S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

2020年春開業!川越駅西口複合商業施設の全貌を紹介!テナントは?

   

埼玉県川越市の「川越駅西口市有地活用事業利活用」の一環として川越駅西口複合商業施設(仮称)」の建設が進められています。オープンは2020年の春頃予定!

店舗、飲食店、ホテル、事務所に加えて、行政機能も持つ複合商業施設となるようです。

この記事では、「川越駅西口複合商業施設」の施設概要や入居予定のテナント、フロア構成などについて紹介します。

施設概要について

それでは、まず「川越駅西口複合商業施設」の施設概要を紹介します。

事業名 川越駅西口市有地利活用事業
所在地 川越市脇田本町8番1他
敷地面積 8,519.58m²
用途 行政機能、店舗、
事務所、ホテル、
飲食店、駐車場、
自転車駐車場
建物高さ 50.08m
地域 商業地域、
準防火地域
構造・規模 鉄骨造
地下1階 (ポンプ室等)
地上11階建
建築面積 6,269.28 m²
延床面積 32,943.39 m²
・容積率 301.63%
・複合施設棟:23,507.95 m²
・駐車場棟:9,435.44 m²

複合商業施設建設の目的は?

川越駅西口複合商業施設は、「川越駅西口市有地活用事業利活用」のひとつです。

その目的は、

  • 土地利用
  • まちづくり

です。

交通の利便性の良い土地をより有効活用して、埼玉県南西部地域の拠点地区にふさわしいエリアにすることを目的としています。

また、複合商業施設を作って「川越駅西口のランドマーク」とすることで、中心市街地を活性化させ、周辺エリアのにぎわいを創り出すということですね。

入居予定のテナント一覧

「川越駅西口複合商業施設」への入居が明らかになっているテナントは下記の3つです。

  • メディカルセンター川越WEST
  • 東武ホテル川越駅西口駅前(仮称)
  • 埼玉りそな銀行

それでは、ひとつずつ紹介していきます。

メディカルセンター川越WEST

「メディカルセンター川越WEST」は、川越駅西口複合商業施設の6階に入居します。

フロア全体を株式会社メディカル・イノベーションが管理し、さまざまなクリニックがその内の区画を借りて開業するようです。

6階フロアは、

  • 事務所1区画
  • 薬局1区画
  • クリニック8区画

で構成され、フロア全体が医療関係の施設になっています。また、フロア中心部には中待合が設けられています。

株式会社メディカル・クリニックは、全国のマンションや大型ショッピングモール内で多くのメディカルモールを運営しており、専門性の高いドクターを誘致している実績があります。

実際に入居するクリニックの名前はまだ明らかになっていないので、発表され次第、更新していきます!

東武ホテル川越駅西口駅前(仮称)

「東部ホテル川越駅西口駅前」は宿泊主体型ホテルで、川越駅西口複合商業施設の7〜11階部分に入居します。

現在川越駅の東口付近にある「川越東部ホテル」が移転して、リニューアルオープンするかたちです。

川越東部ホテルは1987年(昭和62年)に開業し、現在も営業中ですが、2020年3月31日に営業を終了します。そして、2020年の春〜夏頃に川越駅西口で再び開業するということです。

移転前も駅近くで便利な立地ではありましたが、移転後はペデストリアンデッキで駅直結になるので、ますます便利になりますね!

※ペデストリアンデッキ……広場と横断歩道橋の両方の機能を持ち、建物と建物を接続するように作られた高架建築物。別名はペデ、ペデデッキ。

新ホテルの概要は以下のとおりになります。

ホテル名 未定
(仮称)東武ホテル川越駅西口駅前
運営会社 株式会社東急ホテルマネジメント
場所 埼玉県川越市脇田本町8番2ほか
構造 7階:ロビー、8~11階:客室
客室数 168室
ホテル面積 5,304㎡(1,604坪)
開業 2020年春~夏頃(予定)

川越市といえば、川越氷川祭の山車行事が国連教育文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことで知名度が上がってきています。

観光客も増え続ける中で、東武ホテルは利用客のニーズにあった利便性と快適性を備えた大型ホテルとなるのではないでしょうか。

埼玉りそな銀行

りそなグループの「埼玉りそな銀行」の川越支店と川越南支店が2020年7月頃に閉店し、川越駅西口複合商業施設内に移転します。

川越支店は1918年(大正7年)に建てられ、築100年という歴史のある建築物。国の登録有形文化財に指定されています。

歴史的価値を維持していくためにも、この建物で営業を続けるのではなく、新拠点に移転することになったということです。

移転後は、川越支店と川越南支店が一体となって営業されます。また、土日祝日も資産運用や住宅ローンについての相談ができる「セブンデイズかわごえ」が併設されます。

川越駅付近での埼玉りそな銀行の利用がますます便利になりますね!

登録有形文化財に指定されている川越支店の建物は、今後別の形で活用される予定ということです。

移転後の埼玉りそな銀行の概要は以下のとおりです。

移転日 2020年7月(予定)
所在地 埼玉県川越市脇田本町8番1
(東武東上線・JR川越線川越駅西口徒歩2分)
【2階】ATM、貸金庫、セブンデイズプラザかわごえ
【4階】川越支店・川越南支店窓口、川越プレミアオフィス
備考 「川越支店」と「川越南支店」の両支店は
1つの店舗内に2つの支店が同居する
「ブランチ・イン・ブランチ方式」で営業。
移転後も両支店の店名や
口座番号・通帳・キャッシュカード等は変更なし。

フロア構成は?

「川越駅西口複合商業施設」は、地下1階地上11階建てのビルになります。

それでは、フロア構成をみていきましょう。

地下1階

地下1階にはポンプ室などが配置されます。部外者が地下フロアに入ることはなさそうですね。

1階

上記は1階の平面図です。店舗と駐車場(自動車・原付・その他二輪・自転車)が配置されています。

店舗や通路が曲線を描いていて優しいイメージですね。

中2階(M2)

中2階は、駐車場(自転車)になっています。

2階

2階には店舗と駐車場(自動車)が配置されています。歩行者用のデッキも設置されるようですね。

中3階

中3階は、駐車場(自動車)になっています。

3階

3階は、行政機能に加えて、駐車場(自動車)が配置されています。

4階

4階は、駐車場(自動車)と事務所などが配置されています。

5-6階

5-6階は、事務所などが配置されています。

7階、8-11階

7階はホテルのロビーなど、8-11は、ホテルの客室になっています。

事業実施者は株式会社ピーアンドディコンサルティング

川越駅西口複合商業施設の事業を実施するのは、埼玉県を拠点とし郊外型商業施設事業を多数手がけている、株式会社ピーアンドディコンサルティングです。

手がけた事業の中で埼玉県民にとって身近なものと言えば、「UNICS(ウニクス)」ではないでしょうか。ウニクスはピーアンドディコンサルティングの直営商業施設で、埼玉県・群馬県・千葉県などで営業しています。

事業の中でホテル営業に関しては、東部グループの東部ホテルマネジメントと賃貸借予約契約を結んでいます。

アクセス情報(駐車場情報)について

「川越駅西口複合商業施設」の最寄駅は東武鉄道・JR東日本の「川越駅」です。

川越駅西口から「川越駅西口複合商業施設」まではペデストリアンデッキでつながっているので、駅直結と言えますね。

駐車場の規模は下記のようになっています。

自動車 207台
自転車 1595台
原付 156台
その他二輪 45台

オープン時期は?

「川越駅西口複合商業施設」のオープンは2020年の春頃の予定です!

スケジュールは以下のようになっています。

2017年度〜2020年度 設計・工事
2020年度 供用開始

まとめ

2020年春頃にオープン予定である「川越駅西口複合商業施設」のテナントや施設概要について紹介しました。

地元の人たちや観光客で賑わう複合商業施設になりそうですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東・甲信越