S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

グランシップ(GRAND SHIP)大船駅前に2021年春オープン!テナントなど最新情報をチェック!

   

大船駅前(神奈川県鎌倉市・横浜市)の駅前複合再開発プロジェクトの一部である商業施設グランシップ(GRAND SHIP)」が2021年の春オープンします。

大船駅前複合再開発は、1999年に準備組合が発足されて以来、約20年をかけて計画が温められてきました。

再開発エリアの総面積は約17,000㎡。広大な敷地の中に、商業施設、公園、高層マンション、バスターミナル機能のある駅前広場などが建設されています。

この記事では、グランシップ(GRAND SHIP)をメインに、施設概要、テナント、アクセス情報、オープン時期などを解説していきます!

施設概要について

それでは、早速施設概要についてみていきましょう。

グランシップ(GRAND SHIP)は、「大船駅北第二地区市街地再開発」という再開発事業の一部です。

この開発エリアは鎌倉市と横浜市の2つの市をまたいでいますが、横浜市側に位置している「北口(笠間口)」をメインに開発が行われています。

開発全体の概要

まずは、再開発全体の概要をみてみましょう。

施工者 大船駅北第二地区
市街地再開発組合
所在地 横浜市栄区笠間一丁目と
二丁目の一部
面積 約1.7ha
施設概要 駅前広場:約5,900㎡
自転車駐車場:約1,600台
施設建築物:延床面積 約65,600㎡
商業施設と駐車場:8階建て
都市型住宅:約253戸、
21階建て、高さ約75m
総事業費 約300億円

グランシップの概要

下記は、商業施設である「グランシップ(GRAND SHIP)」の施設概要です。

所在地 神奈川県横浜市栄区
笠間二丁目1777番(地番)
階数 地下1階〜地上8階
(駐車場5階〜8階)
テナント業種 スーパーマーケットなど

ブランズタワー大船の概要

そして下記は、隣接される住宅棟の高層マンションである「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」の施設概要です。

「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」は、「東京国際空港国際線旅客ターミナル」や「埼玉スタジアム」の設計を行った「梓設計」と、住宅業界のトップを走り続けている「東急不動産」によって開発が行われています。

施設名称 BRANZ TOWER
(ブランズタワー)大船
所在地 神奈川県横浜市栄区笠間
二丁目1777番(地番)
階数 地上21階地下2階
総戸数 253戸(権利者住戸26戸含む)
間取り 3LDK
敷地面積 8,837.96㎡
延床面積 65,044.56㎡
高さ 75m

建設地はoh!plaza(オー!プラッザ)の跡地

グランシップは、oh!plaza(オー!プラッザ)があった場所に建設されています。oh!plaza(オー!プラッザ)は、地上5階地下1階建てのショッピングモールでした。

oh!plaza(オー!プラッザ)の歴史は下記のようになっています。

  • 1976年4月 「ニチイ大船」として開業
  • 1995年頃 「大船サティ」になる
  • 2002年1月 「大船サティ」閉店
  • 2002年 oh!plaza(オー!プラッザ)開業
  • 2017年4月 oh!plaza(オー!プラッザ)閉店

また、oh!plaza(オー!プラッザ)には、下記のようなテナントが入居していました。

  • ヤマダ電機LABI大船店(家電量販店)
  • ライフ(スーパーマーケット)
  • ダイソー(100円均一ショップ)

開発中の「グランシップ」に、上記のテナントが再度入る可能性もありますね。

ブランドコンセプト(施設コンセプト) は?

「大船駅北第二地区市街地再開発」や「グランシップ」のコンセプトは、「」。新しい時代に向けて出航するグランドデザイン(全体構想)です。

船のイメージは下記のでデザインで表現されています。

光と陰影のデザイン

マンションの両壁面は、セイル(帆)に見立てられています。

バルコニーの手すりのガラスに半透明のグラデーションを施すことで、太陽の光を浴びながら、はためくセイル(帆)のイメージを表現しています。

水平線のデザイン

海の水平線をイメージし、施設には多くの直線デザインが用いられています。

水平線デザインは住宅や商業施設などさまざまな用途を持った複合施設に統一感を持たせる効果があり、大型建築物につきものの圧迫感も軽減させることができます。

流線型のデザイン

施設のメインデザインは水平線ですが、商業棟には船首をイメージさせる流線型デザインが採用されています。

曲線を使ったデザインを使用することで、優しい雰囲気になっています。商業棟は市街地と接しているので、圧迫感が出ないように工夫されたデザインです。

フロア構成は?

グランシップフロアグランシップは、高層ビルの低層階に位置していて、地下1階〜地上4階です。

今回建設される高層マンション「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」に住んでいる人であれば、雨が降っても重いものを買う場合にも気軽にお買い物をすることができますね。

交通機関を利用する必要や駐車をする必要もないので、とても便利です。グランシップ(デッキ)

また、「アトレ大船」や「大船ルミネウイング」が隣接していて、ペデストリアンブリッジ(横断歩道橋)でつながっているので、このエリアで必要なものは何でも揃うと言っても過言ではなさそうですね。

入居予定のテナントは?

グランシップには、スーパーや大型専門店など多彩なショップが入居予定となっています。

また1・2階には、三越伊勢丹グループの新規商業施設「FOOD&TIME ISETAN OFUNA」が出店することがあきらかになりました!

下記が現在発表されている入居予定のテナント一覧です。

フロア 店舗名 ジャンル
4階 オサラギ商事株式会社 事務所
すまいるおおふな保育園 小規模保育事業
3・4階 ヤマダ電機 家電量販店
3階 日能研 学習塾
2階 プロント カフェ&バー
店名未定 飲食
店名未定 焼き肉レストラン
1・2階 FOOD&TIME ISETAN OFUNA 飲食・食物販・
物販・サービス
1階 スターバックス
コーヒー
カフェ
湘南薬品 ドラッグストア
B1階 ライフ スーパーマーケット

テナント詳細が発表され次第、情報を更新します!
なお、「FOOD&TIME ISETAN OFUNA」のみ2021年夏のオープン予定となっています。

BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船について

ブランズタワー

グランシップに隣接するかたちで建設される高層マンション「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」

BRANZ(ブランズ)とは、東急不動産の住宅ブランドで、「人生を極める住まい」をコンセプトに全国に住宅を展開しています。

BRANZブランドの住宅は、建物や内装のデザインや品質にこだわりがあるのはもちろんのこと、サポート体制にも力を入れているのが特徴です。

例えば、工事の進捗情報や部屋ができあがるまでの過程をウェブサイトでチェックできたり、トラブルが起こった場合に24時間365日問い合わせができる電話があったりなどです。

アクセス情報(駐車場情報)について

下記は「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」までのアクセス情報なので、徒歩時間は少し変わってくる可能性があります。

ちなみに「グランシップ」と「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」はつながっています。

また、情報を得次第更新します!

  • JR東海道本線・JR横須賀線・JR湘南新宿ライン・JR根岸線 「大船」駅 徒歩1分
  • 成田エクスプレス「大船」駅 徒歩1分(住宅棟入口まで徒歩3分。笠間口よりペデストリアンブリッジ利用)
  • 湘南モノレール 「大船」駅 徒歩4分
  • 富士見町駅 徒歩16分

オープン時期は?

商業施設「GRAND SHIP(グランシップ)」のオープンは2021年の7月を予定しているということです。

また、マンションである「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」は2020年の12月に完成し、2021年の2月頃引渡しが開始されるようです。

大船駅前複合再開発のスケジュールを表にまとめてみました。

2014年2月5日 都市計画決定
2015年1月23日 組合設立認可
2016年7月 権利変換計画認可
2016年12月 建設工事着工
2020年12月 工事完了(予定)

BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船のスケジュール

建築竣工 2020年12月下旬(予定)
引渡し開始 2021年2月下旬(予定)

まとめ

この記事では、大船駅前複合再開発の一環である「GRAND SHIP(グランシップ)」や「BRANZ TOWER(ブランズタワー)大船」の開業日やコンセプトなどについて解説しました。

住まい、スーパーマーケット、ショッピングモールがすべてあるので、この敷地内ですべての用事が済んでしまいます。

多くの路線のターミナル駅となっている大船駅。たくさんの人で賑わうショッピングモールになりそうですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東・甲信越