ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

【Wi-Fiスポット】スタバやカフェの無料電波設定は危険て知ってた?

      2017/07/10

 

Young man with glasses working on his notebook, with a fresh cup of coffee nice and early in the morning, getting the business out of the way nice and early in the day

〜無料Wi-Fiに繋ぐ前に知っておこう〜

PCやタブレットを持ち歩いている方。

特に仕事で移動の多い方は、外出先で操作したい場面も多いですよね。

スマホのテザリングだと容量が心配。

速度制限がかかったり、容量を追加する際の課金は結構高いですし。

そんな時に無料Wi-Fiスポットになっているお店を探す人もいるのではないでしょうか。

私が暮らす名古屋市も、続々とWi-Fiスポットが増えて来ています。

東京にお住まいの方はもっと身近で気軽な存在でしょう。

便利なフリーWi-Fiですが、使う際に注意が必要なのはご存知ですか?

被害に遭わない為に、接続前に安全な使い方を確認しておきましょう。

外でPCやタブレットを使いたい時には?

外でPCを使うなら選択肢は3つ!

1.スマホのテザリング
2.Wi-FiスポットのフリーWi-Fi
3.Wi-Fiルーターを持ち歩く

この中で完全無料なのは2。

Wi-Fiスポットになっているカフェなどの電波を使う方法です。

フリーWi-Fiって?

フリーWi-Fiならどこも同じと思いがちですが、

Wi-Fiスポットの無料電波には大きく分けて3種類あります。

1.スタバやマクドナルドなどのWi-Fi

imgres

フリーWifiの業者が提供しているWi-Fiを、お店に導入しています。
店によっては利用の際に登録が必要だったりします。

スタバはまさにそれ。

クリックすれば何もせずにすぐ使える店も多々あります。

マクドナルドでWi-Fiを利用したらこちらでした。

2.個人のお店などのWi-Fi

imgres-1

お店側が自分でネット回線を引いて、お客さんにパスワードを開示する事で利用できるようにしています。

個人の美容院や飲食店、フィットネスなど、小規模のお店の場合はこのパターンが多いです。

お店が直接契約しているので、家のネット回線と変わりません。

1つの家族で同じネット回線を使うのと変わらないので、セキュリティに関してはとても甘いです。

3.建物の外でも使えるWi-Fi

imgres-2

こちらは地下鉄などの屋外で繋がるWi-Fi。

地域の観光戦略などの目的で、官公庁などが提供しているもので、電波法の制限があり一般企業は提供できません。

許可を得た企業だけが提供できるので、ある程度のスピードが確保されます。

お店のWi-Fiよりはセキュリティ面で少し安心感があるようです。

フリーWi-Fiのセキュリティは甘々!!

お店の中の無料Wi-Fi電波は、セキュリティが穴だらけなのです。

この中で1番セキュリティ対策が甘いのは2の、お店側が自分で引いた回線。

二番目は1の、マクドナルドやスタバの回線です。

特にマクドナルドなどの完全フリーの鍵なし回線はもっとも危険。

では具体的にどういう危険があるのか?

挙げていきます。

無料Wi-Fi電波の危険性

同じネットワーク上にいる人に、自分のPCの情報を抜かれてしまう可能性があります。

特に仕事で使用しているPCを繋ぐ場合や、ネットバンクなどを使用するのは危険。

抜かれたら困る大事な情報がある人には、実はあまりおすすめ出来ないものなのです。

同じネットワーク上にいる人が自分のアカウントを使ってネットサーフィンする事もできてしまいます。

メールを読まれてしまう事も。。。。

怖!!!!

大事なパスワードを送ったりするのは、やめた方がいいでしょう。

こうして考えると、ビジネス目的でフリーWi-Fiを使うのはかなり危険と言えますね。

仕事の移動中のネット環境でおすすめなのは?

移動が多い方や仕事でPCを持ち歩く事がある人は、テザリングかWi-Fiルーターでのネット接続がおすすめです。

いつでもどこでもネットが使えるので、持っていれば一気に楽になりますね!

テザリング?Wi-Fiルーター?どっち?

list_wx02

実際に私もPCを持ち歩くので、テザリングを使ってみた事もありました。

持ち物が増えない点では手軽さが便利ですよね!

しかし、あっという間に容量が上限を超えてしまい、低速制限がかかる事態に。

最近はLINEやTwitterやインスタでも動画が多いので、見入ってしまうとすぐに上限超えてしまうんです。

容量を追加する事も可能ですが、スマホのデータ通信料金って課金するとめちゃくちゃ高い!

それにもう1つ。

テザリングしている時、iPhoneの充電の減りが凄かった…。

頻繁にビジネスで使う人にとってはあまり現実的でないような気がします。

Wi-Fiルーターについても調べてみました

データ容量が無制限で一番安いのは?

せっかくWi-Fiルーターを持つのに、またスマホのようにギガ数の上限を気にしたくない。

かと言って高すぎるのは嫌。

私はこの2点がとても気になったので、無制限で使えて、一番安いものを探しました。

自分でも各社比較して、家電屋さんにも行きWi-Fi担当の方におすすめを聞いてきました。

結果、私が選択したのはWiMAXです。

料金も他社と比較して決して高くない。標準です。

そして通信量が無制限なのです。

何より驚く事に、家電売場の人たちのおすすめが、口を揃えてWiMAX一択でした。

というわけで、実際にレンタルしてルーターを使ってみました。

WiMAXについてはかなり詳しくまとめた記事があるので、知りたい方は是非読んでみて下さい。

実際に使った感想や料金について書いています。

月間ギガ数無制限WiFi、WiMAX2+のメリットデメリット

WiMAXを契約してスマホの料金を安くできる

一番おすすめのBroadWiMAXで契約するとしたら月額料金が3,500円。

データ容量は無制限です。

そうなればスマホのパケット容量を、一番小さいものに変えられます。

3大キャリアのパケット料金が5GBで5000円。

最小の2GBにすると3500円なので、それだけで1500円スマホ代が安くなります。

そうなると、今と比べて月々2000円でネットが無制限に使えるようになるわけです。

更にテザリングのようにスマホの充電が一気に無くなる心配もないので、外でのネット通信は格段に便利になります。

速度制限がかかっても結構速い!

先程の詳しく書いた記事でも挙げたのですが、WiMAXは3日で3GBの上限が設けられています。

それを超えると4日目に低速になるというもの。

ただ実際に使ってみて感じたのですが、低速制限がかかっても、YouTubeなどの動画がまったくストレスなく観られるくらいの速さが出ていました。

公式には6~7Mbpsとなっています。

通常のSNS利用やWebサイト閲覧では一切ストレスを感じないレベルです。

サポートセンターに問い合わせた時も、センターの人が、

「実際は通常と変わらないくらい使える程度の制限です。動画やウェブサイトは普通に観られますよ。」と言っていました。

まとめ

各社調べてみて、実際に使用した感想として、家電屋さんの言う「Wi-Fiルーターを持つならWiMAX一択」は間違いないと思います。

スマホのパケ代を安くすれば月額料金もそこまでかからないし、それ以上に得られるメリットが多い。

データ容量を気にしないで、移動中にセキュリティが安全な電波を使えるのはビジネスマンにとっては一度持ってしまうと手放せないでしょう。

参考にしていただければ幸いです。

WiMAX公式サイトはこちら
BroadWiMAX


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi