ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

WiMAXは4GLTEエリアで使える!でも制限あり。違いを解説

      2018/07/16

この記事を読んでいるあなたは、

「WiMAXとLTEってどう違うの?」
「WiMAXはLTEのエリアでも使えるの?」

といったことが気になっている方だと思います。

結論から言えば、WiMAXはLTEのエリアで利用可能です。

ただし、色々と考慮しなければならない制限があるのです。

この記事では、実際に自宅の固定回線を解約してWiMAXオンリーで利用している僕が、WiMAXとLTEの違いや、制限についてしっかりと解説していきます。

WiMAXは4GLTEエリアで使える

冒頭にも書きましたが、WiMAXは4GLTEエリアで利用できます。

詳しく説明しますと、WiMAXの端末で利用できるのは、親会社であるKDDIが運営するauの4G LTE回線となります。

WiMAXは、auの使用している4GLTEに比べて高い周波数の電波を使用しています。

そして、その電波特性からエリア的にはどうしても狭くなります。届く距離の短い電波特性から、人口の少ない山間部はアンテナの数と利用者の数が割にあわないのです。

さらに、WiMAXの電波は障害物に弱いという特性も併せ持っています。

これらのことからWiMAXは、auの4G LTEを利用することでその弱点を補っているのです。

WiMAXの電波が届かない山間部やビルの奥まった場所、さらには地下などでは、auの電波を利用できることで全国ほぼどこでもデータ通信が可能になるのです。

ただし、WiMAXの端末でauの4G LTEエリアが利用できるのは、「ハイスピードプラスエリアモード」に対応した端末のみとなります。

これに対応していない場合は、WiMAXエリアでの通信、「ハイスピードモード」のみの利用となります。

ここまでの情報だけだと、エリアが広くなることで良いことばかりのように思えます。

ただ、そんなにうまい話はありません。

WiMAXの端末で4G LTEエリアの電波を利用することにはどんな制限やデメリットがあるのでしょうか。

WiMAXを4GLTEエリアで使うのはオススメできない

WiMAXとauの4G LTEエリアがどちらも使えて月額料金が3000円程度のWiMAX。

一見すばらしいサービスに見えるのですが、実はこのLTEエリア利用時には注意が必要です。

実はWiMAXの端末を4G LTEエリアで利用すると、何と7GB(ギガバイト)の制限がかかってしまうのです。

WiMAXの魅力は、何と言っても月間データ量が無制限だと言うところです。

これをなくしてしまうのは、正直あまりにももったいないのです。

WiMAXは月額3,000円前後で利用できるのに、データを使い放題。ただし、WiMAXのエリア内に限るというサービです。

ですから、そもそもau LTEで7GB制限をもらってしまっては、WiMAXを持っている意味がまったくないのです。

実は同じく4G LTEであるソフトバンクのLTE網を利用できるポケットWiFiで、オススメがあります。

それはNEXTmobile(ネクストモバイル)というのですが、WiMAXがau LTEを利用したら7GBの制限がかかるのに比べて、何と月額2,760円で20GB、3,490円で30GBを利用できるのです。

詳しく書いていますので、気になる人は読んでみてください。

▶ 月間30ギガのポケットWiFi!NEXTmobileを実際に契約した感想

WiMAXをエリア外でも使いたいと言う人は、

  • 最初からLTEの大容量WiFiルーターであるネクストモバイルを利用する
  • エリア外はスマホの電波を利用するだけにする

上記のどちらかが良いでしょう。

ここまではWiMAXで4G LTEを利用するデメリットを書きました。

しかし、僕はやはりWiMAXが最強のポケットWiFiだと考えています。

実際に僕は自宅のフレッツ光回線を解約して、WiMAX一本でネットをしているわけです。

それではどんなところが「最強」なのでしょうか。

WiMAXはエリア内であれば最強のポッケットWiFi

WiMAXは、実際に利用してみて感じることなのですが、やはりどう考えても最強のポケットWiFiです。

月間のデータ量が無制限のポケットWiFiで、ここまで実用的なものは他にありません。

WiMAX以外の無制限ポケットWiFiといえば、やはりライバルY!mobileということになります。

しかしY!mobileは、無制限になるエリア(AXGPエリア)がかなり限られた場所となる上に、“お得なプロバイダー”で契約したWiMAXよりも、月額料金が高くなってしまうのです。

僕は2017年5月のデータ利用量は、おおよそ50GBでした。

実際にこれだけ利用しても、追加のデータ費用は一切かかっていませんし、速度制限も適用されていません。

この事実が何よりも物語っているのではないでしょうか。

WiMAXに弱点はないのか?

WiMAXにも当然ながら弱点はあります。

それは、au、ドコモ、ソフトバンクが採用しているLTE電波網に比べて、やはりエリア面で狭くなっていることです。

また、すでに書きましたが、その電波特性から障害物に弱いところも弱点でしょう。

確かに山間部では繋がりにくいことは間違いありません。

またビルの奥まったところ、例えばコンクリートの分厚い壁に囲まれた階段などでは電波が入らないこともあります。

しかし、山奥やビルの階段でポケットWiFiルーターを利用するシチュエーションって、そうそう無いのではないでしょうか。

実際に家でも外でもオフィスビルでも利用していて、確かに

「あ、ここ届かいないんだね」

と思うことはあります。

でも、届かないところにずっと座っているわけではないですからねー。

WiMAXの電波が届かないところでは、スマホの電波でネットをすればいいだけの話です。

また、自宅がマンションで奥の方の部屋ではWiMAXの電波が入りにくいことがあるかもしれません。

しかしそれも、窓際に置くなどすれば多くの場合は解決しますよ。

僕も、教えに行っている専門学校の教室では、中央ではWiMAXが圏外となります。

ただ、窓際に置いてWiFiでスマホやパソコンに繋げば、まったく問題なくサクサクとネットに繋がります。

もちろんYotubeなどの動画だって観られますからね。

もう一つの特徴は、3日10GB

さて、WiMAXは月間データ通信を無制限にしているわけですが、どれだけでも無条件で使い放題、というわけには行かないのも事実です。

WiMAXは、直近3日で10GB(ギガバイト)以上利用すると、翌日の18時から26時まで通信制限が適用されます。

しかしこれは、他のどのポケットWiFiと比較しても圧倒的に“ゆるい”のです。

唯一、Y!mobileが同様の条件となっていますが、WiMAXとY!mobileには、無制限エリアの広さに大きな差があります。

また、Y!mobile以外の無制限ポケットWiFiは、通信速度が非常に遅い、または3日で1GB等の厳しい制限があります。

これらのことにより、やはりWiMAXは最強のポケットWiFiなのです。

WiMAXの「3日10GB制限」については、こちらの記事でしっかりと解説してありますので、よかったら読んでみてください。

WiMAX 通信制限は3日10GBで月間無制限!ガチ利用者が徹底解説

まとめ

この記事では、WiMAXが4G LTEエリアで利用できるのかどうか、またWiMAXとLTEの違いについて書きました。

月間データ量、速度、月額料金など、様々な観点で比較しても、エリア内であれば最強のポケットWiFiはWiMAXです。

もしWiMAXのエリア内であれば、固定回線の乗り換えも含めて検討する価値は大きいと思います。

そして、WiMAXの契約は、「プロバイダー選び」が非常に重要です。

プロバイダー選びを間違えると、年間12000円ほど余分に払う可能性があります。

プロバイダーについてしっかり解説して結論づけた記事も書きましたので、よかったら読んでみてください。

WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

みなさんのモバイルWiFi選びがうまくいくことを願っています。

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, ポケットWiFi