S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

妊娠線予防成功体験!15kg増加でもベルタマザークリームでセーフ

   

Pregnant woman putting cream on her belly to avoid stretch marksこの記事を読まれている方は、現在妊娠中の方だと思われます。

私は今31歳の主婦で、二児の母。

5歳と3歳の子供を出産し、今はワーキングマザーとして慌ただしくも充実した日々を送っています。

産後は倒れている暇も無いほどバタバタしていましたが、下の子が3歳になると、少しずつ自分の身なりにも気を使う余裕が出てきました。

私服で働いている事もあり、毎日自分なりにできる範囲でおしゃれも楽しみながら、女性と母親を両立しています。

洋服が大好きな私は、独身の頃から着ているお気に入りの服たちを産後も着続けたかったので、かなり体のケアには気を使いました。

その一つが妊娠中からの「妊娠線の予防」です。

私は二度の出産で、どちらも体重が15kgも増量してしまいましたが、徹底ケアのおかげで妊娠線は全くでていません。

0円

※増量は産婦人科の先生に怒られるレベルでしたが(汗)

産後、外でお腹を出す機会が何度も何度もあったわけではありませんが、やっぱり「妊娠線が出なくて良かった」と感じる事はよくあります。

自分の姉や妹が妊娠したとしても、絶対に徹底ケアをおすすめすると思います。

というわけで、同じように考える方がいらっしゃるのでは無いかと思いまして、この記事では私の妊娠線予防対策を紹介します。

妊娠線の徹底予防をした理由

自分でも、「よくぞあの体調が優れない中でやりきったな」と思うところはありますが、妊娠線が出る事は本当に嫌だったのです。

そこまでして対策を怠らなかった理由は色々あります。

  • 二人目が欲しかったので、セックスレスになるのを避けたかった
  • 周りがまだまだ独身の子が多かったので、いい刺激になった
  • 妊娠前と変わらない服装ができる自分で居たかった
  • 母のお腹にあるスイカ模様が昔から気になっていた

以上です。

最初の妊娠時、25歳だった私は、まだまだ周りに出産経験のある友達がほとんどいませんでした。

友達はみんな若くてかわいいし、「産後に落ち着いたらまた食事に行こう」と声をかけてくれてたので、身動きが取りにくくなってからはそれを楽しみに過ごしていた事もあります。

でもそういった楽しめるはずの場面で、自分が女性として自信の無い状態になってしまう事が嫌だったのです。

それに、母のお腹にあるスイカのような模様が自分のお腹に出てしまう事で、女性に対して若干夢見がちな主人とはセックスレスになる事もあるんじゃないかと思っていました。

実際に妊娠線の画像を見せたら、私と違って初めて見た主人は衝撃を受けた表情をしていましたしね…。

いつまで経ってもきれいな人って、やっぱり最初から諦めないで、色々努力しているし、自分もそうでありたかったのです。

ただ、私が妊娠線予防の為にやった事はとても少なく、単純にクリームを塗る事でした。

あまり沢山の事を一気にやっても続かないので、シンプルに決めた事をサボらずに続ける事を大事にしています。

その中でも、振り返ってみると「ここが良かったんじゃないかな?」と自分で挙げられる点があるので紹介していきますね。

予防の為に気をつけた具体的な対策

女性医者

  1. 1日でも早く!妊娠がわかったその日から塗っていた
  2. 塗った後も腹帯で冷やさない・乾燥させない
  3. 朝だけじゃなくて日中や夜も肌の質感が悪ければ塗る
  4. 奥まで浸透する成分が含まれたクリームを選んだ

では、1つずつ詳しく説明していきます。

1.1日でも早く!妊娠がわかったその日から塗っていた

「妊娠線クリームはいつから塗り始めるの?」と疑問に思う人は多いと思います。

私の場合は、妊娠が発覚した時から。

要するにお腹が全く出ていない頃から塗り始めました。

妊娠線って、太った時に出る肉割れと同じで、一度出たら薄くなる事はあっても二度と消えません。

そして、小柄で皮下脂肪が薄い人ほどでてしまうのです。

私の母が、妊娠前は結構それに近い体型だったらしく、妊娠8ヶ月を過ぎた辺りからあのスイカのような恐ろしい模様が出てきたと話していました。

「出てしまった時にはもう遅い」という事で、わかった瞬間から 皮膚が急激に成長してしまう前に準備するようなつもりで毎日塗っていました。

2.塗った後も腹帯で冷やさない・乾燥させない

腹巻きのようなストレッチ素材の腹帯を常に巻いていました。

クリームも安いものじゃないので、塗った時の保湿感を少しでも維持できるようにしたいのと、単純に冷える事が赤ちゃんにとって良くないと思ったのもあります。

一回だけ何も巻かないで、膝丈のワイドシルエットのワンピースでエアコンを付けて寝てしまった事があるんですが、起きた時にいつもよりお腹が乾燥して突っ張るような感じがしたのです。

それ以来、夏の暑い日でも必ず服の下に巻いていました。

3.朝だけじゃなくて日中や夜も肌の質感が悪ければ塗る

今お話した、腹巻きをしないで寝てしまった時もそうでしたが、お風呂上がりなどにこだわらず、肌の状態を見て塗るタイミングは測っていました。

もちろん毎日お風呂上がりには、「お腹・胸・お尻・太もも」と、明らかに妊娠して大きくなっていくパーツにはしっかり塗り込んでいました。

それ以外でも、お昼寝の後やお出かけから帰って来た時など、皮膚が乾燥していないかはマメにチェックして塗っていましたね。

4.奥まで浸透する成分が含まれたクリームを選んだ

これも大きな要因だったんじゃないかと思います。

せっかく塗っても効果がなければ何の意味も無いので、成分や効果、口コミや評判はかなり調べ尽くして選びました。

私が選んだのは、ネット上の口コミも良くて、売上も第一位だったベルタマザークリームという商品です。

保湿成分はもちろんですが、それを奥まで届ける「シラノール誘導体」という成分が含まれているのです。

薬局で売っている1番安い商品が2000円台からあったような気がするんですが、それと比べると、定期購買にした時で1ヶ月分4980円するので、安くはありません。

でも妊娠線が出ると、美容外科で手術した場合痛い上に30万円以上の手術代がかかってしまうんです。

それを考えた時に、私の場合は、「とにかく絶対出したくない」という気持ちの方が勝り、買う事にしたのです。

知ったきっかけは、たまごクラブに載っていた事です!

あまりにゴリゴリ押すと胡散臭く感じるかもしれませんが、私は実際にとっても効果があったと思っているので、すっごくおすすめできる商品です。

私は母とそっくりの体質で、妊娠時には隠しようが無いくらいお腹は突き出しきっていました。

特に二人目は男の子だったので、あまりにも不自然なほど出っ張ったお腹を見ていると、「もう絶対に妊娠線出ちゃうわ…」と思っていました。

くどいようですが、15kgも体重が増えましたし…。

それでも、母には妊娠線が出て、私が出なかった理由に、徹底したケアの効果はあったんじゃないかと思います。

大きなお腹の頃の写真が無いのが残念ですが、産後3年たった現在のお腹の写真を載せておきます。

お恥ずかしながらでべそですが、妊娠線は全然出なかったのです。

Beforeの突き出しきったお腹を載せられないのが非常に残念です。。。

→ ベルタマザークリームを公式サイトから申し込む

ベルタマザークリーム

さて次に、そのおすすめのベルタマザークリームを最安値で購入する方法を紹介します。

ネット通販のみ!初回500円の定期コースがおすすめ

ベルタの妊娠線クリームは、毎月一回届けてくれる定期コースがおすすめです。

使うペースがわからないから、毎月届くのは不安と思うかもしれませんが、大丈夫です。

お腹だけじゃなくて胸やお尻、太ももも、妊娠したらかなり太くなるので、全部にしっかり塗っていたら絶対に使い切ります。

しかも私の場合ですが、つわりの頃や後期になると、買い物に出かける事も一苦労と言うくらい動くのが辛い日が続きました。

そういう時、その都度注文したり買いに行く必要の無い定期便はかなり便利です。

送料もかかりません。

何より重要なのが、常にストックがあるおかげで、塗れない日が1日も無かった事です。

そして定期にする事で、初回が500円。

2回目以降も通常価格の6980円が4,980円になります。

定期便は6回以上継続の条件がありますが、今妊娠後期の方以外は6ヶ月はむしろ必要ですしね。

価格の面でも、手間の面でも、定期がお得です。

因みに、無添加のオーガニッククリームなので、万が一残ってしまったら赤ちゃんのボディにも使えるのです。

→ 初回500円の定期便を公式サイトから申し込む

ベルタ妊娠線クリーム

妊娠線が出なくてよかったと思う事

妊娠線が出なかった事で、その後の生活にとってよかった事は沢山あります。

  • 結果的にレスにならずに二人目を出産できた
  • ダイエットも諦めない要因になった
  • 「もう自分なんて経産婦のおばさんである」という意識をしない
  • 昔と変わらずファッションを楽しめる事で、子供も嬉しそう

これからただでさえ年齢を重ねていく中で、妊娠線は女性としてコンプレックスの一つになりうる要素だと思います。

現に、授乳で随分しぼんでしまった胸は「とほほ…」って感じですから…笑。

それに手術で消すとなったら30万円以上の高額治療。

…無理です!

女性ダメ!

自分が少しでも明るく楽しくいられる状態にある事で、結果的に思いがけず家族にとっても良かったと思える事が色々ありました。

特にInstagramなどを見ていると、今はママになってもファッションを楽しんでいる人がたくさんいる時代。

子供が出来て、母になれる喜びは勿論ですが、妊娠しているのは人生のうちの一年間。

出産したからといって、女性としての魅力や自信を失っていくのはもったいないと思うのです。

女性スマホ

今まだ妊娠線予防の対策を始められていない方には、是非おすすめしたいと思います!

健康な赤ちゃんを無事に出産される事を祈っております。

そしてその後は女性+ママとして、ますます魅力を増して楽しく生きていきたいですね。

→ ベルタマザークリームを公式サイトから申し込む

ベルタマザークリーム


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 美容