ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

家のネット配線が苦手な女性に。ポケットWiFiは簡単便利!

      2018/07/16

AdobeStock_65948415

女性にとって、インターネット関連の諸々は非常にわかりづらいですよね。

男性のように小さい頃からの遊びの中で機械っぽいものに慣れる機会が少ないので無理もないと思います。

僕の妻もそういった類のことはものすごく苦手で、家のネットのプラン選びや会社選び、さらには契約から配線まですべて僕が決めて僕が手続きしています。

でも、自宅にネット回線自体はやっぱり欲しいですよね。それもできるだけ安く。

今回は、パソコンのオンラインゲームなどでヘビーに使う人ではなく、家にいる時はスマホが中心、たまにパソコンでオンラインショッピングや調べ物くらい、というひとたちに向けて書きます。

この記事ではそんな方が自宅のネット回線はどれを選ぶのがベストなのか解説していきます。

家で使えるネット回線はどんなものがあるのか

さて、まず始めに、家でインターネットをするためにはどんな回線の種類があるのかを挙げていきますね。

  • 光回線
  • ADSL回線
  • ポケットWiFi

概ねこの3つかなと言うところです。

次に、それぞれのメリット・デメリットを表にしました。

回線種類 メリット デメリット
光回線 最速 料金が高い
家でしか使えない
ADSL 特になし 結構高い
速度はそこそこ
家でしか使えない
ポケットWiFi 安い 速度はそこそこ
外でも使える

三者の長所・短所はだいたいこんな感じです。

で、やっぱりADSLは終わりゆくサービスということで、ちょっと除外して考えていきましょう。

NTTのサイトに行っても「光のほうがいいよ!」って思いっきり言ってますしね。

なので、このページでは光回線とポケットWiFiを比較して書いていきたいと思います。

自分に合ったネット回線選びが重要

自宅のネットの選びは、速ければよい、安ければ良いなどの選び方ではなく自分の生活や価値観に合ったものを選ばなければいけません。

例えば、オンラインゲームが大好きで、常にインターネットに接続しているようなライフスタイルを送っている人であれば、絶対的に光回線です。一択です。

でも普通の人は、自宅ではだいたいテレビとスマホで済んじゃう人がほとんどですよね。

あとはたまに大きな画面で調べ物がしたいときにパソコンを起ち上げるくらい。

そういう人にとって、光回線というのはちょっとオーバースペックかも知れませんね。

自分のライフスタイルを見つめてみて、スピード、容量、金額と、どんなネット環境が最適なのかを導き出していくことが重要です。

この記事ではそのお手伝いができればと思っています。

スマホとパソコンを同時に使うならWiFiは絶対

AdobeStock_72024124 (1)

この記事では、それほどネットのヘビーユーザーではない人に向けて書いています。

その前提で書いていくと、月々のスマホ代やネット代より、一回でも食事に行けたり、服を買ったりしたいのではないでしょうか。

となると、やっぱりドコモ・au・ソフトバンクへ支払っている携帯代を少しでも少なくするのがポイントです。

そして、プラスしてちょっとだけ利用するパソコンでのインターネット。

これらを考えると、スマホもパソコンもWiFiに繋いでネットをする必要があります。

そのWiFiには、大きく分けてふたつの方法があります。

  • 光回線でネットに繋いで、無線LANで電波を飛ばす
  • ポケットWiFiでネットに繋いで、そのポケットWiFiから無線LANを飛ばす

光回線では、有線で外部のインターネットに接続して、それを2つから3つの機器を経由して無線LANルーターに接続し、そこから家の中で使うWiFiを飛ばします。

こんな感じですね。

wifi-01

それに対してポケットWiFiは、端末ひとつで外のインターネットに接続し、さらにその端末で家の中で使うWiFiも飛ばします。

こんな感じです。

wifi-02

ネットライトユーザーの皆さんはこの仕組でWiFi接続すると、極力安く(速度は光にはかなわないものの)快適にインターネットを利用できるのです。

フレッツ光は使い放題・完全無制限だけど。。。

さて普通にネットをするだけの人にとってはオーバースペックでは、という意見で話を進めている光回線。

一般的にはNTTのフレッツ光が有名でしょう。

この光回線のメリットを改めて挙げてみましょう。

  • 基本的にはとにかく速い(混んでるとめちゃくちゃ遅いこともある)
  • 完全に月間データ通信量(ギガ数)が無制限。

固定回線の最大のメリットはこのふたつになります。

そしてまだ書いていないものも含めてデメリットがいくつか存在します。

  • 回線利用料+プロバイダー料金が高い(5000円近い)
  • 接続する機械が多い
  • 配線がごちゃごちゃする
  • 開通工事が必要で業者が家に入る
  • 開通工事に立ち会いが必要
  • 家でしか使えない

と言った感じですね。

さらに転勤や進学、就職など何らかの理由で引っ越さなければならない時、解約して機械を返却しなければいけないんですよね。

正直めんどくさいことが多すぎます。

それほど速度も求めていない、スマホ中心のライフスタイルでこんな面倒なことを抱えるのは、おすすめできないんです。

そんなにヘビーには使わない!という人はポケットWiFiがオススメ

AdobeStock_76132103

ということで、やっぱりポケットWiFiがオススメです。

そのおすすめする理由を順に説明していきますね。

理由1:ケーブル類無い!電源はUSBでOK!

ポケットWiFiはケーブルが無いんです。

もちろんバッテリーで動いていますので、スマホと同じようにUSBケーブルを使って充電する必要はありますが、あとは一本もケーブルがないんです。

しかも、光回線につきものの、どこをどの順番で繋いでいいのかわからない機械類も無し。

そしてそれらをつなぐケーブルも無し。

家の中がホントにスッキリシンプルになります。

あの機器類、部屋のどこにおいても邪魔だし、ホコリが溜まるし、ケーブルが多いので掃除もしにくい。それなのに1個1個が軽いのですぐに倒れる。

あのケーブルや機器類から開放されるだけでもポケットWiFiにする価値があると思います。

理由2:電波のあるところならどこでも使える!

ポケットWiFiは、家でも外でも使えます。実家に帰ってWiFiが飛んでなくても使えます。エリア内なら旅先でも使えます。

先程も述べましたが、急な転勤や進学などでの引っ越しでも、すぐに、というかそのままネットが繋がります。

光回線なら工事の日程を調整して、それが2-3週間先になることもザラ。さらに立会が必要なんです。

こういう身軽な点も、ポケットWiFiをオススメしたい理由です。

理由3:利用料が安い!月額3,000円を切る価格帯

ポケットWiFiは、ちゃんと選べばすごく安くネット環境を手に入れられるんです。

もちろんすべての会社のポケットWiFiが同じく安いわけではありませんが、適切な選び方をすれば、確実にネット代・スマホ代を安くすることが可能です。

安くするポイントは

  • 月間ギガ数無制限のサービスを選ぶ
  • そのサービスで安く契約する方法を選択する
  • スマホのデータプランを最低にする
  • 可能ならばスマホを格安スマホに乗り換える

なのです。

これらをもう少し下の方で順に説明しますね。

理由4:実質的にはデータ通信量(ギガ数)無制限

ポケットWiFiでは、7GBや12GBなどの月間データ通信量に上限を設けているサービスと、上限を設けずに使い放題のサービスがあります。

ココでポイントなのはかならず無制限のサービスを選ぶ必要があるということです。

ライトな利用であっても、ちょっと動画を多めに見ることもあるでしょうし、実家や離れている友達、また甥や姪がいればテレビ電話なんかも使うかもしれません。

こういったときに無制限でないと、突然ネットの速度が著しく低下して、所謂「パケ死」の状態に陥ってしまいます。

これを避けるためには必ずデータ容量無制限のサービスを選んでください。

現在「格安スマホの無制限プラン」のように遅くなく、現実的な速度で無制限プランを提供してくれているのは以下のサービスです。

  • スマモバ
  • ワイモバイル
  • WiMAX

次の章では、この中でどれを選ぶのがベストなのかを見ていきましょう!

家も外でも使うネットとしても使うならWiMAXがベスト

2016-08-04 18.26.44

結論から書きますが、家のネット回線をポケットWiFiにするなら、基本的にはWiMAX一択です。

スマモバとワイモバイルが、家のネット回線の代わりになりづらいのは以下の理由からです。

ワイモバイル・スマモバが自宅ネット回線を担えない理由

スマモバ

  • 料金が3,980円/月と高い
  • 3日3GB以上の利用で200kbpsという激遅な速度になる

ワイモバイル

  • 無制限プラン「アドバンスオプション」で4,380円/月と高い
  • アドバンスオプションはとても狭いエリアにしか対応していない
  • 3日3GB以上の利用でスマホのパケ死と同じ128kbpsに制限がかかる

ワイモバイル・スマモバはちょっと厳しい

これらの理由でスマモバ・ワイモバイルは自宅のネットの代わりにはなりづらいのです。

次にWiMAXが自宅のネット回線の代わりになり得る理由を見ていきましょう。

※WiMAXは正確には、現在はWiMAX2+というサービス名で展開しています。ただ、ちょっとわかりにくいし一般的にもWiMAXで通っている部分があるので、このままWiMAXでいきますね。

理由1:最安2,234円から使える月額利用料金

WiMAXは契約するプロバイダーによって、実際に支払う料金や、キャッシュバックの還元を含めた実質量料が変動してきます。

最も安く利用できるプロバイダーを選ぶと、なんと始めの二ヶ月が月間2,234円から、24ヶ月平均でも2,833円というお手頃価格での利用が可能になるのです。

プロバイダー選びは下の方でしっかり説明します!

理由2:ギガ放題プランで月間ギガ数無制限

ギガ放題プランを選択すれば、月間に利用できるデータ通信量が無制限になります。

WiMAXを検討しているのであれば、ギガ放題一択ですよ!

普通のプランは7GBが上限の、至って普通のポケットWiFiですからね。7GBを超えると128kbps。

正直これを選ぶ理由は一つもないと言っていいでしょう。

ただ、ギガ放題プランにも3日3GB以上の利用でかかる制限があります。

これについては次に説明しますが、こここそがWiMAXの最大の特徴でもありますよ!

理由3:3日3GBでかかる帯域制限中の高速通信

 

WiMAXは3日3GB以上の利用でかかる速度制限があります。

他の会社のサービスにもだいたい同じような設定で制限がかかります。

しかしWiMAXだけはこの速度制限時のスピードが圧倒的に速いんです。

6~7Mbps。

正直に言いますと、この記事を書いている今現在、僕の自宅のSo-netの光回線が混み合ってて2Mbps程度ですからね。。。

いや、これはこれでありえないんですけど(T_T)、それでもFacebookもTwitterも普通にできるし、YotubeでHD画質を見てみても普通に再生できます。

全く問題ないです。

実際に利用している人の声でも、「制限に気が付かない」という人も多いようです。

また、6~7Mbpsの制限がかかるというものの、実際には10Mbps以上出たという話もあります。

ということで、ライトユーザーにとっては速度制限については全く気にしなくていいのではないでしょうか。

WiMAXを使うならどこの会社がいいのか

AdobeStock_99607170

さてWiMAXを選ぶ理由と、他の会社のサービスを選択べきでない理由を書いてきました。

次に気になるのは「どの会社でWiMAXを契約したら安くなるの?」ってことですね。

WiMAXは「UQコミュニケーションズ」と言う会社の運営するサービスを、プロバイダーが販売代理しているかたちを取っています。

ですので、プロバイダーによって回線スピードやエリアは変わらないのですが、割引やキャッシュバックの額が大きく変わってきます。

そこで以下の3つをご紹介します。

  • 最安:GMOとくとくBB
  • そこそこ安くて更に他のメリットがあるもの:3WiMAX
  • ちょっと高いけど他にないメリットがあるもの:BroadWiMAX

最安2,234円から使うならGMOとくとくBB

  • 10月中最大34,000円のキャッシュバック
  • 実質利用料は24ヶ月平均2,833円、2年間の総支払額が最安
  • 20日以内ならキャンセルOK

WiMAXオススメプロバイダーの最安は、「GMOとくとくBB」です。

このプロバイダーの最大のおすすめポイントは何と言っても34,000円の大きなキャッシュバック(2016年10月中)。

とにかく安く利用したいひとはこのプロバイダー一択でしょう。

キャッシュバック利用での実質利用料を見てみましょう。

期間 請求費用 CB※適用後
ご利用開始月 0円 0円
1〜2ヶ月目 3,609円 2,234円
〜24ヶ月目 4,263円 2,888円
CB適用2年間合計 68,004円
補足 さらに毎月100ポイント進呈

※CB=キャッシュバック

このように実質的な月額利用料が二年間平均で2,833円ほどとなり、二年間の総支払額は68,004円となります。

キャッシュバック適用が必要ながらも、最も安いプロバイダーとなります。これは大きな魅力と言わざるを得ません。

しかも、以前はなかったと思うのですが、20日以内ならキャンセルOKという点も見逃せませんね。

実際に契約してみて思い通りの品質ではなかった場合、キャンセルができるのです。これも他には無いメリットとなります。

ただ、注意点はキャッシュバック申請が面倒なところです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受取の主な条件は以下となります。

  • 端末お受け取り月を含む11か月目にメールが来る
  • そのメールアドレスは契約時にプロバイダーから与えられたもの
  • そこから振込指定の口座に翌月末振込
  • メール送信日の翌月末までに口座を連絡しなかった場合、キャッシュバックは無効
    ※他の条件は公式サイト御覧ください。

これらのちょっとキツめの条件がありますので、ご注意くださいね。

公式サイトはこちら

【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大34,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

キャッシュバック申請忘れが怖い人は、オススメランキング1位のBroadWiMAXを御覧ください。


機種を選びつつできるだけやすくするなら3WiMAX

  • 28,000円のキャッシュバック
  • 端末選び放題
  • 端末を自由に選びながら実質利用料を下げるならココ

3WiMAXの魅力は、GMOとくとくBBには及ばないものの、28,000円という大きなキャッシュバックに加えて、端末を選び放題なところです。

GMOとくとくBBでは端末を選ぶのに条件があるのですが、こちらは選び放題。

最新の端末で安定した通信を実現したい人はこちらをお選びください。

それではGMOとくとくBBと同じく、実質の月額利用料を見ていきましょう。

期間 請求費用 CB※1適用後
ご利用開始月 3,495円を日割り
1〜2ヶ月目 3,495円 2,328円※2
〜24ヶ月目 4,263円 3,096円※2
CB適用2年間合計 72,768円

※1CB=キャッシュバック
※22小数点切り上げ
※CB適用2年間合計にご利用開始月は含まずに計算しました

このように、端末を自由に選びながらも24ヶ月平均で月額3,032円の実質利用料。これはうれしいですね。

こちらもキャッシュバック受取には注意してください。
以下が主な条件となります。

  • 13ヶ月後の15日にメールが配信される
  • メールアドレスは3WiMAX会員メールアドレスとなる
  • そのメールから口座指定をする
  • 開通月から15ヶ月目末に振り込まれる
  • 口座の不備やメール送信日の翌月末までに口座情報を送らなかった場合は無効
    ※他の条件は公式サイト御覧ください。

このようにこちらもGMOとくとくBB同様厳し目の内容となっています。

公式サイトはこちら

KDDIのWiMAX【3WiMAX】

キャッシュバック申請忘れが怖い人は、オススメランキング1位のBroadWiMAXを御覧ください。


確実にネット代を安くするならBroadWiMAX

  • 月額料金から割引でわかりやすい
  • キャッシュバック申請忘れの恐れがない
  • ご満足保証でライフスタイルの変化も安心

最後は、キャッシュバックではなく純粋に月額料金から割引をしてくれるBroadWiMAXです。

個人的にはキャッシュバック申請漏れが怖いので、こちらをオススメします。

それでは早速料金を見てみましょう。

期間 通常月額 割引適用後
ご利用開始月※1 4,041円 2,856円を日割り
1〜3ヶ月目 4,041円 2,856円
〜24ヶ月目 4,263円 3,541円
2年間合計 82,929円

※1一ヶ月目にあたります
※2年間合計にご利用開始月の日割りは含まずに計算しました

このように3位 GMOとくとくBB、2位の3WiMAXと比較して二年間の料金は高くなってしまいます。

ただ、キャッシュバックのことを気にして1年間生活することを思えば僕はこちらをオススメしたいです。

キャッシュバック申請を忘れたら、本当にただの高額なポケットWiFiになっちゃいますからね。。。

そしてその他にも良い点があります。それは「ご満足保証」です。

繋がりにくい場合は違約金なしで乗り換えが可能な「ご満足保証」

WiMAXを契約する前には、それぞれのプロバイダーの公式サイトで提供エリアを確認してください。

ただ、利用する地域がエリアに入っていることを確認しても、万一電波が入らない、遅いなど通信品質に満足できない場合があるかもしれません。

その場合はBroadWiMAXが提供する「ご満足保証」を使えば、他のネットサービスに違約金なしで乗り換えができるのです。

これは、通信品質に満足できない場合はもちろん、急な転勤や、進学などで遠方に引っ越した場合にも利用できます。

引っ越した先の地域がWiMAXを利用できない地域だったら、無駄になってしまいます。しかしこの保証のおかげで、固定回線やLTEを使ったポケットWiFiに切り替えられるので安心です。

BroadWiMAXの公式サイトはこちら

WiMAX使い放題2,856円!月額支払い最安WiMAX。即日発送ですぐにご利用可能

BroadWiMAX

デメリットはほぼ無いけれど、電波の状況は確認が必要

Woman use of cellphone and standing at Tokyo city staton

Woman use of cellphone and standing at Tokyo city staton

ここまで見てきたWiMAXのサービス内容。

ヘビーユーザーでない、通常のネット利用であれば、自宅のネットを十分にまかなえるものだということがご理解いただけたかと思います。

ただ、唯一の弱点はエリアです。

エリアに関しては各プロバイダの公式サイトで確認できますので、しっかりと確認してから検討してください。

とは言え、BroadWiMAXの「ご満足保証」GMOとくとくBBの20日間キャンセル、3WiMAXも公式サイトに明記していないものの、乗り換えサービスがあります。
※3WiMAXに電話して確認しましたので間違いありません。

これらを利用することで、それほど恐れることはないでしょう。

ダメだったら各社提携の他のサービスを使う、GMOとくとくBBならキャンセルするという軽い気持ちで申し込んでしまっても良さそうですよ。

ネットで簡単に契約の申込可能。その後の導入方法は

それでは契約後にWiMAXを利用するまでの流れをご説明します。

  1. ネットでプロバイダーの公式ページから申し込むと、最短で即日発送されます。
  2. その後届いた端末を箱から取り出して、同梱の契約書に目を通して契約内容を確認しましょう。
  3. おそらくバッテリーは多少充電された状態で届くはずですが、せっかくなのでUSB端子を使って充電しながら接続の操作を進めていきましょう。
    充電にはiPhoneなどで使えるコンセントをUSBに変換してくれるプラグを利用すると便利ですが、パソコンに接続しても充電可能です。
  4. 同梱の書類のなかに「SSID」と「パスワード」が記載された紙が入っているはずですので、それを取り出します。
  5. WiMAX端末の電源を入れ、パソコンやスマホのWiFi設定画面を表示します。
  6. 端末固有の「SSID」がWiFi設定画面に表示されたら、それを選択してパスワードを入力します。
  7. しばらくすると利用可能になります。

最短だと契約翌日から利用開始できるのも、こういったポケットWiFiの大きな魅力ですよね。

またスマホのテザリングのように接続に手間もかかりません。

何よりスマホのテザリングはバッテリーを大きく消費しますので、充電切れを避ける意味でもポケットWiFiの利用は大きなメリットがあるのです。

まとめ

ここまで説明してきたように、ポケットWiFi(WiMAX)を利用してデータ通信にかかるお金を節約すると、光回線などのネット回線を契約しないことが可能になるのです。

さらに、スマホ代までも節約できてしまうのです。

自宅のネットは光などの固定回線という固定観念を捨て、さらにスマホのデータ通信も極力WiMAXに分担することで、毎月の支払額を抑えることができます。

その分で洋服や美味しい食事にお金を使いたいですよね。

併せて格安スマホを利用すると、さらにネットにかかるお金を節約できますよ。

よかったらこちらの記事も読んでみてくださいね。

→ 格安スマホって何?今更聞けない基礎知識!これを読めば誰でも理解出来る!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, ポケットWiFi, 実利用レポート , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,