S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

日本橋高島屋S.C2018年9月オープン!テナント・レストラン・アクセス情報

   

2018年秋「日本橋高島屋S.C」が誕生します!

日本初の重要文化財である本館を残し、新たに2つの新館の建設が進んでいるところです。

どんなお店がはいるの?アクセスは?駐車場は?

など、現時点でわかっている最新情報をお届けしていきますね。

スポンサーリンク

AdSense

オープンはいつ?

まだはっきりとした日にちは発表されていませんが、2018年の9月頃を予定しています。

わかり次第追記していきますね。

日本橋髙島屋S.Cとは?

現在、日本橋では「日本橋再生計画」が進められています。

今回の日本橋髙島屋S.Cの開業は、その計画の一環。

“日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業”と称されています。

この再開発により、現在の日本橋髙島屋に新たな2つの新館を加えたものが、「日本橋高島屋S.C(日本橋髙島屋ショッピングセンター)」として生まれ変わる予定です。

  • 施設名称:日本橋高島屋S.C(S.Cはショッピングセンター)

再開発で3つの街区に整備される

再開発では主にA/B/Cの3つの街区が整備されることになっています。

A街区:「太陽生命日本橋ビル」

竣工予定は2018年1月。

建物自体は地上27階建て地下5階。

この建物の4階、5階に「日本橋高島屋S.C東館」が入ります。

百貨店と専門店のほかはオフィス・エネルギーセンター・駐車場が入ることになります。

B街区:「現・日本橋高島屋」

竣工予定は2019年2月。

規模は地上8階/地下3階。

今後は「日本橋高島屋S.C本館」になります。

今まで通り百貨店として多くの人でにぎわいのある場所となるでしょう。

さらに屋上には「日本橋グリーンテラス」という都内最大級の緑豊かな屋上庭園が2019年に完成予定。

百貨店に来た人だけでなく、ビル高層部のオフィスワーカーや周辺住民も利用できるオープンスペースです。

いろいろなイベントも実施される予定です。

自然の少ない場所では、気持ちをリフレッシュさせることが大切ですよね。

たくさんの人の癒しの場になるのではないでしょうか。

C街区:「日本橋高島屋三井ビルディング」

竣工予定は2018年6月。

3つの中では最も大きな地上32階地下5階建てになります。

日本橋高島屋新館として地下1階から地上7階までに商業施設が入店予定。

ほかはオフィスが入るようです。

全体の規模はどのくらい?

全体像はこちら。

それぞれの街区の規模を一覧にしてみました。

敷地面積 延床面積 階数 店舗面積 店舗が入店する階
A街区
日本橋高島屋S.C東館
2,991㎡ 58,084㎡ 地上26階
地下5階
約2,000㎡ 地上4,5階
B街区
日本橋高島屋本館
8,364㎡ 80,659㎡ 地上8階
地下3階
約46,000㎡ 地上8階~地下3階
C街区
日本橋高島屋S.C新館
6,024㎡ 143,372㎡ 地上31階
地下5階
約17,000㎡ 地上7階〜地下1階

日本橋髙島屋S.Cは本館を中心に、新館、東館、2015年開業のウォッチメゾンによる4館体制になります。

  1. 本館
  2. 中央通り側の開発地区(C街区)の低層部(新館1階~7階)
  3. 昭和通側の開発地区A街区の低層部(2018年春に先行開業)
  4. 2015年東館4,5階に開業した「ウォッチメゾン」

4館すべてで店舗面積66,000㎡の巨大商業施設が誕生します。

本館と新館、本館と東館は各々2本の連絡ブリッジと地下道で接続されます。

コンセプトは?

日本橋高島屋S.C全体のコンセプトは「美しい暮らしスタイル」を発信する店。

高島屋がずっと大切にしてきた「暮らしの提案」を、時代に合わせ日本橋高島屋S.Cから発信していくというものです。

更に新館には”「日本橋生活者」のための場を提供”というコンセプトが設けられています。

日本橋を生活の拠点とし、暮らしを楽しむ「日本橋生活者」が、職場でも家でもない居心地のよいスペースと自由な時間を楽しめる場所を提供したいというもの。

このような時間を過ごすには日本橋グリーンテラスがピッタリなのかもしれません。

再開発と連動した日本橋高島屋の整備

新館を建てるということだけではなく、地元の再開発と連動して日本橋高島屋も少し変わる点があります。

日本橋ガレリア(仮称)の設置

本館と新館の間にある区道284号線が都市計画により歩行者専用道路になります。

そのため、道路に大屋根が設置されます。

区道沿線が路面店化すれば、今までの百貨店メインターゲットだったシニア世代だけでなく20代から40代の幅広い世代が見込まれるのではないでしょうか。

ちなみにガレリアとは屋根のある商店街や歩行者専用道路のことをいいます。

まだ名称は決定ではないので、きっとおしゃれなものになるのでしょうね!

歩行者ネットワークの整備

東京メトロ銀座線のコンコース拡張のために地下広場ができるようです。

そして、新館と本館の間に地下区道を設置し銀座線のコンコースから東館の地下を経由すれば都営日本橋駐車場にいくことができる地下歩行者ネットワークができあがります。
そのため本館では、地下鉄利用者の地下鉄駅玄関を移設することになります。

ユニバーサルデザインの新しい玄関へと生まれ変わり、お天気の悪い日もこれで心配ないですね!

先にも触れた日本橋グリーンテラスも、この整備の一環で行われます。

駐車場、車寄せの整備

新館と東館の地下には駐車場が設けられます。今までよりもさらに利便性が高まりますね。

また、2019年春には本館東側地上に車寄せを設けVIP車両のお出迎え、タクシーの乗降が敷地内でできるようにして、周辺道路の混雑の改善につなげるようです。

テナントは?

今の所、ユニークというネイルサロンが出店する事が決まっているようです。

まだほとんど正式発表がされていませんが、現時点でわかっている事を記載していきますね。

新館は半分が食関連のテナントになる予定?

日本橋は老舗百貨店である日本高島屋をはじめ「日本橋三越」、「東急百貨店」の跡地には「コレド日本橋」などが建つお買い物の街でもあります。

日本橋高島屋は今回の新店舗で今までのシニア世代に加え、若い世代にも利用してもらえたらと考えているようです。

今、新店舗の誘致で考えているのは「食」を前面に打ち出そうというもの。

もちろん、ファッションにおいては今まで同様にハイセンスなブランドを取り揃えていくことは間違いないにして、今後は食関連のテナントの充実を図っていく計画です。

新館6階と7階をレストランフロアに

新館6階と7階をレストランフロアにして、地下1階は総菜などの食品を販売します。

まだどんなお店が入るのか分かっていませんが、「おいしいもの」に期待が高まります。

ポケモンセンターも誕生

3月14日にポケモンセンタートウキョウDX(ディーエックス)&ポケモンカフェが誕生しました。

オープン記念として「ピカチュウ日本橋でお買い物チュウ!」キャンペーンが実施され、多くの人でにぎわいました。


トートバッグ、マグカップなどのほか記念缶に入った和洋菓子まで約40種類のアイテムと、70種類の日本橋高島屋オリジナルグッズの販売やイベントも好評のうちに終えたようです。

日本橋に1号店が開業した1998年から、今ではポケモンストアを含めると全国で25店舗に
なりました。

隣接するカフェを含めれば店舗面積は約400坪。

ポケモンセンター史上最大面積になります。

店内はゆったりしており、買い物もしやすい印象です。

入口では等身大のカビゴンやピカチュウが出迎えてくれていて、エントランスでは今までの懐かしい映像が歴史を振り返らせてくれる演出。

店内の壁には9カ国の言語に対応したタッチパネル式のポケモン図鑑が登場します。

日本のみならず世界中での人気の高さを物語っているようですね。

限定グッズも充実。

日本橋ならではの「ぬいぐるみ火消し姿のピカチュウ」(税抜き2,000円)をはじめ、日本橋高島屋の周辺の地図がすごろく風にデザインされたものなど自分にも、お土産にもよさそう。

なお、カフェは事前に予約が必要です。ホームページなどで確認してみてくださいね。

4月22日までの期間、オープン記念として、特別なポケモンをプレゼント!

ニンテンドー3DSソフト「ポケットモンスターサン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン」のいずれかのソフトに「にほんばれを覚えたカビゴン」と「ミックスオレを持ったピカチュウ」がもらえます。

「にほんばれを覚えたカビゴン」はポケモンセンタートウキョーDXだけなので是非ゲット
したいですね。

場所やアクセスは?

  • 住所:東京都中央区日本橋二丁目4-4-1

電車の場合

  • JR「東京駅八重洲北口」から徒歩5分

東京駅八重洲北口にある「大丸デパート」を背にして駅前の信号を渡る
→「さくら通り」という通りに沿って450mくらいで到着です。

  •  東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」B2出口
  •  都営地下鉄浅草線「日本橋駅」より徒歩4分

 

車の場合

駐車場はいつも混雑していることが多いようです。

入出庫には時間がかかるので時間に余裕をもってお出かけください。

また、このように日本橋高島屋のホームページにはリアルタイム駐車場案内がでているので参考にしてみてくださいね。

日本橋髙島屋の駐車場情報はこちら

無料バス

八重洲・京橋・日本橋地区を結ぶ無料巡回バス「メトロリンク日本橋」は東京駅重洲口と日本橋の南北を10分間隔で結んでいます。

毎日午前10時~午後8時まで

乗車場所は「八重洲北口」になります。

まとめ

日本国道路元標がある日本橋。

今では首都高が覆いかぶさっていて少し影に隠れた印象です。

そんな中、国土交通省と東京都はそれを地下移設しようと動き出している嬉しいニュースも。

そして洗練されたイメージのある丸の内エリア、月島や晴海地区には高層マンションが林立し今までとは少しちがう人の流れができ始めています。

「ひとが集まる日本橋」へとかわりつつある今、日本橋高島屋の都市型ショッピングセンター化に、これからの日本橋の未来がかかっているのかもしれません。

大いに期待していきたいですね。

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った