S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

【体験談】産後の肌荒れニキビの治し方!皮膚科医直伝スキンケアと薬

   

こんにちは、のんままです。

このページをお読みの方は、ご出産後の肌荒れにお悩みの方が多いのではないでしょうか?

この記事では、子供を出産後、今まで経験した事のない大量のニキビに悩まされた私の実体験をお話します。

数ヶ月間自力でのケアを試み、最終的には病院に行き、今では当時の肌が信じられないほど、すっかりきれいに治す事ができました。

今現在悩まれている方の参考になれればと思い、私が皮膚科の先生に教わった知識と、実際に行ったスキンケアを全て紹介します。

スポンサーリンク

AdSense

産後のニキビの体験談を書こうと思った理由

産後の肌荒れは、元々の体質に関係なく多くの方が経験します。

私自身がそうでしたが、妊娠前はたまにしかニキビが出来ず、一個か二個できてもほっておけばいつの間にか治っていました。

それが出産後のニキビは全然違うんですよね。

一つできたと思ったら治るどころか次から次へと増える一方で治らない!

今まで経験した事が無いレベルで、顔中ニキビだらけになってしまいました。

adobestock_61720335-1

 

母が久しぶりに私のすっぴんを見た時に、「あなたその顔どうしたの!?」と衝撃を受けていたのをよく覚えています。

あまりの酷さに化粧をする事もできず、ずっとすっぴんにマスク。

元々使っていた基礎化粧品はニキビ用じゃなかったので、ドラッグストアでニキビケア系の化粧水や乳液を買って、いくつもいくつも試してみました。

あれだけでいくら使ったんだろう…。

安すぎるものよくわからない名前のものを塗るのは不安で、やっぱり金額がある以上するものを選んでいました。

完全に暗中模索。

でも色々試せども一向に改善される気配は無く。。。

良くなるどころか反って炎症が酷くなったように感じる商品もありました。

素人が自分に合う基礎化粧品を見つけるって簡単じゃないですね…。

鏡を見るのも嫌で、ただでさえ娘のお世話で疲労感MAXの時だったので、ニキビが増える毎に精神的にも落ちていたような気がします。

そんな状態が3ヶ月以上続き、もう私には、自力で治す事はできないと判断。

とうとう子供を実家に預けて病院に行く事にしました。

そして皮膚科の先生に言われたとおりのスキンケア方法を実践し、処方された薬を塗って過ごしたところ、2ヶ月経たない間に、肌荒れは完全に治っていました。

0円

私が行ったクリニックは、ニキビ治療や美容皮膚科として有名な病院だったんです。

たまたま近所にあって、運が良かったですね。

専門の女医先生に色々教えてもらいました。

スキンケア対策のお陰で肌が若干生まれ変わった?とでも言うくらい、妊娠前よりも調子がよくなっていたのです。

あれだけ悩みに悩んで時間もお金もかけたけど、「やっぱりお医者さんのチカラはすごい!」と痛感…。

で、病院に通いながら思ったのです。

「病院通いって、大変だなぁ…」と。

産後間もない子供を預けて病院に行くって、簡単ではありませんよね。

「もしかしたらかなり混んでいて待たされるかもしれない。」
「一回でどのくらい時間がかかるんだろう。」
「何度も通う事になったらどうしよう。」

など、不安だらけでした。

母や主人の予定を確認しながら、子供を任せられる準備を整えての通院もなかなか大変。

どうしても預けられず、一緒に連れて行くしか無い方もいらっしゃいますよね。

  • ミルクの時間が来てしまったら…
  • 子供のお昼寝の時間と診察が重なってしまったら…
  • お母さんと離れるだけで大泣きしてしまったら…
  • 行く予定だった日に子供が体調不良になってしまったら…

など、想像しただけでも考える事だらけです。

そんな方の参考になればと、私のひどい産後ニキビが完全に治った体験をまとめて記事にしてみようと思いました。

皮膚科の先生に言われた話や、実際にやった事を全部お話します。

全てのタイプの方に当てはまるかはわかりませんが、宜しければ参考にしてみて下さい。

この記事の具体的な内容は?

