S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

大分オーパ2019年春オープン!「食」に特化したテナント集結!詳細をチェック!

      2018/10/05

2019年春、大分市にOPA(オーパ)がオープンします!

場所は大分市中央町、ファッションビル「大分フォーラス」の跡地。

「大分フォーラス」は、1993年に「ジャスコ大分店」を改装し、若者向けのファッションビルとして人気を集めていましたが、築40年以上が経過し、建物の老朽化による耐震性不足が発覚したことから、2017年2月に閉店。

その後「オーパ」が跡地に出店することを発表し、併せてコンセプトの見直しを進めていました。

約2年間の空白を経て、新しく誕生する「大分オーパ」はどのような商業施設になるのでしょうか。

この記事では「大分オーパ」のテナントの詳細やアクセスなど、最新情報を詳しくお伝えしていきますね!

オーパ(OPA)とは?

まず、オーパ(OPA)をあまり知らない方のために簡単に説明しますね。

株式会社OPA(オーパ)は、流通大手のイオングループの企業です。

2016年3月にイオンリテール株式会社のVIVRE(ビブレ)、FORUS(フォーラス)事業部を受け継ぐとともに、イオンモール株式会社の100%子会社になりました。

現在は全国で11店舗のオーパ(OPA)というファッションビルを運営しています。

また、今後「フォーラス」の店舗は順次「オーパ」に転換する方針とされています。

今、とても勢いのあるファッションビルの一つですね。

オーパは今秋、「八王子オーパ」「那覇オーパ」を開業予定です。

こちらの記事も合わせてチェックしてみてください!

大分オーパのオープンはいつ?

開店予定日は2019年春を予定しています。

日にちの詳細は、分かり次第追記しますね。

 

店舗コンセプトは?
どんな施設になるの?

「大分オーパ」のコンセプトは、

あたらしい“食”体験
Wonder Food Experience

です。

オーパは、

大分の地域風土が培ってきた魅力と、世界のトレンドや多様なスタイルを融合し、新鮮な食材や、旬の味覚を楽しむことはもちろん、食にまつわる様々な知恵や体験を通して今までにない感動をご提供します。

としています。

そう、「大分オーパ」のテーマは「食」

全館まるごと「食」にまつわるテナントで構成されるのです!

なんでも、大分市の消費者購買実態調査というのを参考に分析したそう。

その調査では、大分市中心市街地に行く目的について、

  • 1位「食事・喫茶(酒類を伴わない)」…30.8%
  • 2位「食事(酒類を伴う)」…29.0%、
  • 3位「ウィンドウショッピング」…28.6%、
  • 4位「少し高級な買い物」…27.7%

という結果が出ているんですね〜。

この大分市民の特性に注目したようです。

 

フロア構成は?

フロア構成は次の通りです。

階数 内容
4階 フードホール/レストラン
3階 フードマーケット
2階 フードマーケット
1階 フードマルシェ

4階には屋外テラスも設けられます。

ごらんの通り、各フロアすべてが「食」に関わる内容で構成されています。

「食」関連だけで約50店舗のテナントの集結とは見ものですよね!

また、全館が食品関連というオーパは史上初。

イオングループ全体においても最大級の食品館であることは間違いなさそうです。

 

テナントは?

テナントの詳細はまだ発表されていません。

1階の「フードマルシェ」は食品スーパーだと思いますが、生鮮食品売場の核店舗はイオンかマックスバリュのどちらかになりそうです。

こちらも分かり次第更新したいと思います。

 

大分オーパの外観は?

外観はこのようにガラス張りのデザインになるみたいですね。

壁面が緑化され、屋上にも緑が見えます。

以前のフォーラスと比べるとかなり洗練された印象です。

また、大分市の商店街「セントポルタ中央町」のアーケードに面しています。

 

お店の場所や規模は?

続いて店舗の概要を見ていきます。

概要は?

住所 大分県大分市中央町1-2
電話番号 043-213-3211 ※
営業時間 未定

※電話番号は株式会社OPA営業企画部のものです。店舗の番号は公開され次第、更新します。

場所は、大分市の中心拠点となるJR大分駅前。

JR大分駅は日豊本線、久大本線、豊肥本線が乗り入れる大分市の交通の要衝で、九州内第4位の1日約4万人の乗降客でにぎわう駅です。

目の前には「トキハ本店」や商店街、また周辺には「大分県立美術館」などの文化芸術施設も充実。

特に、隣接する「セントポルタ中央町」という商店街は大分市一の繁華街で大分県内有数の人が集まるエリアです。

規模は?

