S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

腕時計ブランドKnotの評判・評価とダニエルウェリントンについて

   

※12/7 追記 購入レビューしました!文末にリンクがあります。

みなさん腕時計って着けてますか?

携帯電話を持つのが普通になってはや20年ほどになりますが、時計をしているひとってホントに減りましたよね。特に若い人。

って思ってたんですけど、最近は時計を付ける人がたくさんいる印象。

時間を確認するだけならスマホで十分なのに、わざわざちゃんと着けてます。

僕が思うに、最近は一昔前のように「ロレックス・オメガ」などの高級時計以外も、きちんとファッションとして認知されてきたことが大きいと思うんです。

ちょっと前までは、やっぱり高級時計じゃないと恥ずかしい、みたいな風潮があったようにおもいます。

でも、最近は「チープカシオ」みたいに、カジュアルで気軽に着けられる時計がすごく人気になってますよね。

また、最近は女性も「ビッグフェイス」といって男性用の腕時計を着けたりします。あれ、ほんと可愛いですよね。男女ともに着けられますし、カップルならたまに交換したりも出来ます。

そんな、流行のビッグフェイス時計のひとつに、Knotがあります。

国産で、ファッション性が高くて、カスタムオーダーができ、さらに価格が安いと話題になりましたよね。

でもイマイチ在庫切れで買えないので、まずはネットで情報を拾ってみました。

僕のように、ちょっと気になっている人に参考にしていただければと思います。



まずはネットで検索

何はともあれまずはネットで検索すると色々記事が出てきますが、見た目についてはかなり好意的な記事が多いですね。

そのシンプルなデザインと組みあわせが楽しめるカスタマイズ性にすっかり虜に

試しに買ってみた。
316ステンにサファイアガラス!質感も悪くないね。

確かに思ったよりモノはいいです!いいですが、あくまで価格のわりにであって、モノホンの高級時計と並べて勝負できるレベルではありません。ただ、それでいいと思っています。

なるほど。

デザイン・品質はそれなりに良さそうですね。でもそれもすべて「価格の割に」がつきそう。

そしてついてまわるのが「マーケティングのうまさ」という言葉。

どうもアラフォーのちょっとひねくれた目で見ていると「売り方がうまいけど品質はどうなの?」という思惑が見え隠れしますねー。

Knotってそもそもどんなブランドなんでしょうか。ちょっと見ていきましょう。

そもそもKnotはどんなブランドなのか

Knotの代表である遠藤氏は、会社員時代に人気腕時計のルミノックス(LUMINOX)やスカーゲン(SKAGEN)の火付け役として活躍。

その後、SKAGENが海外の大手に買収されて販売権を失ったのを機に、起業を決意してKnotを立ち上げたそうです。

遠藤氏はこう言います。

生まれた時からファストファッションで育った若者が増えているのに、腕時計市場だけが10万円以上もするような高級路線に走っています。

しかし、気軽に買える、しかもMADE IN JAPANの高品質な腕時計がなければ、若い人たちの腕時計離れはますます加速してしまうはず。

そのためには単に時間を知る道具ではなく、「リストファッション」として提案することがどうしても必要だと考えたんです。

そう。腕時計のファストファッションとしてKnotを提案しているのです。

僕は普段の服装はほとんどファストファッションで済ませています。

まあ自分でもそれほどオシャレではないとは思いますが、それでもそこそこ気を使っています。

每日姿見の鏡でバランスはチェックしますしね。

そんな僕も、昔はもう少しだけ価格の高い服を着ていました。

でも、家族ができ、家を買ってからはお金の使いみちの優先順位として、洋服はどんどん後退していったのです。

そこでユニクロやGU、ZARAなんかで何とかする、という状況になります。

そんなお父さん、かなり多いと思います。「昔はもうちょっとおしゃれに気を使ってたのになー。」という感じ。

でも、ここ数年のファストファッションは、着方によってはそこそこ普通にオシャレを楽しめるようになってますよね。

僕も「その服いいねー」などと言われて「え、ユニクロだけどね〜」って返すと「あ、そうなんだ!全然見えないね」などといったやり取りを交わすこともたまにありますし。

ユニクロがオシャレになってきたおかげで、ダサくて服なんて全然買わなかったお父さんたちをそこそこ見られる程度にしてくれました。

そしてKnotも、最高級ではないもののある程度の品質を保ちつつ、価格を抑えて市場を広げに行くという考え方なのでしょう。

いわゆる時計好きなオジサンに着けてもらいたいとは思っていないはず。

それより時計を着ける習慣の無い若い人に、ファッションとして着けてもらいたい。そんな思いが見て取れますよね。

このあたりが時計好きのオジサンから「マーケティングがうまいだけ」という言われ方をしてしまう部分だと思います。

要は小うるさいオジサンはターゲットから外れちゃってるってことですねorz

さてKnotなどのカジュアルな時計の使い方はどんな感じがよいのでしょうか。

使い方を見ていきましょう!

一本持っておいて、気分で付け替えるのがちょうどいい

Knotなどのカジュアルな時計の魅力は、何と言っても価格とデザインのバランス。

Knotについて言えば、品質についてはシチズン社のムーブメント(心臓部)や、高級時計に使用されるサファイアガラスが採用されていることもあり、普通に使えるでしょう。

なので、若い人にとってはメイン時計になり得ると思いますが、30-40代のビジネスマンがビジネスの場で常に着けるにはちょっと役不足かなと思います。

僕もやっぱりロレックスは持ってますし。

お義父さんからもらったんですけどね。自分では買えませんから(汗)

実際、時計って男性が着けられるほぼ唯一のアクセサリーですからね。大人なら一本はそこそこの時計を持っていたいものです。

ただ、ロレックスなどの高級時計を何本も持つのは無理だし、かと言って昔はそこそこオシャレしてた自分としては、たまにはファッションに合わせて時計も着け替えたい。

Knotやダニエルウェリントンなどのカジュアルな時計って、そんな要求を満たしてくれる時計ではあると思いますね〜。

Big Face系腕時計の火付け役はやっぱりダニエルウェリントン(Daniel Wellington)!