まずはこの記事でお話する内容をざっとおおまかに紹介します。

  • 産後ニキビの原因
  • これ以上ひどくならない為の予防法
  • 正しい洗顔方法
  • 使った基礎化粧品
  • 飲んだ薬
  • 使った薬

以上です。

では、ここからは順を追って詳しくお話していきますね。

ニキビの原因

まず、ニキビを治す上で原因を自分が知っておく事はとても大切だそうです。

「よくある話だから知ってるよ!」と思ってしまいそうなのですが、改めて認識する事で日々の意識が確実に変わると言われ、初診の時に先生がしっかり話してくれました。

そして確かに納得。

聞いた事はあっても、ちゃんと理解はできてなかった事に気づき、知れば自然と行動が変わってきたのです。

ニキビの原因は人により様々ですが、大きく分けて理由は以下の4つの理由が考えられます。

1. 生理や出産による女性ホルモンのバランス
2. ストレス
3. 睡眠不足
4. 食生活の乱れ

では1から順番に解説していきますね。

1.生理や出産による女性ホルモンのバランス

産後はホルモンのバランスがかなり崩れるので、産後の肌荒れの主な原因はこれです。

妊娠中は女性ホルモンが沢山分泌されているんですが、産後は女性ホルモンが減少していきます。

産後にニキビができたり毛が抜ける原因はこれです。

ただ、これは体の周期の問題なので、いきなり根本解決はなかなか難しいところです。

私は皮膚科で、「当帰芍薬散料」という漢方薬を出してもらってました。

むくみが治ったり、ホルモンバランスを整える作用がある漢方です。

めちゃくちゃ不味いけど、素直に飲んでました。

女性系の病院では処方される事も多いので、妊娠中に飲んでいた方もいらっしゃるかもしれないですね。

ホルモンバランスに関してやった事は、その漢方を毎日3回飲む事だけです。

できる事がこれしか無いとも言えますが、飲むと明らかにむくみがなくなってたので、信じてしばらく続けていましたよ。

病院に行けない方は、代わりにホルモンバランスを整える作用のあるハーブティーなどを飲む方法もあります。

女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー


では、次にストレスによってできるニキビのお話です。

2.ストレス

特にあごやほっぺなどのフェイスラインにできるニキビは治りにくいストレスニキビ。

ストレスにより自律神経が乱れ、コチゾールという成分が分泌されるのです。

すると男性ホルモンが増加し皮脂の分泌量が増えます。

結果、肌のバリア機能が低下し、ニキビの原因になるアクネ菌を増やしてしまうのです。

慣れない育児に、日々終わりなく続く家事、その他もろもろ増え続けるやる事リスト、出産後は人生で1番やり場のないストレスに蝕まれていた記憶…。

それに加えて、眠れない事・肌が荒れる事・髪が抜ける事で余計

イライライラ・・・・。

adobestock_93677136-1

泣き声の聞こえない世界に旅立ちたいと思ってしまう瞬間もありました。

今にもこっちが泣いてしまいそうな精神状態。
(何度か泣いてたかも)

ただ、これはホルモンバランス同様、いきなり改善できる事じゃないので、他で補うしかないと思って諦めてました。

通院する一人の車内で子供がいたら聴けない大好きなロックバンドの曲を大音量でかけたり、ちょっとストレッチしてみるとかその程度ですね。

正直それよりも寝たかった。

というわけで私の場合は、今からお話する睡眠と食事のケアの方を心がけていました。

ではまず、睡眠不足について。

3.睡眠不足

adobestock_96408821-1人間の体は、寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが足りていないと、正常なターンオーバーができなくなり、トラブルを起こしやすい肌になってしまうのです。

というわけで、産後の睡眠不足により肌が再生機能を失っているわけです。

私も最初の3ヶ月間は、3時間おきの授乳で、まともに寝られた記憶がありません。

その結果、産後6ヶ月を過ぎた頃からニキビが出来始め、その後つぎつぎ増えていきました。

まだまだ夜泣きで起こされる事も多かったのでゆっくり寝れる事はほぼなかったですね。

子供が寝た後にやる事も沢山あるし。

二人目の時は早くに仕事復帰したので、ほとんど眠れずに仕事に行く事もありました。

だけどやっぱり、

「度を越した睡眠不足の状態だと何をやっても完全には治らない」

と言われて若干の改善。

先生に言われてからは、時々家事を全部次の日に回す覚悟を決めて寝ました。

21時前に就寝すると、夜中に数回起こされても今までよりは眠れます。

そうすると次の朝あからさまに肌の調子が良いのでびっくりでした。

個人的には睡眠が肌に1番直結しているんじゃないかと思うほどです。

では最後に、食生活の乱れによって起こる肌荒れについて説明していきますね。

4. 食生活の乱れ

adobestock_56254847-1産後は離乳食をあげる事やミルクを飲ませる事に必死で、自分の食事はおろそかになりますよね。

時間が勿体無いし、それなら寝たい。

簡単に頬張れるものでおしまいにしちゃうので、どうしても栄養が偏っていました。

お肌に悪いとされるのは、

  • 脂質
  • 糖分
  • アルコール
  • カフェイン

などがあります。

具体的な食べ物で言うと、

  • 脂身の多いお肉
  • お菓子
  • コーヒー
  • 揚げ物やパンなどの脂っこい物
  • お酒

などです。

どれも適量なら問題ありませんが、摂りすぎると肌荒れを起こします。

脂質の摂りすぎ皮脂が詰まったり、

血液の循環が悪くなる事で老廃物を溜め込んでターンオーバーが行われなくなるのです。

私はお気軽に食べられるので、お菓子やパンを沢山食べてしまってました。

因みにお肌をきれいに保つのに必要な栄養素は、
ビタミンB.E.C.A、それから食物繊維などです。

手軽に摂れるものだと、フルーツ・納豆・マグロ・レバー・パプリカ・芋やごぼうなどがあります。

私はこの話を聞いてからは、スーパーでカットされたサラダやフルーツを買って食べるようにしていました。

手軽さからジャンクなものに手が伸びてしまうので、極力手軽に野菜や果物を摂れるようにする事で、自然と肌に悪い食べ物の量が減ります。

因みに、同じ時期に出産された会社の先輩は産後の肌荒れが無かったのですよね。

その方はどんなに忙しくても食生活だけは崩さないでいました。

和食中心で、常にバランスよくオーガニックな食事をされているんです。

私自身はそこまではいかなくても、肌荒れの原因になる食べ物を意識しておくだけで、結構行動が変わってきました!

先生にも、「いきなりは変えられなくても、お肌に悪い食べ物は減らして、まずはビタミン剤を飲むように」とアドバイスされました。

今では特に肌トラブルありませんが、サラダを食べる習慣だけは続けています。

食べると食べないで、肌が全然違うのです。

やっぱり薬を飲むよりも何か塗るよりも、まずは自分の体にいれる物を見直す事は大切なんですね。

以上が原因4つの説明と簡単にできる対処法です。

次はこれ以上ひどくなるのを防ぐお話です。

ニキビができた時のNG行動を紹介します。

ニキビが出来た時のNG行動

adobestock_71513492-1

ニキビが出来始めたら、治療と同時にこれ以上広がらない為のケアをするように言われました。

ドンドン増えてしまう原因はその後の行動のせいだったりするそうです。

それがこちら。

  1. 過剰に洗う
  2. 化粧水を肌に伸ばして菌をうつす
  3. 触る
  4. マスクする
  5. 髪の毛が肌に触れている
  6. 長時間化粧したまま

先生に言われたのは以上です。

私は、ほぼ全部やっていました。

そりゃ治らないですよね。

それぞれ先生に言われた内容を詳しく説明します。

1.過剰に洗う

「ニキビができて最初にみんながやってしまいがちな事」と言われ、ズバリでした。

肌の脂が過剰に奪われて乾燥したり、指でゴシゴシ洗って刺激を与えている場合は特に最悪だそうです。

もちろん洗顔は大事だけど、一度の洗顔に一球入魂してガツガツ洗っちゃダメなんです。

朝と夜、1日2回。

繊細に、丁寧に。

正しい洗顔方法は後で説明していきますね。

因みに、ニキビがひどい時は、朝も洗顔料を付けていいと言われました。

2.化粧水を肌に伸ばして菌をうつす

洗顔をしたら、絶対に化粧水や乳液を塗りますよね。

その時、マッサージするように力を入れて塗り込んでいる人や、パンパン肌を叩く人は危険。

ニキビのアクネ菌が肌全体に広がって逆にニキビが増えてしまうんです

出来始めのニキビが潰れてしまいますからね。

優しく全体にふわっと塗るそうです。

3.触る

これは上の洗顔や化粧水と同じ理由ですが、とにかくニキビが出来たら清潔を保って触らない事が大事です。

ついつい気になって触っちゃうんですよね。

あんまりキレイじゃない手でも触ってました。

でも、触ったり、自分で潰してしまうのは絶対NGだそうです。

潰す時こそ皮膚科で潰すのが大事。

というのは、ニキビには潰してもいい時期と悪い時期があり、NGな時期に潰したらそこから炎症が始まって跡が残ります。

皮膚科なら潰していい時期を見極めて上手にやってくれました。

そしてほおづえやうつぶせもNGです。

4.マスクをする

肌荒れを起こしていると顔を隠したくなりますよね。

私も常にしてました。

時間が無くて化粧できないと尚更ですよね。

でもマスクも良くないんです。

不織布やガーゼが常時皮膚に触れているのは、肌にとっては刺激なのです。

熱がこもって蒸れますしね。

風邪の予防などなど、致し方ない場合はありますが、必要ない時はすぐに取る事を意識しました。

5.髪の毛が肌に触れる

これもやってました。

ニキビがあるから余計に顔を出したくないし、むしろ髪に気をつかっている時間がないから無意識にボサボサ状態。

結果、毛髪が触れた刺激で炎症を起こしたり、アクネ菌が髪の毛を介して肌に広がったりします。

洗顔後は簡単でいいので、髪の毛をまとめて、前髪もピンで留めるなどして、顔にかからないようにしましょう。

6.長時間化粧したまま

これは「言わんでもわかってるよ!」と言われてしまいそうですが、

病院の先生にも、「ニキビがひどい時期は家に帰ったらすぐに化粧を落とすように」といわれました。

特にウォータープルーフの落ちにくい化粧品ですが、肌への大きな害になるシリコン系の成分が必ずと言っていいほど含まれています。

成分でいうとジメチコンなど。

今お使いの化粧品の成分表示を確認して、「〜〜メチコン」という表記があったらそれはシリコンが入った商品です。

ニキビを隠そうとして炎症している上からコンシーラーやファンデーションを塗り重ねたりもしますよね。

しかも化粧を落とす時に使うクレンジングや洗顔が肌に合っていないパターンもあります。

わかっては居たものの、やっぱり化粧品は炎症している肌に追い打ちをかける行為。

できればお肌が荒れている時は、落ちやすいメイクに変えた方がいいのです。

そして化粧しても極力短時間。

家に帰ったら正しい方法で落としましょう。

さて、以上がNG行動です。

当てはまる方も多かったんじゃないでしょうか?

