S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

auユーザーのポケットWiFiはWiMAXがおすすめ?

   

どもです。auのiPhone 6Sを使っている、S8です。

最近は動画配信サービスも増えてきたり、Instagramも動画ばかり。

どんどん動画を観る機会が増えていますよね。

そんな時気になるのが、パケ死。

パケ死しちゃうと、ホントにストレスが溜まりますよね。。

そんなストレスフルなパケ死を回避するには、ポケットWiFi(モバイルWi-Fi)が一番です。

でも、

「どのサービスを選んでよいのか非常にわかりづらい。」

というのが本音ですよね。

この記事では、僕と同じauユーザーに絞って、パケ死を防ぐためにどのポケットWiFiを選べばよいのかをしっかりと解説していきます!

それではまずは、「そもそもポケットWiFiって何?」というところからいきましょう!

スポンサーリンク

AdSense

ポケットWiFiについて理解する

さて、まずはポケットWiFiについてご説明します。

おわかりの方は下のリンクから次の章に飛ばしちゃってください。

auはポケットWiFiを出しているのか?

まずはポケットWiFiの「ちょっと間違えやすい点」について書いていきますね。

「ポケットWiFi」はY!mobileの商標

意外と知られて無くて、実際に僕もちょっと困ったことがあったので、まずは軽く「ポケットWiFi」という商品について説明します。

「Pocket WiFi(ポケットワイファイ)」とは、本来はY!mobileの登録商標です。

実は僕は、これでミスっちゃったことがあるんです。

というのも、一度家電量販店でWiMAXの接客を受けてみようと思って、ヤマダ電機に行って

「ポケットWiFiについて検討してるんですけど。。。」

と相談したんです。

そしたら、「わかりましたーこちらへどうぞ!」という感じで、Y!mobileのカウンターに座らされちゃいました。

WiMAXの接客を聞きに行ったのに。

そして3人がかりでガッツリ接客されちゃいました(汗)

ということで、ポケットWiFiについて調べる時はそれを意識して情報収集してみてください。

僕達が普段「ポケットWiFi」と言っているものは「モバイルWi-Fi」という方が、より正確に表現できていると思います。

それでは次に、その「モバイルWi-Fi」とは何なのかを説明いたします。

モバイルWi-Fiとは、データ通信に特化した小型端末

モバイルWiFiは、スマホやパソコン、タブレットの「データ通信」の部分だけを受け持つ端末です。

図にするとこんな感じのイメージですね。

普段は、スマホでLINEやSNS、Youtubeなどを楽しむ場合、大手の携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のデータプランでデータ通信します。

大手の携帯キャリアの場合このデータ通信の部分が、かなり割高なんですよね。

一方、最近普及しだしている格安スマホだと、料金はかなり安くなります。

ただ、多くの場合かなり通信速度が遅くなる傾向にあります。

これらのスマホの通話以外の部分である「データ通信」を、安価に利用できるように切り分けて販売しているのが、「モバイルWi-Fi」だと理解しておけば大丈夫です。

スマホのデータプランでYoutubeやインスタの動画を見ていると、すぐにパケ死しちゃいますよね。

僕もいま実際にパケ死してますよ。。。(T_T)

でも僕は現在WiMAXを使っていますので、全然問題ありません。

常にWiMAX経由でデータ通信をしているので、スマホのデータプランに速度制限がかかっても、非常に快適にネットやSNSを利用できるんです。

そしてモバイルWi-Fiは多くの場合、スマホのデータプランより安く利用できるので、おすすめです。

さて、次はauユーザーのみなさんに、auが「モバイルWi-Fi」を出しているのかを説明します。

auはモバイルWiFiを出しているのか?

