S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

産後ニキビ体験記!治す方法は?皮膚科おすすめスキンケアと使った薬

      2017/06/18

adobestock_61720335-1

こんにちは、2児の母、のんままです。

このページをお読みの方は、ご出産後の肌荒れにお悩みの方が多いのではないでしょうか?

出産前はニキビなんてたまにしか出来なかった人でも、出産数ヶ月後に大量発生する事はよくあるお話です。

実際に私も今まで出産後は2回とも、大量のニキビに悩まされました。

この記事では、皮膚科の先生の指示の元、産後ニキビが完璧に治った経験を元に、

  • 産後ニキビの原因
  • これ以上ひどくならない為の予防法
  • 正しい洗顔方法
  • 使った薬
  • 使った基礎化粧品

を紹介していきます。

ニキビが出来はじめてから1ヶ月以上はひどくなるばかりでしたが、この方法を試したら1〜2ヶ月後には、妊娠前よりも肌の調子がよくなっていました。

その後、妹も同じ方法でニキビが改善されていたので、産後じゃない方も、お悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

AdSense

産後ニキビが大量発生!ひろがるばかりで人生最悪の肌

最初は自分で何とかしようと薬局に行ってみたりしたのですが、ニキビ治療の薬やスキンケア用品もたくさんあてどれがホントに効くのかわからないんですよね。

それでもいくつかは試したのですが、良くなるどころかドンドン悪化。

人生最悪の肌してました。

皮膚科の先生が言ってましたが、次々と闇雲に新しい化粧品を試すのは肌への刺激になって悪化してしまう事もあるので危険なんですって。

成分を見ても何のことだかさっぱりわからないですしね。

”もちろんニキビケア”と書かれた商品を試しましたが、全然改善されませんでした。。。。

もう自分では手の施しようがなくなり、化粧もできなくない状態に。

結局ネットで調べて、近所で評判の良い皮膚科に行きました。

産後ニキビはよくある事。でも、正しいケアで治ります。

もうその頃はすっぴんにマスクでしか過ごせなくて、皮膚科が駆け込み寺のようでしたねー。

私が行ったクリニックは、ニキビ治療や美容皮膚科として有名な病院だったんです。

たまたま近所にあって、運が良かったですね。

専門の女医先生に色々教えてもらいました。

そして皮膚科の先生にも、「産後はよくある事なんだよー。」と言われたんです。

産後あるある。皆さんお悩みの方は多いんだなーと知りました。

そこで皮膚科の先生の指示どおりに毎日ケアして過ごしたら、あんなに何をしても治らなかった大量のニキビが、2ヶ月後には1つ残らず完璧に治ったんです。

0円

むしろ妊娠前よりも肌の調子がよくなっていましたね。

薬やケア用品もそうですが、正しい洗顔方法を実践したのも大きな要因だった気がします。

我流で洗っていた頃は、間違った洗顔方法でニキビを広げてしまっていたようです。

「やっぱり最初から来れば良かったー。」と思いました。

一時期は本気でエステや美容皮膚科や、あらゆる方面で治す事を考えてましたが、高額な治療をせずに治って本当に良かった。

赤ちゃんがいると病院に行くのも大変だった

 

実家の横で暮らしていても、赤ちゃんを預けて出かけるのは大変でした。

その時、「産後ニキビに悩んでいても、実家が離れている方や、旦那さんがお仕事で夜遅い方はもっと難しいんじゃないかなー。」と、感じた記憶があります。

というわけで、今回は皮膚科の先生におすすめされて、実際に私が行ったスキンケアを紹介します。

なかなか病院に行けない方には、少しでも参考になればと思います。

まずは今あるニキビをこれ以上広げない為にも、ニキビの原因を説明していきますね。

「よくある話だから知ってるよ!」と思う方も多いかと思うのですが、実際に美容皮膚科の先生が最初にそれを話してくれました。

改めて認識すると、その後の生活で意識するようになってニキビが広がるのは止まったんです。

やっぱり何事も解決にはまず原因をしっかり認識する事が大事ですね。

というわけで、先生に聞いた原因を説明します!

