ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

WiMAXの制限「3日で10ギガ」はどれくらい使えるのかマニアが解説

      2018/07/18

どもです。ネット回線マニアのサトウです。

サトウ

ポケットWiFiをなぜか3台も持ってます苦笑

この記事は、

「WiMAXの通信制限ってどんな感じ?」
「3日で10ギガってどれくらい使えるの?」

と思って調べているあなたに、実際に使っている僕がお答えしています。

結論から言いましょう。

3日10ギガ、ネットのヘビーユーザーでなければ全く問題ないです。

  • HuluやNetflixなど、ネット配信の海外ドラマを毎日見る
  • パソコンのオンラインアクションゲームを毎日プレイする

といった人「以外」は、おそらく十分足りるデータ量ですよ。

それを証明するために、僕は家のフレッツ光を解約して、1年間WiMAX一本にしてました。

ですので、通信制限にはかなり敏感。

この記事では、家でも外でもWiMAXを利用していた僕が、その通信制限についてしっかり解説します。

Aさん

WiMAXって通信制限はあるの?

Bさん

あるとしたらどんな条件で適用されるの?

Cさん

3日で10ギガってどんな感じか想像つかない

このあたりの疑問にサクッとしっかりわかりやすーくお答えします!

ちなみに僕のおすすめWiMAXはこちらです。とにかくシンプルかつ大きな月額割引が魅力。実際に2回線契約してます。

ブロードワイマックス公式サイト
▶ https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

その他にもオススメのプロバイダをランキング形式で発表!

それでは、3日10ギガ制限について、順に見ていきましょう。

サトウ

まずはWiMAXの通信制限について軽くおさらいします!

WiMAXの通信制限(速度制限)とは

WiMAXの通信制限はどんなものなのでしょうか。

ざっくりと説明すると、

  • 1ヶ月の間にどれだけ使ってもOK
  • 直近3日間で10ギガ以上使うと、翌日18〜26時まで制限される

というものなんですねー。

これ、実は相当ゆるい制限なんです。

実際僕は月間60ギガほど使いますが、いままでに制限がかかったのは3回ほど。

それもDAZNで海外サッカーをガッツリ1日3試合とか観ちゃったときだけですね。

それ以外で普通に使ってたら制限はかかりませんよ。

サトウ

次はみなさんが気になる「3日10ギガ」ってどんなものかを見ていきます!

3日で10GBってどんなことができる?

さて、「3日で10GB」ってどのくらいで到達してしまうのでしょうか。

利用サービス 操作内容 消費データ量 3日10GBで
可能な量
ホームページ Yahoo!トップページ
(パソコン版)を表示
400kB 約26,210回
メール 300文字程度の
テキストメール
5kB 約2,097,150通
Twitter 全角140文字で
ツイート後、再読込
335kB 約31,300回

格安SIMのIIJのサイトの情報を参考に掲載しますが、正直3日で消費するデータ量じゃないです。

次に、一番気になる動画視聴について調べました。

ネット上の情報を調査してまとめたのですが、環境によってかなりばらつきが出るようなのであくまで参考までにしてくださいね。

項目 1分間の
消費データ例
3日10GBで
視聴可能時間
Youtube標準画質 約5MB 約33時間
Youtube高画質(HD) 約10MB 約16時間
DAZN 約50MB 約3.3時間
スポナビライブ高画質 約30MB 約5.5時間
Hulu720p 約8MB 約21時間
Netflix高画質 約16MB 約10時間

この数字を基準とするのであれば、Youtubeはまず問題ないレベルですね。

DAZNなどのスポーツ配信はデータ量が多くなる傾向。2〜3試合見ると10ギガに到達してしまうようです。

HuluやNetflixが意外と少ないのに驚きました。これなら映画なんかもかなり楽しめますねー。

僕が通信制限にかかったときの状況

僕は何度か制限にかかってます。

で、それってどんな条件だったのかというと、

週末スポーツ動画配信を3日で10時間ほど観た

というものでした。

そりゃダメだわ笑

普通のひと、こんなに見ます??

見ないですよね笑

ということで、高画質のスポーツ動画配信を見たり、オンラインのアクションゲームなどをする人でなければ、まず通信制限にはかからないと考えて良いでしょう。

また、万一通信制限にかかっても、それは18時から26時までの間だけ。

深夜2時から夕方18時までの18時間はまったく制限無しで使えます。

サトウ

ここからは、WiMAXの最大の魅力である月間データ量無制限について解説!

