S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

LINEモバイルにかけ放題は?通話料金は3つの方法で節約

      2017/04/14

のんままのおすすめ格安SIM情報【2017年3月最新版】

こんにちは、のんままです。

格安スマホの情報を日々収集し続けている私。

今一番話題の格安スマホはLINEモバイルですよね。

10月1日からサービスを開始し、ユーザーも順調に増え続けています

今や「スマホユーザーが100%使っているアプリ」と言っても過言ではないLINE。

しかもSNSをどれだけ使ってもギガが減らない「カウントフリー」という独自のサービスが話題です。

この機会に乗り換えを検討している人も多数いらっしゃるのではないでしょうか?

そこで気になるのは通話料金ですよね。

かけ放題が付けられればいいなーと思う人も多いのではないでしょうか?

先日発表があり、2017年の初夏までには、かけ放題サービスをスタートさせるそうです!

つまり、LINEモバイルは、今のところかけ放題のサービスはやってないんですよね…。

ただ、ここでLINEモバイルを諦めるのはまだ早い!

既に今の時点で、大幅に通話料金を下げる方法は3つあります。

かけ放題のオプション料金を支払うより、安く済む人もいると思います。

LINEモバイルでの契約をお考えの方は是非参考にしてください!

また、他社と比較した時にLINEモバイルを選ぶメリットや、かけ放題に強いおすすめの格安スマホも紹介します。

スポンサーリンク

AdSense

LINEモバイルに乗り換える人続出中!評判は?

LINEモバイルは9月に記者発表があり、10月1日から正式にサービスを開始しました。

キャリアから格安スマホへの乗り換え需要が増え続けていますが、その中でもLINEモバイルは超話題ですよね。

私もLINEモバイルはずっと動向を観察していますが、実際に乗り換えした人達の声を聞いていても、サービスの品質もまずまず良い感じのようです。

あまり悪い評判が出てきません。

格安スマホは乗り換えて速攻で後悔する人も結構いますからねー。

通信速度に関して言えば今のところキャリア以上の速さがでています。

繋がるエリアも音声品質もドコモ回線を使っているからとてもキレイ。

注文してから届くスピードも速くて、注文後2〜3日で手元に届きます。

一番速い人で翌日だったというから、対応の速さも安心できますよね。

だけど通話料金が気になる

でも格安スマホに乗り換える以上、やっぱり月額料金が安くならないと意味が無いですよね。

LINEモバイルの通話料金は、30秒20円。

これは格安スマホの平均的な価格です。

というか、ドコモやauやSoftBankも、かけ放題に入っていない人は30秒20円なのです。

1分40円って結構高いですよね。

キャリアのかけ放題は3社とも2,700円。

これだけでも結構高い金額ですが、1分40円払うくらいなら、1ヶ月1時間以上話す人にとってはかけ放題の方が安く済んでいるわけです。

LINEモバイルの通話料金を下げる方法はこれ!

じゃあ3時間も4時間も通話するのか?というと、実際はそうでも無い人、沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

LINEモバイルはまだ「かけ放題サービス」は始まっていませんが、今から紹介する方法で大幅に通話料金を下げる事ができます。

そもそも高い通話料金を下げられれば、かけ放題のオプション料金よりも安い金額で長時間通話が可能になりますからねー。

1.LINE無料通話をフル活用する

IMG_8623これは既に使っている人も沢山いると思います。

LINEアプリをインストールしていて、「友だち」になっている人同士は、どれだけ長電話しても通話料は0円。

ただ、キャリアや他社の格安スマホはこの無料通話をしている間、ずっとパケット通信量を消費しています。

ギガ数が少ないデータプランで契約している人は、かけすぎると速度制限がかかってしまいます。

ここでLINEモバイルの強み。

もちろんLINE無料通話もカウントフリー。

データは消費されません!

着信に気づかない人は通知設定を見直してみよう

LINEの無料通話を使わない人の中には、「着信している事に気が付かないから面倒」と思っている人もいるようです。

実際、LINE無料通話でかけると出ない人が、普通に電話したら出てくれる事、私も時々あるんですよね。

そういう人は、スマホ本体と、LINEアプリの通知設定を再度確認してみて下さい。

iPhone側の設定

1,「設定」→「通知」→「LINE」を選択

IMG_8606

  • 「通知を許可」
  • 「通知センターに表示」
  • 「サウンド」
  • 「Appアイコンバッジ表示」
  • 「ロック画面に表示」

これらを全てONにしてあげて下さい。

「通知」を選択するとより通知がわかりやすくなります。

2,「設定」→「サウンド」で音量を最大にしておく

IMG_8607

LINE側の設定

「設定」→「トーク・通話」→「通話の着信許可」
ここをONにしておいて下さい!

IMG_8611

この方法で「友だち」同士の通話は完全に無料、データも消費せずに済みます。

では次に、「友だち」以外の人。

ガラケーや固定電話相手の通話料金を安くする方法を紹介します!

2.楽天でんわを使う

「楽天でんわ」というアプリを介して通話をすれば、通話料金が30秒10円になります。

固定電話やガラケーにも発信できますし、相手にはちゃんと自分の発信番号が通知されます。

実際に楽天でんわを使ってみましたが、音声品質は普通の電話とまったく変わらなかったです!

話していて、「これアプリ介してる?」なんてわかる人はいないと思います。

楽天でんわの利用方法

利用方法を説明します。

スクリーンショット 2016-12-22 14.55.25

1.web上で「楽天でんわ」を検索して、利用登録をする

スクリーンショット 2016-12-22 14.31.28その際、楽天会員の方はそのままIDとパスワードを使ってログインできます。

会員じゃない人はお申込みフォームから会員になって下さい。

2.申し込み内容を入力して確定させる

スクリーンショット 2016-12-22 14.35.49ここで電話番号を入力する事で、楽天でんわアプリを介した通話が30秒10円になります。

3.楽天でんわのアプリをインストール

無料アプリをインストールして、「楽天でんわを申し込まれた方」を選択したら利用可能になります。

IMG_8612

フリーダイヤル、ナビダイヤル、110番などの3桁番号には発信できません。

ただし、177のように先頭に市外局番を付加して発信できる電話番号の場合は、付加すれば発信することができます。
例)03177

というか、フリーダイヤルなら最初から無料通話だから普通に電話をかければ良いわけです。

面倒に感じるかもしれませんが、一度登録してしまえばその後は普通に電話をかけるのと何ら変わりなく、通話料金は半額になります。

申し込みには月額料金も一切かからないですし、登録自体もとてもシンプルなので、是非おすすめです!

3.LINE outを使う

もう1つ。

1番通話料金を安く出来るのがLINE out(ラインアウト)です。

これなら一番安いプランで対固定電話への通話料金は1分2円。

対携帯電話も1分6円まで下げる事ができます。

LINE outって?

LINE outとは、LINEが提供している発信専用の電話サービスです。

LINE outでは、あらかじめ決まった通話料金を、先にまとめ買いしておく方法を取っています。

プランは以下の2つ。

コールクレジットプラン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-5-03-23コールクレジットプランは、

・120円
・360円
・600円
・1200円
・3600円
・6000円

6段階のパックの中から選択して購入できます。

残高が無くなったら、その都度購入する事もできますし、
「オートリチャージ」と言って、残高が50円以下になったら自動的に設定金額がチャージできる機能もあります。

LINE STOREとAndroidアプリで購入した場合クレジットの有効期限は180日間です。

通話料金は以下の通りです。

かける相手 固定電話 携帯電話
1分あたりの通話料 ¥3 ¥14

通常の通話料金が1分40円なので、比較するとかなり安くする事ができます。

30日プラン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-5-03-33もう1つの30日プランは、

・120円
・390円
・720円

の3つの中から選択して購入します。
ただ、120円のパックは固定電話のみにしかかけられません。

固定電話にも携帯電話にもかけたい人は、390円か720円のパックから選択する事になります。

期限は購入から30日以内で、それを過ぎても残っていた残高は繰り越されません。

通話料金は以下の通りです。

プラン 対・固定電話 対・携帯電話
120円 2円/分 かけられない
390円/720円 6円/分 6円/分

対携帯電話だけで見ると、1分あたり14円のコールクレジットよりも、通話料金が安くおさまります。

ただ30日プランは、(120円/390円/720円)それぞれのパックが月に一回しか購入できません。

1月1日に390円パックを購入したら、次に390円パックを購入できるようになるのは2月1日。

それまでに使い切ってしまった時は、720円パックか、コールクレジットを購入してくださいね。

月の途中で720円を購入した場合も、期限はその購入から30日間です。

月末になると消えてしまうものでは無いのでご安心下さい。

390円で60分、720円だと120分の通話時間分。

対携帯電話への通話料は30日プランが一番安いです。

確実に1時間以上通話する人には30日プランがおすすめです。

固定電話への通話が多い人は、コールクレジットにするか、30日プランの120円パックがおすすめです。

120円で60分も通話出来ますからね!

いずれにせよ、LINEoutの通話料金は通常の通話料金よりも半額〜1/7近くまで下げる事ができます。

因みにLINEoutは、LINEアプリ内で簡単に購入する事が出来ます。

実際にこちらも使用していますが、普通の電話と全然変わらず使えています。

対ドコモ携帯だと非通知着信になってしまうので、そこだけがマイナスですかね。

バージョンアップされた事で、SoftBankやauの携帯には番号表示されるようになりました。

LINEの無料通話と併用していけば、かなり通話料金も抑える事が出来ます!

ではLINEモバイルを選ぶ事で確実に得する人ってどんな人なのでしょうか?

数ある格安スマホのサービスを比較した時、おすすめのポイントを紹介します。

他社と比較した時にLINEモバイルを選ぶメリットは?

カウントフリーでパケ代節約

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-16-1-53-15やっぱりLINEモバイルと他社を比較した時の一番のメリットは、カウントフリーですね。

LINE・Twitter・Facebook・instagramの利用料が多い人にとっては低速制限がかからないのは相当嬉しいですよね。

私もインスタグラムやTwitterをよく利用していますが、最近は動画がかなり多いです。

あれをポチっとする度にギガが減っていくと思うとちょっと躊躇してしまうところですが、気にしなくて良いのはかなり大きい!

そしてもしも決められたデータ容量を使いきったとしても、対象のSNSは絶対に速度制限を受ける事はありません。

3GBのプランで5GB使ってしまった月でも、SNSはサクサク快適な速さを維持してくれます。

これによって今より小さいデータ容量契約出来る人も増えるでしょう。

キャリアのデータ通信料は相当高いので、その分節約もできます!

LINEモバイルのデータプランについて公式サイトで詳しく見る

通信速度も速い

2017年3月現在LINEモバイルのデータ通信は、特にキャリアと大きな差を感じないくらいのスピードが出ています

少なくとも今のところ遅すぎて使い物にならないなんてことは一切ありません。

年齢確認が出来る唯一の格安スマホ

LINEを使う際の年齢確認ですが、これはキャリアの契約内容を元に確認を取っています。

だから格安スマホだと、「友だち」を追加する際のID検索ができないんですよね。

でもLINEモバイルだけは、これを可能にしています。

普段ID検索をよく使うひとは便利さを失わずメリットになるでしょう。

では次にどうしてもかけ放題を付けたい人へのおすすめを紹介します。

どうしてもかけ放題がいい!そんな人におすすめの格安スマホは?

通話料金を安くする方法は紹介しましたが、やっぱり今すぐかけ放題がいい人もいますよね。

5分以内で収まるならUQモバイルが一番節約可能!

そんな人は、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルは、KDDIが直接運営している子会社。

新しく始まった「おしゃべりプラン」は、5分間の通話が回数無制限で無料になります。

パケットの料金も、業界の最安値水準になっていますし、LINEモバイルより少し安くなるくらい。

節約モードを使えばカウントフリーにもできますし、最新端末が実質108円で買えるキャリアと同じく端末分割サポートもしています。

おしゃべりプランに分割サポートをつけると、

「最新端末」+「5分かけ放題」+「データ通信2GB」がついて、

月々のスマホ代は1980円になります!

かけ放題必須の人にとってはUQモバイルは確実に節約できるのでおすすめ!

通信速度も格安スマホの中では圧倒的。

2年連続で格安SIMアワードで最優秀賞を受賞するなど、値段だけじゃなくてサービスもかなり高品質な、安心の格安ブランドです。

→ auネットワークのUQモバイル公式サイトはこちら

【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル

1時間近い長電話が多い人にはワイモバイル

5分では収まらない人、長電話が多い人には、ワイモバイルをおすすめしています。

スマホプランSにスーパー誰とでも定額というオプションをつけると、何時間でも何度でもかけ放題になって、月々3218円までスマホ代が下がります!

もちろんこれはデータ通信・かけ放題・端末代を合わせた値段!

長時間通話が多いけど、料金が節約したい人には是非おすすめです。

→ Y!mobile公式サイトはこちら

まとめ

LINEモバイルのカウントフリーは他社にはあまり無い大きな魅力です。

サービス自体の評判も良く、今の所乗り換えて後悔しているといったような悪評も特にありません。

通話料金さえ安くなれば乗り換えたいと思っている人は、是非紹介した方法を使ってみて下さい!

一見めんどくさそうに感じるかもしれませんがとっても簡単です。

最初に登録してしまえばあとは今と変わらずスムーズに電話がかけられます

音声品質も私は全く問題なく使えているので、是非おすすめです☆

今後一生払い続けると言っても過言ではないスマホ代。

無駄な出費を少しでもなくす参考にしていただければ幸いです。

また、今後も最適な方法があれば、随時追記していきます!

→ LINEモバイル料金プランを公式サイトでチェック

注意!

SIMカードや端末が届いたあと、APN設定をする必要があります。

その際、wifiのネット環境が必要です。

ご自宅の回線や、ポケットwifi、あとはカフェなどのフリーwifiでもできます。

切り替えの際は、必ずスマホをwifiのネットに繋げられる環境を確保できるようにして下さい。

この記事が、皆様の参考になれば幸いです。


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - LINEモバイル, 格安SIM