ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

WiMAXがあればパソコンもスマホも使える?光回線解約で節約したい

      2018/07/16

 

WiMAXがあればパソコンやスマホを接続してつなぐことができます。

これにより、光回線などの固定回線を解約して自宅のネット代、さらにはスマホ代を大きく節約することができます。

しかし、あとから後悔しないように、WiMAXのメリット・デメリットと、光回線のメリット・デメリットの両方をある程度把握してから乗り換えるのが重要です。

この記事では、「いま光回線の料金が高く、WiMAXに乗り換えられないか検討している」あなたに向けて書いていきます。

実際に乗り換えて、スマホ代含めて年間15万円の節約に成功した僕が、できるだけわかりやすく書いていきます。

WiMAXと光回線とは

疑問02

さて、まずはWiMAXと光回線について簡単に説明します。

何となくでも理解していた方が、間違いのない判断ができると思います。

WiMAXとは

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが運営するネット回線です。

UQコミュニケーションズは、auを運営するKDDIの系列企業ですね。

とはいえ、WiMAXは独自のアンテナ網を持っていて、auの電波のエリアとWiMAXのエリアは異なるのが特徴です。

WiMAXの特徴は、その電波にあります。

普通の大手キャリアが利用している電波が800MHzと比較的低周波なのに対し、WiMAXは2500MHz(2.5GHz)という、高周波な電波を利用しています。

この2.5GHzの電波は、若干障害物に弱くなっているのは事実です。

しかしWiMAXは、持ち運びの出来るネット回線としてはほぼ唯一の「月間データ量に上限が無い」という最大のメリットを産むことができています。

※Y!mobileも同様のサービスを展開していますが、提供エリアに大きな差があります。

  • 月間データ量無制限
  • 実用的な速度
  • 持ち運びができる
  • 利用しやすい料金

というメリットを持ったネット回線です。

それでは、WiMAXに対して光回線とはどのようなものなのでしょうか。

光回線とは

光回線

光回線とは、主に東西のNTTが持つ光ファイバーケーブル通信網を利用したインターネット回線のことで、現在最も主流のインターネット回線と言えます。

ソフトバンク光、フレッツ光、au光など様々なプロバイダーが提供していて、価格やサービスを競い合っています。

最大の特徴は、高速かつ定額で無制限使い放題というところです。

ただし、スペックとして高速でも、実際の速度がどうかはプロバイダーによるのが実情で、遅い場合には1Mbpsを切るということもありえます。

※実際に僕が利用していたSo-netの契約は、金曜深夜に500Kbpsを切っていました。

また、固定回線となりますので、基本的には自宅やオフィスだけでの利用となります。

外でネットに接続したいと言う場合は、別途WiMAXなどのポケットWi-Fiルーターを持つか、スマホでテザリング機能を利用するしかありません。

ここまでざっくりとWiMAXと光回線についておさらいしてきました。

それでは、WiMAXと光回線を比較してどのように選択すればよいのでしょうか。

それぞれの特徴を比較していきましょう。

WiMAXは家でも外でも使える

WiMAXが光回線と比較して最も優れている点は、「家でも外でも使える」というところです。

通常、自宅で光回線を契約している場合は、自宅にいる間は光回線でネットをして、外でもネットに繋ぎたい場合は、

  • カフェなどのフリーWi-Fi
  • WiMAXなどのポケットWi-Fi
  • スマホのテザリング機能

のいずれかを利用することになります。

まずカフェなどのフリーWi-Fiを利用する場合は、当然その場所でしか利用できないというデメリットが発生します。

次にWiMAXなどのポケットWi-Fiルーターを持つ場合ですが、光回線の料金にプラスしてポケットWi-Fiルーターの料金を支払うことになります。

最後のスマホのテザリング機能については、スマホのデータプラン内であれば追加料金なしで利用することができます。しかしデータプランをすべて消費してしまった場合、スマホを含めて速度制限がかかり、ほぼ使えない端末となってしまいます。

