S8 Works

S8 Works|仕事のことを中心に、幅広いトピックスを取り上げていく情報サイト

WiMAXの制限3日10GBはどのくらい使えるのか

   

どもです。S8です。

この記事は、

「WiMAXの通信制限ってどんな感じ?」
「固定回線の代わりになるの?」

と思っている方に書いています。

僕は現在、家のフレッツ光を解約して、WiMAX一本で賄っています。

ですので、通信制限にはかなり敏感。

しかしWiMAXを持ったことで、格安SIMと合わせて年間15万円の節約を実現しました。

この記事では、実際に固定回線代わりとして、さらに家の外でもポケットWiFiとして利用している僕が、その通信制限についてしっかり解説します。

  • WiMAXの通信制限あるのか?
  • あるとしたらどんな条件で適用されるのか?

また、10ギガでどんなことができるのかが気になる人は、こちらを見ちゃってください。

3日で10GBってどんなことができる?

それでは、順にしっかり見ていきましょう。

スポンサーリンク

AdSense

WiMAXの通信制限(速度制限)はめちゃくちゃ緩い

WiMAXの通信制限はどんなものなのでしょうか。

実は2017年の2月にその内容が大きく変わりました。

それまでは3日で3GB以上利用すると適用されていた通信制限。

それが何と3日10GB以上の利用での適用となったのです。

これはTwitterでも大きな話題になっていましたねー。

すごい速さで流れるタイムラインを眺めながら、「これはすごいことになった」と思ったものです。

正直、これがなかったら僕は固定回線の契約はそのままだったと思います。

それでは、その他の制限は無いのでしょうか?

月間のデータ量は無制限

実は、WiMAXは、なんと。

月間データ量無制限なんです。

ホントに使い放題。

だからプラン名「ギガ放題」。

これ、ドコモやau、ソフトバンクでは絶対に無理なんですね。

ドコモ・au・ソフトバンクの大容量プランと言えば、それぞれウルトラパック・スーパーデジラ・ギガモンスターですね。

これらのプランは基本的に料金など横並びで、最大でも30GBを8,000円。

正直めちゃくちゃ高いわけです。

もちろん大手キャリアにもいいところもありまして、やっぱりLTEは、その電波特性からつながりやすいです。

でも30GBで8,000円は高すぎ。これに通話料とか加わりますしね。

その点WiMAXは、安いプロバイダーだと3,000円で使い放題

この違いは本当に大きいですよね。

これなら固定回線代わりにできる。

さらにエリア内なら、普通の4GLTEより理論上WiMAXのほうが速いのですから言うことなしです。

「でも、3日10GBで制限かかるんでしょ?」

と思いますよね。

次は唯一の通信制限、「3日10GB」について見ていきましょう。

3日で10GB以上使わないと制限なし

WiMAXは、前日までの3日間で10GB以上使わなければ、通信制限は一切かかりません。

固定回線をなくしてWiMAX一本で賄っている僕の通信量ですが、2017年5月はまだ24日の時点で、既に36.02GB使っています。

WiMAX利用量

だいたい平均して1日1.5〜2GB使う感じなので、1ヶ月50GBくらいは使うと思われます。

それでも別に通信制限はかかりません。

これすごいですよね。

ただし、3日で10GB以上使うと適用される通信制限があるんです。

その通信制限は、かかったらどうなるのでしょうか?

通信制限がかかる時間帯

まず、通信制限がかかる時間帯から見ていきましょう。

WiMAXで3日10GB以上利用してしまうと、

  • 3日で10GBを超えた翌日
  • 夕方18時から26時

という時間帯に通信制限がかかります。

でも、逆に言えばそれ以外の時間帯はまったく制限がかかりません。

どれだけ使ったとしてもです。

また、通常仕事をしているのであれば、オフィスではWiFiが飛んでいますよね。

普段はそのWiFiにつなげればデータ消費はありません。

僕はすでに数ヶ月、自宅のネットをWiMAXのみで賄っていますが、2度しか通信制限にかかっていません。

常にネットを見ながら仕事をしている僕ですらそうなのですから、正直気にすることはないでしょう。

またもしかかってしまったとしても、18時から26時だけ。

僕は、まったく問題ないと考えていますよ。

「でも、18時から26時、ネットできなくなるのは困る・・・」

と思われるかもしれませんが、それも大丈夫なんですよ!

通信制限中の速度

もしWiMAXで3日10GB以上利用して、18時から26時までの通信制限が適用されたとしても、僕は仕事を進めることができました。

それは、WiMAXの場合通信制限がかかったとしても

1Mbpsの速度を保ってくれるから

なんですね。

この1Mbps、一体どれくらいのスピードかというと、

  • フェイスブックやインスタなど画像の多いSNSは多少もたつく
  • Youtubeは標準画質なら問題ない
  • Twitterは問題ない
  • 普通の検索も問題ない
  • 普通のWebサイト閲覧は画像の多いページだともたつく

という感じですね。

流石に通信制限がかかった状態で500MBのデータをお客さんに送ったときは辛かったですけど、そういうのはオフィスで済ませとけって話ですからねー(汗)

それ以外だと、投資でずっと画面見てたりしますけど、まず問題ないですよ!

3日で10GBってどんなことができる?

さて、「3日で10GB」ってどのくらいで到達してしまうのでしょうか。

利用サービス 操作内容 消費されるデータ量 3日10GBで可能な量
ホームページ Yahoo!トップページ(パソコン版)を表示 400kB 約26,210回
メール 300文字程度のテキストメール 5kB 約2,097,150通
Twitter 全角140文字でツイート後、再読込 335kB 約31,300回

格安SIMのIIJのサイトの情報を参考に掲載しますが、正直3日で消費するデータ量じゃないです。

次に、一番気になる動画視聴について調べました。

ネット上の情報を調査してまとめたのですが、環境によってかなりばらつきが出るようなのであくまで参考までにしてくださいね。

項目 1分間の消費データ例 3日10GBで視聴可能時間
Youtube標準画質 約5MB 約33時間
Youtube高画質(HD) 約10MB 約16時間
DAZN 約50MB 約3.3時間
スポナビライブ高画質 約30MB 約5.5時間
Hulu720p 約8MB 約21時間
Netflix高画質 約16MB 約10時間

仮にこの数字を基準とするのであれば、Youtubeはまず問題ないレベルですね。

DAZNやスポナビライブなどのスポーツ配信はデータ量が多くなる傾向。2-3試合見ると10ギガに到達してしまうようです。

HuluやNetflixが意外と少ないのに驚きました。これならかなり映画なんかも楽しめますね。

僕が通信制限にかかったとき条件

僕は何度か制限にかかってます。

で、それってどんな条件だったのかというと、

週末スポーツ動画配信を3日で10時間ほど観た

というものでした。

そりゃダメだわ笑

普通のひと、こんなに見ます??

見ないですよね笑

ということで、高画質の動画配信を見たり、オンラインのアクションゲームなどをする人でなければ、まず通信制限にはかからないと考えて良いでしょう。

また、万一通信制限にかかっても、26時から18時までの18時間はまったく制限無しで使えますからね。

ていうか、僕、この条件で問題があれば固定回線を解約しないですしね〜。

それでは最後に、もし通信制限にかかってしまった場合の解除条件について触れていきますね。

通信制限を解除するには?

3日で10GB以上利用してしまった場合に適用される通信制限。

これを解除する方法は、ただ一つ。

それは、時間です。

こればかりは仕方がないので、大人しく待ちましょう笑

解除の仕組み、僕は体験もしてますし完全に理解しているのですが、ちょっとわかりにくいので説明しますね。

実際の流れを追ってみましょう。

1日目:2GB使う 制限なし
2日目:3GB使う 制限なし
3日目:4GB使う 制限なし
4日目:4GB使う 直近3日合計が11GB 制限なし
5日目:1.8GB使う 前日までの利用に対して制限がかかる
6日目:2.2GB使う 前日に10GBを下回ったので制限が解除される

これを図にしました。(イラストレータで頑張った!)

WiMAX3日10GB制限図解

この図を見るとわかるように、4日目に直近3日間のデータ量が10GBを超えます

そして翌日5日目に制限がかかりますが、その日に3日間のデータ量が10GBを下回ります

結果、6日目は制限なし、となるのです。

このように、3日間のデータ使用量が10GBを超えると制限がかかりますが、仮に翌日使用量を抑えたら、すぐに解除されるんですね。

まさに、「待つしか無い」のですが、忘れてはいけないのが深夜2時から夕方18時までは普通に使えるところ。

仕事や学校、朝の通勤には一切影響がないですよ。

WiMAXは圏内なら最強のポケットWiFi

さて、3日10ギガの制限内でも、意外と動画が観られることがわかりましたね。

僕も改めて調べて、驚きました。

そのWiMAXを、できるだけオトクに賢く契約するにはどうしたらいいかを解説していきます。

冒頭でも書きましたが、僕は光回線を解約してWiMAX一本に乗り換えてガチで使ってます。

もちろんいいところも弱いところもあるWiMAXですが、電波状態がよければ正直最強のポケットWiFiです。

エリアだけ心配なので、こちらでピンポイントエリア判定をしてくださいね

WiMAX公式 エリア判定ページ

これが「◯」であれば、WiMAXの契約を前向きに検討して大丈夫です!

次に進んでいきましょう。

ワイマックスのプロバイダーならこの二択

WiMAXのプロバイダーは、以下の2つのどちらかを基準に選んでください。

  1. とにかく総支払額を安くしたいなら「GMOとくとくBB」
  2. 簡単に確実に安くしたいなら「ブロードワイマックス」

この2つの視点で見ると、上記がそれぞれベストな選択となります!

ちなみに僕は、2の「簡単に確実に安くしたい」派で、実際にそうなるようにブロードワイマックスで契約しました。

さらにウチの会社のスタッフの妹さんと、別のスタッフ本人にもブロードワイマックスでの契約を勧めて、実際にふたりともそうしました。

でも、そのあたりをどう考えるかは人それぞれ。

ですので、あなたの考え方によってどちらにするか決めてください。

「結局選ばせるのかよ」っていうツッコミはなしでお願いします(汗)

それでは、まずは「とにかく総支払額を安くしたい」場合について詳しく見ていきましょう!

1. とにかく総支払額を安くしたい

WiMAXだけではなく、携帯代などの通信費はどうしても必要なもの。極力安くしたいですよね。

やっぱり「安さは正義です」。

間違いない。

何にしても、料金が「不当に」高くて幸せになれることなどありません。

ということで、総支払額が最も安く済むプロバイダーは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが最安!

WiMAXをもっとも安く使いたい場合は、「GMOとくとくBB」というプロバイダーで契約するのがいいですよ!

このプロバイダーの特徴は「業界最大のキャッシュバック額」を実現しているところ。

何と31,000円の現金が返ってくるのです。

とくとくBBと契約してWiMAXを使っていると、12ヶ月後に31,000円が返ってきます。

いわば現金がもらえちゃうシステム。

で、キャッシュバックを考慮した月々の支払いは以下の通り。

何と実質月額にすると2,916円となります。

この金額、僕が毎月調査している限りでは最安です。

ですので、とにかく安く使いたい人はGMOとくとくBB一択です。

但しこのキャンペーンは12月一杯となっていて、金額が変わります。

7月は32,000円、8月は32,100円だったので、来月キャッシュバック金額がどうなるかわかりません。

今のうちに申し込んでおいたほうが良いかもしれませんね。

さらに、検索エンジンなどで検索して公式サイトに行っても、キャッシュバック金額が違います。

最大31,000円のキャッシュバックを受け取れるのは、下のリンクからのみとなっていますよ。

▶ GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBなら申し込みから20日間キャンセルOK!

GMOとくとくBBのもう一つの特徴が、これ。

申し込みから20日以内ならキャンセル可能

というものです。

僕の知る限り、とくとくBBの他にこれが可能なのは同じGMO系列の「GMOペパボWiMAX」だけ。

ただ、キャッシュバック額はとくとくBBのほうが圧倒的に大きいのです。

この20日以内のキャンセルについては、申し込んだ住所のエリアの電波状況が「◯」でなくてはいけません。

この判定は公式サイトの「ピンポイントエリア判定」で可能です。

どちらにせよ、エリア外で使えないと意味が無いので、事前にピンポイントエリア判定をしておいたほうがいいでしょう。

▶ 公式サイトでエリア判定をする

さてここまでは最安でWiMAXを使うことができる「GMOとくとくBB」について説明してきました。

GMOとくとくBBは、大きなキャッシュバック額が魅力のプロバイダーです。

ただ、難点は現金を受け取るのがちょっと面倒で、忘れてしまう可能性があることなんですよね。

まとめると、

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に振込先口座確認のメールが来る
  2. 1のメールは、契約時に与えられるとくとくBB独自のアドレス
  3. 1のメールに返信した翌月の末日に振り込まれる

という感じなんですね。

この注意事項として、

  • 普段使っていないアドレスなので気づかない可能性がある
  • メールが来るのが11ヶ月先で忘れている可能性がある

ということが挙げられます。

これらを

「絶対に覚えておける!」

という自信のある人は、とくとくBB一択です。間違いない。

でも、もっと簡単に確実に安く使うにはどうしたらいいのでしょうか。

2. 簡単に何も気にせずに確実に安くしたい

GMOとくとくBBが業界最安なのは理解してもらえたと思います。

ただ、

「正直めんどい。」
「んなこと11ヶ月先まで覚えてられない。」
「独自のメールアドレスって。。。」

ってなりますよねー。僕でもそう思います。

で、実際に僕はどうしたかといいますと、複雑な手続き等なしで、普通に月額料金から割り引いて請求してくれるプロバイダーを選んだのです。

それは、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)というプロバイダーです。

ブロードワイマックスについて詳しく見ていきましょう。

何も考えずに確実に安く使うならBroadWiMAX!

先程も書きましたが高額のキャッシュバックによって総額の支払いを少なくすることができるのが「GMOとくとくBB」でした。

それに対してブロードワイマックスは、面倒なキャッシュバック手続きなしで、安くWiMAXを使うことができます。

その金額は、月額約3,353円

※24ヶ月平均

1〜2ヶ月目は2,726円、3ヶ月目以降が3,411円となるのです。

後からキャッシュバックの申請を行うといった手間がないので、一度契約してしまえば契約期間(二年間)は何も考えずに使い続けることができますよ。

ちなみにGMOとくとくBBは、平均2,871円でした。

対してBroadWiMAXは平均3,353円

その差額は月々478円。

この500円くらいの金額で、キャッシュバックなんかの面倒な手続きがなくなるのです。

僕は正直、後からキャッシュバックの申請をするとか、独自のメールアドレスをチェックするのが面倒だったので、こちらのプロバイダーを選択しました。

万一GMOとくとくBBでキャッシュバック申請を忘れてしまうと、割引の無い非常に高い金額のポケットWiFiになってしまいますからねー。

そこに自信が無い、もしくは面倒だという人は、BroadWiMAXで申し込んでみてください。

BroadWiMAXで確実に安く使う

実はブロードワイマックスもキャンセル可能!

GMOとくとくBBは20日間キャンセルOKでした。これは本当に素晴らしいサービスだと思います。

ただ、WiMAXに限らずすべての通信系サービスは、「初期契約解除制度」というものが法令で定められていて、キャンセルが可能なんです。

これは、端末が届いてから8日以内に申請し、その7日以内にすべての製品を返送すれば、無条件で契約解除できるという法令です。

通販なんかのクーリングオフと同様のサービスですね。

これを利用すれば、ブロードワイマックスで契約して、万一通信品質に満足できなかったとしても、違約金なしで解約できるんですねー。

これ、どのプロバイダーも小さくわかりづらく書いてるんですけど、ブロードワイマックスはかなり目立つところに大きく掲載しています。

こういったところも良心的なサービス運営が伺えますよね。

注意したいのは、割引には「すぐに解約可能なオプションの契約」が必要なこと

面倒な手間なしに割引が受けられるシンプルさと、満足できないときでもキャンセルが可能ということで、非常に良いプロバイダーであるブロードワイマックス。

ひとつだけ注意したいことがあります。

それは、大きな割引金額を実現するには、初月で解約可能なオプションを同時に申し込まなければいけません。

とは言え、それも2週間後にできる「マイページ」からWebで簡単に解約できるので、全く問題ないんですけどね。

契約時に選択できるのですが、そこだけはご注意ください。

まとめ

WiMAXの通信制限は、唯一直近3日間で10GB以上利用した場合にのみ適用されます。

しかし、遅くなるのは翌日の18時から26時の間だけ。

それも1Mbpsと普通にネットをするには問題ない速度を保ってくれます。

実際に固定回線代わりに使っている僕が、身をもって体験していることなので間違いありません。

もし「自分もネット代を節約したい!」という人は、こちらの記事を読んでみてください。

▶ 無制限ポケットWiFi・WiMAX比較 固定回線からの乗り換え体験記

この記事を読んだ方の快適なWiMAXライフを願って。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi