ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

一目瞭然のWiMAX料金比較【最新情報】業界関係者が明確な数字で解説!

   

2019/10/1 情報を更新しました

こんにちは。

ポケットWiFiを5回線も契約している、ネット回線マニアのサトウです。

サトウ

その他に光回線も2つ、格安スマホも2つ契約してます汗

最近はこんなサイトをやっているので、WiFi関連の仕事も増えてきて、さらにマニアっぷりに拍車がかかってきています。

Aちゃん

ランチのときとか周波数の話するのやめてほしいです笑

さてこの記事では、WiMAXについて「とにかく月額料金」に絞って金額を比較していこうと思います。

WiMAXには比較ポイントがいくつかあって、ちょっとわかりにくいのも事実。

  • キャッシュバック
  • 選べる端末
  • 料金プラン

などなど、複雑に絡み合ってほんとによくわからない状態になってます。

そこをできるだけ簡潔に、わかりやすく紐解くことで、みなさんのネット回線選びを少しでもカンタンにしたいと思っているのです。

ちなみにこの記事では、すべて「無制限プラン」を前提に解説していきます。

サトウ

WiMAXといえば「無制限」が魅力ですからね!もし7GBプランを契約したいなら、WiMAXでなく他のサービスにしましょう

WiMAX以外のモバイルルーターはこちらがおすすめ!

さてやっぱりWiMAXがいい!というひとは、この記事を読めば、おそらく迷いなくプロバイダを選べるはずです!

最後までお付き合いください!

プロバイダとはWiMAXの販売代理店のようなものです

WiMAX料金比較サイトの真実

悩む女性

さて、料金比較に入る前に、ちょっとだけお付き合いください。

多分あなたは、このサイトを見る前に他のサイトもいくつか見られたんじゃないかな、と思います。

サトウ

僕も結構他のサイトはチェックしてます

でも、検索で表示されるサイトのランキングって、実は真実じゃない場合があるんですよ。

というのも、このページで紹介しているプロバイダが、他のサイトには掲載されていない場合が結構あるんです。

そういったサイトもこのサイト同様、広告を掲載して収益を上げているので、仕方ない部分はあると思います。

例えば、WiMAXを運営するプロバイダが、このようなサイトで自分のWiMAX回線を1位で紹介するのは当たり前ですしね。

ただしこのサイトでは、僕の知る限り、すべてのプロバイダを公平に比較していきます。

サトウ

もちろん個人的な好みとかはありますよ!でも極力客観的に比較していくつもりです

もし掲載されていないプロバイダがあったら、ぜひご連絡ください。調査して掲載します。

サトウ

ただし、明らかに高くて比較する価値のないところは省きますけど・・・笑

さて次に、WiMAXの料金を比較する時に

「ここだけ見ればOK」

というポイントを伝授します。

みんな難しいこと並べてわかりにくくしてますけど、意外とシンプルですよ!

ここだけ見ればOK。料金比較ポイント

女性

WiMAXは、エリアと速度についてはどこで契約してもまったく同じ。

サトウ

回線の運営自体は本家UQ WiMAXがしているからですね〜。プロバイダは広告と会員サポートが中心です

プロバイダを比べるのは料金面だけでOKです。

そして、その料金も

  • 実質月額料金
  • 実際の月額料金

の2つのポイントだけ見ればいいんです。

Aちゃん

ちょっとそのふたつの違いがよくわからないです

サトウ

ですよね。カンタンに解説しますね。

実質月額料金とは

電卓を持つ女性

WiMAXの「実質月額料金」とは、

  • 契約期間
  • 実際の引落額
  • キャッシュバック額

の、料金面の全ての要素を考慮したものです。

注意したいのは、「実際の引落額」ではないということ。

Aちゃん

どういうことですか?

例えば、キャッシュバックが特典として提供されている場合、月々の支払額とは別にお金が返ってきます。

キャッシュバックがないプロバイダと比較する時に、これを考慮に入れないと、公平な比較ができません。

なので、以下の式で算出します。

WiMAX実質月額料金

この式での算出が、料金面のすべての要素を含めてもっとも公平に比較できる数値です。

サトウ

だから、キャッシュバック単独の数字は見なくていいんです

ただしこの式は「料金面」のみを見るもの。

キャッシュバックには受取失敗のリスクや、サポート系の数値化できないサービスは考慮されません。

「とにかく1円でも総支払額を安くすませたい!」

というあなたは、この比較だけ見ればOKです。

そして、もっと「安全に確実に安くする」なら、いまから紹介する「実際の月額料金」での比較がベストです。

実際の月額料金とは

女性タブレット

実際の月額料金とは、読んでその名の通り、実際にカードや口座から引き落とされる金額のことです。

ここにキャッシュバックの影響はありません。

キャッシュバックには、受取の失敗リスクがあったり、アマゾンギフト券だったり、受取が13ヶ月後だったりと、様々な条件があります。

これを一切無視して、単純に「毎月いくら引き落とされるのか」ということだけの比較ですね。

サトウ

ただし、契約月数によって金額が変動するプロバイダも多くあります

例えば、1〜2ヶ月目は安く、3〜36ヶ月目は少し料金が上がるなど。

サトウ

この1〜2ヶ月の間に、7GBの安いプランを選ぶこともできますよ、というサービスですね

この料金変動だけは考慮しないといけません。

したがって、

「月額料金の総支払額」÷「契約月数」

で算出します。

こうすることで、契約期間の平均月額料金が出ます

これを持って「実際の月額料金」として比較していきます。

サトウ

3年間まったく料金が変動しないプロバイダもありますが、ほとんどは変動しますからね

個人的にはキャッシュバックの受取失敗リスクを考えると、こちらの「実際の月額料金」での比較がおすすめです。

それでは、実際に比較していきましょう!

実質月額料金で比較する

まずはキャッシュバックを考慮した、「実質月額料金」で比較していきましょう。

先程も見ましたが、算出はカンタンです。

WiMAX実質月額料金

サトウ

この式に当てはめて計算するだけですからねー

僕が追いかけているプロバイダの中で、実質月額が安いプロバイダ・上位4つはこちらとなります!

1位 Cloud Mobile ¥3,086
2位 GMOとくとくBB ¥3,268
3位 JPWiMAX ¥3,364

1位と3位には新進気鋭のプロバイダがランクイン。

2位には超有力プロバイダGMOとくとくBBが浮上。

それぞれカンタンに解説します。

1位 クラウドモバイル(Cloud Mobile)

クラウドモバイルWebサイト

1位に輝いたのは「クラウドモバイル」です。

2018年に運営をスタートしたばかりの新鋭プロバイダ。

クラウドモバイルの実質月額料金は、3,086円となります。

キャッシュバックキャンペーンは、アマゾンギフト券20,000円分です。

サトウ

ちなみにこの20,000円は、当サイトとのコラボキャンペーンです。普通に検索すると10,000円分になっちゃいます

クラウドモバイルのキャッシュバックは、契約後すぐに貰えるのが特徴です。

他の現金キャッシュバックを実施しているプロバイダは、12ヶ月後などに振り込まれるのが普通ですし、その手続きもめんどくさいんですよね。

ちなみに実際に引き落とされる月額料金は以下となります。

契約月数 月額料金
1-3ヶ月目 2,800円
4-24ヶ月目 3,500円
25-36ヶ月目 4,100円

契約期間平均だと、3,642円。

サトウ

実際の月額料金だけだとそれほど安くないですね。ただ、キャッシュバックがほぼ確実にもらえるので問題ないでしょう

ただし、クラウドモバイルの場合端末が最新ではないことに注意してください。

現在の最新端末は「W06」ですが、クラウドモバイルでは「W05」がもっとも新しい端末となります。

W06はこちらです。

W06

そしてW05はこちら

サトウ

端末は年々、バッテリーの持ち時間やサイズ面で進化しますよ

そしてもうひとつ注意点が。

クラウドモバイルは、auスマホが安くなる、「auスマートバリューmine」の対象外だということです。

サトウ

auスマホユーザーはスマホ代が最大1,000円安くなるので、他のプロバイダがおすすめです。

クラウドモバイルについて、詳しくはこちらの記事で解説してありますので興味がある人は読んでくださいね!

クラウドモバイル公式サイト
https://cloud-m.site

クラウドモバイルバナー

2位 GMOとくとくBB

実質月額料金の2位は、キャッシュバック額が業界1位の「GMOとくとくBB」です。

その額なんと、34,500円。

一時は40,000円超えでしたが、その後も高水準をキープしています。

とくとくBBキャッシュバック推移201909-02

サトウ

相変わらず最高額を維持しています

もちろん月額料金との兼ね合いもあるので一概には言えないのですが、やっぱりこの34,500円という現金キャッシュバックは魅力的ですよね。

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/



他のプロバイダは高くても30,000円程度です。

この差はどこから生まれてくるのでしょうか。

なぜGMOとくとくBBは高額なキャッシュバックを実現できるのか

どうしてGMOとくとくBBは、他社を圧倒する34,500円という高額キャッシュバック額を実現できるのでしょうか。

実は結構答えは簡単です。

まず、月額料金はそれほど安くないことが挙げられます。

これは割と盲点なのですが、高額キャッシュバックがあっても、月額がそれほど安くないので、契約期間の総支払額はそれほど変わらないということが多くあります。

サトウ

そしてもう一つの理由があります。

それは、

キャッシュバックの受け取り忘れ、受け取り漏れが一定数発生しているだろう

ということですね。

この受け取り忘れ・漏れが発生する確率を見て、キャッシュバック額を設定しているはずです。

というより、受け取り忘れが発生する前提の金額ということです。

サトウ

僕は、相当の数で、受け取れていない人がいるのではないかと見ています

キャッシュバックの受け取りが難しい

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックが非常に大きな魅力ですが、キャッシュバックの受け取り方法が難しいのです。

