S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

ソフトバンクiPhoneを格安SIMに乗り換え!おすすめMVNO

   

のんままのおすすめ格安SIM情報【2017年2月最新版】

imgres

〜現在SoftBankのiPhoneやアンドロイドを使用している方向けの記事です〜

”格安SIM・格安スマホ”が話題になっていますね。

SoftBankなど大手キャリアのスマホ代が高い分、料金が半額〜1/3になると聞けば需要があるのも納得。

私も「スマホ代が安くならないかなー…」と思うことは多いんです。

節約を考えた時、やっぱり毎月出ていく出費を抑えるのが一番確実で手っ取り早い。

でも電気・ガス・水道は、利用量をひかえるくらいしかできません…。

そうなると次に見直したいのは、スマホやネットの料金なんですよね。

最近は一通りMVNO(格安SIMや格安スマホを販売している会社)の料金やサービスを意識して調べるようにしています。

この記事では、現在、SoftBankのiPhoneやSoftBankで購入したスマホ端末を使っている人が、格安スマホに乗り換える場合、どんな選択肢があるのか。

そんな人へのオススメを紹介します!

スポンサーリンク

AdSense

格安SIMは、今のiPhoneがそのまま使えるの?

残念ながら、SoftBankのiPhoneは、6S以降しか格安SIMに対応していません。

それ以前の機種をお使いの方は、今の端末をそのまま使うことはできないのです。

auやドコモの端末であれば、それぞれそのまま端末が使えるMVNOが存在しています。

しかしSoftBankには無いのです。残念。

MNPには対応している為、今お使いの番号をそのまま格安SIMに引き継ぐ事は可能です。

※6S以降のiPhoneをお使いの方はSIMロックを解除できるので、どこのMVNOでも利用できます。

SoftBankユーザーにおすすめの選択肢3つ

やっぱりどうしてもスマホ代を安くしたい!

そんな人におすすめの選択肢は、

1.MVNOで格安SIMと格安スマホをセットで購入する
2.MVNOで格安SIMとiPhoneを購入する
3.MVNOで格安SIMだけ契約して、オークショーンやリサイクルショップでiPhoneを購入する

この3つです。

とにかく安くしたいなら1!

これらの選択肢の中で、一番毎月の支払いを安く抑えられるのは1です!

なぜなら、MVNOの販売する格安スマホの端末は、基本的にはiPhoneより安いものが多いからです。

一部に7万台の端末なども存在しますが、安い物は1万円台で購入できてしまいます。

「その分、粗悪な性能の端末なのか?」と思いきや、二万円台の端末がiPhoneとほぼ変わらない機能を持っていたりするのです。

格安スマホのコスパはホントに素晴らしい。

  • LINE
  • 通話
  • ネット検索
  • カメラ
  • 動画を見る
  • その他のSNS
  • その他のアプリ
  • 音楽を聴く

今現在このくらいの機能しか使っていない人は、格安スマホでも十分です。

カメラの画素も、iPhone以上の物が多々あります。

iPhoneって、当たり前のようにみんな持っているし、最新版が出れば機種変する人も沢山いますが、実はスマホ端末としてはとっても高いんですよね。

端末取扱数が一番多い楽天モバイル

スマホ端末の取扱数が一番多いのは楽天モバイルです。

1万円台〜7万円台と幅広く、性能と値段のバランスを見て選べる機種が沢山あります。

端末が安くなるキャンペーンも頻繁にやっているし、SIMカードとスマホのセット購入する人には楽天モバイルがおすすめです。

料金を比較!スマ放題ライト・ホワイトプランの人には楽天モバイルがおすすめ

現在、ソフトバンクのスマ放題ライトか、ホワイトプランを契約している人には、楽天モバイルがおすすめです!

確実に、今よりも月額料金が下がることは間違いなしです。

その理由を説明していきます。

【かけ放題比較】スマ放題ライトと楽天モバイル

SoftBankのスマ放題ライトは、5分以内の通話が回数無制限で無料。

楽天モバイルのかけ放題と全く同じサービス内容なのです。

だけど料金が大違い。

スマ放題ライトは1700円。

楽天モバイルのかけ放題は850円で付けられるのです。

これだけで1000円近い節約が可能。

そして楽天モバイルなら、5分以上通話した時の超過分の通話料金も格安。

スマ放題ライトが30秒20円かかるのに対して、楽天モバイルは半額の30秒10円です。

SoftBankのかけ放題は、基本料金とセットで二年縛りの契約になっていますが、楽天モバイルのかけ放題オプションはいつでも外すことができます。

楽天モバイルのSIMカード自体の最短契約月数は12ヶ月です。

SIMを契約したら1年以内は違約金が発生しますが、それ以降はいつでも解約出来ます。

キャリアのように、急いで更新月に解約しなきゃ!といった事もありません。

スマ放題ライトと楽天モバイルかけ放題の違いを一覧表にまとめました。

スマ放題ライト 楽天モバイルかけ放題
料金 1700円 850円
5分超過後の通話料金 20円/30秒 10円/30秒
最低契約月数 24ヶ月 オプション自体は無し
回線の契約は12ヶ月

ホワイトプランと楽天モバイル

ホワイトプランは基本料金が934円で、通話するごとに30秒20円課金されていきます。

楽天モバイルは、まず基本料金というものが取られません。

そして5分かけ放題のオプションをつけていなくても、「楽天でんわ」というアプリを介して発信した電話は、30秒辺り10円になるのです。

最低契約月数も、楽天モバイルなら半分の12ヶ月です。

違いを一覧表にまとめました。

ホワイトプラン 楽天モバイル
料金 934円 0円
通話料金 20円/30秒 10円/30秒
最低契約月数 24ヶ月 12ヶ月

なぜ楽天モバイルなの?

MVNOは多々ある中、なぜ楽天モバイルをおすすめしたか、その理由を説明します。

正直いうと、その他のMVNOでの5分かけ放題オプションをしているところはいくつかあります。

しかし5分超過後の通話料金が倍の20円だったり、海外の電波を使用しているため音声品質が悪かったりします。

その点、楽天モバイルは先程も言ったように30秒10円ですし、取扱端末も多いです。

全MVNOを比較した結果、楽天モバイルは端末の取り揃えや料金プランなどその他のコスパの面でも、とてもバランスが良かったのです。

その他MVNOと比較して楽天モバイルをおすすめする理由

おすすめの理由をざっと挙げてみます。

  • 取扱端末数が多い
  • 料金プランも業界最安値と同等
  • 端末保証がしっかりしている
  • MVNOなのに店舗が沢山ある
  • 毎月利用料に対してポイントが貯まる
  • 楽天カードで引き落としにすると、端末の分割手数料がかからない(通常は毎月手数料がかかっています)
  • 楽天カードの審査がかなり簡単
  • 楽天モバイルを契約している期間中、楽天市場でのお買い物ポイントが2倍になる
  • コールセンターの対応がとてもしっかりしていた!
  • 大手なのですぐに潰れない安心感がある

などなど、他社と比較した時に、独自のメリットが多々あるのです。

更に、楽天モバイルには「コミコミプラン」なるものもあります。

こちらは端末とかけ放題とデータ通信が全てセットになって1880円という更に格安のプラン。

毎月1880円で最新のスマホ端末が持ててしまうのです。

yoshiki がCMしているやつです。

こういったプランが打ち出せるのも、大手ならではですね。

楽天モバイルに関しては、まとめた記事がありますので、よかったら参考にしてください!

具体的に、楽天モバイルで契約すると毎月いくら支払うのかなど、詳しく説明してあります。

楽天モバイルのメリット・デメリット・キャリアと比較!おすすめはこんな人

 

まとめ

かなり長時間の通話をする人以外は、楽天モバイルを選んでおいて間違いないと言えます。

今までSoftBankで時間無制限のかけ放題プランに入っていた人も、5分以内で収まる事が多いなら、5分以内かけ放題プランにする事で大幅な節約が可能。

今なら初月無料のキャンペーンや、端末が安く変えるキャンペーンも行っているので、初期費用を安く抑えたい人にとってはチャンスですよ☆

公式サイトはこちら【楽天モバイル】



気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 格安SIM , , , , , , , , ,