月間のデータ量は無制限・使い放題

ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、実はWiMAXは、なんと。

月間データ量無制限なんです。

ホントに使い放題。

だからプラン名も「ギガ放題」と名付けられてます。

これ、ドコモやau、ソフトバンクでは絶対に無理なんですね。

ドコモ・au・ソフトバンクの大容量プランと言えば、それぞれウルトラパック・スーパーデジラ・ギガモンスターですね。

これらのプランは基本的に料金など横並びで、最大でも30GBを8,000円。

正直めちゃくちゃ高いわけです。

もちろん大手キャリアにもいいところもありまして、やっぱりLTEは、その電波特性からつながりやすいです。

でも30GBで8,000円は高すぎ。これに通話料とか加わりますしね。

その点WiMAXは、安い会社で契約すると3,000円で使い放題

この違いは本当に大きいですよね。

これなら固定回線代わりにできる。

さらにエリア内なら、普通の4GLTEより理論上WiMAXのほうが速いのですから言うことなしです。

女性Aさん

でも、3日10GBで制限かかるんでしょ?

と思いますよね。

サトウ

次は唯一の通信制限、「3日10GB」についてより詳しく見ていきましょう。

3日で10GB以上使わなければ、制限は一切なし

WiMAXは、前日までの3日間で10GB以上使わなければ、通信制限は一切かかりません。

固定回線をなくしてWiMAX一本でまかなっていた僕の通信量ですが、まだ24日の時点で、既に36.02GB使っています。

WiMAX利用量

だいたい平均して1日1.5〜2GB使う感じなので、1ヶ月50GBくらいは使うと思われます。

それでも別に通信制限はかかりません。

これすごいですよね。

ただし、3日で10GB以上使うと適用される通信制限があるんです。

その通信制限は、かかったらどうなるのでしょうか?詳しく見ていきます。

通信制限がかかる時間帯

まず、通信制限がかかる時間帯から見ていきましょう。

WiMAXで3日10GB以上利用してしまうと、

  • 3日で10GBを超えた翌日
  • 夕方18時から26時

という時間帯に通信制限がかかります。

でも、逆に言えばそれ以外の時間帯はまったく制限がかかりません。

どれだけ使ったとしてもです。

また、通常仕事をしているのであれば、オフィスではWiFiが飛んでいますよね。

普段はそのWiFiにつなげればデータ消費はありません。

僕はすでに数ヶ月、自宅のネットをWiMAXのみで賄っていましたが、3度しか通信制限にかかっていません。

常にネットを見ながら仕事をしている僕ですらそうなのですから、正直気にすることはないでしょう。

またもしかかってしまったとしても、18時から26時だけ。

僕は、まったく問題ないと考えていますよ。

「でも、18時から26時、ネットできなくなるのは困る・・・」

と思われるかもしれませんが、それも大丈夫なんですよ!

通信制限中の速度

もしWiMAXで3日10GB以上利用して、18時から26時までの通信制限が適用されたとしても、僕は自宅でなんとか仕事を進めることができました。

それは、WiMAXの場合、通信制限がかかったとしても

1Mbpsの速度を保ってくれるから

なんですね。

この1Mbps、一体どれくらいのスピードかというと、

  • Youtubeは標準画質なら問題ない
  • Twitterは問題ない
  • 普通の検索も問題ない
  • 普通のWebサイト閲覧は画像の多いページだともたつく
  • フェイスブックやインスタなど画像の多いSNSは多少もたつく

という感じですね。

流石に通信制限がかかった状態で500MBのデータをお客さんに送ったときは辛かったですけど、そういうのはオフィスで済ませとけって話ですからねー(汗)

それ以外だと、普通のネット閲覧やYoutubeを見る程度なら、まず問題ないですよ!

通信制限を解除するには?

3日で10GB以上利用してしまった場合に適用される通信制限。

これを解除する方法は、ただ一つ。

それは、時間です。

こればかりは仕方がないので、大人しく待ちましょう笑

解除の仕組み、ちょっとわかりにくいので説明しますね。

実際の流れを追ってみましょう。

図にしました。(イラストレータで超頑張った!)

