S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

レゴランド名古屋の入場料金や場所と隣接商業施設メーカーズピア

   

lego-186034_960_720
2017年4月1日(土)、名古屋に日本初のレゴランドがオープンします。

現在は着々と工事が進んでいるようで、地元名古屋でも話題にあがる事が増えてきました。

私自身、5歳と2歳の子供がいるので、非常に楽しみにしている1人です!

「東京のTDL、大阪のUSJ、名古屋にはレゴランド!」と言われるレジャー施設を目指しているんだとか。

確かに名古屋にはまだTDLやUSJに並ぶテーマパークは無いですもんね。

でも、TDLやUSJは大人向けな部分も多く、2歳の息子を付けて気軽に行ける感覚のスポットではありません。

もちろん移動距離もありますしね。

その点、子供をメインターゲットにしているレゴランドが地元にできるのはとっても嬉しい!

そんなレゴランドについて、アクセスや入場料・施設の概要など、現時点で明らかになっている最新情報をまとめました!

スポンサーリンク

AdSense

レゴランドとは?

お台場や大阪には「レゴランド・ディスカバリー・センター」という屋内型の施設が既に存在しています。

でも、「レゴランドJAPAN」は日本初上陸。

聞いたことはあっても、どんな施設なのか、まだ詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

レゴランドとは、ご存知おもちゃのレゴブロックを販売するLEGO社が開設したテーマパークです。

世界中にあるレゴランド

レゴランドは1968年にデンマークで初開設され、現在世界中に6箇所存在しています。

日本初上陸でも、既に歴史は長いテーマパークなんですね。

これまで国内でも、千葉の幕張で招致活動がなされていた様ですがこちらは叶わず

今年の10月にドバイにも開設されるので、今回名古屋は世界7カ国8カ所目の展開となります。

既に開設しているレゴランド

  • レゴランド・ビルン・リゾート(デンマーク)
  • レゴランド・ウィンザー・リゾート(イギリス)
  • レゴランド・カリフォルニア・リゾート(アメリカ)
  • レゴランド・ドイツ・リゾート(ドイツ)
  • レゴランド・フロリダ・リゾート(アメリカ)
  • レゴランド・マレーシア・リゾート(マレーシア)

今後の開設予定地

  • レゴランド・ドバイ・リゾート(UAE)
  • レゴランド・ジャパン・リゾート(日本)
  • レゴランド・コリア・リゾート(韓国)
  • レゴランド・シャンハイ・リゾート(中国)

今後はアジアにも続々とできる予定なんですね。

 

どんな施設なの?

レゴランドはどんなことがアトラクションがあるテーマパークなのでしょうか?

名古屋のレゴランドの規模は?

現在、名古屋市港区の金城ふ頭にて建設が進められています。

ポートメッセのある辺りですね。

総面積は約13ha。

東京ドームふたつ分にあたります。

これを2つの区域に分け、先行して約9haの1期区域で工事を始めています。

約4haの2期区域は「ポートメッセなごや」の第1展示館跡地に建設予定です。

第2区域は、2019年に着工し、2021年に供用する予定。

オープンしてから4年後にまた第二弾が出来上がる様なかんじですね。

ちょっと落ち着いた頃にまた新しいアトラクションが増えるっていうのはいいですね。

総事業費は実に320億円!

ただ敷地面積の13haは、レゴランドとしては世界最小規模なのだとか。

言っても土地の高い名古屋ですからね。

そこは仕方ない。

メインターゲットは?

2歳〜12歳の子供を持つファミリーがターゲットだそうです。

先程も言ったとおり、東京ディズニーランド・USJに続く「国内3大屋外型テーマパーク」になるのではないかと期待されています。

目玉の1つ!ミニランド

miniland_01
7つのエリアに分かれているレゴランド。

その目玉の1つが「ミニランド」

2500万個のブロックを使って、国内の象徴的な建物や普段見慣れた街の風景が再現されるようです。

見渡す限りの景色がレゴで出来た日本!

画像は海外のミニランドの様子ですが、決して子供だましではない迫力ですよね。

osaka-miniland

こっちは大阪のミニランドに展示された大阪城の模型です。

名古屋ならではという事で、22万個以上のブロックで作られた名古屋城の模型も展示予定。

レゴランドに子供を連れていくなら、その前に名古屋城には絶対連れていってあげようと思っています。

本物を見てから、ブロックで出来たそっくりのお城を見たら、より楽しめる気がするんです。

ブロックで遊ばせる事も多いので、実際の建物や乗り物を見て、「自分でも再現してみよう!」なんて発想に結びついたらいいですよね!

創作意欲を刺激してくれるといいな。

因みに名古屋城周辺も再開発が予定されていて、金シャチ横丁なるものができるのです!

こちらについてもまとめたので、興味がある方は是非読んでみて下さいね!
金シャチ横丁2018年3月開業テナントや場所は?最新情報

レゴならではの知育アトラクションも!

bricktopia_01レゴランドには、教育的な要素を含んだアトラクションが設けられています。

これはその他のテーマパークにはなかなか無い特徴ですよね。

レゴ社の商品であるプログラミングロボット教材の「MINDSTORMS」幼児向けデュプロを使って遊びながら自然に学べるエリアが用意されているのです。

流石は老舗のおもちゃ屋さん!

Bricktopia(ブリックトピア)というエリアでは、ミニカーをレゴブロックで組み立て、組み立て方で速度がどう変わるかなんてことも学べるようです。

もちろん絶叫アトラクションもある!

knightskingdom_01
こども向けとは言え、レゴランドはテーマパーク。

もちろんジェットコースターなどの絶叫アトラクションもあります!adventure_01

 

アドベンチャーエリアではレゴダイバーの一員になって、ファラオの盗まれた宝物を探しにいく旅にでます。

パーク内を走る列車やボートやゴーカートも全てレゴブロックで作られていてカワイイ!

これは大人の私達の方が興奮してしまうかもしれないですねー。

レストランはあるの?持ち込み可能?

もちろんテーマパークに欠かせない飲食店や物販店なども出店されます。

東京にある屋内施設の「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」だと、飲食物の持ち込みは出来ないらしいのですが、名古屋はその辺りどうなんでしょうね?

既にオープンしている海外のレゴランドのレストランは、内容の割に値段が高い様です。

そこはやっぱりテーマパーク価格。

TDLやUSJと同様といった感じですかね。

大人だけでも入園可能

2歳〜12歳を対象としたレゴランドですが、もちろん大人だけでの入場も可能です。

園内にはレゴで出来た街や列車やボートにゴーカートなど。

見渡す限り、LEGOの世界。

個人的にはディズニーのキャラクターよりもずっと心をくすぐられます。

knight’s kingdomというエリアにはジェットコースターもあるし、大人も一度は行ってみたいですよね。

入場料は?やっぱり年パスがお得!

7月15日(金)に、入場料が正式発表されました。

1DAY 年間パス
大人 ¥6,900 ¥17,300
子供 ¥5,300 ¥13,300

上記は税込み価格です!

年間3回以上行く人にとっては年パスもお得ですよねー。

個人的にも迷うところ。

因みに子供料金の対象は、3〜12歳です!

営業時間は?

レゴランド名古屋の営業時間は公式には発表されておりません。

ただ、採用情報に記載されているスタッフの勤務時間が「8:00〜22:30」となっています。

ここから推測すると、おそらく9:00〜21:00かな?というところでしょうか。

発表次第掲載します!

プレビューデーに入園する方法!”1st to PLAY”とは?

既にオープンがとても楽しみなレゴランドですが、開園当初は相当な混雑が予想されます。

オープン前のプレビューデー(2017年3月18~21日)に一足早く入りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プレビューデーとは、“1ST TO PLAY年間パスポート”という数量限定の年パスを購入した人だけが招待されるプレオープンのようなものです。

しかし、調べてみた所、“1ST TO PLAY年間パスポート”は9月末で販売終了しておりました。

残念!!!

所在地とアクセスは?

レゴランドの住所・行き方・駐車場について紹介します。

所在地

名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地

最寄駅

あおなみ線・金城ふ頭駅

※名古屋からの特急を走らせる計画もあるんだとか。

駐車場

約5,000台収容の大型立体駐車場建設予定

レゴホテルも建設予定!

日本に先駆けて2012年にオープンしたマレーシアでは、

年間来場者が200万人!

海外から観光に訪れる人も多く、当初の来場予定の倍にも昇る大盛況みたいですね。

日本でも国内外の来客を見越して、レゴランドホテルの建設計画がなされている様です。

imgres-6

このレゴランドホテルがまたかわいい!!!

レゴブロックで遊べるスペースはもちろんのこと、エントランスや柱まで、全てレゴでできてるんです。

お部屋にはそれぞれテーマが設けられていて、エジプトだったりスターウォーズだったり、レゴでお馴染みの世界観に沿って作られています。

ちゃんと女の子向けのに作られたお部屋もあるみたいです。

プールにもレゴがふんだんにあしらわれていて、ホテルの中もレゴランドの延長としてめいっぱい楽しめちゃう!

近所に住んでいても是非一度は泊まってみたいです。

デンマークのホテルは宿泊料に朝食ビュッフェが含まれて大人二人+子供二人で¥40,000〜という感じです。

日本の宿泊料が気になるところですね。

隣にメーカーズピアも同時オープン!

只今、レゴランドの真横に、「メーカーズピア」という物販や飲食店の入った複合施設が建設中です。

Maker’s Pier(メーカーズピア)とは、「職人の埠頭」という意味。

その名の通り、店内は名古屋の有名飲食店に加えて、自分でお菓子や麺類を作れる体験コーナーなど計50店舗のテナントが入る予定です。

子供にとっては体験型の施設は嬉しいですよね。

うちの子も、竹馬作りとか、キーホルダー作りとか、連れていってあげるとすっごく喜んでくれます。

そもそも子供の為に出かける場所なので、子供が喜んでくれるのが一番!

営業時間などの概要はこんな感じです。

【営業時間】 午前9時00分~午後9時00分
【住  所】愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目7番1
【敷地面積】 24,000㎡
【店舗面積】8,139㎡
【駐車場】513台

気になるのは中に入るテナントですよね。

現時点でわかっているものを紹介していきます!

飲食店

店舗名 業態
カレーハウスCoCo壱番屋 カレー
サガミ 和食レストラン
だるまうなぎ うなぎ料理
奥山安蔵商店 シーフードレストラン
OKONOMIYAKI LABO BOTECO お好み焼き
串家物語 串揚げ
FABRIKS ハンバーガー
みのりカフェ・グリルみのる カフェ
ミルキッシモ ジェラート
果汁工房 果琳 フルーツジュース
ハートブレッドアンティーク スイーツ
エビスゴーゴーカフェ カフェ
THE BROOKLYN CAFE カフェ
セガ スイーツブッフェ&ゲーム
PaPaビアレストラン 手作りソーセージや地ビールのブッフェ

名古屋名物のココイチが入るんですねー。

愛知県発祥の言わずと知れたカレー専門店です。

愛知県東海市に本店があるスイーツのアンティークも出店が決まっています。

イオンなどのショッピングモールにもあって、今では名古屋を代表するスイーツの1つ。

お土産にはとってもおすすめです。

最初に食べた時、自分含めみんな感動してましたからね!

サガミではそば作りの体験ができるコーナーを設けるようです。

メーカーズピアの飲食店は、どこも一般的なショッピングモールなどにはいっているお店と変わらない値段設定。

 

例えば上の表にある、PaPaビアレストラン。

伊賀の里モクモク手づくりファームが運営しているビアレストランです。

手作りソーセージやサラダ・パン・地ビールなどが楽しめるブッフェスタイルで、

料金は今ある伊賀の店舗の料金を調べてみました。

大人 1,944円(税込)
小学生 1,080円(税込)
幼児3歳~ 648円(税込)

一般的なブッフェレストランと変わらない価格ですよね。

テーマパーク内のレストランは先程も言ったとおり少し値段設定が高い傾向があります。

食事だけは安くメーカーズピアで済ませるなんて事が出来るのはありがたいですよね。

飲食店は今のところわかっているのは以上です。

また情報が入り次第、追記していきますね。

次に物販のテナントを紹介していきます。

物販

店舗名 業態
KAMMI-BAR お菓子ギフト作り
スワンキーマーケット ファンシー雑貨
ヨロズマート 妖怪ウォッチ公式ショップ
食品サンプル創作館 さんぷる工房 サンプル作り
株式会社タオル美術館 タオル販売
北斎グラフィック 和傘
kinari ガラス細工
香源 お香・線香など
カトージ ベビー用品
teniteo SHOP 子供雑貨・アンテナショップ
杉養蜂園 蜂蜜販売・キャンドル教室

やっぱり子供連れに向けたお店が多く見られます。

KAMMI-BARは、ショッピングセンターに入っている駄菓子の吉田商店を経営している株式会社スマイルリンクが運営する新業態です。

子供がイラストを書いたパッケージに、金平糖や飴など、自分で選んだお菓子を詰めてお土産のギフトが作れるようです。

杉養蜂園ではみつろうキャンドルの体験教室も開かれる予定です。

まだまだ未発表のテナントがあるので、今後も随時更新していきますね。

まとめ〜子供にとって良い教育って何だろう?〜

レゴランドは子供を中心としつつ、大人にとっても子供心を思い出させてくれる演出に富んだ、国内初のレゴブロックによる大型テーマパークです。

隣のメーカーズピアと合わせて、一日中楽しめるスポットになりそうですね。

子供たちにとって日常的に馴染みのあるレゴブロック

特定のキャラクターが存在しない分、予備知識がなくても全力で楽しめるのも魅力じゃないかなと思います。

名古屋には水族館や動物園など、子供と楽しめるスポットは沢山ありますが、全国的に「名古屋の顔」となるには少し弱い印象だったので、新しい名古屋の観光名所となっていって欲しいですね!

知育要素もふんだんに取り入れられているので、遊びながら学びの意欲も刺激してくれるのはありがたいです。

「今の子は自分で考える事が出来ない」なんて言われていて少し悲しいですが、今後の教育はプログラミング教育の必修化やロボット教室の拡大など、「考える力を育てる」事が大きなテーマになってきます。

安倍総理が今後の教育方針として明言しているのでそれは間違いなさそうです。

自分の子供たちにも、楽しみながら自然に学べる環境を用意してあげられたらとよく考えます。

イヤイヤやらせるのと、楽しみながらじゃ大違い。

レゴブロックで遊びながら自然に勉強が出来ているなら、一石二鳥ですよね。

先程のロボット教室は、ブロック遊びのように、ロボットを組み立てながら自然と理科の知識や自分で考える力が学べると話題の習い事です。

私の姉は小学校の教員をしていますが、実際に通われているお子さんも多数いらっしゃるようで、子供達の勉強への意欲が上がったと聞き、自分の子供の習い事にも検討しています。

こちらについて詳しくまとめた記事がありますので、お子さんの勉強や習い事、遊びについて、同じようなお考えをお持ちの方は是非読んでみて下さい☆

超オススメ!ヒューマンのロボット教室体験の感想と月謝

実際に無料体験まで行ってきましたが、非常に楽しかったです!

教室の実際の様子がわかる動画もあるので、貼っておきます!

どんなものなのか知りたい方は是非こちらも見てみるといいと思います。

参考になれば幸いです☆


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った