さてKnotも女性がつけると所謂「BigFace」系の腕時計になるわけですが、火付け役はやっぱりダニエルウェリントンですよねー。

ドラマで石原さとみさんが着けてたことで、一躍人気に火がつきました。

ブームになってもう数年経ちますが、ブームで終わらず定番化しつつありますよね。

インスタでもまだまだ衰える事なく魅力的な新商品が出ているし、アーバンリサーチやrosebutなどのセレクトショップには今も最前線でダニエルウェリントンの時計が売られています。

最近は文字盤がブラックのデザインも登場しましたが、あれもすごくかわいいですね。

雑誌のコーデ企画なんかも、必ずダニエルウェリントンの時計は登場してますよね。

これ、使っているとわかるんですが、やっぱり人気が衰えないだけあって、かなり使いやすいんですよ。

思ってる以上に何にでも合います。

ダニエルウェリントンは2011年に設立された、新進気鋭のウォッチブランドです。

洗練された大人の雰囲気を漂わせるルックスが特徴で、シンプルかつハイセンスなところが人気の秘訣でしょうか。

そしてなんといってもやっぱりその値段が魅力ですよね。

高級時計のようなルックスながらも25,000円程度で購入できるので、手軽にアクセサリー感覚で身に付けることができますよね。

先程もいいましたが、僕は普段は結婚した時のお祝いでもらったロレックスの時計を着けています。

ロレックス、いいんですけど、やっぱりちょっとゴツかったり、そんなに何本も買える身分じゃないので、服装に合わせて時計を変えたい時に困るんですよね〜。

特にカジュアルな服装の時にメタルストラップのゴツい時計をしてるのはちょっと気が引けます。

それに、やっぱりパンツのベルトや靴と、時計のストラップの色は合わせたいですしね。

そんな時に、お手軽な価格かつ洗練されたデザインの時計があれば便利ですよねー。

Knotよりも一回り大きな文字盤の存在感も魅力です。

女性用やユニセックスモデルもあるので、奥さんや彼女に贈るのもいいですよね。

女性用に人気のものはこのあたりの青い針のモデル。僕の友人も複数の人が着けてます。

→ ダッパー ダラム/ローズゴールド 34mmについて公式サイトで見てみる

そして、こちらのシルバーのモデルも人気のようです。

→ ダッパー ダラム/シルバー 34mmについて公式サイトで見てみる

男性用モデルもありますし、ベルトが皮ではなくナイロンだったりして、さらにカジュアルに使えるものもありますので、公式サイトを見てみてください。

母の日、父の日、恋人とのペアウォッチに、絶対喜んでくれると思うし、値段が手頃なので、贈りやすいですよね。
→ 公式サイトで時計を見る

まだまだダニエルウェリントンの人気は、衰えを知らずですよ。

「それどこの?」人と違うブランドが好きな人ならルノータス!

ただ、正直なところ、すでにダニエルウェリントンやknotは持っている人がかなり多くなってしまったのも確か。

「せっかく数万円出すなら、ブームが去ってしまうような心配をしないでずっと安定して使っていたい…。」と思う人も多いのではないでしょうか?

そんな人に今1番おすすめなのは、knotと同じくカスタムオーダーが出来る「ルノータス」です。

アパレル関係の仕事をしている友人から聞いて知ったブランドなのですが、knot以上にカスタムの自由度が高く、完全オリジナルを望む人にひっそりと大人気なんだとか。

「ダニエルウェリントンやknotが一般受けするお洒落時計だとしたら、ルノータスは通のお洒落時計っていう印象」だそう。

ガラスの周りをドームっぽくラウンドさせたり、竜頭(ネジ)に宝石を入れたり、文字盤の裏にメッセージを入れる事もできます。

だからカップルや夫婦が記念日にアクセサリー感覚でペアを贈り合う時に人気なんだとか。

ベルトの素材もレザーや布製など色々カラーも豊富で結構かわいいですね。

興味がある方はよかったら公式サイトを見て下さい。

→ ルノータスの公式サイトでカスタム時計をチェック



2016/6/19追記 Knotの在庫が安定しているようなので早速購入しました

先日からKnotの在庫が安定してきているようでしたので、本日早速購入手続きをしてみました。
届いたらレビューしたいと思いますのでお楽しみに!

2016/8/28追記 レビュー記事書きました

レビュー記事を書きましたので、よかったらお読みください。

→ ダニエルウェリントン激似!Knotの腕時計を購入した感想と評価

2016/12/7追記 knotのストラップのみ購入したレビューを書きました

knotはストラップのみでも送料無料という事で、今回はベルトだけを購入して付け替えてみました。

付け方や届いた時の状態などについて書きましたので是非参考にしてみて下さい。

→ knotのベルトの付け方は?実際に追加購入して時計をイメチェン

その他の時計のレビュー記事

今話題の腕時計、KLASSE14とKOMONOについても書きました!

→ KLASSE14の時計購入レビュー!値段と正直な感想!

【KOMONO】コモノの時計をレディース目線で評価レビュー


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 買いたい・買った , ,