S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

WiMAXで動画視聴は快適?スマホのパケ死を絶対回避!

   

どもです。S8です。この記事は2/4に更新済です。

最近は毎週末、スポナビライブという動画配信サービスで、ビールをたらふく買い込んで、サッカー三昧の日々を送っております。

さて、みなさんは動画を見られてますでしょうか。

インターネットの固定回線を契約されている方はスマホでもパソコンでもタブレットでも、どんどん見られているかと思います。

ただ、スマホだけ、という人は動画を見るとすぐにパケ死しちゃいますよね。。。

「うわ、パケ死した。。。今月あと10日もあるのに!!!」

といった声、色んな所で見ますね。。。

こんな感じです。

外でYoutubeとか見てたらすぐです。ホントに。

ちなみにウチの奥さんも、外で子供たちがガンガンYoutube見るので、ホントにすぐにパケ死してます。

そんな奥さんにも、そろそろWiMAXを持たせようかと検討中なのですが、実際WiMAXを利用したらパケ死を防げるのか気になりますよね。

結論としては、WiMAXを使えばパケ死を防ぐことが可能です。

この記事では、その辺を詳しく解説していきます。

まずは、そもそもWiMAXがどんなサービスみていきましょう。

スポンサーリンク

AdSense

WiMAXってどんなサービス?

WiMAXとは、いわゆる「ポケットWiFi」の一種です。

実際に利用している感想ですが、月間の通信量を無制限に使えるポケットWiFiとしては、唯一の存在と断言します。

他に「無制限で使える!」というサービスは、Yahoo!Wi-FiとY!mobile、さらには格安SIMのスマモバがあります。

ただ、Yahoo!Wi-FiとY!mobileは無制限で使えるエリアがとても狭く、スマモバは通信速度が遅いんです。

というわけで、この記事では他のサービスについては割愛しますね。だってオススメできないので。。。

詳しくはこちらを御覧ください。

ポケットWiFi無制限徹底比較!最も料金が安いのはどれ?

さて、なぜWiMAXが唯一の存在といえるのでしょうか。

それは、「ギガ放題」という月間通信量無制限のプランが、とにかく「使える」からなんです。

そのギガ放題、どう「使える」のでしょうか。見ていきましょう。

ギガ放題は速度制限がとにかくゆるい

この章ではギガ放題が「使える」理由を書いていきます。

実はWiMAXのギガ放題は、速度制限があります。

「え?速度制限あるんだ・・・」
「無制限じゃないの?」
「ていうか、結局遅くなるんだね・・・」

と思われましたね?

実はWiMAXのギガ放題は、制限がめちゃくちゃ緩いんです。

なんとその速度制限がかかるのは、2017年2月から

3日で10GB以上利用した場合

となったのです。

以前は「3日で3GB以上」利用すると速度制限が適用されました。ただ、適用されても4~6Mbpsを保っていたことから、もともと普通に動画視聴にも使えていたんです。

 

この速度、普通の動画配信には充分なスピードなんです。

例えば各動画サービスの必要速度はこんな感じ。

サービス 推奨速度
hulu 下り通信速度3Mbps〜5Mbps以上
U-NEXT高画質 1.5Mbps~4Mbps
TSUTAYAディスカス標準画質 下り1.5Mbps以上
Netflix HD画質 5Mbps

huluトラブルシューティングページ
U-NEXTよくある質問
TSUTAYA DISCASヘルプページ
Netflixヘルプセンター

各サービスともに上記のような推奨速度ですから、たとえ速度制限がかかったとしても快適に動画を楽しむことが出来たんです。

そして、これが大きく変わったんですね〜。

これによってほとんど常に高速でデータ通信を利用できるようになったんです。

詳しく見ていきましょう。

もともと緩かったWiMAXの速度制限がさらに緩和された!

先程も書きましたが、WiMAXは2017年の2月から、そのゆるい速度制限が更に緩和されました。

その内容は、3日で10GB以内の利用であれば、一切制限がかからないというもの。

しかも、仮に3日で10GB以上利用してしまったとしても、速度制限がかかるのが、翌日の18時から26時頃までのみとなったのです。

これは僕的にはかなり大きな変化でした。

僕の利用スタイルは、以下です。

平日は家にいる時に普通にネットを少しするくらいで、SNSを見ていて気になるYoutubeやインスタ動画を見るくらいです。

それが、週末は一変します。

まずお昼にスポナビライブで、日本のプロバスケリーグ「Bリーグ」のひいきのチームの中継を見ます。だいたい土日と二試合行うので、2日で4時間。

しかも夜はサッカーのプレミアリーグの試合を1〜2試合見ます。週末で合計3試合ほど。

こんな使い方をして、だいたい2日で8GBとかを利用する感じです。

で、3日目は月曜日ですからサッカーやバスケの試合がないので、いつもどおりのデータ使用量に戻ります。

これで一ヶ月のデータ消費量は40GBとかでしょうか。

これもう、ほぼ完全に無制限と言ってもいいのではないでしょうか。

あ、huluとかで4K動画をたくさん観ちゃうと、10GBに近づいてしまうので注意が必要です。

それでも、もし速度制限がかかったとしても、普通に使えるのがWiMAXのすごいところ。

次はそこを見ていきましょう。

3日で10GB以上使っても、かなり使える制限緩和

さて、4Kなどの超高画質の動画をガンガン観てしまい、3日10GB以上のデータを使ってしまった場合はどうなるのでしょうか。

大きな特徴としては、以下となります。

  • 制限がかかるのは混雑時間帯「18時〜26時頃」だけ
  • 混雑時間帯はYoutube標準動画がサクサク見られる1Mbps

こういったものになっています。

これ、やっぱりかなり“ゆるい”ですよね。

確かに18時〜26時って一番ネットが混み合う時間帯です。

僕が契約している固定回線はSo-netなのですが、この時間帯マジで重くて、解約してやろうかという勢いです。

深夜0時近くなんて1Mbps切ってます。ナメてます(怒

WiMAXと違って家でしか使えないくせに。。。。

現実に、奥さんがWiMAXに変えれば、固定回線は要らないですね。。。

WiMAXなら速度制限がかかったときでも、きちんと1Mbpsは保ってくれるのです。

また、1MbpsならYotubeの標準画質がサクサク見られるスピードです。

当然ながら普通のネットサーフィンやLINEやTwitter、Facebookやインスタなどには全く影響が無いでしょう。

このように、WiMAXは1部のスーパーヘビーユーザーに不利益を与える代わりに、僕達のような一般ユーザーに使いやすいサービスへと進化しています。

ただ、

「それでも絶対制限かかるし、1Mbpsなんてマジで使えない」

という人は、素直に固定回線一択でしょう。

光回線を選んでいただいたほうが良いかと思います。

WiMAXの速度は、動画を見るときの通信量には十分

結論としては、一般的な使い方をする前提であれば、十分動画視聴が可能だということがお分かりいただけると思います。4Kの超高画質動画を観たいという場合は、WiMAXは選択肢から外れますね。

先程の表を各動画サービスの推奨速度表を再度見てみます。

サービス 推奨速度
hulu 下り通信速度3Mbps〜5Mbps以上
U-NEXT高画質 1.5Mbps~4Mbps
TSUTAYAディスカス標準画質 下り1.5Mbps以上
Netflix HD画質 5Mbps

仮にNetflixのHD画質の推奨速度である5Mbpsを、120分続ける場合、最大でも3.6GBです。

3本見て、ようやく10GBを超えるくらい。

毎週末映画を見まくるほどの映画好きでない限りは、まず問題ないデータ量ですよね。

実際に僕が使っているスポナビであれば、もっとデータ消費量は少ないですよ。

ほんとに快適に利用できています。

通勤・通学中や外出先でもガンガン使える

そして、WiMAXの大きな利点として、外でもガンガン使えるということが挙げられます。

実際に先日経験したのですが、大好きなBリーグの試合が、電車での移動中に重なってしまったんです。

その時、WiMAXと接続したiPhoneにイヤホンを付けて、スポナビライブを見ながら移動していました。

そのまま家について、今度はiPhoneからAppleTVに接続してテレビで試合を見続けたんです。

これがスマホのデータプランでやってたら、即パケ死につながりますよね。。。

もちろん色んな動画配信サイトはドラマなんかも、好きな時に見られるのが売り。

だから、通勤・通学中に動画やYoutubeをガンガン見ても、パケ死の心配がなく安心なんですよね。

そんないいところ尽くめのWiMAXですが、ちょっとだけ不安な点もあります。

見ていきましょう。

エリアだけはちょっと気にして欲しい

WiMAXは、大手の携帯電話の会社(ドコモ・au・ソフトバンク)とは違う独自回線を利用しています。

このことで、ちょっとだけエリアに不安があるのです。

そりゃ会社の資金力が全然違いますから、当たり前です。

auを運営しているKDDIの系列会社なのですが、回線は別物です。
※正確にはauの回線も利用できますが、無制限での利用ができなくなってしまいますので注意が必要です。

これらのことにより、エリアは若干狭くなっています。

ただし、WiMAXを格安で提供してくれている会社の公式サイトに「ピンポイントエリア判定」があります。

ここで「◯」になれば、まず間違いなく満足できると思います。

そして、「◯」の場合、契約してから万一満足できない場合も、20日以内ならキャンセル出来るんですよ。

要は、20日間試しに使ってみることが出来るということですね。

データ量の問題も含めて、テストしてから続けて使うかどうかを決められるわけですね。

公式サイトで20日キャンセルOKについて詳しく見る

さて、データ量、エリアと色々気になる点を解説してきましたが、一番気になるのは利用料金。

WiMAXはいくらで使えるのでしょうか。料金について見ていきましょう。

WiMAXの月額料金は最安で実質約2,833円!

WiMAXは、大手携帯電話会社のデータプランと比較しても、とても安く利用できるんです。

最安のプランだと、実質的に支払う金額が毎月2,833円。

どうしてこんなに安く使い放題ができるのでしょうか。

それは、「キャッシュバック」という現金が帰ってくるキャンペーンがあるからなんです。

まずは、このキャッシュバックキャンペーンを詳しく見ていきましょう。

WiMAXを2年総額で最安で使うならキャッシュバックプラン

僕が把握している中では、「GMOとくとくBB」というプロバイダーが最も大きなキャッシュバックを提供してくれています。

キャッシュバックが大きいということは、2年間の契約で支払う合計金額が最も安くなるということですね。

そのキャッシュバック金額は最大で

33,000円。

ここまで大きなキャッシュバック額を実現しているところは他には無いです。

もしあったら僕が教えてほしいくらいです笑

先程お伝えした「月額約2,833円」は、月額の料金として把握しやすいように、その33,000円のキャッシュバックを適用して、24ヶ月で割ったものですね。

なので、「実質」となるんですねー。

一番安くWiMAXを使うなら、キャッシュバックプランとなります。

キャッシュバックキャンペーンは2月28日までとなっています。

また、最大33,000円のキャンペーンは下のリンク先でのみの適用となりますのでご注意くださいね。

公式サイトでキャッシュバックや料金について詳しく見る

でも、

「なんかキャッシュバックとか面倒だなー」

という人にも、キャッシュバックの手続きなしで、単純に月額利用量を割引してくれるプランが展開されています。

これまたかなり安いです。

その割引プランを見ていきましょう。

面倒なキャッシュバック申請無しで確実に安く使う

キャッシュバックの仕組みは、利用開始後しばらくたってからメールで通知が来て、振込先を連絡して翌月33,000円が振り込まれるというもの。

ちょっと面倒なんですよね。忘れちゃうひともたくさんいるようです。

キャッシュバック申請をを忘れてしまったら、ただの高いWiMAXになっちゃいます。全然安くないです。

これを解消するのが、同じく「GMOとくとくBB」が提供してくれている月額割引プランです。

これはキャッシュバックの実質の月額料金よりは少し高くなりますが、特別な手続きなどなく確実に毎月安く利用できるというものです。

その金額はこんな感じです。

  • 1ヶ月目:26,99円(日割り計算)
  • 2ヶ月目:2,699円
  • 3〜24ヶ月目:3,353円

24ヶ月の平均に直すと、約3,298円。

これでも、携帯電話会社のデータプランに比べれば圧倒的に安いんですよね。。。

この、月額約2,833円のキャッシュバックプランとの、月に465円の差をどう見るかなんですが、僕はこの月額割のほうが楽でおすすめですねー。

→ 公式サイトで月額割引プランを見る

 

「いや、やっぱりどうしても最安で使いたい」

という場合は、キャッシュバックがおすすめですので、こちらで確認してみてください。

公式サイトでキャッシュバックについて見る

まとめ

このように、今でもWiMAXは動画視聴もバッチリなんですが、2017年の2月からはさらに快適なインターネット環境が手に入っちゃうんです。

ピンポイントエリア判定が「◯」であれば、20日キャンセルを利用して、試しちゃってください。

ダメだったら解約手数料なしでキャンセルしちゃいましょう!

それではまた!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi , ,