S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

妊娠中に夫にしてほしいこと・嬉しいことまとめ【妻の本音】

      2017/07/10

AdobeStock_75200944

奥様が妊娠中の旦那様ーー。

おめでとうございます!お子さんの誕生、とっても楽しみですよね!

穏やかに温かい家族を迎える準備をしたい…

ところだけど…

正直なところ…

自分に何がして欲しいのかわからなくてお困りの方!

正直嫁さんがイライラしてて無力さを感じられている方ー!

でも誰も周りに聞ける女友達がいない!そんな方ーーー!!!

…わかります。

まさにうちの主人がそうでした。

男兄弟で育ち、女友達が1人もいない彼は、妊娠中数々のあり得ないエピソードを連発してくれました!笑

しかし、同時に一生懸命、試行錯誤して私の為にしてくれている事で嬉しかった事も沢山ありました。

妊娠は女性にとって人生の1大イベントですが、それは家族を新しく迎える旦那さんにとっても同じですよね。

自分の妊娠中の経験を通して、旦那さんにして欲しかった事やしてもらって嬉しかった事を紹介します。

不安とホルモンバランスの変化でイライラしやすい

私はこれまでに2人、娘と息子を出産しました。

振り返ると、2回とも通常時と比較して、とても不安だったりイライラしやすかったり。

ホルモンバランスの影響を受けて不安定になっていたなーって感じます。

初めて母になる事に喜びは勿論なんですが、ホント不安も同じくらいあって。

そんな時、主人がサポートしてくれて、1人じゃない事を実感して心強くいられたりする事も多かったです。

正直言うと、その逆で、今こうしてくれてたらなーーって思っていたことも。笑

意外と些細な気遣い1つだったりするんですよね。

「何で靴下裏返して脱ぐの!!」とか、冷静になるとホントちっちゃい話ですよね〜。

でもそれくらい、決して難しくない事だと思うのです。

男友達からして欲しい事を相談された

先日昔からご近所に住んでいて仲が良かった男友達から連絡が来て、「妊娠している奥さんの為に何かしてあげたいのだけど、何をしたらいいのか全然わからないから、妊娠中にして欲しかった事とか嬉しかった事を教えてほしい。」と。

「素敵な旦那さんになったんだなー」と感動すると共に、そういう事を聞ける人が周りに居ない男性も結構いるんじゃないかなって思ったのです。

やってあげたいのにわからないって、もったいない!

そんな私が妊娠当時、してもらって嬉しかった事ややって欲しかったなーーーって感じていた事を紹介します!

これを読み実践したあなたは、妊娠という人生最大不安イベントを待ち受けている奥様の中の「ベスト・オブ・イケてるダーリン賞」を受賞される事間違い無いでしょう!

それでは参ります。

妊娠中に旦那さんにして欲しい事

妊娠当時、主人がしてくれて嬉しかった事&して欲しかった事を紹介します。

  • 産婦人科の検診につきそう
  • 重い物を率先して持ってくれる
  • つわりがツライ時はご飯を作ってくれたり、外で済ませてくれる
  • 妊婦の身体に良い物を含む食べ物を調べてくれる
  • 極力早めに帰ってきてくれる
  • 臨月頃にはお酒を飲まずにいつでも運転出来る様にスタンバってくれる
  • 帰り道に買い物をしてきてくれる
  • 妊娠線予防クリームをプレゼントしてくれる
  • 最後の2人の思い出作りでディナーや旅行に誘ってくれる

沢山ありすぎるので、勿論全部やって!とは言いません。

が!!!例えひとつだとしても、してもらって嫌な妊婦さんはいないはずです!

だってこの話題、何度”出産経験のある友達”のコミュニティで登場した事か!

述べ数百時間は話した様な気がします!!!

その総集編がこれと思っていただいて構いません!!

言わば皆の意見をまとめただけです。笑

これがもし全部出来てたら、そんな幸せな妊婦ライフもないだろうし、この人との子供を授かれて幸せだなーって感じるはず…。

いや、一個でもいいのです…。一個でも…。

産婦人科の検診に付き添う

勿論毎回とは言いません!

平日の昼に仕事をしている旦那さんにとっては、土曜日以外で検診に行かれている奥様に付き添うのはなかなか難しいですよね。

それはわかってるので、もしも都合がついて「数時間だけ一緒にいられる事になったから行く」とかでもいいのです。

終わったら仕事に行ってしまっても。

主人は一人目の時は、ほぼ毎回行ける時は一緒に行こうとしてくれていました。

とても大事にされている感があって嬉しかったですね。

で、第二子の時は一回も一緒に行ってくれなくなっちゃったのでちょっと寂しかったです。。。

彼はやる時とやらない時の差が0と100なんですよね〜。

実はですね、検診って付き添ってくれてる旦那さんも結構いるのです。

産婦人科に検診に行くのって1ヶ月ごとだったり2週間ごとだったり毎週だったりするのですが、大体毎回同じ曜日で予約を取るので、毎回毎回付き添いで来てくれてるご夫婦を見ると、いいなぁ…って気持もありました。

一緒に居てくれる事で、一人じゃないと思えて気持ち的な不安が取り除かれるんです。

あとは車で病院に行かれる奥様も多いと思うのですが、病院によっては駐車場が空いてなかったりして診察の順番が取れないって事もあったりするので、そういう物理的な意味でもだいぶ助かります。

順番待ちも長いから、一緒にいてくれると退屈しないし、その間にこれからの事とか体調の事とか話せたら、妊娠を共有している様な感覚になっていました。

毎回もらえるエコー写真をその場で一緒に見ると子供の成長を感じられるし、検診に同席してもいい病院なら、お腹を超音波で見てもらってる時に赤ちゃんが動いているのを確認出来て、主人も結構感動してました。

ただでさえなかなか親の実感が女性に比べて湧きにくいので、そういう場面に同席する事はスレ違いを防いだり、今後の旦那さんにとっても良い様な気がします。

勿論、付いてきてくれるってだけで十分気持ちが伝わりますよ(^^)

第二子の時は付いて来られなかった主人ですが、1人目の時に付いてきてくれてた分、不満にはならなかったです。

例え一回だけだとしても、一緒に行ってくれたかどうかで全然違うんじゃないかな。

無理にとは言いませんが、行ける可能性がある方は是非オススメです!

ぶっちゃけ、これは簡単に好感度アップします!笑

重い物を率先して持ってくれる

普段から重い物を持ってくれたら女性として嬉しいのですが、妊娠中は力むと流産とか早産の原因になってしまいます。

だから一緒にお腹の子を大切にしてくれている様な気がして嬉しかったです。

優男は得ですよ!

つわりがツライ時はご飯を作ってくれたり、外で済ませてくれた

妊娠中の最高に辛かった事・・・・

それは悪阻・・・・・。

人それぞれある方も無い方もいるのですが、悪阻の時期に食事を作るのはかなりきつかったですね。

私は炊きたての御飯の臭いで吐き気がしてしまって、炊飯器を開ける時はいつもマスクしてました。

手作りのご飯を食べてお仕事に行って欲しいって気持ちも勿論あるんですが、一番しんどい時は外で済ませて来てくれると、気遣ってくれてるなーって感じましたね。

更にご飯なんて作ってくれたら最高!!!

友達の旦那さんはお料理が大好きで、奥さんの妊娠中の土日はいつも旦那さんが夕飯を作ってインスタにアップされてまして、「ホンッッット良い旦那さん!!」って周りの女子全員が彼に撃ちぬかれてましたから。笑

下手でもいいんです。

たまご焼きだけでも。

ココアを入れてくれるだけでも嬉しい。

ただし要注意なのは、料理された事無い男性って、キッチンが悲惨な程ぐちゃぐちゃになってしまう事がよくあります。

そんな時は後片付けもしっかりやるつもりで挑んでください。

あまりに悲惨なままやりっぱなしだと、これは逆に不満になります。

主人がハンバーグを捏ねてくれた後、ひき肉がキッチンから冷蔵庫から壁から全てに飛び散っていた時はなんとも言えない気持ちなりました。(ごめんよ、旦那さん。)

間違ってもうちの旦那さんの様に、私がせっせとマスクして取ったお鍋の出汁を、「塩辛い」の一言で起きてそのままシンクに捨てない様にして下さいね。

一生言い続けますからね。笑

極力早めに帰ってきてくれる

妊娠中、特に初期は安静が必要なので、朝から晩までほとんど家で過ごす事が多くなります。

後期はお腹が大きくなるので動くのがしんどいし。

自ずと気分転換がし難い状況に陥りますよね。

朝旦那さんを見送って、帰ってくるまでが長ーーく感じたものでした。

主人は勤務時間の長い仕事だったので、あまり早くは帰ってこられなかったけど、たまに仕事が早く終わった時に寄り道しないで早めに戻って来てくれたり、飲み会の回数を減らして極力一緒にいてくれたりすると嬉しかったです!

あれはナイスプレーでした!

交際期間が短かったから、まだ会いたい会いたい状態だったのが良い方に向いてた感じですね。

臨月頃にはお酒を飲まずにいつでも運転出来る様にスタンバってくれる

臨月になると、いつ陣痛が来るかとか、いきなり破水したらとか、とにかくいつでも病院に行く準備が必要になります。

なので、その頃になったらお酒を控えて、いつでも運転出来る様な体勢を作ってくれてると、安心するし、大事にされてる感が大きい!

主人が、予定日を伝えた時に、「忘年会の日だな。困るー。」って言った時、かなり切なかったーーー。

更に言うと接客業だったのですが、「年末近いし、お客さんからお酒もらってたら行けないわー」って言われた時、イラッとしたーーーーーー!!

お酒飲んでたとしても、せめて「お産の傾向があったらすぐ駆けつけてあげられるよ」っていう姿勢を見せて欲しいのです…。

タクシーという便利なものもありますから!

帰り道に買い物をしてきてくれた

妊娠中は、初期は流産の可能性で安静。

しかも悪阻。

終わった頃からお腹がドンドン大きくなる。

そして赤ちゃんの胎動を感じて動きにくい。

と、とにかく買い物には向かない環境が続きます。

重い物も持てないし。

旦那さんが仕事の帰りにスーパーによって買い物をしてきてくれるととても助かりました。

1円でも安いスーパーにわざわざ遠回りして行く辺り、「主婦力高い!!!」ってやや焦りましたね。

今でも真似出来ない。

出来ない状況の方はネットスーパーの宅配などを使うのもオススメです。

友達はもう完全にスーパーとドラッグストアはネット宅配にしていました。

かなり便利みたいで、共働きの我が家は今でも検討しています。

★妊娠中の方、赤ちゃんのいる家庭のお買い物をサポート

 

妊娠線予防クリーム(ちょっといいやつ)をプレゼントしてくれる

妊娠線ってご存知ですか?

お腹が急に大きくなる事で皮膚の下の毛細血管が裂けて、お腹にスイカの様な模様が出来てしまうのです。

しかも一度出来たら手術でもしないと消えません。

これを恐れている奥様は多いはず。

私も妊娠線だけは絶対に防ぎたくて、毎日必死で塗った結果、2回とも妊娠線は出ませんでした!

主人に相談していたのですが、色々商品を比較した時に値段が安すぎる物だと効果が無かったって言っているレビューも多くて。

その時に、安い物と比べて少し高価ではあったけど、ベルタマザークリームという商品を主人が頼んでプレゼントしてくれた時はすっごく嬉しかったです。

塗って妊娠線が出ちゃったら塗らない方がマシですから!

効果あってこそなのです。

正直言って一番うれしかったかもしれないです!!!

だってホントに出てないんですよ!妊娠線が!!!

確実に値段なりの効果が出たと思います。

ママになっても私の事を女性として気遣ってくれている気持があるっていうのが伝わってきて、毎日一生懸命塗り塗りしてましたねー。

これからのお金の事も考えていろいろ節約して我慢しているからこそ、単純ですが物をもらうとわかりやすく嬉しかったのも本音です。笑

女心、意外と単純なのです。

自分じゃなかなか決断できなかったので。

今は通常が6980円のところを初回500円になるキャンペーン中なので、是非オススメです。

ベルタ妊娠線クリーム

奥様が産後も綺麗な女性でい続ける事は旦那さんにとっても大切な事ですし、一石二鳥です。

というか、主人はネットで妊娠線の画像見てドン引きしてまして、絶っっっ対出ないで欲しかったんだと思います。

imgres

私自身、今でも水着を自由に選んで着られる選択肢があるのは、着る機会がそんなに無くても女性として嬉しかったりします。

需要と供給の一致でした!

使ってみて本当に効果があったベルタマザークリームはこちら

妊婦の身体に良い物を含む食べ物を調べてくれる

妊婦さんに良いとされる成分が含まれている食材とかサプリメントを調べてくれた時も嬉しかったです。

一緒に妊娠期間を過ごしてくれている様に感じました。

主人は「妊婦には葉酸が良い」と会社で聞いたみたいで、葉酸サプリを買ってきてくれましたね。

葉酸を摂ると、産まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクが軽減されるんですって。

あとは死産や流産のリスクも。

貧血も防いでくれるし、母体環境を良くしてくれるので、とにかくいい事だらけなんだそう。

なので毎日飲む様にしていました。

ベルタ葉酸サプリ
あとは亜鉛とかとかもとても良いです。

レバーやほうれん草に含まれてるのですが、なかなかレバー自宅で食べられないでしょって事で、両親が串かつ屋さんでレバ焼きを買ってきてくれました。

鉄不足で錠剤を飲んでいたのですが、その錠剤が妊娠中に飲むと吐き気がして気持ち悪くて。

日々体調管理でしんどい思いする事も多い分、そこに気にかけてくれているのがわかると愛情感じましたー。

感謝。

最後の2人の思い出作りでディナーや旅行に誘ってくれる

交際期間が長いご夫婦も短いご夫婦もいらっしゃると思うのですが、これから赤ちゃんが産まれてくると、想像以上に二人っきりの時間は無くなってしまいます。

妊娠中が最後のチャンス。

旅行や夜のディナーに誘われたら最高に嬉しいです!

赤ちゃんがいてもランチは結構出かけられるのですが、夜に外に出るのは、人によっては数年お預けですからね。

我が家は切迫流産などもあり妊娠中には行けなかったのですが、授乳が落ち着いた頃に実家の人達に協力してもらって沖縄旅行に2人で出かけました。

あれ以来2人の旅行はありませんが、最後の旅行と思って行った分、思い出の残り方も特別です。

今でもはっきり思い出せますからねー…。

2人の時間を貴重に感じてくれているのも、家族の誕生くらい嬉しいのです。

まとめ

こうして振り返ると、

「母になる不安や負担を一緒に乗り越えようとしてくれる事」

「旦那さんに母だけじゃなく女性として気遣ってもらえる事」

すべてはこの2つに分かれるんですよね。

どちらも嬉しい。

全部やれとは言いません!

これは願望たっぷりの一例です!

でもこの2つの方面からの行動をどこかで意識しておくと、自然と出てくるのかもしれないなって思いました。

パパになってもきっと素敵な人なんだろうなって想像させて欲しいのです。

そして、素敵なママであり、いつまでも素敵な女性でいたいと思うのでした。

ちなみに我が家の夫婦仲は・・・・・・・・

そこそこです。笑

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 健康・ダイエット, 夫婦生活, 美容