やれる事とやれない事はあると思いますが、私はこれを意識して過ごす事でかなりやらなくなりましたよ。

ではここからは、ニキビを治すための対処法を紹介していきます。

今日からできる!皮膚科医おすすめの対処法

睡眠や食事の対処法は出産後の忙しい時期にはなかなかガラリと変える事は難しいですよね。

もちろんできる限りはやっていましたが、赤ちゃんがいるという状況が変わらない以上限界があります。

というわけで、お医者さんに言われた中から、今日から確実にできる対処法を3つ紹介します。

  1. 朝晩ただしい洗顔方法で顔を洗う
  2. ビタミン剤を飲む
  3. シャンプーはしっかり洗い、しっかり流す

この3つは言われたその日から徹底して守るようにしていました。

では上から順に詳しく説明していきますね。

スキンケアの基本、「正しい洗顔方法」と「実際に使った洗顔料」もここで紹介しています。

朝晩正しい洗顔で顔を洗う

「洗顔は一日一回の方がいい」

「2回も洗うと洗いすぎて荒れる」

って聞く事ありますよね。

私もそう思っていたのですが、先生曰く朝晩2回洗っていいそうです。

どちらも洗顔料を使って洗いました。

もちろん化粧をしている時はクレンジングもしっかりやります。

では、皮膚科医に教えてもらった洗顔方法を説明しますね。

正しい洗顔方法

1.まずはきめ細やかな泡立て

汚れを落としてくれるのは「泡」なので、しっかりと泡立てて、優しく肌に当てる事が大切。

泡がしっかりきめ細かい状態であるほど、肌に手が当たりにくくなります。

自分の手で泡立てている人は絶対に泡立てネットを使うべきです。

ネット自体は100均でも薬局でも構いませんが、網目がスカスカのものよりも、細かくてボリュームがあるネットの方が泡立ちやすいです。

私は泡立てネットや、洗顔泡立て器を使っていました。

もちろん一番泡立つのは泡立て器です。

ホイップクリームの様なきめ細かい泡が作れますし、優しく洗顔しているのに、肌の黒ずみや汚れがかなりしっかり落ちていました。

2.こすらず優しく泡をあてる

洗顔は、指が肌に触れる必要は無いそうです。

むしろ刺激になるため触れない方がいいのです。

こすらずに、弾力のある泡でくるくる円を描くようにあらいましょう。

落としきれないといけないので、そんなに短時間である必要は無いんですが、とにかく丁寧に優しく。

3.ぬるま湯でとにかくしっかり洗い流す

こすらず優しく洗った後は、ぬるま湯でしっかり泡を流します。

これも、手ではこすらずに、何度もお湯をかけてあげて丁寧にしっかりと。

先生が「洗う事に気を取られて、その汚れや洗顔料を落とし切れてない人は多い」と言ってましたが、私がまさにそれです。

ゴシゴシ洗う割に、流すの2回くらい。

それじゃダメみたいです。

何度もお湯をかけて、しっかり落としきりましょう。

これも言われてだいぶ意識してやるようになりました。

洗顔でやってはいけない事

繰り返しになりますが、とにかく洗顔で意識するのは、

・皮脂やよごれを残したままにする事
・指でこすって刺激を与えてしまう事

これらはニキビだけでなく、くすみやシワの原因にもなるので気をつけましょう。

スキンケアは正しい洗顔からスタートです。

顔を洗う際の洗顔料が合わなくて刺激になってしまている人もいるそうです。

私が実際に使った商品も紹介しておきます。

皮膚科ですすめられて使った洗顔料

私は皮膚科で勧められたニキビ肌用の「ファンケル」という洗顔料を使っていました。

皮膚科専門医と共同開発の大人ニキビ化粧品だそうです。

色々なニキビ化粧品を試しましたが、総じて感じたのは、ほとんどの商品が洗い終わった後に突っ張るのです。

皮脂をしっかり洗い流してくれるわけなので仕方ないのですが、サラサラを超えてカサカサというか・・・。

その乾燥が気になって、化粧水やクリームを強く塗り込んでいました。

恐らく、余計に刺激しちゃってましたね。

ファンケルはそのつっぱり感がかなり少なかったです。

しっかり洗い落とせているけど、ちょっと潤ったような、マイルドな肌触りでした。

今でもニキビが出来ている時だけはこれを使います。

皮膚科で処方された薬が出ている時は、洗顔だけを使っていましたが今は薬が無いので、ラインで揃えて使います。

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液
  • アクネケアエッセンス

でき始めの日から治るまでは、このラインに切り替える感じです。

色々試した結果、私にはこれが1番あっていました。

合う合わないがあるとは思いますが、今使っているものでなかなかニキビが治らない人はこちらを検討してみるのも良いかもしれません。

詳しい製品情報は、ここでは端折りますね。

公式サイトにかなりわかりやすくまとまっていたので、興味がある方は確認してみて下さい。

ファンケル大人ニキビケアラインについて公式サイトで詳しく見る

アクネケアたっぷりおためしキット

では次に美肌に必死なビタミンについてです。

ビタミン剤を飲む

ビタミンが美肌を保つのに必要という話は先程食生活の見直しの章でお話しました。

しかもビタミンは身体にとどめておけないので、過剰に摂取しても尿と一緒に出てしまうんです。

「一昨日レモンを食べたから、昨日も今日も大丈夫」というものでは無くて、コンスタントに摂り続ける必要があります。

錠剤を飲むと、トイレで明らかに尿の色が変わって実感します。

流れ出てってるんですね。

毎日の食事を一気に改善するのはなかなか難しいので、ビタミン剤を処方されました

今は治ったので病院の処方薬はもらいにいっていませんが、肌の調子が悪い時は市販のビタミン剤を飲むようにしています。

確認したら、「チョコラBBとかでも良い」と言われたので、チョコラBBを買ってます。

フルーツや野菜からも極力摂れるようにはしてますが、やっぱり錠剤は楽ですね。

必ず毎日飲んでました。

シャンプーはしっかり洗い、しっかり流す

ワックスなどの整髪剤が洗いきれずに髪に残っていると、肌に触れて刺激になります。

ただでさえターンオーバーが悪くなって敏感になった肌にとって、合成界面活性剤やシリコンは強烈な刺激になります。

シャンプーは指の腹でゴシゴシしっかり洗いましょう。

「”素髪に戻す”という感覚で」と言われました。

そして、何度もお湯をかけてしっかり流し切る。

おでこのニキビは肌に残ったシャンプーも大きな原因なのです。

以上、特に徹底して気をつけたのはこの3点です!

  1. 洗顔
  2. ビタミン剤
  3. 整髪剤やトリートメントを流し切る

この3つは生活習慣を大きく変える事なく続けられるのでおすすめです。

ここからはお医者さんで処方されて塗ったお薬のお話です。

副作用などについても詳しくお話しますので、病院に行かれるかどうか迷われている方には参考になると思います。

実際に治療で使った薬

洗顔後に塗布していた薬を紹介します。

処方されていたのはこの3つです。

  1. ディフェリンゲル
  2. ダラシンTゲル1%
  3. ヒルドイドローション

副作用が半端じゃない薬もありましたが、その分効果があった事も確か。

なかなか使った事がある人は少ないと思いますので、それぞれについて感想をお話したいと思います。

1.ディフェリンゲル

imagesディフェリンは、正直いうと、誰でも気軽に使える薬ではありません。

副作用がすごすぎるのです。

薬が効いてきている証拠なのですが、塗りはじめてからしばらくは悲劇です。

病院に通う前よりも症状がひどくなります。

具体的には、

・ひどい赤み
・乾燥
・目に見えて皮が剥ける
・ヒリヒリ感
・かゆみ

見た目だけで言えば、確実に通う前よりひどくなりました。

もう外に出たく無かったです。

ディフェリンは、角質の生成を防いで毛穴が詰まらないようにする事で、ニキビを治す薬なのです。

角質が作られないと皮膚の表面が薄くなるわけです。

結果、刺激に対して肌が敏感になる為、最初の1ヶ月は真っ赤に炎症したような肌になりました。

人生最悪の肌はあの時ですね。

一人目の出産後は働いていなかったので、勇気を出してディフェリンを使いました。

副作用は悲惨だけど、完全にキレイな肌に戻ったので、やっただけの価値はあります!

この方法で始めてから2ヶ月後には完全にキレイに治っていたかな。

でも働いている方は無理ですね。

試している2ヶ月間で、2回だけ化粧をする機会がありましたが、皮が剥けてくるので化粧してても数時間でボロボロ。

しかもヒリヒリして痛かったです。

毎日お化粧しないといけない人や、人と顔を合わせる機会が多い人はかなり気になる症状です。

ずっと化粧しないでいられる人以外は正直おすすめは出来ません。

私も2人目の産後は早々に働いていた為、ディフェリンは使いませんでした。

あの顔で仕事にいく勇気は無かったです。

もちろんやる効果は確実にあるんですけどね。

何をやっても治らず、1ヶ月の副作用に耐えられる人には処方してもらうのもあり。

もう1つは誰でも塗れるお薬です。

2.ダラシンTゲル1%

imgresこの、ダラシンTゲルは抗生剤です。

ディフェリンを顔全体に塗ったあと、ダラシンはニキビの上にだけポツポツ塗っていました。

先程も言ったとおり、2人目の産後はディフェリンを使わなかったので、塗った薬はダラシンだけです。

あとはビタミン剤を飲んで、正しい洗顔、NG行動をしないように気をつける。

1人目の時と比較すると少し時間がかかった気はするけど、それでもしっかり治ってくれました!

今でもニキビができると、時々ダラシンゲルを塗ります。

出来始めに塗った時塗り忘れた時で、ニキビの治る早さが違ってくるので、効果は実感しています。

出来始めに塗ると、次の日ひどくなっている事はほとんどありません。

でも塗り忘れた時は次の日悪化している事があります。

ディフェリンのようなひどい副作用はありません。

個人的に、ダラシンはとてもお気に入りです☆

3.ヒルドイドローション

imgres-1ディフェリンを使っていた時は、洗顔後に化粧水や乳液も一切使えないので、病院で保湿剤を処方してもらっていました。

一番炎症の副反応がひどい時はこのヒルドイドローションだけで保湿をしていましたが、さすがにこれだけだと乾燥が大変でした。

あくまで保湿剤で、美容成分は何も入っていないので辛抱の1ヶ月です。

2人目の時は、ディフェリンを使わなかったので、先程紹介したファンケルのニキビケアラインの化粧水や乳液を塗ってました。

やっぱりヒルドイドだけの時とは潤いが全然違いますね。

病院の治療は、結構辛抱が必要なのです。

まとめ

私が行った対処法をもう一度振り返りますね。

  1. できる限り栄養バランスの良い食事
  2. 家事を後回しにしてでも寝る時は寝る
  3. NG行動に該当する事はしない
  4. 正しい洗顔
  5. ビタミン剤を飲む
  6. トリートメントや整髪剤はしっかり洗い流す

以上です。

食事と睡眠はいきなり大きく変化させる事はなかなか難しいですが、3〜6は今日からでも始められると思います。

一回目はディフェリンの副反応をすっぴんで過ごせる時間がありましたが、そうで無い方も沢山いらっしゃると思います。

また、同じ頃に出産して、同じく産後ニキビに悩み、別の病院に行った友人がなかなか良くならならずに悩んでいた例もあります。

お医者さんが言う事も行く病院で多少違いがあるんですよね。

お医者さんのアドバイス然り、体験談然り、全員に当てはまる100%の正解はなかなか断定できません。

ただ私の場合はこの方法を試して、産後の強烈な肌荒れは劇的に改善しました。

今ではニキビが一つも無いし、毎日メイクをして、仕事復帰もできています。

二人目の時は、洗顔とビタミン剤だけで対処したようなものですが、一回目の時アドバイスをしっかり思い出して実践したらちゃんと治りました。

洗顔や化粧水は、どんなに高くても肌に合わない事はあるので、ご自身に合った物を使う事が大事です。

私が使ったファンケルのニキビケアラインは1000円で1ヶ月分使えるトライアルキットもあるので、基礎化粧品を見直したい人には是非おすすめです。

個人的には超お気に入りの洗顔です。

ファンケル大人ニキビケアラインについて公式サイトで詳しく見る

アクネケアたっぷりおためしキット

既にお仕事復帰されていて、毎日のお化粧が必須な方は、ニキビケアができるメイク用品を選ばれるのも良いと思います。

いつも一緒に色々化粧品を試して情報交換しているお友達が、お化粧しながらニキビケアできる化粧品について書いた記事もあるので、興味がある人はこちらも読んでみて下さい。

パルクレールジェルのレポ!効果ないと感じる人・おすすめな人の特徴

ニキビに悩んで皮膚科を検討している方はもちろんですが、なかなか自由に病院に行く時間が取れずに悩んでおられる方。

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 美容