S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

流山おおたかの森S・C FLAPS(フラップス)2021年春オープン!テナントは無印良品やフライングタイガーなど!

   

千葉県流山市おおたかの森にて「流山おおたかの森S・C FLAPS(フラップス)」の開発が進行中です!オープンは2021年春の予定!

流山市の都市計画事業名は「新市街地地区一体型特定土地区画整備事業」で、同プロジェクトの街区は「A3街区」になります。

このプロジェクトは、株式会社高島屋の連結子会社である東神開発株式会社が推進しているものです。

地域密着のコミュニティとサステナブルな地域社会づくりを実現すべく、流山おおたかの森駅や周辺の整備も同時に行われるということです。

この記事では、流山おおたかの森S・C FLAPSの施設概要、施設コンセプト、入居予定のテナント、フロア構成などを紹介します。

施設概要について

それではまず施設概要についてみていきましょう。

施設名称 流山おおたかの森
S・C FLAPS(フラップス)
所在地 千葉県流山市
おおたかの森南1丁目
敷地面積 2,900㎡
延床面積 11,300㎡
構造 地上6階+屋上階
設計・
デザイン監修
株式会社マウントフジ
アーキテクツスタジオ
一級建築士事務所
施工 株式会社フジタ

流山おおたかの森S・C FLAPSの「S・C」はショッピングセンターの略です。

入居するテナントと運営する企業が不動産賃貸契約を結び、複数の店舗が入居する商業施設のことを指します。

設計やデザインは、世界的に有名な設計事務所である「株式会社マウントフジアーキテクツスタジオ」が監修しています。

株式会社マウントフジアーキテクツスタジオについて

株式会社マウントフジアーキテクツスタジオは、2004年に原田真宏氏と原田麻魚氏によって設立された設計事務所

建築デザインの他にも東北震災の復興都市化計画やプロダクトデザインなど幅広く活動を行っています。

代表作は、

  • XXXX
  • Tree house
  • PLUS
  • 海辺の家
  • 知立アフタースクール
  • 道の駅ましこ
  • TRUNK HOTEL

などです。

手掛けたほぼすべての作品が国内外の賞を受賞している事実からも、世界的に高い評価を受けていることが分かります。

今回の建築もどのようなものになるのか楽しみですね。

ブランドコンセプト(施設コンセプト) は?

流山おおたかの森S・C FLAPSのコンセプトは、

毎日に「便利・遊び・楽しさ・にぎわい」を

です。

洗練された自然体な暮らしの中にも、遊び心を忘れない生き方を提案することが目的。

施設で使用する電力は、100%再生可能なエネルギー由来のもので、サステナブルな地域社会を作っていくということです。

メインターゲットは子育て世代なので、入居テナントも子育て世代に寄り添った店舗で構成される予定です。

施設のイメージは?

流山おおたかの森S・C FLAPSはグレーカラーで統一され、洗練された雰囲気です。

また各階のテラスに多くの緑を配置することで、グレーでも冷たさを感じさせないデザインになっています。

施設とつながっている南口都市広場も緑化やステージ設置が進行中で、にぎわい作りが進められています。

設計当初は下記のようなイメージパースが公開されていましたが、新しいイメージパースを見ると、少しデザインが変更されたようですね。

フロア構成は?

流山おおたかの森S・C FLAPSのフロア構成は以下のようになっています。

階数 用途
6階 サービス
5階 サービス
4階 飲食ゾーン
3階 アパレル、
雑貨などの物販
2階 アパレル、
雑貨など
1階 グロサリー、
物販、
カフェなど

それでは各階の概要を紹介していきます。

6階:サービス

最上階の6階には「ポーネルンド あそびのせかい」が入居します。

「ポーネルンド あそびのせかい」は株式会社読売ランドが運営する遊び場で、親子で室内遊びを楽しむことができる施設です。

コンセプトは、「あそぶことは生きること」。子どもがのびのびと遊び育つ場所を提供することが目的になっています。

遊び場には世界の遊び道具のショップが併設されるので、今まで知らなかった遊びを発見し新しい体験を得ることができる場所にもなっています。

5階:サービス

5階は暮らしを豊かに彩るサービスフロア。子どもやママ向けのサービスや店舗がそろったフロアになる予定です。

4階:飲食ゾーン

4階は飲食店が集まるフロアになります。

一人でゆっくりしたい時、ママ友とお茶やランチをしたい時などに気軽に利用できる店舗で構成される予定。

「サード・プレイス」的場所作りを目指すということです。

サード・プレイスとは?

「サード・プレイス」とは、生活において必要とされる場所の中の「第三の場所」を指します。

「第三の場所」と併せて「第一」と「第二」の場所も紹介します。

ファースト
プレイス
第一の居場所。
主に自宅。
セカンド
プレイス
自宅以外で長時間
過ごす場所。
職場や学校など。
サード
プレイス
自宅や学校以外で
リフレッシュできる
居心地の良い場所。
カフェ、公園など。

サードプレイスは、仕事が終わって自宅に帰る前や休日に軽い息抜きができたり、新たなやる気を生む交流ができるような場所です。

社会的立場を気にせず楽しめ、人間関係に縛られることなく、常連との刺激的な交流はあるという気軽な遊び場。

ストレスの多い現代社会では、自分を癒し元気にする場所が必要ということから、「サード・プレイス」という概念が生まれました。

流山おおたかの森S・C FLAPS4階の飲食ゾーンは、主に子育てを頑張るママの息抜きや他のママとの交流の場となりそうですね。

3階:アパレル、雑貨などの物販

3階は洋服や雑貨を購入できるフロアです。子育てファミリーのライフスタイルに寄り添うアパレル店舗や雑貨のお店で構成される予定です。

2階:アパレル、雑貨など

2階には「無印良品(ムジルシリョウヒン)」が入居します。

無印良品は、

  • 着心地の良いウェア
  • 多国籍で素材にこだわった食品
  • 使い勝手が追求されたステーショナリー・雑貨・家具

など暮らしに必要なものがすべてそろうお店です。

シンプルで機能的なデザインは、1980年(昭和55年)に発売されて以来多くのファンを魅了し続けています。

現在では日本だけでなく世界中で店舗展開。海外では「MUJI」というブランド名で親しまれています。

大人向けだけでなく、子ども向けの洋服や雑貨もそろっているので、子育て世代にもぴったりのお店ですね。

1階:グロサリー、物販、カフェなど

1階には、

  • Daily Table KINOKUNIYA(デイリーテーブルキノクニヤ)
  • Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)

が入居します。

それでは、それぞれのお店を簡単に紹介します。

Daily Table KINOKUNIYA(デイリーテーブルキノクニヤ)

Daily Table KINOKUNIYAは、株式会社紀伊國屋が運営する「ベーカリーカフェ併設型グローサリーストア」。

スーパーマーケット紀伊國屋の新たな業態で、首都圏で多数の店舗を展開しています。

「〜もっと毎日の暮らしに〜」をコンセプトに、毎日の食事で活躍する商品や、本格的なおいしさを簡単に味わえる商品が取りそろえられています。

紀伊國屋ならではの質の良い食材や商品を購入することができます。

またスーパーマーケットにはカフェが併設されているので、お買い物の前後にひと息つくのもいいですね。

Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)

Flying Tiger CopenhagenはZebra Japan株式会社が運営するファンライフスタイル雑貨ストアです。

発祥は北欧デンマークのコペンハーゲン

スカンジナビアらしいカラフルなデザインやユーモアが散りばめられたデザインは、見ているだけでも楽しい気分になります。

価格もお手頃なので、ついつい色々なものを買ってみたくなるお店です。

ちなみにスカンジナビアとは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの3カ国を指します。

これにフィンランドとアイスランドを加えた5カ国が「北欧」と呼ばれています。

流山おおたかの森駅周辺のまちづくりについて

流山おおたかの森駅周辺では、2004年夏に東神開発株式会社(高島屋の連結子会社)が開発事業に着手して以来、さまざまな開発が行われてきました。

これまでの開発の経緯と今後の開業予定は以下のようになっています。

2004年夏 「新市街地地区一体型
特定土地区画整理事業」に着手
2007年3月 流山おおたかの森 S・C
(約140店舗) 開業
2007年11月 TX グランドアベニュー
おおたかの森
(13店舗)開業
※2018 年運営会社取得
2013年3月 NAGAREYAMA おおたかの森
GARDENS ハナミズキテラス
(10 店舗)開業
2014年3月 流山おおたかの森 S・C
ANNEX1 (7店舗)開業
2015年4月 NAGAREYAMA おおたかの森
GARDENS こもれびテラス
(4店舗)開業
2018年11月 こかげテラス(13店舗)開業
2021年春 流山おおたかの森S・C FLAPS
(フラップス)開業予定
2021年秋 NAGAREYAMA おおたかの森
GARDENS アゼリアテラス
開業予定
2022年夏 流山おおたかの森 S・C ANNEX2
(アネックスツー)開業予定

2020年現在すでに多くの商業施設が「流山おおたか駅」周辺で営業しています。

2021年春には、本記事で紹介している流山おおたかの森S・C FLAPS(フラップス)開業。その後も、

  • NAGAREYAMA おおたかの森 GARDENS アゼリアテラス
  • 流山おおたかの森 S・C ANNEX2(アネックスツー)

という2つの商業施設がオープンする予定になっています!

入居予定のテナント一覧

流山おおたかの森S・C FLAPSに入居するテナントで明らかになっているものは下記の4店舗となります。

店舗名 ジャンル
フライング タイガー
コペンハーゲン
ファンライフスタイル
雑貨ストア
無印良品 アパレル・雑貨
デイリーテーブル
キノクニヤ
ベーカリーカフェ併設型
グローサリーストア
ボーネルンド
あそびのせかい
アミューズメント・玩具

上記の店舗の他にもファミリーで楽しめる専門店が約30店舗入居する予定です!

詳細が発表され次第、情報を更新していきます!

アクセス情報(駐車場情報)について

流山おおたかの森S・C FLAPS(フラップス)へは、電車・車・バスにてアクセスできます!

電車でアクセスする場合

電車でアクセスする場合は、

  • つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」
  • 東武線「流山おおたかの森駅」

で下車します。

施設と駅南口で直結しています!

車でアクセスする場合

車でアクセスする場合は、

  • 国道6 号線より旧日光街道入口を「流山おおたかの森」方面
  • 国道16 号線より若柴交差点を「流山おおたかの森」方面

になります。

バスでアクセスする場合

バスでアクセスする場合は、

  • 東武バス 西柏03、06 系統「流山おおたかの森駅東口」下車
  • 東武バス 西柏07 系統・南流02 系統「流山おおたかの森駅西口」下車
  • 京成バス 流01、02、03 系統「流山おおたかの森駅西口」下車
  • グリーンバス 西初石、美田・駒木台、松ヶ丘・野々下の各ルート「流山おおたかの森駅西口」下車

となります。

オープン時期は?

流山おおたかの森S・C FLAPSは2021年春にオープンの予定です!

まとめ

この記事では、流山おおたかの森S・C FLAPSの施設概要、施設コンセプト、入居予定のテナント、フロア構成などを紹介しました。

流山おおたか駅の周辺はすでに「流山おおたかの森S・C」などの商業施設が多数存在し、今後も3つの商業施設のオープンが予定されています。

一大商業施設となりつつある「流山おおたか駅」周辺から目が離せませんね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東・甲信越