結論から言うと、auはモバイルWiFiを提供しています。

「WiMAX 2+ フラット for DATA」「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」です。

ただし、サービス名から分かる通り、結局「WiMAX」というサービスの再販なんです。

WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズは、auを運営しているKDDIの系列会社。

エリアや速度など、すべてWiMAXと同じである上に、料金は若干高いという状況です。

会社名 au UQ WiMAX
月間データ量 7GB 無制限 7GB 無制限
初期費用 3,000円
初月 3,696円 4,380円 3,696円 3,696円
1〜2ヶ月目 3,696円 4,380円 3,696円 3,696円
3〜24ヶ月目 3,696円 4,380円 3,696円 4,380円
2年総額 95,400円 112,500円 95,400円 110,448円

このようにauで契約すると、本家UQコミュニケーションズで契約するより若干高くなってしまう場合もあります。

auユーザーがポケットWiFiを契約するときには、auでの契約にメリットはありませんので、オススメできません。

「じゃあUQコミュニケーションズで契約すればいいの?」

と思ってしまうところです。

しかし、ちょっとまってください!

これが違うんです。

次にauユーザーがモバイルWiFiを契約するにはどうすればよいか見ていきましょう。

auユーザーがモバイルWiFiを使うならどうすればいい?

auユーザーの人がモバイルWiFiを利用するにはどうすればよいのか。

これは簡単で、WiMAXを「UQコミュニケーションズ」や「au」以外のプロバイダーで契約すればいいのです。

WiMAXをauやUQコミュニケーションズ“以外”のプロバイダーで契約する場合は、他のモバイルWi-Fiのサービスと比べて以下の点が優れています。

  • 月額料金
  • 接続速度
  • 月間使用データ量

それと、やっぱり月間に使用するデータ量はたっぷり使いたいですよね。

WiMAXは7GBまでのプランと無制限のプランがあるのですが、無制限プランである「ギガ放題」が圧倒的におすすめです。

もう一つの「7GBプラン」は本当にあっという間になくなってしまいます。

Youtubeの動画をHD画質で8時間ほど見るとパケ死します。

8時間ということは、1日あたり20分ほどしか見られません。

しかも最近はInstagramやFacebookのタイムラインにどんどん動画が流れてきますが、迂闊にクリックできませんよね。

油断してクリックしていると、あっという間にデータを消費してしまいます。

これが、無制限プランである「ギガ放題」を契約していれば、まったく気にせずに利用できますよ。

それでは、WiMAX以外に無制限プランを提供しているモバイルWi-Fiは、WiMAXの他にはあるのでしょうか。

見ていきましょう。

無制限プランを提供しているモバイルWi-Fi

結論から言うと、実用的な無制限プランを提供しているのはWiMAXだけです。

ただ、名目上のものを含めて「無制限」のサービスを提供しているのは、以下です。

  • Yahoo!Wi-Fi
  • Y!mobile
  • スマモバ
  • WiMAX

これらを一つずつ詳しく見ていきましょう。

Yahoo!Wi-Fi

Yahoo!Wi-Fiは、無制限プランである「Y!Fi(ワイファイ)データプラン2」を提供しています。

ただ、無制限で利用できるのは「アドバンスモード」時のみ。

このアドバンスモードを利用できるエリアは非常に狭く、正直実用的ではありません。

そして広いエリアで利用できる「標準モード」は7GBの制限があります。7GBを超えると接続速度が128kbpsとなり、「全く使えない」Wi-Fiとなってしまいます。

さらに7GBを超えたあとにアドバンスモードに切り替えても、制限は解除されません。

このようにYahoo!Wi-Fiの無制限プランは「使えない無制限」なのです。

次にY!mobileを見ていきます。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileはYahoo!Wi-Fi同様、ソフトバンク系列の電波網を利用します。

そして無制限プランも同じくアドバンスモードの利用が前提となります。

そして7GBを超えた時の条件も全く同じ。アドバンスモードを利用できるエリアの狭さも同じです。

ということで、Y!mobileの無制限プランも「使えない無制限」となっています。

次にスマモバを見ていきましょう。

スマモバ

スマモバは、ドコモの回線を使ったMVNOですね。

要は、独自の回線を持たない格安SIMとなります。

格安SIMの大きな特徴は、データ通信が非常に安いところです。これは多くの格安SIMで共通のセールスポイントとなっています。

スマモバの無制限プランは月額3,980円。

完全無制限でこの金額なら、非常に安いと思いますが、とても大きなデメリットがあります。

それは通信速度が非常に遅いんですね。

通常時で5Mbps程度のようです。

しかも「3日間で3GB以上利用すると、深夜0時まで200kbpsに制限する」という速度制限も存在します。

200Kbpsとなると、流石にネット閲覧も厳しいですね。。。

動画なんてもってのほかです。

ドコモから回線の一部を借りて、その狭い範囲で何とか多くの人のデータ通信をまかなうという格安SIMの仕組み上、こうなるのは仕方ありません。

普段から遅い上に速度制限まであるとなると、ちょっと選択肢からは外さざるを得ませんね。。。

最後に、最もオススメの、というか、無制限の中では「現状一択」であるWiMAXについて見ていきましょう。

WiMAX

このブログでは、基本的に、モバイルWi-Fiは2つしかオススメしていません。

WiMAXとNEXTmobileです。

他のモバイルWi-Fiは選ぶメリットがありません。

どちらも僕が実際に契約していますが、現在NEXTmobileは会社のスタッフに使ってもらっています。

ちなみにNEXTmobileは12GBの制限ありなので今回は割愛します。

気になる方はこちらの記事を御覧ください。

NEXTmobileを実際に契約、利用したその感想!

それでは改めて、唯一の「使える無制限」WiMAXを見ていきましょう。

WiMAXの特徴は以下となります。

  • 月間通信量無制限
  • 速度制限の規制が非常にゆるい
  • 料金が安い
  • エリアも試せる
  • auユーザーはスマホ代が節約できる

まずは月間通信量から。

月間通信量無制限

WiMAXは唯一、「実質的に月間データ量無制限」を提供してくれています。

月間の通信量に制限はなく、何ギガ使っても料金は変わりません。

仮に100GB使っても料金が一切変わらないのです。

また、他のモバイルWi-Fiだと、殆どが月間の利用量が7GBを超えると激遅の128Kbpsとなり、本当に何もできなくなるわけですが、これもありません。

ただし、さきほど“実質的に”と書きました。

これには理由があるのです。その完全でない理由を見ていきましょう。

速度制限はあるものの規制が非常にゆるい

WiMAXは完全無制限ではありません。

そして、国内のモバイルWi-Fiで月額定額で完全無制限のサービスはありません。

その完全でない無制限の中で、「圧倒的に、もっとも使える」のがWiMAXなのです。

どこが完全でないのか。

それは3日で10GB以上利用すると、その翌日から速度制限がかかるところです。

「え、結局制限かかるんだ」

と思いますよね。

でもですね、まず、3日で10GBってそうそう使いません。

この点だけで見ても他のサービスを圧倒しています。

また、この制限がかかったあとが最大の特徴なんです。

実はWiMAXは、3日で10GBでかかってしまった速度制限の時間帯が極めて限定的。

それは18時から26時までなんです。

だから、ビジネスタイムや学校の間などは一切影響がないんですよ!

そしてスピードが他社に比べて圧倒的に早いんです。

他のサービスは、速度制限がかかるとだいたい128〜200Kbpsという、正直「使えない」速度になってしまいます。

それが、WiMAXはなんと1Mbpsを保ってくれます。

これ、普通にYoutubeの標準画質がスムーズに見られますよ!

あと、僕が愛用しているスポナビライブもまったく問題なく見られます。

この事実があるからこそ、「唯一の使える無制限」と言えるんです。

 

さて次に、気になる月額料金について見ていきましょう!

とにかく料金が安い

auユーザーにとってのWiMAXは、auで契約するのが良さそうに思いますが、実際には全く違います。

もっともっと安く契約する方法が存在します。

それはWiMAXを代理販売している「プロバイダー」で契約するという方法です。

これはWiMAXを安く利用する上で、絶対に必要なことです。

その差額は、何と最大で34,000円。

ここで、WiMAXを最も安く契約できるプロバイダーである「GMOとくとくBB」と、au、WiMAX本家のUQを比較してみます。

上の表を見てわかるように、キャッシュバックを考慮した毎月の月額利用量を比較すると圧倒的な安さだということがわかります。

また、プロバイダー経由の契約だからといって、エリアやスピード、さらに解約条件が変わるわけではありません。

このように、WiMAXを契約するのであれば絶対にプロバイダーで契約する必要があります。

さらにauユーザーは、WiMAXを契約するとスマートバリューが適用されますからねー。かなり安くなります。

公式サイトでキャッシュバックを詳しく見る

キャッシュバックはちょっと面倒、という方には月額料金割引プランもあります。

公式サイトでとくとくBBの月額割引プランを見る


次はWiMAXの使えるエリアについて見ていきます。

エリアも試せる

WiMAXの唯一の弱点はそのエリアになります。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリアや、それらの回線を借りて運営している格安SIMに比べると、エリアの面では若干狭くなります。

これは事実です。

さらに、採用している電波周波数が高いため、屋内では若干通信品質が不安定になることがあるようです。
※僕は感じたことはありませんが。。。

「一度契約して満足できなかったらどうなるの?解約料がかかるの?」

と、心配になりますよね。

僕がオススメしている最安のプロバイダーGMOとくとくBBなら、これがまた大丈夫なんです。

なんと20日以内なら解約料がかからずにキャンセルできちゃうんです。

これ以前は無かったサービス。自身があるからこそ出来るのでしょう。

もちろん条件はあります。

GMOとくとくBBのサイト上で判別できる、「ピンポイントエリア判定」が「◯」だった場合のみ適用されるんです。

公式サイトにはこう書いてあります。

GMOとくとくBBならWiMAXのご利用が初めての方も安心!
WiMAXにご満足いただけない場合、お申込みから20日以内であれば違約金無料でキャンセルができます。
※ピンポイントエリア判定が「◯」のみ対象となります。
・自宅のエリアは○だけど、室内での通信速度に不安がある
・利用エリアに問題はないが、初めてWiMAXを利用するので、一度試してから申込みたい
こんなお客さまも安心してお申込みください!

これは心強いですよねー。

一度ピンポイントエリア判定を試してみるのもいいですよね。

ここをクリックすると詳しく確認できますよ!

※上記画面はスマホの場合です

公式サイトで「20日以内キャンセルOK」について見てみる

さらにauユーザーはKDDIグループということでいいことがあります!

見ていきましょう。

auユーザーはスマホ代が節約できる

またauユーザーということで「auスマートバリュー」を適用したら、さらに安くなるんですよね。

ちょっと分かりにくいんですけど、GMOとくとくBBとauサポート窓口両方に電話して確認しました。

申請は以下の手順です。

  1. GMOとくとくBBで契約
  2. 会員ID/パスワードでBBnaviにログイン
  3. メニュー『現在ご利用中のサービス確認』を選択
  4. 「WiMAX 2+のプラン変更手続き」をクリック
  5. スマホ割の適用を希望するサービスを選び、適用年数をクリック
  6. 確認画面にてご契約者名義がauスマートフォンと同一名義かご確認の上、同意事項にチェックを入れ、申込みボタンをクリック
  7. auの店頭または電話にてスマートバリュー mineの適用を申し込む

このあたりはGMOとくとくBBのサイトに詳しく書いてありますので、一度覗いてみてください。

サイトの、白地にオレンジのバナーから詳しく見ることが出来ます。


※上記画面はスマホの場合です

GMOとくとくBBでauスマートバリューについて見てみる

まとめ

このように、auユーザーが利用するモバイルWi-Fi(ポケットWiFi)は、WiMAXがベストだという結論になります。

もちろんエリア判定で微妙な場合もあると思いますが、一度エリア判定を試してみて、「◯」であれば「20日キャンセルOK」を利用して試してみるといいですね。

 

それではまた!

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi