはあまりおすすめできないのです。

ここまで紹介したルーターの中でのおすすめ順は、

  1. WiMAX
  2. Y!mobile
  3. 格安SIMのルーター

という順番になるでしょう。

WiMAXが最安のプロバイダで3,500円程度。

Y!mobileは無制限で使い場合、4,380円。

格安SIMは会社やプランによりますが、だいたい4,000円程度。

料金も、無制限のエリアもWiMAXが一歩抜けていると言えるでしょう。

サトウ

だからこそこのサイトはいままでWiMAXをイチオシしてきました。

しかし、「どんなときもWiFi」の登場でこのサイトのすべての主張が覆されてしまったのです。

満を持して、「どんなときもWiFi」を紹介しましょう。

どんなときもWiFiの特徴

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiの特徴を書きます。

  • 完全に無制限
  • 日本で一番つながる
  • 普通に速い
  • それなのに安い
  • さらに海外でも使える

サトウ

これ、ちょっと最強すぎですね笑

無制限での利用を前提とした、ざっくりした特徴の比較をまとめます。

料金 無制限
エリア
速度
WiMAX 3,500円
ほど
やや狭い 速い
Y!mobile 4,380円 狭い 速い
格安SIM 4,000円
ほど
広い 遅い場合も
どんなときも
WiFi
3,280円 とても広い 速い

このように他社のルーターと比較して、「どんなときもWiFi」に圧倒的な優位性があります。

それでは特徴を解説していきましょう!

完全に無制限

「どんなときもWiFi」は、本当に完全に無制限です。

月間データ上限がないのは当然です。

加えて、WiMAXやY!mobileのような「3日10GB」や、格安SIMのような「3日3GB」もありません。

1ヶ月間に200GB使っても、3日間に30GB使っても大丈夫です。

実際に1日で6GB使ったのですが、全く問題ありません。

どんなときもWiFi-6GB

1ヶ月のデータ量も測りたいのですが、そもそも「どんなときもWiFi」にはその機能がないんです。

サトウ

無制限ですから、いらないんです

どんなときもWiFi-U2s-02

1日で6GB使ったときは、8時間ほどNETFLIXを流しっぱなしにしつつ、iPhoneとiPadをつないで音楽をずっとかけてました。

それでもまったく速度が遅くなることもなく、普通に使えていましたよ。

日本で一番つながる

どんなときもWiFi-エリア

「どんなときもWiFi」は「日本で一番つながるルーター」だと言っても過言ではないでしょう。

サトウ

なぜそういい切れるか、理由を説明していきましょう

「どんなときもWiFi」は「クラウドSIM」という仕組みを採用しています。

通常iPhoneなどの端末に入っている「SIMカード」が入っていないのです。

これは、端末自体は位置情報のみを送信し、サーバーで管理している最適なSIMにつなぐ、という仕組みです。

サトウ

ちょっとわかりにくいですが、ネット上にあるSIMカードをつかって通信している、という感じです

この仕組によって、すごいことが可能になったのです。

それは、

docomo・au・SoftBankすべてのネット回線が使える

というものです。

その場所でもっとも電波状態のいい回線を選ぶとされています。

これによって

「日本で一番つながるルーター」

が実現できているのです。

サトウ

ただ、いままで使ってきてわかったことですが、基本的にはSoftBank回線を優先して使っているようです

ですから、ソフトバンク回線が弱いエリアでは、docomoやauにつないで通信するということでしょう

WiMAXは、WiMAXとauの電波を使います。docomoとSoftBankの回線にはつなげません。

一方Y!mobileは、SoftBankとAXGPの電波を使います。docomoやauの回線は使えません。

格安SIMは、間借りしている大手キャリアの回線しか使えません。

ところが「どんなときもWiFi」は、すべての回線を使えるんです。

いままで一番無制限に近かったのはWiMAX。

そのWiMAXはエリア面が大きな弱点でした。

サトウ

エリアがハマればめちゃくちゃ良いルーターなんですけど、ちょっと狭かったんです

これを解消した「どんなときもWiFi」は、まさに最強ルーターと言っていいでしょう。

普通に速い通信速度

女性

「無制限」で「全国どこでもつかえる」と来ると、いままでのパターンなら「速度が遅い」のが常識でした。

サトウ

いままでの格安SIMなら、です

どれだけ無制限でも、速度が遅ければそもそもデータを消費できないですよね。

格安SIMのルーターの中には「無制限」とアピールしておきながら、実際には500Kbps程度しか速度が出ないものもあります。

サトウ

これじゃずっと使い続けても全然データ消費しないです苦笑

その点「どんなときもWiFi」は普通に速いです。

いつ測定しても、20〜40Mbpsで通信しています。

僕がいままで計測した最速の通信速度は、41Mbps。

どんなときもWiFi-速度実測40Mbps超え

遅いときでもだいたい20Mbpsは出てます。

どんなときもWiFi-速度実測02

朝の混雑時間に、15Mbps程度になることもありますが、これだけ出てれば普通に動画を観ることができます。

NETFLIXのHD画質の必要速度が5Mbpsですから、十分すぎることがわかります。

¥

サトウ

スポーツ好きの方は、DAZNも最高画質で観ることができますよ!僕は移動中によくサッカーとか観てます

無制限でエリアが広くて速いのに、安い

ここまで

  • 完全無制限
  • 日本で一番つながる
  • 速い

という特徴を見てきました。

サトウ

「最強ルーター」と呼ぶことに異論はないのではないでしょうか

でも、どんなに優秀なルーターだとしても、高かったら意味がありません。

現実的な料金で使えてこそ、メリットが出ます。

その点、「どんなときもWiFi」の料金は・・・・

3,280円

とめちゃくちゃ安いんです!

さきほども掲載しましたが、料金比較を見てみましょう。

ルーター 月額料金
WiMAX 3,500円ほど
Y!mobile 4,380円
格安SIM 4,000円ほど
どんなときもWiFi 3,280円

これを見ても、「どんなときもWiFi」の圧倒的な優位性がわかると思います。

まず、完全無制限のルーターがないので、本来なら比較対象がありません。

しかし無理やり他社のルーターと比較したとしても、一番安いわけです。

サトウ

正直、WiFiルーターを契約するなら「どんなときもWiFi」以外は検討する意味がありません

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

海外でも使える

さらにすごいことがあります。

サトウ

ステマっぽくなってきたけど・・・ホントのことだから仕方ない・・・

それは、海外でもそのまま、何の手続きもなく利用できるということです。

通常、海外にいくときはルーターをレンタルしていきますよね。

空港で受け取ったり、事前に自宅に郵送して受け取ります。

サトウ

僕も数少ない海外旅行中は「イモトのWiFi」を借りていきましたね・・・当時「どんなときもWiFi」ありませんでしたから・・・

そして帰国したら、空港で返却というのが一般的な使い方。

「どんなときもWiFi」はどちらも不要です。

普段使っているルーターをそのまま、なんの手続きもなく海外で使えちゃうんです。

こちらが、1日定額1,280円で使える国。

アジア・
オセアニア
26地域
韓国・香港・中国・台湾・
マカオ・オーストラリア・
ニュージーランド・シンガポール・
タイ・ベトナム・マレーシア・
フィリピン・インドネシア・
カンボジア・ミャンマー・ラオス・
ネパール・インド・スリランカ・
バングラデッシュ・カザフスタン・
モンゴル・パキスタン・グアム・
サイパン・フィジー
ヨーロッパ
41地域
オーストリア・ベルギー・スイス・
チェコ・ドイツ・スペイン・
フィンランド・フランス・ギリシャ・
イタリア・オランダ・ポルトガル・
ロシア・スロベニア・トルコ・
リヒテンシュタイン・モナコ・
キプロス・ハンガリー・ラトビア・
ポーランド・スウェーデン・
ウクライナ・エストニア・
クロアチア・アイルランド・
リトアニア・ルクセンブルク・
セルビア・ノルウェー・アルバニア・
デンマーク・スロバキア・イギリス・
サンマリノ・バチカン市国・
ブルガリア・アイスランド・マルタ・
ルーマニア・オーランド諸島
北米2地域 アメリカ・カナダ

