S8(エスハチ)

実録★どんなときもWiFi(どんファイ)の評判を関係者が契約して調査!

どんなときもWiFi

こんにちは。ネット回線を全部で9回線契約している、ネット回線マニアのサトウです。

サトウ

いいかも!って思うと契約せずにはいられないんですよね・・・涙

9回線全部自分で使ってるわけではなくて、自宅とオフィスの光回線や、家族の格安スマホ、あとは会社スタッフに持ってもらってるWiFiルーターなんかの合計です。

でも、気になるものを全部自分で契約して、まずは自分でしばらく使ってから渡しています。

そして先日「どんなときもWiFi」という新しく登場したWiFiルーターを契約しました。

サトウ

正直、他のWiFiをすべて無価値にするほどのルーターだと思っています

おそらくウチの会社では、今後契約するルーターはすべてこの「どんなときもWiFi」にするでしょう。

この記事では、そんな「どんなときもWiFi」について評判を調べてまとめるとともに、ネット回線マニアとしてガッツリ評価していきたいと思います!

「どんなときもWiFi」とは

まずこの「どんなときもWiFi」についてカンタンに説明しますね。

僕がびっくりしたすごい特徴は3つ。

  • 大手スマホキャリア3社すべての電波利用で、全国ほぼどこでも使える
  • それでいて無制限に使い放題
  • そして月額料金が安い

この3つを実現しているすごいWiFiなんです。

ひとつずつざっくりと解説していきます。

大手スマホキャリアすべての電波を利用

どんなときもWiFi-エリア

「どんなときもWiFi」は「クラウドSIM」という技術をつかっています。

これにより、docomo・au・SoftBankという大手スマホキャリア3社のLTE回線をすべて使えるのです。

これで、日本においては

「どんなときもWiFiがつながらないなら、どのルーターもつながらない」

という状況となりました。

3社の回線のうち、もっとも状態の良いものを掴むようです。

サトウ

実際につかってみると多くの場合はSoftBankのLTEを掴んでいるので、優先順位があるのかも知れませんね

とにかくこれで、「いちばん、どこでもつながるWiFi」となるのです。

無制限・使い放題

大手スマホキャリア3社のLTE回線を、すべて使えるのにも関わらず、データ上限がありません。

さらに3日10GBなどの制限も一切ありません。

WiMAXやY!mobileが主流だったモバイルルーターの業界では「LTEで完全無制限」は、いままでにほとんどありませんでした。

これを実現したことで「本当にいつでもどこでも、無制限に使えるWiFi」が誕生したのです。

月額料金が安い

「どんなときもWiFi」の料金は、他のWiFiルーターと比較しても安い料金で利用できます。

しかも主流のWiFiルーターである「WiMAX」と「Y!mobileのポケットWiFi」には、比較して「欠点」と言える特徴があります。

  • 「WiMAX」は無制限ながらエリアが狭い
  • 「Y!mobile」は基本7GBで無制限利用が有料オプション

となるのです。

そして唯一LTE回線を無制限で使える「民泊WiFi」は、料金が非常に高くなります。

サトウ

実際に僕が使っている無制限の「民泊WiFi」は、月額6,500円程度。結構高めですよね。

これと比較して「どんなときもWiFi」は、月額3,280円(税抜)と約半額。

面倒なキャッシュバック手続きなどもなく、そのままの金額が引き落とされますので、非常にわかりやすい。

それでいて

  • 全国ほぼどこでも使える
  • 使い放題で使える

わけですからねー。

サトウ

正直他のルーターを契約する意味がなくなってしまったのです・・・

個人的な評価はめちゃくちゃ高いのですが、度が過ぎるとステマだと思われちゃうので、Twitterで評判を拾ってみました。

評判をまとめてみた

とはいえ、さっそくべた褒めが続きます。やばい。

そうなりますよね。エリアはマジで最強です。

そう。安い・つながるWiFiです。

これなんですよ。僕、DAZNでスポーツ観戦めっちゃするんですけど、移動中に観られます。

プロ野球とか、Jリーグとか。もう移動中の動画視聴が怖くないんですよ。

だいたいこんな感じですよね。速度だけはやはり若干「帯域制限」がかかってる感じがありますが、15〜40Mbpsは出ます。

動画視聴まったく問題ないですね。

サトウ

そしてここからは若干悪い評判も載せていきます。

確かに普通のスマホと比較して契約解除金は高いですよね。

でも「つながらない!」ってことがないので、解約する可能性はかなり低いはず。

これはふつうのことですね笑

どのルーターも、ほとんどはAndroidと同じく「microUSB」です。

これは見逃せない情報。

そしていま僕もガッツリ使い倒してますので、今後レポートします!

全体的に評判はすごくいいのですが、不満があるとすれば「速度」でしょうか。

大手キャリアのLTE回線は調子がいいと50Mbps程度出ますが、どんなときもWiFiはやはり最大でも40Mbps程度。

15〜25Mbpsのこともあります。

サトウ

ただしこのくらいの速度でも動画も観られますし、困ることはないですよ

実際に契約して評判を検証

どんなときもWiFi-実際に契約

さてここまではネット上でもっとも辛辣だと思われるTwitterの口コミを見てきました。

そしてここからは、実際に契約して使っている僕の評価をもとに検証していきましょう。

検証していくポイントは

  • 本当にどこでも使えるのか
  • 速度はどうか
  • データは使い放題なのか

というところです。

本当にどこでも使えるのか

さてまずはエリア問題。

僕はWiMAXと、ソフトバンク回線のWiFiルーターを中心に使い込んできました。

そしてやはりWiMAXは、弱いところでは弱い。SoftBank系のルーターはほぼどこでも使える、というところ。

これらを踏まえて「どんなときもWiFi」がどうなのか。

結論をいいますと、

「ほぼどこでも使える」

というものでした。

ちなみに昨日から使っているのですが、ほんとにどこでも使えてます。

地下鉄でも、エレベーターの中でも、使えないところはありません。

サトウ

もし使えないところがあったら、状況と併せて書こうと思っていました。

ただ、いまってスマホが使えないところって殆ど無いですよね。

当然ながらそうなると、「どんなときもWiFi」も、使えないところはないんですよね。

速度はどうか

速度については、だいたい15〜45Mbpsといったところです。

どんなときもWiFi-速度実測01

この画像は名古屋市の「伏見交差点」で計測したものです。

サトウ

SoftBankにつながってますね。35Mbps出てます。速いですね。

時間は14時頃。朝はもう少し遅くて、24Mbps程度でした。

どんなときもWiFi-速度実測02

とは言え、このくらい出ていればAmazonPrimeVideoも、NETFLIXも問題なく見られます。

もちろんDAZNもOKです。

これで朝の通勤時間にドラマを思い切り楽しむことができますね!

サトウ

ただし応答速度(Ping)はそれほど速くないので、Switchやプレステを使ったオンラインアクションゲームは厳しいです

データは使い放題なのか

データが本当に使い放題なのか、という点については、もう少し待ってください。

まだ利用しだして2日目で、正直わからないのです。

ただし運営会社の社員さんに直接聞いたところ、

「ずっと動画見てても大丈夫です」

とのこと。

実際に僕は現在、オフィスでApple Musicをかけっぱなしにするとともに、常にスマホをつないで使っています。

これをしばらく続けてみて、どこかで制限がかかるかどうか試してみているところです。

この結果は1ヶ月ほどした頃にこの記事でレポートしようと考えています。

結論:どんなときもWiFiの評判は○○!

ここまでの結論をまとめましょう。

「どんなときもWiFi」の評判は非常に良い。

そしてネット回線マニアを自称する僕の評価も、非常に高いです。

もちろんまだ使い始めて2日目ということで、評価しきれないところはあります。

ただし、スペックを見るだけでも本当に素晴らしい回線だな、と感じます。

ガッツリ解説した記事はこちらです。

そして、よかったら公式サイトを覗いてみてください。

どんなときもWiFi公式サイト

それでは、また!