流れは以下です。

  1. とくとくBBオリジナルのメールアドレスが発行される
  2. そのアドレスにしか連絡が来ない
  3. 連絡は11ヶ月後となる
  4. 連絡が来たあと1ヶ月以内に返信が必要

このように、とくとくBBのアドレスにしか連絡が来ないので、わざわざメールを受信できるようにしなくてはいけないのです。

しかも11ヶ月後という、忘れた頃にやってくるわけですねー。

受け取る自信があるなら高額キャッシュバックは魅力

ちょっと受け取りづらいということを書いてきましたが、やっぱり40,000円を超えるキャッシュバックは大きな魅力ですよね。

サトウ

受け取る自信があるなら、とくとくBBは非常に魅力的なプロバイダです。

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/



3位 JP WiMAX(ジェイピーワイマックス)

JPWiMAX201907

「実質月額料金」の第2位は、JP WiMAXです。

このJP WiMAXは、1位で紹介したクラウドモバイルにすごく似ています。

サトウ

違うのはキャッシュバック料金だけですね

まず、実質月額料金は3,364円となります。

キャンペーンは、アマゾンギフト券10,000円分。

サトウ

クラウドモバイルは当サイト限定ですが20,000円でした

クラウドモバイルと比較すると、金額が下がってしまいますね。

サトウ

でも、端末は最新のものがあるから一長一短なんですよね

JP WiMAXでは、クラウドモバイルでは取り扱っていない最新端末W06が用意されています。

W06

もし「実質月額」を安くしたくて最新端末がいいなら、クラウドモバイルを契約せず、このJP WiMAXを契約しましょう。

月額料金はクラウドモバイルとまったく同じ。

実際に引き落とされる月額料金は以下となります。

契約月数 月額料金
1-3ヶ月目 2,800円
4-24ヶ月目 3,500円
25-36ヶ月目 4,100円

契約期間平均だと、3,642円となるので、引落額だけで見ればもっと安いプロバイダはあります。

JP WiMAXは、実質月額が最安級ながら、最新のW06が使えるのが魅力です。

サトウ

在庫があるかは確認が必要です・・・!

また、日本メーカー製の端末「WX系」の最新端末「WX05」の取扱がありません。

サトウ

こういった新興プロバイダは端末の在庫はちょっと微妙なことが多いんですよね〜

ちなみにJP WiMAXもauスマートバリューmineの対象外となります。

JP WiMAX公式サイト
https://jpwimax.jp/
JPWiMAX

実質月額料金比較まとめ

1位 Cloud Mobile ¥3,086
2位 GMOとくとくBB ¥3,268
3位 JPWiMAX ¥3,364

1位のクラウドモバイル、3位のJP WiMAXはともにアマゾンギフト券でのキャッシュバックなので、普段アマゾンを利用している人限定のキャンペーンととなります。

2位のとくとくBBは、キャッシュバックが高額なものの、受取の難しさが気になります。

そして何度か書きましたが、auスマホユーザーは注意が必要です。

とくとくBB以外のプロバイダは、すべて「auスマートバリューmine」の適用外だということ。

スマホの料金が、最大で月額1,000円割引される制度で、auスマホをつかっているなら絶対に利用したいサービスです。

詳しくはこちらの記事で解説してあります。

クラウドモバイル公式サイト
https://cloud-m.site

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/

JP WiMAX公式サイト
https://jpwimax.jp/

次は、キャッシュバックは考慮せず、実際に引き落とされる料金のみでの比較を見ていきましょう。

実際に引き落とされる月額料金で比較する

次に、実際に引き落とされる金額だけでの比較をしていきましょう。

サトウ

僕はキャッシュバックがいまいち好きになれないので、こちらから選んで欲しいと思っています

算出の方法はこちら。

「月額料金の総支払額」÷「契約月数」

これは、月ごとに引き落とし料金が変動するのを吸収するための対策です。

そしてベスト3はこちらです。単純に料金だけの比較です。

1位 GMOとくとくBB
月額割引
¥3,407
2位 Broad WiMAX ¥3,573
3位 カシモWiMAX
最安級プラン
¥3,621

それではひとつずつカンタンに解説していきましょう!

1位 GMOとくとくBB(月額割引)

GMOとくとくBB月額割引

実際に引き落とされる料金が、全WiMAXプロバイダの中で2番目に安いのは「GMOとくとくBB」となります。

契約期間平均の月額料金は3,407円。

詳細な料金はこのようになっています。

契約月数 月額料金
1-2ヶ月目 2,170円
3-36ヶ月目 3,480円

とくとくBBの端末は、最新のW06やWX05なども全て選択可能となっています。

  • 最新端末が欲しい
  • 実際の引落額が安いほうがいい
  • さらにキャッシュバックももらいたい

という人なら、とくとくBBはおすすめです。

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/



2位 ブロードワイマックス

ブロードワイマックスは、実は僕のイチオシプロバイダです。

サトウ

なぜなら、サポート系のサービスが充実しているからです。

契約期間平均の月額料金は3,573円。最安ではないものの、かなり安い金額ですね。

詳細な料金はこちらです。

契約月数 月額料金
1-2ヶ月目 2,726円
3-24ヶ月目 3,411円
25-36ヶ月目 4,011円

月額料金が最安ではないのに、おすすめしているのにはわけがあります。

サトウ

ブロードワイマックスは、サポート系サービスが充実しているのです

  • 引っ越しなどで電波に不満が出たら違約金なしで乗り換えられる
  • 他社WiMAXからの乗り換えで違約金負担
  • Web申込からの当日店頭受取も可能

このあたりの充実度は、他のプロバイダではなかなか見られないものです。

特に「違約金なしで乗り換えられる」のは非常に良いと思います。

サトウ

光回線や他のWiFiのプロバイダとしての実績も十分ですし、おすすめです!

詳しい解説はこちらです。

ブロードワイマックスを5分で全解説!評判より4台契約マニアのガチレポに任せてくれ!

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

3位 カシモWiMAX 最安級プラン

3位は2017年10月5日に参入したばかりのプロバイダ「カシモWiMAX」です。

カシモWiMAX公式サイト
https://www.ka-shimo.com/wimax

このプロバイダは後発で参入したこともあってか、非常に魅力的な料金設定となっています。

この「最安級プラン」の最大の魅力は1・2ヶ月目が月額1,380円と非常に安い金額になっていることですね。

このくらいインパクトが無いとなかなか割って入ることはできませんからねー。

サトウ

僕も情報が入ったときには非常に驚きました!

ただし、ずっとそのままの料金ではありません。

3ヶ月目以降は月額3,380円となり、3年間の契約期間平均だと3,213円となります。

この3,213円は、実際に請求される月額料金としては、業界最安ですね。間違いないです。

料金表はこちらです。

契約月数 月額料金
1〜2ヶ月目 1,380円
3〜24ヶ月目 3,480円
25〜36ヶ月目 4,079円
契約期間平均 3,621円

カシモWiMAX公式サイト
https://www.ka-shimo.com/wimax
カシモWiMAX

実際に引き落とされる月額料金比較まとめ

1位 GMOとくとくBB
月額割引
¥3,407
2位 Broad WiMAX ¥3,573
3位 カシモWiMAX
最安級プラン
¥3,621

1位のGMOとくとくBBはキャッシュバックがないのに、キャッシュバックを考慮した「実質月額」比較でも4位に入るなど、その安さは圧倒的。

また、とくとくBB、ブロードワイマックスは、端末も最新のものから自由に選べますし、auスマートバリューmineの対象プロバイダ。

個人的にはサポートが非常に手厚いブロードワイマックスをおすすめしていますが、キャッシュバックもあるとくとくBBも捨てがたいところです。

novas WiMAX公式サイト
https://shop.shinseicorp.com

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/

カシモWiMAX公式サイト
https://www.ka-shimo.com/wimax

まとめ

この記事では、WiMAXを月額料金面に絞って、簡潔にわかりやすく比較しました。

料金面には

  • 月額料金とキャッシュバックを考慮した「実質月額」
  • キャッシュバックの考慮なく「実際に引き落とされる月額料金」

のふたつの視点があります。

個人的にはキャッシュバックには何らかの制約があるので、あまりおすすめしていません。

サトウ

例えば、アマゾンギフト券のみであったり、受取が非常に難しいなど。

そういった視点で選ぶと、やはり「実際に引き落とされる月額料金」での比較が、一番分かりやすいのではないかと考えています。

ほぼすべてのWiMAXプロバイダの特徴やキャンペーンを追いかけ続けている僕が、ざっくり言うなら、

  • 最新端末がいい、キャッシュバックも欲しいなら「とくとくBB」
  • 最新端末かつ万一のサポートも欲しいなら「ブロードワイマックス」

という結論で、そのなかでもブロードワイマックスをイチオシします。

サトウ

やっぱり面倒なキャッシュバックとか忘れたいし、万一不満があれば乗り換えもできますからねー

よかったら公式サイトで確認してみてくださいね!

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, プロバイダー, ポケットWiFi