S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

WiMAXおすすめプロバイダ比較はこのページにお任せ下さい!

AdobeStock_65948415

どもです。S8です。モバイル回線マニアです。

WiMAXのプロバイダってどこを選んだら良いかほんとにわかりづらいですよね。

どこもメリット・デメリットがあって、かなり詳しい僕でも「あれ?どうだっけ」って調べなおすことが多いです。

この記事では、WiMAXのプロバイダについて調べているあなたのために書いています。

実際に固定回線を解約してWiMAXだけを使っている僕が、主な会社全てを比較して解説しています。

最後まで読んで頂けたら、おそらくプロバイダで迷うことはないはずです!

それではまずは、WiMAXについてざっと説明します!

目次

WiMAXはギガ放題でないとメリットが少ない

AdobeStock_61763328

さて、前提としての話になりますが、WiMAXを契約する場合、やっぱりギガ放題一択でしょう。

そこが最大の強みですからね。

WiMAXには月間7GBのプランもあるんですけど、ぶっちゃけ意味ないです。契約しちゃダメ。

WiMAXはガンガン使い倒してナンボです。やっぱり月間データ量無制限は絶対正義です。

それでは次に、プロバイダによってどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

WiMAXにプロバイダによる速度やエリアの違いはない

まず、非常に大きな前提として覚えておきたいのが、

WiMAXのプロバイダ会社による速度やエリアの違いは一切ない

ということです。

ほぼすべてのプロバイダが、「UQコミュニケーションズ」という会社の提供しているWiMAX回線を利用しているんです。

3WiMAXというプロバイダだけ、一応KDDIの回線を使っていると言っています。しかしKDDIは系列企業ですから、実質すべて同じ回線を使っているのです。

これにより、どのプロバイダを選んでもまったく変わらない品質でWiMAXを利用することが出来るのです。

では、WiMAXのプロバイダってどうやって選ぶのでしょうか。

次はそこをお伝えしたいと思います。

WiMAXのプロバイダを選ぶポイントは料金とキャンペーンだけ

WiMAXのプロバイダはエリアや速度に違いはないことはすでにお伝えしました。

そう、違うのは以下の2つだけ。

  • 料金プラン
  • 現金キャッシュバックなどのキャンペーン

WiMAXのプロバイダ選びで注目しなければならないのは金銭面だけなんですねー。

他のことはほとんど気にしなくていいのです。

で、WiMAXプロバイダには大きく分けて2つのタイプがあります。

それは、

  • 家電量販店などの実店舗型
  • ネットだけで完結するネット型

となります。

それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう!

実店舗型プロバイダでの契約は絶対におすすめできない

adobestock_71513492-1

まずは街や駅前に大きな店舗を構える家電量販店から見ていきましょう。

そう。家電量販店だってワイマックスプロバイダの一種です。

でも、少しでもお得に契約したい場合、家電量販店では絶対に契約しないほうがいいです。

実店舗型のプロバイダはめちゃくちゃ高いです。

量販店名 プロバイダ名 ギガ放題料金
税抜/月
7ギガプラン料金
税抜/月
ヤマダ電機
ベスト電器
YAMADA Air Mobile
WiMAX
4,380円 3,696円
ビックカメラ
ソフマップ
コジマ
BIC WiMAX
SERVICE
4,380円 3,696円
ヨドバシカメラ ワイヤレスゲート 4,380円 3,696円
エディオン エディオンネット 4,380円 3,696円
ケーズデンキ KT-WiMAX 4,380円 3,696円
ノジマ nojima WiMAX サービス終了 サービス終了

ネット型のプロバイダなら、ギガ放題で実質月額が2,800円程度まで下がりますから、実店舗型で契約すると「損」をしてしまうんですよ。

どうして実店舗型の月額料金はこんなにも高くなっているのでしょうか。

実店舗型のプロバイダの月額料金が高い理由は?

疑問

実店舗型のプロバイダの月額料金は、ネット型に比べてかなり高くなっています。

それはやはり実店舗であるがゆえの料金設定なのです。

理由は以下となります。

  • 店舗の土地代・人件費・光熱費を回収しなければならない
  • ネットで調べない人がターゲットであり、そういう人は比較しない

量販店の店舗には、ワイマックスだけでなく様々な商品が陳列されています。そして、バックヤードにはその在庫を保管しておく場所も必要です。

また、朝から夜まで非常に明るい照明や快適な店内を保つための空調、さらには家電製品を動かすためなど、とにかく沢山の電気を消費します。

さらに、契約の説明に対応する店員の人件費も大きなものとなってきますよね。もちろん家電製品の説明をするための人件費も含まれます。

こういった経費全てがワイマックスの月額料金に加算されているのです。

正直、すべて店側の都合ですよね。

また、今時家電量販店でWiMAXを契約する人は、言い方は少し乱暴になりますが、ネットでの情報収集が苦手な人です。

そういった人は価格の比較などが苦手ですから、高くても「そんなもの」と思ってしまいます。

店側からすれば、高くても契約してくれるようなお客さんに、わざわざ安くする必要はないですからね。

もちろん面と向かって説明を聞けるのは良いのかもしれませんが、それで月額1,500円ほど、2年の契約期間で36,000円ほど高くなるのは、ちょっともったいないですよ。

この記事を読んでいるあなたは心配ないと思いますが、WiMAXを安く使うのであれば、絶対に家電量販店で契約をしてはいけないのです。

WiMAXを契約するなら、ネット型プロバイダ一択です。

WiMAXはインターネットで契約できる会社の中から選ぶのが絶対条件

adobestock_124807029-1

何度か述べていますが、WiMAXを契約するなら、絶対にネット経由での契約がおすすめです。

店舗の地代/家賃や在庫、改装費や常駐する店員の人件費などが一切かからない分、家電量販店に比べてかなり安く契約できるようになっています。

実際に家電量販店で接客を受けてきましたが、正直、ネットで有益な情報を得ることが苦手な人に向けたサービスです。

確かに、ネット系の情報に詳しくない女性や高齢の方などであれば、しっかり説明してもらったほうが安心できるのはわかります。

ただ、店舗はネットでの契約に比べてあまりにも高い。

即日で受け取れることと、対面で説明を受けることだけがメリットです。

いまは、ネット型の主要なプロバイダであれば、即日〜数日で発送され、届いた当日から思い切り使うことができますので、よほどせっかちな人でない限りはネットで契約しましょう。

実際店舗まで行く時間ももったいないですしね。

それでもやっぱり、説明がないと不安!

という人は、この記事を読んでいただければ大丈夫かと・・・笑

それではネットで契約できるプロバイダーを見ていきましょう。

オススメのところから紹介します!

と、その前に。。。。

分かりにくいのでキャッシュバック一覧表を作りました

分かりにくいのでキャッシュバック一覧表をつくりました。

やっぱりどう考えても金額面では3WiMAXがオトクなんですよね。。

そして2位のBroadWiMAXも、確実に安くするためにはおすすめです。

一応オススメ順位を1〜3位までつけてますが、ぶっちゃけ3WiMAXかブロード以外を選ぶ理由は無いと思います。

 

※2018年1月現在の情報

さて、それではどのプロバイダーがオススメなのでしょうか。

僕のオススメプロバイダを見ていきましょう。

絶対に迷わせないWiMAXのプロバイダ選び

さて、ここまで読んで頂いて、

「WiMAXはどこで契約すればいいの?」
「違いとかよくわからないからわかりやすく教えて」

と思われているあなたに向けて、絶対に迷わせないプロバイダ選びを提案します。

僕の提案するプロバイダ選びの選択肢は2つ。

あなたの好みや性格に合わせて選べるようにしますので、ご安心を!

まずは選択肢について簡単に説明しますね。

WiMAXプロバイダ選びの選択肢について

WiMAXのプロバイダは、非常にざっくり分けると3つのタイプに分かれます。

  1. 高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め
  2. キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい
  3. 1と2の中間で、ほどほどのキャッシュバックとほどほどの月額割引

この3タイプから選ぶことになります。

そして僕の中で、3はないかなーと思います。

なぜなら、

  1. 料金が複雑で非常に比較がしづらくなる
  2. 契約期間の総支払額で言うと、ちょっと高い

からなんです。

だから、僕は1と2から選ぶことをオススメします。

1と2の比較ポイントはめっちゃカンタンです!

1の「高額キャッシュバック/月額料金が高い」プランの特徴は、

  • 契約期間総額が最安
  • キャッシュバック申請が必要で、それを忘れる確率が非常に高い

ということです。

これに対して、2の「キャッシュバックなし/月額割引が大きい」プランの特徴は、

  • 契約期間総額だとちょっと高い
  • キャッシュバック申請が不要なので確実に安くなる

ということなんですねー。

もちろん1と2に分類されるプロバイダでも、細かい違いなんかは色々あります。

ただ、まずはこの違いを抑えておくと良いですね。

で、気にするべき大きなポイントは

キャッシュバックの手続きがかなり面倒

という一点です。

「キャッシュバック手続きの面倒さ、忘れやすさ」

と、

「契約期間総額の支払額」

のどちらを取るかということなんですねー。

ポイント!

  • キャッシュバックは面倒だけど総支払額が安い
  • キャッシュバック手続きなど一切ないけど総支払額がちょっと高い

というふたつのタイプから好みに合わせて選びましょう。

それではまずは、1の「高額キャッシュバック型」プロバイダについて見ていきましょう。

高額キャッシュバック型プロバイダについて

30,000円を超えるような現金がもらえる、高額なキャッシュバック型プロバイダの特徴は以下となります。

  • 契約期間中の総支払額が最も安くなる
  • キャッシュバック申請を忘れる人が多数発生

ということなんですねー。

まず、契約期間中の総支払額が最も安くなります。これは間違いないです。

ただそれと引き換えに、キャッシュバック申請の手続きがめちゃくちゃ面倒で難しいのです。

で、このキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、当然現金がもらえません。

高額キャッシュバック型の月額料金は高めに設定されています。

ですので、こうなってしまうとまったくお得感のない「高いWiMAX」を契約期間中ずっと使うことになります。

この「キャッシュバック申請方法」をざっくり解説します。

代表的なキャッシュバック申請方法

キャッシュバック申請をして大きな現金をもらう場合の、代表的な流れを見ていきましょう。

  1. 契約を申し込む
  2. プロバイダ支給のメールアドレスが作られる
  3. 契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る
  4. そのメールに返信する形で、振込先を連絡する
  5. 連絡した翌月末などに指定した振込先に入金される

高額キャッシュバックをもらえるプロバイダの場合、この流れが一般的ですね。

ここでの注意点は、

2の「プロバイダ支給のメールアドレスが作られる」

と、

3の「契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る」

ところです。

「契約後11ヶ月後などにプロバイダのアドレスに通知が来る」ことのデメリット

これは非常に面倒な仕組みです。

最近では、やはりスマホでメールを管理することが多いですよね。

大事な通知は携帯電話会社提供のメールアドレスや、Gmailなどを使うと思います。

こうすることで、スマホで受信できて忘れずに支払いなどができるわけです。

ただ、これが「プロバイダ支給のメールアドレス」への通知のみとなると話が変わってきます。

そもそもこの通知だけの為に、スマホのメール設定をするのも現実的ではありません。そんな面倒なことしたくないし、やり方がよくわからない人も多いと思います。

だから、僕らがやることは

  1. 11ヶ月後にメールが来ることを覚えておく
  2. 11ヶ月経ったらプロバイダのマイページなどにログインする
  3. そのマイページでメールをチェックして振込先を連絡する

という流れになります。

また、3の連絡については、多くの場合1ヶ月以内です。これを過ぎるとキャッシュバック分の現金がもらえません。

どうですか?

こんなこと、やっぱり僕なら面倒だなーって思っちゃいます。

マイページへのログインIDとパスワードだって覚えていなくてはいけないですしね。

この複雑な手続きのおかげで、おそらく一定数の申請漏れがあるのは間違いありません。

そしてその申請漏れの比率を計算した上で、キャッシュバック額を決定しているはずなんです。

こういったカラクリで、高額キャッシュバックが実現できているわけですねー。

高額キャッシュバック型が最安なのは間違いない

でも、高額キャッシュバック型のプロバイダが最安なのは間違いないんです。

だから、上記手続きを

「絶対忘れない自信がある!!」

という人は高額キャッシュバック型プロバイダでの契約がオススメとなります。

ポイント!

高額キャッシュバックの申請はかなり面倒だけど、やっぱり総支払額は最安です

高額キャッシュバック型のプロバイダで現在もっともオススメなのは3WiMAXというプロバイダです。

それは単純にキャッシュバック金額が最大だからです。

業界最高の33,000円のキャッシュバック!3WiMAXの特徴

3WiMAXは、2018年1月現在、業界最高の33,000円のキャッシュバック額を誇ります。

次点は、「GMOとくとくBB」の32,000円ですね。高額キャッシュバック型プロバイダはこのふたつ以外は気にしなくて大丈夫です。

WiMAXはプロバイダによる通信品質に違いはありません。

速度もエリアも、速度制限の条件もすべて同じです。

ですから、キャッシュバック型のプロバイダを選ぶなら、2年間総支払額のみで考えれば良いのです。

そして、2018年1月現在、業界最安のWiMAXプロバイダは「3WiMAX」なんです。

ここで「3WiMAX」と「GMOとくとく」の2年総額料金を比較してみましょう。

「3WiMAX」の2年間総支払額: ¥70,345
「とくとくBB」の2年間総支払額: ¥74,513

キャッシュバックの受取方法は、メールが来るのが11ヶ月後か13ヶ月後かの違いだけで、後は同じです。

ということは、どう考えても3WiMAXでの契約がもっともお得だということになりますよね。

もし

「絶対キャッシュバック申請忘れない!」

という人は

3WiMAXでの契約がオススメです。

3WiMAX公式サイト

キャッシュバック申請、忘れそう。。。という人は

でも、やっぱりこのキャッシュバック申請はハードルが高い。

実は僕も以前契約していたフレッツ光のキャッシュバックをすっっっっかり忘れちゃってまして、ものすごく悔しい思いをしたことがあります。

確か30,000円だったと思います(汗)

それ以来キャッシュバック系のプランは一切契約しないようにしています。

僕と同じように

「キャッシュバック申請に自信がない」

という人は、キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい「月額割引型」プロバイダでの契約がオススメです

僕もそうしてますし。。。苦笑

月額割引型プロバイダについて

月額割引型プロバイダにはどんな特徴は、

  • 面倒なキャッシュバック申請が一切ない
  • 契約期間中の総支払額は最安ではない

ということですねー。

エリアや速度なんかは一切替わりませんので、キャッシュバック申請の手間と総支払額だけで選べばよいのです。

僕もそうなのですが、とにかく一度契約してしまったら自動引落にして、支払いのことは忘れたい。

キャッシュバックのことを11ヶ月とか13ヶ月とか覚えておいて、スマホのカレンダーに登録して、IDとパスワードを覚えておいて、さらにキャッシュバック申請の手続きも覚えておく。

こんなことしたくないですもん。。。

僕と同じように、

「面倒なことは最初だけにしてあとは何も気にせず使いたい」

という人は、月額割引型のプロバイダにしましょう。

ポイント!

契約期間中の総支払額が多少高くなっても、面倒な設定とかキャッシュバック申請はしたくない人は、月額割引型を選びましょう

月額割引型のオススメプロバイダ

僕が契約したのは月額割引型プロバイダの「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」です。

このプロバイダは以下の特徴があります。

  • 運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手
  • 月額料金が業界最安級の月額2,726円〜
  • 端末代0円
  • ご満足保証で乗り換え可能
  • 8日間の初期解約制度で端末も返却可能

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

よくわかんないところもあると思うので、1つずつ簡単に説明しますね。

運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手

スマホを持つ女性

ブロードワイマックスを運営するのは「リンクライフ」という会社で、親会社は「オールコネクト」という会社。

実はこのオールコネクトという会社、WiMAXやネット系ではそこそこ有名な会社で、固定回線やポケットWiFiをいくつも提供している大手企業なんです。

僕も最初は知らなかったのですが、偶然にも契約したのが全部オールコネクトの提供しているサービスでした。

さらにWiMAXやポケットWiFiについて調べていくうちに、ほんとに沢山のサービスを提供している会社だということもわかりました。

これだけ実績ある会社ですから、運営についても安心できますよね。

月額料金が業界最安級の月額2,726円〜

次に肝心の料金について見ていきましょう。

ブロードワイマックスは月額割引型なので、月額料金が非常に安くなっています。

キャッシュバック型は月額料金が高いので、使い放題プランの場合毎月の引き落とし額が4,300円程度になることが普通です。
月間7ギガプランでも、3,690円などですね。

ところが、ブロードワイマックスは以下の料金になります。
合わせて3WiMAXの数字も掲載します。

プロバイダ プラン名 最大3ヶ月 3ヶ月以降 2年総額
BroadWiMAX 使い放題プラン 2,726円 3,411円 80,494円
BroadWiMAX 7ギガプラン 2,726円 2,726円 65,424円
3WiMAX 使い放題プラン 3,695円 4,330円 102,650円
3WiMAX 7ギガプラン 3,695円 3,695円 88,680円

このように、月額料金の2年総額が20,000円近く安くなっているのがわかりますね。

もちろん3WiMAXはここからキャッシュバックがありますが、忘れてしまったらこの金額差になるということです。

ですから、やはり安心してWiMAXを利用するためには、月額割引型のプロバイダーがオススメなんですねー。

端末代0円

BroadWiMAXは、端末もすべて0円です!

通常、キャッシュバック型のプロバイダーは端末によってキャッシュバック金額が変わります。

それって結局端末代0円じゃないよね、と思わなくもないですよね。。。。

しかしBroadWiMAXはどの端末でもすべて0円です。最新端末でも問題ありません。

やっぱり最新端末は、最大通信速度が速かったりバッテリーの持ちが改善されてますからねー。

あと、サイズが年々小さくなっているのも見逃せません。

ご満足保証で乗り換え可能

WiMAXの電波特性上、どうしてもエリアが狭い場合があったり、建物の奥まった場所だと電波が入りづらかったりします。

ピンポイントエリア測定では「◯」だったのに、自分の部屋では速度が出ない、ということもあり得ます。

こんなときBroadWiMAXは「ご満足保証」という制度があるんです。

このご満足保証、万一通信品質に満足できない場合、光回線や他のポケットWiFiサービスに乗り換えることができるんです。
もちろん違約金はかかりません!

乗り換えできるサービスは、

  • NTT東日本・西日本の光回線(固定回線)
  • Yahoo BB(固定回線)
  • BroadLTE(Y!mobile系ポケットWiFi)

となります。

BroadLTEの無制限通信可能エリアはWiMAXより狭いので、やっぱり固定回線がいいですね。

僕なら使い放題が魅力でWiMAXを契約したわけですから、WiMAXが使えないとなったら使い放題の固定回線に乗り換える気がします。

とは言え、僕は自宅でも外でもほぼどこでもWiMAXが使えていますけどね〜。

とにかく、これで万一のときも安心です。

8日間の初期解約制度で端末も返却可能

broadWiMAXキャンセル

初期契約解除制度ってご存知ですか?

ま、普通の人は知らないと思いますが、ネット回線系の契約で使えるクーリングオフみたいなものですね。

とにかくネット回線系の契約って難しいし、よくわからないまま契約しちゃうことが多いと思うんですよね。

それを8日以内の申請で一方的に解除できるんです。

これは総務省が定めた法令なので、全プロバイダに適用されます。

ただし、この解除できる契約に端末の契約は含まれていないんですよね。

ということは、回線の契約期間中は割引が効いている端末代が、契約解除した途端に発生して、使えもしない端末の分割金を払い続ける羽目になるんですよねー。

こんなの納得できるわけありません。

ところがBroadWiMAXはこの端末を含めた全契約を解除できるんです。

ですから、万一通信品質に満足できない場合は、先に説明した「ご満足保証」の他に、端末到着から8日以内であれば契約解除も可能です。

ということで、WiMAXに対するハードルをどんどん下げてくれているんですねー。

このように様々なメリットがあるので、やっぱり僕も契約したプロバイダ「
ブロードワイマックス」が一番のオススメとなりますよ〜。

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX


その他のプロバイダーを選ぶ理由は特にありません

ぶっちゃけまして、このブログでは「3WiMAX」か「ブロードワイマックス」での契約が一押しなので、他のプロバイダーを紹介する必要はないかなーと思います。

でも、一応全部知ってから契約したい!という人のために、分かる範囲で調査した全プロバイダーのサービス内容を掲載します。

プロバイダ名 ギガ放題
税抜/月
7ギガプラン
税抜/月
UQ WiMAX 実質4,323円 3,696円
@nifty WiMAX 実質約4,293円 3,670円
BIGLOBE WiMAX 実質約3,509円 実質約2,862円
DIS mobile WiMAX 実質4,323円 3,696円
So-net モバイル WiMAX 実質3,255円 3,413円
J:COM WiMAX 4,379円 3,695円
コミュファ光モバイル 実質約3,667円 3,466円
ASAHIネットWiMAX2+ 実質約3,217円 実質約2,707円
novas WiMAX 実質約3,880円 実質約3,599円
楽天ブロードバンドWiMAX 実質約4,015円 実質約3,388円
3WiMAX 実質約2,902円 実質2,320円
DTI WiMAX2+ 実質約2,983円 実質2,250円
事務手数料が2500円高いので注意
PEPABO WiMAX 実質約3,609円 実質約2,629円

 

まとめ

長くなってしまいましたが、WiMAXのプロバイダ選びについてできるだけ簡単に説明してきました。

結局のところ

  • 3WiMAXで高額キャッシュバック
  • BroadWiMAXで安心確実に安く使う

のどちらかが最もオススメです。

キャッシュバックプランで高額キャッシュバックを受け取るのもよし、月額割引プランで確実に安くするのもよし。

あなたの好みに合わせて選んでみてくださいね。

3WiMAX公式サイト

安心の月額割引ならブロードワイマックス

BroadWiMAX
絶対にやめて欲しいのは家電量販店で店員さんに接客されての契約です。

下手したら家の固定回線から携帯のキャリアからすべて変えさせられますからね。

これだけ調べている僕が接客されても、もう少しで即日契約させられそうでした。わからないことを聞きに行くのも危ない気がしましたよ。

それでは、また!

 

GMOペパボ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンと料金プラン

WiMAXを契約したいけれど 「プロバイダーが多すぎ!」 「どれを選べばいいの? …

契約前に必読!5分で分かるBroadWiMAX(ブロードワイマックス)

この記事では、WiMAXのプロバイダー「BroadWiMAX(ブロードワイマック …

女性パソコン
ビックカメラBIC WiMAXの契約はアリ?キャンペーン等を解説!

  電波でインターネットに接続する方法というと、ドコモやauのようなキ …

女性スマホ
エディオンネットWiMAXの料金やキャンペーンを徹底解説

この記事は、いまWiMAXの契約を検討していて、 「エディオンネットってどんなサ …

So-netモバイルWiMAXの料金やキャンペーン

  現在、WiMAXのプロバイダーはおよそ30社くらいあり様々な業種が …

女性スマホ
WiMAXプロバイダーのKTWiMAX、料金や特徴を解説します!

  WiMAXのプロバイダーにはいろいろな業種が参入しています。 イン …

ダイワボウDIS mobile WiMAXの料金や特徴徹底解説!

  十分すぎる速度もでて実用的、持ち運びも便利なWiMAX。 定回線の …

コミュファ光のWiMAXはアリ?その料金や特徴

現在、WiMAXプロバイダーはインターネット専業のプロバイダーから大手量販店や商 …

J:COM WiMAXの料金や特徴、キャンペーンを解説

  WiMAXはUQコミュニケーションズという会社が提供するサービスで …

BIGLOBE WiMAXの料金や特徴を解説!

  WiMAXの契約を検討中でどこのプロバイダーにすればいいか、迷って …

女性比較
@nifty WiMAXのメリットとデメリット、特徴を解説!

家でも外出先でも使える快適インターネット、WiMAX。 WiMAXのプロバイダー …

ヨドバシカメラ・ワイヤレスゲートのWiMAXの特徴を解説

手軽にモバイルインターネットを楽しめることで人気のWiMAX。 プロバイダーサー …

ヤマダ電機・ベスト電器のYAMADA Air Mobile WiMAXの料金や特徴

WiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供している、電波を使っ …

ASAHIネットWiMAXの料金やキャンペーンを解説

WiMAXを使いたいけど、どこで契約して良いのか迷っていませんか? WiMAXプ …

笑顔の女性
3WiMAXの料金とキャッシュバックキャンペーンを徹底解説!

WiMAXをいざ契約しようと思っても、どのプロバイダーで申し込んでいいのか分から …

女性パソコン
楽天ブロードバンドWiMAXの料金やキャンペーンを解説

あなたは、WiMAXの契約を検討中で、プロバイダーについて情報収集をしているとこ …

novas WiMAXの料金やキャンペーン情報を解説!

  家でも外出先でも利用できる便利なアイテム、WiMAX。 使ってみた …

プロバイダDTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンと料金を解説!

WiMAXを使いたいけれど、どこのプロバイダーにしたら良いか迷っていませんか? …

女性パソコン

GMOペパボ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンと料金プラン

WiMAXを契約したいけれど

「プロバイダーが多すぎ!」
「どれを選べばいいの?」
「細かく調べるのが面倒」

とお困りですか?

現在、WiMAXを提供しているプロバイダーは30社以上あります。

聞いたことのある名前のプロバイダーが大半だと思いますが、中には知名度の低い会社もあります。

それぞれが独自のプランを展開しているので、どこを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回はインターネットを使った事業を幅広く展開しているGMOグループが提供している「PEPABO WiMAX」というWiMAXプロバイダーサービスに焦点を当てて、解説していこうと思います。

その他のプロバイダーとの違いなども含めて何が異なるのか、選ぶメリットはあるのか解説します。

それでは詳しく見ていくことにしましょう。

「PEPABO WiMAX」について

女性スマホ

「PEPABO(ペパボ)WiMAX」はインターネット事業を幅広く手がけるGMOインターネット株式会社が展開しているWiMAXプロバイダーサービスです。

あれ?GMO?と気づきましたか?

そうなんです。

実はあの高額キャッシュバックで常に上位をキープしているプロバイダー、「GMOとくとくBB」と同じ会社なんです。

「GMOとくとくBB」と同じグループであれば、キャッシュバックの内容が気になるところですよね!!

通信速度について

通信速度は下り(データをダウンロードする方向)最大440Mbpsです。

これはWiMAXの基本的な通信速度になります。

また、対応している端末であればオプションでauのLTE通信を使うこともできます。

対応端末について

「PEPABO WiMAX」に対応している端末は、

  • モバイル向けのHUAWEI製のW04
  • 据え置き型のホームルーターとして同じくHUAWEI製のL01

の2機種がラインナップされています。

11月に発売された最新端末となるNEC製のWX04はまだアナウンスされていませんが、近く対応する可能性は高いとは思います。

速度制限について

WiMAXにはデータ使い放題のプランがある一方で、スマホと同じようにデータを使い過ぎると速度制限がかかります。

  • 使い放題プラン:3日間で10GB以上の通信を行った場合
  • 7G制限プラン:月間7GBの通信を行った場合

に制限がかかります。

また、使い放題プランでもauの回線を使った「ハイスピードプラスエリアモード」というモードで月間7GB超の通信を行うと速度制限がかかります。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説

これらの制限も「PEPABO WiMAX」だけではなく、ほかのプロバイダーでも実施されている制限です。

料金プランや違約金について

では続いて、気になる料金について見ていきましょう。

料金について

料金プランはほかの多くのWiMAXプロバイダーと同じく、

  • データ使い放題プラン
  • 月間7GB制限プラン

が基本にあり、そしてもう一つ

  • キャッシュバックプラン(月間7GB)

の全3種類が用意されています。

2年間ギガ放題お得プラン

「2年間ギガ放題お得プラン」がデータ使い放題のプランで、契約期間は2年となっています。

月額基本料金は4,849円ですが、契約期間内の2年は月額割引-586円とギガ放題割引-654円割引が適用されて、月額3,609円で使えます。

月間割引プラン

「月間割引プラン」が月間7GB制限のプランで、こちらも契約期間は2年となっています。

月額基本料金は4,195円ですが、契約期間内の2年は月額割引-1,215円が適用されて、月額2,980円で使えます。

キャッシュバックプラン

月間7GB制限で「キャッシュバックプラン」があります。

基本料金はやや高めの3,609円に設定されていますが、新規加入限定で23,500円のキャッシュバックが受けられます。

ということは、23,500円を24ヶ月で割ると実質月々979円の割引になります!

7GBプランを実質2,630円でが使えるということです。

2年間ギガ放題お得プラン 月間割引プラン キャッシュバックプラン
契約期間 2年 2年 2年
月額基本料金 4,849円 4,195円 4,195円
実質月額料金 3,609円 2,980円 3,609円
キャッシュバック 23,500円

このように「PEPABO WiMAX」では比較的お得な料金プランが用意されています。

23,500円のキャッシュバックも受け取れますが、受け取り忘れの心配がない「月額料金が安い」プランも用意されていて、どちらも安くWiMAXを楽しめるようになっています。

また、7GB制限プランから使い放題放題プランへの変更は月額654円で可能です。

なので7GB制限のキャッシュバックプランでの申し込み後、プラン変更してもいいですね。

しかも、最初の3ヶ月は ギガ放題プランを無料で利用できます。

ちなみに、契約初月の料金は日割り料金で計算されるシステムです。

また、通常受け取りづらいとされるキャッシュバックですが、「PEPABO WiMAX」は他と少し違った方法になっています。

そのキャッシュバックについて、少し詳しく見ていきましょう。

キャッシュバックの受け取りについて

まず、流れとしては

  • 端末到着月を含む11ヶ月目に、ダッシュボードにログイン
  • 11ヶ月目以内に「キャッシュバック特典」メニューから銀行口座を指定
  • 後日、指定口座に振り込まれる(振込日は別途決定される)

以上です。

…あれ、意外と簡単そう?

と思いませんか!?

書類の用意やメールの連絡は必要なく、至ってシンプル。

なので注意すべき点は、「手続きを忘れないこと」につきるのです。

煩わしいメールの設定やプロバイダーとのやりとりは省かれますが、なんせ端末到着月から11ヶ月後です。

うっかり忘れてしまう可能性は十分にあります。

PEPABO側からメールが来ることはないですからね。

キャッシュバックプラン受け取るためには、11カ月後にアラームかけておきましょう!

また、手続きの期限が約1ヵ月と短く、その期限を過ぎると受け取りは不可です。

その点も十分注意しましょう。

違約金について

続いて違約金ですが、

  • 1カ月目から12カ月目までの解約で19,000円
  • 13カ月目から23カ月目までの解約で14,000円
  • 26カ月目以降の解約で9,500円

かかります。

24カ月〜25カ月目が更新月になり、ここで解約すれば違約金は発生しません。

通常、他のプロバイダーなら1ヶ月しかない更新期間ですが「PEPABO WiMAX」ではゆったり2ヶ月もあります。

また、WiMAXのピンポイントエリア判定で◯だったのにも関わらず、通信速度に不安があった場合は、契約してから20日以内であれば違約金なしでキャンセルが出来ます。

いざ使おうと思った環境で通信速度が不安定ってことは十分にありえますからねー。

他のプロバイダーではあまりないこのサービスは、WiMAXを選ぶ上でかなり重要なポイントになると思います。

オプションサービスについて

オプションも2種類用意されています。

グローバルIPアドレスオプション/月額96円

「グローバルIPオプション」はWiMAX端末がインターネットへ接続するためのIPアドレス(192.168.1.10のような4つの数字)をグローバルIPアドレス(インターネット上で正規に割り振られるIPアドレス)に変更できるものです。

使った月だけ料金がかかります。

au 4G LTEオプション/月額1,005円

WiMAXのエリアに比べて全国広いエリアでつながりやすい、au 4G LTE通信に対応している端末では「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できます。

選択すると月額料金とは別に、月ごとに追加料金が発生します。

以上が「PEPABO WiMAX」のオプションサービスで、電話のサポートや保証みたいなものは用意されていません。

初めから必要ないぜと、オプションをつけない方も多いとは思いますが、いざという時の保証がどうしてもほしい方は、選びにくいかもしれません。

ちなみにサポートはメールでの問い合わせのみとなっています。

「PEPABO WiMAX」のメリット・デメリットについて

続いて「PEPABO WiMAX」のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

女性

メリットについて

メリットは以下のことが挙げられます。

キャンペーンが選べる

23,500円のキャッシュバック、もしくは月額割引プランを選べることは魅力的であり、メリットと言えるでしょう。

23,500円のキャッシュバックを受け取って少しでも安く使っても良いし、キャッシュバックを忘れる心配のある人は月額割引でを確実に安くしても良いですね。

何と言っても月額料金の安さは群を抜いています。

多くのプロバイダーでは使い放題プランで4,000円台、7GB制限プランで3,000円台のところ「PEPABO WiMAX」使い放題で3,609円7GB制限で2,980円と大幅に安く使えます。

しかも2年間継続してこの値段なので、トータルコストでみても上位にランクしますね。

契約後20日以内の解約なら違約金不要

「PEPABO WiMAX」20日間のお試し期間があるのもいいですね。

これでWiMAXを初めて使う上での不安材料が少し減ります。

WiMAXのピンポイントエリア判定で◯だったのに、自宅や会社などいざ使おうと思った環境で通信速度が不安定ってことも十分ありえますからね。

万が一満足に使えなかったら…

解約して違約金19,000円は痛すぎますよね!!

契約更新月が2ヶ月ある

契約更新期間が2ヶ月なのも、他にはない魅力的なサービスの一つです。

契約満了月に解約し忘れてしまっても大丈夫。

しかし油断は禁物ですよーー。

キャッシュバックが受け取りやすい

前述したように十分注意は必要ですが、他社と比較すると受け取りやすくなっています。

メールなどの手続きは不要なので、その辺は気楽です。

デメリットについて

では続いてデメリットについてみていきましょう。

2年間のトータルコストが最安ではない

激安とも言える月額料金ですが、実は2年間のトータルでみるとWiMAX業界では最安ではありません。

他に大きなキャッシュバックを実施しているプロバイダーがあるからです。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

また、キャッシュバックを受け取れるのは7GBのプランのみになっています。

やはりWiMAXを使うなら使い放題のプランで遠慮なく使いたいですよね。

使い放題のプランにしたい人は、とりあえず7GB制限のキャッシュバックプランで申し込み、後にプラン変更した方がいいでしょう。

ただし、月額プラス654円で4,263円になりますが。。。

けっこう高額になってしまうので、安心してお得に使いたい方にはあまりオススメできません。。。

電話サポートがない

多くの他のプロバイダーは電話での対応サポートを行っていますが、「PEPABO WiMAX」ではメールでしか受け付けていません。

分からないことを聞く時にメールのみだと時間もかかるし、不安になる人も多いのではないかと思います。

サポートセンターがないというのは意外と大きなデメリットですね。

「PEPABO WiMAX」はどんな人に向いている?

電卓を持つ女性

特に、7GBプランで契約したい人に向いています。

7GBプランだと月々2,980円の格安プランを選んでもよし、もしくはキャッシュバックを受け取って2年間のトータルコストを抑えてもよし、自分に合わせて選べるからです。

また、WiMAX初心者の方にも向いているでしょう。

分かりやすいシンプルなプラン設定になっていますし、20日間お試しも出来ることは安心できるポイントですからね!

「PEPABO WiMAX」はオススメできる??

女性スマホ

さて、「PEPABO WiMAX」はお得なプランを選べるプロバイダーだということがわかりました。

特に7GBのプランならキャッシュバックプランを利用してお得にできます。

また、他のプロバイダーと比較するとキャッシュバックは受け取りやすくなっています。

それでもキャッシュバックの手続きを覚えている自信のない方は、月額割引プランで月額料金を確実に安くすると良いですね。

「ギガ放題お得プラン」は2年間を過ぎると、月額料金はかなり高くなります。

なので、2年後にはプロバイダーを乗り換えるつもりでの契約はありですね。

というより、乗り換えが大前提になってくるでしょう。

基本料金4,849円高すぎますよね。。。

もし乗り換えることになっても、違約金が発生しない月が2ヶ月間もあるので焦らずに手続きが出来ます。

その後のプロバイダーをゆっくり検討する猶予があるのは嬉しいですね。

お得にWiMAXを使うためにはなかなか気は休まりませんが、是非自分にあったプロバイダーをしっかり吟味し、最適なプロバイダーを見つけてくださいね!

それではまた!

 

笑顔の女性

契約前に必読!5分で分かるBroadWiMAX(ブロードワイマックス)

この記事では、WiMAXのプロバイダー「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」についてわかりやすく簡潔に解説します!

実際に僕も契約して利用していますので、その経験を踏まえてしっかり書いています。

「結局オススメできるのか?」を分析していきますので、契約を検討している人は必読です。

また、申込画面には注意すべきところがあるので、そこもしっかり解説します。

この記事を読んでから申し込みすると

「あれ?こんなハズじゃなかった・・・」

を防げますよ!

それでは見ていきましょう!

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

ブロードワイマックスとは?

疑問

まず、ブロードワイマックスの特徴を見ていきましょう。

ブロードワイマックスは、WiMAXのプロバイダーのひとつで、僕が最もおすすめしているところです。株式会社リンクライフという会社が運営しています。

このリンクライフは他にも様々なインターネットサービスを販売していて、格安SIMのUQモバイルや、Y!mobile系サービス、auひかりなど取り扱っていたりしますね。

またNTT東日本・西日本の固定回線も販売していますので、インターネット回線販売についてはかなりの実績とノウハウがあることがわかります。

これが、次に説明する「ブロードワイマックスで契約するメリット」につながって来るんですねー。

ブロードワイマックスで契約するメリット

僕はこのブログを運営するにあたって、日常的に様々なインターネット回線を調べています。

毎月プランやキャッシュバック金額などが変動しますからね。

その中で感じるブロードワイマックスの良いところは、

  • 面倒で複雑なキャッシュバック制度ではなく、シンプルに月額割引
  • どの端末を選んでも端末代無料
  • Webからの申込で初期費用が0円
  • ご満足保証を使えば違約金なしで他回線に乗り換え可能
  • 8日以内なら端末含めて契約解除可能

というところですねー。これらをわかりやすく簡単に見ていきましょう。

面倒で複雑なキャッシュバック制度ではなく、シンプルに月額割引

電卓を持つ女性

WiMAXのプロバイダー比較で必ず出てくるのが「キャッシュバック」です。

キャッシュバックとは、「契約してくれてら30,000円もらえますよ〜」などのキャンペーンですね。

でもこのキャッシュバックには2つの落とし穴があります。

【落とし穴 その1】月額割引がほとんどない

まず、通常月額の料金割引はほとんどありません。本家UQ WiMAXの設定した料金とほぼ同じとなります。

なので、結局はキャッシュバックを含めた契約期間総額での比較が必要となります。

【落とし穴 その2】適用が非常に面倒

多くの場合、キャッシュバックを待っていても自動ではされません。

実際に現金が振り込まれるのは、契約の11ヶ月後や13ヶ月後。非常に時間が経ってから振り込まれるんですね。

さらに、このキャッシュバック申請ために独自のメールアドレスが与えられ、そのメールへの返信が必要となることがほとんどです。

こうしてハードルを高くすることで、キャッシュバックの申請忘れが発生するのです。

高額のキャッシュバック額を実現しているのは事実ですが、実はこのキャッシュバック申請忘れが一定数いることを計算に入れているのです。

ブロードワイマックスはシンプルな月額割引

実は僕は、過去にフレッツ光の高額なキャッシュバックに対して、申請忘れをしたことがあります。

確か30,000円以上・・・(汗)

この苦い経験と、メールの受信設定が面倒だったこと、さらにそれらを気にして生活するのが嫌だったことから、ブロードワイマックスで契約したのです。

ブロードワイマックスは、キャッシュバック申請などのないシンプルな月額割引。

契約してしまえば、あとは何も考えずに毎月利用料が引き落とされていくだけです。

忘れっぽい人、メール設定がよくわからない人、できるだけシンプルにしたい人には最適なプランとなるんです。

どの端末を選んでも端末代無料

ブロードワイマックスは、どの端末を選んでも端末代は0円です。

実はキャッシュバック系のプロバイダーは、端末毎にキャッシュバック金額が変わるんです。

でもこれって、実質的には端末代がかかってることと同じですよね。

この点ブロードワイマックスは、本当にどの端末を選んでも月額料金も変わらず、端末代も0円。

このシンプルな料金形態こそが、ブロードワイマックスをオススメする大きな理由です。

Webからの申込で初期費用が0円

ブロードワイマックスは、Webからの申込だと初期費用が無料になるキャンペーンをしています。

これは大きい!

と思いますが、実はこれはどのプロバイダーでも同じですね苦笑

ただ、独自に設定された初期費用が無料になるのは事実です。

※3,000円の事務手数料は、どのプロバイダーでもかかります。

ご満足保証を使えば違約金なしで他回線に乗り換え可能

WiMAXで心配なのは、やはりエリアです。

エリア確認ページのピンポイントエリア判定で「◯」だったとしても、実際にはつながらないということがあります。

これはWiMAXというサービスの性質上、仕方のないことなんです。

こんなときに安心なのが、提携している他の回線への乗り換えなら違約金がかからないということなんです。

「本音を言えば家でも外でもしっかり無制限で使いたい。でも自宅にWiMAXの電波が入りづらい。」

こんなときは、パッと諦めてブロードワイマックスが提携している他の回線へ乗り換えてしまいましょう!

乗り換えが可能な回線は

  • ブロードひかり(NTT東・西日本)→ 光回線
  • Yahoo!BB → 光回線
  • Broad LTE → Y!mobile系モバイル回線

となります。

個人的には「ブロードひかり」がいいのではないかな?と思いますが、電話で相談に乗ってくれるようなので、もしWiMAXに満足できない場合はこの「ご満足保証」を使うことを想定しておいてください。

8日以内なら端末含めて契約解除可能

broadWiMAXキャンセル

WiMAXや格安SIM、光回線などすべてのネット回線系の契約は、国が定めた「初期契約解除制度」というものが適用されます。

どういったものかというと、契約後8日以内に申請してすべての商品などを返送すれば、契約自体を違約金なしで解約できるのです。

通信販売のクーリングオフに似ていますね。

しかし、実はこの制度では、端末の契約までは解除できず、あくまで通信回線の契約のみが対象です。

これは消費者と業者両方を保護してバランスを取るためのものだと思われます。

悪質なユーザーだっていますからねー。

でも、ブロードワイマックスは、この「初期契約解除制度」を独自に拡大解釈して、何と端末含めた契約をすべて一方的に解除できるのです。

ですから、端末や契約書類が届いてから6日程度でしっかり検証して、

「自宅で電波が入らない!」
「思ってたより遅い!」
「3日10GBじゃ足りない!」

となった場合にはサクッと解約することができるんですねー。

あ、事務手数料3,000円の返金はないようです。まあ契約にも書類の作成は郵送など人が動いてますからねー。これくらいは仕方ないですかね。

ブロードワイマックスで契約するデメリット

さて次は、ブロードワイマックスで契約した場合のデメリットを包み隠さず書いていきますよ!

そりゃーいいとこばかりじゃないですからね。

いいところと悪いところ両方を理解した上でメリットのほうが上回れば契約すればいいし、そうでなければ、他のプロバイダーの方がいいですからねー。

  • キャッシュバック系プロバイダーより契約期間総支払額が高くなる
  • 初期費用無料キャンペーンに対しても違約金がかかる
  • オプションを解約しなければ高くなる

これらを一つずつ見ていきましょう。

キャッシュバック系プロバイダーより契約期間総支払額が高くなる

2年などの契約期間の総支払額が、キャッシュバック系のプロバイダーより高くなることが多いですね。

キャッシュバック系のプロバイダーはそのキャッシュバック額が最高30,000円を超えてきます。(月額費用は高いです)。

そのキャッシュバック額を24ヶ月に割り振って実質月額を算出すると、大体2,900円弱。

対してブロードワイマックスは月額3,411円ですから、その差は毎月500円程度。

これが初期3ヶ月を除いた契約期間(ここでは2年とします)続くことで、だいたい10,000円程度の差額になってくるんですよねー。

この差額をどう見るか。

僕は先程も書いたようにキャッシュバック申請が面倒なのでブロードワイマックスを選びましたが、

「絶対に安く使いたい!」

という人は とくとくBB のキャッシュバックプランがいいでしょう。

もう、こればかりはその人それぞれですね。

▶  とにかく安く使うならとくとくBB

初期費用無料キャンペーンに対しても違約金がかかる

これ、僕も最初知らなかったんですけど、しっかり公式サイトを見ると書いてあります。

通常WiMAXって2年か3年縛りされます。もちろんその分月額料金が安くなったり、キャッシュバックがもらえたりするわけです。

この契約期間内に解約すると違約金がかかります。

これはスマホの契約をイメージしてもらえばいいですね。

ただ、ブロードワイマックスはこれに加えて初期費用無料キャンペーンに対しても違約金がかかるんです。

その額9,500円と割と高額。

これはきちんと知っておかないと後で後悔することになりかねませんね。

何らかの理由で

「やっぱり解約したい!」

という人は、この点を踏まえて「ご満足保証」を利用して固定回線などに乗り換えるのが良さそうです。

もちろん解約しなければ関係のない話ですけどね。

オプションを解約しなければ高くなる

ここは僕がブロードワイマックスに対して唯一の不満点です。

申込時に2つのオプションに加入しないと、初期費用無料キャンペーンが適用されないんですよ。

  • 安心サポートプラス
  • MyBroadサポート

のふたつです。

安心サポートプラス MyBroadサポート
内容 端末が故障した際の
無料修理サービス
パソコンやスマホの
設定サポートサービス
申込条件 申込時に同時契約が条件 申込時に同時契約が条件
月額費用 550円 907円
解約 初月に可能 初月に可能
備考 どうしても初月も料金が
かかってしまう
2ヶ月間無料なので
その間に解約可能

もちろんこのオプションは端末到着後に解約が可能なのですが、初月だけはどうしても550円かかってしまいます。

これは本当に不満点。それ以外に不満がないだけに残念。なんとかしてくださいよーってのが本音です。

ということで、初月にかかってくる料金は、

  • 1ヶ月目の日割り料金 2,726円の日割
  • 2ヶ月目の月額料金 2,726円
  • 事務手数料 3,000円
  • 安心サポートプラス 550円

となります。

特に初月は1ヶ月めの日割と2ヶ月目料金になるので、ちょっと予想外の料金になるかもしれません。

まあ別におかしなところはないのですが、覚えておいたほうがいいですよね。ビックリしなくて済むので。

ブロードワイマックスはオススメできるのか?

女性疑問

ここまでブロードワイマックスのメリット・デメリットを見てきましたが、総合的に見てオススメできるのか考えていきたいと思います。

僕は実際に契約して使っているわけですが、総合的に見ればオススメです。

初月にオプションの解約をしないといけないことだけが面倒といえば面倒です。

ただし、やはりキャッシュバック申請の面倒さは相当ですし、それを忘れてしまうと単純にめちゃくちゃ高いWiMAX回線となってしまいます。

それよりは確実に毎月安くなる方が、僕の性格には合ってるんですよね。

あなたはどうでしょうか?

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

申込で注意すべきところはココ!流れを説明

次に、ブロードワイマックスの契約を進める手順と、それぞれ注意するポイントを解説します!

手順No. 項目 備考
1 申し込みボタンを押す 申し込みページに移動
2 端末を選ぶ 最新のWX04以外を選択。解説あり!
3 色を選ぶ 好きなものでOK
4 端末オプションの選択 いらない
5 料金プランの選択 ギガ放題プラン一択!
6 3年々プランの選択を外す 不要です
7 支払い方法の選択 クレカ一択です
8 サポートオプションの選択 加入必須です!解説あり!
9 セット商品お申込みの選択 不要です
10 お客様情報の入力へ進む 次のページへ移動
11 申込内容の確認 申込内容を確認します。解説あり!
12 注意事項の確認 ボタンをクリックします
13 お客様情報の入力へ進む 次のページへ移動
14 お客様情報の入力 氏名や住所、カード番号などを入力します
15 重要説明事項などの確認 重要説明事項・約款を確認します
16 申込の完了 申込が完了します。解説あり!

注意すべきことは以下です。

  • 端末はWX04以外にする。オススメはWX03
  • 3年プランの選択を外す
  • オプションは加入必須!だけど無料で解約可能
  • 申込内容の確認画面ではオプション付きの料金で高く見える
  • 申込完了時は確認画面がない

これを順に見ていきましょう。

端末はWX04以外にする。オススメはWX03

申込画面に入って少しスクロールすると、端末選択のボタンが並んでいます。

最新の端末はWX04なのですが、注意が必要です。

このWX04は3年プラン限定機種なのです。僕はWiMAXに限らずネット回線系の契約はできるだけ短いほうがいいと考えています。

ですので、こちらも最新端末のW04か、僕の使っているWX03での契約をオススメします。

現状、速度などはどの端末を使ってもほとんど変わらないので、そこまで気にしなくてもいいですね。

それより縛りを短くするほうがいいと思います。

3年プランの選択を外す

端末でWX04を選択すると3年プランの選択が必須となってしまうのですが、それ以外の端末なら3年プランの選択を解除できます。

これは確実に2年にしておきたいところです。

2年プランにするメリットは、先程書いたように縛りを短くすることで、今後の状況変化に対応しやすいということが挙げられます。

対してデメリットは、auの4G回線で利用できるようになる「LTEオプション」に1005円かかってしまうことです。

でも、そもそもWiMAXはauの4G回線で使うと、それ以後は月間7ギガの制限が発生しちゃうんですよ。

僕が思うに、月間データ量無制限で使えるのがWiMAXの最大の魅力。

それなのにauの4G回線を利用して7ギガの制限を発生させちゃうのは本当にもったいない話なんです。

どうしてもWiMAXの電波が届かない場所でネットに繋ぐ必要があるのなら、スマホのテザリングを使いましょう。

オプションは加入必須!だけど無料で解約可能

デメリットのところでも書きましたが、オプションは加入必須です。

でないと18,857円という高額な初期費用がかかってしまいます。

 

  • 安心サポートプラス
  • MyBroadサポート

に加入して初期費用を無料にしつつ、初月のうちにどちらも解約してしまいましょう。

電話で解約を伝えるのが一番早いです。

Web上でも解約できますが、ブロードのマイページができるのに時間がかかるので、注意が必要です。月末近くに契約してしまうと二ヶ月目も払うことになります。

ですので、やはり端末が届いてすぐ、電話でオプションの解約をしたいことを伝えるのが一番いいでしょう。

このオプション周りだけは本当に不親切だな、と思います。

それ以外はまったく不満がないだけに残念です。

申込内容の確認画面ではオプション付きの料金で高く見える

申込を進めていくと、月々の支払料金を表示してくれるんですけど、これが意図せず非常に高く見える。

ここ注意してください。

そうなんです。上で説明したオプションの料金が含まれた状態なんですよねー。

オプションを外した状態がこちら。

本来この料金になるはずなのです。

ちょっと小さいですが拡大して見てみてください。

ここでビックリして不安になって、契約をやめちゃったりする人が多いと思うんですよね。

ブロードさんには、ここの表現は是非直してほしいと思います。

申込完了時は確認画面がない

個人情報やクレジットカードの情報などの入力が完了して、「この内容でお申込みする」ボタンを押すだけの状態になります。

この時、このボタンを押した後は確認画面がなく、申込完了となります。

ですので、この画面でしっかり確認するようにしてくださいね。

まとめ

この記事では、ブロードワイマックスの詳細な魅力と、申込の手順、そして申し込みに関する注意点をしっかりできるだけわかりやすく解説しました。

実際に契約している僕が記事にすることで、ブロードワイマックスでの契約の不安を少しでもなくしてもらえるといいなと思います。

何度も書いてますが、オプションの申込と解除に関するところを除けば、「ご満足保証」や「初期契約解除制度」の独自適用など、良心的なサービスを展開していると思います。

2年という長い期間付き合うことになるWiMAXですからね。

できるだけスッキリとした契約をしてほしいと思います。

それでは、また!

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

笑顔の女性

ビックカメラBIC WiMAXの契約はアリ?キャンペーン等を解説!

 

電波でインターネットに接続する方法というと、ドコモやauのようなキャリアのLTE回線が思い浮かびますよね。

でも、電波でインターネットへ接続する方法は他にもあるんです。

それがWiMAXです。

LTE回線に比べて最大通信速度が圧倒的に高速で、データも使い放題プランがあるなど至れり尽くせりです。

WiMAXは、純粋にインターネット専用の回線なので、固定の光回線と同じようにプロバイダーとの契約が別に必要になります。

WiMAXの場合、光回線も扱っているような専業のインターネットプロバイダー以外にもいろいろな業種の会社が請け負っています。

その中には大手家電量販店も含まれます。

ヤマダ電機・ベスト電器をはじめ、ヨドバシカメラもWiMAXプロバイダーサービスを展開しています。

今回紹介するビックカメラ・ソフマップ・コジマの「BIC WiMAX」もそのひとつです。

ここでは、

  • 数ある家電量販店プロバイダーの「BIC WiMAX」ってなに?
  • 料金プランやオプションサービスの違いってどこ??

と思って検索してくれた人のために「BIC WiMAX」の基本的なサービスを見ていくことにしましょう!

「BIC WiMAX」について

「BIC WiMAX」はビックカメラ・ソフマップ・コジマのビックカメラグループで展開しているWiMAXのプロバイダーサービスです。

 

通信速度について

WiMAX 2+に対応し、下り最大440Mbpsの高速通信をすることができます。

これはほかのWiMAX 2+のサービスを提供しているプロバイダーと変わりありません。

WiMAXの端末が対応機種であれば、auのLTE回線がオプションで使えるようになっているのも同じです。

無料オプションとして「Wi-Fiプラスプレミアム」と称して、UQのWi-Fi網とWi2のWi-Fi網を両方使えるようにすることができます。

WiMAXの電波が弱いところでもUQやWi2のWi-Fiエリア内であれば、WiMAXの代わりにWi-Fi通信をすることができます。

速度制限について

速度制限ですが、ほかのプロバイダーと同様に3日間で10GBを超える通信をした場合に速度制限がかかります。

端末について

対応している端末は、最新のW04やWX03のほか、W02、W01、WX02とホームルータータイプ、USB接続タイプのものが用意されています。

また、2017年11月発売の最新鋭モデルとなるWX04の対応もアナウンスされていますよ!

料金プランや違約金について

疑問

それでは次に、「BIC WiMAX」の料金プランについて見ていきましょう。

違約金についても解説しますよ!

BIC WiMAXの料金プランについて

「BIC WiMAX」の特徴に、多彩な料金プランがあります。

UQやそのほかのプロバイダーだと、ほとんどが使い放題プランと7GB制限プランの2種類しか用意されていませんが、「BIC WiMAX」に関しては使い放題プランのバリエーションがとても豊富なんです!

 プラン 契約期間 使用料 割引
BIC定額ギガ放題 2年 4,880円 500円
BIC定額年間パスポート 1年 3,696円 なし
BIC定額 1カ月 4,267円 なし
BIC 1day 1日(使い放題プラン) 572円 なし
BIC定額ダブル 1カ月(使い放題プラン) 362〜4,743円 なし
BIC定額3Gプラス 2年 5,200円 1,505円

表にまとめるとこんな感じです!

それぞれ使い方に応じてプランを選べるようになっていますね。

BIC定額ギガ放題

まず、「BIC定額ギガ放題」ですが、これがUQで言うところの使い放題プランになります。

また、2年契約のみでauのLTE回線も利用することができます。

月額4,880円ですが、おトク割が適用されて500円割引になるので、実質4,380円で利用できます。

ただし、おトク割は24カ月間のみ適用で、WiMAX 2+機器との同時購入が条件です。

LTEオプションは1,005円かかりますが、これはハイスピードプラスエリアモードで接続を行った月にだけ発生します。

ただし日割りされないので1日しか接続しなくても1,005円必要になっちゃいます。

また、ハイスピードプラスエリアモードを利用した場合に月間7GB超の通信を行うとWiMAX 2+も含めて速度制限がかかります。

これは他のプロバイダーと同じですね。

BIC年間パスポート

1年契約の使い放題プランで、月額3,696円です。

BIC定額

月契約の使い放題プランで、月額4,267円かかります。

BIC 1day

1日契約の使い放題プランで、申し込みから24時間限定1日572円になっています。

BIC定額ダブル

「BIC定額ダブル」は月契約プランですが、月額362円9,050パケット(約1.1MB)の無料通信分があります。

これを超えると1パケットあたり0.04円ずつ課金され、118575パケット(約14MB)に到達すると4743円の上限金額となり、そこからは課金されないプランです。

BIC定額3Gプラス

「BIC定額3Gプラス」2年契約プラン。

通常のWiMAXに加えてauの「au.NET」が利用できて、「Wi-Fi Walker」シリーズのルーター専用プランになります。

基本使用料は5,200円ですが、おトク割1,505円が適用されて月実質3,696円です。

ただし、auの通信を使う場合は別途プロバイダー料金が500円かかるので、この場合は4,196円になります。

おトク割については25カ月限定で、それ以降は通常料金に戻ります。

このプランの場合、CDMAでの通信が月5GBを超えた場合に、CDMAの通信を128Kbpsに速度制限されます。

BIC WiMAXの違約金について

違約金ですが、これだけ多彩なプランがあるのでそれぞれ金額はバラバラです。

 プラン 解約時期 違約金
BIC定額ギガ放題 12カ月目に解約
13〜24カ月目に解約
26カ月目以降に解約
19,000円
14,000円
9,500円
BIC定額年間パスポート 12カ月の間に解約 5,000円
BIC定額 30日以内の解約 2,000円
BIC定額ダブル 30日以内の解約 2,000円
BIC定額3Gプラス 25カ月の契約期間内に解約 9,500円

1ヶ月プランや1日プランもあるので、違約金はその分ライト。

この点の気軽さはありますよね。

BIC WiMAXのオプションについて

BIC WiMAXはオプションも多いのでそちらもちょっと見てみましょうね。

オプションプラン 内容 料金
安心デバイス2プラス 交換保証に盗難・紛失補償(2年間無償) 月額480円
安心デバイスプラス 交換補償のみ(2年間無償) 月額380円
安心サポートプラス 電話やリモートでトラブルのサポート 月額500円
WiMAXファミ得パック 1つの回線契約で2台の機器を同時使用可能 月額2363円
デバイスプラス どのWiMAX機器からもWiMAXを利用可能(複数台の同時接続はNG) 月額191円/台
Wi-Fiプラスプレミアム UQのWi-Fi網とWi2のWi-Fi網を利用可能 無料
WI-Fiプラス UQのWi-Fi網を利用可能 無料
Wi2プラス Wi2のWi-Fi網を利用可能 無料
グローバルIPオプション WiMAX機器に割り当てるIPアドレスにグローバルIPを利用可能 月額96円

と家電量販店ならでは、といったオプションの数々です。

そして最後に「WiMAXまとめてプラン」です。

プランは4種類あり「BIC定額ギガ放題」の加入を条件に「パソコンなどの持ち帰り価格が割引になるオプションです。(まとめてプランSS8は機種代金値引き専用のプランです)

オプションプラン 料金
まとめてプランSS8 月額463円
まとめてプランS8 月額741円
まとめてプランM8 月額963円
まとめてプランL8 月額1,547円

 

しかし実はどのプランも2年縛りのプランになっていて、途中解約すると違約金が発生しちゃうんです…!

うっかり解約すると高額な請求が発生する可能性がありますので、これは注意が必要です!!

BIC WiMAXのメリット・デメリットって何??

BIC WiMAXのメリット

まず、メリットですが、店頭で対面契約できることです。

わからないことや、知りたいことはその場で店員に聞いて納得してから契約できるので安心感がありますよね。

また、店頭で契約してその場で端末を持ち帰ることができるので、契約したその日からWiMAXを使える便利さもあります。

ネット経由だとどうしても端末の到着に時間が必要なので、契約してすぐには使えません。

それから、キャンペーンなどで店頭での商品からの値引きやキャッシュバックなども期待できます。

これは常時やっているものではありませんが、実施していれば買い物がお得になります。

BIC WiMAXはプランが多く、使い方によって選べるのはうれしいところです。

契約期間も最短1日というのがあるので、とりあえず急いで使いたいという人でも加入できるのは大きいですね!

BIC WiMAXのデメリット

では、続いてデメリットは何でしょう。

まず、全体的に高めな使用料です。

一番契約者が多いであろう、ギガ放題はUQと同じなので、同じプランでもっと安いプロバイダーがいろいろあります。

また、プランが多いのはいいんですが、ほとんどに割引が付いていないことも引っかかりますね。

1年契約のプランすら割引がなく、UQの7GBプランと同じ値段で使い放題にはなるんですが、お得感はあまりありません。

オンライン契約のプロバイダーだとキャッシュバックを手厚くやっているところが多いのですが、「BIC WiMAX」はその辺も弱いところです。

BIC WiMAXに向いている人はどんなタイプ?

とにかくオンラインの契約が信用できない、あくまで対面契約をしたいという人には向いているでしょう。

オンラインでは分かり辛いことも多く、細かいことは電話でもしない限りは分かりません。

その点、対面契約であれば契約前に納得するまで話を聞いてから契約することができます。

WiMAXの契約が初めてでよくわからないとか、こういった回線契約の仕組みがよく分からないという人にとっては、対面契約のメリットは大きいでしょう。

あとは量販店ならではの、契約まとめ買いで安く商品を買えるというところですね。

利用すると2年間は料金を払う必要があるので、少なくとも2年は確実に使うしきちんと払えるという人であれば、パソコンなどが安くなるのは魅力的ではないでしょうか。

結局、BIC WiMAXはオススメできるの?

女性疑問

対面契約でWiMAXを使い始めたい人にはピッタリです。

大手量販店の安心感もありますし、店頭へ行って話をすればいいので、買い物ついでに契約するなんてこともアリですよね。

また、パソコンからインターネット回線から全部量販店にお任せしたい!という人であればいいんじゃないでしょうか。

特に「BIC WiMAX」はプランも多いし、有料ですがオプションも充実しています。

必要なオプションを加入時に選べば安心もできるでしょう。

ただやはり、説明をいちいち聞く必要なんかないよ、という人はよりお得なオンライン契約のプロバイダーの方が断然おすすめです!

インターネット料金を少しでも安く上げたというのであれば、「BIC WiMAX」はまったく選択肢に入りません。

キャッシュバックも含め、もっと安くてお得なプロバイダーはいくらでもあるからです。

お店での安心 or 料金のおトクさ。

どちらも捨てがたい要素ではありますが、様々な情報から知識を得ることはできるし、その安心を自分でを得ることもできるかもしれません。

しかし、金額(安さ)だけは決して変わりません…!!

この記事を読んでくれたみなさんも、納得のいくプロバイダー選びができることを祈っています!!

それではまた!

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

女性スマホ

エディオンネットWiMAXの料金やキャンペーンを徹底解説

この記事は、いまWiMAXの契約を検討していて、

「エディオンネットってどんなサービスなの?」

と気になって調べているあなたのために書きました。

他の家電量販店では、ヤマダ電機やビックカメラ、ヨドバシカメラなどがWiMAXのプロバイダーサービスを展開しています。

そして、今回紹介する「エディオンネット」も、家電量販店のエディオングループが展開しているWiMAXプロバイダーサービスです。

何かと難しいイメージが付きまとうネット回線系の契約ですが、できるだけ誰にでもわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

「エディオンネット」とは

単に「エディオンネット」とは、家電量販店のエディオングループが展開しているインターネット回線系のサービス全般の名称です。

エディオンネットでは、光回線やADSLなど様々な回線を提供していますが、その中のひとつに、WiMAXのプロバイダーサービスがあります。

あなたは、WiMAXの契約を検討している人だと思いますので、この記事では光回線やADSLなどではなく、WiMAXのプロバイダーサービスのみを指して「エディオンネット」と呼ぶことにしますね。

それでは順に説明していきます。

通信速度や回線について

「エディオンネット」下り最大440Mbpsの高速通信ができます。ただ、これは他のWiMAXプロバイダーと同じですね。

また、契約する端末が対応していれば、比較的エリアの狭いWiMAXの回線だけでなく、全国ほぼどこでも使える「auのLTE回線」を使うこともできます。この辺もほかのWiMAXプロバイダーと変わりありません。

さらに、WiMAX 2+プランで契約している場合、「クオルネット Free Wi-Fiプレミアム」が無料で使えるようになります。

この、「クオルネット Free Wi-Fiプレミアム」とは、全国に広がるWi2エリアで使える公衆無線LANサービスです。

WiMAXの電波が弱いとき、代わりにWi-Fiが使えるので便利なサービスです。

使える端末について

エディオンネットの端末ですが、最新のW04やWX03をはじめ、WiMAX 2+に対応している古めの機種がラインナップされています。

また、2017年11月現在の最新端末となるWX04についても提供されています。

特に古い端末を使わなければならない理由がなければ、最新の端末を選べば間違いないでしょう。

速度制限について

さて速度制限についてですが、3日間で10GB超の通信を行った場合に実施されます。だいたい1Mbpsまで制限されます。

また、auのLTE対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超える通信を行うと128Kbpsの速度制限がかかります。

これらの速度制限についても、特にほかのWiMAXプロバイダーと変わったところはありません。

料金プランや違約金について

疑問

料金プランについて

エディオンネットの料金プランは、本家UQコミュニケーションズと同じく

  • ギガ放題プラン
  • 通常プラン

の2種類にわかれていて、それぞれ契約期間が決められています。

本家UQと違うのは、通常プランの通信データ量の上限が明記されていないことですね。

とは言え、速度制限を見る限り、月間で7GB超の通信を行うと制限がかかると書かれているので、上限は7GBでしょう。

プラン 月額利用料金 割引き 割引後の料金
ギガ放題3ねん 4,880円 -500円 4,380円
ギガ放題にねん 4,880円 -500円 4,380円
ギガ放題スタンダード 5,880円 なし 5,880円
3ねん 4,196円 -500円 3,696円
にねん 4,196円 -500円 3,696円
よねん 4,196円 -500円 3,696円
スタンダード 5,196円 なし 5,196円

月間データ量使い放題の「ギガ放題プラン」

月間データ量が使い放題の「ギガ放題プラン」には、

  • ギガ放題スタンダード
  • ギガ放題にねん
  • ギガ放題3ねん

が用意されています。

「にねん」「3ねん」は、月額料金が500円割引される「おトク割」が適用されるので、実質4,380円

ただし、「ギガ放題スタンダード」では、契約年数縛りが無い代わりに割引がされません。さらに月額料金が1,000円高くなっていますので注意が必要です。

さらに最初の3カ月間は「さらにおトク割」が適用されて、月額684円が割引されます。

この仕組みはUQと同じですね。

月間データ上限が7ギガの「通常プラン」

月間のデータ上限が7ギガバイトとなる「通常プラン」では

  • スタンダード
  • にねん
  • 3ねん
  • よねん

という4つのプランが用意されています。

ギガ放題と同じく、「スタンダード」以外にはおトク割がさ適用されて(-500円)実質3,696円です。

「スタンダード」では、契約年数縛りが無い代わりに割引がされません。さらに月額料金が1,000円高くなっていますので注意が必要です。

おトク割については、適用期間終了後も継続して契約している場合は、長期利用割引として引き続き500円割引されますので、契約期間終了後も料金が高くなることはありません。

これ以外にも割引があります。

月額使用料金をエディオン発行のクレジットカードで支払うと、月額200円割引されます。

また、2年以上の契約プランでauのスマホを使っている場合は、「auスマートバリューmine」が適用され、auスマホの利用料金が割引されます。

auのLTE回線のオプションですが、3年以上の契約プランの場合は無料で使えます。

それ以外は、auのLTE回線を使った月だけ、月額1,005円かかります。ハイスピードプラスエリアモードで通信をしなければ課金はされません。

以上を見比べてみると、多少の割引はあるものの、基本料金がけっこう高額であることが分かりますよね。。。

ギガ放題スタンダードのプランで 5,880円。

正直、毎月の固定費としてはかなり痛いところですねー。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

エディオンネット」の違約金について

次に違約金ですが、これはUQやほかのプロバイダーと異なっています。

契約期間内の解約については、一律で9,500円の違約金が発生します。

ほかのWiMAXプロバイダーでギガ放題プランの場合だと1年単位で区切って高額な違約金を取られますが、エディオンネットは一律になっていますね。

また、契約期間がないスタンダードプランの場合でも、契約初月のみ「末日までを最低利用期間」となります。

その間に解約すると違約金が2,000円かかるようになっています。

エディオンネット」のオプションについて

では、WiMAX 2+プランのオプションについてもう少し詳しく見てみましょう。

エディオンでの商品購入に特典がある「アシストパック」

ひとつは「アシストパック」といって、エディオンが指定した商品を購入する場合にキャッシュバックなどの特典がつくオプションです。

「ギガ放題にねん」「ギガ放題3ねん」「よねん」を新規加入する場合にのみ申し込みができます。

月額料金
アシストパックM 741円
アシストパックLL 1,547円

料金はアシストパックM月額741円アシストパックLL月額1,547円となっています。

ただ、このアシストパックは公式サイトを見ても何が得なのかさっぱりわからないので、まったくもって不要と言えるでしょう。

さらに、2年間の契約で期間内に解約する場合は違約金が発生します。

違約金は「アシストパック月額料金・税込×支払い残回数」で計算されます。

早い時期に解約すると違約金が高額になりますからこれは要注意です!!

絶対に加入しないようにしましょう。

グローバルIPオプション

もうひとつはグローバルIPオプション(WiMAX2+)。

WiMAX 2+をインターネットに接続する際に、グローバルIPで接続することができるサービスで、月額96円で加入できます。

ただ、こちらも通常の利用方法であればまったく不要です。

もしオプション契約を進められたとしても絶対に断りましょう。

「エディオンネット」のメリット・デメリット

次に、エディオンネットでWiMAXの契約をするメリットとデメリットについて見ていきましょう。

エディオンネット」のメリットについて

まず、メリットですが店頭で対面契約ができるということが挙げられます。

わからないことや知っておきたいことをその場で店員に聞いて、納得してから契約できます。

大手量販店の安心感もあるので、不安な点をクリアにして契約できるのは心強いですよね。

その場で契約して、そのまま端末を持ち帰ることも可能で、契約した日から使えるのも便利です。

WiMAX以外にお店で機器購入を考えているのであれば、専用のプランがあるのでお得に買い物ができるようになっています。

エディオンの独自クレカで料金の支払いをすると割引されるのも便利ですね。

また、契約期間なしのスタンダードが用意されているので、2年や3年などの契約期間の縛りがイヤな人にはぴったりかも知れません。

最低利用期間内(契約初月の末日まで)に解約しても違約金は2,000円と高くないので、気軽に使えるでしょう。

複数年契約の場合でも違約金が9,500円で収まっているのも、なかなか良心的です。

エディオンネット」のデメリットについて

では逆にデメリットを見ていきましょう。

UQの料金プランがベースになっているので、WiMAXプロバイダー全体から見るとやはり料金が高いです。

同じプランで、もっと安く使えるプロバイダーが存在します。

そして「エディオンネット」に関しては、キャンペーンが基本的にありません。

ほかのプロバイダーでは高額なキャッシュバックなど、ユーザーが得する仕組みがいろいろあるんですが、その辺はまったく考えていないようです!!

メリットであるはずの機器購入をアシストするプランも、月額料金が上乗せされることに注意が必要です。

また、2年縛りがあるので途中解約するとWiMAXの違約金に加えて、このアシストプランの違約金も払う必要があり、高額な支払いになる場合があります。

おそらく、ネット回線などに詳しくない人が、「わからないから」と家電量販店に訪れて、店員の言われるがままに契約する人が少なからずいるのでしょう。

そういった人はネットでの情報収集が上手ではないので、知らず知らずのうちに高い料金でWiMAXを契約してしまうのだと思われます。

もちろん契約した本人は、誰かに指摘されるまで「そんなもの」と思い、疑いもしないのでしょう。

エディオンネットでの契約に向いているのはこんな人

さて、それではどんな人が「エディオンネット」に向いているのでしょうか。

ネットでの契約が不安な人

こういった家電量販店での契約に向いているのは、オンライン契約に不安がある人でしょう。

というか、向いているというより、他に選択肢を持っていないと言う感じでしょうか。

街に実在する家電量販店は、対面契約ができます。

オンラインであればホームページに書いてあることがすべてになってしまいますが、それ以上の情報を店員から直接聞いて、納得した上で契約できます。

端末を持って帰って、契約した日からすぐにインターネットを使えるというのも魅力です。

お店の人にお任せして、わからないことを理解することが苦手なひとは、どうしてもこういった家電量販店で契約してしまうのでしょう。

また、最低2年間は確実に使うし、高い料金も気にならない!

という方で、機器購入を同時に考えているのであれば、アシストプランでお得にすることもできますね。

そういった点では選ぶ価値がある気もしますが…

このような同時購入のオプションは他のプロバイダーにもありますから、正直微妙なところです。

エディオンネットはオススメできる?

女性疑問

エディオンネットを始めとする家電量販店でのWiMAX契約は、不安なことを直接聞くなど直接接客を受けて契約したいひとにはオススメできるかもしれません。

ただ、間接的にではありますが、接客してくれた店員の給与や店舗の土地・光熱費が、WiMAXの契約に含まれていることを理解した上で契約してください。

また、「エディオンネット」は契約縛りのないプランがあったり、違約金がほかのプロバイダーに比べてかなり割安になっています。

「WiMAXは使ってみたいけどもしかしたら途中で使わなくなるかも…」

と思っている人なら「エディオンネット」に契約すれば、仮に中途解約しても違約金をがっつり取られる心配がありません。

これらに当てはまらない人なら、わざわざ「エディオンネット」を選ぶ必要はないでしょうね〜。

「説明はいらない、自分で何とかする!」

「とにかく安く、お得にWiMAXを使いたい!」

という人には確実に不向きです。高いです。

月額料金がもっと安くなったり、現金キャッシュバックで得することだってできますからね。

エリアや通信速度などは、どのプロバイダーでもまったく同じですから、WiMAXは料金だけで選べばよいのです。

WiMAXをできるだけ安く使いたいという人はほかのプロバイダーを選びましょう。

是非、みなさんもしっかりと比較して、自分にとって最適なプロバイダー選びを実現してくださいね!

それではまた!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

女性ピース

So-netモバイルWiMAXの料金やキャンペーン

女性スマホ

 

現在、WiMAXのプロバイダーはおよそ30社くらいあり様々な業種が参入しています。

もちろん、インターネット専業のプロバイダーもWiMAXプロバイダーサービスを展開しています。

今回解説する「So-net モバイル WiMAX」インターネットプロバイダーSo-netが提供しているWiMAXプロバイダーです。

ここでは、

WiMAXを検討中だけど、どこのプロバイダーにすればいいの?

と現在迷っている方のために、「So-net モバイル WiMAX」のメリット・デメリットをあわせて、しっかり解説していきたいと思います!

それでは詳しく見ていくことにしましょう。

「So-net モバイル WiMAX」とは

女性タブレット

So-netは比較的新しいインターネットプロバイダーですが、光回線のプロバイダーサービスも行っていますし、知名度は高いですよね。

インターネットが普及し始めた頃に登場し、ソニーが母体になっています。

古い話ですが、ポストペットというメールソフトで一躍有名になったプロバイダーです。

そんなSo-netの提供しているWiMAXが「So-net モバイル WiMAX」です。

通信速度について

通信速度は440Mbpsで、ほかのWiMAXプロバイダーと変わりません。

また、W04に関してはauのLTE回線を合わせて使う708MbpsとWiMAXの最高速となる556Mbpsに対応しているので、エリア内なら超高速通信にも可能です。

対応端末について

対応端末ですが、11月に発売されたばかりのWX04のほか、W04、WX03、ホームルーターのL01がラインナップされています。

どれも新しい機種なので、端末選びで失敗することはないですね。

速度制限について

速度制限ですが、3日で10GB超の通信を行った場合と、月7GBを超えて通信した場合に制限がかかります。

月7GB制限については、契約プランの縛りのほかに、使い放題プランでもハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超えて通信するとLTEとWiMAX 2+の両方に制限がかかります。

この辺はほかのプロバイダーも同じなので、特にSo-netだけが不利ということはないですね。

オプションについて

オプションサービスは5つあります。

LTEオプション/1,005円

auのLTE回線を使うオプションです。
ハイスピードプラスエリアモードを使った月だけ1,005円かかります。
3年プランを契約すると無料になります。

グローバルIPアドレスオプション/96円

WiMAX 2+対応端末からインターネットに接続する際、グローバルIPアドレスが割り当てられます。
利用した月のみ96円かかります。

カスペルスキー セキュリティ/月額500円

カスペルスキーのセキュリティソフトを使ったオプションで、最大5台までインストール可能なセキュリティオプションです。
最初の1年は無料で使えます。

So-net安心サポート/月額300円

サポートオプションで、電話やリモートでパソコンやインターネットのトラブルに対応してもらえます。
こちらも最初の1年は無料で使えます。

So-net暮らしの守りワイド/月額450円

鍵やガラス、水回りなど暮らしのトラブルに対応してもらえるオプションです。
これも最初の1年は無料で使えます。

料金プランと違約金について

続いて、料金や違約金について見ていきましょう!

悩む女性

料金プランについて

料金プランは

  • 使い放題プラン
  • 月7GB制限

の2種類が用意されています。

この辺もほかのプロバイダーと同じですね。

Flat ツープラス ギガ放題

使い放題プランの「Flat ツープラス ギガ放題」は、2年プラン3年プランが用意されています。

月額4,679円が基本料金です。

Flat ツープラス

7GB制限プランは「Flat ツープラス」でこちらも2年プラン3年プラン4年プランが用意されています。

月額3,995円が基本料金です。

auのスマホなどを使っている場合はauスマートバリューmine」に加入すれば、auスマホなどの料金が毎月最大934円割引になります。

また、別途「モバイルコース料金」として月額200円かかりますが、光回線などでSo-netを使っている場合は免除されるシステムです。

キャンペーンについて

基本料金だけみるとUQより高いのですが、2017年11月30日までのキャンペーンが実施されています。

これを利用すると今なら大幅に安く、WiMAXを契約して使うことができます。

では、選べるキャンペーンの詳細を説明していきますね!

WX03限定割引キャンペーン

まず、WX03限定のキャンペーンです。

「Flat ツープラス ギガ放題2年」の契約で月額料金が大幅割引されます。

対応機器 端末代 月額料金割引(月々の割引額) 契約プラン 割引後料金
WX03 無料 1カ月目~18カ月目=1,699円割引
19カ月目~24カ月目=1,399円割引
ギガ放題2年 1カ月目~18カ月目=2,980円
19カ月目~24カ月目=3,280円

上記の割引を適応すると18カ月目まで月額2,980円、19カ月目から24カ月目まで月額3,280円でWiMAXを使い放題にできます。

 

月額大幅割引キャンペーン

WX04とW04を選んだ場合のキャンペーンです。

対応機器 端末代 月額料金割引(月々の割引額) 契約プラン 割引後料金
W04 無料 1カ月目~2カ月目=2,199円割引
3カ月目~24カ月目=1,399円割引
ギガ放題2年 1カ月目~2カ月目=2,480円
3カ月目~24カ月目=3,280円
WX04/W04 無料 1カ月目~2カ月目=2,199円割引
19カ月目~24カ月目=1,399円割引
25カ月目~36カ月目=500円割引
ギガ放題3年 1カ月目~2カ月目=2,480円
19カ月目~24カ月目=3,280円
25カ月目~36カ月目=4,179円

上記の割引を適応すると最初の2カ月は月額2,480円、3カ月目から24カ月目まで月額3,280円、25カ月目から36カ月目以降は4,179円で利用できます。

 

キャッシュバックキャンペーン

20,000円のキャッシュバックのほか、最初の2カ月は4,679円割引かれるので、実質無料で使うことができます!

対応機器 端末代 月額料金割引(月々の割引額) 契約プラン 割引後料金
W04 無料 1カ月目~2カ月目=4,679円割引
3カ月目~24カ月目=500円割引
ギガ放題2年 1カ月目~2カ月目=0円
3カ月目~24カ月目=4,179円
W04 無料 1カ月目~24カ月目=500円割引 ツープラス2年 1カ月目~24カ月目=3,495円
W04/WX04 無料 1カ月目~2カ月目=4,679円割引
3カ月目~36カ月目=500円割引
ギガ放題3年 1カ月目~2カ月目=0円
3カ月目~36カ月目=4,179円
W04/WX04 無料 1カ月目~36カ月目=500円割引 ツープラス3年 1カ月目~36カ月目=3,495円
W04/WX04 無料 1カ月目~48カ月目=500円割引 ツープラス4年 1カ月目~48カ月目=3,495円

 

L01限定キャンペーン

最後にL01限定のキャンペーンです。

対応機器 端末代 月額料金割引(月々の割引額) 契約プラン 割引後料金
L01 無料 1カ月目~24カ月目=1,699円割引
25カ月目~36カ月目=500円割引
ギガ放題3年 1カ月目~24カ月目=2,980円
25カ月目~36カ月目=4,179円

上記の割引を適応すると、2年間は月額2,980円、3年目からは月額4,179円で使うことができます。

さらにどのキャンペーンも、標準サービスとして初月は無料になります!!

違約金について

違約金ですが、1カ月目から12カ月目まで19,000円13カ月目から24カ月目まで14,000円25カ月目以降は9,500円かかります。

これについてはほかのWiMAXプロバイダーと同じなので、特別高いということはありません。

違約金は高いんです。。。

「So-net モバイル WiMAX」のメリットとデメリットについて

では「So-net モバイル WiMAX」で契約すると、どんなメリット・デメリットがあるかまとめてみましょう。

女性比較

メリットについて

11月いっぱいですが、キャンペーンの内容がとってもお得です!

選ぶ機種によって違いますが、WiMAXを月額2,480円から使い始めることができるのは、かなり安いですよね〜。

また、割引だけでなくキャッシュバック20,000円を選ぶことができるのも魅力です。

どれを選んでも損はないでしょう。

端末についてもすべて無料で提供されるので、初期費用の3,000円だけでWiMAXを始められるのは手軽でいいですね。

クレードルをセットにしても3,000円台で済むのでお得です。

速度面でもW04の556Mbpsと708Mbps対応しているので、エリア内であれば高速通信を使うことができるのも魅力です。

デメリットについて

キャンペーン頼みの期間限定の安さなので、来月以降に契約をする場合に利用料金がどうなっているかわからないところがあります。

また、オンラインでの契約なので開通から実際に使うまでにタイムラグがあります。

ホームページでは最短で4日かかることが明記されているので、申し込みから1週間弱は見ておく必要があるでしょう。

「So-net モバイル WiMAX」はどんな人に向いている?

スマホを持つ女性

キャンペーンを利用することを前提で言えば、インターネットを少しでも安く使いたい人にはいいですね。

2,000円台でWiMAXが使えるプロバイダーはなかなかないですから!!

今回紹介しているキャンペーンは11月いっぱいで終了なので、11月のうちに契約をしたいというのであれば、選ぶ価値は十二分にあります。

ただし、キャッシュバックについては忘れずに受け取る自信がある人に限りますけどね…!

オンライン契約なので、その辺に抵抗がない人も向いていると思います。

「So-net モバイル WiMAX」はオススメできる?

女性ピース

キャンペーン期間内であればかなり安くWiMAXを契約して使えるので、利用料金だけでもメリットが大きいと言えます。

端末料金も無料で、初期費用も安く抑えることができるのもユーザーにはうれしいところですね。

ただ、キャンペーン頼みのところがあるので、キャンペーンが終わってしまうと価格的なメリットはほとんどありません。。。

しかし、So-netは光回線などWiMAX以外のサービスでもプロバイダー事業を行っている会社です。

通信速度は最新の高速通信に対応しているし、そのあたりも含め後々安心して使い続けることができるプロバイダーだとは思いますね。

他社ともしっかりと比較して、是非あなたにピッタリのプロバイダーを選んでくださいね!

それではまた!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

外でスマホ女性

WiMAXプロバイダーのKTWiMAX、料金や特徴を解説します!

 

WiMAXのプロバイダーにはいろいろな業種が参入しています。

インターネット専業のプロバイダーはもちろんですが、それ以外の業種もプロバイダーサービスを展開しています。

そのひとつに大手家電量販店があり、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオンなどが挙げられます。

今回解説する、ケーズデンキもその中の一つ。

「KTWiMAX」というWiMAXのプロバイダーサービスを展開しいています。

そこでこの記事では、

沢山ありすぎて分かり辛い!

WiMAXのプロバイダーサービスってどんな特徴や違いがあるの??

と思って検索してくれた方のために「KTWiMAX」に的を絞って解説していきたいと思います。

それでは一つずつ見ていきましょう。

「KTWiMAX」とは

女性タブレット

ケーズデンキのプロバイダーサービス

「KTWiMAX」株式会社ケーティーコミュニケーションズが提供しているWiMAXのプロバイダーサービスです。

大手家電量販店の「ケーズデンキ」の店舗で取り扱われています。

通信速度について

WiMAX 2+に対応しています。

ここはほかの量販店系プロバイダーと違って、下り最大440Mbpsの通信速度だけでなく、W04の下り最大708Mbpsの高速通信も対応しています。

下り最大708Mbpsの通信はauのLTE回線と併せて使うことで実現する速度で、オプションでauのLTE回線も使えるようになっています。

対応端末について

対応端末は、2017年11月1日に発売されたばかりのWX04をはじめ、W04WX03といった新しい機種、ホームルーターやUSB対応の端末、古い機種など多くの機種がラインナップされています。

古い端末を使う理由はないので、新しい端末を選ぶ方が間違いないでしょう。

端末代金はホームページには記載されていませんが、コールセンターに問い合わせてみたところ端末が無料になるプランが多いみたいです。

速度制限について

速度制限ですが、ほかのプロバイダーと同じように3日間で10GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

使い放題プランでLTE回線を併用して月に7GBを超える通信を行った場合にもLTEとWiMAX 2+の両方で速度制限がかけられます。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

「KTWiMAX」のオプションについて

オプションもいろいろ用意されています。

  • KT安心サポート/サポートワイド
  • KT遠隔サポート
  • KTお見舞い保証金
  • LTEオプション
  • auスマートバリューmine
  • グローバルIPアドレス
  • WiMAX機器追加オプション
  • KT Wi-Fiプレミアム

では一つずつ見ていきましょう。

KT安心サポート/サポートワイド月額300円/月額500円

WiMAX端末の修理保証サービスです。

ワイドの方は水濡れによる故障にも対応しています。

KT遠隔サポート月額500円

電話サポートや遠隔操作サポートによるサポートも含みます。

初期設定や基本操作のサポートを受けられるサービスです。

KTお見舞い保証金月額500円(最大1カ月無料)

WiMAXを含む通信サービスを利用しているユーザー向けのオプションです。

ユーザーの持っているパソコンやタブレット、スマホなどが故障・紛失・盗難に遭ったときに年間上限5万円のお見舞い金を受け取れるものです。

こういった保証サービスは、家電量販店特有のオプションですね!

LTEオプション月額1,005円

auのLTE回線を利用するためのオプションです。

月内に一度でもハイスピードプラスエリアモードを使った場合に課金されます。

契約期間の設定された料金プランを選んで新規加入した場合には25カ月間料金が割り引かれます。

auスマートバリューmine月最大1,000円割引

auのスマホを使っている人であれば適用できます。

グローバルIPアドレス月額96円

WiMAXの端末に割り振るIPアドレスをグローバルIPに変えるオプションです。

WiMAX機器追加オプション月額191円(1台分)

1契約で最大3台まで同時登録ができるもので、登録したWiMAX端末のどれからでも接続ができるようになります。

KT Wi-Fiプレミアム無料

UQのWi-Fi網を無料で使うことができます。

WiMAX 2+のオプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」と同じ内容です。

料金プランや違約金について

女性スマホ

さてさて、次は一番気になる使用料金を見ていきましょう!

料金プランはUQとほぼ同じ

料金プランはUQと同じく、

  • 使い放題プラン
  • 月7GB上限

の2種類にわかれています。

おトク割は契約期間を超えて継続契約すると、長期割引としてそのまま500円の割引が適用されます。

3年契約プランではLTEオプションが無料になります。

 

 プラン 契約期間 基本料金 おトク割 3ヶ月割 実質料金(3ヶ月間)
KT-WiMAX FLAT ツープラス ギガ放題 3年 4,880円 -500円 -684円 4,380円(3,696円)
KT-WiMAX FLAT ツープラス ギガ放題 2年 4,880円 -500円 -684円 4,380円(3,696円)
KT-WiMAX FLAT ツープラス ギガ放題 auスマホ割 2年 4,880円 -500円 -684円 4,380円(3,696円)
KT-WiMAX FLAT ツープラス ギガ放題 契約期間無し 5,880円 なし なし  –
KT-WiMAX FLAT ツープラス 3年 4,196円 -500円 なし 3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス 2年 4,196円 -500円 なし 3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス auスマホ割 2年 4,196円 -500円 なし 3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス auスマホ割 4年 4,196円 -500円 なし 3,696円
KT-WiMAX FLAT ツープラス 契約期間無し 5,196円 なし なし

 

KT-WiMAX FLAT ツープラス ギガ放題

データ使い放題プランの「KT-WiMAX FLAT ツープラス ギガ放題」は、

  • 3年契約
  • 2年契約
  • 契約期間なし
  • auのスマホ割2年

のプランにわかれています。

契約期間に条件のあるプランでは、月額4,880円おトク割500円が適用されて、実質4,380円になります。

また3ヶ月間は684円割引も適用されます。

この仕組みもUQと同じですね!

契約期間に条件のない使い放題プラン月額5,880円

契約期間に縛りが無いので、割引が何もされません。

かなり高い料金設定なので注意が必要ですね。。。

KT-WiMAX FLAT ツープラス

月上限7GBのプラン「KT-WiMAX FLAT ツープラス」は、

  • 3年契約
  • 2年契約
  • 契約期間なし
  • auのスマホ割2年
  • auのスマホ割4年

のプランが用意されています。

期間条件のあるプランでは月額4,196円におトク割500円が適用されて、実質3,696円

期間条件のないプランでは月額5,136円となっています。

 

違約金について

違約金ですが、複数年契約プランの場合、契約解除料として1〜12カ月目の解約19,000円13〜24カ月目の解約14,000円25カ月目以降の解約9,500円かかります。

3年、4年契約の場合(25カ月目以降)は一律9,500円です。

期間条件のないプランの場合はホームページ上では契約解除料としては明記されていません。

しかし「回線違約金」として9,500円は明記されています。

これが適用される可能生があります。

「KTWiMAX」のメリットとデメリットは?

では「KTWiMAX」で契約するとどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか。

女性比較

「KTWiMAX」のメリット

「KTWiMAX」はほかの量販店系のプロバイダーと同じく、対面契約ができるのが大きなメリットでしょう。

わからないことや知りたいことはその場で全部確認して、納得したうえで契約することができます。

この対面契約を活かして月額料金の割引交渉をする、という強者もいるようですよ!

その日のうちに端末を持ち帰って、すぐにWiMAXが使えるようになることも挙げられます。

急ぎでインターネットを使いたい人にはありがたいですよね。

年契約の縛りがイヤな人も、「KTWiMAX」であれば期間条件のないプランがあるので、それを利用できるのは便利でしょう。

ただし!それなりに割高です。

また、ほかのプロバイダーと違って下り最大708Mbpsに対応しているのも心強いところです。

「KTWiMAX」のデメリット

さて、続いてデメリットです。

料金体系はUQコミュニケーションズのものとほぼ同じ。

割高な料金設定は最大のデメリットと言えると思います。

また、「KTWiMAX」はキャンペーンやキャッシュバックの類のものを行っていません。

割引などはWiMAXの仕組みの中にあるものだけ。

家電量販店ならではのサービス、パソコンなどの同時購入の割引が無い点もマイナスポイントと言えるでしょう。

「KTWiMAX」はどんな人に向いている?

では、どんな人が「KTWiMAX」に向いているんでしょうか。

やはり、店頭で対面契約をしたいというユーザー向けでしょう。

キャリアのショップへ行ってスマホを契約するように、WiMAXもいろいろ説明を受けながら契約する方が安心できるという人にはピッタリですね。

逆に、店舗へ行くのは面倒だし、全部知ってるからとにかく安いプロバイダーでWiMAXを契約したい、という人には不向きです。

使用料が割高なのは確かですからね!

「KTWiMAX」はオススメできる?

スマホを持つ女性

近くにケーズデンキがあって、対面契約にこだわりたいという人にはおすすめできます。

使用料は割高ですが、それでも対面でアドバイスを聞きながら契約したい、その場で生じた疑問も解消しながら契約したい、というのであれば迷うことはないでしょう。

また、期間条件のないプランも用意されているので、年契約の縛りを受けたくないという人なら検討する余地はあるかも知れません。

これらに該当しないのであれば、正直言って「KTWiMAX」をわざわざ選ぶ必要はないですね!

回線品質はどこのプロバイダーでもまったく同じですし、440Mbpsでも十分高速です。

月々の費用が割高ですし、ネット料金節約のためには選択肢には入りません。

総額料金も圧倒的に安く、おトクなプロバイダーは他に沢山ありますから、しっかりと検討することをオススメします!!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

自分にあった方法を、ある程度模索したほうが後悔もないですもんね。

みなさんもしっかりと見極めて、快適なネット生活を手に入れてください!!

この記事が少しでも参考になれば幸いですm(__)m

それではまた!

 

女性タブレット

ダイワボウDIS mobile WiMAXの料金や特徴徹底解説!

 

十分すぎる速度もでて実用的、持ち運びも便利なWiMAX。

定回線の置き換えに検討される方も多いですよね。

現在、WiMAXのプロバイダーはおよそ30社ほどあり、さまざまな業種が参入しています。

インターネット専業のプロバイダーはもちろん、大手量販店などもプロバイダーサービスを展開しています。

ここで解説する「DIS mobile WiMAX」もその中の一つ。

今回は「DIS mobile WiMAX」というプロバイダーに興味を持って検索してくれた方のために、その詳細をしっかりと解説していきたいと思います!

WiMAXのプロバイダー選びに迷っている人は、是非参考にしてくださいね!

「DIS mobile WiMAX」ってどんなもの?

女性疑問

 

「DIS mobile WiMAX」はIT系の商社のダイワボウ情報システムがプロバイダーサービスを展開しているものです。

大手量販店と違って一般の人にはあまりなじみがないんですが、国内では最大級のIT系商社で、法人向けにさまざまなサービスや製品を販売している会社です。

現在は、WiMAXの他にも格安SIMサービスも提供していますよ。

通信速度について

通信速度ですが、下り最大440Mbpsでこの辺はほかのプロバイダーと変わりありません。

ただし、W04に関してはWiMAX 2+の最高速となる556MbpsやauのLTE回線と合わせて使う708Mbpsの高速通信への対応もしています。

対応端末について

対応端末ですが、11月に発売されたばかりのWX04をはじめ、W04、WX03、W03、ホームルーターのL01などがアナウンスされています。

中ではW03が若干古い機種ですが、その他は新しいので端末選びで失敗することはないでしょう。

「DIS mobile WiMAX」はWiMAX 2+だけでなく、従来のWiMAXサービスにも対応していて、料金プランも用意されています。

しかし現在ホームページで確認できるのはWiMAX 2+用の端末のみです。

速度制限について

速度制限ですが、3日で10GB超の通信をした場合と月間7GB超の通信をした場合に制限がかかります。

月間7GB超の通信については料金プランで縛られているものだけでなく、使い放題プランの場合でもハイスピードプラスエリアモードで超えてしまった場合には制限が適用されます。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

オプションについて

「DIS mobile WiMAX」には2つのオプションが用意されています。

グローバルIPアドレスオプション

WiMAX端末に割り振るIPアドレスをグローバルIPにできるオプションです。

月額96円です。

Wi-Fiプレミアム

WiMAX 2+のプランに契約すると無料でUQ Wi-Fi網とWi2のWI-Fi網を利用できるというものです。

WiMAXの電波が弱いところなどでWi-Fiが使えるようになるので、これは便利ですね。

料金プランや違約金について

それでは次に、使用料金について見ていきましょう。

料金プランはほかと変わらない

料金プランはほかのWiMAXプロバイダーと同じく、

  • 使い放題プラン
  • 月7GB制限

のプランの2種類があります。

使い放題プラン


使い放題プランの
「DiSM Flat ツープラス ギガ放題」
は、月額4,880円おトク割500円が適用されて、月額4,380円使えます。

最初の3カ月はさらに684円の割引が適用されて実質3,696円となります。

割引価格もほかのプロバイダー同じですね。

2年契約プラン3年契約プランが用意されていて、3年プランについてはauのLTE回線を利用するオプション料1,005円が無料になります。

プラン 基本使用料 おトク割 実質使用料 3ヶ月割(-684円)適用後
DiSM Flat ツープラス ギガ放題2年 4,880円 -500円 4,380円 3,696円
DiSM Flat ツープラス ギガ放題3年 4,880円 -500円 4,380円 3,696円

 

7GB制限プラン

7GB制限のプランの「DiSM Flat ツープラス」は2年契約プランだけ用意されています。

こちらもおトク割500円の割引適用後の価格で月額3,696円で利用できます。

プラン 契約期間 基本使用料 おトク割 実質使用料
DiSM Flat ツープラス 2年 4,196円 -500円 3,696円

このほか、

  • DiSM Flat ツープラス auスマホ割(2年)
  • DiSM Flat ツープラス auスマホ割(3年)
  • DiSM Flat ツープラス auスマホ割(4年)

のプランも用意されていて、auのスマホを使っている人であればauスマートバリューmine」に加入することができ、auのスマホを安く使うことができます。

これで、毎月最大934円のauのスマホ料金が割引されます。

おトク割についてはどのプランも、契約期間を超えて継続利用した場合に、長期利用割引ということで継続して500円の割引を受けられます。

料金プランや割引はUQの基本料金と変わらずで「DIS mobile WiMAX」だからといった特徴はないことが言えます。

違約金もほかと変わらない

違約金ですが、これはほかの多くのプロバイダーと同じで、1年目19,000円2年目14,000円3年目以降9,500円必要になります。

2年プランの場合25カ月目の解約で、3年プランの場合は37カ月目が契約満了月にあたり、そこで解約すると違約金がかかりません。

ただ、プラン変更の種類によっては上記と同じ解除料が発生する場合があるので、要注意です!

「DIS mobile WiMAX」のメリットとデメリットについて

女性比較

メリットについて

W04についてWiMAX 2+の最高速になる556Mbpsと708Mbpsに対応していると明言されているので、速度面ではメリットが大きいでしょう。

また、現在キャンペーンで従来のWiMAXを使っている人向けにWiMAX 2+用端末への乗り換えを展開しています。

事務手数料3,240円かかりますが、従来のWiMAXを使っていて、そろそろもっと速いWiMAX 2+に乗り換えようという人には朗報でしょう。

デメリットについて

プロバイダーの母体が商社ということもあって、契約方法がちょっと特殊です。

「DIS mobile WiMAX」の加入方法ですが、通常は取次代理店(アプライド、パソコン工房、ZOA)で申し込み、「DIS mobile WiMAX」から契約申込書が郵送されてきます。

これに必要事項を記入して「DIS mobile WiMAX」へ返送します。

加入審査を経て開通処理がされ、端末と一緒に発送されるという段取りになります。

店舗では申込みのみで、あとは郵便を使うとってもアナログな方法なので、契約から開通までに日数がかかっちゃうんです。。。

また、取次代理店が大手ではないので、近くに店舗がない可能生があります。

そうなると、この申込方法以外で加入できないのはかなり不便だと言えますよね。。。

料金もUQとまったく同じです。

キャッシュバックキャンペーンなども特になく、特別な割引がないので、割高な料金で使うことになります。

「DIS mobile WiMAX」はどんな人に向いている?

スマホを持つ女性

まず、インターネットの開通を急がない人でしょう。

契約から開通までに時間がかかるので、急いで手間なくインターネットを使いたい人はほかのプロバイダーでWiMAXを契約する方が間違いありません。

光回線などの固定回線から乗り換えようという人であれば、事務手続きや工事をしながらWiMAXの契約を待っていられるので、そういう状態の人にはいいかも知れませんが。。。

現時点で従来のWiMAXを使っている「DIS mobile WiMAX」ユーザーであれば、無料ではありませんが、最新機種に格安で乗り換えることができます。

通信速度も数倍に跳ね上がるので、料金プランとの折り合いが付くのであれば検討の余地はあります。

「DIS mobile WiMAX」はオススメできる?

女性スマホ

運営母体はしっかりした商社なので心配はないです。

ただ、WiMAXプロバイダーとしてはUQの代理店的なスタンスで運営しているようなので、料金的なメリットがまったくありません。

もっと安いプロバイダーがあるし、キャッシュバックなどでお得なプロバイダーもあります。

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

また、契約が基本的に郵便のやり取りとなると、ややこしい上に時間がかかるので、ユーザーとしてはじれったいところがあるでしょう。

対面契約も可能ですが、取次代理店が大手ではないので近くに店舗がある人は少ないでしょうしね。。。

従来のWiMAXを「DIS mobile WiMAX」で契約して使っている人であれば、格安でWiMAX 2+への乗換ができるというのがメリットらしいメリットでしょうか。

正直なところ、料金的にも契約自体もデメリットが多すぎます。

ほかのプロバイダーでWiMAXを契約した方が便利で、お得に使えると思います!

みなさんも、他のプロバイダーとサービス面や料金面を慎重に比較して、しっかり検討してみてくださいね!

それではまた!

 

 

笑顔の女性

コミュファ光のWiMAXはアリ?その料金や特徴

現在、WiMAXプロバイダーはインターネット専業のプロバイダーから大手量販店や商社まで、さまざまな業種が参入しています。

今回紹介する「コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)」はその中でも異色の存在で、auの親会社であるKDDIと中部電力の系列会社である中部テレコミュニケーションが提供しているWiMAXプロバイダーサービスです。

この記事では

「コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)」ってどんなプロバイダーなの?

と気になって検索してくれた方のために、その特徴やメリット・デメリットをしっかり解説していきたいと思います!

では、一つずつ見ていきましょう〜。

 

「コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)」とは

笑顔の女性

「コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)」中部テレコミュニケーションが提供するプロバイダーサービスです。

中部テレコミュニケーションとは、中部地区で光ファイバーのサービスを展開している会社です。

正確に言うと「コミュファ光」という光回線のプロバイダーサービスを展開している中で、そのオプションサービスとして「コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)」があるという仕組みです。

したがって「コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)」(以下「コミュファ光モバイル」とします)を使うには、「コミュファ光」を契約していることが前提です。

通信速度について

通信速度は下り最大440Mbpsで、ほかのWiMAXプロバイダーと変わりありません。

しかし、ほかのプロバイダーだとオプションでauのLTE回線を使うことができるのですが、「コミュファ光モバイル」ではそのオプションは用意されていません。

対応端末について

端末はWX03のみ対応です。

端末料金は無料です。

ほかのプロバイダーだとW04や最新のWX04に対応していることが多いのですが、「コミュファ光モバイル」では未対応です。

WX03はauのLTE回線が使えない仕様なので、その兼ね合いもあってLTEオプションがないとも考えられます。

速度制限について

速度制限ですが、3日で10GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

これもWX03では「ハイスピードプラスエリアモード」が利用できないので、使い放題プランに関しては3日で10GB超の通信を行った場合だけ速度制限がかかるようになっています。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

料金プランと違約金について

続いて料金やキャンペーンなど、詳しく見ていきましょう!

料金プランについて

料金プランはほかのWiMAXプロバイダーと同じく、

  • 使い放題プラン
  • 月7GB制限

の2種類があります。

どちらのプランも2年契約のみです。

プラン 契約期間 月額使用料 おトク割 実質使用料
フラットツープラス データ無制限 2年 4,640円 -500円 4,140円
フラットツープラス 2年 3,966円 -500円 3,466円

シンプルなプラン設定ですね!

使い放題プランの「フラットツープラス データ無制限」は月額基本料金が4,640円おトク割500円割引が適用されて、実質4,140円です。

最初の3カ月間については、さらにお試し割月額674円の割引が適用されるので、3,466円で使うことができます。

月7GB制限プランの「フラットツープラス」は月額基本料金が3,966円おトク割500円割引が適用されて、実質3,466円です。

こちらはお試し割の適用はないので、初月から3,466円です。

また本来のサービスである「コミュファ光」には「auスマートバリュー」の割引サービスがあるので、auのスマホを使っている場合にはauスマホの料金を安くすることができます。

キャンペーンについて

現在、2017年12月31日までのキャンペーンが2種あります。

新規申し込みキャンペーン

「フラットツープラス データ無制限」で新規加入すると、商品券10,000円もらえます。

乗りかえキャンペーン

従来のWiMAXをコミュファで使っている場合、「フラットツープラス データ無制限」への乗り換えで商品券5,000円のほか、以前の契約解除料が無料になり、WiMAX 2+への契約事務手数料も免除されます。

違約金はどのくらい?

違約金ですが、1カ月目から13カ月目までの解約で19,000円14カ月目から25カ月目までの解約で14,000円26カ月目以降は9,500円の違約金が発生します。

25カ月目が契約満了月、26カ月目が契約更新月と定められていて、契約満了月の末日から契約更新月に解約する場合には違約金が発生しません。

「コミュファ光モバイル」のメリットとデメリットは?

さて次に、「コミュファ光モバイル」でWiMAXの契約をするメリットとデメリットについて見ていきましょう。

女性比較

メリットについて

料金プランは基本的にUQに準じていますが、UQよりも数百円安い設定になっています。

わずかな差ですけど、UQよりお得に使えるのは確かですね。

対応端末が1機種しかないので、特に初心者の場合は端末選びに迷うことなく使えるのもいいかも知れません。

同じように料金プランは2つしかなく、オプションサービスはまったく用意されていないので、プラン選びも楽にできる分、初心者にはわかりやすく感じるかも知れません。

現時点ではキャンペーンで新規加入の場合は10,000円の商品券が貰えるのもお得です。

現金が貰えるわけではないですが、この商品券は約3ヶ月後に発送される仕組みになっているので、ドラブルが起きにくいのもメリットですね。

現金キャッシュバックだと面倒な手続きが多く、貰えるまでの期間も長くてついうっかり忘れてしまった…!なんてことも多いのです。。。

デメリットについて

では、どんなところがデメリットなんでしょう。

まず、根本的な話として、コミュファ光に契約していないと「コミュファ光モバイル」に加入することができません。

WiMAXを使うために光回線を契約するのは本末転倒なので、これは大きなマイナス点でしょう。

また、コミュファ光に関しては、愛知・岐阜・三重・静岡の4県のみでサービスが展開されています。

したがって、「コミュファ光モバイル」もこの4県のサービスエリア内に住んでいる人しか加入できません。

料金プランはUQよりは安くなっているものの、ほかのプロバイダーと比べると割高です。

ほかのプロバイダーならもっと安くWiMAXを使うことができます。

端末もちょっと古めなWX03に固定されているのも気になるところです。

注意書きでも、WX03以外で自分の持っている端末を使おうとしても使えないということが明記されています。

WX03しか使えないためにauのLTE回線も使うことができず、WiMAX 2+のエリア外に出ると通信ができなくなってしまいます。

また、ほかのプロバイダーでは割と多いWi-Fiのオプションですが、これもないのでエリア外で通信する手段がなくなるのは問題ですね。

LTE回線が使えないので「ハイスピードプラスエリアモード」も使えず、通信速度面でも440Mbps以上が期待できません。

これらは今後のことを考えると不安の残るところです。

「コミュファ光モバイル」に向いているのはこんな人

外でスマホ女性

まず、東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)に住んでいて、コミュファ光を現在契約している方。

その上で固定回線もWiMAXも使いたくて、それを同じ会社で契約したいと思っている方。

これらの条件にある人は、向いていると言えますね。

また端末、料金プランともに選択肢がほとんどないので、迷う要素がありません。

その分、わかりやすく感じるはずなので、初心者の方にも向いているでしょう。

「コミュファ光モバイル」はオススメできる?

女性スマホ

まず、「コミュファ光モバイル」はコミュファ光の加入者向けのオプションサービスです。

なので「コミュファ光」の契約者以外は加入することが出来ません。

光回線の契約が前提なのはちょっとハードルが高すぎますね。。。

しかも、そのサービスエリアは東海4県限定なので、契約できる人はかなり限られてきます。

たとえ、都内在住で「コミュファ光モバイル」に魅力を感じる人がいたとしても、加入自体は事実上不可能ということです。

ただ、端末は1機種しかなく、料金プランも2つだけ、とにかくシンプルです。

なので、そういうシンプルさを求める人にはピッタリなプロバイダーかも知れません。

ただし、料金は割高ですよ!

ほかのプロバイダーを選べばもっと安く使うことができます。

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

また、WX03のみ対応なのでLTE回線が使えないのも痛いところです。

WiMAXのエリアや通信速度などは、どのプロバイダーでもまったく同じです。

しかし長く使っていこうと思うのであれば、LTE回線を使った「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できるのが必須です。

通信速度も440Mbpsで頭打ちになる可能生があるのは不安ですね。

こういった点からみても、敢えて「コミュファ光モバイル」を選ぶ理由がないのが事実です。

純粋にWiMAXを使いたいという人であれば、もっと別のプロバイダーを選ぶ方が、コストも低く将来的にも安心して使えるでしょう。

みなさんも自分にあった条件を慎重に比較して、WiMAXプロバイダーを検討してみてくださいね。

この記事が参考になれば幸いですm(__)m

それではまた!

 

 

女性

J:COM WiMAXの料金や特徴、キャンペーンを解説

 

WiMAXはUQコミュニケーションズという会社が提供するサービスですが、他社にもWiMAXプロバイダーの事業を許可しています。

現在、WiMAXのプロバイダーにはさまざまな業種が参入していて、およそ30社ほどあります。

インターネット専業のプロバイダーはもちろん、大手量販店や商社なども参入しています。

今回取り上げる「J:COM WiMAX」は中でもちょっと変わった、ケーブルテレビ業者が展開しているWiMAXプロバイダーサービスです。

プロバイダーって沢山ありすぎる!

プロバイダーの業種によってプランやサービスには違いがあるの?

と、いろいろ気になりますよね。

ここでは「J:COM WiMAX」の利用料金や契約プラン、端末などの基本的な情報をしっかりと解説していきたいと思います!

それでは詳しく見ていきましょう!

「J:COM WiMAX」とは

ペンを持つ女性

J:COMはKDDI株式会社の連結子会社である株式会社ジュピターテレコムが展開するケーブルテレビ等のサービスブランドです。

CATV業界では最大手の会社で、ケーブルテレビはもちろんですが、CATV回線を使ったインターネットサービスやIP電話、最近は格安スマホなどさまざまなサービスを提供しています。

そのひとつとして、WiMAXのプロバイダーも展開しているわけです。

通信速度について

通信速度は下り最大440Mbpsで、これはほかのプロバイダーと変わりありません。

また、全国ほぼどこでも使えるauのLTE回線を利用することもできます。

対応端末について

端末ですが、WiMAXのプロバイダーとしては珍しく、W04のみ対応しています。

そのうちWX04などもアナウンスされる可能生はありますが、現時点ではW04のみですね。

さらに、高性能で通信速度も速いW04のみの取り扱いながらも、WiMAX 2+の556Mbpsや708Mbpsへの対応はされていません。

これはちょっと損した気分になりますね。。。

また、端末料金は0円です。

速度制限について

速度制限ですが、3日で10GB超の通信をした場合と月7GBを超える通信をした場合に制限がかかります。

月7GB制限についてはWiMAX 2+とauのLTE回線を使った「ハイスピードプラスエリアモード」で7GBを超える通信を行った場合も制限されます。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

速度制限についても特にほかのプロバイダーと変わりませんね。

料金プランと違約金について

女性タブレット

料金プランについて

料金プランもほかのプロバイダーと同じく、

  • 使い放題プラン
  • 月7GB制限プラン

の2つがあります。

とてもシンプルで分かりやすいプラン設定です。
(逆に言えば、細かい割引が全くない、とも言えるんですが…)

また、すでにJ:COMのサービスを利用している場合は月額料金が割引されます。

 プラン J:COMサービス加入者 J:COMサービス未加入者
ツープラス ギガ放題2年 4,113円/月 4,379円/月
ツープラス 2年 3,429円/月 3,695円/月
ツープラス 4年 3,429円/月 3,695円/月

使い放題プランは「ツープラス ギガ放題」で、2年契約のみ用意されています。

J:COMサービス加入者であれば月額4,113円、J:COMサービス未加入者であれば月額4,379円になります。

契約初月については無料で使えます。

月7GB制限のプランは「ツープラスプラン」で、2年契約4年契約が用意されています。

どちらも月額料金は同じで、J:COMサービス加入者は月額3,429円、J:COMサービス未加入者は月額3,695円です。

こちらも契約初月については無料で使えます。

また、今まで「J:COM WiMAX」を使っていた人なら、WiMAX 2+の「ツープラス ギガ放題」への乗り換えで

  • 解除料免除
  • 月額利用料を2年間684円割引

を受けられます。

また、auのLTEで通信する「ハイスピードプラスエリアモード」のオプションがあります。

使った月については1,005円の使用料金がかかります。

auのスマホを使っている人であれば、「auスマートバリューmine」に加入してauのスマホを安く使うことができます。

これで、毎月最大1,000円のauのスマホ料金が割引されます。

この辺も全てWiMAXのベーシックな料金プランですね。

違約金について

1年目の解約で19,000円2年目の解約で14,000円3年目以降の解約で9,500円の違約金が発生します。

契約更新月とその前月は契約解除料はかかりません。

とても高額ですが、この辺は多くのプロバイダーが設定している金額なので、特別「J:COM WiMAX」だけが高いということではないです。

契約も解約も慎重に、ってことですね!

「J:COM WiMAX」のメリットとデメリットについて

スマホを持つ女性

通信速度、端末、料金…と見てきましたが、「J:COM WiMAX」は他社と変わらない点が多いことが分かると思います。

ただ、一つ注意して置かなければならない点があります。

それは、J:COMのサービスエリアについてです。

「J:COM WiMAX」J:COMのサービスエリアに住んでいる人しか契約できないのです。

そのサービスエリアは日本で16県、ほとんどが関東・関西・九州の大都市圏のみです。

なので、契約できる人はかなり限定されてしまうですね。。。

これを踏まえてのメリット・デメリットということになります。

メリットについて

J:COMのサービスを利用している人であれば、いくらか安くWiMAXを使うことができます。

全体的にシンプルになっているのも分かりやすくて、迷わなくていいですね。

料金プランは全部で3つ、対応端末はW04のみ、オプションはLTEオプションだけ、とシンプルな構成になっています。

初心者でも理解しやすいでしょう。

端末料金が無料になっているのも魅力です。

契約はオンラインでしますが、J:COMショップへ行けば対面契約も可能です。

J:COMショップが近くにあるのであれば、出向いていろいろ聞いて納得してから契約することができます。

デメリットについて

さて、次にデメリットを見ていきましょう。

まず一つ目に、高い料金設定が挙げられます。

UQと同プランを同じ金額で使っているので、ほかのプロバイダーに比べると価格面では見劣りします。

UQではおトク割で500円の割引が継続してつきますが、J:COMではすでに割り引かれた金額になっています。

UQに比べて1円だけ、安くなっていますけどね。。。

また、キャンペーンや割引などを一切やっていないので、お得感もありません。

J:COMサービス加入者だけはいくらか割引されますが、200円程度です。

大きく得をするという魅力は感じられません。

そして何と言ってもJ:COMサービスエリア内の16県内でなければ、そもそも申し込みも出来ないってことです。

J:COMユーザーにとって(少しは)お得なWiMAXサービスなので、J:COMのサービスエリア外の方が申し込むメリットは特にないってことですね。。。

「J:COM WiMAX」の契約にはどんな人が向いている?

外でスマホ女性

前述したように、まず、J:COMサービスエリア内に住んでいて、J:COMのサービスをすでに使っている人ですね。

それほど安くはないですが、いくらか安く使うことができます。

サービスをまとめられるので月々の払いがわかりやすくなりますしね。

その上で、対面契約したい人も選択肢に入るでしょう。

ただ、大手量販店と違ってどこにでもショップがあるわけではないので、J:COMショップが近くにある人限定になりますが。。。

「J:COM WiMAX」はオススメできる??

女性スマホ

 

J:COMサービスのユーザーであれば選択肢には入ると思います。

割高ですがプランがシンプルな分、悩む必要がないのでハードルが低いですね。

それ以外の人には、正直ほとんど魅力がありません。

J:COMサービス未加入者だと料金面でのメリットがまったくありません。

また、端末がW04一択なのはいいですが、速度面では556Mbpsや708Mbpsへの対応のアナウンスもありません。

端末が一択だと、契約途中での機種変更もできませんし。。。

冒頭でも言いましたが、WiMAXのプロバイダーは今ではおよそ30社ほどあります。

もっと安いプロバイダーもあるし、キャンペーンなどが多数存在しているので、それらを利用してお得にWiMAXを使うことが出来ます。

サポート面、オプション面でも充実しているプロバイダーは沢山あります。

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

みなさんも他社と比較して、しっかり検討してみてください!

各プロバイダーの特徴やキャンペーン等をきちんと押さえて、お得にそして快適に、インターネット生活ができるといいですね!

それではまた!

 

 

 

女性タブレット

BIGLOBE WiMAXの料金や特徴を解説!

 

WiMAXの契約を検討中でどこのプロバイダーにすればいいか、迷っていませんか?

現在WiMAXのプロバイダーにはさまざまな業種が参入していて、およそ30社あります。

家電量販店やインターネット専業のプロバイダーもWiMAXのプロバイダーサービスを展開しています。

「BIGLOBE WiMAX」もその一つです。

「BIGLOBE WiMAX」は老舗のインターネットプロバイダー、BIGLOBEが提供しているサービスです。

BIGLOBEはプロバイダー業界を引っ張ってきた企業の一つで、知名度も高く、評判も悪くありません。

そんな大手のプロバイダーで契約すると、どんなメリットやデメリットがあるのか気になると思います。

そこで、この記事では把握しておきたい「BIGLOBE WiMAX」のメリット・デメリットを徹底的に解説していきますね!

「BIGLOBE WiMAX」ってどんなもの?

女性スマホ

通信速度について

通信速度は下り最大440Mbpsです。

また、対応している端末であれば、auのLTE回線を利用することもできます。

この辺はほかのプロバイダーと変わりませんね。

W04に関してはWiMAX 2+の最高速556MbpsauのLTE回線と同時利用で使える708Mbpsへ対応しています。

440Mbpsを超える最新の高速エリアへの対応を明言しているのは心強いところです。

対応端末について

対応端末ですが、最新のWX04をはじめ、W04、WX03、ホームルーターのL01に対応しています。

新しい端末だけに絞って対応しているので、端末選びで失敗することはないでしょう。

速度制限について

速度制限ですが、3日間で10GB超の通信を行った場合と月間7GB超の通信を行った場合にかかります。

月間7GB超の通信はWiMAX 2+だけでなくハイスピードプラスエリアモードでの通信量も含まれます。

前者ではおおよそ1Mbpsに、後者では128Kbpsに制限されます。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

速度制限についても、ほかのプロバイダーと変わりません。

料金プランと違約金について

ペンを持つ女性

料金プランについて

料金プランですが、

  • データ通信使い放題
  • 月7GB制限プラン

の2つに大別されます。

Flat ツープラス ギガ放題

使い放題プランは「Flat ツープラス ギガ放題」で2年契約、3年契約のプランがあります。

基本料金は月額4,880円長期利用割引500円が適用されて、実質4,380円になります。

サービス開始月は無料で利用できます。

Flat ツープラス

月7GB制限のプランは「Flat ツープラス」で、3年契約のみとなります。

基本料金は月額4,195円で、長期利用割引500円が適用されて、実質3,695円になります。

こちらもサービス開始月は無料で利用できます。

auスマホ割

これに加え、auスマホユーザーがお得になる「auスマホ割」のプランがあるかたちですね。

  • Flat ツープラス ギガ放題 auスマホ割 (3年)
  • Flat ツープラス ギガ放題 auスマホ割 2年)
  • Flat ツープラス auスマホ割 (3年)

このプランでは「auスマートバリュー mine」でauスマホが最大1,000円引きになります。

さらに「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,005円も無料になります。

 

また、この記事を執筆している時点で、幾つかキャンペーンがあるのでそちらもあわせて見ていきましょう!

キャンペーンについて

ひとつはNEC製のLAVIE TAB Eタブレットを無料でもらえるもの。

もうひとつは月額利用料金の割引です。

 

この2つはどちらかを選ぶかたちの特典で、2018年1月4日までのキャンペーンです。

A タブレット特典

2年間継続利用で、LAVIE TAB Eタブレットをもらえます。

こちらののプランも使用料金の割引があるんですよ。

 

割引額は使い放題のプランで

  • 最初の2カ月1,985円割引
  • 3カ月目から24カ月目1,300円割引
  • 25カ月目から36カ月目500円割引(3年契約プランの場合)

7GB制限のプランで

  • 最初の1カ月から24カ月目1,300円割引
  • 25カ月目から36カ月目500円割引

割引されます。

ただし、この割引額には端末料金の割引(-800円)も含まれています。

なので端末料金は無料になります。

 プラン 最初の2カ月間 3カ月目から24カ月目まで 25カ月目~36カ月目まで
Flat ツープラス ギガ放題2年 3,695円 4,380円 4,380円
Flat ツープラス ギガ放題3年 3,695円 4,380円 4,380円
Flat ツープラス3年 3,695円 3,695円 3,695円

 

B 月額料金大幅値引き

使い放題のプランで

  • 最初の2カ月1,985円割引
  • 3カ月目から24カ月目1,650円割引
  • 25カ月目から36カ月目850円割引(3年契約プランの場合)

7GB制限のプランで

  • 最初の2カ月1,300円割引
  • 3カ月目から24カ月目1,650円割引
  • 25カ月目から36カ月目850円割引

割引されます。

ただし、こちらもこの割引額には端末料金の割引(-800円)も含まれています。

なので端末料金は無料になります。

 プラン 最初の2カ月間 3カ月目から24カ月目まで 25カ月目~36カ月目まで
Flat ツープラス ギガ放題2年 3,695円 4,030円 4,380円
Flat ツープラス ギガ放題3年 3,695円 4,030円 4,030円
Flat ツープラス3年 3,695円 3,345円 3,345円

割引を適用するとこんな感じです。

さらに、A・Bどちらを選んでも、WX03の端末を選ぶと申し込み手数料3,000円が割引されます。

30,000円キャッシュバック

そして、もう一つの大きなキャンペーンは30,000円のキャッシュバックです!(こちらは2018年2月4日まで)

30,000円という金額は新端末WX04のみのキャンペーンです。

WX03、W04、L01を選ぶと15,000円のキャッシュバックに加え、ギガ放題プランなら2ヶ月間3,085円の値引きも受けることが出来ます。

このキャッシュバックとBの月額料金大幅値引きをどちらも受ければ、トータルで見ると結構おトクにWiMAXを使うことができますね〜。

ただし、キャッシュバックを受け取るには手続きが必要です。

待っているだけじゃ受け取れないんですよ!

その受取方法を簡単にまとめてみました。

まず、30,000円キャッシュバックの場合の条件は

  • クレジットカード払い、またはBIGLOBE会員であること
  • 対象サービスは3年プランのみ

そして受取手順は以下のようになっています。

  1. 2018年3月31日までにBIGLOBE会員専用ページ(マイページ)からアンケートに答える
  2. 12カ月目までの継続利用を確認後、振替払出証書が郵送される(郵送には1カ月以上かかる場合がある)
  3. 近くの郵便局またはゆうちょ銀行にてキャッシュバックの現金を受け取る

他のプロバイダーだと、専用のメールアドレスで連絡の後口座振込のところが多いです。

しかし「BIGLOBE WiMAX」は郵便局での換金なので、比較的カンタンにキャッシュバックを受け取れますね。

この辺はハードルが低くていいと思います!

また、もう一つ注意しなければならないことがあります。

それはキャンペーンに対する違約金です。

もし23カ月目末日までに解約してしまうと、WiMAX 2+の契約解除料とは別に20,000円の違約金を請求されてしまいます。。。

後述する端末の違約金に加算され、かなり高額になってしまうので要注意です!

オプションについて

さて次にオプションですが、ウイルスや不正アクセスから守る、セキュリティオプションだけが用意されています。

月額380円で3台まで使えます。

以降1台追加ごとに100円増額で、最初の2カ月間は使用料無料となっています。

また、auスマホを使っている人であれば、auスマートバリューmineに加入するとauのスマホ料金が安くなります。

auのLTE回線「ハイスピードプラスエリアモード」を使うオプションは使った月だけ1,005円かかります。

ただし、3年契約の料金プランやauスマートバリューmineに加入すると無料になります。

光回線などでBIGLOBEをプロバイダーに使っていると、WiMAXの利用料金も月額200円割引されます。

違約金について

違約金ですが、1年目19,000円2年目14,000円3年目以降9,500円かかります。

これは多くのプロバイダーが適用している金額なので、「BIGLOBE WiMAX」だけが特別というわけではありません。

ほんと、どこも高額です!

加えて、キャンペーンの特典にタブレットを選ぶと違約金として12,000円別途かかることになります。

前述した、キャッシュバックキャンペーンの場合も20,000円別途かかります。

2年プランの場合は24カ月目、3年プランなら36カ月目は違約金不要で解約することができます。

契約も解約も慎重にしなければなりませんね。。。

「BIGLOBE WiMAX」のメリットとデメリットは?

女性タブレット

では「BIGLOBE WiMAX」を選ぶとどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか。

「BIGLOBE WiMAX」のメリットについて

基本料金はUQコミュニケーションズと変わりませんが、現時点ではキャンペーンをやっているので、キャッシュバックや割引の特典を選ぶと大幅に安くWiMAXを使えます。

端末代金も無料にすることもできますし、かなりお得です。

オンラインでの契約になりますが、老舗かつ大手のインターネットプロバイダーなので、信頼性がとても高く安心して契約できるのもいいですね!

556Mbpsと708Mbpsへの対応を明記しているので、高速通信に対応しているのも大きなメリットになります。

「BIGLOBE WiMAX」のデメリットについて

オンライン契約なので、ホームページに書いている説明がすべてになります。

知りたいことがあれば電話で問い合わせしなければならない手間がかかるのはデメリットでしょう。

月額使用料ですが、現時点ではキャンペーンをやっているのでかなり安く使える上に、端末代金も無料になります。

ただし、キャンペーン頼みになっているので、時期を考えて契約しないと安くおトクにWiMAXを使えないのも注意が必要です。

「BIGLOBE WiMAX」での契約に向いているのはこんな人

電卓を持つ女性

オンライン契約に抵抗がなく、大手の信頼できるプロバイダーを使いたいという人には向いているでしょう。

使用料金に関しては、現時点ではほかのプロバイダーより安くWiMAXを使うことができます。

なので、安く使いたいという人にもピッタリです。

キャッシュバックを利用して、さらに特典に割引を選べば端末代金も無料になるのでかなりお得に使えます。

また、通信速度が気になる人も556Mbpsや708Mbps対応を明言しているので、エリアは限定されますが高速通信を使うことができます。

「BIGLOBE WiMAX」はおすすめできる?

女性スマホ

まず、プロバイダー自体は大手で、しかも老舗なので信頼もできるし、契約後の安心感も段違いだと思います。

冒頭でも触れましたが、WiMAXのプロバイダーサービスはいろいろな業種が参入してサービスを展開しています。

それだけに、中には知名度も低くよくわからない会社も存在します。

その点、BIGLOBEは間違いがないと言えるでしょう。

いつまであるか分からないキャンペーン頼りになってしまいますが、月々の利用料金を安く抑えて更に、総額で見てもお得にインターネットを使うことができます。

使い放題プランであれば、自宅のインターネットを固定回線の代わりにWiMAXを使うことを検討してもいいかもしれませんね。

とういわけで、「BIGLOBE WiMAX」について見てきましたが、いかがでしたか??

これから初めてWiMAXを契約しようと考えている人は、やはり安心してお得にWiMAXを使いたいという方が多いですよね。

是非いろいろ検討してみてくださいね!

それではまた!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

スマホを持つ女性

@nifty WiMAXのメリットとデメリット、特徴を解説!

家でも外出先でも使える快適インターネット、WiMAX。

WiMAXのプロバイダーにはいろいろな業種が参入しています。

大手量販店などもこぞってWiMAXプロバイダーサービスを展開していますが、中でもやっぱり安心できるのはインターネット専業のプロバイダーかもしれません。

@nifty(ニフティ)はインターネットが主流になる以前のパソコン通信の時代から通信業界にある老舗プロバイダーの一つです。

@niftyも「@nifty WiMAX」というプロバイダーサービスを展開しています。

WiMAXの他にも、光回線「@nifty光」や格安SIM「NifMo」などを提供しています。

多くのWiMAXプロバイダーが存在する中、価格やサービスにはどんな特徴があるんでしょうか。

この記事ではそんな「@nifty WiMAX」についてしっかり解説していきますね。

「@nifty WiMAX」について

女性疑問

通信速度について

WiMAX 2+に対応し、通信速度は下り最大440Mbpsとなっています。

また、端末が対応していれば、auのLTE回線を利用することもできます。

この辺はほかのプロバイダーと変わらないですね。

対応端末について

対応端末ですが、W04とWX03、ホームルーターのL01の3機種がラインナップされています。

古い端末に対応しているプロバイダーも多いですが、古い端末をわざわざ使う理由はないので、この3機種に対応していれば何の問題もないでしょう。

11月に発売されたばかりのWX04はまだアナウンスされていませんが、いずれ対応するんじゃないかなーと思います。

速度制限について

速度制限についてですが、3日間で10GB超の通信を行った場合とauのLTE回線を使ったハイスピードプラスエリアモードも合わせて月7GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

前者は1Mbps程度に落とされますが実用上それほど影響ありません。

後者は128Kbpsになってしまうので、実用的じゃない速度になってしまいます。

これらはほかのプロバイダーでも実施されている制限ですね。

オプションサービスについて

オプションは以下の5種です。

  • Wi-Fiサービス
  • LTEオプション
  • グローバルIPアドレスオプション
  • 常時安全セキュリティ24
  • @nifty 優待サービス

一つずつ説明していきますね。

Wi-Fiサービス…無料

au Wi-Fi SPOTを無料で使えるオプション。

LTEオプション…1,005円/月

WiMAX 2+とau 4G LTEを併用して利用できるLTEオプション。

グローバルIPアドレスオプション…96円/月

インターネットに接続時にグローバルIPアドレスを割り当てるオプション。

常時安全セキュリティ24…500円/月

シマンテックとカスペルスキーのセキュリティ技術を使ったセキュリティオプション。

通信そのものとパソコンやスマホなどのセキュリティをカバーできます

最初の3カ月は無料で使えます。

@nifty 優待サービス

レジャーやエンタメなどさまざまなサービスや商品を会員向けに特別価格で安く提供される@nifty会員向けの優待オプションです。

最初の2カ月は無料になります。

このオプションに加入すると、WiMAX料金が200円割引されます。

料金プランと違約金について

女性比較

料金プランは2種類のみ

料金プランは2種類しかありません。

  • 使い放題の「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」
  • 月間7GB制限付きの「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」

です。

 

WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題 「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」
料金 登録初月=0円
翌月から2カ月間=3,420円
4カ月目以降=4,100円
登録初月=0円
2カ月目以降=3,420円
@nifty月額料金 250円 250円

 

「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」の利用料ですが、登録初月は無料。

翌月から2カ月間は3,420円(2018年2月28日まで)、4カ月目以降は4,100円となっています。

これに@niftyのプロバイダー料金250円がかかるので、実質4,350円です。

もし、光回線などのプロバイダーに@niftyを利用している場合は、プロバイダー料金がかからないので、月額4,100円となります。

「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」は登録初月は無料、2カ月目以降3,420円です。

これに@niftyのプロバイダー料金250円がかかるので、月額3,670円となっています。

こちらも光回線などで@niftyを使っている場合は月額3,420円になります。

どちらもauのスマホを使っていれば「auスマートバリューmine」に加入することで、auのスマホ料金が安くなります。

違約金について

違約金ですが、どちらのプランも共通です。

1年目の解約で19,000円、2年目の解約で14,000円、3年目以降は9,500円かかります。

高額な違約金はどこも一緒ですね。。。

こちらも表にまとめてみました。

解約時期 変更・解除手数料
1年目(1カ月目~12カ月目) 19,000円
2年目(13カ月目~24カ月目) 14,000円
25カ月目 0円
3年目~4年目(26カ月目~48カ月目) 9,500円
49カ月目 0円
5年目以降(50カ月目以降) 9,500円

5年目以降(50カ月目以降)も24カ月ごとに自動更新され、契約更新月に変更・解除した場合のみ無料となります。

「@nifty WiMAX」のメリットとデメリット

女性スマホ

では「@nifty WiMAX」を選ぶとどんなメリットがあるんでしょうか。

「@nifty WiMAX」のメリット

本家のUQコミュニケーションズのWiMAXに比べて使用料金が少し安いことです。

登録初月が無料になるのもお得ですね。

使い放題のプランであれば、(2018年2月28日までのキャンペーンですが)登録から4カ月目まで安く使えるのもうれしいところです。

端末代金も初回購入限定で1円で入手できるし、UQが2,800円かかることを考えると格安ですね。

また、プロバイダーの中でも大手でかつ古くからサービスをやっている会社なので、信頼できるプロバイダーと言えるところもあります。

「@nifty WiMAX」のデメリット

老舗で大手のプロバイダーですが、加入手続きはオンラインです。

対面契約に比べれば説明不足なところは否めません。

@niftyに限った話ではありませんが、ホームページを見ると昔のプランやサービスが残っていて、今の話と矛盾しているところが見受けらることがよくあります。

ユーザーにしてみると、これは電話して聞かないとわからないのでその辺は不便でしょう。

また、250円のプロバイダー料金が別途かかるのも引っかかるところです。

固定回線でも@niftyを使っていれば無料ですが、ほかのWiMAXプロバイダーではプロバイダー料金は別途課金されないので、なんだか損した気分になっちゃいます。。

あと、料金プランがシンプルなのはメリットなのかも知れませんが、逆に言うと選択肢が2つしかありません。

長期契約で安くしたいとか1年プランにしておきたいという人は選べませんからね〜。

「@nifty WiMAX」に向いてる人はどんな人?

スマホを持つ女性

まず、オンライン契約に抵抗がない人ですね。

安くWiMAXを使いたいけど、よくわからないプロバイダーは信用できないという人。

こんなタイプの人には知名度も高く実績もある「@nifty WiMAX」は向いているんじゃないでしょうか。

プロバイダーによっては料金プランをいろいろ用意しているところがありますが、とりあえず面倒なことは考えたくない、ややこしいことは嫌、という人にも向いているかも知れませんね。

「@nifty WiMAX」はオススメ出来る?

女性パソコン

 

本家のUQコミュニケーションズや大手量販店系のプロバイダーサービスに比べると、安くWiMAXを使うことができます。

しかも、オンライン契約ながらも信頼できる大手のインターネットプロバイダーなので、安心感もあります。

初心者でもわかりやすい料金プランの設定や、対応端末が新し目の3機種限定となっているのも好感が持てますね。

もう少し安く使えるWiMAXプロバイダーや、キャッシュバックで大盤振る舞いのプロバイダー、いろいろありますが、料金は少し高めでも安心感を持って契約し使いたいという人にはおすすめできるプロバイダーサービスでしょう。

WiMAXプロバイダーはたくさんありますが、料金やサービス、キャンペーン内容も少しずつ異なり、ちょっとした違いが分かっていないと損をしてしまう可能性があります。

料金、使用期間、サービスなど、自分の使い方にあったWiMAXプロバイダー選びができるといいですね。

この記事を読んでくれたあなたも、快適なネット生活ができますように!

それではまた!

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

女性ピース

ヨドバシカメラ・ワイヤレスゲートのWiMAXの特徴を解説

手軽にモバイルインターネットを楽しめることで人気のWiMAX。

プロバイダーサービスにはいろいろあります。

インターネットプロバイダーがモバイル向けにWiMAXのサービスを提供していることも多いですね。

一方で、インターネット専業の業者じゃない会社が提供しているケースもあります。

別の記事で取り上げたヤマダ電機・ベスト電器の「YAMADA  Air Mobile WiMAX」もその一つ。

大手の家電量販店がプロバイダーも兼ねているものです。

このように大手家電量販店がWiMAXのプロバイダーを展開しているものとして、ヨドバシカメラも挙げられます。
ヨドバシカメラは「ワイヤレスゲート」という名前で、WiMAXのプロバイダーサービスを展開しています。

ここでは、

多数存在するWiMAX提供会社の料金プランやオプションサービスにはどんな差があるの?

と思って検索してくれた人のために、ヨドバシカメラの「ワイヤレスゲート」の基本的な内容を紹介していきますね!

「ワイヤレスゲート」について

実は一言で「ワイヤレスゲート」というと、日本のインターネットサービスプロバイダー「株式会社ワイヤレスゲート」による無線LAN統合サービスのこと。

いろいろなサービスを指すことになり、格安SIMサービスもあれば、公衆Wi-FIサービスもあったりするんです。

そんないろいろある中のひとつに、WiMAXのプロバイダーサービスがある感じです。

ここでは格安SIMや公衆Wi-Fiの話はしないので、WiMAXのサービスを指して「ワイヤレスゲート」と呼ぶことにしますね。

通信速度は下り最大440Mbpで、ほかのWiMAX 2+を提供しているプロバイダーと変わりありません。

WiMAXの端末が対応機種であれば、auのLTE回線もオプションで使えるようになっているのも同じです。

また、これは「YAMADA Air Mobile WiMAX」でもそうでしたが、公衆Wi-Fiの使用権がセットで提供されています。

ヤマダ電機の場合はUQやWi2のWi-Fi網を利用しますが、「ワイヤレスゲート」の場合は、自社の「ワイヤレスゲート」のWi-Fiサービスを利用します。

ワイヤレスゲートの速度制限について

速度制限ですが、7GB上限のプランの場合、WiMAX 2+とauのLTE回線を合わせて1ヶ月に7GBを超える通信をすると、超過した以降は128Kbpsに制限されてしまいます。

また、使い放題プランでも3日間で10GBを超える通信を行うと、1Mbpsに制限されます。

この辺はほかのWiMAXプロバイダーと同じですね。

ほかにもファイル交換ソフトなどを使って大量のデータを継続的にやりとりしたのが確認された場合なども速度制限の対象になることが明記されています。

ワイヤレスゲートの対応端末について

対応端末ですが、最新のW04をはじめ多くの端末が使えるようになっていますよ。

ただ、敢えて古めの端末を選んでも通信速度が遅かったりするので、素直に最新のW04やWX03を撰ぶべきでしょうね〜。

料金プランについて

疑問

料金プランはUQと同じです。

  • WiMAX ツープラスギガ放題
  • WiMAX ツープラス

の2種類です。

ただし、「ワイヤレスゲート」の場合は名前が「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラスギガ放題 auスマホ割」「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラス auスマホ割」と名前が変わっています。

名前に「auスマホ割」と付いているので、auスマホの契約が必須のようにも感じますが、そんなことはありません。

auスマホを持っている場合に「auスマートバリューmine」の適用対象になるだけです。(最大1,008円(税込)割引)

 

 プラン 契約期間 基本料金 おトク割 実質料金
ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラスギガ放題 auスマホ割2年 2年 5,270円(税込) -540円(税込) 4,730円(税込)
ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラスギガ放題 auスマホ割3年 3年 5,270円(税込) -540円(税込) 4,730円(税込)
ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラス auスマホ割2年 2年 4,531円(税込) -540円(税込) 3,991円(税込)
ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラス auスマホ割3年 3年 4,531円(税込) -540円(税込) 3,991円(税込)
ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX ツープラス auスマホ割4年 4年 4,531円(税込) -540円(税込) 3,991円(税込)

料金プランを表にまとめるとこんな感じです。

契約年数はUQと同じく、2年プラン3年プラン4年プランが用意されています。

「ギガ放題」プランでは契約月を含む3カ月間はお試し割引が適用され、さらに739円(税込)の割引を受けられるので実質3,991円(税込)です。

おトク割については、これもUQと同じく契約年数を超えて継続契約した場合にも、長期割引として月々540円(税込)の割引が適用されます。

また、UQでは3年以上の契約でauのLTEオプションが無料になりますが、「ワイヤレスゲート」でも3年以上の契約で無料になります。

2年契約では有料オプションとなり、月額1,085円(税込)上乗せになります。

料金プランを改めて見てみるとわかると思うんですが、一時的な割引はされてはいるものの、正直高いのであまりおすすめはできません。

プロバイダーについてはこちらの記事でも書いてあるので、良かったら読んでみて下さいね!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

「ワイヤレスゲート」のメリット・デメリットって何??

ワイヤレスゲートにも強いところと弱いところがありますので、しっかり説明していきますね!

ワイヤレスゲートのメリットについて

メリットは以下となっています。

  • ワイヤレスゲートWi-Fiを利用できる
  • 他の家電量販店系のプロバイダーと同じく、店頭で対面契約ができる
  • その場で契約して端末もその日のうちに持ち帰って使い始められる
  • 端末代金がキャンペーンで最新のW04も実質1円
  • トラブルが起きたときに店頭で対処してもらえる
  • 商品券がもらえる

「ワイヤレスゲートWi-Fi」とは全国の駅、空港、ファストフード、カフェ、商業施設など全国約4万カ所で高速インターネットを利用できるサービスです。

WiMAX2+の対象外エリアでもワイヤレスゲートWi-Fiを使って通信できる可能性があります。

また、料金やわからないことがあればその場で店員に聞いて理解してから契約することがでるのは心強いですよね。

端末代もUQでも2,800円かかっちゃうので、それよりもさらに安く端末を入手できるんです。

商品券については、ヨドバシカメラで販売されているすべての商品で使えるわけではないところに要注意です!

加えて、「ワイヤレスゲート」の場合、「まとめてプラン」という独自のプランがあります。

これに加入するとWiMAXの契約時に併せてパソコンなどを購入する場合に分割契約をすることで、商品が通常より安く買えるようになります。

 プラン 加算料
WiMAXまとめてプランS8 税込800円/月
WiMAXまとめてプランM8 税込1,040円/月
WiMAXまとめてプランL8 税込1,670円/月

S8、M8、L8と3つのプランがあり、プランに応じて割引が変わる仕組みです。

 

ワイヤレスゲートのデメリットについて

次にデメリットを見ていきましょう。

ずばり、最大のデメリットは利用料金です!!

料金プラン自体はUQコミュニケーションズと同等なのですが、ということは、ほかのプロバイダーに比べて割高ということ。

特に「ワイヤレスゲート」の場合は表示が税込み価格なので、余計に割高に見える部分があるかもしれませんねー。(税抜き価格だとUQと同じですが)

オンライン契約できるプロバイダーはプランは同じでも、より安い価格設定をしているところがあります。

使用料金も割高ですが、違約金も高額です。

 

契約期間 違約金
1〜12カ月目の解約 20,520円(税込)
13〜24カ月目の解約 15,120円(税込)
26カ月目以降の解約 10,260円(税込)

これは「ワイヤレスゲート」に限らず、WiMAX全体に言えるんですけどね。

更に、「ワイヤレスゲート」の場合はオプションで付けられる「まとめてプラン」に加入していると、これに対しても違約金が発生してしまいます…!

 

例えば、WiMAXまとめてプランL8(税込1,670円/月)を4カ月目で解約した場合です。
(まとめてプランは24カ月の契約なので残月数が20カ月分発生します)

解約料は1,670円×残月数20ヶ月=33,400円、とこんなにも高額になります!!

これに更にWiMAXの違約金が乗ってくるので、5万円を超える違約金を払わなければなりません。。。

また、キャリアのポケットWi-Fiのようなルーターと比較すると、WiMAXの回線の最大速度はかなり高速だと言えます。

でも、キャリアのLTE回線の方が使えるエリアが圧倒的に広いです。

どうしてもWiMAX2 +のエリアはLTE回線に比べると狭くなってしまいます。

対応端末であれば、auのLTE回線を利用することもできますが、3年以上の契約でなければオプション料金が上乗せされるので、あまりお得とは言えません。

では、どんな人が「ワイヤレスゲート」に向いている?

オンライン契約に不安のある人向けです。

対面契約の方が安心して契約できる、という方にはメリットはありますよね。

また、すぐにインターネットを開通させたいという人も、対面契約であれば契約後すぐに端末を持ち帰ってインターネットへ接続できるので便利でしょう。

あとはヨドバシカメラ限定ではありますが、商品券狙いで契約する場合があります。

それでもトータルで考えるとすべてペイするほど高額なバックではないので、これに関しては考えどころでしょう。

「ワイヤレスゲート」はオススメできる?

女性疑問

まず、対面契約をしたいという人向けです。

いちいち説明を聞かなくてももう全部わかってるから、という人は断然オンラインの方がいいでしょうね〜。

いろいろ聞いてみないとWiMAXってよくわからない、という初心者の方にはピッタリかなとは思います。

あと、auのスマホを使っている人は割引がきくので、アリかも知れません。

ま、これはどのプロバイダーでも同じですけど。。。

また、WiMAXの契約に合わせてパソコンなどの購入を考えている人であれば、「まとめてプラン」を使ってパソコンを安く購入できるので、いいかも知れませんね。

ただし、解約するときには違約金がかかるので、解約せずに最後まで払いきることが前提となります、ここは要注意です!!

それ以外の人は敢えて「ワイヤレスゲート」を選ばなくてもいいでしょう。

上記のメリットを踏まえても、不利な条件の多いのが現状です。

料金は割高だし、割引があってもはUQと同じなので旨みもなし、契約時に割引を受けられても毎月高額な費用を払い続けるリスクは避けるべきと思いますね!

何十社以上もあるプロバイダー選び。

キャンペーン特典やそれぞれの特徴があってほんと、なかなか難しいですよね。

これを読んでくれたあなたも、自分に一番合ったプロバイダー選びができますように…!

この記事が参考になれば幸いです!!

それではまた!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

 

女性

ヤマダ電機・ベスト電器のYAMADA Air Mobile WiMAXの料金や特徴

WiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供している、電波を使ったインターネット回線です。

光回線のようなインターネットの固定回線が電波に置き換わったものと考えればいいでしょう。

簡単に言えば無線のインターネット、「持ち運べるインターネット」ですね。

ドコモやauのようなキャリアが使っているLTE回線もインターネット接続しますが、インターネットの専用回線じゃなくて、音声通話なんかとも共用している回線です。

個々のキャリアが回線を持っているので、これにはプロバイダー契約はいりません。

その点、WiMAXはインターネット専用回線の電波なので、プロバイダーとの契約が必須になります。

で、実はインターネット専業のプロバイダー以外にもさまざまな会社がプロバイダー業務を請け負っているんです。

そのひとつがヤマダ電器・ベスト電器が提供している「YAMADA Air Mobile WiMAX」というサービスです。

ヤマダ電器のような家電量販店の大手でもWiMAXのプロバイダー契約ができるようになっているんですね。

ここでは、

WiMAXを使ってみたい、けれど、どこでどうやって契約すればいいんだろう??

と思って検索してくれた人のために「YAMADA Air Mobile WiMAX」について、しっかり解説しようと思います!

サービスの内容はUQコミュニケーションズと違うの?

AdobeStock_76132103

回線そのものはUQコミュニケーションズが持っている回線なので、サービス自体は大きく違いません。

「YAMADA Air Mobile WiMAX」のホームページを見ると、最新のWiMAX 2+が下り最大220Mbpsとなっていますが、実際には主流になっている440Mbpsに対応しています。

速度制限も本家のUQと同じ。

3日で10GBを超える通信をするか、上限7GBのプランの場合は1カ月でこの上限を超える通信をした場合に制限されます。

「YAMADA Air Mobile WiMAX」の場合、対応している端末がとても多いのも特徴。

これは古めの端末も扱っているせいなんですが、端末に関して言えば、新しめのW04かWX03がおすすめですねー。

それ以外の端末は古い分、いろいろ使っていく上で制約も大きいので。

このほか、「YAMADA Flatツープラス」のプランで契約すると、無料で利用できる公衆無線LANサービス「YAMADA Wi-Fi プレミアム」が使えます。

これはUQコミュニケーションズとワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が提供しているWi-Fiサービス「UQ Wi-Fi」「Wi2 300」で、駅、列車、空港などのUQ Wi-Fiエリアと全国各地に広がるWi2エリアを無制限で使えちゃうんです!

もしルーターを忘れてしまっても、ID認証で簡単にアクセスできますし、これは結構便利そうですね〜。

これは本家のUQコミュニケーションズでもオプションサービスとして無料で提供されていますが、プロバイダーによってはWi-Fiが込みになっていないところもあります。

料金プランや違約金はどうなってるの??

疑問

基本的にはこれもUQコミュニケーションズのプランと同じです。

料金について

料金プランは「YAMADA Flat ツープラスギガ放題」「YAMADA Flat ツープラス」の2種類あります。

基本的な内容は、UQの文字がYAMADAに変わっただけで変わりません。

YAMADA Flat ツープラスギガ放題

「YAMADA Flat ツープラスギガ放題」月額4,880円データ使い放題プランです。

この基本料金に対して、「YAMADA Flat ツープラスギガ放題」ではおトク割として最大25カ月間500円割引されるので実質4,380円となります。

これは本家の「UQ Flat ツープラスギガ放題」と同じ料金になります。

さらに契約月から最大3カ月は月額3,696円で使えるのも同じですね。

 

YAMADA Flat ツープラス

「YAMADA Flat ツープラス」月額4,196円上限7GBまでのプランです。

同じように「YAMADA Flat ツープラス」でもおトク割として最大25カ月間500円割引されるので、実質3,696円で使えます。

これも本家の「UQ Flat ツープラス」と同じです。

本家のUQと違うのは、どちらのプランも2年縛りプランしかないことです。

UQでは3年縛りや4年縛りのプランも選べます。

これに関しては料金体系が単純な分、わかりやすいでしょう。

UQにはおトク割の終了以降も継続契約した場合に、長期利用割引が適用されてどちらのプランも毎月500円割引されます。

これは「YAMADA Air Mobile WiMAX」でも同じように適用されるので、2年目以降も継続契約すれば毎月500円割引されます。

そして、一部の対応した端末ではauのLTE回線を使うオプションが使えます。

UQの場合は3年以上の契約で月額1,005円が無料になりますが、「YAMADA Air Mobile WiMAX」の場合は2年契約しかないので、どちらのプランを選んでもLTEオプションを申し込むと1,005円別途必要になります。

違約金について

違約金ですが、これもUQと同じです。

  • 最初の13カ月以内に解約した場合=19,000円
  • 14〜25カ月目に解約した場合=14,000円
  • 26カ月目以降に解約した場合=9,500円

キャリアのスマホと同じように25カ月目が契約満了月にあたり、ここで解約すれば無料です。

解約しない場合は2年契約が自動更新されます。

「YAMADA Air Mobile WIMAX」のメリット・デメリットって何??

「YAMADA Air Mobile WiMAX」」のメリットについて

まずメリットを見ていきましょう。

UQの場合は店舗にコーナーがある場合もありますが、基本的には無店舗でオンライン契約が主流です。

その点、「YAMADA Air Mobile WiMAX」はヤマダ電器もしくはベスト電器の店頭で対面契約できるので、疑問に思ったこと、不安に思ったことを直接聞くことができるのは安心ですね。

また、オンライン契約では端末は送られてくるので、利用開始までにタイムラグがあります。

その点、「YAMADA Air Mobile WiMAX」なら店頭契約なので端末をその日のうちに持ち帰ってその日から使えるメリットがあります。

さらに、auのスマホのユーザーであれば、auスマートバリューmineという割引サービスを受けることもできます。

「YAMADA Air Mobile WiMAX」と併せて利用するとauのスマホが月額最大934円の割引、これはお得感有りますね!

また、常時やっているわけではありませんが、キャンペーンとしてヤマダ電器やベスト電器で販売されている商品で値引きを受けられることがあります。

簡単に言えばキャッシュバックですが、何か買うものがあってキャンペーンが実施されていれば、お得な買い物ができますね。

セキュリティのオプションは有料ですが、4種類用意されているのも特徴です。

それぞれ機能が違うので、必要であれば好みにあったものを選ぶといいでしょう。

「YAMADA Air Mobile WiMAX」」のデメリットについて

では、デメリットは何でしょう。

まず、なんといっても他のWiMAXプロバイダーと比較して割高です!

これはUQの料金プランをそのまま使っているため。

WiMAX 2+に対応しているプロバイダーでもっと安いところがありますからねー。

キャッシュバックについても、ヤマダ電器での割引は魅力的ですが、ちょっと金額が少ないんですよね。。。

ほかのプロバイダーであれば、店舗を持っていない分だけコストがかからないので、大がかりなキャンペーンをやっていることが多いのが実際です。

スマホのキャリアと比較した場合、エリアの狭さも気になるところ。

LTE回線は日本中のかなり広い範囲で使えて、そこそこ高速な通信ができますが、WiMAX 2+のエリアはLTEよりずっと狭いです。

それをカバーするために対応機種であれば、auのLTE回線を使うオプションもありますが、ただ、UQと違って、「YAMADA Air Mobile WiMAX」の場合はオプションを付けると月額1,005円が上乗せされちゃいます。。。

キャッシュバックなどの特典がないと実質UQと大差ないので、敢えて「YAMADA Air Mobile WiMAX」を選ぶメリットがない…ということになります。

では、どんな人が「YAMADA Air Mobile WIMAX」に向いている?

やはり、オンラインでの契約に抵抗がある人には向いています。

近くにヤマダ電器かベスト電器があれば、店頭で対面契約ができます。

オンライン契約の場合、障害やトラブルなどが起きた場合はメールか電話でのやりとりに限られてしまいますが、その点、「YAMADA Air Mobile WiMAX」であれば店頭で直接やりとりができるのでダイレクトに通じることが多いでしょう。

また、UQと料金プランはほぼ同じですが、「YAMADA Air Mobile WiMAX」の方がよりシンプルになっているのは確かです。

料金プランで頭を悩ませたくないという人にも向いているかも知れません。

あとはキャッシュバック狙いで、ヤマダ電器やベスト電器で買い物をする予定がある人で、WiMAXを使ってみたい人向けでしょうか。

もっとも、これはかなり限定された話なので、キャンペーンが始まるまで待てる人限定でしょうね〜。

「YAMADA Air Mobile WIMAX」はオススメ出来るプロバイダー??

疑問02

サービスや料金はUQコミュニケーションズと同等です。

ただ、UQと違って店頭で対面契約ができるので、WiMAXに詳しくない人でもいろいろ聞きながら契約するかどうか決められるのは大きいかもしれませんね。

一方で、オンライン契約に抵抗がなく、WiMAXのことはもう知っている、という人には向きません。

自宅の近くにヤマダ電機がないと、話は始まりませんしね…!

そして、コストパフォーマンスを求めるのであれば、断然オンライン申し込みが可能なWiMAX2を選ぶことをおすすめします!

「YAMADA Air Mobile WiMAX」にはキャンペーンが少なく、月額料金が他のプロバイダより高い、など料金面ではあまりお得ではありません。

店頭で安心を買うか。

お得さを選ぶか。

あなたはどちらを選びますか!?

これを読んでくれたあなたのネット環境が少しでも快適になりますように。。

それでは、また!

 

 

 

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

 

▶ 最安で使うためにキャッシュバックプランを見る

女性スマホ

ASAHIネットWiMAXの料金やキャンペーンを解説

WiMAXを使いたいけど、どこで契約して良いのか迷っていませんか?

WiMAXプロバイダーは大手量販店や商社などさまざまな業種が参入していますが、ここで紹介する「ASAHIネット WiMAX2+」はインターネット専業のプロバイダーです。

WiMAXのプロバイダーサービスを展開しているところは現在およそ30社ほどあって、他社との差別化を図るため常時さまざまなキャンペーンを行っています。

ここでは、「ASAHIネット WiMAX2+」の料金プラン、キャンペーンの詳細等についてわかりやすく解説していこうと思います。

それでは詳しく見ていくことにしましょう!

「ASAHIネットWiMAX 2+」とは

女性

ASAHIネットは「株式会社朝日ネット」が運営する、インターネットの普及期に登場したインターネット専業のプロバイダーです。

@niftyやBIGLOBEなどに比べると知名度は低いかもしれませんが、割と古参の会社です。

光回線のプロバイダーはもちろんですが、今では格安SIMなども手がけています。

WiMAXも幅広く手がけるプロバイダーサービスの一環と言えます。

通信速度について

通信速度は下り最大440Mbpsで、これはほかのプロバイダーと変わりありません。

また、WiMAXの最高速となる556MbpsauのLTE回線を使った708Mbpsにも対応しています。

対応端末について

対応端末はW04WX03、ホームルーターとしてnovas Home+CAがラインナップされています。

ホームルーターは大抵L01が指定されていることが多いのでちょっと変わってますねー。

また、novas Home+CAはASAHIネット会員のみが対象の端末になっています。

速度制限について

速度制限ですが、ほかのプロバイダーと同じく、3日間で10GB超の通信をした場合と月7GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

使い放題プランでハイスピードプラスエリアモードを使って月間7GB超の通信を行った場合も制限がかかります。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

料金プランや違約金について

では料金やサービス、違約金について見ていきましょう。

料金プランについて

料金プランですが、ほかのプロバイダーと同じく

  • 使い放題プラン
  • 月間7GB制限プラン

の2種類があります。

ギガ放題プラン

「ギガ放題プラン」がデータ使い放題のプランで、2年契約です。

月額基本料金4,850円で、長期利用割引の適用500円割引されて実質4,350円になります。

定額プラン

「定額プラン」は月間7GB制限のプランで、同じく2年契約です。

月額基本料金4,196円で、長期利用割引の適用500円割引されて実質3,696円になります。

 

ASAHIネットの会員で、ほかのサービスを併用している場合は、月額利用料が200円割引されます。

さらに、月額料金が最初の2年間割引され「ギガ放題プラン」では月額4,290円「定額プラン」では月額3,610円で使うことが出来ます。

また、端末料金20,000円も無料になる特典が付きます。

キャンペーンについて

現在キャンペーンが実施されています。

2018年1月31日までに新規加入した場合、月額利用料金が7カ月分無料(契約初月は無料なので実質6カ月分)になります。

契約するタイミングにもよりますが、最大で

月額4,290円 ✕ 7ヶ月 = 30,030円。

これは大きな金額ですね!

2年間の総額でみると、かなり安くなります。

しかもキャッシュバックのように面倒な手続きが無く、気楽にWiMAX生活をスタートできちゃいますね!

オプションサービスについて

ASAHIネットの会員になるといろんなオプションサービスも受けられるので、そちらも詳しくみてみましょう。

おまかせウイルスチェック…200円/月

ASAHIネットのメールサービス(無料)を利用の際、ASAHIネットメールのメールボックスに、ウイルス検出・駆除機能を付加。

最大3ヶ月無料になります。

 

データ無制限バックアップ(AOS)Windows版…500円/月

写真や動画など大切なデータを、クラウド上に容量無制限&自動でバックアップします。

こちらは最大2ヶ月無料になります。

 

雑誌読み放題 タブホ…460円/月

500誌1,800冊以上、多彩なジャンルと豊富なバックナンバーが魅力の雑誌読み放題サービスです。

こちらは最大1ヶ月無料です。

 

カスペルスキー セキュリティ…480円/月

総合セキュリティソフト、カスペルスキーのオプションです。

こちらは最大2ヶ月無料になります。

 

固定IPアドレス…800円/月

WiMAX端末のIPアドレスを固定IPで利用できるオプションです。

 

LTEオプション…1,005円/月

auのLTE回線を使うオプションで、W04のみが対象になります。

ハイスピードプラスエリアモードを使った月だけ、月額1,005円かかります。

 

ASAHIネット Wi-Fi Wi2…362円/月

公共交通機関やカフェなど街中で公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)が使い放題のサービスです。

開始月は月額利用料が無料です。

違約金について

違約金ですが、1カ月目から12カ月目までの解約19,000円13カ月目から24カ月目までの解約14,000円25カ月目以降の解約では9,500円かかります。

25カ月目の更新月のみ無料で解約できます。

この辺はほかのプロバイダーの多くがこの金額になっているので、特別高いということはありません。

しかし、現在実施されている月額利用料金7カ月分無料のキャンペーンを利用している場合、契約期間内(1カ月目から24カ月目末まで)で解約すると、別途キャンペーン違約金として10,000円を請求されてしまいます。。。

これには注意が必要です!

「ASAHIネットWiMAX 2+」のメリットとデメリットについて

では「ASAHIネットWiMAX 2+」にはどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか。

女性パソコン

メリットについて

現在実施されているキャンペーンを利用すれば、契約から7カ月間は無料でWiMAXを使えるので非常にお得です。

計算すると

になります!

端末料金も無料になるので、W04のような新しい端末でも無料で提供されるのはうれしいところです。

ASAHIネット会員であれば月200円の割引も受けられ、支払いをまとめることができるのでわかりやすくていいかも知れません。

通信速度についても、W04の556Mbpsと708Mbpsへ対応しているので、先々長く使おうと思ったときに通信速度に不安がないのは大きいでしょう。

デメリットについて

一方で、基本料金はUQとまったく変わりありません。

2年間はキャンペーンを利用すると大幅に安くなる計算になります。

しかし、2年後も継続してWiMAXを使うとなると、その後は高い基本料金を払うことになります。

基本料金だけで言えば、もっと安くWiMAXを利用できるプロバイダーは他にもあります。

また、キャンペーンを利用して中途解約するとキャンペーンに対する違約金が別途かかるのもちょっと痛いところですね。

また、「ASAHIネットWiMAX 2+」auスマートバリューmine」に対応していません。

auユーザーの方は、月額料金が最大934円割引されるサービスが受けられないので、他を検討したほうがいいかもしれません。

 

「ASAHIネットWiMAX 2+」に向いているのはどんな人?

スマホを持つ女性

まず、現在ASAHIネット会員の方には向いています。

使ってるサービスを追加する感覚で支払いをまとめられるし、月200円の割引も付きますしね。

今ならキャンペーン中なのでオトクにWiMAXを使い始めることが出来ます。

また、料金プランは2つしかなくどちらも2年契約のみになっていて、選択肢もないので初心者向けでしょう。

複雑な料金プランだと分かり辛くて加入しにくいですもんね。

その点「ASAHIネットWiMAX 2+」はシンプルでわかりやすいです。

 

「ASAHIネットWiMAX 2+」はオススメ出来る?

女性スマホ

キャンペーンで7カ月間は無料になるので2年間のトータル金額で見ると、選択肢には入りますね。

通信速度にこだわる人もW04の高速対応が明記されていますし、先々高速通信エリアが広がってきたときにも安心して使えるでしょう。

基本料金自体は安くはないので、長い目でみて月々のインターネット料金をできるだけ安くしたいという人には不向きです。

しかし契約満了毎にプロバイダーを乗り換えるくらいのつもりがあれば、選択肢に入ると思います。

WiMAXのエリアや回線速度、速度制限などはどのプロバイダーと契約しても変わりません。

なので後は、サービス面と料金面にかかっているんです。

納得のいくプランで、できるだけ安くWiMAXを使えるよう、じっくり検討してみてくださいね。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

女性スマホ

3WiMAXの料金とキャッシュバックキャンペーンを徹底解説!

WiMAXをいざ契約しようと思っても、どのプロバイダーで申し込んでいいのか分からなくて迷ってしまいますよね。

それもそのはず、WiMAXのプロバイダーサービスは現在およそ30社ほどあります。

料金やサービスの内容など少しずつ違うし、特典があるプロバイダーも沢山あるので、迷ってしまって当然ですよね。

また、WiMAXのプロバイダーサービスはさまざまな業種の会社が提供しています。

インターネット専業のプロバイダーから大手量販店まで参入していますが、今回紹介する「3WiMAX」はちょっと変わった会社が提供するプロバイダーサービスです。

「3WiMAX」はキャッシュバック金額で言えば、WiMAXプロバイダーの上位にランクしているので、少しでもお得にWiMAXを契約したい人にとっては魅力的なプロバイダーです。

そこでこの記事では、「3WiMAX」のメリット・デメリットについて解説していきます。

これから申し込みを考えている方は、自分にふさわしいプロバイダーかどうか是非参考にしてみてください!

「3WiMAX」について

ベッドでスマホの女性

「3WiMAX」LinkLifeという会社が提供しているWiMAXのプロバイダーサービスです。

インターネット専業のプロバイダーで、その中でもモバイル向けに特化したサービスを展開しています。

また、LinkLife「3WiMAX」とは違う特徴を持った「BroadWiMAX」というプロバイダーも運営しています。

この2つのプロバイダーの特徴を簡単に挙げると、

  • キャッシュバック金額が高い「3WiMAX」
  • 月額金額が安い「BroadWiMAX」

といった感じです。

また、多くのプロバイダーのWiMAX回線は「UQコミュニケーションズ」のものですが、「3WiMAX」KDDIから提供されたWiMAX回線を利用しています。

ちなみに「BroadWiMAX」もUQコミュニケーションズの回線です。

この2つのプロバイダーにはそういった違いもあります。

通信速度について

WiMAXの通信速度はどのプロバイダーでも変わりません。

通信速度は下り(データをダウンロードする方向)最大440Mbpsです。

スマホのキャリアのデータ通信で宣伝されているのは700Mbpsなどの速度で、それに比べると落ちる数字です。

しかし、実測値はスマホでも30-50Mbps、WiMAXで10-50Mbpsくらい出ます。

これはふつうに動画を見るくらいなら問題ない速さです。

 

対応端末について

「3WiMAX」に対応している端末は、

  • W04
  • USB接続タイプのU01
  • ホームルーターのL01

の3機種がラインナップされています。

3機種ともファーウェイ製です。

最新のNEC製端末となるWX04はまだアナウンスされていませんが、近く対応機種になる可能性は高いと思います。

速度制限について

WiMAXにもスマホの回線と同じく、データを使いすぎると通信速度に制限がかかります。

「3WiMAX」では

  • データ使い放題プランの場合、3日間で10GBを超える通信
  • 月間7GBプランの場合、月間で7GBを超える通信

をした場合に制限がかかります。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

また、全国ほぼどこでも使えるauの回線で「ハイスピードプラスエリアモード」を使って月7GB以上の通信を行った場合にも制限がかかります。

この辺はWiMAXではどこでも適用される制限です。

料金プランと違約金について

では次に料金について見ていきましょう。

女性疑問

料金プランについて

料金プランは

  • データ使い放題のプラン
  • 月間7GB制限プラン

の2種類があります。

どちらも2年契約のみです。

ギガ放題

「ギガ放題」プランがデータ使い放題のプランです。

月額基本料金4,630円です。

最初の2ヶ月はおトク割500円ギガ放題お試し割635円が適用されて、3,495円

3ヶ月目から24ヶ月目まではおトク割500円が適用され4,130円

25ヶ月目以降も長期割500円が適用されるので4,130円で使えます。

月額利用料 最初の2ヶ月 3ヶ月目から24ヶ月目 25ヶ月目以降
ギガ放題 4,630円 3,495円 4,130円 4,130円

 

ライトプラン

「ライトプラン」が月間7GB制限のプランです。

月額基本料金3,995円です。

1ヶ月目から24ヶ月目までおトク割500円が適用されて3,495円

25ヶ月目以降も長期割500円が適用されて3,495円で利用できます。

月額利用料 最初の2ヶ月 3ヶ月目から24ヶ月目 25ヶ月目以降
ライトプラン 3,995円 3,495円 3,495円 3,495円

 

また、回線契約時に「3WiMAX会員」に入会が必須となり、別途月額200円がかかります。

となると他のプロバイダーと同額程度になり、特別安いわけではないと言えますね。

というより、むしろちょっと高いですよね〜。

しかし、「3WiMAX」にはキャッシュバックキャンペーンがあります!

これを適用すると、かなりお得になります!

では、そのキャンペーンの詳細を見ていきましょう。

キャンペーンについて

現在、3つのキャンペーンが実施されています。

キャッシュバックキャンペーン

一つ目は33,000円のキャッシュバックキャンペーンです。

「3WiMAX」のサイトからの申し込みで受け取ることが出来ます。

33,000円、これはかなり大きな金額です!

WiMAXプロバイダーではトップクラスになると思います。

ただし、このキャッシュバックの受取手続き、かなり分かり辛いのです。。。

受ける際には記載されている注意事項を、よく確認しておくことが必要です。

キャッシュバックの注意点

では、このキャッシュバックについてざっくり、まとめてみますね。

まず、適用条件があり、以下のようになっています。

  • 対象機種はU01(W04とL01は31,000円のキャッシュバック)
  • 安心サポートプラス、My SSサポートのオプションに加入すること
  • 13ヶ月継続して利用し、指定のエントリーフォームから申告すること

この「安心サポートプラス」「My SSサポート」は商品到着後の解約は可能です。

不要であれば忘れずに解除しましょう。

そして、受取方法をまとめるとこんな感じです。

  1. 契約時に3WiMAX会員の独自のメールアドレスを作る
  2. 開通月から13ヶ月後の15日に、1の3WiMAX会員メールアドレス宛に「キャッシュバックエントリーメール」が来る
  3. 専用Webサイトにて受取口座を連絡する
  4. 開通月から15ヶ月目末に指定した口座にキャッシュバック金額が振込まれる

という流れになります。

これ正直、かなり分かり辛いっていうか、、面倒くさいですよね。。。

契約から13ヶ月後となると忘れてしまう人も多いんじゃないかなと思います。

ギガ放題無料お試しキャンペーン

2つ目は月額費用の割引キャンペーンです。

ギガ放題プランを最大3カ月間、3,495円で利用できます。

また、ライトプランで加入した場合は、3カ月間7GB制限が追加料金なしで無制限に変更されるというキャンペーンです。

端末0円キャンペーン

3つ目は端末代金が無料になるキャンペーンです。

この3つのキャンペーンはどれも終了が未定になっているので、実質的には加入すれば受けることができるキャンペーンになっています。

違約金について

違約金ですが、

  • 1カ月目から12カ月目までの解約19,000円
  • 13カ月目から24カ月目の解約14,000円
  • 26カ月目以降9,500円

の違約金がかかります。

契約から25カ月目が更新月にあたり、この月に解約すれば違約金はかかりません。

オプションについて

オプションサービスも用意されています。

メールサービス

「3WiMAX会員」になると無料でメールアカウントを作成できます。

前述した、キャッシュバックを受け取る際に必要になるメールアドレスです。

ここにキャッシュバックのエントリーメールが届くので、設定は面倒ですが受け取るならアカウント作成は必須ですね。

安心サポートプラス

端末が故障した場合に無料で端末の修理ができるというオプションです。
月額550円です。

My SSサポート

PCのサポートとセキュリティサービスがセットになったオプションです。
月額800円かかります。
ただし、最大2カ月間は無料です。

ハイスピードプラスエリアオプション

対応端末で使えるauの回線を使ったLTEオプションで、ハイスピードプラスエリアモードで接続した月だけ課金される仕組みです。
月額1,004円です。

auスマートバリューmine

「ギガ放題」プランに加入していて、auのスマホを使っている場合は「auスマートバリューmine」に加入することができます。

加入することで、auのスマホ料金が割引されます。

プランにもよりますが、毎月最大で1,000円の割引が受けられます。

「3WiMAX」のメリットとデメリットについて

では続いて「3WiMAX」のメリットとデメリットを確認していきますね。

女性比較

メリットについて

メリットは何と言っても33,000円という高額なキャッシュバックです。

ギガ放題プランで24カ月で頭割りすると実質2,934円から使えることになるのです。

これは、お得感が大きいです!

こんな高額な他にはないですね〜。

また、キャンペーンで7GBの「ライトプラン」に加入していても、3カ月間はが使い放題になるのもお得感があります。

ちなみにプラン変更は一ヶ月に1回出来ます。

また、端末は無料で即日発送されることや、初期費用無料なのもメリットとして挙げられます。

デメリットについて

かなりお得感の高い印象の「3WiMAX」

とても条件が良く見えますが、どんなデメリットがあるのでしょうか。

一つずつ見ていきましょう。

契約初月に月額料金がかかる

他のWiMAXプロバイダーは、契約初月の月額料金が無料なところが多いです。

しかし「3WiMAX」の場合は契約初月は日割り計算で請求されます。

「3WiMAX」の会員費がかかる

例えばギガ放題のプランだと月額料金が4,130円ですが、「3WiMAX」の会員費200円がプラスされ4,330円になります。

となると結局UQの4,380円とたいして変わらず、お得さはイマイチです。

この月額料金はキャッシュバックを絶対に受け取らないと、イタイ金額です!

キャッシュバックの受取りが難しい

しかし、その重要なキャッシュバックの受取方法の煩わしさは、最大のデメリットかもしれません。。。

勝手にお金が振り込まれるのではなく、指定された期間に指定された方法で手続きをした人のみがもらえるのです。

最大のメリットにして、最大のデメリット、というわけです。

オトクにWiMAXを使いたいなら、絶対に忘れないように15ヶ月後にアラームかけておきましょう!

また、キャッシュバックを貰うために最初にオプションまで加入させられるというデメリットもあります。

オプション解除を忘れると月々1,350円も余分にかかってしまいます。

こんなの払っていたら元も子もありません。

ここにも注意が必要です!

「3WiMAX」に向いているのはどんな人?

ではどんな人が「3WiMAX」に向いているのでしょうか。

それは、

  • キャッシュバックを忘れない自信のある人

これに尽きるかもしれません!

キャッシュバックを受け取ればおトクなのは間違いないですからね〜。

自信がないな〜っていう人は、月々安いプランを提供しているプロバイダーを選んだ方がいいでしょうね。

そのほうが確実にオトクに使えますからね。

  • U01の端末を使いたい人

このコンパクトUSBのスティックタイプの端末は他のプロバイダーではなかなかありません。

直接PCに接続でき、給電できるので充電の必要がないのがメリットの端末です。

U01はPCのみでしか使えませんでしたが、「Triprouter」という端末を使って接続すれば、モバイルWi-Fiルーターになります。

「3WiMAX」の契約はオススメできる?

女性スマホ

見てきたとおり「3WiMAX」は他のWiMAXプロバイダーの中でもキャンペーンは豪華です。

何と言っても、キャッシュバック33,000円は他にはありません。

契約して損をすることは無いと思いますね!

2年間の総額をみると、おトクなのは間違いないです。

ただ、キャッシュバックを受け取る手間は、確実に面倒です。

そのあたり自信のある方にはオススメします!

しかし、はっきり言って他のどのプロバイダーでもキャッシュバックの受取り方法は、わかり辛いです。

「3WiMAX」だけがこんなに面倒ってわけではありません。

ただ、同じように面倒なら、キャッシュバックの金額が多い方がいいですよね。

そもそもどのプロバイダーで契約しても、速度やエリアの範囲、つながりやすさ、制限の内容、は全く同じです。

キャッシュバックの受取には注意する必要はありますが、「3WiMAX」は契約する選択肢に入るプロバイダーです!

それではまた!

女性ピース

楽天ブロードバンドWiMAXの料金やキャンペーンを解説

あなたは、WiMAXの契約を検討中で、プロバイダーについて情報収集をしているところでしょうか。

おトクにWiMAXを契約するためには、プロバイダー選びが大切ですよね。

プロバイダーによって毎月の料金も変わるし、中にはキャッシュバックがもらえたりと、サービスの内容は様々です。

WiMAXのプロバイダーサービスはいろいろな会社が提供していて、インターネット専業のプロバイダーはもちろん、大手量販店や商社、メーカーなどが参入しています。

 

楽天市場などでお馴染みの楽天は、「楽天ブロードバンドWiMAX」というプロバイダ名でWiMAXのサービスを提供しています。

契約するとポイントが還元されたり、毎月加算されるポイントがあったりと、特に楽天ユーザーの方なら分かりやすい特典内容になっていますね。

この、一見魅力的にも見える「楽天ブロードバンドWiMAX」

本当のところはどうなのでしょうか??

ここでは「楽天ブロードバンドWiMAX」についてメリット・デメリットあわせて、分かりやすく解説していきたいと思います。

それでは詳しく見ていくことにしましょう!

 

「楽天ブロードバンドWiMAX」について

女性スマホ

 

 

「楽天ブロードバンドWiMAX」は、楽天のグループ会社である楽天コミュニケーションズが提供しているWiMAX通信サービスです。

通信速度について

通信速度は下り最大440Mbpsで、これはほかのプロバイダーと変わりません。

また、対応端末であれば全国ほぼどこでも使えるauのLTE回線を使うこともできます。

対応端末はW04とWX03の2機種のみです。

最新のWX04は現時点でアナウンスされていませんが、いずれ対応する可能性は高いでしょう。

速度制限について

速度制限は、ほかの多くのプロバイダーと同じです。

3日で10GB超の通信を行った場合と月間7GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

また、データ使い放題プランでもauのLTE回線を使った、「ハイスピードプラスエリアモード」で月7GB超の通信を行った場合も制限されます。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

この辺もほかのプロバイダーと変わりませんね。

料金プランと違約金等について

電卓を持つ女性

料金プランについて

料金プランは

  • データ使い放題プラン
  • 月間7GB制限プラン

の2種類があります。

これもほかのプロバイダーと変わりません。

WiMAX 2+接続サービス ギガ放題プラン

「WiMAX 2+接続サービス ギガ放題プラン」がデータ使い放題プランで、2年契約です。

月額料金4,380円です。

WiMAX 2+接続サービス

「WiMAX 2+接続サービス」は月間7GB制限のプランで、こちらも2年契約です。

月額料金3,696円です。

 

料金設定はUQと全く一緒。
割引は全くされないようです。。。

入会特典について

しかし「楽天ブロードバンドWiMAX」には入会特典があります。

  • WiMAXの利用料金が3ヶ月無料
  • 楽天スーパーポイント5,000ポイントプレゼント
  • 端末料金も無料

いずれもインターネットから申し込みをした場合の入会特典です。

ちなみに、 楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として楽天のさまざまなサービスで利用することができます。

ギガ放題のプランだと、トータルで

4,380円 ✕ 3ヶ月 + 5,000 = 18,140円

となります。

要は、実質的に 18,140円分 の値引きを受けられるということです。

これは割りと大きな金額ですね!

オプションについて

オプションも用意されているので見ていきましょう。

セキュリティ関係のオプションが4種類、パソコンを守るものからメールやウイルスをフィルタリングするものまであります。

利用料金
スーパーセキュリティ 350円/月(1カ月無料)
ウイルスセキュリティ 300円/月(1カ月無料)
アドバンストスパムフィルタ 100円/月
ウイルスフィルタ 100円/月
メールプラス 460円〜1,380円/月
無料メールアドレス(10個) 無料
訪問設定サポート 有料(日本PCサービス株式会社によるサービス)

 

また、WiMAXはどうしてもエリア的に弱い部分があるので、全国ほぼどこでも使えるauのLTE回線を使うオプションがあります。

ただし月額1,005円かかります。

ギガ放題プランに加入した場合、auのスマホを使っていれば、auスマートバリューmineに加入することができます。

これで、毎月最大934円のauのスマホ料金が割引されます。

違約金について

違約金を表にまとめてみました。

契約解除手数料
1ヶ月目から6ヶ月目の解約 32,240円
7ヶ月目から12ヶ月目の解約 19,000円
13ヶ月目から24ヶ月目の解約 14,000円
25ヶ月目以降の解約 9,500円

ほかのプロバイダーでは1年目の解約で19,000円の設定が多い中、楽天には契約から半年の枠があります。

標準よりも高額な金額が設定されているので注意が必要です!!

「楽天ブロードバンドWiMAX」のメリットとデメリットについて

女性

メリットについて

インターネット入会特典として端末が無料になります。

また、3ヶ月は無料でWiMAXが使えます。

さらに、楽天スーパーポイントが5,000ポイントプレゼントされるので、楽天で買い物をするときなどに活用できます。

光回線など楽天ブロードバンドの他のサービスを契約しているとさらにお得です。

楽天スーパーポイントが最大200ポイントもらえるのです。

ブロードバンドの契約で毎月100ポイントもらえるのに加え、WiMAXを使えばもう100ポイント付いてきます。

やはり、会員であればメリットはありそうです。

では、会員でないとメリットはないのでしょうか。

「楽天ブロードバンドWiMAX」は本当におトクなのでしょうか。

続いてデメリットを見てみましょう。

デメリットについて

デメリットは以下のことが挙げられます。

一つずつ、わかりやすく解説しますね。

月額料金が高い

月々の利用料金がUQとまったく同じなので、他の格安なプロバイダーに比べてかなり割高です。

3ヶ月の無料期間を過ぎると割引もなく、UQと同じ価格で使わなければなりません。

また、自社のポイントで還元されるのも今ひとつですねー。

楽天をまったく使わない人にとってはポイントをもらっても使い道がありませんからね。。。

LTE回線オプションが無料になるプランがない

auのLTE回線オプションも他のプロバイダーと比較して見劣りするところがあります。

他のプロバイダーだと3年契約で無料になるのに、そのようなプランがありません。

また、2年契約の場合でも使った月だけ料金がかかるというプロバイダーが多い中、「楽天ブロードバンドWiMAX」は一度申し込むと月額料金として毎月徴収される仕組みになっています。

このオプションを付けるのであれば、他のプロバイダーのほうがよさそうですね。

違約金が高い

それから、違約金に関してもハードルを高くさせていますねー。

半年以内での解約だと32,240円という高額の違約金が発生します。

慎重に検討せざるを得ません!

端末・契約期間中のプランの変更は出来ない

端末変更が出来ないだけでなく、プランの変更も出来ません。

高額な違約金を払えばプラン変更可能ですが、これは解約と同額となるのでプラン変更の意味がないですね。

使い方によって変更できないのは、料金的にも大きなデメリットにつながるでしょう。

「楽天ブロードバンドWiMAX」に向いているのはどんな人?

スマホを持つ女性

さて、ここまで見てきた「楽天ブロードバンドWiMAX」はどんな人が使うべきなのでしょうか。

まず、楽天を普段から使っている人には向いていますね。

特典の楽天スーパーポイント5,000ポイントや、毎月100ポイントは、楽天を利用している人にとっては結構大きいプレゼントです。

同じように楽天ブロードバンドで光回線などを契約している人にもいいかも知れません。

セキュリティオプションが共通しているので、光回線の方で加入していれば、WiMAXでもそのまま利用できます。料金的には大したことありませんが、WiMAXのためだけに使うなら惜しい金額です。

メールアドレスが無料で10個まで提供されるので、固定回線の置き換えとしてWiMAXを考えている場合、家族で違うメールアドレスを設定して使うことができるのもいいでしょう。

ただし、「楽天ブロードバンドWiMAX」ではホームルーターはないので、自宅で据置で利用するケースは少ないかもしれませんね。

「楽天ブロードバンドWiMAX」はおすすめできる?

女性タブレット

一言で言えば、楽天を普段から利用している人にとっては、それなりにメリットのあるWiMAXプロバイダーでしょう。

ポイントを付ける形で自社のショッピングモールへ誘導するあたりは、楽天らしいやり方ですけどね!

ただ、たとえ楽天会員でも、インターネットをもっと手軽にできるだけ安く使いたいと思っている人であれば、「楽天ブロードバンドWiMAX」はおすすめできません。

もっと安くWiMAXを使えるプロバイダーはいろいろあるからです。

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

月額料金も割高で、毎月100ポイントのポイントバックがあったとしても、まだまだ安いプロバイダーは他にあるので、敢えて「楽天ブロードバンドWiMAX」を選ぶ理由はありません。

端末料金無料というのも、「楽天ブロードバンドWiMAX」以外にも数多くあるので、正直なところこれも決め手になりにくいです。

せめて3カ月間無料期間のあとに割引があれば選択肢に入ってくるかもしれません。

しかし、無料期間のあとはUQと同じ金額を払わなければならないことを考えると、やはり選びにくいプロバイダーですね。

WiMAXの利用料金をなるべく抑えたいのであれば、他のプロバイダーで契約することをオススメします!

みなさんも自分の条件にあったプロバイダーをしっかり検討して、快適なWiMAX生活を送ってくださいね!

それではまた!

女性スマホ

novas WiMAXの料金やキャンペーン情報を解説!

 

家でも外出先でも利用できる便利なアイテム、WiMAX。

使ってみたいけど、どこのWiMAXにしたらいいの?

とプロバイダー選びで悩んでいませんか?

現在、WiMAXのプロバイダーサービスはさまざまな会社で提供されています。

インターネット専業のプロバイダーから大手量販店なども参入しています。

今回解説する「novas WiMAX」(ノバ ワイマックス)はWiMAXのホームルーターを製造している会社が提供するプロバイダーです。

ルーターのメーカーが提供するWiMAXは、他のプロバイダーと比べてどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは「novas WiMAX」の料金やサービス、メリット・デメリット等を分かりやすく解説していきたいと思います!

是非参考にしてくださいね!

novas WiMAXとは

女性パソコン

「novas WiMAX」は電子部品メーカーのシンセイコーポレーションが提供しているプロバイダーサービスです。

サービス提供は2016年11月1日に始まったばかりなので、まだ知名度の低いプロバイダーかもしれませんね。

ホームルーターのnovas HOME+CAはこのシンセイコーポレーション製です。

ちなみに日本で最初のモバイル向けWiMAX端末を製造したメーカーでもあります。

通信速度について

通信速度は下り最大440Mbpsで、これはほかのプロバイダーと変わりません。

対応端末について

対応端末ですが、最新のWX04をはじめ、W04W03ホームルーターのnovas HOME+CAなどがラインナップされています。

WX03は現時点で売り切れになっていて、申し込みできない状況です。

ここでは特別な理由がなければ新しい機種のWX04かW04を選ぶのが正解ですね。

速度制限について

速度制限ですが、ほかの多くのプロバイダーと同じです。

3日で10GB超の通信を行った場合と、月間7GB超の通信を行った場合に制限がかかります

使い放題プランの場合もハイスピードプラスエリアモードで月7GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説!

 

料金プランとキャンペーンについて

では続いて、気になる料金等について見ていきたいと思います!

電卓を持つ女性

 

料金プランについて

料金プランもほかのプロバイダーと同じく、

  • データ使い放題のプラン
  • 月7GB制限

プランの2つが用意されています。

novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン

データ使い放題のプランは「novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン」で、2年契約3年契約があります。

月額基本料金はどちらも4,880円で、初月は無料で使えます。

 

novas WiMAX 2+ 定額プラン

月7GB制限のプランは「novas WiMAX 2+ 定額プラン」で、こちらも2年契約3年契約があります。

月額基本料金はどちらも4,196円で、初月は無料で使えます。

この月額基本料金はUQとまったく同じなので、他の格安なプロバイダーに比べて割高です。

しかし「novas WiMAXキャンペーン割」というキャンペーンが実施されていて、これを適用すると結構お得になります。

では、そのキャンペーンの割引について見てみましょう。

キャンペーンについて

使い放題プランの場合、2年契約なら1ヵ月目から2ヵ月目まで2,100円の割引、3ヵ月目から24ヵ月目まで900円の割引、25ヵ月目以降は500円割引されます。

3年契約の場合は3ヵ月目から36ヵ月目まで900円の割引、37ヵ月目以降500円の割引となります。

novas WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年)の場合

標準月額利用料 novas WiMAXキャンペーン割 実質月額利用料
サービス開始月 4,880円 -4,880円 0円
1ヶ月目~2ヶ月目 4,880円 -2,100円 2,780円
3ヶ月目~36ヶ月目 4,880円 -900円 3,980円
37ヶ月目以降 4,880円 -500円 4,380円

 

定額プランの場合、2年契約では1ヵ月目から25ヵ月目以降も継続して597円の割引。3年契約の場合は37ヵ月目以降も継続して597円割引されます。

novas WiMAX 2+ 定額プラン(3年)の場合

標準月額利用料 novas WiMAXキャンペーン割 実質月額利用料
サービス開始月 4,196円 -4,196円 0円
1ヶ月目~2ヶ月目 4,196円 -597円 3,599円
3ヶ月目~36ヶ月目 4,196円 -597円 3,599円
37ヶ月目以降 4,196円 -597円 3,599円

オプションやサービスについて

次に、オプションサービスも見てみましょう。

グローバルIPオプション

WiMAX端末で使うIPアドレスをグローバルIPで使えるようにするオプションです。

月額96円で使えます。

端末補償サービス

WiMAX端末は無料で提供されますが、その端末が故障したり盗難・紛失などのトラブルが起きた場合に交換してもらえる補償サービスがあります。

月額380円で利用できます。

LTEオプション

対応端末であれば全国ほぼどこでも使えるauのLTE回線を使うことが出来ます。

利用した月は月額1,005円かかります。

3年契約をしている場合は無料で利用できます。

Qrioセット

ホームルーターのnovas HOME+CAとQrioスマートロックをセットにして、スマホからドアロックを管理できる「Qrioセット」が用意されています。

料金は通常の料金プランから選びますが、端末代金として9,800円必要になります。

違約金について

違約金ですが、これもほかの多くのプロバイダーと同じく

  • 1ヵ月目から12ヵ月目までの解約19,000円
  • 13ヵ月目から24ヵ月目の解約14,000円
  • 25ヵ月目以降の解約では9,500円

かかります。

2年契約であれば24カ月目が契約満了月、25カ月目が更新月にあたります。

3年契約では36カ月目が満了月、37カ月目が更新月です。

満了月の末日から更新月いっぱいで解約する場合は違約金がかかりません。

「novas WiMAX」のメリットとデメリットについて

では「novas WiMAX」で契約するとどんなメリット・デメリットがあるんでしょうか。

女性比較

メリットについて

まず、初月は無料で最初の2ヶ月間の料金が安いことが挙げられます。

ほとんどのWiMAXプロバイダーが「初月の利用料が無料」さらに「2ヶ月間の料金が安い」という傾向にあります。

なので「novas WiMAX」の特別なキャンペーンとは言えませんが、2ヶ月間3,000円台のプロバイダーが多い中2,000円台で使えるのは比較的安いと言えます。

その後も、ギガ放題プランで契約期間内なら900円引き、と割りと安くWiMAXを使えますね。

また、端末料金も基本的に無料なので、最新のWX04などでも無料で入手することができます。

まあ、端末無料っていうのも他のプロバイダーと同じなんですけどね。。。

デメリットについて

契約期間が過ぎると、割引された金額がUQと全く同じになるのでおトクさはありません。

むしろ割高です。

継続して安くWiMAXを使いたいなら、契約更新時にプロバイダーを再検討せざるを得ません。。。

また、ホームルーターの対応製品を自社製のものに指定しているので、端末が古めです。

延長用のアンテナケーブルのプレゼントや端末の2年保証など付けていますが、220Mbpsまでの対応なので、ちょっと選びにくいところがあります。

「novas WiMAX」はどんな人に向いている?

スマホを持つ女性

キャンペーンを利用して、それなりに安くWiMAXを使うことができます。

なのでインターネットを少しでも安く手軽に使いたいという人にはいい選択肢になると思います。

キャンペーンの期間については特に明記されていないので、加入すればいつでもキャンペーン割引が適用されるようです。

そういう意味では気楽ですね。

ただし、使い放題プランを選びたい人に関しては契約期間が切れたところで考え直す方がいいでしょう。

そのまま使い続けてもUQと同じ価格になってしまうので、お得感がゼロです。

 

「novas WiMAX」はオススメできる?

女性スマホ

ルーターのメーカーだからといって特に秀でた特徴はありません。

通信速度に関しては440Mbpsまでしか対応していないので、今後に若干の不安は残りますが…

ラインナップにW04があるので将来的に708Mbpsにも対応する可能性もあります。

料金面ではトータルでみるとめちゃくちゃ安いというわけではないですが、それでも最初の2カ月は使い放題プランで2,780円と破格の値段でWiMAXを使えます。

それ以降でも3,980円と比較的安くなります。

インターネットを少しでも安く使うためには選択肢には入ると思います。

キャンペーンといいながら期間限定ではなく、実質的にはプロバイダー自体の割引プランとなっているので、そういった点でもお得感がありますね。

ただやはり、安いプロバイダーは他にもあるので、使うにしても契約更新時に見直す必要があります。

なので、少しでもWiMAXの利用料金を抑えたいのであれば、他のプロバイダーで契約することをオススメしますね!

 

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

 

 

この記事が参考になれば幸いですm(__)m

それではまた!

 

女性スマホ

プロバイダDTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンと料金を解説!

WiMAXを使いたいけれど、どこのプロバイダーにしたら良いか迷っていませんか?

情報を収集していると、各プロバイダーのプラン・料金・サービスは様々で、どこが本当におトクなのか分かり辛いですよね。

現在30社以上あるWiMAXプロバイダーの中で、現金キャッシュバックキャンペーンを実施している会社は5社ほど。

その中でもトップクラスの高額な金額を出しているのが「DTI WiMAX 2+」です。

そこで今回は「DTI WiMAX 2+」のキャッシュバックキャンペーンの詳細情報や、その注意点、契約するメリット・デメリットを合わせてしっかり解説していこうと思います。

お得にWiMAXを使いたい方は是非、情報をチェックしていってくださいね!

それでは詳しく見ていきましょう〜。

 

「DTI WiMAX 2+」について

女性タブレット「DTI WiMAX 2+」株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(略称DTI)が提供するWiMAXプロバイダーです。

DTIはプロバイダサービスを20年以上提供している老舗の会社で、低価格で安定した通信ができることで定評のあるプロバイダーです。

インターネット専業のプロバイダーで、光回線や格安SIMなどのサービスも提供しています。

通信速度はどうなの?

通信速度は下り(データをダウンロードする方向)最大440Mbpsです。

この数値はWiMAXでは標準的な速度です。

このほかに対応端末であれば、全国ほぼどこでも繋がる、auのLTE回線を使うこともできます。

対応端末について

対応端末は

  • HUAWEI(ファーウェイ)製のW04
  • NEC製のWX03
  • ホームルーター型のHUAWEI(ファーウェイ)製のL01

がラインナップされています。

11月に発売されたNEC製の最新端末となるWX04はまだ入っていませんが、いずれ入る可能生は十分あるでしょう。

速度制限について

WiMAXでもスマホと同じようにデータを使いすぎると速度制限がかかります。

  • データ使い放題プランの場合、3日間で10GBを超える通信
  • 月間7GBプランの場合、月間で7GBを超える通信

をした場合に制限がかかります。

また、データ使い放題プランでもauのLTE回線「ハイスピードプラスエリアモード」を使って月7GB以上の通信を行った場合にも制限がかかります。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説

この辺もWiMAXではどこでも適用される制限です。

料金プランと違約金について

料金プランについて

料金プランも他の多くのプロバイダーと同じく、

  • データ使い放題のプラン
  • 月間7GB制限プラン

の2種類があります。

DTI WiMAX 2+ ギガ放題

データ使い放題のプランは「DTI WiMAX 2+ ギガ放題」です。
月額基本料金は4,800円2年契約になっています。

「DTI WiMAX 2+ ギガ放題」プランについては、契約初月から3カ月目までおトク割500円特典として800円の割引が適用されるので、実質3,500円で利用できます。

また、4カ月目以降25カ月目まではおトク割500円の適用で4,300円、25カ月目以降も長期割引500円が適用されて4,300円で利用できます。

基本料金 利用開始月~3カ月目 4カ月目~25カ月目 26カ月目以降
4,800円 3,500円 4,300円 4,300円

DTI WiMAX 2+ モバイルプラン

月間7GB制限のプランは「DTI WiMAX 2+ モバイルプラン」です。
こちらも2年契約月額基本料金は3,500円かかります。

このプランでは一切割引はされません。

なので契約初月からずっと同じ金額で使うことになります。

また、事務手数料がギガ放題プラン3,000円に対して、5,500円と高く設定されています。

料金を抑えたお手軽プラン、なはずですが7Gでこの値段ではお手軽感はあまりないですねー。

ほとんどの人は使い放題プランで契約するはずです。

ま、これもプロバイダーの策略ですね!

違約金はどうなってる?

違約金ですが

  • 1カ月目から12カ月目までの解約で19,000円
  • 13カ月目から24カ月目までの解約で14,000円
  • 26カ月目以降の解約で9,500円

の違約金がかかります。

この高額な金額はほとんどのWiMAXプロバイダーで同じように設定されています。

「DTI WiMAX 2+」が特別高いわけではないですね。

25カ月目が契約更新月で、この月内に解約すると違約金はかかりません。

以降2年おきに契約更新月があり、その月であれば違約金はかからないようになっています。

月額の料金も決して安くなく、他と同じとは言え違約金も高い、「DTI WiMAX 2+」

しかし現在、高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

これを適用すると、かなりお得にWiMAXを使うことが出来ますよ!

では、そのキャンペーンについて詳細を見ていきましょう。

キャンペーンについて

現在、ホームページから新規加入申し込みをした人を対象に、プランを問わず30,000円のキャッシュバックを実施しています。
(2017年12月31日まで)

「DTI WiMAX 2+ ギガ放題」プランで25ヶ月目まで利用したとして、このキャッシュバックを受け取れば月々2,983円で利用出来る計算になります。

この金額は他の格安プロバイダーと比較してもかなり安いですね!

ただ、このキャッシュバックを受け取るにはちょっとした手続きが必要です。

これがけっこう煩わしいんですよね。。。

受け取る際はキャッシュバックについての注意事項をしっかり読んでおくことが大切です。

受け取りまでの注意点、その流れをざっくりとまとめてみました。

  • 利用開始月を1カ月目として、11カ月目まで継続利用すること
  • 利用していることが確認されたら、翌月、楽天銀行株式会社「メルマネマスペイメントサービス」の送金通知メールにて、DTI連絡先メールアドレス宛てに案内がくるのでそれを確認
  • 送金通知メール送信日を含めた45日以内に、キャッシュバックの受け取り手続きを完了する

流れ的にはこんな感じです。

注意点としては、DTIからのメールを確実に受け取り確認するということです。

DTI連絡先メールアドレスとは、入会の際にDTIにて発行されたメールアドレスです。

そのメールアドレスは他社のものにも変更はできます。

なので、早めに普段使っているアドレスへ登録を変更しなければなりませんね。

そしてメールを受け取ったら45日以内に受け取り手続きをしてください。

うっかり忘れないようにこの点だけは注意です!

また、「メルマネ」とはメールアドレスと口座名義のみで振込ができる、楽天銀行株式会社のサービスのことです。

楽天銀行からメルマネ送金通知メールが送信され、そのメールに記載されているURLから受け取り手続きをすると、指定した口座でキャッシュバックを受け取りることが出来ます。

キャッシュバックは、こういった手続きを踏んでようやく受け取れるのです。

オプションサービスについて

またオプションも用意されているので見ていきましょう。

安心サポート/月額300円 安心サポートワイド/月額500円

WiMAX端末にトラブルが発生したときに修理・交換を受けられる保証サービスです。

「安心サポートワイド」は水濡れによるトラブルにも対応します。

グローバルIPオプション/月額96円(利用月のみ)

WiMAX機器に割り振るIPアドレス(192.168.1.10のような4つの数字からなるインターネット接続用のアドレス)をグローバルIP(インターネット接続するIPアドレスのうち、外部に公開されているIPアドレス)を指定できるものです。

LTEオプション/月額1,005円

対応端末で使える、au回線を利用する「LTEオプション」があります。

これを使えば、WiMAXのエリア外でもほぼどこでも繋がります。

このオプションは利用した月だけ課金されます。

「DTI WiMAX 2+」のメリットとデメリットについて

それでは「DTI WiMAX 2+」にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリットについて

やはり、なんといっても30,000円の高額キャッシュバックが最大のメリットです。

プランや機種を問わず、30,000円を受け取れるのは嬉しい限り。

2年間のトータル金額で見るとかなり格安でWiMAXを使える事になります。

単純に24カ月で割ると、月に1,250円の割引と同じになりますからね〜。

キャッシュバックの受け取りには十分注意が必要ですが。。。

また、比較的多くのプロバイダーが実施していますが、端末料金が無料というのもうれしいところですね。

DTIがインターネット専業プロバイダーの老舗、というのも安心感につながるでしょう。

デメリットについて

では次に、デメリットです。
デメリットは以下のことが挙げられます。

一つずつ確認していきますね。

キャッシュバックが受け取りにくい

最大のメリットであるはずのキャッシュバックですが、その受け取りにくさはデメリットの一つとも言えるでしょう。

しかし、月額料金はけっこう割高なので、「DTI WiMAX 2+」で契約するなら何が何でもキャッシュバックは受け取りたいところです。

auスマートバリューに対応していない

「auスマートバリューmine」とはWiMAXとauのスマホや携帯をセットで使うと、利用料が最大で1,000円ほど月割引になるサービスです。

他のほとんどのプロバイダーで実施されています。

なのでauユーザーと「DTI WiMAX 2+」の相性はよくないですね。

auユーザーは他社を選んだほうがお得です。

月額料金が高い

キャッシュバックを受け取れたとしても、月額料金が高いので3年目以降は割高になります。

お得にWiMAXを使いたいなら、3年目以降はプロバイダーを見直すことが必要です。

7Gプランの事務手数料が5,500円と割高

事務手数料が5,500円と割高なのに加え、7Gプランには利用料金の割引は一切ありません。

7Gプランを検討している方には「DTI WiMAX 2+」で契約するメリットは少ないですね。

やはり、キャッシュバックの受け取りは必須です!

 

「DTI WiMAX 2+」はどんな人に向いている?

ではどんな人が「DTI WiMAX 2+」に向いているのでしょうか。

女性疑問

それは、ズバリ、

キャッシュバックの受け取りが苦にならない人

です!

「DTI WiMAX 2+」だけに言えることではありませんが、キャッシュバックの受け取りはかなり分かり辛く、面倒です。

なので、この受け取りに当たっての一連の作業が苦にならない人は、向いていると言えます。

面倒だし、忘れてしまう不安があるな〜っていう人は月額料金自体の安いプロバイダーにしたほうがいいですね!

このキャッシュバックを受け取れなかったら、かなりイタイですから。。。

「DTI WiMAX 2+」はオススメできる?

女性スマホ2017年12月31日までではありますが、30,000円のキャッシュバックはかなり大きいので十分選択肢に入るプロバイダーです。

「30,000円」はWiMAXプロバイダーの業界では上位に入るレベルです。

ただ、どのプロバイダーもそうですが、キャッシュバック金額は時期によって変動します。

なので、少しでも高いほうがいい人は常に情報をチェックして注意したほうがいいですね。

実際、30,000円より高いプロバイダーは他にもあります。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

WiMAXは、どのプロバイダーを選んでも、通信速度やエリアに違いはありません。

なので、最後は、安さで選ぶのが正解!なのです。

キャッシュバックの受け取りには細心の注意を払わなければいけませんが、「DTI WiMAX 2+」は十分、契約する候補にあがるプロバイダーですね!

他社とも比較しつつ、あなたの条件に合うかどうか、しっかり検討してみてくださいね〜

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, プロバイダー, ポケットWiFi