ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

@nifty WiMAXのメリットとデメリット、特徴を解説!

      2018/07/17

家でも外出先でも使える快適インターネット、WiMAX。

WiMAXのプロバイダーにはいろいろな業種が参入しています。

大手量販店などもこぞってWiMAXプロバイダーサービスを展開していますが、中でもやっぱり安心できるのはインターネット専業のプロバイダーかもしれません。

@nifty(ニフティ)はインターネットが主流になる以前のパソコン通信の時代から通信業界にある老舗プロバイダーの一つです。

@niftyも「@nifty WiMAX」というプロバイダーサービスを展開しています。

WiMAXの他にも、光回線「@nifty光」や格安SIM「NifMo」などを提供しています。

多くのWiMAXプロバイダーが存在する中、価格やサービスにはどんな特徴があるんでしょうか。

この記事ではそんな「@nifty WiMAX」についてしっかり解説していきますね。

「@nifty WiMAX」について

女性疑問

通信速度について

WiMAX 2+に対応し、通信速度は下り最大440Mbpsとなっています。

また、端末が対応していれば、auのLTE回線を利用することもできます。

この辺はほかのプロバイダーと変わらないですね。

対応端末について

対応端末ですが、W04とWX03、ホームルーターのL01の3機種がラインナップされています。

古い端末に対応しているプロバイダーも多いですが、古い端末をわざわざ使う理由はないので、この3機種に対応していれば何の問題もないでしょう。

11月に発売されたばかりのWX04はまだアナウンスされていませんが、いずれ対応するんじゃないかなーと思います。

速度制限について

速度制限についてですが、3日間で10GB超の通信を行った場合とauのLTE回線を使ったハイスピードプラスエリアモードも合わせて月7GB超の通信を行った場合に制限がかかります。

前者は1Mbps程度に落とされますが実用上それほど影響ありません。

後者は128Kbpsになってしまうので、実用的じゃない速度になってしまいます。

これらはほかのプロバイダーでも実施されている制限ですね。

オプションサービスについて

オプションは以下の5種です。

  • Wi-Fiサービス
  • LTEオプション
  • グローバルIPアドレスオプション
  • 常時安全セキュリティ24
  • @nifty 優待サービス

一つずつ説明していきますね。

Wi-Fiサービス…無料

au Wi-Fi SPOTを無料で使えるオプション。

LTEオプション…1,005円/月

WiMAX 2+とau 4G LTEを併用して利用できるLTEオプション。

グローバルIPアドレスオプション…96円/月

インターネットに接続時にグローバルIPアドレスを割り当てるオプション。

常時安全セキュリティ24…500円/月

シマンテックとカスペルスキーのセキュリティ技術を使ったセキュリティオプション。

通信そのものとパソコンやスマホなどのセキュリティをカバーできます

最初の3カ月は無料で使えます。

@nifty 優待サービス

レジャーやエンタメなどさまざまなサービスや商品を会員向けに特別価格で安く提供される@nifty会員向けの優待オプションです。

最初の2カ月は無料になります。

このオプションに加入すると、WiMAX料金が200円割引されます。

料金プランと違約金について

女性比較

料金プランは2種類のみ

料金プランは2種類しかありません。

  • 使い放題の「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」
  • 月間7GB制限付きの「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」

です。

 

WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題 「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」
料金 登録初月=0円
翌月から2カ月間=3,420円
4カ月目以降=4,100円
登録初月=0円
2カ月目以降=3,420円
@nifty月額料金 250円 250円

 

「WiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題」の利用料ですが、登録初月は無料。

翌月から2カ月間は3,420円(2018年2月28日まで)、4カ月目以降は4,100円となっています。

これに@niftyのプロバイダー料金250円がかかるので、実質4,350円です。

もし、光回線などのプロバイダーに@niftyを利用している場合は、プロバイダー料金がかからないので、月額4,100円となります。

「WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割」は登録初月は無料、2カ月目以降3,420円です。

これに@niftyのプロバイダー料金250円がかかるので、月額3,670円となっています。

こちらも光回線などで@niftyを使っている場合は月額3,420円になります。

どちらもauのスマホを使っていれば「auスマートバリューmine」に加入することで、auのスマホ料金が安くなります。

違約金について

違約金ですが、どちらのプランも共通です。

1年目の解約で19,000円、2年目の解約で14,000円、3年目以降は9,500円かかります。

高額な違約金はどこも一緒ですね。。。

こちらも表にまとめてみました。

解約時期 変更・解除手数料
1年目(1カ月目~12カ月目) 19,000円
2年目(13カ月目~24カ月目) 14,000円
25カ月目 0円
3年目~4年目(26カ月目~48カ月目) 9,500円
49カ月目 0円
5年目以降(50カ月目以降) 9,500円

5年目以降(50カ月目以降)も24カ月ごとに自動更新され、契約更新月に変更・解除した場合のみ無料となります。

「@nifty WiMAX」のメリットとデメリット

女性スマホ

では「@nifty WiMAX」を選ぶとどんなメリットがあるんでしょうか。

「@nifty WiMAX」のメリット

本家のUQコミュニケーションズのWiMAXに比べて使用料金が少し安いことです。

登録初月が無料になるのもお得ですね。

使い放題のプランであれば、(2018年2月28日までのキャンペーンですが)登録から4カ月目まで安く使えるのもうれしいところです。

端末代金も初回購入限定で1円で入手できるし、UQが2,800円かかることを考えると格安ですね。

また、プロバイダーの中でも大手でかつ古くからサービスをやっている会社なので、信頼できるプロバイダーと言えるところもあります。

「@nifty WiMAX」のデメリット

老舗で大手のプロバイダーですが、加入手続きはオンラインです。

対面契約に比べれば説明不足なところは否めません。

@niftyに限った話ではありませんが、ホームページを見ると昔のプランやサービスが残っていて、今の話と矛盾しているところが見受けらることがよくあります。

ユーザーにしてみると、これは電話して聞かないとわからないのでその辺は不便でしょう。

また、250円のプロバイダー料金が別途かかるのも引っかかるところです。

固定回線でも@niftyを使っていれば無料ですが、ほかのWiMAXプロバイダーではプロバイダー料金は別途課金されないので、なんだか損した気分になっちゃいます。。

あと、料金プランがシンプルなのはメリットなのかも知れませんが、逆に言うと選択肢が2つしかありません。

長期契約で安くしたいとか1年プランにしておきたいという人は選べませんからね〜。

「@nifty WiMAX」に向いてる人はどんな人?

スマホを持つ女性

まず、オンライン契約に抵抗がない人ですね。

安くWiMAXを使いたいけど、よくわからないプロバイダーは信用できないという人。

こんなタイプの人には知名度も高く実績もある「@nifty WiMAX」は向いているんじゃないでしょうか。

プロバイダーによっては料金プランをいろいろ用意しているところがありますが、とりあえず面倒なことは考えたくない、ややこしいことは嫌、という人にも向いているかも知れませんね。

「@nifty WiMAX」はオススメ出来る?

女性パソコン

 

本家のUQコミュニケーションズや大手量販店系のプロバイダーサービスに比べると、安くWiMAXを使うことができます。

しかも、オンライン契約ながらも信頼できる大手のインターネットプロバイダーなので、安心感もあります。

初心者でもわかりやすい料金プランの設定や、対応端末が新し目の3機種限定となっているのも好感が持てますね。

もう少し安く使えるWiMAXプロバイダーや、キャッシュバックで大盤振る舞いのプロバイダー、いろいろありますが、料金は少し高めでも安心感を持って契約し使いたいという人にはおすすめできるプロバイダーサービスでしょう。

WiMAXプロバイダーはたくさんありますが、料金やサービス、キャンペーン内容も少しずつ異なり、ちょっとした違いが分かっていないと損をしてしまう可能性があります。

料金、使用期間、サービスなど、自分の使い方にあったWiMAXプロバイダー選びができるといいですね。

この記事を読んでくれたあなたも、快適なネット生活ができますように!

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, プロバイダー, ポケットWiFi