そしてこちらが、1日定額1,880円で使える国。

中東
7地域
UAE・カタール・ヨルダン・
イスラエル・サウジアラビア・
イエメン・バーレーン
中米・
南米
17地域
コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・
アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・
ドミニカ共和国・コスタリカ・
エクアドル・グアテマラ・ペルー・
ボリビア・チリ・ニカラグア・
エルサルバドル・メキシコ・
プエルトリコ
アフリカ
13地域
南アフリカ共和国・ケニア・
モロッコ・エジプト・西サハラ・
タンザニア・ザンビア・チュニジア・
アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・
ナイジェリア・モーリシャス

レンタルの場合「1日500MBまで」というところも多いのですが、「どんなときもWiFi」は、1日1GBまで使えます。

レンタルしていったほうが安い場合もありますが、面倒な手続きがないのはホントにいいですね。

サトウ

万一海外でルーターをなくしてしまったときの弁済も大きくなりますしねー

ちなみに「何の手続きもなく海外でもそのまま使える」のも、「クラウドSIM」のおかげです。

これらの特徴をあわせて考えると、やっぱりモバイルルーターなら「どんなときもWiFi」一択じゃないかな、と思います。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

その他のポケットWiFi

さてここまで

  • WiMAX
  • Y!mobile
  • 格安SIM
  • どんなときもWiFi

と、無制限で使えるルーターに絞って解説してきました。

結論としては、無制限でもそうでなくても、「どんなときもWiFi」一択だと考えれば間違いないでしょう。

ただここからは無制限ではないものの、サービスを提供しているその他のルーターを見ていきましょう。

ドコモ(docomo)

あまり訴求していないので知られていませんが、docomoでもモバイルルーターを契約できます。

サトウ

僕も以前「Xi」が発表されてすぐ、docomoのルーターを使っていました。料金は月額10,000円ほど・・・涙

僕と同じくアラフォーの人なら、

「やっぱ一番つながるのはdocomoでしょ」

っていう意識、ありますよね?

僕はまだまだなんとなーくあります。

やっぱり僕らがケータイを使いだした頃は、その電波の良さは圧倒的でしたからね。

サトウ

その他にはIDOとデジホンでした・・・懐かしい笑

その後IDOがauになり、デジホンがボーダフォンを経てSoftBankに事業継承するわけですね。

余談はさておき、SoftBankやauが、docomoに負けじとアンテナ設置をしたおかげで、いまではどこのスマホを使っていても、全国ほぼどこでも使えます。

ですから、docomoのエリア面での優位性もほとんどなくなったと言っていいでしょう。

さてdocomoで現在契約できるルーターの特徴はこちらです。

項目 内容
データ量 最大30GB
1GB/1,000円でデータ追加可能
月額料金 8,400円(20GB)
エリア 全国ほぼどこでも
最大
通信速度
1288Mbps
端末代 24,000円

あとでしっかり比較しますが、すごく高いことがわかります。

サトウ

正直、docomoはルーターには全然力を入れていません。スマホにだけ、注力してますね〜

au

auロゴ

docomoに続いて解説するのは、au。

KDDIのスマホキャリアブランドですね。

サトウ

auのルーターは説明が少なくて済むんですよね〜

なぜかと言うと、それはauのルーターが実質的に「WiMAX」とまったく同じだからです。

料金面は若干違いますが、エリアや速度はまったく同じです。

特徴はこちら。

  • 無制限のWiMAXエリアは狭い
  • auエリアは広いけど上限7GB
  • auで契約すると高い
項目 内容
データ量 無制限(WiMAXエリア)
7GB(auエリア)
月額料金 4,380円
エリア 無制限エリアは狭い
7GBエリアは全国ほぼどこでも
最大
通信速度
867Mbps
※W06で無線接続

このように、実質的にはWiMAXとまったく同じなのに、料金面はかなり高いです。

もしあなたがどうしても「auのルーターを契約したい!」という場合でも、auで契約せずにその他のWiMAXプロバイダで契約しましょう。

サトウ

auスマホユーザーなら、auスマートバリューmineも適用されてスマホ代が安くなります

でも、WiMAXはエリア面でちょっと弱いところがあります。

絶対に「どんなときもWiFi」の方がいいでしょう。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

ソフトバンク(SoftBank)

ソフトバンク

次に紹介するのはSoftBank。

ただし、SoftBankの公式サイトに行っても、商品の紹介はあるものの契約できるようになっていません。

サトウ

別ブランドのY!mobileがポケットWiFiを展開していますから、そちらにすべて投げている、という状態でしょう

ということで、SoftBankのルーターについては割愛しますね。

ネクストモバイル(NEXTmobile)

ネクストモバイル

上でSoftBankについて割愛しましたが、同じSoftBank海鮮を使った、すぐれたルーターがあるので紹介します。

「ネクストモバイル」です。

このサイトではこれまで、

  • 無制限がいいならエリアがちょっと弱いWiMAX
  • 上限ありでもいいならエリアが広いNEXTmobile

というようにガイドしてきました。

サトウ

現在は「どんなときもWiFi」一択です。サイトの修正も進行中です汗

ネクストモバイルを運営するのは、なんと「どんなときもWiFi」と同じ「株式会社グッド・ラック」。

親会社は通信系では有名な会社「株式会社オールコネクト」です。

サトウ

グッド・ラックは、ネクストモバイルを無くしてもいい覚悟で、「どんなときもWiFi」を打ち込んできましたね。。。。

ネクストモバイルの特徴は、

  • 月間データ量 20/30/50GBから選べる
  • 料金は2,760円〜と激安
  • 普通に速いです
  • SoftBank回線で全国ほぼどこでも使える

という特徴を持っています。

安くてどこでも使えるし、スマホのデータプランと比較したらめちゃくちゃ大容量。

だから、無制限にこだわらなければ、最強のルーターだと思ってました。

サトウ

「どんなときもWiFi」が出るまでは。

「どんなときもWiFi」がネクストモバイルに負けてるのは、料金面だけ。

その差も、実は30GBだと逆転しちゃうんですよ。

ということで、やっぱりどう考えても「どんなときもWiFi」一択です。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

無制限ポケットWiFiで年間20万円節約!

