S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

auのポケットWiFi契約は、正直かなり損するよ!という話

   

どもです。自称ポケットWiFiマニアのS8です。

この記事では、

「auのスマホ使ってるけどポケットWiFiはどこのがいいの?」
「auのポケットWiFi、どうなの?」

と思って情報を探しているあなたに向けて書いています。

結論から言いましょう!

ポケットWiFiをauで契約すると大きく損をしますので、絶対に契約しちゃダメです。

あれは

「ポケットWiFi欲しい!auに行く!」

と情報収集もしないで飛び込む、所謂情報弱者搾取サービスです。

auのポケットWiFiは、実質的にWiMAXと同じなんです。

だから、まずはWiMAXの特徴を抑えることが重要。その上でWiMAXとその他のポケットWiFiを比較して、契約するのが絶対的に正しいのです。

この記事では、

  • auのポケットWiFiが実質的にWiMAXであること
  • WiMAXとその他のポケットWiFiの違い
  • で、結局どれが一番いいのよ

というところを極力専門用語なしでわかりやすく書いていきます。

この記事を最後まで読んでもらえれば、もうポケットWiFi選びに迷うことは無いでしょう。

それではまずは、まだまだ詳しくない人の為に、「ポケットWiFiって何?」という基本的なところを軽く説明しますね!

ポケットWiFiとは

疑問

ポケットWiFiとは、一体どんなものなのでしょうか。

簡単に言えば

「家でも外でもどこでもつながるインターネット端末」

となります。

「じゃースマホと何が違うの?」

って思われますよね。

スマホに「テザリング」という機能がある以上、ごもっともな疑問です。

※テザリングとは、スマホを通してパソコンやタブレットをネットに繋ぐ方法です。

まずはポケットWiFiについて図でご確認下さい。このようなものになっています。

モバイルWiFiとは

ポケットWiFiの特徴は

  • データプランが柔軟で安い
  • 無制限で使えるものもある
  • パソコンやタブレットに繋ぐのが簡単
  • 工事不要・配線不要ですぐに使える
  • 使い方によっては家の固定回線代わりになる
  • スマホのデータプランを小さくできる

というものなんです。

この中で非常に大きいのが、「スマホのデータプランを小さくできる」だと思っています。

ポケットWiFiでスマホのデータプランを最小に

ポケットWiFiを持つことによって、スマホのデータプランを小さくすることが可能です。

データプランを小さくすれば、最安だと2,000円程度でスマホを持つことができます。

プラスしてポケットWiFiのデータプランで大容量通信を実現。

さらにパソコンやタブレットを繋ぐことができるわけですね。

実際に僕も格安スマホ+ポケットWiFiで、月額60ギガ以上使いながらもスマホ代は3000円で済んでいます。

スマホのデータプランで60ギガ使うと、おそらく非常に高額な請求額となるでしょう。

ここがテザリングとの最大の違いと言えますよ。

auのポケットWiFiは実質「WiMAX」

次に、auのポケットWiFiについてお伝えしましょう。

auのポケットWiFiは、実質的にWiMAXなんです。

WiMAXの会社「UQコミュニケーションズ」は、auの会社「KDDI」の系列企業ですからね。

auのホームページに行くと、データ通信端末のページがあります。

そこのプラン名が

  • WiMAX 2+ フラット for DATA EX
  • WiMAX 2+ フラット for DATA
  • WiMAX 2+ フラット for HOME

となっています。しっかり「WiMAX」という名前がついていますね。

このことからも分かるように、結局、auのポケットWiFiはWiMAXなんです。

そして、WiMAXはauで契約しちゃダメです。高いですから。

もっともっと、ずっと安く契約できますからね。

次にWiMAX(auも含む)とその他のポケットWiFiの違いを、これまたできるだけ簡単に説明します!

WiMAXとその他のポケットWiFiの違い

auと同系列のWiMAXも、ポケットWiFiの一種です。

ここでは、様々な会社から提供されているポケットWiFiについて簡単に説明していきます。

その上で、auのポケットWiFiについて調べていたあなたが、どれを選べばいいのかを解説しますよ!

