S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

MEFULL(ミーフル)千歳烏山2021年春頃オープン!テナントはサービス業種に特化!最新情報も!

   

東京都世田谷区南烏山にてMEFULL(ミーフル)千歳烏山の建設が進行中です!オープンは2021年春頃の予定!

MEFULL(ミーフル)とはサービス業種特化型商業施設で、2020年3月に開業したMEFULL(ミーフル)茶屋町の他に3店舗を展開しています。

この記事では、MEFULL(ミーフル)千歳烏山の施設概要、施設コンセプト、入居予定のテナント、フロア構成などを紹介します。

施設概要について

それではまず施設概要についてみていきましょう。

施設名称 MEFULL千歳烏山
(ミーフル千歳烏山)
所在地 東京都世田谷区
南烏山
敷地面積 266.46㎡
延床面積 約1,380㎡
階数 地上7階地下1階
構造 鉄骨造

1階〜7階まで全フロアが商業施設になるようです。

ブランドコンセプト(施設コンセプト) は?

MEFULL(ミーフル)千歳烏山は野村不動産がプロデュースするサービス業種特化型商業施設です。

コンセプトは、

  • 好きなコトで満たす
  • 自分磨きで満たす
  • 暮らしに喜びを満たす

ことで「満足」を感じてもらうこと。

それを実現させるのは親子が安心してゆっくり過ごせる空間や、1つのビル内で欲しかった物がすべて手に入るという便利さです。

そして、施設で働く人にも心地よい空間を作ることを目的としています。

また施設は下記のポイントに従って、開発が進められています。

  • テナントはサービス業種メイン
  • 必要なものがすべてそろう
  • 安心・安全・清潔

モノ消費からコト消費へと変わりゆく時代のニーズに対応し、健康、学び、暮らしの満足度を高めるようなテナントで構成されています。

また欲しいと思うものがすべて入手できるため、効率的なライフスタイルを実現させることができます。

MEFUL(ミーフル)は2020年8月現在、

  • 茶屋町(大阪府大阪市)
  • 浦和(埼玉県さいたま市)
  • 藤沢(神奈川県藤沢市)

の3店舗を展開しています。

さらに下記のプロジェクトがMEFUL(ミーフル)として計画中とのことです。

プロジェクト名 着工
予定日
開業
予定日
田町駅前
プロジェクト
2021年 2022年
川崎
プロジェクト
2020年 2023年

さらにプレスリリースには展開エリアとして、

  • 札幌市
  • 仙台市
  • 中京エリア
  • 京阪神エリア
  • 福岡市

が挙げられているので、これらの地域にもMEFUL(ミーフル)ができる可能性が高そうです。

MEFULL(ミーフル)の開業ラッシュですね!

野村不動産は他にも、

  • GEMS…飲食・都心特化型の商業施設
  • SOCOLA…地域密着型商業施設

を展開しています。

MEFULL(ミーフル)を含めどの施設も、ひとつのコトに特化した商業施設になっています。

MEFULL(ミーフル)茶屋町について

MEFULL(ミーフル)茶屋町はMEFULL(ミーフル)の第一弾として2020年3月に一部店舗が開業し、2020年4月16日にグランドオープンしました。

メインターゲットは20〜40代の感度の高い女性。フィットネスやヘアサロンなど美意識の高い女性が満足できるようなテナントが集まっています。

フロア構成は下記のようになっています。

フロア ショップ名 業種
6
〜7階
EXPA
梅田茶屋町店
女性専用
ボディメイクスタジオ
5階 HAIR&MAKE&EYELASH
GRAN Lucia
美容業
4階 SELECT CLINIC 大阪院 美容皮膚科・
美容外科クリニック
3階 SELECT DENTAL CLINIC 歯科・矯正歯科・
審美歯科
2階 La Bless Chayamachi 美容室
1階 Menicon Miru
梅田茶屋町店
コンタクトレンズ・
ケア用品販売
1階 茶屋町なの花眼科 眼科診療所
地下
1階
MURA BAR MEFULL
茶屋町店
バー

女性向けのテナントしか入居していないので、より自由な気分で美容を楽しめそうな施設です。

MEFUL(ミーフル)千歳烏山にも茶屋町のようなテナントが入居するかもしれませんね。

MEFULL(ミーフル)の名前の由来は?

MEFULL(ミーフル)の由来は下記の英語の一文に由来しています。

It makes me full of happiness.

頭文字を取ってつけた名前は多いですが、一文の途中から抜き出した単語を施設名にするのは斬新ですね。

MEFUL(ミーフル)のロゴについて

MEFUL(ミーフル)のロゴの形は、野村不動産の都市型商業施設シリーズの「GEMES」と同じものが採用されています。

この形は都市型商業施設の階層を表現したもので、宝石をイメージして作られています。

入居するテナントが宝石ようにキラキラしたサービスを提供する様子を表しているということです。

MEFUL(ミーフル)のロゴは、各階層の色が下から上に向かって濃くなるグラデーションになっています。

これは施設を訪れる人の心が満たされていく様を表現しているということ。また暖色寄りの紫で女性や子供に親しまれる雰囲気を演出しています。

施設のイメージは?

MEFULL(ミーフル)千歳烏山はホワイトとベージュの色使いで、優しい雰囲気の建物になっています。

女性がターゲットの商業施設なので、優しいイメージがぴったりです。

イメージ図では建物のメインカラーはライトグレーに見えますが、MEFUL(ミーフル)全体のコンセプトが「白を基調にした外観」なので、白のようです。

各階に看板やデジタルサイネージが置かれていることで、どの階にどの店舗があるのか、どのような店舗が入ったビルなのかが分かりやすくなっています。

入居予定のテナント一覧

MEFULL(ミーフル)千歳烏山に入居予定のテナントの情報はまだ発表されていません。

詳細が発表され次第、情報を更新していきます!

フロア構成は?

MEFULL(ミーフル)千歳烏山のフロア構成は以下のようになっています。

階数 用途
3階
〜7階
サービス業種
のテナント
2階 飲食・サービス
1階 物販・飲食

まだざっくりとしたフロアプランしか発表されていませんが、1階から7階までの全フロアにテナントが入居するようです。

アクセス情報(駐車場情報)について

MEFULL(ミーフル)千歳烏山の最寄り駅は京王電鉄京王線の「千歳烏山駅」です!

京王ライナーと特急をのぞくすべての列車が停車します。

バスでアクセスする場合

バスを利用する場合は「千歳烏山駅」の北口と南口を出て徒歩2〜3分歩き、商店街を抜けた道路沿いにバス停があります。

バス停の名前や運営会社は下記のようになっています。

出口 停留所名 運営会社
北口 千歳烏山駅 関東バス
小田急バス
南口 千歳烏山駅 京王バス
南口 千歳烏山駅南口 小田急バス

オープン時期は?

MEFULL(ミーフル)千歳烏山は2021年春頃にオープンの予定です!

まとめ

この記事では、MEFULL(ミーフル)千歳烏山の施設概要、施設コンセプト、入居予定のテナント、フロア構成などを紹介しました。

MEFULL(ミーフル)は「GEMES」に続く、都市型商業施設の新ブランドです。

特に女性や子供が過ごしやすい造りやテナント構成になるようなので、子供がいても美容を楽しみたいママにも嬉しい施設になりそうです。

また女性向けの店舗が集積されるので、忙しい女性にとっても使い勝手の良い 施設になるのは間違いありません!

オープンが楽しみですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東・甲信越