女性・現金

さてここからは、僕が実践した

「無制限ポケットWiFiを契約して、年間15万円の節約に成功した方法」

を解説しましょう。

サトウ

当時はWiMAXで実行したのですが、「どんなときもWiFi」ではさらに安くできます

まずはやったことをまとめると、

  • 遅かった自宅の光回線を解約
  • WiMAXを契約して持ち歩く
  • 夫婦でau→UQモバイルに乗り換え

です。

このうち、WiMAXを「どんなときもWiFi」に置き換えて、内容も修正して解説します。

遅かった自宅の光回線を解約

僕がそれまで契約していたのは、So-netの光回線でした。

この回線がとにかく遅かった。

以前So-netに乗り換えた当初は、常時100Mbpsほど出ていたので、特に不満もなく使えていました。

ただ、使っているうちにだんだん混雑する時間帯が遅くなってきて、最終的には50kbpsという、スマホの通信制限時より遅い速度に。。。

サトウ

多分契約当初は空いていた回線が、「So-netが速いらしい」という評判とともに混雑していったのだろうと考えられます

月額5,400円ほど支払っていた僕は、

  • 家でしか使えない
  • 高い
  • 遅い

と、三拍子揃ったSo-net回線にめちゃくちゃ不満を感じていました。

サトウ

家でしかつかえないのはSo-netじゃなくて光回線だからなんですけどね・・・汗

これに加えて、夫婦のスマホ代が月に22,000円ほど。

僕が13,000円、奥さんが9,000円ほどでした。やっぱり大手キャリアのスマホ代はほんとに高いですね。。。

僕は仕事でパソコンをつないでテザリングをしたり、チャットをしたりとめちゃくちゃ使い倒してて、毎月データチャージしてました。

合計すると、自宅の光回線が5,400円、auのスマホ代が22,000円で、合計27,400円。

1年ではなんと328,800円も使っていることになります。

月額 年間 年間合計
au 22,000円 264,000円 328,800円
光回線 5,400円 64,800円

サトウ

いやいやいやいや、これは流石に使いすぎでしょう・・・

ネット代なんて何も手元に残らないわけです。

こんなものに毎年30万以上使ってたら、そりゃ家計は苦しい。

ということで、スマホを含めたネット代の全面見直しを決意したのでした。

光回線を解約しつつ「どんなときもWiFi」を契約

どんなときもWiFi-実際に契約

我が家の課題は、

  • 僕は外でスマホをガンガン使う
  • 奥さんはネット自体それほどしない

という状況なのに、

  • 自宅でしか使えない光回線代
  • それほど使わないのに高い奥さんのスマホ代
  • 外でデータチャージをしまくる僕のスマホ代

と完全にミスマッチな状況。

これを改善するためにまずは光回線から持ち歩きできるWiFiルーターに契約をシフトします。

  • 光回線:年間64,800円
  • どんなときもWiFi:39,360円

となり、これでまずは年間25,440円の節約。

月額 年間
光回線 5,400円 64,800円
どんなときもWiFi 3,280円 39,360円
差額 2,120円 25,440円

奥さんは自宅でもほとんどネットせず、使ってもスマホで調べ物や買い物、SNSくらい。

サトウ

動画視聴はとくにせず、テレビが中心です

だから、自宅の光回線の重要度はかなり低かったのです。

一方僕は高いauのデータチャージを繰り返していましたから、ルーターを持つことでこれを解消。

これで自宅のネット環境の問題はクリアです。

僕は「どんなときもWiFi」を持ち歩く

自宅でテレビやスマホを見ながら過ごすことが多い奥さんと違って、僕は仕事でパソコンやスマホをガンガン使います。

サトウ

出先でパソコンをauスマホにつなぐことも多くて、これが原因でデータチャージをしまくってました

このミスマッチを解消すればいいわけなので、僕は

  • 無制限使い放題
  • 全国どこでも使える
  • 速度も十分に速い

という特徴をもつ「どんなときもWiFi」を持ち歩いてデータチャージをやめました。

ただ、これでは問題がふたつ起こります。

  • 自宅WiFiがなくなったことで奥さんのスマホ代が増える
  • 僕のスマホ代がまだまだ高いまま

「光回線」→「どんなときもWiFi」だけでは、逆に高くなってしまう可能性が出てきました。

そこで、次に高すぎるスマホ代について見直していきます。

サトウ

金額のインパクトはこちらの方が大きいですからねー

夫婦でau→UQモバイルに乗り換え

自宅の光回線については、「そんなに使ってないのに高い」。

しかしスマホ代は「とにかく高すぎる!」。

ふたりで年間264,000円程度使ってましたから、節約のインパクトはこちらの方が大きくなるでしょう。

僕らが選んだのはUQモバイルですが、Y!mobileでも同じような節約効果が出せます。

サトウ

ここではUQモバイルの前提で話を進めますね

  1. 自宅の光回線は解約済み
  2. 新たに「どんなときもWiFi」を契約済み
  3. 「どんなときもWiFi」は僕が持ち歩く

ことによって、

  • 奥さんのスマホ代が高騰するおそれ
  • 僕のスマホ代節約

のふたつが未解決。

これを解決するために、格安スマホの代表的ブランドである「UQモバイル」へと乗り換えることにしました。

サトウ

正直今のスマホに2年縛りがあっても乗り換えてしまったほうが得な場合も多々あると思います!

奥さんは自宅WiFiがなくなったので、最大プランに

まず奥さんのスマホ代について。

いままではauで月9,000円程度使っていましたが、データチャージなどはありませんでした。

しかし自宅のWiFiがなくなったので、いままでのプラン(5GB)だとデータが足りなくなる可能性があります。

そこでよりたくさんデータが使えるのに安くなる、「UQモバイル」のプランLを契約。

UQモバイルプランL

端末は今まで使っていたiPhoneをSIMロック解除して使います。

UQモバイルのプランLは、月額4,980円。

いままで9,000円ほど支払っていたことを考えると、半額に近い節約となりました。

僕は常時「どんなときもWiFi」につなぐので、最小プランに

奥さんのスマホ代見直しが完了したので、次は僕のスマホ代。

僕はauのデータチャージを繰り返していたことで、なんと月間12,000円ほど支払っていました。

サトウ

これは流石に高すぎますよね・・・

しかし僕は「どんなときもWiFi」を持ち歩くので、大きく節約できるのです。

どこでも無制限に使えるので、スマホを常時接続しちゃえばいい。

そうすればスマホのデータは一切消費しません。

ということは、極端なことを言えば、スマホのSIMを解約してもいいのです。

サトウ

ただ僕は、ビジネスで電話が必要なので、さすがに思いとどまりました笑

そこで選んだのがUQモバイルの最小プラン月額1,980円。

UQモバイルプランS

これをずっと「どんなときもWiFi」につないでおけば、最小の金額で電話番号を持ちつつ通話もできて、さらにデータが無制限で使えるようになるのです。

5GBに縛られて、ビクビクしながらデータチャージをしていたことを考えれば、めちゃくちゃいい環境を作ることができました。

夫婦合わせてスマホ代を18万円節約した

このようにして、我が家はスマホ代を大きく節約することに成功しました。

auで年間264,000円支払っていたのが、UQに乗り換えることでなんと83,520円に。

差額は驚愕の18万円。

月額 年間
au 2回線 22,000円 264,000円
UQ 2回線 6,960円 83,520円
差額 15,040円 180,480円

もちろん端末代の問題はありますが、僕らはau時代に使っていたiPhoneをSIMロック解除してそのまま使っています。

これによって、光回線とスマホ代合わせて、何と20万円も節約することが可能になったのです。

カギになるのは

  • 光回線を解約して「どんなときもWiFi」契約
  • auを解約して格安スマホに乗り換え
  • 「どんなときもWiFi」を使って格安スマホのデータプランを最小に

ということです。

サトウ

多分これが、快適さを保ちつつ、もっともネット代を安くする方法ですよ!

ただしこの方法は、契約するWiFiルーターが「無制限」でないと成り立ちません。

となると、快適に無制限で使える「どんなときもWiFi」がベストの選択となるのです。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

実質唯一の無制限ポケットWiFiは「どんなときもWiFi」だけ!

ネット代大幅節約に大きく貢献してくれる「どんなときもWiFi」。

3日10GBの制限があるWiMAXやY!mobileとは違い、唯一の完全無制限なWiFiルーターです。

ここでは「どんなときもWiFi」のメリットとデメリットをしっかりと解説していくことで、よりこの最強ルーターについての理解を深めていきましょう。

「どんなときもWiFi」のメリット

まずはメリットから。

  • とにかく無制限
  • 全国どこでもつながる
  • 普通に速い
  • ありえないほど安い

これらをざっくりと見直していきます。

とにかく無制限

「どんなときもWiFi」の最大の特徴はやっぱりこれ。

データ量が完全に無制限

です。

これを今までに実用的な速度・料金・エリアで実現したルーターはありません。

サトウ

実は僕は怪しいのを覚悟の上で「民泊WiFi」を契約しました。しかし端末はすごく古いし、値段も高いしといいことありませんでした。

そして「どんなときもWiFi」が発表された瞬間に契約したのです。

「どんなときもWiFi」どれだけ使っても料金も定額ですし、通信制限もありません。

本当に完全無制限・使い放題なのです。

全国どこでもつながる

無制限ルーターの代表格だったWiMAXは、そのエリアに大きな弱点を抱えていました。

電波の性質やアンテナ数の問題から、やはり地下や田舎に弱く、都市部であっても障害物があると繋がりにくくなるのです。

しかし「どんなときもWiFi」は違います。

au・docomo・SoftBankすべてのネット回線から最適なものを都度選び、接続します。

サトウ

現実的にはソフトバンクが優先されてつながりますが、まったく問題ありません

こういった大手キャリアの電波はやはりすごくて、アンテナが全国津々浦々まで張り巡らされています。また、電波の性質で障害物に強いのです。

これによって、「日本で一番つながるルーター」となっているのです。

普通に速い

無制限で使えるルーターには、格安SIMのものもありました。

特徴は

  • 大手キャリアの回線利用。ほぼ全国で使える
  • 安いものは遅い
  • 速いものは高い

というものでした。

「どんなときもWiFi」はこれらを凌駕します。

サトウ

「安くて、速い」を実現したんですねー。

「どんなときもWiFi」は利用しやすい料金(月額3,280円)で無制限です。

通常の格安SIMなら速度が非常に遅くなってしまうのですが、「どんなときもWiFi」はそんなことありません。

だいたい常時20〜40Mbps程度を維持してくれるので、何をするにも不便はありません。

サトウ

僕は移動中にDAZNなどを見ます。

これでNETFLIXやアマゾンプライムを使って、通勤中の海外ドラマチェックも問題なくできますよ!

ありえないほど安い

「どんなときもWiFi」のように大手キャリアの回線を使って、無制限を実現しようとすると、どうしても高くなります。

サトウ

僕が実際に契約している「民泊WiFi」は、なんと月間6,480円もします涙

さすがにこれは高い。普通の人は契約してはいけません。あくまで業務で使うひとのものです。

しかし「どんなときもWiFi」はまったく同じクオリティ、どころか大手キャリア3社すべての回線を使えるのに、めちゃくちゃ安いんです。

その金額は、3,280円/月。

いままで3日10GBの制限があり、さらのエリア面でも弱いところがあったWiMAXより安いんです。

サトウ

これで劇的にネット代を節約できることは、さきほどすでに書きましたね!

ただしこの3,280円は4月中の契約でのみ適用されます。

今日この記事を目にした人で、気になったひとはすぐに契約してくださいね!

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

「どんなときもWiFi」のデメリット

次に「どんなときもWiFi」を契約する上でのデメリットを見ていきましょう。

個人的には気にするほどのこともないと考えていますが、しっかり理解した上で契約を検討してくださいね

解約金が高い

まず、解約金は結構高めです。

一般的にスマホの契約だと、更新月以外は9,500円の解約金がかかります。

しかし「どんなときもWiFi」はもう少し高くて、WiMAXの解約金と同じ設定です。

0-12ヶ月 19,000円
13-24ヶ月 14,000円
25ヶ月目 0円
26ヶ月〜 9,500円

解約金がかかるとは言え、正直どこでもつながるし、安いし、速いし、無制限なので、解約する必要はないと思いますよ。

端末がレンタルで返却が必要

「どんなときもWiFi」の端末は、「新品がレンタル」されています。

サトウ

レンタル料は0円です

レンタル品なので、解約時には解約月の翌月5日までに

  • 本体
  • 付属のUSBケーブル
  • 取扱説明書
  • 個装箱

のすべてを返却する必要があります。

返却期限までに返却がなかったり、呼称があったり、欠品がある場合はなんと18,000円が請求される可能性があるとのことです。

サトウ

付属品などすべてなので、捨てない・なくさないように注意しましょう。ひとつの場所に箱ごと保管しておくのがいいですね!

さて次は、「どんなときもWiFi」をその他の無制限ポケットWiFiを比較して、優位性を見ていきます!

「どんなときもWiFi」とその他の無制限ポケットWiFiの比較

ここからは無制限ポケットWiFiの比較コーナーです。

比較の軸はやっぱり「どんなときもWiFi」。

サトウ

どの面を見てもやっぱり優れているので、こうなっちゃいますね笑

比較するのは

  • WiMAX
  • Y!mobile PocketWiFi
  • 格安SIMのルーター
  • docomo
  • au
  • SoftBank

です。

もし「どんなときもWiFi」の契約をまだ迷っているとしたら、これを見て

「どんなときもWiFi」以上のルーターはない

ということに気がついてしまうでしょう。

WiMAXとの比較

まずは無制限WiFiルーターの代名詞と言ってもいい、WiMAXと比較します。

WiMAX どんなときも
WiFi
データ ほぼ無制限 完全無制限
エリア 無制限エリアは狭い 全国どこでもOK
速度 10〜80Mbps 20〜40Mbps
料金 3,500円程度
※プロバイダによる
3,280円
制限 3日10GBで制限有り 一切なし

このように速度面以外は「どんなときもWiFi」の圧勝です。

もし今あなたが、僕のようにWiMAXを持っていたとしても、解約金を支払って乗り換えてもいいくらいの価値があると思います。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

