S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

日比谷OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)は2020年オープンの大人の憩いの場!テナントやアクセス方法は?

   

日比谷OKUJROJI(ヒビヤ オクロジ)は、100年以上の歴史がある煉瓦アーチ高架橋と東海道線・東海道新幹線の高架橋という2つの高架下のスペースを活用しする目的で開発が開始されました。

JR東日本は「変革 2027」をかかげ、「ヒトを起点とした新たな価値・サービスの想像」を進めており、OKUROJIはその事業の一環です。

スローガンは「CITY UP!」。高架下のスペースが新たに生まれ変わります。

この記事では、そんな日比谷OKUROJIの施設概要や店舗の情報などを解説していきます。

施設概要について

日比谷OKUROJIは、JR東日本JR東海が協力して開発を行っている商業施設です。

下記はそれぞれの施設開発計画概要です。

JR東日本開発エリア JR東海開発エリア
所在地 東京都千代田区内幸町一丁目7番 東京都千代田区内幸町一丁目30番
敷地面積 約8,600㎡ 約1,400㎡
延床面積 約4,500㎡ 約900㎡
用途 店舗(約50店舗) 店舗(約6店舗)
運営会社 株式会社ジェイアール東日本都市開発 東京ステーション開発株式会社

JR東日本とJR東海が所有する用地は区分が決まっていますが、それぞれ以下のような特徴がありました。

  • JR東海用地(東海道新幹線高架橋)……有楽町側と新橋側の両端2箇所しか公道に面していない。
  • JR東日本用地(山手線・京浜東北線高架橋、東海道線高架橋)……高架下の空間がアーチで区切られている。

これらの用地区分に関わらず最適な開発を行うために、新たに以下のような区分を設定しています。

ブランドコンセプト(施設コンセプト)は?

コンセプトは、「街と人、人と人を繋ぐ賑わい溢れる場所」。100年という歴史ある高架下を再生させ、次の100年も街のシンボルになるように整備されていく予定です。

300mにもおよぶ高架下の通路には沢山の出入口が設置されており、日比谷側には5つもの出入口があります!そのため、銀座・有楽町・新橋エリアを回遊することが可能です。

出入口が多いことによって街と高架下を簡単に行き来することができ、共にに盛り上がっていけるということですね。

施設の名前の由来は?

施設の名前は「日比谷 OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)」です。

名前の由来は、銀座と日比谷の「奥(オク)」にある「路地(ロジ)」でOKUROJI(オクロジ)

100年の歴史と深いこだわりを表現しているということです。

施設のイメージ・フロア構成

JR東日本の開発するエリアは、下記の3つのゾーンに分かれています。

  • 大人のナイトタイムを楽しめるゾーン
  • 飲食ゾーン
  • 食物販・雑貨・ファッションゾーン

大人のナイトタイムを楽しめるゾーンでは、色々なスタイルのバーでお酒を飲んだり、大人向けのレストランで上質な食を楽しむことができます。

飲食ゾーンは、カジュアルな飲食店やカフェが集まっているので、気楽な時間が過ごせそうです。会社帰りに1人でふらっと立ち寄っても良いですね。

食物販・雑貨・ファッションゾーンには、素材や技術にこだわりのあるお店が出店する予定です。見たこともないスイーツを味わえるかもしれませんね。

お買い物から食事までをひとつの場所で楽しめ、また交通機関とも直結しているのでとても便利に利用することができます。

そして、これらのJR東日本の3ゾーンに加え、JR東海が開発する1ゾーンが加わる予定のようです。

入居予定のテナント一覧

入居予定のテナントはまだ発表されていませんので、随時更新していきます。

アクセス情報

日比谷OKUROJIは、日比谷、銀座、有楽町、新橋に囲まれた場所に位置しているので、アクセスはとても良いです。

最寄りの駅と駅からの所要時間(徒歩)は以下のとおりになります。

  • JR山手線、京浜東北線「有楽町駅」徒歩6分
  • JR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、ゆりかもめ「新橋駅」徒歩6分
  • 東京メトロ日比谷線、千代田線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」徒歩6分
  • 東京メトロ丸の内線、日比谷線、銀座線「銀座駅」徒歩6分

このように多くの駅が利用できるため、どこからでもアクセスしやすいですね!

オープン時期は?

オープンは、2020年の初夏の予定ということです。

まとめ

日比谷OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)の開業予定日や施設の概要について解説しました。

高架下と聞くと女性は訪れにくいイメージがありましたが、日比谷OKUROJIは女性も男性も楽しめるスペースになりそうです。

オープンは初夏なので、ふらっと飲みに立ち寄るのにぴったりの季節ですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東・甲信越