  • 敷地面積:約2,400㎡
  • 延床面積:約7.400㎡
  • 総賃貸面積:約4,000㎡
  • 建物構造:地上4階
  • ショップ数:約50ショップ(予定)

 

大分フォーラスとの比較

かつての「大分フォーラス」と規模を比較してみました。

大分フォーラス 大分オーパ
延床面積 18,813㎡ 7,400㎡
店舗面積 12,130㎡ 4,000㎡
建物構造 地上8階・地下1階 地上4階
テナント数 41店舗(閉店時) 50店舗

階数はフォーラス時代の半分になります。

こぢんまりとした印象ですが、テナント数はフォーラス時代より多くなる予定です。

延床面積にかなり差があるのに「大分オーパ」のほうが店舗数が多いのは、フォーラス時代には店舗面積の広い大型書店の「ジュンク堂」や大型アパレル店「GU」などが入居していたためですね。

 

アクセスは?

車の場合

  • 大分自動車道 大分ICより約11分

電車の場合

  • JR大分駅から徒歩約5分

バスの場合

  • 大分交通 大分トキハ前バス停すぐ

 

ちょっと気になる!
「おおいた元気横丁」のこと

大分市一の繁華街に建設される「大分オーパ」。

そのテーマは「食」ということですが、実は建設地周辺には食品スーパーや百貨店もあるほか、かなり多くの飲食店があるんです。

その中でも2018年9月13日(木)にグランドオープンしたばかりの「おおいた元気横丁」という飲食店に注目してみました!

「おおいた元気横丁」はちょっと変わったスタイルのお店なのです。

どんなお店なの?

「おおいた元気横丁」があるのは「大分オーパ」から歩いて約5分のところ。

お客さんの目の前で調理する屋台型店舗の飲食店8店舗が、同じフロアに集まっていて、さまざまな料理を同じ席にいながら一度の会計で味わえるスタイルの飲食店です。

現在は以下の8店舗が入居しています。

  • かまえ海鮮酒場 だれやみ(鮮魚料理)
  • 本場韓国料理 ハヌル(韓国料理)
  • 黄金パンダ(和風中華)
  • Passo a Passo(イタリアン)
  • たの上(割烹バル)
  • とんぎゅう(溶岩料理)
  • 和居わいがや我家(野菜くし巻)
  • 炭火焼鳥 わてん(地鶏料理)

和食、イタリアン、中華、韓国料理…多彩ですね!

店内のテーブルやカウンターには、全店舗のメニューが頼めるタブレット端末が配置されています。

個室もありますよ〜。

店舗概要です。

住所 大分市中央町3-7-1
店舗数 8店舗
客席数 200席
営業時間 17〜24時(土・祝日 15〜24時)
定休日 日曜日(祝日・祝前日の場合は翌日)
駐車場 なし

夢があつまる横丁

「おおいた元気横丁」は不動産開発などを手掛ける「アスラボ」が運営。

「アスラボ」は各地域における料理人の独立を支援している企業です。

「おおいた元気横丁」では土地の取得や建物、厨房整備といった初期費用を「アスラボ」が負担し、各店の初期負担を一律20万円に抑え、ホールスタッフも全店舗共通で雇用。

様々な方法でコストを抑えているそうです。

内装にも手を掛けず、なんと椅子は一升瓶用のプラスチックケースが使われているんですよ〜。

現在、同様のスタイルの店舗として

  • 甲府ぐるめ横丁
  • 宮崎ひなた横丁
  • 天文館かごしま横丁

を全国で展開しています。

大分の食文化を発信し、料理人の挑戦を応援する舞台となる「おおいた元気横丁」。

このような話題性のある店舗もオープンし、大分の街はこれからもどんどん活気あふれる街になっていきそうですね。

 

まとめ

これまではいわゆるファッションビルを運営してきたオーパですが、「大分オーパ」は全館を「食」に特化するという初の試みで誕生します。

「ファッションとは、服飾に限らない。“食”をキーワードに新たな流行を生み出したい」

という経営企画部の意気込みに期待したいですね!

「大分オーパ」の期待度は?

レビュアー S8編集部
期待度 4.2

「大分オーパ」は新たな食の文化を作ることができるのでしょうか。

これからも「大分オーパ」に注目して情報を追いかけていきたいと思います!

オープンが楽しみですね!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 九州・沖縄, 行きたい・行った