WiMAX(auのポケットWiFi)

まずはauの系列企業であるUQコミュニケーションズ提供のポケットWiFi「WiMAX」について見ていきます。

WiMAXの特徴を包み隠さずザッと紹介いたします。

  • 最大の特徴!月間データ量無制限プランあり
  • 最大速度はポケットWiFiの中で最速
  • 月額料金が非常に安い
  • 3日10ギガ以上利用しないと速度制限なし
  • エリアがちょっと弱い
  • 地下にも弱い

こんな感じです。

上の4つがメリットで、下の2つがデメリットですね。

何と言っても最大のメリットは

月間データ量無制限プラン

の存在です。

実際に僕も使ってますが、僕は月間60ギガ以上使います。

何と言っても固定回線なしで、WiMAXだけですべてのネットをまかなってますからね。

そしてデメリットは、やっぱりエリアが狭いこと。

本来はauのエリアも使えるので日本全国どこでも使えるんです。でもそのauのエリアを使っちゃうと、なんと月間データ量が7ギガになっちゃうんですよね。。。

だから、WiMAXを使う場合、普段主に使う場所がWiMAXエリア内であることが絶対条件となります。

WiMAXのエリアはこちらで調べられますよ。

WiMAXのエリアを確認する

そして、もしWiMAXがエリア外だとしても、諦めるのはまだ早いんです。

この記事では、そんな人に向けてもしっかり最適な選択肢をご提供します!

料金は、WiMAXを提供しているプロバイダーによってまちまちですが、後ほどオススメのプロバイダーをお伝えします!

次はNTTドコモのポケットWiFiを見ていきましょう。

ドコモ(docomo)のポケットWiFi

NTTドコモもポケットWiFiを提供してくれています。

実は僕も数年前に使っていました。XiのポケットWiFiでしたね。

月額9,000円くらい払っていたような気がします。もう忘れちゃいましたが。。。

さて、ドコモのポケットWiFiの特徴は、

  • 料金が非常に高い
  • データ容量が最大30ギガバイト
  • 全国どこでも使える

と言ったところでしょう。

ドコモのポケットWiFiは、

とにかく高い

です。

最大の30ギガバイトのプランで9,500円。
最小の2ギガのプランでも5,000円。

こんな高いポケットWiFiは絶対に使ってはいけません。

あなたが「どうしてもドコモがいい、ドコモ信者だ」という人でない限り。

確かにドコモブランドはなかなかです。かつての国営企業ですしね。

一昔前までは「ドコモが一番繋がる」っていうのが常識でした。

それも最近では他のキャリアと品質に差はありません。もはやドコモにこだわる理由は無いでしょう。

ソフトバンクのポケットWiFi

次はソフトバンクのポケットWiFiを見ていきましょう。

特徴は、

  • データ容量は最大7ギガバイト
  • 料金は標準的な3,696円
  • 全国どこでも使える

といったところです。

正直言って、auユーザーがソフトバンクのポケットWiFiを使うメリットはありません。

auのポケットWiFi(実質WiMAX)でも、auのLTEは7ギガまで使えますから、条件はまったく同じです。

ただし、ソフトバンク系のポケットWiFiには圧倒的な価値を誇るものがあります。

それは次に紹介するネクストモバイルです。

NEXTmobile(ネクストモバイル)

ネクストモバイルは、僕の中でWiMAXと双璧をなす、相当使えるポケットWiFiです。

特徴は、

  • ソフトバンク回線で、全国どこでもつながる
  • データ量は最大30ギガ
  • 料金が非常に安い

というものです。

万一WiMAXがエリア外の場合は、このネクストモバイル一択と言っても過言ではないでしょう。

月間データ量こそ無制限ではないものの、ドコモ・ソフトバンク・auの30ギガプランが8000円+基本使用料であるのに対し、

30ギガは3,490円
20ギガは2,760円

と破格中の破格です。

そして実際に僕が以前使っていて、今は会社のスタッフに持たせているのもこのネクストモバイル。

WiMAXのエリアを確認する

WiMAXのエリア判定が「△」か「×」で、やはりポケットワイファイが必要だ、という人はこちらの記事を読んでみて下さい。

ネクストモバイルを実際に契約!WiMAX以外なら一択。その評判と感想

格安SIMのポケットWiFi

次に格安SIMのポケットWiFiを見ていきましょう。

特徴は、

  • ドコモ回線で全国どこでもつながる
  • 料金が非常に安い
  • 基本的に速度が非常におそい
  • 3日1ギガなどの制限がある場合が多い

と言ったところです。

格安SIMが提供しているポケットWiFiの多くは、ドコモ回線になっています。

ドコモ回線だけに、全国どこでもつながるのは非常に大きな魅力です。

これだけはWiMAXにない、最大のメリットと言えます。

ただし、格安SIMはドコモ回線のごく一部を間借りして運営していますので、ドコモより速度が非常に遅くなります。

中にはスマホの速度制限に毛が生えた程度の速度「無制限つなぎ放題!」とアピールしているところもあります。

でも、速度が遅かったらそもそもどれだけ使っていても、大してデータを消費しないんですよ。

要するに、速度がドコモ並なのに、料金だけが安い回線は存在しないということですね。

auユーザーのあなたが契約するメリットはありません。

Y!mobileのポケットWiFi

Y!mobileは、この記事で紹介する最後のポケットWiFiです。

特徴は、

  • 月間データ量無制限
  • 3日10ギガ以上利用で速度制限
  • 料金は標準的(WiMAXより高い)
  • 無制限で使えるエリアが狭く、結局7ギガまでとなる

といったところです。

Y!mobileは「月間データ量無制限使い放題」とアピールしていますが、ここに大きな落とし穴があります。

Y!mobileの無制限エリアは、非常に狭いのです。

どういうことかというと、

  • Y!mobileが独自で持っている回線のみ無制限になる
  • ただし、その回線の基地局(アンテナ)が非常にすくない

ってことなんですね。

そして結局、ソフトバンクの回線を使うことになり7ギガ制限がかかるというものなんです。

そして料金も特に安くないので、こちらもauユーザーのあなたが使うメリットはありません。

auユーザーが使うべきポケットWiFiは

ここまで書いたように、結局auユーザーが使うべきポケットWiFiは、

  1. エリア内であればWiMAX
  2. エリア外であればネクストモバイル

という選択肢となります。

普段主にポケットWiFiを使う場所が、WiMAXのエリア内であればWiMAX一択でしょう。

月間データ量は無制限だし、プロバイダによっては非常に安く月額2,800円程度で使えます。

さらにauスマホも「スマートバリューmine」という割引制度で月額1,000円ほど安くなります。

この状況でWiMAX以外を選択するのは合理的ではないですね。

絶対に迷わせないWiMAXのプロバイダ選び

さて、ここまで読んで頂いて、

「WiMAXはどこで契約すればいいの?」
「違いとかよくわからないからわかりやすく教えて」

と思われているあなたに向けて、絶対に迷わせないプロバイダ選びを提案します。

僕の提案するプロバイダ選びの選択肢は2つ。

あなたの好みや性格に合わせて選べるようにしますので、ご安心を!

まずは選択肢について簡単に説明しますね。

WiMAXプロバイダ選びの選択肢について

WiMAXのプロバイダは、非常にざっくり分けると3つのタイプに分かれます。

  1. 高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め
  2. キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい
  3. 1と2の中間で、ほどほどのキャッシュバックとほどほどの月額割引

この3タイプから選ぶことになります。

そして僕の中で、3はないかなーと思います。

なぜなら、

  1. 料金が複雑で非常に比較がしづらくなる
  2. 契約期間の総支払額で言うと、ちょっと高い

からなんです。

だから、僕は1と2から選ぶことをオススメします。

1と2の比較ポイントはめっちゃカンタンです!

1の「高額キャッシュバック/月額料金が高い」プランの特徴は、

  • 契約期間総額が最安
  • キャッシュバック申請が必要で、それを忘れる確率が非常に高い

ということです。

これに対して、2の「キャッシュバックなし/月額割引が大きい」プランの特徴は、

  • 契約期間総額だとちょっと高い
  • キャッシュバック申請が不要なので確実に安くなる

ということなんですねー。

もちろん1と2に分類されるプロバイダでも、細かい違いなんかは色々あります。

ただ、まずはこの違いを抑えておくと良いですね。

で、気にするべき大きなポイントは

キャッシュバックの手続きがかなり面倒

という一点です。

「キャッシュバック手続きの面倒さ、忘れやすさ」

と、

「契約期間総額の支払額」

のどちらを取るかということなんですねー。

ポイント!

  • キャッシュバックは面倒だけど総支払額が安い
  • キャッシュバック手続きなど一切ないけど総支払額がちょっと高い

というふたつのタイプから好みに合わせて選びましょう。

それではまずは、1の「高額キャッシュバック型」プロバイダについて見ていきましょう。

高額キャッシュバック型プロバイダについて

30,000円を超えるような現金がもらえる、高額なキャッシュバック型プロバイダの特徴は以下となります。

  • 契約期間中の総支払額が最も安くなる
  • キャッシュバック申請を忘れる人が多数発生

ということなんですねー。

まず、契約期間中の総支払額が最も安くなります。これは間違いないです。

ただそれと引き換えに、キャッシュバック申請の手続きがめちゃくちゃ面倒で難しいのです。

で、このキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、当然現金がもらえません。

高額キャッシュバック型の月額料金は高めに設定されています。

ですので、こうなってしまうとまったくお得感のない「高いWiMAX」を契約期間中ずっと使うことになります。

この「キャッシュバック申請方法」をざっくり解説します。

代表的なキャッシュバック申請方法

キャッシュバック申請をして大きな現金をもらう場合の、代表的な流れを見ていきましょう。

  1. 契約を申し込む
  2. プロバイダ支給のメールアドレスが作られる
  3. 契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る
  4. そのメールに返信する形で、振込先を連絡する
  5. 連絡した翌月末などに指定した振込先に入金される

高額キャッシュバックをもらえるプロバイダの場合、この流れが一般的ですね。

ここでの注意点は、

2の「プロバイダ支給のメールアドレスが作られる」

と、

3の「契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る」

ところです。

「契約後11ヶ月後などにプロバイダのアドレスに通知が来る」ことのデメリット

これは非常に面倒な仕組みです。

最近では、やはりスマホでメールを管理することが多いですよね。

大事な通知は携帯電話会社提供のメールアドレスや、Gmailなどを使うと思います。

こうすることで、スマホで受信できて忘れずに支払いなどができるわけです。

ただ、これが「プロバイダ支給のメールアドレス」への通知のみとなると話が変わってきます。

そもそもこの通知だけの為に、スマホのメール設定をするのも現実的ではありません。そんな面倒なことしたくないし、やり方がよくわからない人も多いと思います。

だから、僕らがやることは

  1. 11ヶ月後にメールが来ることを覚えておく
  2. 11ヶ月経ったらプロバイダのマイページなどにログインする
  3. そのマイページでメールをチェックして振込先を連絡する

という流れになります。

また、3の連絡については、多くの場合1ヶ月以内です。これを過ぎるとキャッシュバック分の現金がもらえません。

どうですか?

こんなこと、やっぱり僕なら面倒だなーって思っちゃいます。

マイページへのログインIDとパスワードだって覚えていなくてはいけないですしね。

この複雑な手続きのおかげで、おそらく一定数の申請漏れがあるのは間違いありません。

そしてその申請漏れの比率を計算した上で、キャッシュバック額を決定しているはずなんです。

こういったカラクリで、高額キャッシュバックが実現できているわけですねー。

高額キャッシュバック型が最安なのは間違いない

でも、高額キャッシュバック型のプロバイダが最安なのは間違いないんです。

だから、上記手続きを

「絶対忘れない自信がある!!」

という人は高額キャッシュバック型プロバイダでの契約がオススメとなります。

ポイント!

