ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

Try WiMAXでワイマックスを契約前にレンタルして最適な契約を探る話

   

WiMAXが気になる。

でも、つながらないとかいう話も聞いたことあるし、やっぱり事前に試したい。

この記事では、そう思っているあなたに向けて、WiMAXのレンタル制度と、お得な契約方法にいついて解説していきます!

サトウ

こんにちは。ネット回線マニアのサトウです。

この記事を書いている僕は、WiMAXはもちろん、その他のルーターや光回線など、合わせて7つのネット回線を契約しています。

僕もWiMAXを契約する前は、スマホのデータチャージを繰り返していました。

毎月毎月速度制限になって、そのたびにデータを追加。

気がつけば13000円を支払っていた月もありました。

そんな状況を打破するべく検討したのが、WiMAXをはじめとするポケットWiFiルーター。

どれがいいのか、使い勝手はどうなのかなど全然情報がないところから調べまくったのです。

その中で試して、WiMAXの契約の大きなきっかけになったのが、WiMAXをレンタルできる「Try WiMAX」

結果的に僕はWiMAXを契約して、その後一切速度制限になることもなく快適に過ごしています。

おまけに大きく節約することもできました。

この記事ではそんな僕が、実際にレンタルしてみた自分の体験を元にWiMAXについてガッツリ解説をしていきます。

最後まで読んでもらえれば、トライワイマックスのこと、WiMAXをお得に契約する方法などがわかります。

是非お付き合いください!

WiMAXが気になるけど、どうしても事前に試したい

駅の広告やテレビCM、さらにはネットを見てて「WiMAX」を目にすることも多いのではないでしょうか。

WiMAXは、原則無制限で使える、めちゃくちゃ便利なWiFiルーターです。

WiMAXがあれば、スマホのデータプランは小さくできるし、自宅に光回線はいらなくなるしと、ぶっちゃけいい事が多いんですよ。

サトウ

僕も実際に1年間自宅のネット回線を解約して、WiMAXだけで暮らしてました

家族もいますが、意外と行けます。一人暮らしだったらまず問題ないんです。

そんなWiMAXですが、「使えない!」「つながらない!」という声があるのも事実。

実際にWiMAXは、その採用している電波の性質上、山間部や海沿いの人が少ないところは苦手です。さらに、ビルの奥まった場所なども、電波が届きにくくなっています。

Bちゃん

え、じゃあ契約したけど電波に満足できないってことがあるかもしれないってこと?

そうなんです。

もちろんエリア判定ページで調べることは可能ですし、僕の実感としてかなり信頼できる結果が出るんです。

でも、普段使う場所がビルの中だったりした場合、流石にエリア判定ページでも調べることができません。

そんなときは、どうすればよいのでしょうか。

サトウ

UQ WiMAXがレンタルを用意してくれているんです

UQ WiMAXが提供しているお試しレンタル「Try WiMAX」を使えば事前に確認できる

WiMAXを運営する本家本元「UQコミュニケーションズ」は、どうしても事前に使い勝手を知りたいという要求に応えて、「Try WiMAX」というサービスを用意してくれています。

これは契約前にWiMAXをレンタルでテストしてもらって、満足してもらえればそのまま契約してもらいたい、というものですね。

非常に良いサービスなので是非利用してもらいたいのですが、ひとつだけ注意点があります。

それは、

レンタル期間が終わっても、そのまま契約してはいけない

ということです。

UQ WiMAXで契約すると、キャンペーンが弱くて、結構損しちゃうんですよ。

これについては後ほど詳しく説明しますね。

その前に、貸出の条件などを見ていきましょう。

サトウ

そもそも借りられなかったら意味ないですからねー

貸出の条件は?

WiMAXをレンタルできることがわかったところで、貸出の条件を見ていきましょう。

まず、20歳未満の人は申し込みできません。

こればかりは仕方がないですね。もしあなたが大学生なら、ご両親などにお願いするしか無いでしょう。

次に申込者本人名義のクレジットカードが無い場合も申し込みができません。

レンタルした機器が未返却の場合には、このカードから引き落とされます。また、レンタル終了後にスムーズに契約まで進むためでもありますね。

また、過去180日以内にレンタルした人は申し込めません。

旅行の際に何度も使う、といった悪質な利用を防ぐためでしょうね。また過去に一度でもレンタルした端末を未返却の場合も申し込めません。

サトウ

それ以外の人は、基本的に申し込めばレンタルできます

お金は一切かからない

もしあなたがレンタルできる条件を満たしているとしたら、次に気になるのは費用ですよね。

Try WiMAXは、一切費用がかかりません。

事務手数料的なものや送料、さらには使った際の通信量もかかりません。

完全に0円でWiMAXの使い勝手を体験することが出来るんです。

サトウ

費用ゼロなら安心してレンタルに申し込めますよね

貸出機器

Try WiMAXでは完全に無料でレンタルできることがわかりました。

次にレンタルできる端末を見ていきましょう。

基本的に最新端末はすべてレンタル可能ですので、新しいものを選べば良いと思います。

ここでは最新のものから順に、簡単に紹介していきますね。

W05

まずは最新端末のW05。

メーカーは中国企業のHuawei(ファーウェイ)です。ファーウェイの正式名称は「華為技術有限公司」と言いますね。

ファーウェイの最新端末であるW05は、スリムな外観でなかなかかっこいいです。

サトウ

個人的にはWX04のほうが好きですけどね笑

サイズがちょっと大きいんですよ。長細い端末ってポケットに収まらなかったりして、ちょっと持ち運び不便なんですよね。

  • 理論上の最大速度が最速
  • スリムでかっこいい

ということを求めるのであれば、いい端末だと思います。

スペック面はWX04とほとんど変わらないですよ!

W04

「とにかく最高速度が速い端末がいい」

というあなたに紹介したいのが、Huawei(ファーウェイ)のW04です。

W04は、WiMAXの端末の中でもっとも最高速度が速い端末です。先に紹介した後継のW05と同等ですね。

その速度、なんと708Mbps。

もちろん理論値であり、そこまでの速度は出ないでしょう。

ただ、やはり端末の持つ最大速度が速いというのは、将来技術的発展を遂げてWiMAXの通信速度が早くなった場合にも安心です。

L01

次に紹介するのは、唯一のホームルーターとなる、L01です。

最近はWiMAXを自宅の固定回線として使う人が増えているそうです。

先日WiMAX関係者に聞いたところ、

「新規契約の10%がホームルーターになってますよ」

とのことでした。

実際に僕も、1年間WiMAXだけで生活していましたが、まったく問題なく使えてましたね。

転勤などで引っ越しが多い人にはピッタリじゃないでしょうか。光回線の工事は本当に面倒ですからねー。

さてL01の特徴は、以下となってます。

  • 据え置き型
  • コンセントが必要
  • 電波の感度がいい
  • WiFiの性能がいい
  • 同時接続台数が桁違いに多い

速度は正直なところ、モバイル型のルーターを変わりません。実測して比べたので間違いないです。

でも光回線がいらないけど、家族全員で使えるルーターが欲しい、という人にはオススメとなりますね。

WX04

サトウ

僕の一番のオススメは、このWX04です

しっかり使った上で、現時点ではこれがベスト。

WX04は、日本メーカーであるNEC製のルーター。やっぱり日本メーカーの端末は使い勝手がいいです。日本人向けなんですよね。

スペック的にはぶっちゃけ最初に紹介したW05とそれほど変わりません。

速度がどうとかはありますが、正直その場の電波次第なんで、最大速度にはそれほど意味はありません。

実際に僕がWX04、W05、WX03で速度を比べましたが、ほとんど変わりませんよ。

だから、

  • 最新である
  • 日本製である
  • サイズが小さい
  • バッテリーの持ちが良い

という点で、WX04をオススメしています!

古い端末も借りられるけど、意味がないので新端末を借りてください

紹介してきた端末以外にも以下の端末を借りることができます。

  • WX03
  • W03
  • W02
  • nocas Home+CA

しかしこれらは一世代〜二世代も古い端末となります。

これらをレンタルする理由もありませんので、無視していいでしょう。

普通にW05かW04、もしくはL01でレンタルしてください。

クレードルも借りられる

モバイルルーターには「クレードル」というものが付けられます。

こういった状態で端末を設置して利用します。

本契約の場合はオプションで3,000円程度かかりますが、Try WiMAXの時点では無料です。

数年間使ってきての感想ですが、個人的にはこのクレードルは不要です。

これがあるからと言って大幅に電波がよくなるとか、速度が速くなるわけでもありません。

もしレンタルしたかったらしてみてもいいとは思いますが、実際の契約では不要でしょう。

利用期間は15日間

Try WiMAXのレンタル期間は15日間です。

この「15日間」は、発送日から返却の到着日までとなっています。

届いてから返すまでではないので、注意が必要ですね。

あなたが住んでいるところが離島でなければ、長くて2日あれば届くでしょうから、それを計算して返却する必要があります。

サトウ

そもそも離島では、殆どの場合WiMAXは使えないでしょう・・・

クレジットカードの登録が必須

条件のところでも書きましたが、申込みには本人名義のクレジットカードが必須です。

本契約自体は口座振替でも出来るのですが、Try WiMAXは無理なようです。

理由を再度書きますと、

  • 未返却時の引き落としがされる
  • 本契約にスムーズに進める

ためですね。

クレジットカードを持っていない人は、とりあえずTryWiMAXの時点では、親族の方に借りてもらうのが良いかもしれません。

デビットカードの場合は書面での申し込み

クレジットカードがない場合、銀行のデビットカードで申込みができますが、書面での申込みが必要となるので、かなり面倒ですね。

やはりこういったものはネットでサクサクと進めたいものです。

それでも、どうしても試したいという人は、書面で申し込むしかありませんねー。

公式サイトから文面を引用しておきますね!

デビットカードにてお申し込みされる場合、または携帯電話/PHSのメールアドレスをお持ちでない場合は、書面でのお申し込みとなります。 「Try WiMAXレンタル申込書」のPDFファイルを印刷の上で必要事項をご記入いただき、本人確認書類のコピーを同封の上で、UQお客さまセンターまでお送りください。(宛名ラベルをご利用の場合、切手は不要です)

申し込み書類の郵送をご希望される場合は、資料請求フォームよりお申し込みください。

WiMAXが届いたら試すこと

さてここからは届いてからのことを解説します。

絶対に試してほしいことが3つあります。

  • 3日10GBの制限
  • LTEオプション利用での7GB制限
  • エリアの確認

3日10GBの制限

届いたらすぐに使える状態になっていますので、電源を入れて早速使っちゃいましょう。

もちろん手持ちのスマホやパソコンとのWiFi接続の設定はしてくださいね。

さて手持ちの端末と接続したら、ゴリゴリと使っていきましょう。

普段使う状況を想定しながら動画なんかもしっかり見て試しましょう。

そして特に試してほしいのが、どの程度使うと「3日10GB」の制限が適用されるのか、ということです。

かなり使わないと到達しないのは事実ですが、高画質の動画を数時間見ると、結構近づくのが体感できます。

WiMAX唯一の速度制限条件が「直近3日間で10GB以上利用する」こと。

これを体感として知っておけば、あなたの生活スタイルでWiMAXがベストな選択かどうかわかりますからねー。

サトウ

個人的には3日10GBで十分です

エリアの確認

次に確認してほしいのが、エリアです。

WiMAXはその電波の特性上どうしても苦手な場所があります。

それは「山間部や海沿いの人がいない地域」と「大きなビルの奥や地下」です。

WiMAXの電波は、反射しにくく届く距離も短いため、どうしても上記の場所が苦手です。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ2.5GHz

一方docomoやau、ソフトバンクの電波はそういったところもかなり届きます。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ800MHz

このような違いがあるのですが、どうしても僕たちは「WiMAXも大手スマホくらい届くんでしょ?」という前提で使ってしまいがち。

そして「WiMAX使えない」となってしまう場合があるんです。

WiMAXの電波はそもそも苦手な場所がある、ということをしっかり認識して、試してみてください。

サトウ

そして苦手な場所に遭遇したときに使うのが、次に説明するLTEオプションです。

LTEオプション利用での7GB制限

WiMAXはそのエリア(建物の中の電波状況も)が唯一の弱点です。

しかしちゃんと対策がしてあって、同じ企業系列であるauのLTE回線が使えるんです。

これを「LTEオプション」といいます。

ただ、このLTE回線の利用上限が7GBとなっています。

これは利用モードを切り替える必要があるんですけど、このLTE利用の上限7GBを超えてしまうと、無制限で使えるはずのWiMAXが、LTE回線じゃなくても使えなくなっちゃうんです。

サトウ

ちょっとわかりにくいので、こちらに解説記事を用意しました

このLTE回線を使うモードの上限も、しっかりと体感しておいてください。

サトウ

あ、もちろん、通常のWiMAXの電波が届かないなーって思ったときの利用に留める必要がありますよ。

僕の友人はこのモード切替に気づかずLTE回線を使い続けて、一瞬で7GB使って

「WiMAXめっちゃお遅いんですよね。。」

って言ってました。。。

Try WiMAXで試したら他社で契約がオトクに使うコツ!

さてここまでの内容で、Try WiMAXについての解説は終了です。

ここからは、Try WiMAXで十分満足して「WiMAXを契約しよう」と思ったときの知識です。

契約前に再度このページに来て読んでもらってもいいですし、今から読んで覚えておくのでもいいのですが、必ず目を通してください。

サトウ

WiMAXをオトクに契約するには絶対に必要なことですので!

WiMAXはどこで契約しても速度・エリアは完全に同じ

WiMAXっていうのは、本家「UQ WiMAX」が運営する回線を、数多くの「プロバイダ」が販売しています。

サトウ

プロバイダというのは、販売代理店みたいなものだと思えば大丈夫です

このプロバイダ選びが結構重要なのですが、覚えておきたい大前提がひとつだけあります。

それは、

UQ含め、どのプロバイダで契約しても速度とエリアは変わらない

ということです。

逆の見方をすれば、

プロバイダによって料金が大きく変わる

ということなんですよ。

最大で総支払額が40,000円程度は変わってくるので、その重要度がわかると思います

世の中には非常に安いプロバイダがあるので、UQだと損しちゃう

この世の中には、非常に安いプロバイダがあるのも事実なんです。

あるプロバイダは高額な現金キャッシュバックを実現していたり、またあるプロバイダは月額料金の割引が非常に大きかったりします。

本家UQと提携関係にあるプロバイダですが、その本家よりかなり安くなっているんです。

UQとしても、問い合わせ対応などのサポートや、契約や発送などの処理、さらには宣伝広告費を自社でまかなうよりは、パートナーとなるプロバイダと共存共栄にしたほうが効率的だと判断しているわけですねー。

WiMAXのプロバイダ選びについては、ランキング記事を全力で書きました。

Try WiMAXで「問題ない」と判断した人は、是非読んでみてくださいね!

 

最後に

この記事では、WiMAXを契約前に試したい!というあなたの為に、UQ WiMAXが提供している「Try WiMAX」について解説しました。

随分前にはなりますが、僕も実際にTry WiMAXを利用して使い勝手を体験し、その上で契約しました。

WiMAXは短くて2年、長いと3年の契約。安心して契約したいですからねー。

この記事を読んで、あなたのネット回線選びが少しでもスムーズに進むことを願っています。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, ポケットWiFi