ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

引っ越しの多い転勤族のネット回線はポケットWiFi一択

      2018/07/16

どもです。サトウです。

引っ越しの多い転勤族の方は、ちょっと困るのが転勤先でのネット回線ではないでしょうか。

転勤先で毎回ネット契約をするのは非常に煩わしい。

かと言って、全部スマホのデータプランで賄うのもデータ容量を考えるとかなり厳しい。

こういった場合に、有効な選択肢となるのがポケットWi-Fiルーターですよね。

僕は固定回線を解約してポケットWi-Fi(WiMAX)に乗り換え、非常に快適になり、さらに自由度が増しました。

この記事では、僕の実体験を交えて、引っ越しが多い人のネット環境について考えてみたいと思います。

引っ越しはネット回線見直しのチャンス

女性パソコン

引っ越しって色んな環境を見直すのにとても良い機会ですよね。

今なら流行りの「電力自由化」で電気料金もどこに払うか選べます。

特に、ネット回線については、今まで住んでいたところの固定回線をどうするか、さらに転勤先の住居のネット回線をどうするか。

このあたりを一度強制リセットできる非常にいいチャンスなんです。

僕の場合もやはりネット回線の契約は、引っ越しのタイミングがほとんどでした。

  1. 結婚と同時に実家から出たタイミングで契約
  2. 子供が大きくなって来たタイミングで転居して契約
  3. 2の契約が更新月のタイミングでWiMAXを契約

このように、多くの人がネットの契約を見直すタイミングだと言えます。

そして、僕のように自分で引っ越しのタイミングを決められる場合は良いのですが、転勤が多いあなたはその都度、転居先のネットをどうするか考える必要が出てきますよね。

そんなときにオススメなのが、やはりポケットWi-Fiルーターでの契約。

僕はWiMAXを利用していますが、月間データ量も無制限で非常に便利に使えています。

とは言え、WiMAXを始めとするポケットWi-Fiルーターにも弱いところ、デメリットが有るのは事実。

そしてもちろん光回線にだってメリットもデメリットもあります。

まずは、その両方をわかりやすく解説していきたいと思います。

光回線(固定回線)のメリット

女性

光回線のメリットは非常にハッキリしていますよね。

それは、

  • 月額定額料金で完全無制限

というところです。

だいたい戸建てタイプで5,000〜6,000円、マンションタイプだと4,000〜5,000円くらいだと思いますが、この月額料金でどれだけ使っても定額です。

常時接続して受信しっぱなしでもまったく問題ないのは、光回線の非常に大きなメリットです。

また、接続速度に関しても、基本的にはかなり速くなっています。

ただし、現在の最高速度は2ギガですが、これはあくまで理論値。実測値とは大きく異なるのが常です。

僕が以前利用していた光回線は、金曜深夜に非常に遅くなっていました。

もちろん、速いところでは300Mbpsを超えるところもあるようです。

この速度については、デメリットの方でしっかり触れてていくことにしますね。

それでは、光回線を契約するデメリットにはどんなものがあるのでしょうか

光回線のデメリット

女性ダメ!

光回線を契約する上でのデメリットはいくつか有ります。

  • その場所でしか使えない
  • 自宅にいない間も料金がかかっている
  • ポケットWi-Fiと比較して料金が高い
  • プロバイダーによっては全然速くない
  • 転居の場合は毎回開通工事が必要

というところ。

光回線をはじめとする固定回線って、やっぱり「固定」とつくだけあって契約した住所以外では使えないのです。

そしてこれは、「自宅にいない間も料金がかかっている」とも関わってきます。

例えばあなたが一人暮らしでの転勤だったとします。

その場合、朝から会社に行き、仕事を終えて帰ってくるのが18時ということはありませんよね。

多くの場合、残業や寄り道をしてくることが多いと思います。

帰宅後も入浴や食事などで、ゆっくりするのは10時頃から、ということも少なくないのではないでしょうか。

そして、遅くとも1時くらいには就寝するとします。

こうなると、家でネットをする時間って、3〜4時間しかないことに気が付きます。

この3~4時間のために、外では使えない回線を契約して支払いを続けていくことになるのです。

またその月額料金も、多くのポケットWi-Fiに比べて高額です。

僕が以前光回線に支払っていた額は、NTTとプロバイダー合わせて月額5,400円でした。

さらに、転居の度に開設工事と立ち会いが必要になるので面倒事が増えるのです。

ちょっと面倒ですよねー。

さて、これら光回線のメリット・デメリットに対して、ポケットWi-Fiはどうなのでしょうか。

ポケットWi-Fiのメリット

女性タブレット

転勤先のネット環境をポケットWi-Fiルーターでまかなうことのメリットはどんなものがあるのでしょうか。

実際に固定回線を契約せずに利用している僕の実感でお伝えします。

  • 家でも外でも使えて非常に便利
  • 外でも使えることでスマホ代を大幅に節約できる
  • 固定回線と比較して料金が安い

こういったメリットがあるわけですが、ひとつずつ見ていきましょう。

家でも外でも使えて非常に便利

まず、家でも外でも使える、という部分ですが、これは持ち歩いて利用することを前提にしているので当然といえば当然です。

でも、

「それならテザリングと同じでしょ?」

と思われるかもしれません。

実際に僕も契約するまではそう思っていました。

しかしこれが、実は常時利用するようになると手放せなくなるんです。

テザリングの場合は、

  1. スマホを取り出す
  2. 設定画面 > データ通信設定画面 > データ通信をオンにする
  3. PCからスマホを選んで接続する

という手間がかかるんです。

PCからスマホの接続がうまくいかないこともあったりして、これが結構煩わしいんですよ。

僕は結構「イラッ」としていましたね。

これが、ポケットWi-Fiルーターに変えてからは、常にルーターからの電波を拾っているので、スマホもパソコンも、何ら意識すること無くWiFiに接続できます。

もちろん自宅に帰ってからも当然外にいるときと同じです。

改めてつなぎ直すなどの手間は一切いりません。

外でも使えることでスマホ代を大幅に節約できる

先に挙げた「家でも外でも使える」ということにも関連するのですが、ポケットWi-Fiルーターを持つと、スマホ代を大きく節約できるのです。

どういうことかと言うと、スマホでずっと動画を見たり、テザリングでパソコンを繋いでネットをしたりすると、ついて回るのは「データ量の上限」問題です。

要するに、こういった使い方をすると、すぐに「パケ死」するんですよねー。

僕も何度も何度も食らっていて、その都度データチャージしてます。

これが、1GBあたり1,000円と非常に高額なんです。

そうなんんです。

スマホのデータプランというのは、基本的に高額です。

最近は大手キャリア(docomo・au・ソフトバンク)が20ギガ、30ギガのプランを出していますが、それぞれデータだけで6,000円、8,000円もかかります。

これが、基本的に外でも自宅でもポケットWi-Fiルーターに接続するようにしておけば、スマホのデータプランの消費を極端に下げられます。

従って、スマホのデータプランの契約を一番小さいものに変えても問題ないのです。

また、僕も実行したのが格安SIMへの乗り換えです。

大手キャリアの4GLTEは非常に電波の品質がいいのが魅力ですが、そもそも使わないのであれば、格安SIMに乗り換えても何ら問題ありません。

実際僕はauからY!mobileに乗り換えて、我が家のスマホ・ネット代を年間で15万円ほど節約できたんですよー。

これには自分でも驚きました。

固定回線と比較して料金が安い

最後に、固定回線と料金面での比較です。

固定回線は戸建てタイプで5,000〜6,000円、マンションタイプで4,000〜5,000円程度が相場です。

これが、僕が利用しているポケットWi-FiルーターのWiMAXの場合、プロバイダーによっては実質月額3,000円程度から利用できるのです。

固定回線と比較すると半額程度にまで抑えることが可能なのです。

仮に実質的な月額が3,000円のプロバイダーで契約したとして、スマホを格安SIMにの小さいデータプランに変えた場合、両方で5,000円ほどです。

これ、大手キャリアのスマホ代を大きく下回る上に、データを月間無制限で利用できるのです。

仮にあなたが一人暮らしで、固定回線に月額4,000円、大手キャリアのスマホに月額9,000円ほど支払っていたとしたら合計で13,000円かかっていたはずです。

これがWiMAXと格安SIMの組み合わせにするだけで5,000円になるわけです。

その差額月間8,000円。

年間だと96,000円になってしまいます。

このように、ポケットWi-Fiを利用することで、固定回線とスマホ代両方を節約できるのです。

このあたりの実際の体験記を書きましたので、よかったら読んでみてください。

実録!自宅インターネット代とスマホ代を年間15万円節約した話

ただ、やはりポケットWiFiにも弱いところがあるのです。

どんなところが弱いのでしょうか。

ポケットWiFiのデメリット

女性

月間データ量を無制限で使えるポケットWi-Fiを利用する上で、ここだけは注意したほうがいい、というポイントがいくつかあります。

それは、

  • Y!mobileは無制限エリアがかなり狭くなっている
  • 格安SIMのルーターは速度が遅い場合がほとんど
  • WiMAXも電波が入りにくい場合がある
  • 多くのルーターは3日◯GBの上限がある

といったものです。

まず、Y!mobileとWiMAXは、月間無制限を実現しているものの、無制限となるエリアに大きく違いが有ります。

そしてどちらも3日10GBの上限が有り、それを超えると翌日の18時から26時の間は1Mbpsに制限がかかります。

また、格安SIMの場合は大きく分けて2つのタイプが有ります。

  • 料金が非常に安くて完全無制限だが、常に速度制限がかかっているタイプ
  • 料金・速度ともにそこそこだが、3日1GB程度で制限がかかるタイプ

これらふたつの特徴は、どちらも大手キャリアの4GLTE回線を間借りして運営しているので、かなり厳しい制限が設定されている点です。

非常にザッとまっ止めましたが、このあたりの特徴はそれだけでしっかり解説記事が書けてしまうので、こちらの記事でまとめました。

ぜひ読んでみてください。

無制限ポケットWi-Fiを速度・エリア・料金・制限で徹底比較!

結論:引っ越しが多いならポケットWiFi一択

この記事のタイトルにもなっていますが、結論をもう一度おさらいします。

引っ越しの多い転勤族のあなたにオススメするネット環境は、

WiMAX + 格安SIM

です。

WiMAXの電波が入る状況であれば、これが最強の組み合わせです。

もちろんあなたがネットのヘビーユーザーで、

  • 高画質動画を毎日数時間見る
  • 株やFXのトレーダーで毎日ずっとネットを見ている
  • オンラインアクションゲームをする
  • HuluやNetflixの大ファンで毎日かなり観る

という人なら、固定回線一択です。

でもそれ以外の、普通のネットユーザーであれば、大きな節約をしつつ十分まかなえると思います。

もし「WiMAXいかもねー」と思って、WiMAXのプロバイダーを検討されるなら、こちらの記事を読んでみてください。

数あるプロバイダーを、僕がオススメする2つに絞って書いていますので、非常にわかりやすいと思います。

WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

最後に

この記事では、引っ越しの多い転勤族のあなたに、どのようなネット回線が最適なのかを僕の体験を交えて書きました。

僕は「固定回線+大手キャリアのスマホ」から「WiMAX+格安SIM」に乗り換えて非常に大きな節約を実行しました。

この機会に、あなたもご自身のネット環境を整えて見られてはいかがでしょうか。

この記事を読んで、あなたのネット環境が少しでも快適になることを願っています。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAXの知識, ポケットWiFi