S8(エスハチ)

エスハチ|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

Web(ホームページ)制作会社の見つけ方

      2016/10/08

code-1076536_1280

みなさんは会社やお店のWebサイトを作るとき、どうやってWebサイト制作会社を探しますか?

僕はWebサイト制作も請け負ったりしますが、最近は積極的にやろうと思わなくなりました。その理由と、Webサイト制作会社の選び方が結構リンクしていると思うのです。

Webサイト制作をしたくなくなった業者が教える、Webサイト制作会社の選び方をお伝えしますね。

Webサイトは情報の塊であって社長や担当者の好みは関係ない

僕がWebサイト制作をしたくなくなった理由は、ただひとつ。

見た目だけで話す人があまりにも多すぎる

というものです。

まあ中小企業の仕事が多いので仕方が無いんですけど、とにかく見た目の話に終止するんですよね。

もちろん見た目も大事です。Webサイトを通じて好印象を持ってほしいです。

でもそんなの世の中には綺麗なテンプレートとかあるんで、もうそのあたりの使えばいいかなと。

それより大切なことがたくさんあると思っています。それは、

Webサイトは情報の塊である

ということです。

自分が検索してたどり着いたWebサイトに何を期待しますか?それは自分がほしい情報にすぐにたどり着けることだと思うんですよね。

あ、キャンペーンサイトとかだったら話は全然変わってくるんでそれは置いておきます。今回は所謂「お店や企業のホームページ」を想定してください。

あなたが検索して、GoogleやYahooの検索結果に表示されたWebサイトをクリックします。そして自分が探し求めていた情報に1サイト目で到達できたら、それはとても良い検索体験です。

それが、デザインはすごくオシャレなのかもしれないけどメニューが英語で、どこに何があるかわからないようなサイトだったら、すぐにブラウザの戻るボタンを押して次に表示されたページに移動しますよね。それを何度か繰り返した後にようやく欲しかった情報にたどり着く。これはちょっとイラッとします。

Webサイトにできることって、ユーザーが求めるものを想定して、それに答えるコンテンツを提供してあげるだけです。これ以外のことをしてもお互いに不幸な結果に陥るだけです。

例えWebサイトで何かを販売したかったとしても、ユーザーがその商品を求めていて、検索結果に表示され、購入できる機能があればそれは正解だと言えます。

僕らはこういったことを念頭に提案して、見積を出すのです。

しかしお客さんのことを考えられないひとが世の中に如何に多いことか。

提案時のオリエンでよく言われる言葉のひとつに「面白い提案」「インパクト」があります。

もうコレ言われるとだいたい萎えちゃいます。ま、気を取り直して教育しにかかるんですけど、受注前なので響く人と響かない人がいます。

でも、企業のWebサイトにそんなものは全く必要ないんですよ。それは特設ページでやったらいいんです。企業のWebサイトは、もっと訪れた人に親切に情報を提供することだけを考えればいいのです。

例えばあなたの会社のことが知りたくて社名で検索してきた人には、あなたの会社のことがわかりやすいように情報を記載するべきだし、あなたの仕事が飲食店だとしたら、店名で検索してきたひとはだいたい場所かメニューか値段か営業時間が知りたいんだと思うんです。

で、そこに答えてあげれば良い。

また、店名や社名ではない言葉で検索してきた人のことを知ろうと思ったら、それはしかるべき仕組みを入れるべきだし、そのことを考えないで自分の出したい情報を出しているだけでは、アクセスも増えないし検索結果にも表示されませんよね。

だから、Webサイトは自分の好みとかを一切捨てて、検索してたどり着いてくれた人や今からたどり着こうとしている人のことだけを考えて、あなたの会社やお店が返してあげられる情報を掲載するようにしましょう。

僕も昔は見た目を優先してWebサイト制作をしていた時期がありましたが、あまりにも不毛に思えて、辛くなっちゃったんですよね。

あなたはデザインがいいからYahooやGoogleを使いますか?Amazonや楽天、クックパッドや価格.comを使いますか?

違いますよね。そこにほしい情報があるから使うんです。

こういう会社ならいいかも、の例

で、色々書いてきましたが、どうやってWebサイトの制作会社を見つけたらいいかを考えてみます。選び方はそれこそ色んなとこに書いてありますから検索してみてください。こんなとこはダメだ、とか。

で、もしあなたがWeb制作についての知識が何もなくて、まったく情報がないのであれば、いい制作会社を探すには以下の方法がいいのかな、とおもいます。

まず、SEO関連の本を5冊程度買います。Amazonのレビューが良い順で大丈夫です。SEOというのは検索エンジン最適化(Search Engine Optimizationの略)で、要はGoogleに的確に情報を紹介してもらうための施策です。以前は裏技的なやり方が横行していましたが、今はかなり減ってきています。まずこのあたりを勉強しましょう。コレやらないと失敗する可能性高いです。

その後、Googleで「Webサイト 制作 地域名」などで検索して、問い合わせメールを送りましょう。その問い合わせには、SEO関連の書籍をたくさん読んだ旨、Webサイトをおまかせでなく一緒に作ってほしいことを伝え、その上で目標とその方法を提案してくれるかどうかを書きましょう。

ここですぐに電話がかかってくるところは営業色が強いかもしれません。実直にやっている会社は多分かなり忙しいので、メールでの返答だとおもいます。

上記を伝えて、それでも提案させて欲しいと言ってきたところだけ話を聞けばいいのではないでしょうか。

ここまでデザインについて全く触れませんでした。

はい。そうなんです。

企業のWebサイト制作において、デザインはある程度綺麗であればそれでいいのです。それよりもっともっと大切なことが他にたくさんあります。それを分かっている会社と一緒に作りましょう。

でも問題がひとつ。

そうやってWebサイトを作る会社は10万円とかでは絶対に作ってくれません。もちろんあなたのお店や会社の規模にもよりますが、100万円以上かかることも普通です。

それでも、いい会社であれば、あなたのビジネスを理解して最適な提案をしてくれると思います。

まとめ

良いWeb制作会社を選ぶためには、まずは自分の知識を蓄えるのが一番リスクが少ないので、とにかく会社を決める前に知識をためましょう。Webのことを全然分からないのに会社を選ぶということは、直感だけで決めるようなものです。で、やっぱり騙されちゃうんですよ。

良い会社の選び方を知りたければ、やっぱり自分で知識武装するのが一番ローリスクだと思います。


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - 仕事 , ,