S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

シンガポール旅行5日目【自由日・ナイトサファリ】

   

こんにちは〜!!

まりもです(^o^)

2018年に家族で約1週間シンガポールに旅行に行きました。

シンガポールは私が学生の時から憧れていた国。

アトラクションが2歳までは無料のところが多く、我が家は息子が3歳になる前月に旅行の日を設定。

まだ2歳ということでトラブルも多くありましたが、その様子も交えつつ現地でのレポートを紹介します。

シンガポールの家族旅行を予定されている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

本記事では5日目の出来事をレポート致します。

※本記事では、シンガポールの通貨の表記を読みやすくする為に「ドル」に統一しています。

正式名称は、「シンガポールドル」です。

表記は、「S$」または「SGD」です。

旅行当時は、1S$=約83円でした。(2018年10月)

アメリカなどで使われている「ドル」とは異なる貨幣になる為ご注意下さい。

関連記事は以下のリンクよりお読み頂けます☆

ファミリーでシンガポールを120%楽しむ方法!家族旅行レポート〜準備編〜

シンガポール旅行1日目【出国→マリーナ・ベイ・サンズホテル】

シンガポール旅行2日目【マリーナエリア→オーチャード】

シンガポール旅行3日目【リトルインディア・カトン・ブギス・オーチャード】

シンガポール旅行4日目【セントーサ島(シー・アクアリウム・バンジージャンプ)】

 

リトル・インディア再訪

5日目【10月14日(日)】(晴れ)

前日に体調を崩した息子は、ホテルでゆっくり休んだのが良かったのか少しずつ本調子に戻りつつありました。

少し微熱はあるものの機嫌もよく、ホテルの部屋で「おかあさんといっしょ」のビデオを見たり、シールブックにシールを貼ったりして遊びに夢中。

午前中は義母と旦那が息子をみてくれると言ってくれたので、私は3日目に訪れたリトル・インディアにもう一度一人で行くことに。

旅行3日目にリトル・インディアを訪れた時のことは、下のリンクより読めます。

シンガポール旅行3日目【リトルインディア・カトン・ブギス・オーチャード】

リトル・インディアの地図はこちらです。

シンガポールの電車MRTを使って行ってもよかったんですが、時間の節約の為にホテルからタクシーで向かうことに。

タクシーの運転手が気さくな人だったので、少しお喋りしているとあっという間に目的地に到着。

リトル・インディアに着くと、主に自分用にお土産を買いました。

自分の部屋をインドっぽく模様替えしたかったので、部屋に飾るインテリア小物や装飾をゲット♫

写真はティッシュボックスカバーです。

2019年の今現在も、私の部屋はインド使用になっています。笑

根性ないので本場のインドに行く勇気はありませんが、リトル・インディアは、にわかの私にはちょうど良かったです。

帰りはMRTで帰ることに。

途中乗り換えを間違えるミスがありましたが、シンガポールのMRTは日本の地下鉄と同じ様な感じなので使いやすかったです(^^)

プール(ヨークホテル)

ホテルに着いた後は暇だったので、旦那とホテルのプールに泳ぎに行きました。

ヨークホテルのプールはこんな風になっています。

 

View this post on Instagram

 

With an inviting pool like this, it is a perfect reason for a relaxing swim! #tgif 📷 : @_babyayu_ • • • #yorkhotel #yorkhotelsg #swimmingpool

York Hotel Singaporeさん(@yorkhotelsg)がシェアした投稿 –

私達の他には、5人くらいしかいませんでした。

ちなみにジャグジーは壊れていて、ただの水だったので少しがっかり(゚д゚)

マリーナベイサンズのインフィニティプールは、入ったのが夕方と夜(朝方にも入りました)だったので、結構寒かったですが、お昼だと10月でも寒くなく、ちょうど良い気温・水温でした。

人気のプールも良いですがヨークホテルの様な、のんびりまったり入れるプールも楽しくてGoodです☆

シンガポール動物園・リバーサファリ

夕方になると息子も回復してきたので、せっかくチケットもあるので無理をしないよう気をつけながら動物園に行くことにしました。

シンガポールには3大動物園があります。

まずは、その説明を軽くしたいと思います。

3大動物園「ナイトサファリ」「シンガポール動物園」「リバーサファリ」は同じ場所に隣接して立っています。

これらの動物園は市内から約25km程の距離にあり他のレジャー施設に比べると、かなり遠い場所にあります。

私達はタクシーで向かいましたが、約30分位で着いたと思います。

息子の体調を最優先にして様子を見ながら、ホテルを出てきたので現地に着いたのは17時45分くらいでした。

シンガポール動物園は、もう閉館時間に近かったので退場する人たちが園内から歩いて出てきていました。

シンガポール動物園の基本情報は↓です

  • 料金:大人34ドル、子ども23ドル (3〜12歳)
  • 時間:午前8時30分~午後6時

▶Singapore Zoo – World’s Best Rainforest Zoo

シンガポール動物園には残念ながら行けなかったのでレポートはできませんが、シンガポール動物園では檻や柵を極力設けない展示になっています。

アーメンレストランでは、オラウータンを眺めながら食事もできます。

リバーサファリは入場こそ間に合ったものの、ほとんどの動物の展示が終了していたので本当に閑散としていました。

リバーサファリの基本情報は↓です

  • 料金:大人30ドル、子ども22ドル (3〜12歳)
  • 時間:午前10時~午後7時(最終入場6時半)

▶River Safari Singapore – Asia’s First and Only River

人気のジャイアントパンダも、ジャイアントパンダ・フォレストの最終入場が18時までだったので扉が閉まっていました(ToT)

 

View this post on Instagram

 

In the middle of the great eyebags lies a twinkling pair of eyes.

