ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

どんなときもWiFiの料金・初期費用をWiMAXやポケットWiFiと比較

   

こんにちは。最近「どんなときもWiFi」を契約して、ついにポケットWiFiルーターの契約数が5つになってしまったサトウです。

サトウ

通信費がエグいので、不要な回線の更新月が待ち遠しい。。。!涙

そんな僕が、一番最後に契約したルーターは「どんなときもWiFi」です。

2019年3月にサービス開始したばかりのまったく新しいルーター。

この「どんなときもWiFi」が登場し、実際に契約して様々な角度から調査した結果、

他のWi-Fiルーターいらない

という結論になってしまいました・・・

いままで使ってきたWiMAXやネクストモバイル、そして民泊Wi-FiのFUJI Wi-Fiはすべて即時または更新月で解約するでしょう。

サトウ

すでに2回線あったWiMAXのうち1回線と、FUJI Wi-Fiは解約申請を完了しました。

この記事では、それほどインパクトのあるWiFiルーター「どんなときもWiFi」の、利用料金を解説していきます。

WiMAXやその他のポケットWiFiルーターとも比較していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

どんなときもWiFiとは

さてまずは、僕も契約した「どんなときもWiFi」について簡単に解説します。

特徴は

  • 全国どこでも使える
  • 完全無制限
  • 普通に速い
  • 料金が安い
  • 海外でも使える

というもの。

サトウ

正直、他のルーターの弱みをすべて消しに来ています。

比較表でまとめました。

データ量 制限 エリア 速度 料金 海外
どんなときも
WiFi
無制限 なし docomo・au・
SoftBankのエリア
20〜45
Mbps
3,480
WiMAX 無制限+
au7GB
3日10GB
auは月7GB上限
無制限は狭い
au7GBは
全国OK
20〜80
Mbps
3,500
円程度
Y!mobile SoftBank7GB
+無制限オプション
月7GB上限
無制限オプションは
3日10GB
SoftBank7GBは
全国OK
無制限は
非常に狭い
20〜80
Mbps
4,380
ネクスト
モバイル
20GB
30GB
50GB
月間上限まで SoftBankの
エリア
20〜45
Mbps
2,760
円〜
FUJI WiFi
無制限プラン
無制限 月100GB? SoftBankの
エリア
20〜45
Mbps
6,480

「どんなときもWiFi」のデータ量は完全に無制限。

WiMAXやY!mobileに「3日10GB」の制限があるのに対して、「どんなときもWiFi」には何も制限がありません。

またエリア面も、WiMAXやY!mobileの無制限エリアが狭いのに対して、「クラウドSIM」の採用で日本で一番つながるルーターを実現しています。

速度面はほぼ全社横並びと思って問題ありません。

費用面では「ネクストモバイル」が安くなっていますが、これは20GBプラン。30GB、50GBの場合は「どんなときもWiFi」が最安となります。

そして海外でそのまま使えるのは「どんなときもWiFi」だけ。

サトウ

それぞれの詳しい解説はこちらの記事にありますので、気になる人は読んでみてください。

ざっくりとした解説はこのくらいにして、この記事の本題である料金について見ていきましょう。

「どんなときもWiFi」の月額料金

月額料金や初期費用、その他オプションについて解説していきますが、まずは最初に一覧でまとめます。

項目 金額 備考
事務手数料 3,000円 初月のみ
月額料金
カード払
3,480円 月額
月額料金
口座振替
3,980円+
手数料200円
月額
海外利用料金 1,280円/日(1GB)
1,880円/日(1GB)
国によって
変わる
安心補償 400円 月額
USBケーブル 1,800円 初月のみ
解約金 0〜12ヶ月目 19,000円
13〜24ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
25ヶ月目は
0円
端末代 0円 レンタル

それでは各項目について、簡単に解説していきますね。

初期費用(事務手数料)

まずは初期費用となる「事務手数料」。

サトウ

これはだいたいどのルーターを契約しても3,000円ほどかかりますね

「どんなときもWiFi」でも同じく、3,000円かかります。

サトウ

この料金は、どのWiFiルーターを契約しても同じですね

WiMAXもY!mobileも、やはり3,000円(税抜)が必要となります。

月額料金

月額料金は、クレジットカード払いと口座振替で変わってきます。

サトウ

口座振替はどうしても料金回収にリスクがありますから、運営側としては避けたいのです

クレジットカードは、料金回収をカード会社が行います。

カード会社は、回収できるとわかっている人にしかカードを発行しないので、それが可能となります。

そのかわり「どんなときもWiFi」はカード会社に手数料を支払います。

利用者側にとってはカードがもっともお得に契約できるので、できるだけカード払いにしましょう。

サトウ

ただし口座振替だとしてもメリットが大きすぎるので、おすすめですよ!

クレジットカード払いの料金

クレジットカード払いの場合の料金はこちらです。

契約月数 月額料金 割引 支払額
0〜24ヶ月目 4,410円 -930円 3,480円
25ヶ月目以降 4,410円 -430円 3,980円

契約から2年間は「2年割」が適用されて、月々の支払が3,480円。

2年め以降は「長期割」に変わって、月々3,980円となります。

サトウ

無制限・どこでも使える回線でこの料金は圧倒的な安さだと思います。

口座振替

口座振替の場合の料金はこちら。

契約月数 月額料金 振替手数料 割引 支払額
0〜24ヶ月目 4,410円 200円 430円 4,180円
25ヶ月目以降 4,410円 200円 0円 4,610円

口座振替の場合、どうしても回収リスクが発生するので、月々の料金は高くなります。

振替手数料もかかりますし、割引も少なくなってしまいます。

サトウ

ただし24ヶ月目までの料金・4,180円なら、その性能を考えるとかなりおすすめしたいところです

他社のルーターの場合、もっと性能が良くないにも関わらず、より高くなります。

「無制限で全国どこでも使える」ルーターとしては、口座振替だとしても圧倒的なコスパだと思います。

初月の料金内訳

初期費用は3,000円となりますが、初月の料金はこれに月額料が追加されます。

内訳はこちら。

クレジットカード 口座振替
初月(0ヶ月目)料金 3,480円の日割 4,180円の日割
1ヶ月目料金 3,480円 4,180円
初期費用 3,000円 3,000円

契約の成立は端末が届いた日です。初月はその日からの日割。

端末や書類は宅配便で届くので、受け取った日が契約成立日となります。

サトウ

僕の場合は、初月料金が2,858円、これに「1ヶ月目の料金」と「事務手数料」を合計した8,907円でした

この初月の料金は、どのルーターを選んでも同じようなシステムになっています。

初月の日割 + 1ヶ月目の前払 + 事務手数料

上記となります。

ただしどんなときもWiFiは、端末代がかからない分お得感がありますね。

端末代

次に端末について見ていきましょう。

どんなときもWiFi-U2s-02

「どんなときもWiFi」が採用している端末は、中国のメーカー「uCloudlink」の「D1」という端末です。

特徴は

  • 画面がない
  • iPhone 8とほぼ同じ大きさ・重さ
  • 下り最大150Mbps/上り最大50Mbp
  • バッテリーが非常に長持ちする
  • Androidのケーブルで充電OK
  • クラウドSIM端末

というところでしょうか。

端末代は0円となります。かたちとしては無料レンタルとなりますので、契約者の負担はありません。

サトウ

docomoなんかだと24,000円の端末代がかかるのですが、どんなときもWiFiはまったくお金がかかりません

ただし解約時には箱を含むすべてを返却する必要があり、ひとつでも欠けていると「機器損害金」として18,000円が請求される場合があります。

契約して端末が届いたら、ケーブルを含めてすべてのものを同じ箱に入れて、まとめて保管しておいた方がいいでしょう。

契約解除料(解約金)

次に契約解除料(解約金)について解説します。

どんなときもWiFiの契約解除料は、ちょっと高めの設定になっています。

契約月数 契約解除料
0〜12ヶ月目 19,000円
13〜24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目 0円
26ヶ月目以降 9,500円

スマホの契約に比べるとかなり高いことがわかります。

ただし、これはWiMAXの契約解除料とほぼ同額で、モバイルルーターでは「こんなものかな」という範囲です。

サトウ

無制限でどこでも使えるルーターを安価に提供してくれているので、このくらいは仕方ないかなと思いますね・・・

運営側は2年間の契約期間すべてで利益が出るように計算して料金設定しています。

しかし契約解除料を安く設定して解約しやすくしてしまうと、利益が得られなくなります。

そうなると事業として成り立たないので、今度は月額料金を高くせざるを得ません。

サトウ

僕は解約を前提で契約することはないので、月額料金が安いほうがありがたいですし、みなさんもそうですよね

企業側もボランティアではなく、利益が出るからこそ、良い製品を提供してくれるわけですからねー。

お得に契約できるキャンペーンは?

「どんなときもWiFi」には、キャンペーンはあるのでしょうか。

結論から言うと、現在はそのようなキャンペーンはありません。

サトウ

サービスがスタートした2019年3〜4月は、期間限定で月額料金が200円安く契約できました

もちろん、今後契約数を伸ばすために何らかのキャンペーンを展開する可能性はあります。

しかし現在はめちゃくちゃ話題になって在庫も厳しい状況なので、安くする理由がありません。

おそらくしばらくはこのままの状況でしょう。

サトウ

でも、少しでも安く契約したいですよね。

「どんなときもWiFi」を安く契約することはできませんが、高い料金で契約しないことは可能です。

それは、

クレジットカードで契約すること

に尽きます。

クレジットカード 口座振替 差額
月額料金 3,480円 4,180円 700円
2年間総額 83,520円 100,320円 16,800円

このように、2年間の契約期間では16,800円もの差額が出てしまいます。

「どんなときもWiFi」は、口座振替だとしても契約する価値は十分あります。しかしできれば、クレジットカードで契約しましょう。

サトウ

学生さんならご両親にお願いするのがいいですね

海外での利用料金

なんと「どんなときもWiFi」は海外でもそのまま使えます。

その料金は国によって違っていて、1日1GB使えて、1,280円/日と1,880円/日となります。

もしあなたが短期の旅行や出張で海外に行くことがあっても「どんなときもWiFi」があれば面倒な手続き無くそのまま使えるので便利ですよ。

使える国と料金は以下となります。

こちらが、1日定額1,280円で使える国。

アジア・
オセアニア
26地域
韓国・香港・中国・台湾・
マカオ・オーストラリア・
ニュージーランド・シンガポール・
タイ・ベトナム・マレーシア・
フィリピン・インドネシア・
カンボジア・ミャンマー・ラオス・
ネパール・インド・スリランカ・
バングラデッシュ・カザフスタン・
モンゴル・パキスタン・グアム・
サイパン・フィジー
ヨーロッパ
41地域
オーストリア・ベルギー・スイス・
チェコ・ドイツ・スペイン・
フィンランド・フランス・ギリシャ・
イタリア・オランダ・ポルトガル・
ロシア・スロベニア・トルコ・
リヒテンシュタイン・モナコ・
キプロス・ハンガリー・ラトビア・
ポーランド・スウェーデン・
ウクライナ・エストニア・
クロアチア・アイルランド・
リトアニア・ルクセンブルク・
セルビア・ノルウェー・アルバニア・
デンマーク・スロバキア・イギリス・
サンマリノ・バチカン市国・
ブルガリア・アイスランド・マルタ・
ルーマニア・オーランド諸島
北米2地域 アメリカ・カナダ

そしてこちらが、1日定額1,880円で使える国。

中東
7地域
UAE・カタール・ヨルダン・
イスラエル・サウジアラビア・
イエメン・バーレーン
中米・
南米
17地域
コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・
アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・
ドミニカ共和国・コスタリカ・
エクアドル・グアテマラ・ペルー・
ボリビア・チリ・ニカラグア・
エルサルバドル・メキシコ・
プエルトリコ
アフリカ
13地域
南アフリカ共和国・ケニア・
モロッコ・エジプト・西サハラ・
タンザニア・ザンビア・チュニジア・
アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・
ナイジェリア・モーリシャス

これまでならレンタル用のWiFiを国ごとに契約する必要がありましたが「どんなときもWiFi」ならほとんどの場合、ひとつでまかなえちゃいます!

オプション料金

次はオプション料金について。

「どんなときもWiFi」にはふたつのオプションが用意されています。それは、

  • あんしん補償 月額400円
  • MicroUSBケーブル充電器 初回1,800円

となります。

あんしん補償 月額400円 ※初月無料

これは、端末が故障した場合に無償で交換が行えるサービスとなっています。

サトウ

保険みたいなものですね

僕はこういったオプションには基本的に入りませんが、心配だというひとは入ってもいいと思います。

サトウ

iPhoneのApple Care+だけは入ってますが、それは画面割れのためですね・・・

補償内容は、

一部破損・外損など 新品の端末と交換
メーカー保証外の自然故障 新品の端末と交換
水没・全損 中古品Aランク端末と交換

となっています。

注意点としては、以下が補償対象がとなること。

  • 契約者の改造による損害
  • 盗難・紛失
  • 使用による劣化や色落ち等

盗難・紛失は、おそらくメルカリなどで横流しして、再度安価に新端末を手に入れることを防ぐためでしょう。

これはどのWiFiルーターも同じような措置を取っていますね。

このオプションは契約時にしか加入できません。また、初月は無料です。

サトウ

他のルーターによくある、「オプション加入必須のキャンペーン」などは一切ないので、不要だと思えば入らなくていいでしょう

こういったモバイルルーターは紛失が一番怖いわけですが、それが補償対象でないので、個人的に不要だと思っています。

MicroUSBケーブル充電器 初回1,800円

こちらは絶対に不要ですので、申し込む必要はありません。

まず「どんなときもWiFi」のケーブルは、Androidのケーブルと同じ。

サトウ

これですね

あなたがAndroidのスマホを使っているならそのまま充電できます。

また、あなたがiPhoneを使っていても問題ありません。

充電用USBケーブルは付属してきますので、iPhoneの充電に使う四角形のアダプタに、このUSBケーブルを差せば、問題なく使えます。

サトウ

そもそもアマゾンや家電量販店で、もっと安く買えますから、もし追加で必要になったとしても別途購入しましょう

WiMAX・Pocket WiFiの月額料金と比較

さてここからは、無制限ポケットWiFiの代表的なふたつのブランド「WiMAX」「Y!mobile PocketWiFi」との比較をしていきましょう。

一覧で見ると分かりやすいのでまとめました。

サトウ

WiMAXは様々なプロバイダがあるので、僕のイチオシの「ブロードワイマックス」を例として出しますね

ルーター 月額料金 備考
どんなときもWiFi 3,480円 2年契約
ブロードワイマックス 3,573円 3年契約の平均金額
※月により変動あり
Y!mobile 4,380円 無制限オプションを含めた金額
3年契約
端末代もかかる

となります。比較すると「どんなときもWiFi」は、

  • 2年契約
  • 月額料金が一番安い

ことで、やはり非常にすぐれた料金プランを提供してくれていると思います。

サトウ

無制限でどこでも使えるのにこの金額、ちょっと衝撃的です・・・

この料金設定なのに圧倒的高性能

月額3,480円という非常に良心的な月額料金設定の「どんなときもWiFi」。

WiMAXやY!mobileのPocketWiFiと比較しても、そのコストパフォーマンスは圧倒的だと感じます。

実際に使ってみても、

  • 完全に無制限で使える
  • 地下・田舎・大きなビルの中などでも使える

というメリットは、いままでのルーターの弱点をすべて消し、長所だけを集めたようなルーターです。

WiMAXやY!mobileはどうしてもエリア面で弱さがあります。

また、3日10GBの制限も存在します。

その他のルーターは月間のデータ上限が定められていて、無制限には使えません。

サトウ

僕がおすすめしていたネクストモバイルも最大50GBまででした

こういった弱みを持たない「どんなときもWiFi」は、現時点で最強のモバイルルーターと言えるでしょう。

結論 どんファイはシンプル・格安で契約しない理由はない!

この記事では、「どんなときもWiFi」の料金面に絞って解説してきました。

また、WiMAXやY!mobileなどとの比較も掲載し、あらゆる点で優位性があることを見てきました。

僕は実際に契約してガンガン使っていますが、本当に無制限でどこでも使えています。

また、端末もスマートで、かつ機能面のシンプル。持ち歩いていていも、非常に快適です。

もし気になるようでしたら、公式サイトを覗いてみてください。

どんなときもWiFi公式ページ
https://donnatokimo-wifi.jp

どんなときもwifi

その他の特徴も全部解説した記事はこちら!

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - どんなときもWiFi, ポケットWiFi