S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

イオンモール津南2018年秋オープン!170店テナント最新情報!

   

2018年秋、「イオンモール津南(つみなみ)」がオープンします!

場所は、津市の中心部から南に7kmの場所で、2016年に閉店した「イオン津南ショッピングセンターサンバレー」の跡地です。

大型のイオンモールが比較的多い三重県ですが、「イオンモール津南」はどのくらいの規模で、どんな店舗が入るのでしょうか?

ここではアクセス情報やテナントなど、最新情報をお伝えしていきます!

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

AdSense

どのくらいの規模なの?

場所は?

  • 所在地 三重県津市高茶屋小森町145番地

建設予定地は、東側には名古屋市内と伊勢湾沿いの各都市を結ぶ国道23号(伊勢街道)が通っていて、津市市街地からだけでなく、松阪市方面からもアクセスが良好な立地です。

また、2018年度には国道23号中勢バイパスが鈴鹿市まで全線共用開始予定となってるので、ますます利便性の優れた場所になっていくでしょう。

店舗概要は?

  • 敷地面積  約108,000㎡
  • 総賃貸面積 約60,000㎡
  • 階数    地上4階建て
  • 店舗数   170店舗

サンバレーの頃は68,200㎡だったので、約1.5倍の敷地面積ということになりますね。

店舗数も170店舗とかなり大きな施設になりそうです!

通常は2〜3階建てが一般的というイオンモールですが、今回のモールは地上4階建て。

なので敷地面積の割には店舗数が多いというわけですね。

また、駐車場は店舗棟とは別で地上5階建ての駐車場が建設される見込みです。

このように通常よりも高い建物にし、店舗を災害時には住民の避難場所として提供することを検討しているそうです。

また、イオンは東日本大震災などを受け、グループの商業施設を住民の一次避難場所として開放するなど防災機能を強化中だそう。

伊勢湾に近い建設地ということもあり、南海トラフ巨大地震に備えた地域も防災拠点としても期待されそうです。

 

コンセプトは?

モールコンセプトは『「みなとまち」祝祭プロムナード』。

また

三重県の中勢・南勢エリアNo.1の施設規模を誇る新たなランドマークとして、トレンド発信、文化・エンターテイメントの発信、流行の拠点として街の賑わいを創出してまいります。

とリリースされています。

伊勢湾を臨む街ならではのコンセプトですね!

「祝祭」というキーワードから賑やかな雰囲気が伝わってきますが、一体どんなモールになるんでしょう。

テナントもイベント等の内容も詳細が気になるところです!

 

テナントは何が入るの?

テナントはまだ公開されていませんが、現時点で求人情報からわかるテナントをジャンルごとに分けて紹介します。

ファッション

店舗名 ジャンル
Zoff(ゾフ) メガネ
H&M ファッション
SM2 keittio レディースファッション
ジュエリーツツミ ジュエリー
BABY DOLL キッズ&ベビー
マザウェイズ キッズ&ベビー
アスビー
INGNI レディースファッション
きものやまと 着物

雑貨

店舗名 ジャンル
チェルシーニューヨーク 服飾雑貨&インテリア雑貨
化粧品のふじや 化粧品
じぶんまくら 寝具
ダイソー 100円ショップ
CLEAR by kawasumi 宝飾品
ROOMROOM インテリア雑貨
エメフィール ランジェリー

グルメ&フード

店舗名 ジャンル
カルディコーヒーファーム 輸入食品
三國屋善五郎 お茶専門店
久世福商店 食品(和)
鶴橋風月 お好み焼き
鎌倉パスタ パスタ
かつや とんかつ
コメダ珈琲 喫茶店

サービス・その他

店舗名 ジャンル
PeTeMo ペットショップ
PALO アミューズメント

その他、映画館も併設予定だそうです。

分かり次第どんどん追記していきますので是非チェックしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

AdSense

 

営業時間は?

営業時間もまだ公表されていません。

こちらも分かり次第追記していきます!

 

アクセスとパーキング

車の場合

  • 伊勢自動車道 久居ICより約11分

駐車場と料金もわかり次第追記します。

 

電車の場合

  • JR紀勢本線 高茶屋駅下車 徒歩6~7分

バスの場合

  • 三重交通(椋本線、香良洲線、津三雲線)「高茶屋小森南」バス停留所下車すぐ

 

三重県内のイオンモールとの比較

「イオンモール津南」はイオンモールのオープンとしては三重県内では6店舗目になります。

店舗数170という大型施設になる見込みですが、ここでは三重県内の他の大型のイオンモールと規模を比べてみました。

施設名 敷地面積 延床面積 店舗数 駐車場台数
イオンモール
鈴鹿店
約161,000㎡ 約128,000㎡ 180店 約4,200台
イオンモール
東員店
約140,000㎡ 約84,000㎡ 146店 約3,500台
イオンモール
四日市北店
約116,000㎡ 約57,000㎡ 81店 約3,000台
イオンモール
津南店
約108,000m² 不明 170店 不明

イオンモール鈴鹿の大きさが際立ちますね〜。

しかし店舗数では「イオンモール津南」も負けてませんね!

さきほど店舗概要でも触れましたが、4階建てにすることで170という店舗の数を確保しているんですね。

イメージ写真からも、施設全体の巨大さも伺えます。

それに鈴鹿店からは車で約一時間もかかりますし、津市や松坂市の方にとっては今回の大型モールの誕生はかなりの朗報になるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

AdSense

まとめ

まだまだ詳しい情報は明らかになっていませんが、複合エンターテイメントスポットとして注目を集めそうな「イオンモール津南」。

みなとまちならではのイオンモールとして新たな試みに期待したいですね!

今後の展開もしっかり見ていきたいと思います!

 

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 行きたい・行った