ニキビの原因

adobestock_61720335-1ニキビの原因はもちろん人により様々です。

でも大きく分けて理由は以下の4つの理由が考えられます。

  1. 生理や出産による女性ホルモンのバランス
  2. 睡眠不足
  3. ストレス
  4. 食生活

では1から順番に解説していきますね。

1.生理や出産による女性ホルモンのバランス

まさに産後はホルモンのバランス崩れるので、もちろんこれが原因の始まりです。

これは体の周期の問題なので、いきなり根本解決はなかなか難しいです。

妊娠中は女性ホルモンが沢山分泌されているんですが、産後は女性ホルモンが減少してるんですよ。

ニキビや抜け毛の原因はこれ。

私は、「当帰芍薬散料」という漢方薬を出してもらってました。

むくみが治ったり、ホルモンバランスを整える作用があるんです。

めちゃくちゃ不味いけど、素直に飲んでました。

女性系の病院では処方される事も多いので、妊娠中にもらっている人もいるんじゃないかな。

ホルモンバランスに関してやった事は、その漢方を毎日3回飲む事だけです。

それ以外にできる事はなかなか無いようです。まぁそうですよね。

明らかにむくみが軽くなってたので、しばらく続けていました。

では次、今ほとんどの方が陥っている睡眠不足について。

2.睡眠不足

adobestock_96408821-1産後は特にそうですが、睡圧倒的に眠時間が取れませんよね。

私も最初の3ヶ月間は、3時間おきの授乳で、まともに寝られた記憶がありません。

その結果、産後6ヶ月を過ぎた頃からニキビが出来始め、その後はつぎつぎ増えていきました。

まだまだ夜泣きで夜起こされる事も多かったので、ニキビが出来てからもなかなかゆっくり寝れる事は少なかったですね。

早くに育休から復帰された方も、夜泣きで眠れずに仕事に行く事多いですよね。

今の私もまさにそれ。

子供を寝かしつけてからもやる事いっぱいありますしねー。

でも先生に言われてからは、時々家事を次の日に全部回して、21時前に思いっきり寝てしまいます。

そうすると、次の朝あからさまに肌の調子が良い。

睡眠が肌に直結しているのは間違いないと痛感です。

3.ストレス

adobestock_93677136-1特にあごやほっぺにできるニキビは男性ホルモンの影響が多く、過度なストレスが原因の場合も多いそうです。

産後で言えば、慣れない育児に加えて家事もこなさないといけないし、ストレスは貯まり放題でした。

眠れない事・肌が荒れる事・髪が抜ける事。

全部がストレスになったりもしていましたしね。

ホントに悪循環です。

次は食事に関して。これはかなり意識するようになりました。

4.食生活

adobestock_56254847-1

産後は離乳食をあげる事やミルクを飲ませる事に必死で、自分の食事はおろそかになりますよね。

簡単に頬張れるものでおしまい。

時間が勿体無いし、それなら寝たい。

特に、元々野菜があまり好きじゃない私は、思えば大人になって自分で食べ物を自由に決められるようになってからはひどかたです。

ジャンクフードばっかり、お菓子ばっかり、甘いものばっかり、などなど。

先生に食生活を話したら、「それじゃ治らないわよ。」と呆れられました。

やっぱり食べ物ってそのまま身体に影響が出るんですよね。

今でも偏った食事簡単に食べられる物だけで済ませているととたんに肌が荒れます。

余計な話ですが、昔付き合ってた彼は元々すごい肌がキレイだったのに、仕事の関係でコンビニフードばっかり食べていたら元の記憶が無くなるほどニキビだらけになってました。(残念すぎた思い出)

(先生)「油の摂り過ぎ、砂糖の摂り過ぎ、野菜不足。全部だめ!ビタミン摂って。」

言われてからは、出来ないなりに意識して野菜を食べたり、ジャンクフードを避けたりしました。

後から説明しますが、ビタミン剤も飲みましたしね。

これは明らかに効果ありました。

今では特に肌トラブルありませんが、サラダを食べる習慣だけは続けています。

食べると食べないで、本当に全然違うんです。

やっぱり薬を飲むよりも何か塗るよりも、まずは自分の体にいれる物を見直しました。

なかなか難しいとは思いますが、気持ちの面で意識しておくだけで、少し行動が変わりますよ☆

以上が原因です。

次に、もうニキビが出来てしまった後のお話。

これ以上ひどくならないようにやってはいけない事を紹介します。

ニキビが出来た時のNG行動

adobestock_71513492-1

原因はなんであれ、ニキビが出来始めた以上は、ひどくならないようにしないといけません。

治療も大事ですが、増えてしまう原因はその後の行動のせいだったりするそうです。

それがこちら。

  1. 過剰に洗う
  2. 化粧水を肌に伸ばして菌をうつす
  3. 触る
  4. マスクする
  5. 長時間化粧したまま
  6. 髪の毛が肌に触れている

先生に言われたのは以上です。

私ほぼ全部やっていました。

そりゃ治らないですよね。

それぞれ先生に言われた内容を紹介します。

1.過剰に洗う

「ニキビができて最初にみんながやってしまいがちな事」と言われ、ズバリでした。

肌の脂が過剰に奪われて乾燥したり、指でゴシゴシ洗って刺激を与えている場合は特に最悪だそうです。

もちろん洗顔は大事だけど、一度の洗顔に一球入魂してガツガツ洗っちゃダメなんです。

朝と夜、1日2回。

繊細に、丁寧に。

正しい洗顔方法は後で説明していきますね。

因みに、ニキビがひどい時は、朝も洗顔料を付けていいと言われました。

2.化粧水を肌に伸ばして菌をうつす

洗顔をしたら、絶対に化粧水や乳液を塗りますよね。

その時、マッサージするように力を入れて塗り込んでいる人や、パンパン肌を叩く人は危険。

ニキビのアクネ菌が肌全体に広がって逆にニキビが増えてしまうんです

出来始めのニキビが潰れてしまいますからね。

3.触る

これは上の洗顔や化粧水と同じ理由ですが、とにかくニキビが出来たら清潔を保って触らない事が大事です。

ついつい気になって触っちゃうんですよね。

「また増えたー。ここにも出来てるー。」って。

しかもあんまりキレイじゃない手で。

でも、触ったり、自分で潰してしまうのは絶対NGだそうです。

潰す時こそ皮膚科で潰すのが大事。

というのは、ニキビには潰してもいい時期と悪い時期があり、NGな時期に潰したらそこから炎症が始まって跡が残ります。

皮膚科なら潰していい時期を見極めて上手にやってくれました。

そしてほおづえやうつぶせもNGです。

4.マスクをする

肌荒れを起こしていると顔を隠したくなりますよね。

私も常にしてました。

時間が無くて化粧できないと尚更ですよね。

でもマスクも良くないんです。

不織布やガーゼが常時皮膚に触れているのは、肌にとっては刺激なのです。

熱がこもって蒸れますしね。

風邪の予防などなど、致し方ない場合はありますが、必要ない時はすぐに取る事を意識しました。

5.長時間化粧したまま

これは「言わんでもわかっとるわい!」と言われてしまいそうですが(笑)

病院の先生にも、「ニキビがひどい時期は家に帰ったらすぐに化粧を落とすように」といわれました。

ファンデーションが肌に刺激を与えるし、ニキビを隠そうとして炎症している上から更にコンシーラーを塗り重ねたりもしますよね。

しかも化粧を落とす時に使うクレンジングや洗顔が肌に合っていないパターンもあります。

「これ最悪ね。」と言われました。

化粧しても極力短時間。家に帰ったら正しい方法で落としましょう。

洗顔の具体的な方法は詳しく後述します☆

6.髪の毛が肌に触れる

これもやってました。

ニキビがあるから余計に顔を出したくないし、むしろ髪に気をつかっている時間がないから無意識にボサボサ状態。

結果、毛髪が触れた刺激で炎症を起こしたり、アクネ菌が髪の毛を介して肌に広がったりします。

洗顔後は簡単でいいので、髪の毛をまとめて、前髪もピンで留めるなどして、顔にかからないようにしましょう。

以上です!

当てはまる方も多いですよね。

やれる事とやれない事はあると思いますが、私はこれを意識して過ごす事でかなりやらなくなりましたよ。

ではここからは、ニキビを治すための対処法を紹介していきます。

皮膚科医おすすめの対処法

先生に言われて、実際に私がやった対処法はこちらです。

  • 朝晩ただしい洗顔方法で顔を洗う
  • ビタミンを摂る
  • シャンプーはしっかり洗い、しっかり流す

以上です。

では上から順に詳しく説明していきますね。

スキンケアの基本、「正しい洗顔方法」と「実際に使った洗顔料」もここで紹介しています。

朝晩正しい洗顔で顔を洗う

「洗顔は一日一回の方がいい」

「2回も洗うと洗いすぎて荒れる」

って聞く事ありますよね。

私もそう思っていたのですが、先生曰く朝晩2回洗っていいそうです。

どちらも洗顔料を使って洗いました。

もちろん化粧をしている時はクレンジングもしっかりやります。

では、皮膚科医に教えてもらった洗顔方法を説明しますね。

正しい洗顔方法

1.まずはきめ細やかな泡立て

汚れを落としてくれるのは「泡」なので、しっかりと泡立てて、優しく肌に当てる事が大切。

泡がしっかりきめ細かい状態であるほど、肌に手が当たりにくくなります。

自分の手で泡立てている人は絶対に泡立てネットを使うべきです。

ネット自体は100均でも薬局でも構いませんが、網目がスカスカのものよりも、細かくてボリュームがあるネットの方が泡立ちやすいです。

私は泡立てネットや、洗顔泡立て器を使っていました。

もちろん一番泡立つのは泡立て器です。

ホイップクリームの様なきめ細かい泡が作れますし、優しく洗顔しているのに、肌の黒ずみや汚れがかなりしっかり落ちていました。

2.こすらず優しく泡をあてる

洗顔は、指が肌に触れる必要は無いそうです。

むしろ刺激になるため触れない方がいいのです。

こすらずに、弾力のある泡でくるくる円を描くようにあらいましょう。

落としきれないといけないので、そんなに短時間である必要は無いんですが、とにかく丁寧に優しく。

3.ぬるま湯でとにかくしっかり洗い流す

こすらず優しく洗った後は、ぬるま湯でしっかり泡を流します。

これも、手ではこすらずに、何度もお湯をかけてあげて丁寧にしっかりと。

先生が「洗う事に気を取られて、その汚れや洗顔料を落とし切れてない人は多い」と言ってましたが、私がまさにそれです。

ゴシゴシ洗う割に、流すの2回くらい。

それじゃダメみたいです。

何度もお湯をかけて、しっかり落としきりましょう。

これも言われてだいぶ意識してやるようになりました。

洗顔でやってはいけない事

繰り返しになりますが、とにかく洗顔で意識するのは、

・皮脂やよごれを残したままにする事
・指でこすって刺激を与えてしまう事

これらはニキビだけでなく、くすみやシワの原因にもなるので気をつけましょう。

スキンケアは正しい洗顔なくして始まりません。

皮膚科ですすめられて使った洗顔料

私は皮膚科で勧められたニキビ肌用の「NOV」という洗顔料を使っていました。

goods-02

→ 【Nov】ニキビにおすすめの洗顔料NOV

もちろんこれ以外にも、いくつかニキビ用の商品試しました。

総じて感じたのが、皮脂をしっかり洗い流してくれるのはいいんですが、洗い終わった後がサラサラし過ぎてかなりつっぱる。

その乾燥が気になって、余計に化粧水を強く塗り込んでいました。

NOVは皮膚科の隣の調剤薬局で買って試したところ、そのつっぱり感がかなり少なかった商品です。

しっかり洗い落とせているけど、ちょっと潤ったような、マイルドな肌触りでした。

今でもニキビが出来ている時はこれを使います。

もう6本以上は使ったかな?

洗顔料100gで2,700円です。

効果もちゃんと感じられたので、コスパも良好だったように思います。

今だとお試しトライアルキットがあるので、興味がある人は試してみて下さい。

実は、既に使っているのに、このキットは買いました。笑

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液と、全部ラインで試してみたかったんです。

でもいきなり全部買うには勇気がでずにいたら、このキットは全部入って1500円なんです。

img01

洗顔1つよりも安いので、この機会に全部試してみました。

しかも化粧水は肌に合わせて、マイルド・ノーマル選べるので、全部で5点ついてきましたよ。

因みに私は乾燥肌なのでやっぱりマイルドがよく合いました。

興味がある方はお試しキットでまずは様子を見るのもおすすめです。

→ →ノブ ACアクティブトライアルセット

では次にビタミンのについて!

摂り方のコツも教えてもらいました。

ビタミンを摂る

先程も話に出ましたが、お肌はビタミンを摂る事が超大事だそうです。

しかもビタミンは身体にとどめておけないので、過剰に摂取しても尿と一緒に出てしまうんだそう。

「一昨日レモンを食べたから昨日も今日も大丈夫」というものでは無いみたい。

これ、錠剤を飲んで実感しました。

トイレで明らかに尿の色が変わります。

流れ出てってるのがよくわかります。

やっぱり「一日一回はフルーツを食べる」など、コンスタントに取り続けないといけないのです。

食事で摂るのが難しい人は、ビタミン剤を飲むのも正解だそうです。

私もそう。フルーツは高いし。毎日続かない。

だから錠剤のビタミン剤を処方してもらって飲んでいました。

今は治ったので病院の処方薬はもらいにいっていませんが、肌の調子が悪い時は市販のビタミン剤を飲むようにしています。

チョコラBBです(^^)

流れちゃうから、摂りすぎても仕方ない。

でも不足しちゃだめ。

錠剤が楽でした!

シャンプーはしっかり洗い、しっかり流す

まず、整髪剤を付けている整髪剤はもちろん肌に良い物では無いですよね。

なので洗いきれずに髪に残っていると、肌に触れて悪い刺激になります。

シャンプーでゴシゴシ洗いましょう。

「”素髪に戻す”という感覚で」と言われました。

そして洗い終わった後、流す際も肌や髪にシャンプーが残らないように気をつけましょう。

何度もお湯をかけて、しっかり流し切る。

「おでこのニキビは肌に残ったシャンプーも1つの要因」と言われて、オデコニキビがひどかった私はドキっとしました。

以上が皮膚科で教わった対処法です。

ここからは塗ったお薬を紹介していきますね。

実際に治療で使った薬

洗顔後に塗布していた薬を紹介します。

ディフェリンゲル

imagesディフェリンは、正直いうと、誰でも気軽に使える薬ではありません。

なぜなら副作用がすごかった!

副作用は薬が効いてきている証拠なのですが、塗りはじめてからしばらくは悲劇です。

病院に通う前よりも症状がひどくなります。

具体的には、

・ひどい赤み
・乾燥
・目に見えて皮が剥ける
・ヒリヒリ感
・かゆみ

見た目だけで言えば、確実に通う前よりひどくなりました。

もう外に出たく無かった。

ディフェリンは、角質の生成を防いで毛穴が詰まらないようにする事で、ニキビを治す薬なのです。

角質が作られないと皮膚の表面が薄くなるわけです。

結果、刺激に対して肌が敏感になる為、最初の1ヶ月は真っ赤に炎症したような肌になりました。

人生最悪の肌はあの時ですね。

一人目の出産後は働いていなかったので、勇気を出してディフェリンを使いました。

副作用は悲惨だけど、完全にキレイな肌に戻ったので、やっただけの価値はあります!

この方法で始めてから2ヶ月後には完全にキレイに治っていたかな。

でも働いている方は無理ですね。

試している2ヶ月間で、2回だけ化粧をする機会がありましたが、皮が剥けてくるので化粧してても数時間でボロボロ。

しかもヒリヒリして痛かったです。

毎日お化粧しないといけない人や、人と顔を合わせる機会が多い人はかなり気になる症状です。

ずっと化粧しないでいられる人以外は正直おすすめは出来ないかなぁーーー…。

私も2人目の産後は早々に働いていた為、ディフェリンは使いませんでした。

あの顔で仕事にいく勇気は無かったです。

もちろんやる効果は確実にあるんですけどね。

治るスピードも、ディフェリンのお陰で早まった可能性はあります。

何をやっても治らず、1ヶ月の副作用に耐えられる人には処方してもらうのもあり。

もう1つは誰でも塗れるお薬です。

ダラシンTゲル1%

imgresこの、ダラシンTゲルは抗生剤です。

ディフェリンを顔全体に塗ったあと、ダラシンはニキビの上にだけポツポツ塗っていました。

先程も言ったとおり、2人目の産後はディフェリンを使わなかったので、塗った薬はダラシンだけ。

あとはビタミン剤を飲んで、正しい洗顔、NG行動をしないように気をつける。

1人目の時と比較すると少し時間がかかった気はするけど、それでもしっかり治ってくれました!

今でもニキビができると、ダラシンゲルを塗ります。

出来始めに塗った時塗り忘れた時で、かなりニキビの治る早さが違ってくるので、効果は実感しています。

出来始めに塗ると、次の日ひどくなっている事はほとんどありません。

でも塗り忘れた時は次の日悪化している事が結構あります。

ディフェリンのようなひどい副作用はありません。

ダラシンはとてもお気に入りです☆

ヒルドイドローション

imgres-1ディフェリンを使っていた時は、化粧水や乳液も一切使えないので、病院で保湿剤を処方してもらっていました。

一番炎症の副反応がひどい時はこのヒルドイドローションだけで保湿をしていましたが、さすがにこれだけだと乾燥が大変でしたねー。

あくまで保湿剤で、美容成分は何も入っていないので、美白とか毛穴のケアとかは出来ないです。

辛抱の1ヶ月でした。

2人目の時は、ディフェリンを使わなかったので、洗顔後はNOVの化粧水と乳液でケアしてました。

ヒルドイドだけの時とは潤いが全然違い、かなり良かったです。

一回目は「とにかくニキビが治れば良い」という感覚で、今まで使ってた美白美容液は一切塗らないので、キレイに治ったものの、やっぱりちょっと肌が加齢した感じはあったんですよね。

2回目はその教訓もあったので、美白ケアができるところも助かりました。

Novの公式サイトでトライアルキットについて詳しく見る


まとめ

ニキビはでき始めるとあらゆる事が刺激になってしまいます。

間違った対処法を取ると、私みたいにますますひどくなって増えてしまうのでそこはホントに要注意。

人によってできる事とできない事がありますが、まずは正しい洗顔をして、肌を清潔に保つ事が大切です。

後は洗顔後の保湿もしっかり行いましょう。

その際はコットンを使って、優しく塗布してあげて下さい。

私も本当に悩んでいましたが、しっかり正しいケアをしたら、2ヶ月後にはすっかりよくなっていました。

今紹介した方法やお薬、お化粧品が誰にでも合うかはわかりませんが、皆様のニキビケアの参考になれば幸いです。

まずは1週間、トライアルセット¥1500を試してみる


 

投稿者プロフィール

のんまま
のんまま
出産を経て、毎日お仕事と2児の育児に奮闘中のワーキングマザー。キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。

気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 美容