S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

サンストリート亀戸跡地に大型複合施設!2022年夏開業!プラウドタワー亀戸クロスの情報も!

   

東京都江東区亀戸のサンストリート亀戸跡地に、大型複合施設が誕生します!オープンは2022年夏予定!

プロジェクト名は「KAMEIDO PROJECT(カメイドプロジェクト)」で、マンションである「プラウドタワー亀戸クロス」大型ショッピングセンターなどが建設される予定です。

この記事では、サンストリート亀戸跡地・大型複合施設の施設概要、施設コンセプト、大型ショッピングモールに入居予定のテナントなどについて紹介していきます。

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設の施設概要について

まずはじめに、サンストリート亀戸跡地プロジェクトである「KAMEIDO PROJECT」の施設概要を紹介します。

プロジェクト
名称
KAMEIDO PROJECT
(カメイドプロジェクト)
所在地 東京都江東区亀戸六丁目
31番1ほか(地番)
交通 JR総武線「亀戸」駅徒歩2分
敷地面積 22,989.26㎡
(24,823.24㎡※小学校増築敷地1,833.98m²含む)

次に、複合施設内の住宅棟「プラウドタワー亀戸クロス」の施設概要を紹介します。

施設名 プラウドタワー亀戸クロス
所在地 東京都江東区亀戸六丁目
31番1他9筆(地番)
交通 JR総武線 「亀戸」駅 徒歩2分
総戸数 934戸
階数 地上25階、地下2階建て
敷地面積 24,823.24㎡
(※小学校増築敷地1,833.98㎡含む)
専有面積 29.74㎡〜138.44㎡
(トランクルーム面積0.59㎡〜7.67㎡含む)
竣工 2022年1月下旬 (予定)

▶プラウドタワー亀戸クロス 公式サイト

最後に、新設される大型ショッピングモールの施設概要と、閉館した「サンストリート亀戸」を比較しながら紹介します。

サンストリート亀戸は2016年3月31日に閉館し、その跡地に今回の大型商業施設がオープンします。

大型ショッピングモール サンストリート亀戸
延床面積 約58,000㎡ 約37,855㎡
店舗面積 約28,000㎡ 約20,800㎡
店舗数 約150店(予定) 約50店
階数 地上6階、地下1階 地上2階、駐車場棟5階
駐車場/
駐輪場
約300台/
約1,200台
約410台/
約700台

大型商業施設の店舗数は、サンストリート亀戸の約3倍になる予定のようですね!

KAMEIDO PROJECT(カメイドプロジェクト)とは?

KAMEIDO PROJECTは、亀戸の地域課題を解決し、さまざまなコミュニティの形成などを目指す「地域共生」をテーマにしたプロジェクトで、サンストリート亀戸跡地に大型複合施設をオープンします。

複合施設には、サンストリート亀戸の商業機能をスケールアップした大型ショッピングモール、住宅棟である「プラウドタワー亀戸クロス」、誰でも自由に利用できる広場などが建設されます。

また、敷地内には隣接する区立第二亀戸小学校の増築を見越した土地が確保され、「商業・住居・広場・学校」が一体となった施設となります。

生活の利便性を向上させる施設が少なく、児童数が増加する亀戸の街づくりに大きく貢献するプロジェクトとなりそうです。

施設コンセプトは?

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設の施設コンセプトは、「住・商・広場・学が一体となった街づくり」で、下記が大きな軸となっています。

  • 街に開かれた広場
  • エコで災害対策も万全の住宅棟「プラウドタワー亀戸クロス」
  • 地域共生型の大型ショッピングモール
  • 隣接小学校へ増築用地提供・住宅棟内に保育施設

それでは、ひとつずつ詳細をみていきましょう。

街に開かれた広場

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設内には、下記の3つの設置されています。

  • プラザ
  • 横丁エリア
  • 芝生エリア

プラザ

プラザは大型ショッピングモールに隣接し、道路に面した広場です。

外部から人が入ってくる場所で「施設の顔」のような存在。奥に続く横丁エリアに誘導するように樹木が植えられる予定ということです。

横丁エリア

横丁エリアは大型ショッピングモールと住宅棟の間、プラザを通り抜けたところに位置しています。

亀戸の下町風情を楽しめる店が建ち並んでいるため、にぎわいのある空間となりそうです。

芝生エリア

芝生エリアは、多くのみどりに囲まれたリラックス空間です。

地域の人の交流の場となるように、ベンチなども設置されるようです!

また、森の中の広場にはイベントなどに使用されるステージも設置されます。

エコで災害対策も万全の住宅棟「プラウドタワー亀戸クロス」

複合施設内の住宅棟「プラウドタワー亀戸クロス」は、地上25階 地下2階建ての高層マンション。

省エネ設計で環境に優しく、災害対策もしっかり施されているので安心です。

間取りは1R〜4LDKまで。一人暮らしから家族での入居まで対応しています。

空調システムには、セントラル方式の空調システム「床快 full(ゆかいふる)」を導入。

住居全体を1年中24時間快適な温度に保つという、日本ではまだあまり見かけないシステムです。

また、ガスによる発電システム導入や水害に備えた防潮板の設置など災害時の対策もばっちり。

さらにマンションの大規模改修の頻度を少なくするために、寿命の長い部材や工法したエコな建物でもあるんです。

22階には「空の間(そらのま)」という住居者専用ラウンジがあり、大型ショッピングモールとは、4階のデッキで繋がっています!

床快 fullとは?

床快 fullとは、野村不動産株式会社の分譲マンションに導入され始めた空調システムのことです。

今までの空調システムであれば、エアコンをつけた部屋以外は寒いのが当然だったと思いますが、床快 fullは365日24時間、住居全体を快適な温度に保ってくれるというシステムです。

リビング、寝室、トイレ、廊下などすべてです!

二重床を通して住居全体にエアコンの風を送るセントラル方式の空調システム、高断熱化、効率が良いヒートポンプエアコン、全熱交換型換気が採用されていて、下記のようなメリットがあります。

  • 熱中症のリスクを少なくする
  • エアコン操作が不要
  • 長期外出中にペットがいる室温を気にしなくてよい
  • 花粉やほこりを8割カット
  • 省エネ

プラウドシリーズでは「プラウドタワー亀戸クロス」が初の導入になります。

ちなみに、「床快 full(ゆかいふる)」という名前は、床からの心地よい空気で住戸全体(full/ふる)がいつでもどこでも快適になり、みんなが健康で笑顔になる暮らしになる、ということに由来しているそうです。

地域共生型の大型ショッピングモール

大型ショッピングモールのコンセプトは、「LIVE UP! Park」。

高い日常利便性の実現、ライブ感があることで毎日でも通いたくなる施設を目指しているということです。

下記のような施設が入居予定です。

  • 大型スーパーマーケット
  • 食物販の専門店「地域No.1″食”市場」
  • (仮称)カメ横フードホール

テナント数は、約150店舗になる予定です!住居棟「プラウドタワー亀戸クロス」とは、4階のデッキで直結しています。

Perfumeもライブを行ったサンストリート亀戸の跡地に建設

大型商業施設は、イベントの聖地と呼ばれた「サンストリート亀戸」の特徴を引き継ぎ、街と人をつなぐ施設となるようです。

「サンストリート亀戸」といえば、Perfume(パフューム)が下積み時代に頻繁にライブを行なっていた場所としてもファンの間では有名でした。

その頃(2003年)、Perfumeのメンバーはまだ中学3年生(14歳)!毎週土日にイベントをしていたそうです。

今では世界中にファンを抱えるPerfumeにも、こういう時代があったんですね。

隣接小学校へ増築用地提供・住宅棟内に保育施設

KAMEIDO PROJECTに隣接する区立第二亀戸小学校は、23区の中でも転入数が多く、児童数が増え続けているということ。

そのような状況を考慮して、プロジェクトから小学校に増設用地が提供されました。2022年度に共用が開始される予定です。

また、住宅棟の「プラウドタワー亀戸クロス」の2階と3階には、保育施設が設置されます。

ただし、この保育施設は入居者専用の施設ではなく、入居者の通園が優先保証されるものではないということです。

施設イメージは?

大型複合施設は、来訪者がくつろげるみどりいっぱいの広場が多く配置されています。

住居棟である「プラウドタワー亀戸クロス」は、日本の伝統建築をモチーフにしたデザインが印象的。エントランスや外観にも用いられている格子のようなデザインが粋(いき)です。

大型ショッピングモールは、ダーク系の壁面と光がたっぷり差し込むガラス張りの組み合わせで、落ち着いた中にも活気のある雰囲気を醸し出しています。

入居予定のテナント一覧

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設のショッピングモール内に入居予定のテナントは発表されていませんが、公式ウェブサイトの情報によると、下記のような業種の店舗が入居するようです。

  • スーパーマーケット
  • 菓子店
  • ファッション
  • クリニック
  • 各種サービス
  • 教室
  • カフェ
  • レストラン
  • ドラッグストア
  • 雑貨店

店舗名などの詳細については、情報を入手次第更新していきます!

フロア構成は?

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設内の構成は以下のようになっています。

また、大型ショッピングモールは地下1階〜4階までさまざまな店舗が入居します。

下記は、ショッピングモールフロアの概念図なので、店舗の配置は実際と異なります。

アクセスと駐車場情報

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設までの電車または車でのアクセス方法を紹介します。

電車でアクセスする場合

電車でアクセスする場合の最寄り駅は、JR総武線亀戸駅です!

東口から出て施設までは徒歩2分!とてもアクセスが良いです。

また、亀戸駅は都心に近いのも特徴。東京駅まで10分、秋葉原駅には直通8分で到着できます。また新宿駅とも直通20分なので便利ですね!

車でアクセスする場合

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設は、東京と千葉を結ぶ京葉道路に面しています。

首都高速を利用する場合の降り口は、「錦糸町I.C.」。インターチェンジから施設までは約1.3km、約2分で到着できます。

駐車場について

大型商業施設の駐車場には、以下の台数の車両を駐車することができます。

  • 駐車場……約300台
  • 駐輪場……約1,200台

オープン時期は?

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設のオープンは、2022年夏の予定です!

ちなみに、区立第2亀戸小学校共用開始は2022年度、保育施設完成は2022年春(開園時期未定)の予定になっています。

まとめ

サンストリート亀戸跡地・大型複合施設の施設概要、住居棟「プラウドタワー亀戸クロス」、大型ショッピングモールなどについて紹介しました。

テナント数が約150店舗の大型ショッピングモールに、どのような店舗が入居するのかが楽しみですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東・甲信越