ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

auのiPadを解約。ポケットWiFiルーターをギガ数無制限で使いたい

      2018/07/16

auでiPadを契約したけど、実はデータプランのギガ数が少なくて困っている人が多数いるようです。

iPadを思う存分使うにはWi-Fi環境が必須なのです。

しかしWi-FiプランがあるのにiPadのデータプランに加入して無駄な出費をしてしまっている人もいます。

この記事では、auでiPadを契約したのはいいけどデータプランが少なく、解約を検討している人に向けて書いています。

やはり家でも外でも思う存分iPadを利用するならポケットWi-Fiルーターの契約が便利です。

そのあたりをしっかりと解説していきますね。

auなどでiPadを契約するのはちょっと損してるかも

現在auのデータプランでiPadを契約している人は、ちょっと損している可能性が高いです。

というのも、やはりauやソフトバンク、ドコモなどの大手携帯キャリアは、データプランが非常に高額なんですよね。

auの場合でみると、LTEフラット for Tab/Tab(L)というプランが月間7GBという少ないギガ数で、5,700円。

auが提携している固定回線(光回線など)を契約するとauスマートバリューで割引ができますが、固定回線をこのために変えるっていうのはちょっと現実的じゃないです。

さらに言えば、固定回線は当然家でしか使えないのですが、ポケットWiFiルーターを持てば家でも外でも使えます。

ということで、7GBしか使えない上に非常に高額なこのプラン、

「色々考えるのが面倒だから、スマホを契約しているauで契約する」

という、非常にお金に余裕がある人以外は、本当におすすめできません。

それではどうしたら良いのか、というところをお話していきます。

まずは、この「7GB」しか使えないiPadをギガ数無制限で使う方法はあるのでしょうか。

iPadをギガ数無制限で使う方法

iPadやスマホをギガ数無制限で使う方法は、いくつかあります。

その方法は、

  • 常にオフィスやカフェ、自宅などの固定回線Wi-Fiがあるところで使う
  • 無限データチャージをする
  • ギガ数無制限のポケットWiFiルーターを使う

といったところでしょう。

それぞれメリットとデメリットを解説します。

常に固定回線Wi-Fiがあるところで使う

これが「ギガ数無制限で使う方法」なのかはちょっと微妙なところですが、ピックアップしました。

まずは自宅に固定回線があれば、自宅にいる間はずっと使い放題です。

そして、あなたが働いていれば、オフィスのWi-Fiは使うことができることも多いのではないでしょうか。

また、職場・自宅以外では極力移動中はデータ消費を控え、スマホを使いたい場合はカフェやコンビニなどのフリーWi-Fiスポットを利用します。

これを心がければ、おそらく非常に多くのデータ通信をすることができますので、タブレットやスマホのギガ数をほぼ無制限に使うことができるでしょう。

とは言え、僕はこの方法は取れませんねー。

だってスマホやタブレットって、そんな制限があったら実際使わなくなっちゃいますよね。めんどくさいですもん。

なので、この方法はおすすめできません。

無限データチャージをする

この方法はお金のある人にとっては一番いいでしょうねー。

スマホをauで契約して、20GBや30GBのプランに加入します。

そして、テザリングを利用してiPadのデータ通信をします。

ガンガン使っていると、20〜30GBはすぐに消費してスマホもタブレットもパケ死しちゃいますが、auのデータチャージは1GBあたり1000円程度。

となると30GB追加するとしたら30,000円程度ですね。

高いですけど、一番いいとおもいます。

auには「タブレットプラン ds」といったプランがありますが、正直テザリング使ったらこのプランいらないのでは。。。?と思います。

ちょっとメリットが思いつかなかったです。

まあ本当にお金がある人は、こういったプランは何でもいいわけですねー。

僕にはムリですけど。。。笑

さて次は僕のおすすめ、ポケットWiFiルーターを契約する方法です。

外でも使いたいならポケットWiFiルーター

現実的に考えると、上に挙げた2つの方法はちょっと難しいですよね。

常に固定Wi-Fi回線を探すのもしんどいし、

「じゃあ一番暇つぶししたい通勤通学中はどうすんの?」

という疑問にはまったく答えられていません。

また、無限データチャージは普通の金銭感覚で言えばちょっとありえないですよね。

こんなことができるのは一部のお金持ちだけです。

ということで、やっぱりポケットWi-Fiルーターを使うのが最も現実的で、実用的でしょう。

何を隠そう、僕は自宅の固定回線すら解約し、WiMAX一本で

  • iPad
  • パソコン
  • スマホ

のデータ通信をまかなっています。

「え?スマホも?」

と思われるかもしれません。

そうなんです。

ポケットWiFiルーターを持てば、スマホのデータプランも小さくできるんですよねー。

現実に、僕はauのiPhoneをY!mobileに乗り換えて、劇的に通信費を節約しました。

そのあたりのお話はこちらに書いてありますので、よかったら読んでみてください。

▶ 格安SIMとWiMAXの組み合わせでネット代を劇的に節約した話

ただ、一口にポケットWiFiルーターと言ってもその種類は本当にたくさんあります。

数あるポケットWiFiルーターからどのサービスを選べばよいのでしょうか。

どのポケットWiFiルーターを選べばよいのか

ポケットWiFiルーターは、たくさんの会社が提供してくれています。

  • Y!mobile
  • ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯キャリア
  • 各種格安SIM(MVNO)
  • WiMAX

格安SIMの提供会社を個別に挙げていくとキリがないので、大まかにこの4つとします。

この中で、現実的な料金でギガ数無制限に使うことができるのは、

  • Y!mobile
  • 格安SIMの一部
  • WiMAX

となります。

そして、格安SIMでギガ数無制限を実現しているところの特徴として、そのデータ通信スピードが非常に遅いということが挙げられます。

ですので、現実的な金額で、かつ実用レベルの通信速度を保ったまま、月間のギガ数を無制限で利用できるサービスは、「Y!mobile」か「WiMAX」の二択となります。

Y!mobileとWiMAXは、非常に似たような性質を持ったサービスです。

正規の料金体系や電波の性質などがほぼ同じといえます。

でも、実はこの二社には大きな違いが有ります。

それは、

  • プロバイダーを通して安く契約できるかどうか
  • ギガ数無制限使い放題が可能なエリア

です。

これらを一つずつ見ていきましょう。

WiMAXはプロバイダー通して安く契約できる!

実はWiMAXはプロバイダーを通じて契約することで、非常に安く契約できるんです。

月間のギガ数が無制限となる「ギガ放題」プランの場合、正規の月額料金は4,380円。

しかしプロバイダーを通じて契約すると、これが何と実質月額2,800円程度まで下がってきます。

この「プロバイダー」の存在がWiMAXの大きな特徴にもなっています。

一方のY!mobileは、プロバイダーを通じての契約ができません。すべてY!mobileでの直接契約となります。

Y!mobileも正規の月額料金はWiMAXと全く同じの4,380円。

ただ、独自に月額料金を下げるキャンペーンを展開していて、その額3,696円です。

こうしてみると、Y!mobileはWiMAXに比べるとかなり高いことがわかります。

月額にして800円程度。Y!mobileの契約期間は3年ですから、約800円×36ヶ月で約28,800円の差額が出てきちゃうんですよねー。

これだけでも、実際Y!mobileを契約する理由は少なくなってくるわけです。

そしてもう一つ、WiMAXをおすすめしたい大きな理由があります。

それは「ギガ数無制限使い放題」が可能なエリアについてです。

「え?全エリア使い放題じゃないの?」と思いましたよね。

しっかり解説していきますね。

Y!mobileはギガ数無制限の「AXGPエリア」が狭い

Y!mobileとWiMAXの大きな違いが、「ギガ数無制限使い放題が可能なエリア」が大きく違うということが挙げられます。

もともとの出発点として、WiMAXは無制限エリアのみでそのエリアを広げ続けて、山間部以外であればほぼ問題なくエリアに収まるところまで基地局の数を増やしてきました。

一方のY!mobileはもともと7GB等の制限があるソフトバンクLTE回線を主軸として、プラスアルファとして無制限で使える「AXGP」エリアを提供しています。

この出発点の違いが非常に大きな違いを産んでいます。

Y!mobileはある雑誌にこう記述がありました。

通信方式AXGPで使ったときの下り最大速度。しかし、圏外で計測できず・・・・

出典: 家電批評 2017年02月号 86P

これ、東京都千代田区のお話ですからねー。

AXGP以外のエリアはしっかり7GBの月間上限がありますから、無制限Wi-Fiとしてはちょっとおすすめできないんですよねー。

その点WiMAXであれば、僕が実際に使っていても名古屋市内でまったく問題なく使えています。

先日名古屋から豊橋まで仕事で新幹線に乗った時も、人の住んでいない地域を除けばほぼ全区域で高速移動中も利用できました。

もちろんその電波特性からちょっと電波が届きにくいところがあるのは事実ですが、そのあたりもしっかりと説明していきますね。

WiMAXの特徴

僕が実際にガッツリ使って、非常に満足しているWiMAX。

とは言え、このWiMAXにも良いところと弱いところがあります。

例え僕が満足しててもあなたも満足できるとは限りませんので、実際に使った上での感想をしっかり書いていきますね。

月間ギガ数に上限なし!

これは 非常に良いところですね。

WiMAXは「ギガ放題プラン」で契約した場合、月間ギガ数に上限がありません。100GB使っても月額料金に変動はありません。

そして、先程も書きましたが、上限なしで無制限に使えるエリアが実用的なレベルで広いです。

僕が住んでいる名古屋市内では自宅でもオフィス近辺でもまったく問題なく使えますし、先日仕事で乗った名古屋〜豊橋間の新幹線車中(もちろん高速移動中)でも一部過疎部を除いて問題なく使えました。

また、沖縄出張の際にも、那覇市内はほぼ問題なく使えましたので、エリアに関しては山間部や過疎部を除いてほぼ問題なく使えるはずです。

無制限なのにとても安く使える!