高額キャッシュバックの申請はかなり面倒だけど、やっぱり総支払額は最安です

高額キャッシュバック型のプロバイダで現在もっともオススメなのは3WiMAXというプロバイダです。

それは単純にキャッシュバック金額が最大だからです。

業界最高の33,000円のキャッシュバック!3WiMAXの特徴

3WiMAXは、2018年1月現在、業界最高の33,000円のキャッシュバック額を誇ります。

次点は、「GMOとくとくBB」の32,000円ですね。高額キャッシュバック型プロバイダはこのふたつ以外は気にしなくて大丈夫です。

WiMAXはプロバイダによる通信品質に違いはありません。

速度もエリアも、速度制限の条件もすべて同じです。

ですから、キャッシュバック型のプロバイダを選ぶなら、2年間総支払額のみで考えれば良いのです。

そして、2018年1月現在、業界最安のWiMAXプロバイダは「3WiMAX」なんです。

ここで「3WiMAX」と「GMOとくとく」の2年総額料金を比較してみましょう。

「3WiMAX」の2年間総支払額: ¥70,345
「とくとくBB」の2年間総支払額: ¥74,513

キャッシュバックの受取方法は、メールが来るのが11ヶ月後か13ヶ月後かの違いだけで、後は同じです。

ということは、どう考えても3WiMAXでの契約がもっともお得だということになりますよね。

もし

「絶対キャッシュバック申請忘れない!」

という人は

3WiMAXでの契約がオススメです。

3WiMAX公式サイト

キャッシュバック申請、忘れそう。。。という人は

でも、やっぱりこのキャッシュバック申請はハードルが高い。

実は僕も以前契約していたフレッツ光のキャッシュバックをすっっっっかり忘れちゃってまして、ものすごく悔しい思いをしたことがあります。

確か30,000円だったと思います(汗)

それ以来キャッシュバック系のプランは一切契約しないようにしています。

僕と同じように

「キャッシュバック申請に自信がない」

という人は、キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい「月額割引型」プロバイダでの契約がオススメです

僕もそうしてますし。。。苦笑

月額割引型プロバイダについて

月額割引型プロバイダにはどんな特徴は、

  • 面倒なキャッシュバック申請が一切ない
  • 契約期間中の総支払額は最安ではない

ということですねー。

エリアや速度なんかは一切替わりませんので、キャッシュバック申請の手間と総支払額だけで選べばよいのです。

僕もそうなのですが、とにかく一度契約してしまったら自動引落にして、支払いのことは忘れたい。

キャッシュバックのことを11ヶ月とか13ヶ月とか覚えておいて、スマホのカレンダーに登録して、IDとパスワードを覚えておいて、さらにキャッシュバック申請の手続きも覚えておく。

こんなことしたくないですもん。。。

僕と同じように、

「面倒なことは最初だけにしてあとは何も気にせず使いたい」

という人は、月額割引型のプロバイダにしましょう。

ポイント!

契約期間中の総支払額が多少高くなっても、面倒な設定とかキャッシュバック申請はしたくない人は、月額割引型を選びましょう

月額割引型のオススメプロバイダ

僕が契約したのは月額割引型プロバイダの「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」です。

このプロバイダは以下の特徴があります。

  • 運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手
  • 月額料金が業界最安級の月額2,726円〜
  • 端末代0円
  • ご満足保証で乗り換え可能
  • 8日間の初期解約制度で端末も返却可能

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

よくわかんないところもあると思うので、1つずつ簡単に説明しますね。

運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手

スマホを持つ女性

ブロードワイマックスを運営するのは「リンクライフ」という会社で、親会社は「オールコネクト」という会社。

実はこのオールコネクトという会社、WiMAXやネット系ではそこそこ有名な会社で、固定回線やポケットWiFiをいくつも提供している大手企業なんです。

僕も最初は知らなかったのですが、偶然にも契約したのが全部オールコネクトの提供しているサービスでした。

さらにWiMAXやポケットWiFiについて調べていくうちに、ほんとに沢山のサービスを提供している会社だということもわかりました。

これだけ実績ある会社ですから、運営についても安心できますよね。

月額料金が業界最安級の月額2,726円〜

次に肝心の料金について見ていきましょう。

ブロードワイマックスは月額割引型なので、月額料金が非常に安くなっています。

キャッシュバック型は月額料金が高いので、使い放題プランの場合毎月の引き落とし額が4,300円程度になることが普通です。
月間7ギガプランでも、3,690円などですね。

ところが、ブロードワイマックスは以下の料金になります。
合わせて3WiMAXの数字も掲載します。

プロバイダ プラン名 最大3ヶ月 3ヶ月以降 2年総額
BroadWiMAX 使い放題プラン 2,726円 3,411円 80,494円
BroadWiMAX 7ギガプラン 2,726円 2,726円 65,424円
3WiMAX 使い放題プラン 3,695円 4,330円 102,650円
3WiMAX 7ギガプラン 3,695円 3,695円 88,680円

このように、月額料金の2年総額が20,000円近く安くなっているのがわかりますね。

もちろん3WiMAXはここからキャッシュバックがありますが、忘れてしまったらこの金額差になるということです。

ですから、やはり安心してWiMAXを利用するためには、月額割引型のプロバイダーがオススメなんですねー。

端末代0円

BroadWiMAXは、端末もすべて0円です!

