S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

後悔しない?立会い出産でセックスレス&離婚の旦那大量発生

   

 

AdobeStock_71466170

立ち会い出産、迷われていますか?

昔に比べて、「お産を夫婦で一緒にのり切ろう」という風潮がより強まっています。

それに伴って、立会い出産は年々増加傾向。

ただ、周りの男友達に聞くと、「立会い希望の人」・「そうじゃない人」、かなり分かれます。

立ち会い出産の在り方って、産後のセックスレス問題に直結していると痛感している私。

私自身、今まで2回出産を経験しています。

まわりの友達も、出産した子、又は奥さんが出産した子、かなり増えてきました。

やっぱりその度に、「立ち会いだった?どうだった?!」という話題にはなるんですよね。

というわけで、自分や周囲の産後を乗り越えた夫婦。

彼らの現在の夫婦関係から、立会い出産はありかなしか!?

考えてみたので良かったら参考にしてください!

スポンサーリンク

AdSense

立会い出産したくない旦那

30代になって、周囲にも結婚している人が増えてきてきました。

先程もお話した通り、私自身2回出産しています。

異性の友達も何人かいて、立ち会いを経験した子がほとんど。

しかしその結果、奥さんには言えない本音を抱え込んでいる人も居ます…。

やっぱり、「男と女」「両親」の関係を上手にキープするのってかなり難しい事ですよね。

むしろ正反対に近い。

我が家の場合、主人は出産前から断固拒否!でした。

「血を見るのとか痛いの苦手…。」だそうです。

それに、彼は男2人兄弟の末っ子。

超亭主関白のお父さん3,000歩下がって生きるお母さん。

というわけで、少々女性に対して夢見がちなところがあるのです。

「女の人ってムダ毛生えてない!(と思いたい)」みたいな理想があるんですよね。

「蝶よ花よ、そして僕の奥さんよ。」
「女子って性欲とかないでしょ?」
「赤ちゃんってコウノトリが運んでくるの?(言い過ぎ)」

的な雰囲気は交際中から察していたので、立会出産はしない予定でした。

私も無理強いしたくないですし!

何でも平等=幸せとは限らない

「お産を2人で乗り越える」というのはわかるんですが、私は何でもかんでも同じ経験をさせればいいというものでも無い気がします。

やっぱり本人になる事は出来ないですからね。

どれだけ相手の気持ちを考えたところで、男性は男性として毎日生きている。

女性も同じ。

大きなお腹におっぱいを付ける経験をした男性

先日テレビで、産婦人科のお産映像が流れていました。

その中で、旦那さんが大きなおっぱいと臨月のお腹のリアルサイズが体験出来る割烹着みたいな物を着せられているシーンがあったんです。

正直その映像に、超抵抗がありました。

だって、いくら相手の気持ちに近づくとは言え、性癖がノーマルな男の人で、自分におっぱいと臨月のお腹がくっついている状態「これで奥さんの気持ちになれた!」って思える人ってどれくらいいるんですかね?

見てる方が結構引きました。笑

せいぜい「あ、こんな感じかー。」以上でしょう。

精神的に妊婦さんになれるわけじゃ無い。

でもはっきり言ってしまうと、セックスレスって精神的な問題ですからね。

あれは「お産だけ」で言えば協力体勢はできるけど、「セックスレス」に関して言えば助長する可能性すらあります。

当たり前な事を言いますが、病院はお産を乗り切る手助けをしてくれるだけであって、産後の夫婦生活の手助けは仕事のうちに入っていません。

その果に離婚してたら本末転倒じゃないか?と思うのです。

本当にやって欲しい事は他にある

それよりもやってほしいのは、妊娠する事で女性がやりづらくなる事

例えば

・重い荷物が持てないから仕事の帰りにお買い物をしといてくれる

・検診に付いてきてくれる

・立ち会いはしなくとも病院に居てくれる

とかは素直に嬉しいですよね。

そういう、分娩に直結しない部分でも、一緒にお産をのりこえる事はできると思います。

お産も大事。

でも産後の夫婦関係も超大事。

しかし、予定外の立ち会い出産

そんなわけで私も立会いは希望していませんでした。

が!

出産が「予定外のハプニングの連続」で、主人は立ち会い出産を経験する事になってしまったのです。

しかも、普通とは言い難い、壮絶な立会い出産を…。

私は当初、個人のクリニックで無痛分娩で出産する予定でした。

でもお腹の子がなかなか大きくならず。

大きな病院へ転院する事になったのです。

2,000g以下で産まれると、赤ちゃんはそのまますぐにNICU(新生児の集中治療室)に入るのです。

で、NICUのある大きな病院って、無痛分娩をほとんど採用していないのです。

というわけで突如、普通分娩を余儀なくされる事に。

しかも転院初日、突然陣痛開始。

予定日から2週間も早かったので、病院側も予定外の出来事にバタバタでした。

同時にお産される妊婦さんがたまたまかなり多く、陣痛中はほぼ放置状態。

看護師さんもだれも居ないので、主人が隣で付き添ってくれていたんです。

ただ、あまりに放置されて、誰もいないまま赤ちゃんが出てきてしまったのです!

放置されたまま出産

陣痛に耐えて11時間ほど経過した頃。

何だか今までと違う、違和感のある痛みに襲われ、命の危険(の様なもの)を察知した私。

赤ちゃんが出てきてしまいそうなMAX陣痛を、「まだまだいきみのがし!」と思い込んで我慢するのはそりゃーもう辛かった。

頭おかしくなりそうでした。

もうろうとした意識の中、「ナースコール押してーー…」と主人に頼みようやく看護師さんが駆けつけてくれました。

でもその頃には既に頭が出ていて、”いきみのがし”はもう必要ない状態。

 

先生も間に合わない。

異常事態を察知している故に、隣を去るタイミングを完全に失った主人

全ての目撃者となった彼

通常の立ち会いって、妊婦の頭側に座って、手を握ったり、「ひっひっふー」なんてしながら過ごすのが一般的みたいです。

周りの男の子はみんなそんな感じ。

でも主人の経験した立ち会い出産はそんなカワイイもんじゃなかった!

立ち位置は足側、助産師さんの隣。

会陰切開

→どす黒い紫(多分挟まれてて、酸素が行き渡ってなかった)になった娘が出てくる

→胎盤を押し出す

→縫合。

全ての歴史の証人となったのです。

胎盤を押し出すってサラっ言いましたが、これが視覚にとって悲惨。

「ご主人ちょっとここ押さえて!」と言われ、赤ちゃんが出て行ったばかりのグニャっとした私のお腹をグーグー押さえてくれたそうです。

すると、胎盤とかへその緒とかが、ダーーーーーーーーーって出てくる所を見てしまったわけです。

私から出てくるところをね☆笑

確認というか、ホントにお産に参加してますよね。

あんなご主人参加型出産はそうそう無いと思ってます。

ご協力ありがとう、旦那殿。

私よりも絶対全部見てますね。

「動脈とか静脈とかはっきり色のわかるへその緒だった…」とか言っていました。

こうして書いてても、グロすぎて若干抵抗があります。

主人の負った心の傷はこんなもんじゃ無かったはず。。。

ごめんね、旦那殿。

2人目の時は病院にもこなくなってしまった。

そんな衝撃の立ち会い出産を経験した彼。

2人目の時の、断固拒否っぷりは凄かったです。

もう病院にも来なかったですね。

私一人ぼっちで産んで、LINEで出産報告してました。

「産まれたよー。くる?」とか言っていた記憶が。

周りを見渡しても、最初から最後まで1人で産んだ人、自分だけでした…。

立ち会い出産がトラウマに

お産から何年も経った頃に、森三中大島さんの出産映像がテレビで流れていました。

ヘルメットにカメラを仕込んで、泣きながら痛みに耐える大島さん。

ちょっと当時を思い出して感情移入している私。

そのお産映像を観ていられない彼。

「ごめん、俺これ無理だわ」と口にして、チャンネルをサラリと変えていました…。

彼の心の傷の深さを痛感!

友達夫婦のセックスレスの話題になった際も、「俺も正直もう無理だと思った」と本音を漏らしておりました。

あまりにも壮絶な状況を目撃したせいで、「自分の欲だのなんだので女性をどうこうしてしまうのはエゴだ!!」という究極の僧侶の様な極楽浄土理念が生まれてしまったそうです。

必死のダイエット&妊娠線が出なかった効果はデカイ

そのままセックスレス突入しても全くおかしくなかった我が家。

しかし、それはなんとか回避できました。

色々要因があるとは思うのですが、1つは彼が、絶対に兄弟をつくってあげたいと思っていた事が大きかったかな。

彼自身は2人兄弟なのですが、お兄ちゃんの存在に救われた経験が沢山あったから、自分の子供も一人っ子は想像つかないとよく言ってました。

だからこのままではいかんと思って気合で気持を切り替えたと。

私が「よくそんな上手くコントロールできたねー」と感心していたら、「早く出産前の状態に体型が戻ってた事もデカイかも」と言ってました。

やっぱり男性にとって”見た目”って相当大きいんですね。

妊娠中も、産後も、極力カラダの変化には気を使ってました。

 

妊娠中・産後のボディケアは?

私は妊娠中、お腹はもちろんですが、かなり下半身に変化がありました。

骨盤が広がって、太ももが太くなったのがすぐわかるくらい!

ズボンは妊娠中期ですでに太ももが入らなくなっていました。

なので妊娠がわかってからすぐにボディケアは始めてましたね。

参考になるかわかりませんが、私が特に集中したケアはこの3つ。

  1. 妊娠線予防クリームを塗る
  2. トコちゃんベルトを締める
  3. 産後の補正ガードルを体型が戻るまで履き続ける

1.妊娠線予防クリーム

特に妊娠線予防クリームは妊娠がわかった瞬間から塗り始めました。

母のお腹にずっと肉割れみたいな線があるのを見ていたので、あれが出ちゃうのはイヤー!と思っていたのです。

色々調べたら、「お腹が大きくなってからじゃ遅い」とか「早ければ早いだけ効果が期待できる」と知り、ネットのレビューが良かった物を買って、初期から最後まで毎日欠かさず塗りました!

その甲斐あってか、妊娠線は全く出ませんでした。

しかも2回とも。

2回目は男の子だったせいもあり、お腹の張り出しかたも尋常じゃなかったし、15キロ以上体重が増えてかなりヒヤヒヤしてましたが、大丈夫でした!

imgres

この画像を見たらこれが一生消えないと思うと不安になり、本当に効果があるものを調べ尽くして、毎日毎日これだけは欠かさずに続けたんです。

薬局でもう少し安いのも売っていたけど、あまり安いとただの保湿剤だから効果が無いと思い、成分までしっかり調べて選びました。

実際に使った妊娠線クリームも紹介しておきますね。

私が塗っていたのは、ベルタマザークリーム です。

色々調べてみると、肌の奥の皮下組織まで保湿成分が浸透しないと、妊娠線の予防にはならないらしいんです。

ベルタの妊娠線クリームは、「シラノール誘導体」というのが入っていて、それが皮下組織に届けてくれる事で予防ができるそうです。

安すぎる商品だとそれが入ってない事が多いみたいで、塗っても結局出てしまったっていうレビューが結構あったんですね。

ネットの評判も良いし、通常6980円が、初回は500円になる定期購入もあるので、私はかなりおすすめですよ☆

今では何事も無かったかの様に、妊娠前のお腹に戻っています。
ベルタマザーズクリームについて公式サイトで詳しく見る

ベルタマザークリーム

因みに葉酸も飲んでました(^^)

妊娠中のママのためのベルタ葉酸サプリ☆

ベルタ葉酸サプリ

送料完全無料なのと、お腹が大きくなってきて買い物にでかけるのもしんどい時期が続いたので、家に毎月商品が届くのはホントに便利でした。

2.トコちゃんベルトを締める

 

これも妊娠中を中心に、しばらくは産後も続けていました。

トコちゃんベルトは産婦人科で買ったものです。

ほとんどの産院で取り扱っているみたいで、かなり有名ですね。

さきほども言った通り、妊娠した途端に骨盤がとっても広がっておしりがおっきくなっていったので、ベルトでガシ!っと固定していたんです。

固定されていると、妊娠中は腰痛が少なかったような気がします。

産後も、正しい位置に骨盤が戻ってほしかったので、極力毎日付けてました。

ただ、巻き方にコツがあって、最初は助産師さんに教えてもらう事をおすすめします。

全然位置が合ってないと痛かったり、効果が無いんです。

3.産後の補正ガードルを体型が戻るまで履き続ける

これは安いものから高いものまで数枚試しました。

というのも、とこちゃんベルトと同じで、産後の最初の頃は履いていられるけど、段々服装が元に戻ってくると、パンツの下に履くには薄手の物がよくなったりしてきたんです。

段階に合わせて色々試して無駄遣いもしてしまいました。

特におすすめな矯正下着は

  • ワコール
  • ビューティーシルエット

の2つがよく使いました!

ワコールは、お店の店員さんにすすめられるままに買ったんですが、やっぱり生地や縫製がしっかりしていました!

ビューティーシルエットはネットで調べて買った物です。

これは締めつけ感がまったくなくて、スキニーパンツの下にも履けるくらい薄くて伸びるので、産後数年経った今でも時々履いています。

履いてる方が、スキニーのデニムラインがほっそりするので。

購入したサイトも紹介しておきますね。

ビューティーシルエット



この3つは妊娠中から産後にとっても気をつけました!

母乳をあげたお陰もあり、私は妊娠前の状態に割りと早く戻せたような気がします。

周りの友人もセックスレス夫婦だらけ!

そして産後数年経った私の周り、セックスレス問題を抱えている夫婦がめっちゃくちゃ沢山います。

ある夫婦は離婚も視野に入れていたり。

これってちょっと話し合いとはまた違った種類の問題なので難しいですよね。

切り替わってしまった気持ちってなかなか元に戻すのは簡単じゃない。

さっきも言いましたが、セックスレスは精神的な問題。

気持ちがセックスから引いてしまわない環境を維持するかがいかに大切か痛感させられます。

男であり女である事を、親になっても維持し続ける・・・。

真逆ですからね。

周囲の夫婦を比較した時に、一概には言えないけど、立ち会い出産を経験した夫婦ほど、旦那さん側のレスに陥ってる傾向が強いです。

やっぱり奥さんが「お母さん」になる瞬間を目撃する事って、男性にとっても衝撃デカイんですねーーーー…。

そして、一緒に自分も「お父さん」になってしまう。

子育てする上ではそれが本当に大切なんですけど、お互いが「セックス無くてももういいや!」って割り切れている夫婦は相当稀ですね。

やっぱりどっちか我慢している方が苦しんでる。

因みにレスにならずに今でも仲良し夫婦を維持している奥さん大好き上司は、立ち会いをお義母さんから反対されていたんだそう。

「あれは男の人が見て良いものじゃないから」

「今後の夫婦関係でデメリットの方が多いわよ」

と言われて、立ち会いしない方向を選択。

結果的に今でも仲良くやっているそうです。

お義母さんナイスプレー。

正直、私も娘の出産の際は同じ事を話すと思います。

最終選択はもちろん2人で決めればいいですけど。

一応経験談として。

レス問題に苦しんで子供抱えて離婚ってのも悲しいですからね。

産後も求められる聖母マリア像

そして出産を経験して感じたのが、母になった瞬間に、世の中が妊婦や母親に対して求める女性像が清く美しすぎる!!

その風潮の中で女である事を隠して、時には打ち消しながら、ママライフを送っていくわけなんですが。。。。

本音を言わせて頂くと・・・

「そんなワケないからね!!!!」

って感じですよ!

出産を経験して100%母親でしか無い生き物に変わる人もいるにはいると思います。

でも多くはそうじゃないのです!

あの環境はますます経産婦から女っぽさをすり減らしていく原因の1つだと思います。

何か芸能人とかがブログでちょっと夜に女子会行ったり、ママっぽくない私服とか公開するだけで、母親失格的な炎上する事、よくありますよね。

世間は母親に聖女淑女を求めすぎ!

どっちも明るく楽しめていればそれでいいじゃんって思うのです。

母はもちろんだが、女である自分を心がけないと危険

きっとこれを読んでいる方も、今後はママライフに突入される事と思います。

でも、旦那さんとのラブラブな夫婦生活もまた同じくらい大切だなって私は思うんですよね。

セックスレス問題のご夫婦、皆結構本気で苦しんでますからね。

離婚原因でも実は裏の第一位はそれってよく言いますよね。

性生活がうまくいっている夫婦って、良い意味で、女であり男である事を忘れていないし、お互い意識しているなーって思います。

これから女の部分は隠していく場面が嫌でも続きますし、出産シーンを見せる事でそれが助長されちゃうくらいなら、見せなくてもいいのかなってのが私の本音です。

助産師さんの方が頼りになるし。笑

お産は助産師さんが助けてくれるけど、その後のセックスレスは誰も助けてくれませんからね!

むしろ産まれてくる子供なんて、親が男と女だってことは知りたくもないですから。

医療行為は医療機関に任せて、旦那さんとはその後の良好な夫婦関係に集中するのも1つです!

もちろんお互いの意思が一番大切ですけどね。

まとめ

立ち会いをして欲しい奥様、したくない旦那様、どんなもんかよくわかってない旦那様。

色々あるかとは思いますが、経験して初めてぶつかる壁もあります。

しかしセックスレスは一度ぶつかるとなかなか簡単に解決出来ないのも事実。

今はyoutubeなんかで出産シーンを見る事も出来るし、一度一緒に観てみて、旦那さんの反応で決めても良いかもしれませんね!

立ち会わない代わりに妊娠中にこんな事して欲しい!とお願いするのもありかと思いますよ。
妊娠中に夫にしてほしいこと・嬉しいことまとめ【妻の本音】

あと、二人目の出産は和痛分娩を経験したので、無痛分娩や和痛分娩に興味がある方はこちらをどうぞ!

個人的には、立ち会いされない方にこそ無痛分娩はオススメです!
【体験談】和痛分娩の効果・痛かった?2人目は意味が無い?


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 夫婦生活, 妊娠・妊活