WiMAXは、非常に安い月額料金で利用することができます。

Y!mobileが割引後に3,696円なのに対して、WiMAXを最安のプロバイダーで契約すると、実質の月額は2,800円程度。

1ヶ月約800円の違いで、Y!mobileの契約期間の3年だと約28,800円もの支払額の差が出てきます。

それでいて、月間のギガ数上限なしで無制限使い放題。

これもまたWiMAXの非常に大きな強みですよね。

通信速度が速い!

WiMAXはその通信スピードも大きな特徴のひとつ。

最大で440Mbpsとなっています。

とは言え、これはあくまで理論値。

「サービスのスペックとしては最大でこの速度ですよ」というものです。

実際に僕が利用していて測定すると、だいたい10Mbps〜40Mbpsの間というところです。

これは大手キャリアのデータ通信とほぼ同等の速度となりますし、一部の場所においては速度の逆転現象も起こるでしょう。

これが格安SIM(MVNO)の提供するポケットWiFiルーターの場合、ひどい時だと1Mbpsを切ると言う話もあります。

せっかくのWi-Fiルーター、データ通信も動画閲覧も高速通信でサクサクしたいものですよね。

このスピードの部分も、WiMAXがおすすめな理由の一つです。

唯一の速度制限対象が3日10GB以上の利用で、しかも緩すぎる!

WiMAXは、月間のデータ通信量(ギガ数)には上限がなく無制限で使い放題です。

ただ、短期的には制限がかかってしまいます。

それは3日で10GB以上利用すると、速度が1Mbpsとなってしまうことです。

しかし、この速度制限は一部のヘビーユーザーの通信量を抑制するためのものであり、通常の利用方法であれば、ほぼ影響が出ないと思います。

現に僕はすでに数ヶ月WiMAXのみで自宅のネット環境をまかなっていますが、3日10GB以上の速度制限にかかったのは2度だけです。

それも1日中サッカーやバスケの生配信をみていたときでした。

流石に週末を終えた月曜日には速度制限がかかっていましたね。

しかし、WiMAXはここからもおすすめできるポイントなんです。

それは、

「速度制限は18時〜26時まで」

ということです。

裏を返せば、「深夜2時から夕方6時まで」は速度制限はかからず、通常通りの高速通信が可能ということです。

実際に僕が速度制限にかかった時も、Youtubeの標準画質は問題なく見られますし、100MB程度のデータのやりとりも、時間はかかるものの仕事は影響なく可能でした。

この通勤通学、ビジネスタイムに速度制限が適用されないというところも、WiMAXの非常に大きな特徴と言えるでしょう。

ちょっと電波が届きにくい

さて、WiMAX唯一の弱点に触れています。

WiMAXは、その採用している電波の性質上、ビルの奥まった場所や地下で圏外となることがあります。

WiMAXの採用している電波は周波数が高いんです。

周波数の高い電波の特徴として、反射をしづらいことと障害物に弱いことが挙げられます。

この特性により、オフィスビルの階段やトイレなどで通信が不安定になることがあるんです。

僕も実際にオフィスの階段やトイレでは、WiMAXは圏外です。

でも、オフィスの机があるところや屋外、自宅の仕事部屋などではまったく問題なく使えます。

こういったちょっとだけ届きにくい電波特性も大きな特徴のひとつですね。

もしここに不安があるようでしたら、以下のリンク先でエリア判定が可能ですので、試してみてくださいね。

プロバイダー公式サイトでエリアを確認する

WiMAXの契約の注意点

さて、WiMAXの良い点と悪い点が見えてきたところで、契約についての注意点を書きますね。

それは、

「WiMAXは絶対にネットで契約する」

ということです。

普通の人はWiMAXを契約しようと思ったら、家電量販店などに行ってしまいますよね。

またはネットだとしてもWiMAXを運営しているUQコミュニケーションズのサイトで契約をされる方も大きと思います。

でも、これもまた大損する一つのパターンなんです。

WiMAXは、契約するプロバイダー選び一つで、月額料金が安くなったり、非常に大きな現金キャッシュバックが発生するんです。

プロバイダー選びについては、実際に僕が契約する際に散々調べ倒したので、結論が出ています。

もしあなたがWiMAXの契約を検討しているのであれば、絶対に下の記事を読んでからにしてください。

あなたに損をしてほしくないのです!僕と同じように大きな節約を実現してください。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

まとめ

この記事では、auのiPadを契約しているあなたに、ギガ数を無制限で使い放題タブレットを使う方法について書きました。

結論としては、やっぱりWiMAXがイチオシです。

まあ、実際に僕が常時利用して便利に使っているということもありますし、やっぱり総合的にみて非常に優れたサービスだな、と思うのです。

月間ギガ数上限なしで最安の実質月額が2,800円程度になるWiMAX。

僕のように大きな節約を実現しつつ、いつでもどこでも、家でも職場でも移動中もたっぷりデータ通信を楽しむのであれば、WiMAXがおすすめとなります。

あなたのネット環境が最適化されることを願っています!

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, その他のWiFi, ポケットWiFi