次はY!mobileとの比較。

Yモバイルとの比較

Y!mobileはSoftBankの格安ブランド。

サトウ

独立した会社ではないところが特徴的ですね

無制限となるAXGPエリアは狭いとの評判が多いので注意が必要です。

「どんなときもWiFi」との比較はこちら。

Y!mobile どんなときも
WiFi
データ ほぼ無制限 完全無制限
エリア 無制限エリアは
非常に狭い
全国どこでもOK
速度 10〜80Mbps 20〜40Mbps
料金 4,380円 3,280円
制限 3日10GBで制限有り 一切なし

これを見てわかるように、「どんなときもWiFi」と比較してしまうと、正直Y!mobileを契約する意味はありません。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

次は格安SIMのルーターと比較します。

格安SIMルーターとの比較

格安SIMのルーターは、正直まったくおすすめできません。

まず、無制限のものがあったとしても速度が遅い。

速度が速いものは3日3GBの厳しい制限があったり、非常に高いなどのハードルがある。

「どんなときもWiFi」と比較してしまうと、契約する理由はありません。

格安SIM どんなときも
WiFi
データ 無制限もあり 完全無制限
エリア 全国ほぼどこでも 全国どこでもOK
速度 0.5〜40Mbps 20〜40Mbps
料金 2,000円〜4,000円 3,280円
制限 速いものは3日3GBの
制限有り
一切なし

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

次は大手キャリアを見ていきましょう。

まずはdocomoから。

docomoのルーターとの比較

docomo-どんなときもWiFi

docomoのルーターは非常に高いです。

そしてエリア面の優位性も「どんなときもWiFi」が3キャリアにつなぐことができるので、ありません。

docomoのルーターも契約する意味はないでしょう。

docomo どんなときも
WiFi
データ 最大30GB 完全無制限
エリア 全国ほぼどこでも 全国どこでもOK
速度 30〜80Mbps 20〜40Mbps
料金 8,400円 3,280円
制限 データ上限で制限 一切なし
端末代 24,000円 0円

サトウ

docomoはすでにルーターを売る気が、それほどないようです

次はauです。

auのルーターとの比較

auのルーターは、実質的にはWiMAXとまったく同じ。

販売をauがしているだけです。

WiMAXより料金面で高いので、契約する意味はありません。

WiMAX どんなときも
WiFi
データ ほぼ無制限 完全無制限
エリア 無制限エリアは狭い 全国どこでもOK
速度 10〜80Mbps 20〜40Mbps
料金 4,380円 3,280円
制限 3日10GBで制限有り 一切なし

WiMAXと比較しても優位性のある「どんなときもWiFi」ですが、au高いWiMAXと比較しても当然負けません。

ということでauもおすすめできません。「どんなときもWiFi」にしましょう。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

SoftBankのルーターとの比較

SoftBank-どんなときもWiFi

SoftBankはすでにルーターの販売を止めているようです。

おそらくY!mobileと完全に競合するからでしょう。

サトウ

そういう意味では、WiMAXとauも同じなのですが、あちらは別会社ですからね。ちょっと事情が違うようです。

売っていないものを比較することはできないので、割愛しますね。

あったとしても、絶対にY!mobileと同じような商品ですし、そうなると「どんなときもWiFi」には勝てません。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

まとめ

この記事では「無制限で使えるポケットWiFiルーター」にしぼって、代表的な製品をしっかり比較してきました。

また、僕が実際にネット代を大きく節約した方法を、「どんなときもWiFi」バージョンで書き直しました。

おそらく現時点で、最強のルーターは明らかに「どんなときもWiFi」です。

    • 月額3,280円
    • 完全無制限
    • 全国どこでもOK
    • 地下や田舎もOK
    • 普通に速い

という特徴をすべて兼ね備えているのは「どんなときもWiFi」だけです。

サトウ

もしまた「どんなときもWiFi」の競合が出てきたら解説しますが、現時点ではありません

この記事を読んで、あなたもネット代を大幅に節約してくださいね!

それでは、また!

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, ポケットWiFi, 実利用レポート ,