🍁s.y.e.n🍁さん(@syen.travelogue)がシェアした投稿 –

亀や魚の水槽は見ることができました。笑

リバーサファリでは、「アマゾン・リバー・クエスト」といってボートに乗って動物を見ることができるアトラクションもあります。

要予約ではありますが、参加料金は大人5ドル子ども3ドルと手軽な値段なので気になる方は是非試して見て下さい☆

園内にあるパンダカフェもとても気になります(^^)

ナイトサファリ

なんだかんだありましたが、やっとナイトサファリに着きました。笑

ナイトサファリは日本でも有名なので、知っている人も多いのではと思います。

ここで3園の位置関係も説明します。

西にナイトサファリ、真ん中にリバー・サファリ、東にシンガポール動物園の順番で並んでいます。

ナイトサファリの基本情報は↓です

  • 料金:大人45ドル、子ども30ドル (3〜12歳)(英語トラム料金含む)
  • 時間:19時15分~24:00

▶Night Safari – World’s First Nocturnal Wildlife Park

ナイトサファリに入ると、すごい人だかりでした。

入場した人は、真っ先にトラム(電気で動くバスのような乗り物)乗り場へ移動するので、トラム乗り場はとても混雑。

混雑のピークを避けるために、トレイルから先にまわることにしました。

トレイルとは直訳すると「自然道」という意味。

ナイトサファリではトレイルが設けられていて、歩いて動物を観察することができます。

ガイドブックを見た感じだと、歩きながら普通に動物が簡単に見つかると思っていました。

しかし実際は本当に暗くて、思っていた感じとは全然違う〜(ToT)

「自分で動物を探しだす(?)」って感じですかね。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

High light of the night safari was these River sausages. How cute. #nightsafari #otter #singapore

Ichigoさん(@ichigosdiary)がシェアした投稿 –

日本の動物園は、「展示」という意識が強いので、展示の動物が見つからないってことはまずないと思うんですが、

シンガポールの動物園はもっと動物の立場に立って作られているので、とにかく「自然体」。笑

動物の名前の展示プレートがあっても、当本人(当動物?)が見当たらないこともあるというのは、ある意味衝撃的。

檻や柵も日本のようにガチガチに作られていないので、人間もいつでも動物側の茂みに迷いこんで行けそうでした。

トレイルの探索が終わり、トラム乗り場の混雑もマシになっていたので乗り場へ移動。

このトラムなんですが、サイドに檻も窓もありません。↓↓

すごく近くまで動物が来るわけではないので危険ではないと思うんですが、うちは息子が2歳だったので、

「これ落ちたら終わりや、、」と家族みんなで危機感を感じました。笑

勿論、息子は大人で端をガードして真ん中に配置。

園内が動物に配慮してかなり照明が暗めなので、草むらの中などに子どもが走って行ったらもうわからなくなりそうでした。

トラムの乗車時間も約40分です。

乗車時間が結構長いので小さい子どもさんを連れて行く場合は、対策をとってから行くようにして下さい。

息子はなぜかこの日はおとなしかったので静かに40分乗っていましたが、子どもに何もしない40分は難しいなぁと感じました。

肝心の動物ですが、ライオンやゾウも見れました(^^)

ナイトサファリの魅力は人間を喜ばす為のものではなく、夜行性の動物の自然の姿を観察できること。

よっぽど大人しい子なら小さい子でもいいと思いますが、実際には小学生以上の方が楽しめるのかなぁ?

開園時間も夜遅いので、ホテルに戻る頃には本当に夜遅くになります。

私達は息子が体調が万全ではなかった為トラム乗車後すぐにホテルに帰ったので、たしか21時台にはホテルに戻りました。

5日目まとめ

5日目も体調不良の息子に合わせたスケジュールになりました。

私達は事前にvoyaginでチケットを購入していたので、せっかくならと動物園にも行きました。

さすがに3園分すべてのチケットを購入したのは、やりすぎだったかも(^o^;

園1つ1つが広い敷地に建てられているので、1日1園くらいがちょうど良いかな。

2歳の子どもを連れての動物園だったので、ネガティブな面もお伝えしてしまいましたが、自然派の動物園というのは、やっぱり魅力的だと思います。

動物にストレスがかからない工夫も多くされているので、自然体の動物を観察することができます。

市内からかなり離れているのは難点ですが、動物好きな方は是非一度訪れて見て下さいね(^^)

旅行記は6日目へ続きます。

他のシンガポール旅行記の関連記事は下記のリンクよりお読み頂けます。

ファミリーでシンガポールを120%楽しむ方法!家族旅行レポート〜準備編〜

シンガポール旅行1日目【出国→マリーナ・ベイ・サンズホテル】

シンガポール旅行2日目【マリーナエリア→オーチャード】

シンガポール旅行3日目【リトルインディア・カトン・ブギス・オーチャード】

シンガポール旅行4日目【セントーサ島(シー・アクアリウム・バンジージャンプ)】

 


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - シンガポール, 海外旅行記