S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

プロバイダDTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンと料金を解説!

      2017/12/26

WiMAXを使いたいけれど、どこのプロバイダーにしたら良いか迷っていませんか?

情報を収集していると、各プロバイダーのプラン・料金・サービスは様々で、どこが本当におトクなのか分かり辛いですよね。

現在30社以上あるWiMAXプロバイダーの中で、現金キャッシュバックキャンペーンを実施している会社は5社ほど。

その中でもトップクラスの高額な金額を出しているのが「DTI WiMAX 2+」です。

そこで今回は「DTI WiMAX 2+」のキャッシュバックキャンペーンの詳細情報や、その注意点、契約するメリット・デメリットを合わせてしっかり解説していこうと思います。

お得にWiMAXを使いたい方は是非、情報をチェックしていってくださいね!

それでは詳しく見ていきましょう〜。

 

「DTI WiMAX 2+」について

女性タブレット「DTI WiMAX 2+」株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(略称DTI)が提供するWiMAXプロバイダーです。

DTIはプロバイダサービスを20年以上提供している老舗の会社で、低価格で安定した通信ができることで定評のあるプロバイダーです。

インターネット専業のプロバイダーで、光回線や格安SIMなどのサービスも提供しています。

通信速度はどうなの?

通信速度は下り(データをダウンロードする方向)最大440Mbpsです。

この数値はWiMAXでは標準的な速度です。

このほかに対応端末であれば、全国ほぼどこでも繋がる、auのLTE回線を使うこともできます。

対応端末について

対応端末は

  • HUAWEI(ファーウェイ)製のW04
  • NEC製のWX03
  • ホームルーター型のHUAWEI(ファーウェイ)製のL01

がラインナップされています。

11月に発売されたNEC製の最新端末となるWX04はまだ入っていませんが、いずれ入る可能生は十分あるでしょう。

速度制限について

WiMAXでもスマホと同じようにデータを使いすぎると速度制限がかかります。

  • データ使い放題プランの場合、3日間で10GBを超える通信
  • 月間7GBプランの場合、月間で7GBを超える通信

をした場合に制限がかかります。

また、データ使い放題プランでもauのLTE回線「ハイスピードプラスエリアモード」を使って月7GB以上の通信を行った場合にも制限がかかります。

▶ WiMAXのハイスピードモードとは?7ギガを超えるとどうなるのか解説

この辺もWiMAXではどこでも適用される制限です。

料金プランと違約金について

料金プランについて

料金プランも他の多くのプロバイダーと同じく、

  • データ使い放題のプラン
  • 月間7GB制限プラン

の2種類があります。

DTI WiMAX 2+ ギガ放題

データ使い放題のプランは「DTI WiMAX 2+ ギガ放題」です。
月額基本料金は4,800円2年契約になっています。

「DTI WiMAX 2+ ギガ放題」プランについては、契約初月から3カ月目までおトク割500円特典として800円の割引が適用されるので、実質3,500円で利用できます。

また、4カ月目以降25カ月目まではおトク割500円の適用で4,300円、25カ月目以降も長期割引500円が適用されて4,300円で利用できます。

基本料金 利用開始月~3カ月目 4カ月目~25カ月目 26カ月目以降
4,800円 3,500円 4,300円 4,300円

DTI WiMAX 2+ モバイルプラン

月間7GB制限のプランは「DTI WiMAX 2+ モバイルプラン」です。
こちらも2年契約月額基本料金は3,500円かかります。

このプランでは一切割引はされません。

なので契約初月からずっと同じ金額で使うことになります。

また、事務手数料がギガ放題プラン3,000円に対して、5,500円と高く設定されています。

料金を抑えたお手軽プラン、なはずですが7Gでこの値段ではお手軽感はあまりないですねー。

ほとんどの人は使い放題プランで契約するはずです。

ま、これもプロバイダーの策略ですね!

違約金はどうなってる?

違約金ですが

  • 1カ月目から12カ月目までの解約で19,000円
  • 13カ月目から24カ月目までの解約で14,000円
  • 26カ月目以降の解約で9,500円

の違約金がかかります。

この高額な金額はほとんどのWiMAXプロバイダーで同じように設定されています。

「DTI WiMAX 2+」が特別高いわけではないですね。

25カ月目が契約更新月で、この月内に解約すると違約金はかかりません。

以降2年おきに契約更新月があり、その月であれば違約金はかからないようになっています。

月額の料金も決して安くなく、他と同じとは言え違約金も高い、「DTI WiMAX 2+」

しかし現在、高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

これを適用すると、かなりお得にWiMAXを使うことが出来ますよ!

では、そのキャンペーンについて詳細を見ていきましょう。

キャンペーンについて

現在、ホームページから新規加入申し込みをした人を対象に、プランを問わず30,000円のキャッシュバックを実施しています。
(2017年12月31日まで)

「DTI WiMAX 2+ ギガ放題」プランで25ヶ月目まで利用したとして、このキャッシュバックを受け取れば月々2,983円で利用出来る計算になります。

この金額は他の格安プロバイダーと比較してもかなり安いですね!

ただ、このキャッシュバックを受け取るにはちょっとした手続きが必要です。

これがけっこう煩わしいんですよね。。。

受け取る際はキャッシュバックについての注意事項をしっかり読んでおくことが大切です。

受け取りまでの注意点、その流れをざっくりとまとめてみました。

  • 利用開始月を1カ月目として、11カ月目まで継続利用すること
  • 利用していることが確認されたら、翌月、楽天銀行株式会社「メルマネマスペイメントサービス」の送金通知メールにて、DTI連絡先メールアドレス宛てに案内がくるのでそれを確認
  • 送金通知メール送信日を含めた45日以内に、キャッシュバックの受け取り手続きを完了する

流れ的にはこんな感じです。

注意点としては、DTIからのメールを確実に受け取り確認するということです。

DTI連絡先メールアドレスとは、入会の際にDTIにて発行されたメールアドレスです。

そのメールアドレスは他社のものにも変更はできます。

なので、早めに普段使っているアドレスへ登録を変更しなければなりませんね。

そしてメールを受け取ったら45日以内に受け取り手続きをしてください。

うっかり忘れないようにこの点だけは注意です!

また、「メルマネ」とはメールアドレスと口座名義のみで振込ができる、楽天銀行株式会社のサービスのことです。

楽天銀行からメルマネ送金通知メールが送信され、そのメールに記載されているURLから受け取り手続きをすると、指定した口座でキャッシュバックを受け取りることが出来ます。

キャッシュバックは、こういった手続きを踏んでようやく受け取れるのです。

オプションサービスについて

またオプションも用意されているので見ていきましょう。

安心サポート/月額300円 安心サポートワイド/月額500円

WiMAX端末にトラブルが発生したときに修理・交換を受けられる保証サービスです。

「安心サポートワイド」は水濡れによるトラブルにも対応します。

グローバルIPオプション/月額96円(利用月のみ)

WiMAX機器に割り振るIPアドレス(192.168.1.10のような4つの数字からなるインターネット接続用のアドレス)をグローバルIP(インターネット接続するIPアドレスのうち、外部に公開されているIPアドレス)を指定できるものです。

LTEオプション/月額1,005円

対応端末で使える、au回線を利用する「LTEオプション」があります。

これを使えば、WiMAXのエリア外でもほぼどこでも繋がります。

このオプションは利用した月だけ課金されます。

「DTI WiMAX 2+」のメリットとデメリットについて

それでは「DTI WiMAX 2+」にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリットについて

やはり、なんといっても30,000円の高額キャッシュバックが最大のメリットです。

プランや機種を問わず、30,000円を受け取れるのは嬉しい限り。

2年間のトータル金額で見るとかなり格安でWiMAXを使える事になります。

単純に24カ月で割ると、月に1,250円の割引と同じになりますからね〜。

キャッシュバックの受け取りには十分注意が必要ですが。。。

また、比較的多くのプロバイダーが実施していますが、端末料金が無料というのもうれしいところですね。

DTIがインターネット専業プロバイダーの老舗、というのも安心感につながるでしょう。

デメリットについて

では次に、デメリットです。
デメリットは以下のことが挙げられます。

一つずつ確認していきますね。

キャッシュバックが受け取りにくい

最大のメリットであるはずのキャッシュバックですが、その受け取りにくさはデメリットの一つとも言えるでしょう。

しかし、月額料金はけっこう割高なので、「DTI WiMAX 2+」で契約するなら何が何でもキャッシュバックは受け取りたいところです。

auスマートバリューに対応していない

「auスマートバリューmine」とはWiMAXとauのスマホや携帯をセットで使うと、利用料が最大で1,000円ほど月割引になるサービスです。

他のほとんどのプロバイダーで実施されています。

なのでauユーザーと「DTI WiMAX 2+」の相性はよくないですね。

auユーザーは他社を選んだほうがお得です。

月額料金が高い

キャッシュバックを受け取れたとしても、月額料金が高いので3年目以降は割高になります。

お得にWiMAXを使いたいなら、3年目以降はプロバイダーを見直すことが必要です。

7Gプランの事務手数料が5,500円と割高

事務手数料が5,500円と割高なのに加え、7Gプランには利用料金の割引は一切ありません。

7Gプランを検討している方には「DTI WiMAX 2+」で契約するメリットは少ないですね。

やはり、キャッシュバックの受け取りは必須です!

 

「DTI WiMAX 2+」はどんな人に向いている?

ではどんな人が「DTI WiMAX 2+」に向いているのでしょうか。

女性疑問

それは、ズバリ、

キャッシュバックの受け取りが苦にならない人

です!

「DTI WiMAX 2+」だけに言えることではありませんが、キャッシュバックの受け取りはかなり分かり辛く、面倒です。

なので、この受け取りに当たっての一連の作業が苦にならない人は、向いていると言えます。

面倒だし、忘れてしまう不安があるな〜っていう人は月額料金自体の安いプロバイダーにしたほうがいいですね!

このキャッシュバックを受け取れなかったら、かなりイタイですから。。。

「DTI WiMAX 2+」はオススメできる?

女性スマホ2017年12月31日までではありますが、30,000円のキャッシュバックはかなり大きいので十分選択肢に入るプロバイダーです。

「30,000円」はWiMAXプロバイダーの業界では上位に入るレベルです。

ただ、どのプロバイダーもそうですが、キャッシュバック金額は時期によって変動します。

なので、少しでも高いほうがいい人は常に情報をチェックして注意したほうがいいですね。

実際、30,000円より高いプロバイダーは他にもあります。

▶ WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

WiMAXは、どのプロバイダーを選んでも、通信速度やエリアに違いはありません。

なので、最後は、安さで選ぶのが正解!なのです。

キャッシュバックの受け取りには細心の注意を払わなければいけませんが、「DTI WiMAX 2+」は十分、契約する候補にあがるプロバイダーですね!

他社とも比較しつつ、あなたの条件に合うかどうか、しっかり検討してみてくださいね〜

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, プロバイダー, ポケットWiFi