WiMAX3日10GB制限図解

この図を見るとわかるように、4日目に直近3日間のデータ量が10GBを超えます

そして翌日5日目に制限がかかりますが、その日に3日間のデータ量が10GBを下回ります

結果、6日目は制限なし、となるのです。

流れはこんな感じ。

1日目 2GB使う 制限なし
2日目 3GB使う 制限なし
3日目 4GB使う 制限なし
4日目 4GB使う 直近3日合計が11GB
制限なし
5日目 1.8GB使う 前日までの利用に対して
制限がかかる
6日目 2.2GB使う 前日に10GBを下回ったので
制限が解除される

このように、3日間のデータ使用量が10GBを超えると制限がかかりますが、仮に翌日使用量を抑えたら、すぐに解除されるんですね。

まさに、「待つしか無い」のですが、忘れてはいけないのが深夜2時から夕方18時までは普通に使えるところ。

このおかげで、仕事や学校、朝の通勤には一切影響がないんですよね〜。

WiMAXは圏内なら最強のポケットWiFi

やっぱりWiMAXって素晴らしいと思うんです。

エリアが若干弱いことを除けば。

エリアが圏内なら、まさに最強のポケットWiFiでしょうね。

冒頭でも書きましたが、僕は光回線を解約してWiMAX一本に乗り換えてガチで使ってました。

もちろんいいところも弱いところもあるWiMAXですが、電波状態がよければ最強のポケットWiFiです。

エリアだけ心配なので、こちらでピンポイントエリア判定をしてください。

WiMAX公式 エリア判定ページ

これが「◯」であれば、WiMAXの契約を前向きに検討して大丈夫です!

もし「△」「☓」でも、

Dさん

どうしてもポケットWiFiが必要!

という人は、「ネクストモバイル」というポケットWiFiがオススメです。MAX50ギガの、WiMAX以外ならイチオシのポケットWiFiですよ。

実は、僕の3つめのポケットWiFiはこのネクストモバイルです。詳しい解説を書いていますので、読んでみてください。

サトウ

さて、WiMAXはプロバイダ選びが重要です。しっかりわかりやすく解説します!

絶対に迷わせないWiMAXのプロバイダ選び

さて、ここまで読んで頂いて、

「WiMAXはどこで契約すればいいの?」
「違いとかよくわからないからわかりやすく教えて」

と思われているあなたに向けて、絶対に迷わせないプロバイダ選びを提案します。

僕の提案するプロバイダ選びの選択肢は2つ。

あなたの好みや性格に合わせて選べるようにしますので、ご安心を!

まずは選択肢について簡単に説明しますね。

WiMAXプロバイダ選びの選択肢について

WiMAXのプロバイダは、非常にざっくり分けると3つのタイプに分かれます。

  1. 高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め
  2. キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい
  3. 1と2の中間で、ほどほどのキャッシュバックとほどほどの月額割引

この3タイプから選ぶことになります。

僕のオススメは「2」の「キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい」プロバイダです!

S8

これを「月額割引型プロバイダ」と呼ぶことにしますね

なぜオススメなのか。

それは、とにかく簡単で確実だからです。シンプルに月額料金が割り引かれるので、安心なんです。

キャッシュバックは、場合によっては現金を受け取ることができないというリスクがありますからね。

こうなるとキャッシュバックなしの非常に高い月額料金となってしまいます。

ということで、まずは僕が実際に契約している「月額割引型プロバイダ」について説明していきますね!

月額割引型プロバイダについて

月額割引型プロバイダの特徴は、

  • 面倒なキャッシュバック申請が一切ないのでリスクがない
  • ただし、契約期間中の総支払額は最安ではない

ということですねー。

エリアや速度なんかは一切替わりませんので、キャッシュバック申請の手間と総支払額だけで選べばよいのです。

僕もそうなのですが、とにかく一度契約してしまったら自動引落にして、支払いのことは忘れたい。

キャッシュバックのことを11ヶ月とか13ヶ月とか覚えておいて、スマホのカレンダーに登録して、IDとパスワードを覚えておいて、さらにキャッシュバック申請の手続きも覚えておく。

こんなことしたくないですもん。。。

僕と同じように、

Cちゃん

面倒なことは最初だけにしてあとは何も気にせず使いたい

という人は、月額割引型のプロバイダがオススメですよ!

S8

面倒な設定とかキャッシュバック申請はしたくない人は、月額割引型を選びましょう!

それでは、実際に僕が契約しているプロバイダを紹介しますね。

月額割引型のオススメプロバイダ

僕が契約したのは月額割引型プロバイダの「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」です。

このプロバイダは以下の特徴があります。

  • 運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手
  • 月額料金が業界最安級の月額2,726円〜
  • 端末代0円
  • ご満足保証で乗り換え可能
  • 8日間の初期解約制度で端末も返却可能
  • 今だけ!Amazonギフト券が漏れなくもらえます ※9/30まで

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

よくわかんないところもあると思うので、1つずつ簡単に説明しますね。

運営会社の親会社が沢山のネットサービスを手がける大手

スマホを持つ女性

ブロードワイマックスを運営するのは「リンクライフ」という会社で、親会社は「オールコネクト」という会社。

実はこのオールコネクトという会社、WiMAXやネット系ではそこそこ有名な会社で、固定回線やポケットWiFiをいくつも提供している大手企業なんです。

僕も最初は知らなかったのですが、偶然にも契約したのが全部オールコネクトの提供しているサービスでした。

さらにWiMAXやポケットWiFiについて調べていくうちに、ほんとに沢山のサービスを提供している会社だということもわかりました。

これだけ実績ある会社ですから、運営についても安心できますよね。

月額料金が業界最安級の月額2,726円〜

次に肝心の料金について見ていきましょう。

ブロードワイマックスは月額割引型なので、月額料金が非常に安くなっています。

キャッシュバック型は月額料金が高いので、使い放題プランの場合毎月の引き落とし額が4,300円程度になることが普通です。
月間7ギガしか使えないプランでも、3,600円程度ですね。

ところが、ブロードワイマックスは以下の料金になります。
合わせて「とくとくBB」と「本家UQ」の数字も掲載します。

サービス名 ギガ放題月額料金 7ギガ月額料金
BroadWiMAX 3年間平均3,572円 2,726円
とくとくBB 3年間平均4,227円 3,609円
UQ WiMAX 3年間平均4,342円 3,696円

このように、月額料金がかなり安くなっているのがわかりますね。

もちろんとくとくBBは、ここからキャッシュバックがありますが、忘れてしまったらこの金額差になるということです。

ちなみに本家であるUQ WiMAXはキャッシュバック等ありませんので、契約しないほうがいいと思います。

やはり安心してWiMAXを利用するためには、月額割引型のプロバイダーで最安のBroadWiMAXがオススメなんですねー。

9/30まで!Amazonギフト券5,000円分漏れなくもらえます

BroadWiMAXアマゾンギフト

今までBroadWiMAXは、キャッシュバックなどの還元系キャンペーンはしていませんでした。

あくまで月額料金の安さと、サポート内容の充実度で勝負していたプロバイダ。

しかしついに、還元系キャンペーンを開始しました。

Amazonギフト券¥5,000円分もらえるのです。受取の手続きも非常に簡単。

  1. BroadWiMAXの契約を申し込む
  2. 翌月5日までに登録メールアドレスに「ギフト申請用URL」が届く
  3. 15日までに「ギフト申請用URL」の申請フォームで改めてメールアドレス登録
  4. 月末までにAmazonギフトコードが届く
  5. ギフトコードを使ってAmazonで買い物!

BroadWiMAX Amazonギフト受取手順

という流れです。

これなら普段使っているメールアドレスへの連絡なので、受取漏れもほぼ無いでしょう!

5000円割引と同じことなので、実質月額は3,400円程度(ギガ放題プラン)にまで下がっちゃいますよ。

このキャンペーンは9/30までなので、今のうちに申し込んでみてください!

端末代0円

BroadWiMAXは、端末もすべて0円です!

通常、キャッシュバック型のプロバイダーは端末によってキャッシュバック金額が変わります。

それって結局端末代0円じゃないよね、と思わなくもないですよね。。。。

しかしBroadWiMAXはどの端末でもすべて0円です。最新端末でも問題ありません。

やっぱり最新端末は、最大通信速度が速かったりバッテリーの持ちが改善されてますからねー。

あと、サイズが年々小さくなっているのも見逃せません。

ご満足保証で乗り換え可能

WiMAXの電波特性上、どうしてもエリアが狭い場合があったり、建物の奥まった場所だと電波が入りづらかったりします。

ピンポイントエリア測定では「◯」だったのに、自分の部屋では速度が出ない、ということもあり得ます。

こんなときBroadWiMAXは「ご満足保証」という制度があるんです。

このご満足保証、万一通信品質に満足できない場合、光回線や他のポケットWiFiサービスに乗り換えることができるんです。

サトウ

もちろん違約金はかかりません!

現在乗り換えできるサービスは、以下となっています。

  • SoftBank光(固定回線)
  • auひかり(固定回線)
  • So-net光(固定回線)
  • BIGLOBE光(固定回線)
  • ブロードひかり(固定回線)
  • YahooBB(固定回線)
  • BroadLTE(モバイル回線)

たくさんありますね〜。

BroadLTEの無制限通信可能エリアはWiMAXより狭いので、やっぱり固定回線がいいですね。

僕なら使い放題が魅力でWiMAXを契約したわけですから、WiMAXが使えないとなったら使い放題の固定回線に乗り換える気がします。

とは言え、僕は自宅でも外でもほぼどこでもWiMAXが使えていますけどね〜。

とにかく、これで万一のときも安心です。

また、契約後8日以内なら無条件で解約可能ですよ。解説していきましょう。

8日間の初期解約制度で端末も返却可能

broadWiMAXキャンセル

初期契約解除制度ってご存知ですか?

ま、普通の人は知らないと思いますが、ネット回線系の契約で使えるクーリングオフみたいなものですね。

とにかくネット回線系の契約って難しいし、よくわからないまま契約しちゃうことが多いと思うんですよね。

それを8日以内の申請で一方的に解除できるんです。

これは総務省が定めた法令なので、全プロバイダに適用されます。

ただし、この解除できる契約に端末の契約は含まれていないんですよね。

ということは、回線の契約期間中は割引が効いている端末代が、契約解除した途端に発生して、使えもしない端末の分割金を払い続ける羽目になるんですよねー。

サトウ

こんなの納得できるわけありません。

ところがBroadWiMAXはこの端末を含めた全契約を解除できるんです。

ですから、万一通信品質に満足できない場合は、先に説明した「ご満足保証」の他に、端末到着から8日以内であれば契約解除も可能です。

ということで、WiMAXに対するハードルをどんどん下げてくれているんですねー。

このように様々なメリットがあるので、やっぱり僕も契約したプロバイダ「ブロードワイマックス」が一番のオススメとなりますよ〜。

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

さて、ここまで月額割引型プロバイダの魅力について説明してきました。

でも、高額なキャッシュバックに魅力を感じる人がいるかもしれません。

ということで、次は「高額キャッシュバックはあるけど月額料金は高め」なプロバイダについて説明しますね。

S8

これを「キャッシュバック型プロバイダ」と呼ぶことにします

キャッシュバック型プロバイダにはどんな特徴があるのでしょうか。

キャッシュバック型プロバイダについて

40,000円を超えるような現金がもらえる、高額なキャッシュバック型プロバイダの特徴は以下となります。

  • 契約期間中の総支払額が最も安くなる
  • キャッシュバック申請を忘れる人が多数発生

ということなんですねー。

まず、契約期間中の総支払額が最も安くなります。これは間違いないです。

ただそれと引き換えに、キャッシュバック申請の手続きがめちゃくちゃ面倒で難しいのです。

で、このキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、当然現金がもらえません。

高額キャッシュバック型の月額料金は高めに設定されています。

ですので、こうなってしまうとまったくお得感のない「高いWiMAX」を契約期間中ずっと使うことになります。

S8

キャッシュバック型の月額料金は、かなり高めに設定されてるので注意が必要なんです

では、この「キャッシュバック申請方法」はどんなものなのでしょうか。見ていきましょう。

代表的なキャッシュバック申請方法

キャッシュバック申請をして大きな現金をもらう場合の、代表的な流れを見ていきましょう。

  1. 契約を申し込む
  2. プロバイダ支給のメールアドレスが作られる
  3. 契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る
  4. そのメールに返信する形で、振込先を連絡する
  5. 連絡した翌月末などに指定した振込先に入金される

高額キャッシュバックをもらえるプロバイダの場合、この流れが一般的ですね。

ここでの注意点は、

2. の「プロバイダ支給のメールアドレスが作られる」

と、

3. の「契約後11ヶ月後や13ヶ月後(プロバイダによる)に2のアドレスに通知メールが来る」

ところです。

「契約後11ヶ月後などにプロバイダのアドレスに通知が来る」ことのデメリット

これは非常に面倒な仕組みです。

最近では、やはりスマホでメールを管理することが多いですよね。

大事な通知は携帯電話会社提供のメールアドレスや、Gmailなどを使うと思います。

こうすることで、スマホで受信できて忘れずに支払いなどができるわけです。

ただ、これが「プロバイダ支給のメールアドレス」への通知のみとなると話が変わってきます。

そもそもこの通知だけの為に、スマホのメール設定をするのも現実的ではありません。そんな面倒なことしたくないし、やり方がよくわからない人も多いと思います。

だから、僕らがやることは

  1. 11ヶ月後にメールが来ることを覚えておく
  2. 11ヶ月経ったらプロバイダのマイページなどにログインする
  3. そのマイページでメールをチェックして振込先を連絡する

という流れになります。

また、3の連絡については、多くの場合1ヶ月以内です。これを過ぎるとキャッシュバック分の現金がもらえません。

どうですか?

こんなこと、やっぱり僕なら面倒だなーって思っちゃいます。

マイページへのログインIDとパスワードだって覚えていなくてはいけないですしね。

この複雑な手続きのおかげで、おそらく一定数の申請漏れがあるのは間違いありません。

そしてその申請漏れの比率を計算した上で、キャッシュバック額を決定しているはずなんです。

S8

申請を忘れると、結果的に他の人のキャッシュバック金額をあなたが負担することになるんです

こういったカラクリで、高額キャッシュバックが実現できているわけですねー。

ただし、高額キャッシュバック型が最安なのは間違いない

ここまでキャッシュバックの怖さを書いてきました。

でも、高額キャッシュバック型のプロバイダが最安なのは間違いないんです。

だから、上記手続きを

「絶対忘れない自信がある!!」

という人は高額キャッシュバック型プロバイダでの契約がオススメとなります。

S8

高額キャッシュバックの申請はかなり面倒だけど、やっぱり総支払額は最安ですからねー

そんなキャッシュバック型プロバイダで、現在もっともオススメなのはGMOとくとくBBというプロバイダです。

それは単純にキャッシュバック金額が常に最大だからですね。

業界最高のキャッシュバック!とくとくBBの特徴

とくとくBBは、2018年8月現在、業界最高の43,000円のキャッシュバック額を誇ります。

高額キャッシュバック型プロバイダは「とくとくBB」以外気にしなくて大丈夫です。

常に業界最高額のキャッシュバック額を維持しています。

WiMAXはプロバイダによる通信品質に違いはありません。

速度もエリアも、速度制限の条件もすべて同じです。

ですから、キャッシュバック型のプロバイダを選ぶなら、その金額のみで考えれば良いのです。

もし

「絶対キャッシュバック申請忘れない!」

という人は

とくとくBBでの契約がオススメです。

とくとくBB公式サイト
https://gmobb.jp/


キャッシュバック申請、忘れそう。。。という人はやっぱりブロードワイマックス

でも、やっぱりこのキャッシュバック申請はハードルが高い。

実は僕も以前契約していたフレッツ光のキャッシュバックをすっっっっかり忘れちゃってまして、ものすごく悔しい思いをしたことがあります。

確か30,000円だったと思います(汗)

それ以来キャッシュバック系のプランは一切契約しないようにしています。

僕と同じように

「キャッシュバック申請に自信がない」

という人は、キャッシュバックは無いけど月額割引が大きい「月額割引型」プロバイダでの契約がオススメです

僕もそうしてますしね。。。苦笑

ブロードワイマックス公式サイト
https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAX

 

まとめ

WiMAXの通信制限は、唯一直近3日間で10GB以上利用した場合にのみ適用されます。

しかし、遅くなるのは翌日の18時から26時の間だけ。

それも1Mbpsと普通にネットをするには問題ない速度を保ってくれます。

実際に固定回線代わりに使い倒していた僕が、身をもって体験していることなので間違いありません。

この記事を読んだ方の快適なWiMAXライフを願って。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - WiMAX, WiMAXの知識, ポケットWiFi