ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

WiMAXのメリットとデメリット10選!迷ってるなら必読です

   

ネット回線マニアのサトウです。

この記事ではWiMAXの良いところと悪いところを、隠すところなく書いていきます。

サトウ

WiMAXは強みと弱みがはっきりしているのですが、弱みをぼかして書いているサイトが多いので、注意が必要なんです

この記事を読んで、強みはもちろんのこと、弱みをしっかり理解した上で契約を検討してほしいと思います。

ざっくりとWiMAXの強み・弱みをリストアップします。

  • 月間データ量無制限
  • 開通工事不要
  • ケーブル不要
  • 家はもちろん外でも使える
  • 料金が安い
  • エリアが狭い
  • 大きなビルの屋内に弱い

これらの特徴が、実際に使った時にどんな影響を与えるのでしょうか。

まだ使ったことがない人にとっては、なかなかイメージできないと思います。

そこで、これらの特徴がもたらすメリットデメリットわかりやすい形で具体的に書いていきますね。

まずはメリットからいきましょう!

ワイマックス契約で得られるメリット7選

まずはWiMAXを使って得られる、実生活の上でのメリットを7つピックアップしました。

「WiMAXを使うとこんなことが起きるのか」

という感じで理解してもらえると思います。

メリットは以下の7つ。

  1. 家でも外でも好きなだけネットが使える
  2. 自宅の光回線が要らなくなるから工事・ケーブルとお別れできる
  3. 転勤・就職・進学などでの引っ越しに強い
  4. スマホのデータプランを最小にできる
  5. 速度制限の呪縛から開放される
  6. 自宅を含めたネット代を大幅に節約できる
  7. スマホだけじゃなくパソコン・iPad・ゲーム機をつなげる

サトウ

これらを一つずつ簡単に紹介していきます!

メリット1 家でも外でも好きなだけネットが使える

WiMAXは一部自宅に据え置きで使う機種もありますが、基本的には「モバイルWiFiルーター」です。

「モバイル」ですから、持ち歩いて使うことが前提となっています。

スマホと同じように、家でも外でも使えるということですよね。

そして「WiFiルーター」ですから、PCやスマホを繋いで使うことが前提です。

WiMAX単体では何もできません。

さらに、WiMAXは「月間データ量が無制限」が大きな特徴。

これによって、

  1. 家でも外でも
  2. スマホやPC、タブレットをつないで
  3. 好きなだけデータが使える

という状況を作り出せます。

実際に僕はそういう状況になっていて、WiMAXを使って動画閲覧もしますし、音楽のダウンロードなんかもしちゃいますよ。

メリット2 自宅の光回線が要らなくなるから工事・ケーブルとお別れできる

実際に僕は実行したからこそわかるのですが、WiMAXを持つと自宅のネット回線がいらなくなるんです。

もちろんそれぞれのライフスタイルによるので、全員に当てはまるわけではありませんが、少なくとも僕は問題ありませんでした。

サトウ

ほとんどの人に当てはまるはずですよ!

あなたがもし、光回線の速度に価値を感じていないのであれば、思い切って解約してしまうのも一つの手段です。

サトウ

僕は実際に光回線を解約して、WiMAXだけで1年間生活しました。

この1年間でちょっと気を使ったのは、DAZNでスポーツ動画のライブ配信を観たときくらいです。

あとはまったく何も気にせずに使っていました。

WiMAXには3日10GBの制限がある(これは後ほど解説します)のですが、この制限が適用されたのも記憶している限り3回だけ。

すべてDAZNで動画を観たときだけです。

もし僕がスポーツ動画配信を観る趣味がなければ、ぶっちゃけ速度制限にはなっていなかったでしょう。

このように、多くの人にとって光回線はオーバースペックで、家でしか使えない効率の悪いネット回線なんです。

光回線を開通させるときにはほぼ確実に「開通工事」が必要。

契約する回線によっては、家の中と外、それぞれ1度ずつ計2回の工事が必要で、最長で申し込んでから2ヶ月ほどかかります。

さらに契約後は、電源ケーブルに加えて据え置きの無線WiFiや引き込んだ回線などのケーブルがごちゃごちゃと部屋の中に存在し続けてしまいます。

このケーブル類、掃除もしにくいし見た目もよくないんですよね。

速度を求めなくて「WiMAXで十分」という人であれば、このわずらわしい開通工事も、ケーブル類も、両方不要です!

サトウ

届いたその時からネット開通して、部屋の中もスッキリです!

これは無視できない、非常に大きなメリットだと思います。

メリット3 転勤・就職・進学などでの引っ越しに強い

WiMAXは家でも外でも持ち運んで使える「モバイルWiFiルーター」です。

ということは、そもそも場所にはほとんど縛られません。

これが威力を発揮するのが、引っ越しなんです。

もしあなたが「自宅のネットはWiMAXでOK」であれば、もう引っ越しで新たにネット契約する必要はありません。

ネット回線の転居手続きも不要。

そのまま引越し先で、今まで通り使えばいいだけです。

転勤の多い人はもちろん、就職や進学などで引っ越さなければならないときも、WiMAXなら引っ越したその日から使うことができます。

これが光回線だと、どうしても工事立会が必要だったり、そもそも工事まで時間がかかったりして、しばらくネットが使えないということになってしまいます。

サトウ

実際に僕はオフィスの固定回線の契約で、契約から2ヶ月待たされました。

メリット4 スマホのデータプランを最小にできる

WiMAXを持つことで得られるメリットとして強調しておきたいこととして、

「スマホのデータプランを最小にできる」

ことも挙げられます。

何度か書いてますが、WiMAXは基本的に家でも外でも使えます。

ということは、スマホをずっとWiMAXのWiFiにつなげておけば、スマホのデータを消費せずに済むのです。

これが最終的にどういったことを生み出すかというと、「スマホ代を最小にできる」ということなんです。

仮にスマホが大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)で毎月8,000円程度(端末代を除く)かかっているとします。

それが格安スマホの最小プランにすると、1,600円程度です。

WiMAXを加えても、合わせて5,000円程度。

たったそれだけで、無制限で使えるネット回線が手に入っちゃうんですよ。

サトウ

WiMAXの電波は無制限だし、WiMAXのエリア外の場所では、au回線が使えるオプションもあります

未だに大手スマホキャリアのスマホを使っている人は、いち早く解約したほうがいいと思います。

違約金もすぐにペイできちゃいますよ!

メリット5 速度制限の呪縛から開放される

これも「無制限で家でも外でも使える」WiMAXならではのメリット。

スマホのデータプランって3GBや5GB、多くても20GBなどの上限がある上に、すごく高いですよね。

大手キャリアだと、20GBだとデータだけで6,000円。

そしてデータを使い切っちゃうと襲いかかる、速度制限の呪縛

WiMAXを持って、常にスマホをWiMAXのWiFiに繋いでおけば、この呪縛から開放されます。

だってWiMAXは無制限ですから。

速度制限を気にしながら使っていても、どうしても月末には制限が適用されてしまう人も多いと思います。

サトウ

僕はWiMAXを持ってから、スマホのデータプランを使い切ったことはありません

メリット6 自宅を含めたネット代を大幅に節約できる

さきほど

「WiMAXを導入すると、スマホを最小プランにできる」

として、いままで8,000円かかっていたのを、5,000円にできると書きました。

実は自宅の光回線を含めて考えると、さらに大きな節約ができるんです。

WiMAXを光回線の代わりに使えば、いままでかかっていた光回線の料金がすべてキレイに消えます。

今までは、

  • 大手キャリアのスマホ代 8,000円程度(端末代除く)
  • 自宅の光回線 5,000円程度

の合計で、13,000円程度はかかっていたはず。

これが、

  • 格安スマホ最小プラン 1,600円
  • WiMAX 3,000円程度

で、5,000円を切るくらいにまで圧縮できます。

もちろん高速な光回線が必須なネットのヘビーユーザーは難しいのですが、大多数のそうでない人にはまったく問題ありません。

Bちゃん

ネットはSNS、Youtube、ネットショッピングや検索くらい

というひとであれば、まったく問題ないはずです。

あなたがヘビーユーザーでないなら、年間10万円ほどの節約も夢ではありません。

サトウ

実際に僕は奥さんと自宅のネットを、格安スマホとWiMAXに変更して、年間15万円節約しました

メリット7 スマホだけじゃなくパソコン・iPad・ゲーム機をつなげる

WiMAXは「WiFiルーター」です。

ということは、当然ながらスマホだけでなく、パソコンやiPadなどのタブレット、さらにはゲーム機をつなげて通信ができます。

僕は仕事の都合上、頻繁に外でパソコンを使います。

そんなときに、いちいちネットのあるカフェを探さなくていいのは、非常に楽ですね。

もちろん仕事だけでなく、通勤途中に動画を観るとか、漫画をダウンロードすることも可能に。

サトウ

この間はAbemaTVを、バスの中で観てました

Kindleなどの電子書籍もOKです。

すべての端末をWiMAXにつなぐことで、もう何も気にすることなくデータ通信が可能になるんです。

ワイマックス契約のデメリット3選

さてここまではWiMAXを使うことで得られるメリットばかりを書いてきました。

すべて僕が実際に体験した真実ではありますが、良いことばかりではありません。

きちんとWiMAXの弱い部分も解説します。

  • 3日10GBの制限がある
  • 大手携帯3社(au・docomo・ソフトバンク)よりエリアが狭い
  • 光回線より速度が遅い

実際に契約する上で、このようなデメリットがあります。

ざっくりと解説していくので、強いところ・弱いところを十分に理解した上で、契約を検討してほしいと思います。

デメリット1 3日10GBの制限がある

WiMAXのデメリットのひとつめは、やはりこれ。

サトウ

WiMAXは実は無制限ではないのです

Aちゃん

え?WiMAXって無制限じゃないの?

そう思いますよね。

WiMAXには「直近3日で10GB以上の利用」で適用される制限があるのです。

しかし、スマホでよくある制限とは少し違います。

その制限内容が非常に“ゆるい”のです。

制限の適用される条件と、制限内容は以下となります。

  1. 直近3日で10GB以上使う
  2. 翌日18時〜26時に制限が適用される
  3. 制限中でも1Mbpsの速度は保たれる
  4. 翌日には制限が解除される

図にしてみました。

WiMAX3日10GB制限図解

この制限のゆるさは、

  • 制限される時間が18時〜26時のみ
  • 制限中でも意外と使える1Mbpsの速度

というところです。

また、通常のスマホの制限は、一度適用されると月末までずっと遅いまま。

しかしWiMAXは翌日には解除され、いつも通りの条件で使うことができるのです。

もちろん直近3日の使用量が10GBを下回らなければ、また翌日も18時からの制限は適用されます。

しかし逆に言えば、制限の時間外であれば何GB使おうがまったく関係ないということです。

実際に僕は月間170GB使ったことがあります。

それでも、18〜26時の間はまったく速度も落ちずに使うことができていました。

サトウ

仕事で関係のあるWiMAXのプロバイダの社員さんに話したら、苦笑いしましたけど笑

デメリット2 大手携帯3社よりエリアが狭い

WiMAXのデメリットのふたつめは、エリアです。

WiMAXの利用可能エリアは、au・docomo・ソフトバンクのエリアと比較すると、やはり狭いのは事実です。

僕が住んでいる名古屋のような都市部であれば、まず問題ないとは思います。

東京・大阪はもちろん、京都や仙台、福岡などの地方中核都市も問題ないでしょう。

ただそういった都市から離れた小さめの町だと、ちょっと厳しいところがあるかもしれません。

また、山間部や海沿いの過疎部はまずつながらないでしょう。

エリアに関してはこちらで確認できますので見てみてください。

WiMAXピンポイントエリア判定

これは2つの要素が絡み合った結果です。

ひとつは、WiMAXの採用している電波特性。

もうひとつは、WiMAXを運営するUQコミュニケーションズの企業規模

それぞれ簡単に解説しますね。

WiMAXの電波は遠くまで届きづらい

WiMAXが採用している電波は、「2.5GHz帯」といって、比較的高い周波数の電波です。

これに対して大手スマホキャリアの電波は「700MHz帯」といって、より低い周波数です。

この周波数の違いは、「直進性」や「到達距離」に違いが観られます。

WiMAXの電波は、大手キャリアの電波に比べて

  • 遠くまで届きづらく
  • 反射しづらく直進しやすい

という特性があるのです。

遠くまで届くづらい電波ということは、どこでも良い電波状態で受信できるようにするために、よりたくさんのアンテナ(基地局)が必要となります。

ひとつの基地局から届く距離が狭いわけですから当然ですね。

また、反射しづらく直進しやすい特性は大きなビルの中での電波状態に影響が出ます。

図にしました。

まずはこれが大手キャリアの電波のイメージです。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ800MHz

そしてこちらがWiMAXの電波のイメージ。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ2.5GHz

大手キャリアの電波は壁などに反射して障害物の裏側まで到達しやすくなっています。

しかしWiMAXの電波は反射しづらいので障害物の裏側まで届くことができず、結果的にビルの奥の方では圏外になってしまうことがあるのです。

サトウ

これを補うのが、auのLTE回線を使える「LTEオプション」ですね。

UQコミュニケーションズと大手キャリアの企業規模の違い

先程WiMAXの電波は、「遠くまで届くづらい電波」によって

「よりたくさんのアンテナ(基地局)が必要となります。」

と書きました。

これをカバーするためには、莫大な設備投資が必要となります。

大手キャリアの設備投資費はなんと、年間5,000億円ほど。

WiMAXの電波は、大手キャリアより届く距離が短いので、たくさんのアンテナが必要にります。

しかしそのような大金を、UQコミュニケーションズが費やすことはできません。

そこでWiMAXは、より人工の多い都市部に絞ってアンテナ設置を進めてきたのです。

WiMAXはこのような経緯により、どうしても郊外や過疎部に弱くなってしまうのです。

サトウ

言い換えると、都市部では問題ないことが多いということです!

デメリット3 光回線より速度が遅い

これはデメリットになるのか、そもそも比較することが間違っているのかは難しいところです。

WiMAXの電波は、「光回線」と比較するとやはり遅いです。

まあ光回線は有線でWiMAXは無線ですから、当然といえば当然です。

しかし無制限で使えるという点については、比較対象を光回線にするべきだと思うのです。

サトウ

大手キャリアのスマホのデータと、光回線を比較する人はいませんけどね〜

大手スマホキャリアと比較しても、速度は決して遅くなく、理論上の最大速度はWiMAXの圧勝です。

サトウ

ただし実測すると、ほぼ同等の速度となりますので「速い!」と煽っているサイトには注意が必要ですよ

僕の実感値を比較すると、以下のようになります。

回線 実測値 備考
光回線 5〜500Mbps ひどいプロバイダだと
5Mbps程度のことも
大手キャリア4G 40〜70Mbps 非常に安定しているが
データが高く無制限はない
WiMAX 20〜80Mbps 多少ばらつきがあるものの
速い

あくまで個人的な経験を元にした数値にはなりますが、だいたいこんな感じですね。

WiMAXはデメリットを理解した上で使うことが必要

ここまでメリット・デメリットをそれぞれ書いてきました。

実際に契約して利用した上での解説でありまったく「盛って」いません。

もちろん速度の面など環境によって、僕の実感とは異なる場合もあるとは思いますが。

とにかくWiMAXは、デメリットを理解した上で使うことが重要です。

大手キャリアのような「どこでも使える」ことを想定していると、必ず不満が出ます。

  • 郊外や過疎部でのエリアは狭い
  • ビルの中では届かない場所がある

ということをしっかりと認識した上で、普段使う場所がエリア内であれば契約を前向きに検討してもらいたいと思います。

サトウ

auの電波が使えるオプションがあるので、普段使う場所がエリア内であれば、その他はエリア外でも大丈夫ですよ!

実際に契約した人のリアルな感想

さてここでは、WiMAXを実際に契約している人のリアルな感想を掲載します。

サトウ

まさにその通りですね〜。ただし「電波弱いとこ」ではau回線(LTEオプション)を使いましょう

サトウ

そう。特に格安スマホを使っているひとはその速さを実感できると思いますよ

サトウ

エリアがハマれば、このくらいの速度も出ますよね。固定回線と変わらない。

サトウ

さすがに石垣島は。。。苦笑 ただし沖縄本島はかなり繋がりますよ!(実証済み)

サトウ

そういうものなんですよ。。。でも都市部ではつながるってことです。

このような感想が見受けられますが、概ね不満はエリアについてですね。

契約前に、ここをしっかりと理解することが重要です。

WiMAXがオススメなのはこんな人!

ここまでWiMAXのメリットやデメリット、さらにはネット上の口コミを見てきました。

ここからは、WiMAXを使うと幸せになれる人はどんな人かを挙げていきます。

  • ネットはほどほどに使えればいいという人
  • 引っ越しや出張が多い人
  • スマホがよく速度制限になってしまう人
  • 光回線の工事が嫌な人
  • 光回線のケーブルが嫌な人
  • 仕事など外出先で、パソコンを使ってネットをすることが必須な人
  • 外でもデータをたっぷり使いつつスマホ代を節約したい人

ひとつずつ簡単に解説します。

その次には「こんな人は使っちゃダメ」という人も挙げていきますよ。

ネットはほどほどに使えればいいという人

最初に挙げるのはこれ。

Bちゃん

ネットはほどほどに使えればいい

という人。

Bちゃん

もちろんスマホのデータプランじゃ足りないけど、パソコンやゲーム機でオンラインゲームをするわけじゃないし、海外ドラマのネット配信鑑賞が趣味なわけでもないい

という、あなたです。

サトウ

僕が思うに、おそらく大多数の人ってこんな感じですよね?

僕は間違いなくその1人でした。

自宅でのネットって、正直SNSやネットショッピング、ちょっとYoutubeを観るくらい。

それより移動中の音楽鑑賞や動画視聴のほうがよほどデータを消費しちゃう。

こんな人には、WiMAXはホントにぴったりです。

引っ越しや出張が多い人

WiMAXは家でも外でも無制限で利用できるのが最大の特徴。

ということは、ビジネスでの出張や都市部への観光旅行、さらには転勤や進学・就職での引っ越し先でも普通にそのまま使えるんです。

例えば引っ越しの場合、今使っている回線を解約して、その上で新居で再度契約、工事日の調整と立会が必要です。

サトウ

こんなことやってられません

先日僕がオフィスの光回線を契約したときは、申込みから開通まで2ヶ月以上かかりました。

それが、WiMAXはずっと使い続けることが出来るわけですね。

スマホがよく速度制限になってしまう人

こういう人はWiMAXに限らず、絶対モバイルWi-Fiルーターを持ったほうがいいですね。

サトウ

今どきスマホが速度制限になると、ぶっちゃけ何もできなくなりますよね

例えば地図アプリを頼りに飲み会の店に向かうとかもそうだし、SNSですらしんどいです。

僕もWiMAXの契約前は、よく速度制限が適用されてました。

でもWiMAXを契約してから、一度も速度制限になってないですよ。

男性B

でもスマホと合わせたら料金が高くなるでしょ?

サトウ

いやいや、格安スマホと組み合わせれば5,000円を下回ることだってできますよ!

僕は現在Y!mobileの2,980円にWiMAXが3,400円ほど。合わせて6,400円で無制限のネット回線を手に入れています。

格安スマホをもっと安いものにすれば、もっと安くできます。

格安スマホが最安で1,600円くらい。これにWiMAXが3000円ほどで、合計4,600円で無制限です。

光回線の工事が嫌な人

これはホントに煩わしい問題です。

自宅のネット回線を光回線にする場合、確実に工事が必要です。

この開通工事、僕がオフィスで契約した回線だとなんと2回必要で、開通までに2ヶ月以上かかりました。

さらにどちらも工事日には現場にいないといけません。

あなたがもし女性で一人暮らしだとしたら、業者さんとはいえ自宅に見知らぬ男性を入れることに抵抗はありませんか?

まだ清潔感があるひとだったらいいですけど、汗臭い、タバコ臭い人もたくさんいますよ。

そういう人が自宅に入って作業をします。

あなたの顔と住所だってわかっちゃいます。電話番号も。

Bちゃん

絶対イヤ

サトウ

ですよね。僕おっさんだけど嫌だもん

光回線の工事は、男性だったらめんどくさいだけですけど、女性の場合はこういうハードルもあるんですよね。

一方、WiMAXには工事がありません。

送られてきた端末の電源を入れて、Wi-Fiでスマホやパソコンと繋げばその日から使えます。工事日の調整とかも必要ありません。

この手軽さは大きな特徴の一つだと思います。

光回線のケーブルが嫌な人

自宅のネットを光回線にすると、必ず「ONU」という機器を設置する必要があります。

多くの場合電話線の近くに設置しなければいけません。

これがまた結構大きくて邪魔なんですよね。

更に言うと機器同士を接続するケーブルがごちゃごちゃと這い回ります。

サトウ

掃除もしにくいし、インテリアの雰囲気も壊しちゃうし、ホント邪魔です

ところがWiMAXは基本的にケーブルが不要。

充電はスマホと同じくUSBケーブルでOK。

ケーブルに繋ぎっぱなしでもいいですが、外しても通信できます。

これもWiMAXを使う上で、地味に嬉しい事のひとつなんですよね。

仕事など外出先で、パソコンを使ってネットをすることが必須な人

今日実際に僕がこれを実践してきたのですが、ビジネスでPCを持ち歩いて使う人も結構いますよね。

僕はWeb系の企業を経営しているので典型的ではありますが、例えばファイナンシャルプランナーさんもパソコンを持ってきます。

その他営業職の方々も、パソコンでなくてもiPadなんかは持っていることが多いですよね。

こういった人は、WiMAXを始めとするモバイルルーターは必須でしょう。

仕事でもプライベートでも、カフェや取引先のオフィスでサクッと自分だけの回線につなぐことができるのは、やっぱり便利です。

訪問したオフィスで無線LANに繋がせてもらうのも気まずいですしね。

男性C

すみません、無線LAN借りてもいいですか?

男性D

あ、いいですよ。えっと、IDとパスワードなんだったけな。。。ちょっと待ってくださいね。

男性C

す、すみません。。。。

男性D

やっぱりすぐ出てこないな。。。おーい○○君、ウチのWi-Fiってどれだった?

男性E

え、ちょっと待ってくださいよ。。。?えーっと。。。ゴソゴソ

ってなるともう目も当てられません。

外でもデータをたっぷり使いつつスマホ代を節約したい人

この記事に限らず、このブログでは何度か書いてますが、WiMAXを持つとスマホ代が節約できます。

大手キャリアのスマホを契約している人は、端末代を除いてもおそらく少なくとも8,000円くらいは毎月払っているのではないでしょうか。

それも5GBなどの小さいプランです。ガンガン使ったらすぐに速度制限です。

まず、この大手キャリアのスマホを格安スマホに乗り換えてください。

これが最安で1,600円程度です。

これに月額3,000円程度のWiMAXを持つのです。

これで、5,000円を切る料金で無制限のネット回線が手に入るんです。

速度制限も気にしなくてよくなりますよ〜。

ここまで読んでWiMAXが気になる人は、是非こちらの記事を読んでみてください。

どこで契約すればいいか、すぐにわかるようになっていますよ!

サトウ

ここまではWiMAXを契約したほうがいい、おすすめできる人を紹介してきました。次に「こんな人は契約しちゃダメ」という人を挙げていきます!

WiMAXを契約してはいけないのはこんな人!

どんな人がWiMAXを契約するべきではないのでしょうか。

もしあなたが、ここから紹介する人物像に当てはまる場合はご注意くださいね。

  • オンラインアクションゲームが趣味の人
  • 海外ドラマのネット配信鑑賞が趣味の人
  • そもそもWiMAXがエリア外の人

こんな人はWiMAXは避けたほうがいいですよ〜。

解説します!

オンラインアクションゲームが趣味の人

WiMAXはオンラインアクションゲームが趣味の人には向きません。

スプラトゥーンも厳しいと思います。

というのも、理由はふたつ。

  • データ量が膨大になる
  • pingが遅い

まずはデータ量について。

オンラインアクションゲームは、プレイ中ずっと接続していて常に通信をすることになるので、そのデータ量が膨大になってしまいます。

これがWiMAXの「3日10GB」と非常に相性が悪いのです。

おそらくすぐに10GBに到達してしまって、翌日の18時以降はゲームどころではないでしょう。

次に、もうひとつの「ping」について。

オンラインアクションゲームが好きな人はわかると思いますが、こういったリアルタイムの通信が必要で、1秒の遅れが致命傷になるゲームでは、pingの遅さは非常に大きな問題です。

要はネットの反応速度なんですよね。pingって。

これが遅いのは、対戦相手や同じチームのメンバーにも迷惑がかかっちゃいます。

サトウ

何よりも自分にストレスが溜まりますよね

だからWiMAXは、オンラインアクションゲームには不向きなんです。

海外ドラマのネット配信鑑賞が趣味の人

WiMAXには「3日10GB」の制限があります。

これが海外ドラマのネット配信などの、高画質動画視聴が趣味の人とは相性が悪いんです。

というのもおそらく、HuluやNetflixなどを3日間で10時間とか見ちゃうと、普通に10GB行っちゃいます。

そうすると、翌日の18時からという「仕事後に家でゆっくりする時間」に動画を観ることが難しくなっちゃうんです。

制限の時間帯は、いわゆる「混雑時間帯」の18〜26時。

仕事を終えてゆっくり趣味を楽しむ時間ですよね。この時間がもろに制限にかかっちゃうんです。

ただし、もしあなたが昼間に動画を楽しめる状況なら話は変わります。

18時〜26時以外は、月間200GB使おうと速度制限はありません。

日中にドラマを観まくるなら、非常にオトクなネット回線になるのです。

実際に僕はオフィスの光回線が開通するまで、WiMAXでまかなっていました。

サトウ

最高で月間170GB以上使いましたが、18時まではまったく問題なく使えていましたよ

こういったところも、WiMAXのすごいところだと思います。

そもそもWiMAXがエリア外の人

もうこれは言うまでもありません。

WiMAXは、エリア外の場合、auのLTE回線で使うことになります。

これが「ハイスピードプラスエリアモード」と言われるものです。

このモード、月間のデータ上限が7GBなんです。

WiMAXは「家でも外でも無制限」が最大のウリ。

これがなくなっちゃうわけですからね。契約しちゃダメですよ。

こちらのページでチェックできますから、自宅などの、WiMAXを主に使う場所がエリア内かどうかをチェックしてみてくださいね。

WiMAXピンポイントエリア判定

この判定結果が「○」以外の人は、WiMAX以外のネット回線にするべきです。

モバイルWiFiルーターなら、オススメはネクストモバイルがイチオシです。最大50GB使えて、最安2760円から。僕の1台契約しています。

ネクストモバイル公式サイト
▶ https://next-mobile.jp

固定回線なら、エリア内ならNUROがいいかな、と思います。ウチのオフィスはこれ。300Mbps出ます。激速です。

NURO光 公式サイト
https://nuro-ac.jp/

NUROがエリア外ならauひかりがおすすめですね。評判いいですからね〜。

auひかり公式サイト
https://au-hikarinet.com/

最後に

この記事では、WiMAXを契約して得られるメリットとデメリットを、その特徴やおすすめできる人とできない人を含めて解説しました。

WiMAXは、エリア内であれば最高のモバイルWi-Fiです。

無制限だし、普通に速いし、安い。

ただ、エリアに弱みがあり、3日10GBの制限もあります。

こういった長所と短所を理解してから契約することが重要なんです。

この記事を読んだあなたが、WiMAXを含めて良いネット回線に巡り会えることを願っています。

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, ポケットWiFi ,