S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

八王子オーパ(仮称)2018年秋オープン!テナント等詳細は?

   

東京都八王子市のJR八王子駅南口に「八王子オーパ(仮称)」が新規出店します!

今回の計画は、日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)の所有地である八王子駅南口の土地に、住友不動産株式会社が開発を行い、新たに高層マンションと飲食店などの店舗が入る商業複合施設を建設、そこに「八王子オーパ」が出店する予定です。

また商業複合施設のほかに、八王子市の中心拠点となるJR八王子駅南口自由通路と2F部分をペデストリアンデッキで直結し、一体開発される204戸の高層マンション「シティタワー八王子フレシア」も併設します。

現在ある「サザンスカイタワー八王子」につながるペデストリアンデッキよりもJR八王子駅側に新たなペデストリアンデッキが新設される形になります。

(ペデストリアンデッキとは…広場と横断歩道橋の両機能を併せ持つ、建物と接続して建設された、歩行者専用通路のことです)

ここでは「八王子オーパ」がどんな商業施設になるのかテナントの詳細を含め、詳しくお伝えしていきたいと思います!

OPA(オーパ)とは?

株式会社OPA(オーパ)は、ファッションビルを運営するイオングループの企業です。

2016年3月にイオンリテール株式会社のVIVRE(ビブレ)、FORUS(フォーラス)事業部を受け継ぐとともに、イオンモール株式会社の100%子会社になりました。

2017年度には「水戸オーパ」「高崎オーパ」「秋田オーパ」の新規出店をはたし、現在は全国に11店舗展開しています。

また今後についても、

“衣食住すべてにおいてファッション視点でライフスタイルを提案する新・都市 型ショッピングセンター”の展開を推進し、お客さまに従来のファッションビルには無い新たな発見と驚きをご提供してまいります。
(ニュースリリースより)

とのことです。

また、同じ時期(2018年秋)に那覇市にも「那覇オーパ」の開店を予定しています。

こちらの記事も是非チェックしてみてください!

コンセプトは?

「八王子オーパ」のコンセプトはこちらです。

八王子をウェルネスシティに
「Urban Wellness.」

ウェルネス (Wellness) とは、世界保健機関 (WHO) が国際的に提示した、「健康」の定義をより踏み込んで、そして広範囲な視点から見た健康観を意味します。

イメージとしては、体の健康だけにとどまらず、都市全体が心地よく健康的にも文化的にも充実した生活を送れる、住みよい都市作り…といったところでしょうか。

オーパは、「八王子で暮らす全ての人へ、心地よいウェルネスライフを提案する」ということで、次の点を揚げています。

  • 都市に住みながら、自然を愉しむ機会を増やすこと。
  • 現代の暮らしの中に、健康的に生きる知恵を取り入れること。
  • 慌ただしい毎日に、スローな時間を増やすこと。

大都市で暮らし、慌ただしい毎日を送っていると、ついつい見逃しがちなことばかりですよね。。。

どのようなお店が入ってどんなスタイルになるのか、ますます気になりますね!

店舗概要は?

場所は?

  • 建物名称 : 八王子駅南口商業施設 (仮称)
  • 所在地 : 東京都八王子市旭町30-85

出店予定地である八王子市は、東京都の23区を除く市町村の中では人口約58万人にのぼる、第1位の中核都市。

またJR八王子駅は中央線、八高線、横浜線が乗り入れていて、都内有数のターミナル駅として1日約17万人の駅利用者でにぎわっています。

周辺は、多くの学校や公園、高尾山など観光スポットも点在するなど、都市と豊かな自然が同居する人気の居住エリア。

近年、大規模なマンション建設も続いていて、今後も発展が見込める土地ですね。

 

八王子駅南口商業施設 (仮称)の概要は?

  • 敷地面積 : 約4,000㎡
  • 延床面積 : 約10,100㎡(商業棟)
  • 店舗面積(計画時):4,633㎡
  • 建物構造 : 地上1階~6階 (商業棟)

八王子オーパの概要は?

  • 総賃貸面積 : 約6,200㎡(地上1階~6階)
  • 開店予定日 : 2018年秋(予定)
  • ショップ数 : 約40ショップ(予定)
  • 駐車場台数(計画時):66台
  • 駐輪場台数(計画時):195台

フロア構成は?

続いてフロア構成を見ていきたいと思います。

1階〜2階

あたらしい発見や驚きのある、
ココロと身体に美味しい
新感覚のフードエリア

飲食店や、食品店で構成される見込みです。

3階〜4階

ウェルネスとアクティブをテーマに、
日常を心地よくするための
ショップを展開

ファッション関連のお店が入居する見込みです。

5階〜6階

ビューティサロンや
フィットネススタジオなど、
ちょっと贅沢なウェルネス時間をご提供

美容院や、ジム等が入居する見込みです。

テナントは?

続いて気になるテナント情報です!

全40店舗がオープン予定です。

今の時点で分かっているのは、

  • オーボンパン ビゴの店(パン屋)
  • 金沢回転寿司(寿司)

の2店舗。

正式な発表はまだですが、情報が分かり次第、追記していきたいと思います。

ここでは東京都内に初出店となる「オーボンパン ビゴの店」を少し紹介しますね!

オーボンパン ビゴの店

「オーボンパン ビゴの店」は現在、金沢・京都で2店舗を展開するブーランジェリーです。

今回が3店舗目になります。

日本にフランスパンを伝えた第一人者、フィリップ・ビゴ。

そのパンづくりの技術とスピリットを受け継ぐ「オーボンパン ビゴの店」は、 自然発酵の酵母を使ったフランスの伝統的なパンづくり、 こころとからだにやさしい、毎日食べても飽きることないパンづくりを大切にしているお店です。

ブーランジェリーってなに?

ブーランジェリー(Boulangerie)って言う言葉、よくパン屋の名前などで目にすると思いますが、その意味をご存知ですか?

ブーランジェリーの条件とは「職人自らが小麦を選び、粉をこねて、発酵させ、焼いたパンをその場で売るお店」であること。

冷凍処理などを一切せず、ってことなんです。

多くの商品を売るために工場で作って冷凍し、それをお店に運び、焼いて売っているお店も多いので、実はちょっと難しいことなんですね。

しかも、フランスでは法律でそう定められている、立派な文化のもとに成り立つ称号なんだそうですよ!

実際この法律のおかげで、フランスでは5,000店あまりのパン屋が看板を返上したとか。

「オーボンパン ビゴの店」のパンのメニューは?

メニューはなんと100種類以上!

硬めのパン、柔らかめのパン、食パン、と豊富に揃っています!

そして1種類のパンも1日数回にわけて作り、焼きたてのおいしさにこだわっているそうです。

また、イーストフード不使用で、天然酵母と粉、塩、水のシンプルな基本材料で作りあげる本当のフランスパンです。

現在JR八王子駅周辺のビル内にある、DONQやPOMPADOURにはない、新しいタイプのパン屋さんであることは間違いなさそうです!

オープンをお楽しみに〜

アクセスは?

電車の場合

  • JR八王子駅南口駅直結
  • 京王電鉄京王線・京王八王子駅 徒歩8分

車の場合

最寄りのインターチェンジからの距離を記載しておきます。

  • 相模原愛川ICより
    国道129号線 と 国道16号線 経由で約35分
  • 中央自動車道八王子ICより
    国道16号線 経由で約13分

まとめ

JR八王子駅周辺には「八王子東急スクエア」や「セレオ八王子」「サザンスカイタワー八王子」などのビルが立ち並びます。

そんな中に新規出店する「八王子オーパ」ですが、発表されたコンセプトからも他の商業施設にはない、新たな店舗構成や居心地の良い空間の形成に期待できそうですね。

「新・都市型ショッピングセンター」という言葉にも期待が高まります!

「八王子オーパ」がどんな商業施設になるのか今からとても楽しみですね〜

新しい情報が分かり次第、どんどん追記していきますので、是非チェックしてみてください!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った, 関東