通常、キャッシュバック型のプロバイダーは端末によってキャッシュバック金額が変わります。

それって結局端末代0円じゃないよね、と思わなくもないですよね。。。。

しかしBroadWiMAXはどの端末でもすべて0円です。最新端末でも問題ありません。

やっぱり最新端末は、最大通信速度が速かったりバッテリーの持ちが改善されてますからねー。

あと、サイズが年々小さくなっているのも見逃せません。

ご満足保証で乗り換え可能

WiMAXの電波特性上、どうしてもエリアが狭い場合があったり、建物の奥まった場所だと電波が入りづらかったりします。

ピンポイントエリア測定では「◯」だったのに、自分の部屋では速度が出ない、ということもあり得ます。

こんなときBroadWiMAXは「ご満足保証」という制度があるんです。

このご満足保証、万一通信品質に満足できない場合、光回線や他のポケットWiFiサービスに乗り換えることができるんです。
もちろん違約金はかかりません!

乗り換えできるサービスは、

  • NTT東日本・西日本の光回線(固定回線)
  • Yahoo BB(固定回線)
  • BroadLTE(Y!mobile系ポケットWiFi)

となります。

BroadLTEの無制限通信可能エリアはWiMAXより狭いので、やっぱり固定回線がいいですね。

僕なら使い放題が魅力でWiMAXを契約したわけですから、WiMAXが使えないとなったら使い放題の固定回線に乗り換える気がします。

とは言え、僕は自宅でも外でもほぼどこでもWiMAXが使えていますけどね〜。

とにかく、これで万一のときも安心です。

8日間の初期解約制度で端末も返却可能

broadWiMAXキャンセル

初期契約解除制度ってご存知ですか?

ま、普通の人は知らないと思いますが、ネット回線系の契約で使えるクーリングオフみたいなものですね。

とにかくネット回線系の契約って難しいし、よくわからないまま契約しちゃうことが多いと思うんですよね。

それを8日以内の申請で一方的に解除できるんです。

これは総務省が定めた法令なので、全プロバイダに適用されます。

ただし、この解除できる契約に端末の契約は含まれていないんですよね。

ということは、回線の契約期間中は割引が効いている端末代が、契約解除した途端に発生して、使えもしない端末の分割金を払い続ける羽目になるんですよねー。

こんなの納得できるわけありません。

ところがBroadWiMAXはこの端末を含めた全契約を解除できるんです。

ですから、万一通信品質に満足できない場合は、先に説明した「ご満足保証」の他に、端末到着から8日以内であれば契約解除も可能です。

ということで、WiMAXに対するハードルをどんどん下げてくれているんですねー。

このように様々なメリットがあるので、やっぱり僕も契約したプロバイダ「
ブロードワイマックス」が一番のオススメとなりますよ〜。

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

ただし、WiMAXがエリア外の場合は、ネクストモバイルをオススメします。

WiMAXがエリア外の場合はネクストモバイル一択

ネクストモバイルは、ソフトバンク回線を使った高速・激安のポケットWiFiです。

先程も紹介したのでこの記事では説明は省きますが、もしWiMAXのエリア判定で「△」と「×」だった場合は、非常に有力な選択肢となりますよ。

詳しくはこちらの記事に書いてありますので、読んでみて下さいね!

ネクストモバイルを実際に契約!WiMAX以外なら一択。その評判と感想

最後に

この記事では、

「auのスマホ使ってるけどポケットWiFiはどこのがいいの?」
「auのポケットWiFi、どうなの?」

と思って情報収集しているあなたに向けて、auをはじめ、その他のポケットWiFiも含めてザッと、できるだけ簡単に紹介したつもりです。

やはりどう考えてもauユーザーであれば、WiMAXを使うのが賢明な選択となります。

ただし、何度も書いているようにWiMAXがエリア外だった場合は、ネクストモバイルがオススメです。

どちらも非常に良いポケットWiFiだと思いますので、エリア内かエリア外で選択するのも良いと思います。

あなたのポケットWiFi選びがスムーズに進むことを願っています!

それではまた!

確実に安く使うならブロードワイマックス

BroadWiMAX

3WiMAX公式サイト

ネクストモバイル公式サイト


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi