S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

WiMAXの速度制限について解説!3日10GB制限の内容とは

      2017/10/17

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWiFi)のひとつであるWiMAX(ワイマックス)。

2017年に速度制限の規制緩和があって、大幅に使いやすくなりました。

そして僕は先日、思い切って自宅の固定回線を解約して、WiMAX一本に乗り換えました。

その結果、かなり快適に利用できています。

さてこのWiMAXですが、僕がそうしているように、固定回線代わりにも使えます。

「実質無制限で使えるポケットWiFi」と呼んでいいほどのサービスなのですが、その内容がちょっとわかりづらいのも事実。

この「実質」と言うところがひっかかるところですよね。

結論から言うと、WiMAXにも速度制限はあります。

この記事では、WiMAXの速度制限などについてわかりやすくしっかり解説します。

すでに今制限されてしまって、その解除されるタイミングが知りたい人はこちらをご覧ください。

▶ ワイマックスの速度制限が解除されるには

もしWiMAXを検討されている人の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

AdSense

WiMAXには制限があるけど、とても緩い

冒頭でも書きましたが、「使い放題!」とアピールしているWiMAXにも、ある条件でかかる速度制限はあります。

ただし、その内容がとても「ゆるい」のです。

事実として、僕は自宅のフレッツ光の固定回線を解約して、WiMAX一本に乗り換えました。

それでもまったく問題なくインターネットを利用していて、我が家の通信費は大幅に下がりました。

さて、「制限がある」と書いたWiMAXですが、その内容とはどんなものなのでしょうか。

一般的に制限がかかるのは、

  • 月間のデータ量
  • 直近3日間のデータ量

となります。

これらを一つずつわかりやすく解説していきますね。

まずは月間データ量から見ていきましょう。

月間のデータ量には一切制限なし

WiMAXは、「ギガ放題」というプランで契約すれば月間のデータ量に制限はありません。

WiMAXのプランはってもわかりやすくて、

  • UQ Flat ツープラスギガ放題
  • UQ Flat ツープラス

のふたつしかありません。

で、「UQ Flat ツープラスギガ放題」には月間データ量に制限がなく、「UQ Flat ツープラス」には月間7GBまでという制限が付いています。

正直この差は非常に大きいので、WiMAXを契約するのであれば、圧倒的に「ギガ放題」がおすすめとなります。

というより、「ギガ放題」を選択しないのであれば、WiMAXを選ぶ理由はありません。

さて、月間のデータ量に制限がないのはご説明しました。

それでは、制限がかかるのはどんなタイミングなのでしょうか。

直近3日間で10GB以上利用すると速度制限がかかる

WiMAXは、直近3日間のデータ利用量が10GBを超えると、制限がかかります。

これによって接続スピードが遅くなるのは事実です。

ただ、この制限がとにかくゆるい。

これによって、僕は実質的に「ほぼ無制限のポケットWiFi」として利用できています。

3日で10GBって、動画をガンガン見ても意外と行かないものです。

僕もスポナビライブというスポーツ配信サービスやYoutebe、AbemaTV何かを見ますが、速度制限にはほとんどかかりません。

たまに、週末にほぼ一日中スポーツを見ていたときに速度制限にかかったりしますが、かかるタイミングも翌日なので、見てる最中に見られなくなるようなことはありません。

さて次に、仮に3日で10GBを超えるデータ通信をしてしまった場合の、速度制限がかかるタイミングを見ていきましょう。

速度制限は翌日の18時から26時の間だけ

仮にちょっと動画を多く見てしまったとして、3日で10GBのデータ通信をしてしまった場合、速度制限がかかります。

そのタイミングは

  • 3日間合計で10GBを超えた翌日
  • 18時〜26時の間だけ

というものです。

これまたWiMAXが実質無制限で使える理由の一つなのですが、制限がかかっても深夜2時から夕方6時までの間はまったく影響なく使えるんです。

ビジネスや学校などで使う機会が多いオンタイムにはほぼ影響がありません。

また、土日も同様なので「週末にゆっくり映画でも」と言う人は、制限がかかっていたとしても18時まではどれだけ高画質で見ても問題ありません。

次に制限がかかった状態での、18時から26時の間の速度について解説します。

速度制限時は1Mbpsの通信速度

WiMAXの、3日10GB制限がかかった場合の通信速度は、18時から26時の間だけ1Mbpsとなります。

その他の時間帯は、エリアや通信状況が良好であれば、概ね実測で15〜40Mbpsといった速度になるでしょう。

この、制限がかかった場合の「1Mbps」ですが、どの程度の速度かというと、僕の実感としては以下の通りです。

  • 普通の検索やネット閲覧は問題ない
  • フェイスブックやインスタはちょっともたつくかな?程度
  • Youtubeの標準画質は問題ない
  • LINEやTwitterも全く問題ない

こんな感じですね。

1Mbpsって、普通にネットを見る分にはまず問題ありません。

フェイスブックやインスタは画像だけじゃなくて動画もあったりするので、ちょっともたつくこともあります。

ただそれでも、正直格安SIMでもっと遅い会社とかありますからね。多分気にならないと思います。

それでは、速度制限が解除されるのはどんな条件なのでしょうか。

ワイマックスの速度制限が解除されるには

仮に3日10GB以上の利用で適用されてしまった速度制限。

これが解除されるのは、単純に直近3日間のデータ通信量が10GBを下回れば良いのです。

流れと図で説明しましょう。

1日目:2GB使う 制限なし
2日目:3GB使う 制限なし
3日目:4GB使う 制限なし
4日目:4GB使う 直近3日合計が11GB 制限なし
5日目:1.8GB使う 前日までの利用に対して制限がかかる
6日目:2.2GB使う 前日に10GBを下回ったので制限が解除される

上記を図解するとこのような感じです。

 

WiMAX3日10GB制限図解

 

このように、前日までの直近3日の通信量が10GBを下回れば、翌日18時からの速度制限がかからないということですね。

さて、それでは利用中の3日間のデータ通信量はどのように確認するのでしょうか。

データ通信量の確認方法

WiMAXの端末は直近、直近3日のデータ通信量や、当月の通信量を記録して表示してくれる機能があります。

僕は今WX03という端末を利用していますが、この端末ではこのように表示され、常にどのくらい使っているかがわかるようになっています。

WiMAX WX03

WiMAX WX03

このデータ量、普段はそれほど気にしていません。

ただ、例えば大きなデータを送らなければいけない予定があるとか、見たい動画の配信時間が決まっているとか、そういったときにはちょっと気にします。

その予定の前日に、3日間合計が10GBを上回らないように、その日だけはスマホで全部のデータ通信を済ますとか、そういった対策を取ることはあります。

ただし、ごくたまに、ですけどね〜。

まとめ

この記事では、WiMAXを利用する上でかかる速度制限について説明しました。

まとめると、

  • 前日までの3日間で10GB以上利用しなければ制限は無し
  • 10GB以上利用しても26時〜翌18時までは制限なし
  • 18時から26時の間も1Mbpsでつなげる
  • 3日間の利用量が10GBを下回れば制限解除

ということです。

このように、WiMAXはほぼ実質無制限で使うことができるのです。

僕はいままで使ってきて、3日で10GBを超えたのは2日間だけです。

オンラインゲームや株取引、さらには映画マニアや自分が動画配信をしていないければ、まず問題ないと思います。

我が家の固定回線乗り換えについて書いた記事に、リアルな感想を書いていますのでぜひ読んでみてください。

無制限ポケットWiFi・WiMAX比較 固定回線からの乗り換え体験記

もし、もう契約を前提に考えられているあなたは、こちらの記事を読んでみてくださいね。

オススメのプロバイダーについてしっかり書きました。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

この記事を読んで、あなたのネット環境がよりよいものになることを願って。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi