ポケットWiFi

WiMAXを始めとするモバイルルーター選びをネット回線マニア・サトウが完全ガイド!

無制限ポケットWi-Fiを速度・エリア・料金・制限で徹底比較!

      2018/07/16

WiMAXは、唯一実用的な無制限で使えるポケットWi-Fiルーターです。

もちろん、ある程度の条件はあります。

しかし僕は実際に固定回線を解約してWiMAXだけで自宅や外出先のネットをまかなっています。

この記事では、WiMAXを含む無制限ポケットWi-Fiルーターを

  • 速度
  • エリアと電波
  • 料金
  • 速度制限

の観点で比較し、WiMAXが最も優れている理由を書いていきます。

他のサービスを選ぶと、期待はずれに終わったり、後戻りができなくて後悔する可能性があります。

やはりネットは無くてはならないもの。その選択に後悔したくないですよね。

是非この記事を読んで、間違いのない選択をしてください。

まずは無制限で使えるポケットWi-Fiルーターにはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

無制限に使えるポケットWi-Fiルーターの種類

無制限で使えるポケットWi-Fiルーターにはどんなものがあるのでしょうか。

大きく分けて3つの種類があります。

それは、

  • WiMAX(ワイマックス)
  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • 格安SIM(MVNO)

となります。

冒頭でも書いたように、僕が使っているのはWiMAXです。

そしてWiMAXは、この中では固定回線の代わりとなり得る、唯一実用的な無制限ポケットWi-Fiルーターと言えます。

先に結論から書きますが、下の表のようにWiMAXがもっとも優れているのです。

WiMAX-無制限ルータ比較一覧

それでは、このWiMAX・Y!mobile・格安SIMを、速度/エリアと電波/料金、さらに速度制限の条件という4つの観点で比較・解説していきます。

速度で比較する

笑顔の女性

まずは通信速度の比較をしていきましょう。

快適なネット利用には、通信速度は重要な要素です。

あなたもスマホの「パケ死」は経験したことがあるかと思います。

あの状態は「128Kbps」という速度になっているのですが、ちょっと使ってられないですよね。

あれは制限がかかっている状態なので特殊ではありますが、「無制限で使える」とアピールしている格安SIMルーターの中には、非常に遅い速度のものがありますので注意が必要です。

  • 外でも家でも使える
  • 無制限で使える
  • 実用的な通信速度で使える

という3つの条件をみたすポケットWi-Fiルーターは、WiMAXとY!mobileです。

どちらも15Mbps〜40Mbps程度は出ます。

もちろん回線が混み合う夜間などは若干遅くなることはあると思いますが、それはどんな回線を利用しても同じことです。

ただし、これが格安SIMとなると話が違ってきてしまいます。

会社によって速度の違いはあるものの、基本的に1Mbps以下の速度となります。

中にはパケ死状態の128Kbpsとそれほど差のない、200Kbpsという会社もありますが、正直契約する意味があるのかちょっと不明です。

いくら無制限で使えても、200Kbpsではあまりに遅すぎて、1ヶ月で何ギガも使うことは不可能でしょう。

また1Mbps〜5Mbpsなどの現実的な速度を保つ格安SIMもあります。

ただし3日で1GB以上利用すると128Kbpsになってしまうなど、厳しい条件がついてきます。

この点、WiMAXとY!mobileは、そもそも利用している電波や回線自体が違うのでこういったことは起こりません。

格安SIMは、大手携帯会社のau・ドコモ・ソフトバンクの4G LTE回線を「間借り」して運営しています。

この「間借り」状態が、データ速度を遅くせざるを得ない理由となります。

要は、大手キャリアから借りている狭い領域に、低価格を実現するためにできるだけたくさんのユーザーを取り込もうとしているわけですね。

これに対し、WiMAXとY!mobileは独自の回線を持っているのです。

これにより圧倒的な速度を保ちつつ、月間データ量無制限を維持してくれています。

さらに、WiMAXはau、Y!mobileはソフトバンクというように、系列の大手キャリア回線を使うことができるのです。

電波が万全の状態であればY!mobileとWiMAXでは、おそらくそれほど速度の差は出ないでしょう。

最大速度が610Mbpsとか、440Mbpsなどとアピールされていますが、だいたい実測は15~50Mbps程度でしょう。

もちろんこの速度でも十分なスピードと言えます。

通常のネット利用ではまず問題ないですし、深夜のピークタイム以外は超高画質の動画も問題なく観られると思います!

これらの情報をまとめて表にしてみますね。

WiMAX-無制限ルーター速度比較

次にエリアについて書いていきます。

エリアと電波で比較する

WiMAXのエリア・電波

無制限ポケットWi-Fi選びは、エリアが非常に大きなポイントとなってきます。

ここは契約を公開するかどうかに関わってきますので、僕の実体験を元に、正直にしっかりと説明していきます

まず大前提として、

すべてのポケットWi-Fiルーターのエリアは非常に広く、ほぼどこでも使えます。

ただし、「ずっと無制限」で利用するのであれば、WiMAXとY!mobileには注意が必要です。

WiMAXとY!mobileを無制限で使えるのはそれぞれWiMAXが「WiMAXエリア」Y!mobileが「AXGPエリア」となります。

このWiMAXエリアとAXGPエリアは、一般のスマホ電波である4G LTE回線と比較して、エリアが狭くなっているのです。

これは、絶対に知っておかなければいけないポイントです。

家電量販店の接客ではこのあたりのことには一切触れません。気をつけてください。

これに対して、無制限で使える格安SIMの電波網は、大手キャリアの4G LTE回線のみですから、全国ほぼどこでも利用できます。

ただし、スピードが非常に遅かったり3日1GBなどの厳しい制限があるのです。

また、WiMAXとY!mobileにも差があります。

どちらも、無制限ではなくなってしまう4G LTEエリアは、格安SIM同様に全国ほぼどこでも使えます。

ただし、無制限で利用するのであれば、WiMAXのほうが圧倒的にエリアが広いです。

WiMAXは「2.5GHz」を使った無制限WiFiとしては第一人者であり他の追随を許さないサービスです。

このことが今までのアンテナ設置に明確に差が現れています。

WiMAXは、おそらく都市部であればほぼ問題なく利用できるでしょう。

先日僕は、名古屋から豊橋まで新幹線で移動しました。その間もほとんどの地域で普通にネットができていました。

また実際に僕が利用していて、名古屋市内ではエリア外の場所はほぼありません。

これに対してY!mobileは、雑誌「家電批評2017年2月号」の特集「格安SIM&Wi-Fi最強バイブル」によると「東京都千代田区において平日日中・平日夜間ともに圏外だった」との記載がありました。

そもそも、Y!mobileは「無制限で使える状態」がオプションとなります。

しかし、WiMAXは無制限は標準で、「より広い4GLTEエリアで使える状態」をオプションとしているのです。

WiMAX-無制限ルーター電波比較

このように、WiMAXとY!mobileを無制限ポケットWi-Fiとして利用する場合、やはりWiMAXに一日の長があるのは事実です。

WiMAXがエリア内でも圏外に。その理由は?

疑問

さて、ネット上ではWiMAXを

「繋がらない!」

と批判している人をみかけます。

これは、おそらくWiMAXの特性をしっかり理解しないまま、さらに万一電波が入らなかったときの対策を調べずに契約してしまったのだと思われます。

先程も軽く触れましたが、WiMAXは「2.5GHz」の電波を利用しています。

この電波は「高周波」な電波で、大手キャリアの4GLTEと比較して以下のような特徴があります。

  • 高速通信が可能
  • 直進性が強く障害物に弱い
  • 届く距離が短い

これらの電波の特徴により、WiMAXは高速通信が可能だけれど、ビルの奥まったところで繋がりにくいという特徴があるのです。

例えば、あなたがWiMAXを使いたい場所が、オフィスビルの窓から遠く離れた場所だとします。

こうなるとひょっとしたらWiMAXの電波が届かない可能性がゼロではありません。

 

またマンションで利用しようとしていて、窓の外に高い建物があり電波を遮断しているような場合にも、電波状態が不安定になる可能性があります。

大手キャリアの4G LTEのイメージはこちらです。

反射しやすく回り込んでいます。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ800MHz

一方、WiMAXの電波のイメージはこちらです。

反射しづらく、届きにくい特徴があります。

WiMAX-無制限ルーター届きやすさ2.5GHz

こういったことを回避するには、

  1. プロバイダーのサイトでエリア確認をする
  2. 初期契約解除について知っておく
  3. 他の回線に移転できるプロバイダーで契約する

といった対策をとる必要があります。

これらについてはしっかりと説明したいので、「WiMAXのオススメプロバイダー」の章でわかりやすく解説します。

料金で比較する

電卓を持つ女性

料金についてもそれぞれ大きな特徴があります。

まず、格安SIMはその月額料金に非常にばらつきがあります。

例えば3日間でのデータ利用量に上限がある格安SIMで、2,200円〜3,480円程度です。

安いところにはそれだけ厳しい上限が設定されていて、最小だと3日で366MBです。

これでは正直「無制限」とは言えません。

また、無制限かつ3日間に上限のない格安SIMの場合、298円〜2,000円程度と、非常に安くなっています。

しかしこちらはデータのスピードが非常に遅く、正直使い物になりません。

ということで、固定回線の代わりになり得るポケットWi-Fiルーターは、いくら安くても格安SIMは避けるのが無難です。

次にY!mobileの料金を紹介します。

Y!mobileを無制限で使おうとすると、PocketWiFiプラン2+アドバンスオプションで、月々4,380円です。

※今はキャンペーンで3,696円になっています。

最後にWiMAXを紹介します。

WiMAXは、最安のプロバイダーを使うと実質月額2,800円程度で利用することができます。

このように、WiMAXは月額料金でも非常に優位性があると言えます。

これらを図にします。

WiMAX-無制限ルーター料金比較

無制限で月額料金に加え、実用的な速度やエリアを維持する場合、やはりWiMAXが有利となるのは否めない事実となってしまいます。

速度制限で比較する

スマホを持つ女性

最後に、速度制限について比較します。

この記事で取り上げているルーターはすべて、「月間データ量無制限」が前提ですので、同月内にどれだけ利用しても制限がかかることはありません。

ただ、やはりそれではずっと高速通信をする一部のユーザーのせいで他大勢のユーザーの通信速度が遅くなるという自体が発生します。

そこで、各社それぞれが何らかの制限を適用するのです。

図にするとこのようになります。

WiMAX-無制限ルーター速度制限比較

その制限について、まずは格安SIMから見ていきましょう。

格安SIMの速度制限

SIMカード

格安SIMは大きく2つの制限スタイルがあります。

それは、以下となります。

  • 常に速度に制限をかけている
  • 3日◯◯ギガ以上の利用で制限をかける

このうち「常に速度に制限をかけている」の格安SIMは、速度が常に非常に遅くなっています。

僕から見ても正直使いどころが見当たらず、そもそも大量にデータを利用することが難しくなっています。

例えばUQモバイルのデータ無制限プランは500Kbpsです。

これではYoutubeの標準画質の動画ですら再生時には止まりまくって非常にストレスが溜まるでしょう。

「LINEしかしない」「Twitterしかしない」と言う人なら良いのですが、そんな人はそもそもルーターを保つ必要はありません。

また「3日◯◯ギガ以上の利用で制限をかける」という格安SIMですが、このタイプの制限は、非常に厳しい条件が多くなっています。

僕の知る限り最も厳しい会社で3日間で366MB、一番大きくても3GBです。

そして、この上限を超えると、3日間の累積データ量がそれらを下回るまで128Kbpsという激遅のルーターになってしまいます。

このように格安SIMの無制限ポケットWi-Fiルーターは、正直まったくオススメできません。

その代わり、非常に安い月額料金を実現している(ところもある)のです。

Y!mobileの速度制限

次にY!mobileの速度制限を見ていきます。

Y!mobileは、非常に狭いAXGPエリア内であれば月間データ量が無制限となります。

ただ、直近3日で10GB以上利用すると、翌日18時〜26時の間が1Mbps程度の速度になってしまいます。

まあ3日10GB、制限中が1Mbpsというのは業界の中では最もゆるく、これ自体にはまったく不満は出ないと思いますが、問題はそのエリアの狭さ。

これが非常に曲者です。

Y!mobileはAXGPエリアが狭く無制限で使いづらい

女性

Y!mobileを無制限で使えるAXGPエリアが非常に狭いということは先に書きました。

その狭いAXGPエリアから外れた人は、ソフトバンクの4G LTEエリアでの利用を余儀なくされます。

そしてこの4G LTEエリアは非常に広いものの、月間のデータ上限が7GBになってしまうのです。

そして月に一度でもLTEエリアで利用すると、AXGPエリア内で利用しても7GBの上限が適用されます。

これではせっかくの無制限ポケットWi-Fiルーターを目一杯使うことが難しくなってしまうのです。

WiMAXの速度制限

最後にWiMAXの速度制限を見ていきます。

実は仕組みはY!mobileと同様(Y!mobileが追随しました)で、3日10GB以上利用すると翌日18時〜26時は1Mbpsの速度となります。

Y!mobileのところにも書きましたが、1Mbpsという速度なら通常のネットやSNS、Youtubeの標準画質なら問題なく見られます。

そもそも僕は3日10GBに達したのも今まで使ってきて2度だけ、それもサッカーの配信を見まくった日にひっかかったくらいです。

通常の利用では一切問題なく使えています。

速度制限が適用から解除されるまでの流れは以下となります。

1日目:2.0GB使う 制限なし
2日目:3.0GB使う 制限なし
3日目:4.0GB使う 制限なし
4日目:4.0GB使う 直近3日合計が11GB 制限なし
5日目:1.8GB使う 前日までの利用に対して制限がかかる
6日目:2.2GB使う 前日に10GBを下回ったので制限が解除される

この流れを図にしました。

WiMAX3日10GB制限図解

この図を見るとわかるように、4日目に直近3日間のデータ量が10GBを超えます。

そして翌日5日目に制限がかかりますが、その日に3日間のデータ量が10GBを下回ります。

結果、6日目は制限なし、となるのです。

このように、3日間のデータ使用量が10GBを超えると制限がかかりますが、仮に翌日使用量を抑えたら、すぐに解除されるんですね。

そして制限がかかるのも夕方18時から。

仕事や学校、朝の通勤には一切影響がないですよ。

WiMAXは無制限エリアが標準!どうしても必要なときだけLTEを使う

先程も書きましたが、WiMAXは無制限に使える「WiMAXエリア」での利用が標準なのです。

これを「ハイスピードモード」と呼びます。

そして、どうしても必要なときだけ、4GLTEエリアでも使える「ハイスピードプラスエリアモード」を利用します。

このように、Y!mobileが基本的に無制限エリアがオプションなのに対し、WiMAXは4GLTEエリアがオプションなのです。

要は、

  • WiMAXは無制限エリアが広い
  • Y!mobileは無制限エリアが狭い
  • どちらも4GLTEエリアは全国ほぼどこでも使える

ということなんです。

注意点として、WiMAXもY!mobile同様、4GLTEエリアでの利用には7GBの制限がかかります。

ただしWiMAXは基本的に、その十分広い無制限エリアで使うことを念頭に利用してくださいね。

WiMAXのオススメプロバイダーは?

疑問02

さて、ここまでは格安SIM系ルーターやY!mobileと比較して、無制限ポケットWi-FiルーターとしてWiMAXが最もオススメである理由を

  • 速度
  • エリアと電波
  • 料金
  • 速度制限

の4つのポイントで見てきました。

固定回線の代わりになり得るWiMAXは、そのエリア内であれば非常に優れたサービスであり、僕も実際に固定回線無しでガンガン利用しています。

そんなWiMAXですが、実は契約するプロバイダーによって大きく損をしてしまう場合があるのです。

まず基本的に、店舗を構えるプロバイダーでは契約しないようにしてください。

例えば家電量販店やauなどですね。(auはWiMAXも取り扱っていますが非常に高額です)

こういったプロバイダーは、その料金に人件費/対面サポート費/店舗の地代などを乗せる必要があるので、必然的に大きな割引は難しいのです。

次に本家であるUQコミュニケーションズでも契約しないようにしてください。

UQコミュニケーションズは、ユーザーの獲得をプロバイダーに任せる方針を取っています。

これは、自社のユーザーサポートや営業費用を少なくして経営をスリム化し、その分をアンテナ設置などに充てるという方針に寄るものと思われます。

ですから、WiMAXのユーザーを獲得してくれるプロバイダーの邪魔をしないように、基本的には一切割引等がなく、正規料金での契約となります。

もっと安く契約できるプロバイダーがあるので、非常にもったいないですよ。

それでは、どういったところで契約すれば良いのか。

これは「ネットで契約できるプロバイダー」での契約が基本となります。

なぜなら彼らは非常に経費を少なく運営できるからなのです。

  • ユーザーサポートが電話とネットで済む
  • 綺麗な店舗を保つ必要がない
  • 在庫も保つ必要がない

と、できるだけ費用がかからないように運営しています。

そして、この浮いた費用を月額料金の割引や、30,000円を超える非常に高額な現金キャッシュバックに充てているのです。

このように、WiMAXを契約するのであれば、絶対にネットで契約できるプロバイダーで契約してください。

僕がオススメするWiMAXのプロバイダーは、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)といいます。

面倒な手続き無しで月額料金を割り引いてくれますので、契約したらあとは基本的に使うだけとなります。

僕と、会社のスタッフと、スタッフの妹さんはこのブロードワイマックスで契約しました。

BroadWiMAX

また、30,000円以上の高額な現金キャッシュバックが希望なら、とくとくBBというプロバイダーがおすすめです。

ちょっと面倒ですが、2年間の総支払額は最も安くなるプロバイダーです。

どちらについても、こちらの記事でしっかり解説しましたので、読んでみてください。

WiMAX契約ならこの二択。一切迷わせないプロバイダー選び

最後に

この記事では、速度・エリア・料金・速度制限の4つのポイントで、無制限ポケットWi-Fiルーターを比較しました。

僕の結論はWiMAX一択なのですが、あなたはいかがでしたか?

この記事を読んで、あなたのネット環境が少しでも良いものになることを願っています。

それでは、また!


気に入っていただけたらシェアしていただけますと、とても嬉しいですm(_ _)m

 - ポケットWiFi, ポケットWiFi比較