このように、光回線を契約していて、さらに外でもインターネットに繋ぎたいという場合は、何らかの追加料金や不自由さが出てきてしまうのです。

これが、WiMAXであれば当然家でも外でも利用できることを前提としていますので、こういった追加料金や不自由さというのは一切なくなります。

僕が固定回線を解約してWiMAX一本に乗り換えた大きな理由もここです。

固定回線を契約していると、もしポケットWi-Fiルーターを持っているとしたら、自宅にいる間はルーター自体が無意味になります。

また、外にいる間は当然使えないので、「留守中の光回線」にも料金を支払っていることになります。

家でも外でもインターネットに繋いで、仕事やSNS、動画を見たいなどの場合は、光回線はちょっと無駄が多い物となってしまいがちなのです。

それでは、光回線にはメリットはないのでしょうか。

光回線は一切制限なしでたっぷり使える

女性

次は光回線の強いところを見ていきたいと思います。

光回線の強みは、何と言っても

定額で完全に使い放題

というものでしょう。

これはネットに常時接続していたい人からすると、必須条件となります。

  • 株やFXをしているオンライントレーダー
  • オンラインアクションゲームをするゲーマー
  • HuluやNetflixを常時見ている映画・海外ドラマファン

これらの人たちは、間違いなく光回線一択でしょう。ポケットWi-Fiルーターですべてを賄(まかな)うのは難しいですね。

やはり何らかの制限に引っかかるか、速度に満足できないかのどちらかになってしまうと思います。

ただし、普通の人には光回線ってちょっとオーバースペックだと思うんですよね。

しかもそれが家の中だけでしか使えない。

ここに大きなロスがあるのです。

僕のような家でもデータのやり取りが多い広告系の制作会社をやっている人間でも、光回線はちょっとオーバースペックでした。

で、実際にWiMAXに乗り換えて、今何の不自由も無いわけです。

もしあなたが「自分はネットのヘビーユーザーだ」というのであれば、光回線は必須です。

しかし、家ではスマホでSNSや動画や買い物、ちょっとパソコンで調べ物、といった使い方であれば、僕はWiMAXをおすすめしたいと思います。

次に、接続速度はどうなのでしょうか。

見ていきましょう。

一般的には光回線の方が速いが例外もあり

女性パソコン

基本的に、光回線というのは「1Gbps」と言われるものが多く、非常に高速です。

もちろんこれは「理論値」と言われるものなので、「※但し契約した人の状況による」という文句が必ずついてきます。

これは、ネット系の契約では絶対に書いてある「ベストエフォート型」と言われるものの宿命ですね。

要は、

「ある回線を利用者全員で分け合って使うので、その混雑具合などによって遅くなることがあるよ、でもなるべく頑張るよ」

というものなんです。

何と言っても「ベスト=最善」「エフォート=努力」と、そのままの意味ですからね。

これもうちょっとわかりやすく書いておかないと知らない人も多いと思います。

さて、ネット回線はほとんどがこのベストエフォート型なわけですが、光回線の状況はどのようなものなのでしょうか。

実は「プロバイダーによって大きく変わる」というものなんです。

僕の例で話します。

僕は以前「TOPPA」というプロバイダーで契約していました。光回線はNTT西日本のフレッツ光です。

このTOPPAがちょっと混み合ってて、非常に遅かったんです。

もちろん契約したてのころは、プロバイダーが原因だとはわかりませんでした。

しかしあまりの遅さに、NTTの方に調査しに来てもらったんです。

そしたら「家の外までは普通に速度が出てます」と。

となると原因はプロバイダー一択になるわけですねー。

そこで仕方なく、違約金を払って解約し、So-netに乗り換えました。

そのSo-netも最初は良かったのですが、やはりほかからユーザーが流れてきたのでしょう。だんだんと遅くなり、最後には500Kbpsという格安SIM程度の速度しか出なくなってしまったんです。

光回線とは言え、プロバイダーの混み具合によってはこのようなことも起こりえます。

ですから、「光だから速い!」というのは完全には正しくなくて、

「光だから速い! ※但し契約した人の状況による」

となるわけですねー。

もちろん通常であれば光回線はめっちゃくちゃ速いです。

でも一般の人ってそんな速度はいらないことがほとんどなんですよね。

そもそも、普通のスマホの電波ってだいたい10〜15Mbps程度です。

これで普通にネットやSNS何かが出来るわけですから。

一方、WiMAXなどのポケットWi-Fiルーターは、スマホの回線と同程度の速度と考えていいと思います。

もちろん中には非常に遅い速度の格安SIMもありますので、注意が必要です。

このあたりついては、こちらの記事で詳しく書いていますので、気になる人は読んでみてください。

無制限ポケットWi-Fiを速度・エリア・料金・制限で徹底比較!

次は料金を見ていきましょう。

WiMAXのほうが安く使える

電卓を持つ女性

料金については、やはりWiMAXのほうが安く済みますね。

僕は以前、固定回線に月額5,400円支払っていました。

自宅は戸建てなので、マンションタイプの人はもう少し安くなって4,000〜5,000円程度でしょうか。

これがWiMAXの場合、最安のプロバイダーだと実質の月額が2,800円程度になります。

僕が利用しているブロードワイマックスというプロバイダーでも、3,300円程度。

※ちなみにWiMAXは光回線と違ってプロバイダーによる速度の違いはありません。

このようにWiMAXを利用したほうが安くなるのは間違いありません。

こういった通信系の契約は、2年から3年の契約期間となるものがほとんどです。

月々1,000円の違いだとしても2年で24,000円となり、大きな差となってしまいます。

また、途中で解約する場合も殆どの場合で解約金が発生しますので、慎重に選びたいところです。

WiMAXを利用するとスマホ代などトータルで節約が可能

スマホを持つ女性

僕は固定回線からWiMAX一本に乗り換えて、非常に快適にネットができています。

しかも固定回線を利用していた頃と比較して、年間15万円の節約に成功しました。

このように、WiMAXを持つと、自宅のネットとスマホ代を合わせてトータルで節約することが出来るのです。

僕の例をごく簡単に紹介しますね。

年間15万円の節約はどのようにしたのか

まず、自分がスマホとネットにいくら払っているかをしっかり確認します。

我が家の場合は

月額料金 年間支払額 備考
光回線 5,400円 64,800円 NTTフレッツ光+So-net
スマホ 8,900円×2回線 213,600円 auの3GBプラン
プラスして僕のデータチャージが年間10,000円くらい
合計 23,200 278,400円 データチャージ分は除く

このような状況でした。

明らかに払いすぎです。

しかもデータチャージ分はかなり無駄。

さらに奥さんのスマホも度々パケ死してました。

やはりイマドキ3GBじゃ足りませんよね・・・

これをWiMAXと格安SIMに変えるだけで劇的に節約できるんです。

月額料金 年間支払額 備考
WiMAX 3,300円 39,600円 ブロードワイマックスで契約
僕のスマホ 2,980円 35,760円 Y!mobileのMプラン
奥さんのスマホ 4,980円 59,760円 Y!mobileのLプラン
合計 11,260 135,120円 これに以前はデータチャージがありました

このように

278,400円(+データチャージ)から135,120円まで費用を削減することが出来るんです。

その差額、なんと

143,280円

WiMAXを持つことで、僕のデータチャージも一切なくなりました。

ネットの超ヘビーユーザー出ない限り、殆どの場合はWiMAXを持つことで、かえって節約になることが多いと思います。

一度あなたのネット・スマホ代を見直してみるのも良いかもしれませんよね。

もちろんWiMAXも万能ではなく、エリアや電波についてはちょっと注意が必要です。

そのあたりについても、こちらの記事でしっかりと書きました。

よかったら読んでみてください。

実録!自宅インターネット代とスマホ代を年間15万円節約した話

最後に

この記事では、WiMAXがあればパソコンやスマホがそのまま使えるのか?光回線を解約してもいいのか?ということについて、僕の実体験を交えて書きました。

個人的にはWiMAXを持つことで大きな節約も実現しましたし、奥さんを含めて非常に快適に利用できています。

もしあなたも光回線やスマホ代の料金に悩んでいるのであれば、まずはWiMAXがエリア内かどうかだけでも調べてみてください。

WiMAXのエリア確認

もしエリア内なら、検討の価値はありますよ。

WiMAXの選び方はこちらの記事でしっかり書きました。

WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

この記事を読んで、あなたのネット代・スマホ代の節約に役立てるとしたら、非常に嬉しく思います。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, ポケットWiFi