S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト2021年夏に完成予定!岡山最高層マンション「杜の街グレース岡山ザ・タワー」もチェック!

   

岡山県岡山市にて「杜(もり)の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」が進行中です!完成は、2021年夏予定。

建設されるのはイトーヨーカドー岡山店跡地で、岡山駅からも徒歩圏内の、利便性の高い広大なエリアです。

この「杜の街グレース」は、住居スペースとしての「杜の街ヴィレッジ」(タワーマンション)、人が集う「杜の街ゾーン」(商業・ヘルスケア施設、オフィス商業棟など)の2つのブロックで構成されています。

この記事では、「杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」全体の概要やコンセプト、岡山最高層になる予定のタワーマンション「杜の街グレース岡山ザ・タワー」、その他施設の概要などをご紹介します。

杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクトの詳細

「杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」は、岡山市の大型商業施設だった「ジョイフルタウン岡山」内のメイン施設「イトーヨーカドー岡山店」跡地で進行中の、複合開発プロジェクト。

広大な敷地内で緑を中心にデザインされており、住居スペースや、オフィス棟、商業施設などが建設予定です。

「杜の街グレース」施設概要

施設名称 杜の街グレース
住所 岡山県岡山市
北区下石井二丁目
構造 鉄筋コンクリート造
一部鉄骨造
用途 共同住宅
オフィス
商業施設
ヘルスケア施設
駐車場

「杜の街グレース」は、下記の2つのブロックに分けられます。

  • 第一ブロック:「杜の街ゾーン」
  • 第二ブロック:「杜の街ヴィレッジ」

では、それぞれのブロックについて、みていきましょう。

第一ブロック:杜の街ゾーン

「杜の街ゾーン」は、

  • 商業・ヘルスケア施設棟
  • オフィス・商業棟
  • 店舗棟
  • 商業棟 駐車場

が建設され、“人が集うゾーン”となります。

第二ブロック:杜の街ヴィレッジ

「杜の街ヴィレッジ」は、高層マンション「杜の街グレース岡山ザ・タワー」が建設される、人々の居住エリアになっています。

そして、それらの街の中心には「緑の回廊」となる“プロムナード”が設けられます。

施設コンセプトは?

「杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」のコンセプトは、

杜と出逢い、杜と交わり、杜と暮らす。」

となっています。

そこには、岡山都心のエリアに、“緑豊かな環境に優しい街づくりを行う”という想いや、“新しい豊かさをこの街から考える”という想いが込められています。

そして、「杜の街グレース」をひとつの生命体として考え、人・街・杜が影響し合いながら成長・発展・変化し続けるサステイナブルな環境を作るということが、目的として掲げられています。それは、「歩いて楽しいまちづくり」「子どもに楽しいまちづくり」「世界に通じるミジュアリーナまちづくり」を目指すということです。

「ミジュアリー」とは、当プロジェクトの事業主である両備グループ代表兼CEOの小嶋 光信氏が作った造語で、

「ミドルクラス以上の生活で、ちょっと精神的にも文化的にも心豊かなラグジュアリーなライフスタイルを求めている顧客層」

という意味があるそうです。

施設のイメージは?

「杜の街グレース」は、旧イトーヨーカドー岡山店の広大な跡地に建設されています。敷地内には店舗棟、オフィス・商業棟などがありますが、どの施設も多くの緑が配置される予定です。

また施設内のタワーマンション「杜の街グレース岡山 ザ・タワー」は全面ガラス張りの高層ビルで、低層階は石造のような重厚なデザインとなっています。

デザイン監修は、水戸岡鋭治氏

「杜の街グレース」のデザインは、岡山出身の世界的有名デザイナーである水戸岡鋭治(みとおかえいじ)氏が、総合監修を務めています。水戸岡氏は、「杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」の事業主である、両備グループのデザイン顧問も務めています。

水戸岡氏は「毎日デザイン賞」など多くの受賞歴があり、過去にデザインを手掛けたものには、

  • 九州内をめぐる豪華寝台列車「ななつ星in九州
  • 大阪ステーションシティ(8つの広場)
  • 超低床路面電車「MOMO

などがあります。

また、「おかやま夢づくり顧問」として、公共施設やサインもデザインをしており、岡山の街では至る所で水戸岡デザインを見ることができます。

岡山最高層マンション「杜の街グレース岡山 ザ・タワー」の詳細

杜の街グレースの、“杜の街ヴィレッジ”には「杜の街グレース岡山 ザ・タワー」が建設される予定です。

地上37階地下1階という超高層ビルで、岡山県で最高層の高さとなるそうです!

マンションには、

  • 眺めの良いスカイラウンジ
  • ゲストルーム
  • シアタールーム
  • コンシェルジュサービス

など、ラグジュアリーな設備やサービスが揃うそうです。

「(仮称)杜の街グレース オフィス・商業棟」の概要

オフィス商業棟は、地上10階地下1階のビルで、延床面積は23,773㎡になります。

オフィスはワンフロアあたり約600坪で、間仕切りが可能。3階には有効面積450坪の貸し会議室が設けられ、イベントにも対応予定ということです。

また、ケータリングや料理教室にも利用できるよう、ダイニングキッチンの設置も検討されています。

地下には自転車通勤を想定し、汗をかいた際の着替えにも便利な、ロッカールームとシャワー室が使える自転車置場が設置されます。また、樹木や植栽を立体的に配置した「ステップガーデン」など、個性的な空間のデサインがなされています。

では、「オフィス・商業棟」の概要をみていきましょう。

「(仮称)杜の街グレースオフィス・商業棟」の施設概要

施設名称 (仮称)杜の街グレース
オフィス・商業棟
所在地 岡山県岡山市
北区下石井
二丁目10–107
建物規模 事務所棟:地上10階
ガレージ棟:地下1階、地上3階
敷地面積 16,797.22㎡
延床面積 約24,103㎡
竣工年月 2021年2月(予定)
入居時期 2021年7月(予定)

OHK岡山放送本社が移転

また、こちらのオフィス・商業棟には、OHK岡山放送本社が移転を予定しています

10階建てのビルのうち、OHKは8階〜10階の3フロアを所有するとのこと。2021年7月には本社機能を移転する予定となっています。

同社は、2014年に常時見学をすることができる「OHKまちなかスタジオミルン」をイオンモール岡山に開設しています。

そして、この「スタジオミルン」のように、杜の街グレースに移転後の本社も、開かれた施設として、多目的ホールが設置され、社会見学の受け入れも行われる予定です。

入居予定のテナント一覧

「杜の街グレース」に入居予定のテナント情報は、残念ながらまだわかりませんでした。

詳細が発表され次第、情報を更新していきます!

アクセス・駐車場情報について

「杜の街グレース」は、岡山駅と市役所の中間に位置する下石井エリアに位置しています。

最寄り駅は「JR岡山駅」で、徒歩12分という好立地です!

オープン時期は?

「杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」は、2021年夏に完成予定です!

「杜の街グレース岡山 ザ・タワー」の竣工は、2021年8月予定で、入居は2021年12月からの予定になっています。

まとめ

この記事では、「杜の街グレース第Ⅰ期プロジェクト」の施設概要やコンセプト、「杜の街グレース岡山 ザ・タワー」や商業・オフィス棟の概要などをご紹介しました。

杜の街グレースの開発地は、ジョイフルタウン岡山の旧イトーヨーカドー岡山店跡地に建設されています。

ジョイフルタウン岡山は、1998年にJT岡山工場跡地にて開業しましたが、2014年にイオンモール岡山がオープンしたことにより業績が悪化。2017年2月に閉店になってしまったという過去があります。

今回の開発で、この土地がまた賑わいを取り戻した姿を見るのが楽しみですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 中国・四国, 行きたい・行った