S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

楽天モバイルのメリット・デメリット・キャリアと比較!おすすめはこんな人

   

のんままのおすすめ格安SIM情報【2017年1月最新版】

950x300_comicomiLINEや東京ガスの参入で、格安スマホという言葉をよく耳にする様になりました。

たしかにスマホ代って結構高いですよね。

私自身も何の疑いも無く毎月一万円が口座から引き落とされていってますが…。

これから、ほぼ永遠に払い続ける事を思うと、少しでも安くなるならそれに越したことはない。

しかし「MVNO(格安スマホや格安SIMを販売している会社)も数が多すぎるし、料金が本当にどのくらい安くなるのかわからないから」そんな理由で踏み出せない人もいるでしょう。

確かに全ての会社の料金比較は大変です。

利用者数が順調に増加しているのが楽天モバイル。

YOSHIKIのCMで気になった人もいるでしょう。

楽天モバイルの提供しているサービスのメリットとデメリット。

その他のMVNOと比較した時の内容や、楽天モバイルで得する人を具体的に紹介していきます。

スポンサーリンク

AdSense

楽天モバイルって?

楽天モバイルとは、楽天市場で有名なあの楽天が運営するMVNO。

格安スマホには珍しく全国各地に実店舗を持っていたり、大胆な料金プランを打ち出すなど、
大手が運営しているだけあって、安定感がある印象です。

楽天モバイルのメリット

選べる端末が多い!

取扱の端末数が非常に多く、数あるMVNOの中でもNo.1と言える品揃えです。

頻繁に割引キャンペーンもおこなっているので、それを使えば更にお得に購入出来ます。

同じ端末を販売するLINEモバイルなどと比較してみても、7000円〜10000円以上安くなっていました。

最新のiPhone7と変わらない、防水機能や高画質カメラを搭載した機種が、1万円〜3万円の間で購入する事ができます。

スマホをセットで購入すると、初期設定をしなくても使える!

格安スマホと聞くと、「面倒な設定があるんじゃ」と思いがちですよね。

実際使い始める前に、APN設定という操作が必要です。

操作自体はとても簡単なものですが、面倒に感じる人もいるでしょう。

楽天モバイルで端末とSIMカードをセット購入すると、この設定も全て終わった状態で端末が届きます。

あとはSIMカードを端末に挿入すれば、利用開始出来るのです。

分割払いが出来る

多くのMVNOも同じですが、24回の分割払いで端末を購入できます。

LINEモバイルは一括のみなので、それと比較した時には初期費用が安く抑えられますね。

端末補償がある

自社で販売したスマホ端末に対しては補償サービスも充実しています。

料金は毎月500円。

楽天モバイルの端末補償はメーカーで対象外となる「自損」や「水濡れ」にも対応しているのです。

スマホ端末は交換での対応。

新品に交換してもらえます。

交換の際の費用は4000〜7000円。

端末によって違ってきます。

この辺りの詳細は、もしも端末が壊れてしまった時に必ずサポートセンターに連絡するので、その際確認するといいでしょう。

私も問い合わせしましたが、楽天モバイルのコールセンターはとても知識豊富で対応が丁寧です。

親切に教えてくれると思いますよ!

一応こちらでも機種ごとの交換負担費用を紹介しておきます。

負担金額7,000円の機種

HUAWEI P9、VAIO Phone Biz、HUAWEI Mate S、Xperia J1 Compact、AQUOS SH-M01、ZenFone 2 64GB/4GB、YOGA Tablet

負担金5,000円の機種

honor 8、arrows M03、AQUOS mini SH-M03、Ascend Mate7、honor6 Plus、ZenFone 2 32GB/4GB、AQUOS SH-RM02、ZenFone Selfie、ARROWS M01、ZenFone 2 32GB/2GB、ZenFone 2 16GB/2GB、MeMO Pad7、LaVie Tab S

負担金4,000円の機種

P8max、Y6、ZTE BLADE E01、HUAWEI P9 lite、ZenFone Go、arrows RM02、arrows M02、P8 Lite、Desire 626、ZenFone2 Laser 16GB、ZenFone 5、ZenFone2 Laser 8GB、Liquid Z330、Ascend G620S、MediaPad T2 7.0 Pro、ASUS ZenPad 10(Z300CNL)、Aterm MR03LN、Aterm MR04LN、Aterm MR04LN RB、Aterm MR05LN

端末の分割手数料を0円に出来る

スマホ端末を24回の分割支払いにした時、クレジットカード会社に毎月分割手数料を支払う事になります

しかし楽天モバイルなら、楽天カードを引き落とし先にする事でそれを0円にする事が可能。

これは他社に無い楽天ならではのサービスといえるでしょう。


MVNOはほぼクレジット払い

格安スマホを販売するMVNOは、ほぼ大半の会社が支払い方法をクレジットカード一択にしています。

楽天モバイルもその1つ。

そして楽天カードは審査が通りやすいクレジットカードで有名なのです。

楽天スーパーポイントが貯まる

しかし他社と違うのは、オリジナルブランドである楽天カードを発行している事ですね。

楽天カードを支払い先にする事で、先程の分割手数料以外にも、楽天スーパーポイントが貯まる特典が受けられるのです。

この楽天スーパーポイントは毎月のスマホ利用料の100円に対して1ポイント貯まります。

この貯まったポイントは、楽天市場でショッピングをする時に1ポイント1円として利用可能です。

翌月のスマホ代の支払いに充てる事も出来てしまうので、更にスマホ代の節約にもなるのです。

楽天モバイル契約中はずっとポイント2倍

楽天モバイルを契約している期間中ずっと、楽天市場でのお買い物金額に対してポイントが2倍になります。

ネットショッピングをよく利用される方にとってはポイントでお買い物が安くなるので嬉しいシステムですね!
楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

実店舗を持っている

数ある格安スマホの中でも、店舗を持つMVNOはまだまだ少ないのが現状。

そんな中で楽天モバイルは全国各地に沢山の店舗を構えています。

端末にトラブルがあった時、プラン変更でわからない事があった時、インターネット上でしか対応してもらえないのは不安という人もいるでしょう。

ショップが存在しているから実際に端末のデモ機を操作する事なども可能ですしね。

「楽天でんわ」を使えば通話料が半額

格安スマホの通話料は、ほぼ全てのMVNOが30秒20円です。

これにオプション等を付けて安くする方法を取っている会社はいくつか存在しますが、普通にかける分にはLINEモバイルも楽天モバイルもニフモもイオンモバイルもみんな同じ。

しかし楽天モバイルはオリジナルの無料アプリ「楽天でんわ」があり、このアプリを通して通話すると30秒辺りの通話料が10円になります。

無料アプリで半額に出来るのは嬉しいですね。

月額850円の「かけ放題」オプションがある

更に850円のオプション料金を支払う事で、5分以内の通話なら回数無制限で無料通話をすることが可能です。

こちらも「楽天でんわ」アプリを介しての通話が対象です。

「長い通話はLINEの無料通話で済ませられる人」
「だけどちょこちょこ固定回線への短い通話がある人」

そんな人には月額料金も安いし気軽にかけられるので便利なオプションですね。

通話品質がきれい

通話料金以外にも、通話品質の良さは楽天モバイルの大きな売りの1つでしょう。

NTTドコモの回線を借りて運営されているので、繋がるエリアも品質もドコモと全く同じなのです!

ほとんどのMVNOがNTTドコモの回線を借りているのですが、かけ放題になるとIP電話や海外の回線を介して安くする会社も存在します。

その点で言えば楽天モバイルはかけ放題でも音声品質がきれい。

普通にキャリアのスマホで会話しているのと同じです。

→公式サイトはこちら【楽天モバイル】

ネットの速度も早い

インターネット検索などのデータ通信速度も、全MVNOの中では早い方に分類されます!

UQモバイルが最速といわれているのでそれと比較した時には少しだけ劣る印象もあるかもしれませんが、よっぽどの混雑時でない限りは大丈夫。

多数のMVNOや3大キャリアのSIMで通信速度の比較を行ったところ、お昼のピーク時にドコモよりも速度が出た事もあったようです。

なので普通に日常的に使う分には特に支障も感じずにいるユーザーがほとんどのようですね!

決して安かろう悪かろうでは無いのです。

では楽天モバイルのデメリットは?

楽天モバイルのデメリットを挙げていきます。

キャリアメールは使えない

これは全MVNOに言える事ですが、「@docomo.ne.jp」「@i.softbank.jp」「@ezweb.ne.jp」これらのメールアドレスは使えなくなります。

LINEやSMS(ショートメール)がメインだった人は特に問題無いと思うのですが、今までメールアドレスを使って連絡を取っていた人は対策が必要です。

キャリアメールの対策方法は2つ!

1つは、GoogleやYahooのアカウントを作るとメールアドレスがもらえるので、それを代用する方法です

所謂「パソコンのメールのアドレス」を使っていく感じですね。

簡単にアカウントは作成出来ますし、スマホ画面上は特にキャリアメールとの違いも無く使えます。

絵文字が使えないくらいですね。

もう1つ!

楽天モバイルには、「楽天メール」という機能があり、無料のメールアドレス(@rakuten.jp)が利用できます。

Gmailやyahooのアカウントを作るのが面倒に感じる人にはおすすめです。

3G端末には対応していない

楽天モバイル以外の端末を使用する場合、3G専用端末は楽天モバイルのSIMカードを挿入しても使えません。

4G・LTEに対応した機種を用意する必要があります。

楽天モバイルで端末を購入するか、iPhoneなら5C以降が使えます。

速度制限がある

多くのMVNOやキャリアもそうですが、楽天モバイルのデータ通信は速度制限を設けています。

制限がかかるのは以下の2つの条件

1.月の上限データ容量を超えてしまった時

この場合、翌月1日まではネットの速度がノロノロの低速状態になります。

2.3日以内に規定のデータ容量を超えてしまった時

プラン名 3日以内の上限
3.1GBプラン 540MB
5GBプラン 1GB
10GBプラン 1.7GB

3日間で上記の容量を使った場合、午前4:00頃から翌日AM4:00頃までこちらもノロノロ低速状態に。

その制限期間中でも、繰り越し容量、高速通信容量、高速通信容量追加パックは消費されます。

動画の見過ぎや画像が多いHPの大量閲覧などは少し注意が必要です。

LINEやインスタなどのSNSはそれほどデータを消費しないので、毎日使う人でもあまり気にしなくてもいいくらいの設定です。

アプリで利用データ量が随時確認できる

3日制限のある楽天モバイルですが、自分のデータの利用状況をアプリで簡単に確認する事が出来ます。

「楽天モバイルSIMアプリ」です。

最初にログインするとその後はアプリを起動しただけで1ヶ月の利用量と三日間の利用量が確認出来るので便利ですね!

本当に料金は安いの?

さてさてここまでメリットとデメリットを紹介してきましたが、実際に今使っているスマホよりもどのくらい安くなるのかを検証していきたいと思います。

まず、楽天でスマホを契約した時に毎月かかる費用の項目は以下の通りです。

1.データ通信料
2.通話料金
3.各種オプション料
4.ユニバーサルサービス料
5.端末分割代金

1~5の合計が月々の請求額です。

最初の1ヶ月だけ、登録事務手数料として3,000円がかかります。

今なら楽天モバイルは、初回の1ヶ月分のデータ通信料が無料になるキャンペーンを行っているので、初期費用を抑えたい人はキャンペーン中のお申込みがおすすめです。

1.データ通信料

楽天モバイルのデータ通信料は、格安スマホ業界の中でも安い方といえる金額です。

他と比較しても最安値と100円程度の差で、楽天モバイルにしたから高い!という事はまず無いでしょう。

料金はどのタイプのSIMカードを選ぶか、データ容量はどのくらい必要かによって違ってきます。

SIMカード3タイプ

SIMカードは以下の3タイプから選択します。

  • データ通信のみのSIM(SMSなし)
  • 050データSIM(SMSあり)
  • 音声通話SIM

それぞれの違いは以下の通りです。

SIMの種類 SMS機能(ショートメール) 電話番号 通話機能
データSIM(SMSなし) 不可 なし 不可
050データSIM(SMSあり) 可能 あり 不可
音声SIM 可能 あり 可能

※050データSIMとは、050の始まりの番号が与えられるSIMカードです。
この番号を使って、Viberというアプリから電話をかける事が出来ます。
090始まりの番号ももらえますが、SMS専用で、電話の受発信は出来ません。

3種類のSIMカードがありますが、現在お使いのスマホと同じ機能をそのまま維持出来るのは音声SIMです。

データ通信料一覧

料金は以下の通り。

通話SIM 050データSIM(SMSあり データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円

楽天モバイルの音声SIMと3大キャリアを比較

ドコモ、au、ソフトバンクなどのデータ通信料と楽天モバイルの音声SIMのデータ通信料の比較はこちらです。

データ通信料比較

データ容量 docomo au softbank 楽天モバイル
2GB 3500円 3500円 3500円
3GB 4200円 1600円
5GB 5000円 5000円 5000円 2150円
10GB 8000円 8000円 9500円 2960円

データ通信料だけみても、キャリアの2GBの通信料楽天モバイルの3.1GBと比較して倍以上の設定。

5GBのプランだと月々2850円も節約が可能です。

2.通話料金

3大キャリアの通話料金は30秒あたり20円。

楽天モバイルは「楽天でんわ」という無料アプリを使えば半額の10円です。

3.オプション料(かけ放題オプション)

端末補償や留守番電話サービスなどのオプションは数百円なのであまり大きな差はありません。

大きく違ってくるのはかけ放題のオプション料金です。

かけ放題の料金を比較してみました。

docomo au softbank 楽天モバイル
5分以内無料 1800円 1700円 1700円 850円
回数時間無制限 2700円 2700円 2700円

楽天モバイルは3大キャリアの様な完全かけ放題は出来ませんが、5分以内の回数無制限かけ放題と比較するとだと2000円近く安いので、5分以内で収まる人にとっては料金を下げる事が可能です。

4.ユニバーサルサービス料

これはキャリアでもMVNOでも会社に関わらず、電話の1回線辺りに対して必ずかかってくる料金です。

回線1つに対して3円ととても少額なものです。

5.端末分割代金

キャリアからの乗り換えを検討した場合、安くなるのか否かを左右するのがこの端末分割代金です。

3大キャリアは2年縛りを付ける事で、月々の端末代を一部負担しているのですが、格安スマホにはそういった端末負担システムはありません。

では実際に楽天モバイルを契約した時に安くなる人を紹介します。

確実に安くなるのはこんな人

  • 端末の分割支払いが終了している人
  • 5分以内で通話が収まる人
  • 長電話の人とはLINEの無料通話で済ませられる人

これらの人たちは、楽天モバイルを契約した時にかかってくるのはデータ通信料とオプション料、通話料だけです。

お使いの端末が楽天モバイルの格安SIMに対応している人だったら、そのまま今の機種を使えます。

対応している端末はこちら

  • ドコモで購入したiPhone5C以降
  • ドコモで購入した4G・LTE対応の端末
  • SIMロックを解除した端末(ドコモ以外のiPhoneだと6S以降)

これらの端末をお持ちの人は、通話を5分以内で抑えられれば毎月の料金がかなりお安くなります!

具体的にいくらくらい安くなるの?

具体的な金額で比較したいので、今回は5GBのプランで試算しました。

請求項目 キャリア 楽天モバイル
データ通信料 5000円 2150円
かけ放題 2700円 850円
ユニバーサルサービス料 3円 3円
ネット接続料 300円 0円
合計 8003円 3003円

同じ5GBで毎月5000円も安くなります。

もしもキャリアの2年縛りの最中で違約金がかかったとしても、違約金は一万円。

2ヶ月でペイできてしまうのです!

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

端末の分割が終わっていなくても

もしも端末の分割が終わっていなくても、データ通信料とかけ放題の金額が圧倒的に安いので、端末のサポートを受けずにそのまま機種代を払っても十分に得する人もいます。

一度今の請求を確認してみて下さい。

その際に確認するのは、以下の点です。

  • 契約しているデータ容量
  • 端末の分割料金とその割引額・残りの支払い
  • 通話時間

コミコミプランなら端末代金も込みで1880円

また、今持っている端末が対応していない人や、初めてスマホを持つ人にとっては、コミコミプランもおすすめです。

コミコミプランは、

  • 端末代金
  • データ通信料
  • かけ放題

こちらの金額が全て含まれて1880円〜という破格のプラン。

対応端末も性能が良く、評判のいいようです。

コミコミプランについてまとめた記事はこちら

楽天モバイルコミコミプランはかけ放題なのに料金が1880円になる!

まとめ

楽天モバイルは、数あるMVNOの中でも安い料金設定になっています。

その他にも、

  • 端末補償
  • 音声品質
  • ネット通信速度
  • 取扱端末数と性能
  • 店舗によるサポート
  • 電話によるサポート
  • 楽天スーパーポイントが貯まるなどの特典

これらの点でとても高評価を受けているMVNOです。

大手ゆえ、すぐ潰れる不安も少ないでしょう。

  • 現在の端末支払いの分割料金がいくらなのか
  • 5分以内のかけ放題で収まるのか

この2点を確認してクリアー出来る人にとっては毎月の支払いが大幅に節約できるのでおすすめです。
【楽天モバイル】

どうしても固定回線やLINE通話以外の通話が長くなってしまう人には、その他のかけ放題をしているMVNOを検討するのもいいでしょう。

長時間のかけ放題が必要であれば、もしもシークスのかけたい放題が料金も安く、通話品質や繋がるエリアも優秀なのでおすすめです。

こちらに関して詳しくまとめ記事もありますので、よかったら読んでみて下さい!

もしもシークスの評判・かけ放題の通話品質を調査!

参考になれば幸いです。

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 格安SIM , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,